ENGLISH WORK公式

留学生は遊んでばかり?90%はその通り

  • 投稿日時:8か月前


留学生の実態:遊んでばかりなのか?

留学というと、多くの人が真剣に学び、新しい文化や言語を吸収しているイメージを持つかもしれません。しかし、実際のところはどうなのでしょうか?「遊んでばかり」という言葉が頭に浮かぶ方もいるかと思います。実は、このイメージは決して的外れではありません。

結論からお伝えすると、留学生の約90%が「遊んでばかり」に近い状態であると言われています。特に語学留学の場合、授業に出るも出ないも完全に学生の自由。授業を真面目に受けるか、適当に受けるか、それは学生の意志次第です。そして、実際には誰からも特に注意されることは少ないのです。

一方、大学留学の場合は少し異なります。大学留学では、単位を取得しなければ卒業することができないため、学生は必死に勉強する傾向があります。しかし、語学留学にはそのような制約が存在しないため、自然と「遊んでばかり」となる学生が増えるのです。

私自身も語学留学の経験がありますが、正直に言うと、私も「遊んでいるだけ」の日々を過ごしていました。英語学習に真面目に取り組んでいたわけではありません。そして、私の周りの留学生も同じような状況でした。日本人もその他の国の学生も。

このような状況がなぜ起こるのか、多くの要因が考えられます。しかし、最も大きな要因は、語学留学の自由度の高さと、学習に対する具体的な目標の不在ではないでしょうか。それではこの問題の背後にある要因を詳しく探っていきます。

なぜ留学生は遊んでばかりなのか?

暇な時間の多さ

留学生が「遊んでばかり」と言われる背後には、意外と知られていない事実があります。それは、彼らが持つ「暇な時間」の多さです。多くの人が語学学校に通う留学生を想像するとき、一日中英語の勉強に励んでいるイメージを持つかもしれません。しかし、実際のところはどうでしょうか?

語学学校には様々なプランが存在します。中には、午前中だけの授業や、午後だけの授業といった半日のプランを選ぶ学生も少なくありません。例えば、私の通っていた学校でも、午前中の3時間だけの授業を受ける学生が4割以上もいました。これは、午前中の授業が終われば、彼らには残りの一日が自由ということを意味します。

このような半日のプランを選ぶ理由は様々です。一部の学生はアルバイトをして生計を立てているため、午後は仕事に励むというケースもあります。しかし、多くの学生は、午後は観光やショッピング、友人との交流など、留学生活を楽しむための「遊び」に時間を使っています。

こうした暇な時間が「遊んでばかり」という印象を生む大きな要因となっています。もちろん、留学は学びだけでなく、新しい文化や人々との交流を楽しむものです。しかし、学習時間と遊びのバランスが取れていないと、真の留学の目的を達成するのは難しいでしょう。

私自身も留学初期はこの「暇な時間」に戸惑いました。しかし、後になってその時間を有効活用する方法を見つけることができました。それは、次回の記事で詳しくお伝えする予定です。


誘いが多い生活

留学生活は新しい友人や知り合いとの出会いが溢れています。新しい環境、新しい文化、そして新しい言語を共有する仲間たち。そんな中で、特に「誘いが多い」という特徴が留学生の日常には存在します。

学校の生徒同士でのアクティビティは日常茶飯事。例えば、週末にはパブに出かけたり、誰かの家でのパーティーに誘われることが多いのです。私も留学中、週に2〜3回はクラスメイトや友人からの誘いがありました。特に金曜の夜は、近くのパブでの集まりが恒例となっていました。

これらの誘いは、留学中にしかできない貴重な経験です。異文化の中でのコミュニケーションや、様々な国の友人との交流は、日本では得られないもの。しかし、このような誘いが増えると、どうしても「遊んでばかり」となる時間が増えてしまいます。

実際、私の友人で、毎晩のようにパーティーや食事に出かけていた人もいました。彼は、留学初日から多くの友人を作り、常に忙しい日々を送っていました。しかし、その結果、彼は語学学習に十分な時間を割くことができず、結果的に「遊んでばかり」となってしまったのです。

もちろん、留学は学びだけでなく、人々との交流や新しい経験を楽しむものです。しかし、そのバランスを取ることが重要です。誘いが多い生活を楽しむ一方で、学習にもしっかりと取り組むことが、真の留学の成功への鍵となるでしょう。


簡単な宿題

留学生活の中で、学習の一環として出される宿題。これが、実は「遊んでばかり」の生活を後押ししている一因となっているのをご存知でしょうか?

