ENGLISH WORK公式

留学で友達できなかった人の9つの特徴:恥をすてろ

  • 投稿日時:8か月前

こんにちは、皆さん!留学って楽しみにしてる反面、ちょっぴり不安もあるものですよね。特に「新しい環境で友達ができるかな?」と心配に思う方も少なくないはず。私もその一人でした。

留学の大きな目的の一つに「新しい友達を作る」があることは間違いありません。異文化の中で友達を作ることで、その国の文化をより深く理解したり、自分自身の視野を広げることができます。でも、実際に留学を始めると、「なかなか友達ができない…」と感じることもありますよね。

そんな皆さんのために、この記事では「なぜ友達ができないのか?」という問題に焦点を当て、その原因と解決策を考察してみたいと思います。原因は多岐にわたり、異文化への拒否感から元からの友達作りの苦手意識、勉強優先の真面目すぎる性格、自身のルールに固執する行動、金銭面での余裕の不足など、さまざまです。

友達ができない原因を理解することで、問題を解決するための一歩を踏み出すことができます。留学生活をより充実したものにするためにも、ぜひ参考にしてみてください。では、一緒に見ていきましょう!


留学で友達できなかった人の9つの特徴

シャイさによるコミュニケーション不足

皆さん、こんにちは。今日は留学中に友達ができない可能性がある1つの原因について、深く掘り下げてみたいと思います。それは、「シャイさ」です。そう、あの恥ずかしがり屋の性格が、あなたが海外で新しい友達を作るチャンスを逃すかもしれません。

留学するということは、さまざまな国の人々と出会い、コミュニケーションを取る機会が増えるということです。ランチに誘われたり、観光地への小旅行に参加するチャンスもたくさんあります。でも、あまりにシャイな性格が障害となり、「一緒に時間を過ごすときに、会話が持てるかな?」と心配になってしまうかもしれません。

また、「まだ英語があまりできないし…」と考えてしまうのもシャイな性格の人によく見られる特徴です。実は、これが結果的にあなたが新しい友達を作るチャンスを損なう大きな要因になるんです。

なぜなら、あまりにも消極的になってしまうと、人々はあなたを次回のランチや小旅行に誘うことを躊躇してしまうかもしれないからです。これは、彼らがあなたを嫌っているからではなく、あなたがそれらの活動に参加することにストレスを感じるのではないかと思っての配慮からなんです。

だからこそ、シャイな性格はちょっとした挑戦をもたらします。しかし、大丈夫、絶望することはありません。自分のシャイな性格を少しずつ変えるためのステップを踏んでいくことで、留学中に友達を作るチャンスを確実につかむことができるようになりますよ。


日本人との交流を避ける固定観念

次のの留学中に友達ができない原因は、日本人との交流を避ける固定観念です。

留学をする目的の一つに「英語を話せるようになりたい」という意志が強くあるかと思います。そのために、意図的に日本人との交流を避けることで、英語の環境を自分自身に強制しようとする考えもあるでしょう。

しかし、それが結果として友達ができない、という状況を生む可能性があるのです。なぜなら、語学学校にいる日本人と仲良くなること自体は、人間関係を構築する上で決して悪いことではないからです。むしろ、彼らは既に留学の経験を持っている可能性があり、その中には外国人の友人がいるかもしれません。

日本人の友人と親しくなることで、自然とその友人の交友関係にも触れる機会が増え、外国人の友達を作る機会も増えるでしょう。このように見ると、日本人との交流を全く避けることが、逆に友達を作るチャンスを狭めてしまう可能性があることがわかります。

だからこそ、「英語を話せるようになりたい」のは大切な目標ですが、そのために日本人との交流を避けるのではなく、留学生活で出会うすべての人々との関わりを大切にすることが重要なのです。留学は英語力を向上させるだけでなく、多文化理解や異なる視点を持つ人々との交流を通じて自己成長を遂げる機会でもあるのです。

それぞれの出会いや経験が、あなたの留学生活を豊かにする素晴らしいものにしてくれるはずです。だから、一人でも多くの人と出会い、一緒に過ごす時間を大切にしましょう。それが、新しい友達を作る最初の一歩かもしれません。


自己否定的なネガティブ思考

さて、次に挑むのは自己否定的なネガティブ思考の問題です。この思考パターンが、思わぬところで「友達できない」トラップを仕掛けています。留学生活だけでなく、日常生活でもネガティブな思考を持つ人は避けられがちで、それがそのまま友達を作る機会を奪ってしまうのです。

なぜなら、何を言っても否定的な反応をする人や、暗い話題ばかりを振る人と一緒にいると、自分まで暗くなってしまうからです。この傾向は、海外でもより強く現れるかもしれません。他人と共有する時間がポジティブなエネルギーで満たされることで、より深い絆や信頼関係が生まれます。逆にネガティブな思考が空間を支配すると、その雰囲気は他人を遠ざける効果をもつのです。

