ENGLISH WORK公式

留学で経験する挫折10選:負の連鎖から抜け出す術

  • 投稿日時:8か月前


序章:挫折の連鎖と留学体験

皆さん、こんにちは。今回のブログでは、私が留学中に繰り返し経験した挫折について深く掘り下げていきたいと思います。そう、あなたが考えるよりも、留学とは一見キラキラとした経験の裏側で、無数の挫折が待ち受けているのです。

でも、このことを伝えたいからと言って、私があなたを留学から遠ざけるつもりはありません。全くその逆、私が伝えたいのは、「挫折」そのものが留学の一部であり、それを恐れずに受け入れることで留学体験がさらに豊かになる、ということです。

留学とは、新しい国、新しい文化、そして新しい言語に身を投じる大冒険。そこには当然ながら壁が存在します。例えば、日本で一生懸命に勉強してきた英語が、いざ現地に行ってみると全く通用しない、という経験。その感覚はまるで、一生懸命に泳ぎ続けたものの、足が海底につかない深海に放り出されたかのようです。でも、そこでの挫折が、実は大きなステップへの糸口なのです。

それから、新しい言葉を学ぶために日々努力を続けるも、英語力が伸び悩む、という経験。それはまるで、壁に頭をぶつけ続けるような感覚。しかし、その壁に頭をぶつける度に、少しずつ壁が崩れていくのを感じることができるのです。

さらには、留学先で働きたいと思っても仕事が全く見つからない、という経験。これもまた、挫折の一つです。そういった挫折の積み重ねこそが、自分を成長させる機会なのです。

と言うのも、留学中の挫折は、ただ厳しい経験をするだけでなく、それが自己成長の糧になるからです。そこから何を学び、どう改善するかを考えることで、挫折を乗り越える力が鍛えられます。

だからこそ、この記事を通じて、私が留学中に経験した挫折のエピソードを皆さんと共有し、その挫折からどのように物事に挑戦し続けたのかをお話ししたいと思います。挫折というネガティブな体験をポジティブな力に変える道のりを、一緒に見つけていきましょう。

留学で経験する挫折トップ10

第一の壁:英語、それは過酷な初期衝撃

皆さん、留学には避けて通れない挫折があることを知っていますか?それは、なんといっても「英語」。よく皆さんが耳にする”English is a global language”というフレーズ、もちろんその通りなのですが、皮肉なことに、それが最初の壁、そして最大の挫折になることも少なくありません。

留学前、私たちは一生懸命に英語を学びますよね。英単語を暗記し、文法を学び、さらには発音の練習まで。ある意味、自分の英語力に自信を持つために、そして新しい国でスムーズにコミュニケーションを取るために、日々努力を重ねます。

でも、残念ながら、その努力が報われないときがきます。いざ留学先に着いてみると、自分が学んできた英語が一切通用しないという現実に直面するのです。日本で教えられる英語と、現地で話される英語とのギャップに、驚きと同時に深い挫折を感じるでしょう。その一因は、私たち日本人の発音。学校の先生は慣れているから意図を汲み取ってくれますが、学校の外では全然通じないのが現実です。

この壁にぶつかると、思わず「これまでの努力は何だったのだろう?」と自問自答する瞬間が来ます。私もそうでした。私の英語が通じないという挫折は、まさに私の留学生活の「初期衝撃」でした。

でも、ここで大切なのは、この挫折を乗り越えること。そして、その挫折を乗り越える過程が、自分自身の成長に繋がるということです。英語の壁に挑戦し続けることで、自分自身がどれだけ逞しく、そして成長できるのかを証明するチャンスなのです。

この経験を皆さんと共有することで、私はあなたが同じような挫折に直面したとき、あなた自身がその挫折から立ち上がる力を見つけられることを願っています。次の章では、


第二の闘い:英語の伸び悩み、究極の試練

留学生活の道のりは決して平坦ではありません。最初の壁である「日本の英語が通じない」という挫折を乗り越え、次に迫り来るのは、英語の伸び悩みという試練です。挫折の連続とも言えるこのプロセスを経験することで、私たちは自分自身の限界を知り、それを超える力を身につけるのです。

留学初期、私たちは語学学校に通い、自分で英語の勉強をし、友達と出かけて会話力を上げるなど、あらゆる手段を使って英語力をアップしようと努力します。一生懸命努力することで、少しずつ英語を話すことができるようになり、日々の生活も少しだけ楽になってきます。

しかし、そこから先、どうやっても英語の伸び悩みが訪れます。この時期、我々は挫折の淵に立たされます。新たな単語を覚え、文法を一生懸命学んでも、一向にレベルの高い文章を作ることができない。毎回同じミスを繰り返す。その結果、新たな挫折感が湧き上がるのです。