大学に通っていた方なら、レポートの提出や試験勉強での夜通しの努力を思い出すかもしれません。大学の宿題は、しばしば時間と労力を要するものです。しかし、留学先の語学学校での宿題の状況は、大学とはかなり異なります。

語学学校での宿題は、大抵が簡単なもの。文法の練習や単語の暗記、短いエッセイの作成など、1時間もあれば終わるような内容が多いです。私の経験でも、毎日の宿題は平均で30分から1時間程度で完了していました。更に驚くべきことに、宿題をやらなくても、先生から特に注意されることは少ないのです。

このような状況が、学生たちを「遊んでばかり」の生活へと導いています。宿題の負担が少ないため、学習に対する緊張感が薄れ、自由な時間が増えるのです。例えば、私のクラスメイトの中には、宿題を全くやらずに、毎晩のように外出して遊んでいる人もいました。彼は、短い宿題を朝の通学中にさっと終わらせることが多かったのです。

もちろん、宿題の量や難易度が少ないことが悪いとは言いません。しかし、学習のモチベーションを保つためには、適度な負荷や挑戦が必要です。留学生として、自分自身でそのバランスを見つけ、学びと遊びの両方を楽しむことが大切でしょう。


不明確な目標

留学を決意する際、多くの人が「英語を話せるようになりたい」という願望を持っています。しかし、この願望がどれほど具体的なものであるかは、人それぞれ大きく異なります。そして、この目標の明確さが、留学生活で「遊んでばかり」となるか、真剣に学習に取り組むかの分かれ道となるのです。

考えてみてください。目的地が不明確なまま旅を始めたら、どうなるでしょうか?目的地がないため、途中で迷子になったり、目的地にたどり着けずに終わってしまう可能性が高いですよね。同じことが、留学における学習にも言えます。具体的な目標や計画がなければ、学習の方向性を見失い、結果として「遊んでばかり」の日々を送ることになります。

私の友人、アキコは、留学前から「英語をペラペラに話せるようになりたい」と言っていました。しかし、留学先で彼女が取ったアクションは、毎日のように友人と遊ぶことばかり。彼女の考えは「留学していれば、自然と英語が上手くなる」というものでした。しかし、実際には、彼女は英語のスキルアップのための具体的な行動を取らず、「遊んでばかり」の日々を過ごしてしまいました。

このように、目標が不明確であると、留学中の行動もそれに影響されます。留学は高い費用と時間を投資するもの。その価値を最大限に引き出すためには、明確な目標を設定し、それに向かって努力することが必要です。

留学を考えている方、または現在留学中の方へのアドバイスとして、目標を具体的に設定し、それに基づいた学習計画を立てることを強くおすすめします。それが、留学の成功の鍵となるでしょう。


英語学習の難しさ

英語学習は、多くの日本人にとって、一筋縄ではいかない挑戦となっています。新しい言語を習得する過程は、単に単語や文法を覚えるだけではなく、異なる文化や思考構造を理解することも含まれます。そして、この学習の難しさが、留学生活で「遊んでばかり」となる大きな要因の一つとなっているのです。

私の知人は、留学初日から熱心に英語の授業に参加していました。彼は、日本を出発する前から「留学中には流暢に英語を話せるようになりたい」という強い意志を持っていました。しかし、数ヶ月が経過しても、彼の英語のスキルは思うように伸びませんでした。この結果に打ちのめされ、彼は「焦らずゆっくりやろう」と考えるようになり、結果的に「遊んでばかり」の日々を過ごすこととなりました。

英語学習の難しさは、多くの留学生が共感する点でしょう。特に、日本人は英語の発音やリズム、文化的背景など、多くのハードルを乗り越えなければなりません。そして、この難しさが、学習のモチベーションを下げる要因となっています。

しかし、ここで大切なのは、英語学習の難しさを受け入れ、それを乗り越えるための方法を見つけることです。例えば、日常生活の中で英語を使う習慣をつける、ネイティブスピーカーとの交流を増やす、専門家からのフィードバックを受け取るなど、様々なアプローチが考えられます。

留学は、新しい環境や文化に触れる貴重な経験です。しかし、その中で「遊んでばかり」とならず、真剣に学習に取り組むためには、英語学習の難しさを理解し、それを克服する意志が必要です。


自由すぎる環境

留学というのは、多くの人にとって初めての一人暮らしや、親元を離れた生活を意味します。この新しい環境は、自由を楽しむ絶好のチャンスとなりますが、その裏には落とし穴が潜んでいます。その落とし穴とは、自由すぎる環境が「遊んでばかり」の日々を生む可能性があるということです。

私の友人の留学先の学校は出席をそれほど厳しく取らなかったため、彼は授業をサボることが多くなりました。そして、彼は「遊んでばかり」の日々を送ることとなりました。彼の場合、親や教師からのプレッシャーがなかったため、自らの意志で学習に取り組むことが難しくなってしまったのです。

このような自由すぎる環境は、自己管理能力が試される場とも言えます。留学生活では、自分の時間をどのように使うか、どれだけ学習に励むか、全てが自分の選択にかかっています。そして、この自由度が高い環境が、学習よりも遊びを優先する行動を生む原因となることも少なくありません。

