ENGLISH WORK公式

留学帰りの人あるある10選:人生一度きりマン

  • 投稿日時:8か月前

こんにちは、皆さん。今日はちょっと興味深いテーマについて話し合いましょう。それは、「留学帰りあるある」についてです。私たちは皆、旅の話を聞くのが大好きです。違う文化に触れたり、新しい人々と出会ったり、未知の言語を学んだりすることは、間違いなく人生を豊かにする経験です。それは大切で、価値あることであり、個々の視野を広げ、理解を深める手段でもあります。

ただし、それと同時に留学帰りの方々には、「あるある」というパターンが存在することも事実です。海外での経験が自己成長の一部となり、その成長を皆さんと共有したいという気持ちは、本当に素晴らしいことです。だからと言って、それが全てが全てであるわけではありません。一部の人々がその経験を自慢したり、その経験が全ての人々に共通するものであるかのように話すことで、時として皆さんを苛立たせるかもしれません。

この記事では、そのような「留学帰りあるある」について深掘りし、その背後にある意味や心情、そしてそれがもたらす影響について考えていきます。そのために、留学帰りの男性や女性がよく見せるいくつかのパターンを挙げ、それぞれの背後にある問題や課題について解説していきます。

この記事を読んで、皆さんがこれらの「あるある」に対する理解を深め、そしてそれぞれが海外で得た経験をどのように他者と共有するか、またはどのように受け取るかについて考える機会になれば幸いです。それでは、さっそく本題に入っていきましょう。


留学帰りの人あるある10選

頂点に君臨する海外至上主義

こんにちは、皆さん!それでは「留学帰りあるある」の世界へ一緒に旅をしましょう。今日のお題は「頂点に君臨する海外至上主義」です。

何度か留学帰りの人と接すると気付くのですが、ある程度の時間を海外で過ごした日本人には独特の傾向があるように感じます。それは、日本の文化、伝統、人々、そして日本全体を軽蔑しながら、海外の様々な事柄を極度に高く評価する、いわゆる「海外至上主義」です。まるで海外は全てが完璧で、日本は全てがダメであるかのような態度。

さて、なぜ彼らは日本を見下すのでしょうか。その理由の一つとして、彼らが海外で経験した新たな視点や思考の枠組みがあるからです。海外での生活は彼らの視野を広げ、新たな考え方や価値観をもたらすことでしょう。それ自体はとても良いことです。問題は、その新たな視点や価値観を絶対視し、他の意見や視点を無視、あるいは軽蔑することです。

「ああ、日本の働き方って本当に非効率だよね。海外だったらもっとラクに働けるのに。」そんなことを平然と言い放つ彼らの言動には、ただただ唖然とさせられます。ある意味、それは彼ら自身の閉鎖性を示しているのかもしれません。彼らが海外の価値観を極度に評価する一方で、日本の価値観や日本のやり方を全否定する。これこそが、「頂点に君臨する海外至上主義」の本質ではないでしょうか。

そして彼らの中には、自分の留学経験が全ての日本人に必要であるとまで言い出す人々がいます。「日本人はみんな留学すべきだ」とか、「海外経験こそが人生を豊かにする」などと強く主張するのです。これは留学帰りの人にあるあるです。


留学一年で「世界を知った」大言壮語マン

「留学一年で『世界を知った』大言壮語マン」あるあるについて。

留学帰りの中には、「1年間の海外生活で、世界の全てを見聴きした」かのような大げさな表現をする人がいます。言うなれば、「世界を知った」大言壮語マンです。「自分は海外で生活した経験があるから、日本にいる人々よりも広い視野と深い理解を持っている」などという風にね。

もちろん、留学や海外生活は素晴らしい経験で、多くの知識と視点を与えてくれます。人生のターニングポイントになることもあります。だけど、それを自慢することで、他人を見下すような態度は全くもって不適切です。それを言ってしまう人々は、留学したからと言って世界の全てを理解したわけでもないし、日本にいる人々よりも人間性が成長したわけでもありません。

日本にいても成長する人はたくさんいます。それを考えると、この「世界を知った」大言壮語マンたちの言葉は、単なる見栄っ張りで、周囲の人からは滑稽に映るだけです。それに、「世界を知る」ためには、たかが一年の海外生活では到底不十分です。世界の深淵を理解するには、ずっと長い時間と、異なる文化、価値観に触れる機会が必要です。

さらに、彼らはよく政治や社会について語るのですが、それが周囲の人々からは「あいつは自分が凄いと思っているだけだ」と捉えられてしまいます。それによって、彼らの周りの人々は彼らから距離を取りがちになります。