この挫折感は、まるで深い谷底にいるかのような感覚をもたらします。「これ以上、自分の英語は上達しないのでは?」と思うこともあるでしょう。しかし、大切なのは、この停滞期が成長の一部であり、実はこの間にも確実に英語力は上がっているということを理解することです。

英語の伸び悩みに直面したとき、その挫折をバネにして挑戦を続けることが重要です。決して諦めずに、自分自身を信じて前に進むことで、自分自身の成長を感じることができるのです。

この「英語の伸び悩み」という壁を乗り越えることで、私たちは留学生活の中で得た成果を実感し、自信を得ることができます。そして、次に向けてのエネルギーを得ることができるのです。


引きこもり迷宮:語学学校への挫折

留学生活は、我々が予想もしなかった形での挫折を連発します。その一つが、なんと「語学学校への挫折」です。そう、実は語学学校に通い続けること自体が挑戦なのです。そう思うと、ちょっとシニカルに感じるかもしれませんね。それでも事実は事実。驚くことに、学校に通うことに対して挫折感を抱く人がいるのです。

留学の初期段階で、我々は新たな言語と文化に囲まれ、その全てを学ぼうと語学学校に足を運びます。しかし、何週間、何ヶ月と経つにつれ、英語の伸び悩みだけでなく、「友達ができない」「学校に馴染めない」といった新たな問題が浮かび上がります。この点が、「語学学校への挫折」の真の原因と言えるでしょう。

友達ができないという孤独感、学校に馴染めないという異国での違和感。これらの感情は、予想外の厳しさとなって我々に襲いかかります。ある日を境に、学校へ行くのが億劫になり、ついには留学生活中に家に引きこもってしまう人も珍しくありません。

このような状況は、かつての我々が想像していた「留学生活」とは全く違うものです。しかし、重要なのは、この挫折もまた、自己成長のための重要なステップであるということ。挫折の瞬間こそが、自分自身を見つめ直し、自分が何を求めているのかを考える絶好の機会なのです。

留学は楽しいだけではありません。困難と挫折が満ちています。しかし、そんな中でも自分自身を信じ続けることで、きっと新たな道が開けることでしょう。留学とは、結局のところ自分自身と向き合う旅なのかもしれませんね。


習慣づくりの失敗:怠けの連鎖反応

留学生活における挫折の一つ、それが「英語学習の習慣化」に対する挫折です。挫折という言葉を使っていますが、これは本当に厳しい壁なのです。そう、我々が留学する理由の大半が「英語を学びたい」という目的だというのに、まさかの英語学習への挫折。何とも皮肉な話ですね。

留学中に英語を学ぶためには、毎日コンスタントに学習することが求められます。しかし、本来勉強する習慣がない人にとって、毎日英語を学ぶという習慣をつくることは容易なことではありません。特に、自分が勉強するべきだと思いつつ、それができないという状況は、自己肯定感を大きく下げ、ますます勉強から遠ざかってしまう可能性があります。この結果、留学という貴重な時間を何もせずに過ごしてしまうという、言葉では表現できないほどの挫折感を味わうことになるかもしれません。

しかし、ここで大切なことは、挫折そのものを悪と捉えないこと。挫折感を抱いてしまったとしても、それが自分自身の成長を阻むものではないと理解することです。むしろ、挫折は改善点を見つけ出す絶好のチャンスなのです。挫折をバネに、何度も何度も自分自身と向き合い、再び勉強を始めることで、次第に習慣が形成されることでしょう。

留学とは、自分自身を見つめ直し、新たな自分を発見する旅。その旅の中で何度も立ち止まり、挫折することでしょう。しかし、その都度立ち上がり、挑戦を続けることで、自分が思っていた以上の成長を遂げることができるのです。


求人の荒野:仕事探しの苦悩

留学と言えば、勉強や交流が主目的かもしれませんが、そこにはまた別の挑戦が待っていることを知っていますか? それが「仕事探し」です。留学中に仕事を探すということは、私たちにとって大きな挑戦であり、かつ避けては通れない壁とも言えます。

留学ビザの制約により、仕事をすることが許されている国もあります。そこで、多くの留学生は、「せっかくの留学、現地で働いてみて、さらに実践的な英語力を身につけよう」と意気込むわけです。しかし、現実は厳しい。仕事を見つけることは容易なことではありません。まず一つには英語力の壁が立ちはだかります。さらに、現地の人々を差し置いて、なぜアジア人を雇うメリットがあるのかと問われると、答えるのは難しいです。

このような状況に直面し、自分が探している仕事に出会えず、期待と現実のギャップに挫折を感じる人も少なくないでしょう。しかし、再び重要なのは、挫折そのものを否定するのではなく、それを学びと成長の機会と捉えることです。この挫折感を抱えつつ、どのように自分自身を挑戦に向けて進めていくかが問われています。