もちろん、留学は初めての経験で、不安や困難に直面することも多いです。それらの問題に対してネガティブになるのは当然の反応かもしれません。しかし、その感情をそのまま表に出してしまうと、「友達できない」状況を招きやすいです。

それでは、どうしたらいいでしょうか?ポイントは、自分のネガティブな感情を理解し、それをポジティブなアクションに変換することです。たとえば、困難に直面したときは、「これはきっと私を強くする試練だ」と捉えること。自分が抱える問題を解決するためには何が必要かを見つけ出し、そのアクションを取ることです。

ネガティブな思考は自己否定につながりますが、逆にポジティブな行動は自己肯定につながります。この自己肯定感が、人間関係を築く上で非常に重要な要素となります。そして、自分自身がポジティブなエネルギーを持つことで、自然と周りの人々も引き寄せることができるのです。


意見を表現しない不気味さ

さて、ここからは留学生活における一つの障害、つまり自分の意見を表現しないことが引き起こす「不気味さ」について語りましょう。この特定の行動が「友達できない」という結果を招く可能性があるのです。

多くの海外の文化では、自分の意見を持ち、それを率直に表現することが非常に重視されます。政治や人生観について語ることも珍しくありません。しかしながら、日本文化の中ではそうした行動が「意識高い系」や「主張が強すぎる」と見られることがあります。そのため、自己表現を避け、場の雰囲気を重視する傾向が強いです。

しかし、海外で留学生活を送る上で、この慣習は逆効果となることもあるのです。自分の意見を表現しない人は、他人から見て「不気味な人」と受け取られる可能性があります。もしくは、自分自身を他人に開放していないと思われ、距離を置かれるかもしれません。結果として、「友達できない」状況を生み出す可能性があるのです。

では、この問題をどう克服すればよいでしょうか?それは自分の意見を持つこと、そしてそれを適切に表現するスキルを身につけることです。そこで重要なのが、自分の意見が必ずしも正しいとは限らないということを理解し、他人の意見を尊重する姿勢を忘れないことです。また、自分の意見を表現する際は相手を尊重し、自分の意見が他人を否定するものではないことを示すことも重要です。

自分の意見を持ち、それを適切に表現する能力は、留学生活だけでなく、人生全体を通して重要なスキルとなります。そのスキルを持つことで、より深い人間関係を築くことができ、留学生活を充実させることができるでしょう。


異文化への拒否感

留学生活のもう一つの挑戦は「異文化への拒否感」です。これは特に文化差が大きい場合に、留学生が「友達できない」状況に陥る可能性があるポイントとなります。

ここで一つ想像してみてください。あなたが日本にいて、日本の文化を否定的に捉え、「日本食は好きじゃない」「日本人は冷たい」「日本は不便」と表現している外国人がいたとしましょう。その人と仲良くなりたいと思いますか?おそらく多くの人はネガティブな態度に引かれてしまい、距離を置くでしょう。

それと同じように、あなたが留学先の国の文化を受け入れられず、否定的な意見を述べ続けると、「友達できない」可能性が高まります。ここで大切なのは、全てを無理に肯定する必要はないということです。留学は新たな体験や発見の場であり、全てが気に入るわけではないかもしれません。

しかし、経験したこともないのに「それは無理」と言うのではなく、まずはその国の文化や人々を理解し、受け入れることから始めてみてください。異文化を理解し、受け入れることが留学生活の一部です。異文化理解は自分自身の視野を広げ、新たな視点を提供してくれます。そしてその結果として、友達作りの道が開かれるでしょう。

留学生活は自分自身を新たな環境に適応させ、人間関係を築くための絶好の機会です。異文化への理解と受け入れが、あなたの留学生活をより有意義なものにする一つの鍵となります。


元からの友達作りの苦手意識

さて、次に触れるテーマは、私たち全員が何らかの形で経験したことがあるでしょう。それは「友達作りの苦手意識」です。元々友達作りが苦手な方は、「友達できなかった」になる可能性が高いですよね。

皆さんはどうでしょうか、元々社交的でない、人見知りだ、といった理由から、友達作りが苦手だと感じている方は少なくないはずです。そして、その苦手意識は留学するときもそのまま持って行きますよね。留学の舞台は外国であり、周囲の人々は外国人ですが、人間としての基本的な要素は全く同じです。だから、日本にいる時から友達作りが苦手だった人が海外に行ったとしても、結局は同じように「友達できなかった」になる可能性があります。

もちろん、異文化の中で新たな人々と出会うことは刺激的で、自己変革のきっかけになりえます。しかし、根本的な「友達作りの苦手意識」をそのままにしていては、せっかくの留学生活でも「友達できなかった」になる可能性が高いです。

「友達できなかった」になるのには何らかの原因があるはずです。そこで自問自答してみてください。「私はなぜ友達作りが苦手なのか?」「何が私を止めているのか?」「どうしたら改善できるのか?」。それを自分自身で探り、解決策を見つけることが重要です。