このようなあるあるパターンにならないため、みなさん、もし留学を経験したら、それを自慢の材料にするのではなく、その経験を生かして、自分自身の成長や視野の拡大に努めましょう。そして、それを他人に押し付けるのではなく、他人の意見や視点を尊重することが大切ですよ。それが真の「世界を知った」人間の姿ではないでしょうか。


「人生が変わった」マン

留学から帰ってきた人たちはよく、「留学は私の人生を変えました」というフレーズを使います。まさに「人生が変わったマン」です。これ、留学帰りの人あるあるでしょう?しかし、一体どう変わったのか、その具体的なエピソードが伴わないと、本当に変わったのか疑わしく感じてしまうことがあります。

もちろん、留学は多くの人にとって貴重な体験で、新たな視点を提供し、成長のきっかけを与えてくれることでしょう。しかし、「人生が変わった」と口にする一方で、その成長が具体的な行動や話に表れていない場合、それはただの言葉遊びに過ぎないのではないでしょうか。

「人生が変わった」とは一体何を指すのでしょう?人間性の成長?それとも英語力の向上?具体的な変化が見られない限り、その言葉は空虚で、薄っぺらく聞こえてしまいます。それがまた留学帰りあるあるなのかもしれませんね。

この話題には少し辛辣な表現を使いましたが、留学経験者の皆さんには悪気はありません。ただ、留学帰りの人々が言う「人生が変わった」という言葉を耳にした時、その背後に何があるのか、具体的なエピソードがあるのか、見えない成長があるのかを、一緒に考えてみてください。


「海外ではこれが普通だ」破天荒行動アーティスト

次に、あるあるシリーズで触れていきたいのが、「海外ではこれが普通だから」という理由で、常識外れな行動をする人たちです。これ、留学帰りの人あるあるでしょう?彼らは海外で学んだ価値観を持ち帰り、その価値観に基づいて行動することで「世界的な視点を持っている」という自己顕示を図ります。

日本でやると明らかに違和感がある行動も、「海外ではこれが普通だから」と言い放つ彼らの行動は、周囲から見れば破天荒としか言いようがないものがあります。たとえば、日本のレストランで声を大にして話す、公共の場で足を投げ出す、など。そんな行動に出る彼らは、「俺は世界基準の価値観を持っている」というメッセージを発信しているかのように見えます。

しかし、真の世界市民とは、自分がいる環境に合わせて行動を変える柔軟性を持つことが求められます。自分が海外で見聞きした価値観を一方的に押し付けるのではなく、自分がいる現状を理解し、その状況に応じて適切な行動をとることが大切です。

その行動が「世界基準」と言われても、それが周囲の人々に不快感を与えるなら、それはもはや世界基準とは言えません。それはただの自己顕示に過ぎず、結局のところ、「海外ではこれが普通だ」という言葉は、自分の価値観を強要するための道具にすぎないのかもしれません。

なので、次回からは「海外ではこれが普通だから」と言いたくなったら、一度立ち止まり、その行動が本当に相応しいのか考えてみてはいかがでしょうか?それが真の国際感覚というものかもしれませんね。それこそが、留学帰りの人あるあるを突破するための一歩となるでしょう。


「日本語忘れちゃった」ミラクル

さて、次にご紹介するのは、「日本語忘れちゃった」と言い切る人たちです。これ、留学帰りの人あるあるでしょう?一年ほどの海外滞在で母国語を忘れるなんて、科学的にも言語学的にもほぼ不可能です。それにもかかわらず「日本語忘れちゃった」なんて言い出すのは、まさにミラクルですね。

でも、ちょっと待ってください。ここで一つ考えてみましょう。本当に日本語を忘れたのでしょうか?それとも英語を話せる自慢、留学していた自慢をしたいだけなのでしょうか?うーん、ちょっと謎ですね。

もし本当に日本語を忘れてしまうほどの状況になったのであれば、それはそれでかなり深刻な問題かもしれません。言語は、人間の思考やコミュニケーションを形成するための重要なツールです。それを忘れてしまうとは、脳が何らかの劣化を起こしている可能性もあるでしょう。

しかし、そんな状況は稀です。大抵の場合、「日本語忘れちゃった」発言はただの自己顕示でしょう。あるあるな状況ですが、この発言には深い理解や共感を寄せる人は少ないかもしれません。むしろ、反感を持つ人も多いかもしれませんね。