緊張の海原:言葉の壁に打ち破られた自信

留学生活における最大の挑戦は何だと思いますか? 勉強? 友人作り? それもそうかもしれませんが、私がここで提起したいのは「緊張を消せないことの挫折」です。

たとえば、一般的な日本人留学生は、人前で堂々と振る舞えるようになりたいと願うでしょう。ヨーロッパから来ている学生のように、自由に、そして自信満々に話せるようになりたいと。しかし、その現実はなかなか厳しいものです。一つには英語力の問題があります。もう一つ、そしてこれが大きいのが、私たちの文化的背景、つまり謙虚さを尊重する日本の環境で育った私たちの性質が影響を与えるからです。

私たちが日本人として持つ謙虚さや控えめさは、一見すると、人前で堂々と振る舞うのを阻む壁となります。それが原因で私たちが緊張し、失敗し、そして挫折する。この繰り返しの中で、なかなか自分の中の緊張を解くことができない。そして自分に対する自信が打ち破られることでしょう。

しかし、私が言いたいのは、これは決して否定的なことではないということです。むしろ、その挫折を乗り越えて成長する機会だと思ってください。緊張して失敗し、挫折し、でもそれを繰り返すことで、徐々に自信を取り戻し、人前で堂々と話すことができるようになるのです。

挫折とは、決して終わりではなく、新しい始まりなのです。それを忘れないでください。その挫折が、あなたが探している道しるべになることでしょう。


寂しさの限界:途中で日本へ帰国

「寂しさから逃げる途中帰国」という挫折の現実です。留学生活とは、決してキラキラしたものだけではありません。確かに新しい友人と出会い、新しい文化を体験することもありますが、その一方で語学学校と家との往復という地味な日々を送ることも多いのです。自分一人で全ての問題を解決しなければならない、そんな孤独な時間も確かに存在します。

そして、その寂しさや孤独に打ち勝てず、心が逃亡を始めてしまう人もいます。留学中に途中帰国を選択し、その挫折を経験する人がいます。

でも、私たちはそれを否定するつもりはありません。挫折は必ずしも悪いことではないのです。それは、私たちが自分自身と向き合い、自分自身を理解するための過程であると考えられます。

だからこそ、途中帰国という選択をした人も、その挫折をバネにして次に挑戦する力に変えていただきたいと思います。そして、その経験が皆さんの生活をより良いものにしてくれることを信じています。この経験を否定することなく、受け入れ、そして成長するための一歩とすることが大切です。


陽キャの難攻不落:陽キャコミュニティへの挑戦で特大挫折

留学生活と言えば、様々な国から来た、陽気で社交的な人々との出会いがあります。その中には、日本の陽キャを遥かに超える、まさに世界レベルの陽キャと言える人々も存在します。彼らとの出会いは、新たな視点を提供し、自己成長の機会をもたらします。しかし、そうしたコミュニティへの入門は一筋縄ではいきません。なぜなら、その挑戦は私たちの自己認識と向き合うことを必要とするからです。

この陽キャコミュニティへの挑戦で、多くの人が経験するのが「挫折」です。新たな環境で、新たな自分を発見しようと、一生懸命にコミュニティに溶け込もうと努力します。しかし、どれだけ努力しても、自分が自分でなくなることはありません。あなたの性格や価値観は、あなたがあなたであるための基盤です。それを無理に変えようとすると、心の疲労が増し、挫折へとつながります。

しかし、この挫折を恐れることはありません。なぜなら、挫折は成長の一部であり、その経験があなたを強くし、あなたをあなたたらしめるからです。そして、何より、挫折したからといって終わりではありません。そこからまた一歩踏み出す勇気が必要です。

徐々にですが、慣れていくことでしょう。陽キャコミュニティへの挑戦は、確かに厳しいものです。しかし、その挑戦を通じて、新たな自分を見つけ、自分自身を受け入れることができるようになるでしょう。そして、挫折から立ち上がる力は、あなたをより強く、より深い人間へと成長させます。挫折を恐れず、自分自身を信じて、新たな挑戦を楽しんでください。


人生変革の断崖:人生を変える挫折

留学という経験は、それ自体が一つの人生変革の契機になります。異なる文化、習慣、価値観との接触は、自分自身を再認識し、見直すきっかけとなるでしょう。そんな中、留学生の多くが思うのが、「留学を通じて自分を変えてみせる」という強い決意です。自己改革を図るための手段は人それぞれです。英語を身につけて、優れた職に就く、新しい性格を形成するなど、その方法はさまざまです。

しかし、現実は厳しいです。人生を変えるという壮大な挑戦は、容易に達成されるものではありません。それには時間と忍耐、そして何よりも絶え間ない努力が必要です。しかもその変化は、数ヶ月単位ではなく、数年単位で見なければならないほど、微々たるものかもしれません。