人間関係を築くことは難しいですが、それは留学生活の大切な一部分です。自分自身の課題に正直に向き合い、それを解決する努力をすることで、留学生活はさらに充実したものになるでしょう。


勉強優先の真面目すぎる性格

皆さん、留学はもちろん学びを深めるためのものですよね。だけど、真面目すぎる人は「友達ができない」になる可能性があります。その理由について少し考えてみましょう。

まず、留学の目的は英語を学ぶことが多いです。それはもちろん大事なことです。でも、友達付き合いを蔑ろにしてまで勉強に専念すると、「友達ができない」状況になる可能性があります。言い換えれば、社会的な繋がりや体験を犠牲にしてまでの勉強は、結局は一人で学ぶことの限界を感じるでしょう。

留学に大金を払っているからこそ、英語力向上だけに集中しようとする気持ち、それはよく理解できます。でも、英語力を向上させる方法は、教科書だけを眺めることではないんです。友達と遊んだり、会話を楽しんだりすることもまた、言語力を上げるための重要な活動なのです。

だからこそ、留学生活でバランスを取ることが重要です。英語学習だけにならないように、友達との交流も大切にしましょう。それは自分の社会的スキルを磨き、より豊かな留学生活を送るための鍵となるはずです。もし、あなたが「友達ができない」と感じているなら、自分の日常を見つめ直してみてください。勉強と交流のバランスが取れているかどうか、自問自答してみてくださいね。


自身のルールに固執する行動

それぞれの人が自分の生活にルールを設けるのは自由ですよね。でも、そのルールがあまりにも厳格すぎて、「友達ができない」状況に陥ることがあるのです。

例えば、タバコやアルコールを絶対にやらない、クラブに行かないといったルールがある人もいます。それらのルール自体は悪くはないですし、自分の健康を守るための重要なものでしょう。しかし、それらのルールがあまりにも厳格すぎて、友達との時間を制限してしまうと、「友達ができない」という結果に繋がるかもしれません。

時には自分の健康を少し犠牲にしてでも、友達との関係を深めるために一緒に楽しむことも大切です。確かに、健康はとても大切ですが、一方で社会性も人間として大切な要素ですよね。タバコやアルコールに対する個人的なルールを少し緩和して、友達との交流の場を増やすことで、新たな友達ができる可能性が広がるかもしれません。

もし、「友達ができない」と感じているのであれば、自分のルールを見つめ直してみてください。そのルールが自分の社交の場を制限していないか、一度考えてみてくださいね。自分の健康を守ることも大切ですが、友達との時間を大切にすることで、より充実した留学生活を送れるはずです。


金銭面での余裕の不足

あまりにもお金がないと、「友達ができない」という状況に陥る可能性があります。

留学生活の一部は、もちろん、勉強や自己啓発ですが、それだけではありません。外国人の友達と一緒に新しい体験をすることも重要な要素です。例えば、旅行に行くとか。そういった誘いがあったとき、お金がないために断らざるを得ないというのは、とても残念なことですよね。

新たな友達との関係がまだ浅い段階でも、一緒に旅行に行くことで深い絆が生まれ、より良い友情が芽生える可能性があります。でも、お金がないせいでそういった経験ができず、新たな友達との絆を深める機会を逃してしまうと、「友達ができない」状況になりかねません。

お金はなかなか難しい問題ですが、留学生活での「友達ができない」問題を避けるためには、普通の生活を送れるくらいの経済的な余裕はあった方が良いでしょう。そうすることで、友達との楽しい体験を逃さず、留学生活を最大限に楽しむことができるはずです。

おわりに


以上、留学で友達ができない可能性があるいくつかの原因について解説してきました。異文化への拒否感、友達作りの苦手意識、勉強優先の性格、自分のルールに固執する行動、金銭面での余裕の不足――これらはあくまで一例ですが、自分自身に置き換えてみると、何かしら共感できる点があったのではないでしょうか?

ここで挙げた各原因に対する対策は、それぞれに役立つアドバイスとなることを目指しています。しかし、大切なのは自分自身がどのように感じているか、どのように行動するかということ。それぞれの状況や経験は違うので、必ずしも一つの答えが全てに当てはまるわけではありません。

留学はとても価値のある体験で、友達を作ることはその一部に過ぎません。しかし、新しい友達を作ることは、異文化を理解し、自分の視野を広げる上でとても有意義な経験となります。そのため、友達作りに苦労している方は、ぜひこの記事で紹介したアイデアを参考にしてみてください。

最後に、留学生活を楽しむための一つの方法として、自分自身の感情や状況を理解し、それに対応する力を身につけることが大切です。友達作りだけでなく、新たな環境で生活するためには自己理解が不可欠です。さまざまな状況に対応できるようになれば、留学生活はさらに楽しく、充実したものになるでしょう。

どんな状況でも、あなたならきっと乗り越えられますよ!どうぞ楽しい留学生活を!

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X