皆さんも一度、自分の発言を振り返ってみてはいかがでしょうか。それが、他人の目から見てどう映るか。それが他人にどういう印象を与えるか。それを考えることは、自己理解と成長への一歩となるでしょう。それこそが、留学帰りの人あるあるを乗り越えるためのステップとなるかもしれませんね。


「Really?」無理矢理英語挟み込みマスター

さあ、この次のあるある現象は、あなたもきっと笑ってしまうでしょう。それは、会話の途中で無理矢理英語を挟む人たちです。「Really?」や「Yeah!」など、ちょっとした一言から、「uh-huh」のような日本語では絶対に使われない相槌まで、さまざまですね。

これはまさに、留学帰りの人あるあるの一つ。それほど英語力があるわけでもないのに、なぜか英語を使いたがる。ある意味で、その積極性は評価できるかもしれません。しかし、問題はその場や相手に合わせたコミュニケーションができていないこと。それこそが、留学の経験が本当の意味で身についているのか、疑問を投げかけるポイントとなるでしょう。

正直に言いますと、英語を無理矢理挟む行為は、周囲から見れば「少し強引では?」と感じる人も多いかもしれません。留学経験をアピールしたい気持ちはわかりますが、それによって他人が不快に感じてしまうのは、あまり良い結果を生むとは言えませんよね。

これもまた、留学帰りの人あるあるであると同時に、私たち自身が気をつけるべき点です。「Really?」と感嘆するのは良いこと。でもその言葉選びとタイミングには注意しましょう。それが、自分と周囲の良好なコミュニケーションにつながるはずです。

結局のところ、私たちが他者からどのように見られるかは、自分自身の行動や言葉遣いによって大きく変わります。その意識を持つことこそが、真の留学帰りあるあるを乗り越える道筋なのかもしれませんね。


Fワード等の乱用マニア:不可解な言動

なぜかFワードや他の汚い言葉を乱用する留学帰り人のあるある。Fワードとは、一部の英語圏で頻繁に使われるが、その使用には多くの社会的な制限があるとされる「Fuck」のことを指します。そして、これは留学帰りの人あるあるであることを、皆さんもご存知でしょう。

留学帰りの人たちは、大して英語力がないにも関わらず、これらの単語を使うのが好きなようです。なぜだと思いますか? 英語を喋る機会が増えたからでしょうか。それとも、これらの単語が日本の言葉にはない特別なニュアンスを持っているからでしょうか。答えは一つではないでしょう。

しかしこれらの言葉を使うことが、何か特別なことを示していると思っているなら、それは大きな誤解です。実際には、これらの言葉を使うことは、ある種の乱暴さや失礼さを伴うことが多いのです。留学帰りの人が英語を話す際にこれらの言葉を使うことは、結果的に自分自身の品位を下げてしまう可能性があるのです。

なので、これもまた留学帰りの人あるあると言えるでしょう。しかし、このあるあるを改善することは決して難しくありません。必要なのは自分の言葉遣いに気をつけ、相手がどう感じるかを考えること。それができれば、不可解な英語マニアから真の英語話者への道は開けるはずです。


「人生一度きりだから」逃避マスター

さて、次の話題は、「人生一度きりマン」です。このフレーズをよく使うのも、実は留学帰りの人あるあるです。「人生一度きりだから楽しまなきゃ!」というのが、彼らの口癖のようになっています。一見、前向きでパワフルなスローガンのように聞こえるかもしれません。しかし、それは本当に健全な考え方なのでしょうか?

私の観察によると、これを言う人たちは、一見楽しそうに見える行動をとりつつも、実は現実からの逃避をしていることが多いです。「人生一度きりだから」と言って、自己啓発のための真剣な勉強をせず、快楽を追求することばかり考えている人が、このカテゴリーには多いように感じます。

一部の人々は、これを「世界一周」のような大きな冒険に繋げます。もちろん、旅行自体は新しい経験を得る素晴らしい方法であり、それが人生の豊かさを増すことは間違いありません。しかし、それがすべてではないということを理解することが重要です。常に快楽を追求し、困難から逃れるような行動は、結局のところ自分自身を成長させるチャンスを奪うことになるでしょう。

それがなぜ問題なのかと言いますと、これは現実からの逃避であり、自己啓発や努力から遠ざかる行為だからです。楽しむことはもちろん大切ですが、逃避ではなく、自己の成長に直面することも同様に重要なのです。

留学帰りの人あるあると言えば、こういった「人生一度きりマン」が存在します。しかし、本当の成長とは、逃避や快楽だけを求めるのではなく、自分自身と向き合い、時には厳しい現実に立ち向かうことで得られるものです。だからこそ、私たちは留学経験を活かし、人生を本当に豊かなものにするために、どのような選択をするべきか、もっと深く考える必要があるのではないでしょうか。


海外の友達自慢:真の友情とは?