ここで、多くの人が遭遇するのが「挫折」です。初めのうちは意気込みは高く、自分を変えようという熱意に燃えているでしょう。しかし、時間が経つにつれて、目に見える大きな変化がないことに気付き、心が折れ、挫折へとつながることもあります。しかし、それは人生を変えるための重要な過程であり、挫折そのものが人生を変える一つのキッカケになることもあるのです。

ですから、挫折したときこそ、決して目標を見失わないでください。その挫折を乗り越えて、新たな挑戦へと進み続けることが大切です。人生の変革は、時に断崖のような困難さを伴うかもしれません。だからこそ、その断崖を乗り越えたとき、待ち受けるのは新たな自分自身との出会いと、未来への一歩になるのです。


モテなさすぎて爆死:男性の挫折と自己変革

留学という経験は、自己を見つめ直し、新たな自我を模索する絶好の機会とも言えます。しかし、その過程は決して容易ではありません。特に、男性留学生が直面する問題の一つに、「モテない」という挫折があります。

確かに、世界的な視野で見ると、日本人男性が「モテる」というのは難しいかもしれません。ハッキリと言ってしまうと、欧米の人々の目から見ると、日本人男性の髪型やファッションは、一部では「グローバルスタンダード」や「洗練されている」とは言えず、ある種のステレオタイプの中に留まっているかもしれません。加えて、あまりにも細やかな日本の文化や習慣が、時として「男らしさ」を欠いているように映ることもあります。

これらの理由から、留学初期は周囲から注目されることなく、時には避けられることさえあるでしょう。このような状況は、大いなる挫折感を感じさせ、自己価値を疑問視することにつながるかもしれません。

しかし、ここで強調したいのは、挫折こそが自己変革の契機になるということです。その「挫折」を乗り越え、自分自身をどのように成長させ、変革させるかが重要です。試行錯誤を繰り返しながら、自分に合ったスタイルを見つけ、それを自信を持って表現することで、自己の魅力を発揮し、周囲に認められる日が来るでしょう。


続かない菜食生活:ベジタリアンになる挫折

留学という新たなライフスタイルに挑戦する中で、自身の食生活を見直す人も多いでしょう。その一つの選択肢として周りの影響も受け「ベジタリアン」に挑む人々もいますが、その道のりは決して容易ではなく、挫折する人も少なくないのが現実です。

肉を食べないというのは、想像以上に厳しい道のりです。何しろ、それまでの食生活の習慣というのは、思った以上に強力です。肉や魚といった動物性タンパク質が無い食事は、心地よさや満足感が少ないため、絶えず「もっと食べたい」という本能的な欲求にかられることもあるでしょう。そのため、この新たな食生活への挑戦に耐え切れず、挫折する人も少なくありません。

しかし、ここで大切なことは、その挫折が必ずしも悪いことではないということです。自分の体が何を求めているのか、どのような食事が自分に合っているのかを見極めるための大切な一環なのです。ベジタリアンになろうとした経験があるからこそ、自分自身の食生活について深く考えることができるのです。

ベジタリアンの道は、その選択を通じて自分自身を見つめ直す価値のある挑戦であり、その挫折もまた自己理解につながる大切な経験となるでしょう。肉を食べないという選択が自分に合わなかったとしても、それはただそれだけのこと。あなたの体が何を必要としているのかを理解するための一つのステップに過ぎません。

おわりに


挫折。その言葉が重く響くかもしれません。しかしながら、この記事を通じて何度も取り上げたように、挫折というのは時には必要な経験であり、自己変革への第一歩となる可能性を秘めています。辛く、苦しいかもしれません。それでも、その体験は私たちが自分自身を見つめ、新たな視点を得るきっかけとなるのです。

留学という新たなステージで、寂しさや違和感、そして語学の難しさなど、挫折の連続であったかもしれません。また、人間関係や自分の身体について考えるきっかけとなったかもしれません。それでも、それぞれの経験が皆さん一人一人の成長につながっています。

挫折は、逆に言えば自己成長の一部。過酷な経験を乗り越えてこそ、新たな自分と出会い、新たな道を見つけることができるのです。それはそれぞれの人生における大切な一歩となるでしょう。

そして最後に、挫折を経験したことで心が折れそうになった時は、自分自身を責めすぎずに、少し休息を取ることも大切です。どんなに小さな一歩でも、前に進んでいればそれは進歩です。だから、自分のペースを大切にし、自分なりの歩みを見つけていってください。

この記事が皆さんの心の支えになれば幸いです。これからも自分自身と向き合い、自分を信じて、挑戦し続けてください。それが皆さんの人生をより豊かにすることでしょう。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X