次に注目したいのは、「海外の友達自慢」です。これもまた、留学帰りの人あるあるですよね。海外で過ごす期間が長いと、現地の人々と親しくなる機会も増えます。それはとても良いことですし、新しい文化や視点を学ぶ素晴らしいチャンスでもあります。

しかしながら、何もかもが素晴らしいとは限らないのが現実です。海外の友人がいることを誇示する行動は、時に疑問を抱くことがあります。それは単に、自分が異文化を体験しているということを証明したいだけなのでしょうか?それとも、本当に深い友情を築いていると感じているのでしょうか?

友達が海外にいるということは、確かに貴重な経験ですし、それは一種の誇りとも言えるでしょう。日本人で海外の友人がいる人は少ないのですから、それが特別感を生み、誇らしく思えるのは当然です。しかし、私たちは、それが本当に「友情」を意味しているのか、再評価することが必要です。

「友人」とは、一緒に楽しい時間を過ごしただけでなく、互いの喜びも悩みも共有し、助け合う存在です。海外で知り合った人々と一瞬の出会いを共有したとしても、それが本当に「友人」かどうかは、一概には言えません。

それに、この「海外の友達自慢」が、留学帰りの人あるあるの一つであることを忘れてはなりません。これは、彼ら自身が異文化との出会いをどう捉えているのか、彼らが自己肯定感を得るためにどういう行動をとっているのか、を示しています。

したがって、私たちが思うべきは、「海外の友達がいる」という事実以上に、その友情の深さや質について考えることです。真の友情とは何か、そしてそれを築くためには何が必要なのか、考えてみるのも一つの学びになるでしょう。

女性編:留学帰りの人あるある2選


「日本の男無理」:海外男性優先の原因とは?

さて、今度のトピックは、ちょっとデリケートです。それは、「日本の男無理」と宣言する留学帰りの女性についてです。これも、あるあるの一つかもしれませんね。

海外で生活をしていると、日本人女性は比較的モテる傾向にあると言われています。その理由は様々で、日本人女性の美しさや、優しい性格が挙げられます。このような魅力に引き寄せられた男性と、付き合い始めてそのまま結婚に至るケースもあります。しかし、その裏側には一夜だけの関係を求める男性も少なくありません。

そして、これが問題です。彼女らが勘違いし、単に一夜限りの関係を求めている男性に注目されることを、「モテる」と思ってしまうのです。留学帰りの女性あるあるの一つとして、このような経験から、「日本の男性は無理、海外の男性の方がいい」という考えに至る人がいるのです。

ここで忘れてはならないのは、彼らはヤレレバいいだけ。しかし日本人男性からモテてこなかった女性は勘違いしてしまうのです。

そして、それが結果的に「日本の男性無理」という考えにつながるというのは、少し悲しいことですよね。


とにかく強気:海外ステイによる女性の気質変化

続いてのテーマは、「とにかく強気」という留学帰りの女性あるあるについてです。このテーマは、文化の違いとその影響について、私たちに考えさせてくれます。

海外で生活していると、自己主張が重要な役割を果たすことがあります。自分の意見や感情をはっきりと表現することで、不当な扱いを避けることが可能になるからです。このような状況は、女性が特に強くなる一因となります。

しかしながら、留学帰りの女性あるあるとして、「強気」が逆に周囲を不快にさせることがあります。それは、日本の文化が自己主張よりも協調性を重視しているからです。日本では、一緒に何かを成し遂げるためには、他人の意見を尊重し、協力し合うことが求められます。そのような文化背景がある中で、強気な態度をとると、他人を威圧し、不快にさせる可能性があるのです。

だからと言って、「強気」が全て悪いというわけではありません。自己主張が必要な状況も確かに存在します。しかし、あるあるとして挙げられる強気な態度は、自己主張が一方的に評価され、周囲への配慮が欠如する傾向があるという点に問題があると考えられます。

自己主張と協調性、どちらも大切な価値であり、それぞれのバランスを理解し、適切に行動することが求められます。自己主張の大切さを学ぶと同時に、それが他人を威圧し、不快にさせないよう配慮することが重要です。そして、その配慮が欠如した強気な態度は、結果として周囲からの評価を下げる可能性があるということを、留学経験者や留学を考えている人々は知っておくべきだと思います。

男性編:留学帰りの人あるある3選



危険エピソードの自慢大会:真の強さとは?

皆さん、海外での危険エピソードを語り、その体験を自慢すること、あるあるですよね。特に留学帰りの男性に多いこの傾向、確かに海外生活では危険な目に遭う機会はあるかもしれません。しかし、そのエピソードを適切な場で、適切な方法で共有することが重要となります。

財布を盗まれそうになった、ナイフを突きつけられた、飲み物に薬を入れられたなど、海外生活での危険エピソードは枚挙にいとまがありません。それらの体験は確かに自分の生活を反映していますし、聞き手にとっては興味深い話かもしれません。

しかし、問題は、それらの話を「こんな危険な体験を乗り越えた俺凄いだろ」という姿勢で語ることです。その態度が見えると、留学帰りの男性あるあるとして、聞き手を不快にさせてしまうことも少なくありません。自己主張が強すぎて、自己中心的な印象を与えてしまう可能性があるからです。

真の強さとは、自慢話をすることではなく、困難を乗り越えた経験から学んだことを生かし、それを他人のために活用することです。他人に自分のエピソードを語るときには、自分がどれほど勇敢だったかを強調するのではなく、その経験から得た教訓や学びを共有することが大切です。

留学帰りの方々は、海外での危険エピソードを語る際には、その経験をどのように話すか、どのような目的で話すかを考えてみてください。それが自己中心的な印象を与えず、他人にとって有益な情報となり、更には自身の成長につながることでしょう。


違法行為の自慢:本当にそれが「すごい」のか?

留学帰りの男性の中には、海外での違法行為を自慢話にすることがあるあるですよね。日本では禁止されているものが、海外では規制が緩いため、そういった体験をどんどん話すというケース、見聞きしたことがありませんか?

しかし、そのような行為を自慢話にするのは、中学生が「俺タバコ吸うんだぜ」と自慢しているように思えます。ひとつ言わせてもらいますが、このような行為を自慢するのは、まるで「悪いことする俺=すごい。人生経験豊富」みたいな思考が透けて見えてしまいます。これこそ、留学帰りの男性あるあると言えるかもしれません。

しかしこの点、僕から一つ提言を。そのような体験を語るとき、あなた自身はワクワクするかもしれませんが、それが周りにどう映るか考えてみてください。本当にその話が「すごい」と感じる人がどれほどいるでしょうか?大多数の人は、「ああ、それはちょっと…」と反感を抱くことでしょう。

なぜなら、語られる行為自体が社会的に受け入れられていないものだからです。違法行為を体験したことが「すごい」という評価をもらえるというのは、大きな誤解です。

海外での経験は、あなた自身の成長に繋がるものであり、それを誇りに思うことは当然です。しかし、その体験が他人にとって価値あるものになるかどうかは、どのようにその経験を語るかによるのです。違法行為の自慢は、そこに大きな誤解があるように思えます。

ファッションとしての政治活動:思想の不在

留学帰りの男性の中には、政治活動を始める人がいるあるあるですね。海外では日本よりも政治に対する関心が強く、デモ活動なども頻繁に行われています。そういった光景を目の当たりにした人々は、ある種の憧れを抱くことがあります。それ自体は悪いことではありません。政治に対する関心や意識が高まるのは、その国の未来をより良くするための大切な一歩ですから。

しかし、問題はその行動が本心からのものなのか、あるいは「ファッション」として行っているだけなのかという点です。政治活動を「ファッション」の一部として行っている人々がいるあるあるです。表面的に見せるためだけに政治活動を行い、深い理解や真剣な関心が伴っていない場合、それはただの見栄張りに過ぎません。ここには大きな落とし穴があるのです。

政治活動は一人一人の思想や信念を問う重要な活動です。その真剣さや誠実さを軽んじてはなりません。本気で変化を求め、真剣に考え行動する人々の中に混じって、見栄張りのためだけに政治活動を行うというのは、言ってしまえば、カッコ悪い行動と言えるでしょう。

僕の提案は、留学帰りのみなさん、あなたが本当に興味を持ったこと、心から信じていることについて語り、行動しましょう。自分自身の思考や信念を確立することは、とても大切なことです。しかし、そのためにはファッションとしてではなく、本当に重要だと思うことに対する深い理解と真剣な関心が必要です。それがあなた自身の成長に繋がり、より素晴らしい人生を送るための一歩となるはずです。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X