例えば、日本の大学では、出席や課題の提出が厳しくチェックされることが多いですが、海外の学校ではそのような制約が少ない場合があります。このため、留学生は学校に行かずに遊ぶ選択をすることができてしまいます。

しかし、留学の目的をしっかりと持ち、自分自身を律することが求められます。自由すぎる環境を上手く乗り越え、学習に真剣に取り組むことで、留学の真価を引き出すことができるでしょう。


遊ぶことでの英語力向上の誤解

留学生活の中で、友人との交流や新しい文化の体験は確かに魅力的です。そして、多くの人が「遊んでばかり」の日々を過ごすことになるのも、その魅力が背景にあると言えるでしょう。しかし、その中で一つの誤解が生まれています。それは、「遊ぶことで英語力が伸びる」という考えです。

私も留学生の頃、よく耳にした言葉が「日本人はインプットは十分足りてる。それより外国人とたくさん会話するアウトプットを増やしたほうがいい」というものでした。この言葉の背景には、日本の英語教育が読む・書く中心であるため、実際に英語を話す機会が少ないという現状があります。そのため、留学中に「遊んでばかり」で外国人との交流を増やすことが、英語力向上の近道だと考えられがちです。

しかし、ここで大切なのは、アウトプットだけではなく、インプットの重要性です。例えば、日常の会話で使えるフレーズや単語、文法などの基本的な知識が不足していると、どれだけ外国人と交流しても、その効果は半減してしまいます。実際、多くの日本人が英語の会話で使える状態のインプットが不足しているのが現状です。

例えばある留学生は、留学中に地元の友人との交流を楽しんでいました。彼は毎日のようにパーティーやイベントに参加し、多くの外国人と交流していました。しかし、彼の英語力はあまり向上しなかったと言います。その理由は、彼が基本的な英語の知識や文法を学ぶ時間を確保していなかったからです。

このように、遊ぶことでの英語力向上は一理あるものの、それだけでは十分な効果を得ることは難しいのです。インプットとアウトプット、両方のバランスを取ることが、真の英語力向上の鍵となるでしょう。


焦燥感からの逃避

留学生活は、多くの人にとって夢のような経験であり、新しい文化や言語を学ぶ絶好の機会です。しかし、その裏には予想外のプレッシャーや焦燥感が潜んでいることも少なくありません。そして、その感情が「遊んでばかり」の日々を生むことがあるのです。

想像してみてください。留学先での生活が始まり、初めは新しい環境や友人たちとの交流にワクワクしていたものの、数ヶ月が経過しても英語をスムーズに話せるようにならない。クラスメイトたちがどんどん上達していく中、自分だけが取り残されているような感覚に陥る。このような焦燥感は、多くの留学生が経験するものです。

この焦燥感から逃れるため、一部の留学生は「遊んでばかり」の日々を選ぶようになります。英語の勉強に取り組むことがストレスとなり、それを避けるために遊びに逃げ込むのです。実際、私の周りにも、英語の勉強に疲れてしまい、友人との交流や観光を優先する人が何人かいました。

しかし、この「遊んでばかり」の日々は、一時的な逃避としては良いかもしれませんが、長期的には自分の成長を妨げる要因となり得ます。焦燥感を感じること自体は、成長の一部であり、それを乗り越えることで真の自己成長を遂げることができるのです。

結論として、留学中の焦燥感は自分の成長の一部と捉え、それを乗り越えるための方法を見つけることが大切です。遊びを全否定するわけではありませんが、バランスを取りながら、自分の目標に向かって努力する姿勢を忘れないようにしましょう。

「遊んでるだけ」の留学も正当化できる理由



遊ぶことでの英語力向上

留学生活の中で「遊んでばかり」と言われる時間が、実は英語力向上の秘訣になることがあるのをご存知でしょうか。そう、遊びの中にも学びのチャンスが隠れているのです。

日本での英語学習は、多くの場合、テキストや教材を使ったインプット中心の学びとなります。しかし、実際に英語を話す経験、つまりアウトプットの機会は限られています。留学先での遊びの時間は、このアウトプットの機会を増やす絶好のチャンスと言えるでしょう。

例えば、友人とのショッピングやレストランでの食事、観光地での交流など、日常の中での「遊び」は、実は英語を使う場面が溢れています。こうした場面での会話は、教科書のセリフとは異なるリアルな英語を学ぶことができます。また、ネイティブスピーカーとの交流を通じて、日常英会話のフレーズや文化的な背景を理解することもできるでしょう。

しかし、ここで注意したいのは、遊びの中での英語学習が効果的であるためには、意識的な取り組みが必要だということ。単に「遊んでばかり」で終わらせず、遊びの中での会話や経験を振り返り、学びを深めることが大切です。

結論として、遊びの中での英語学習は、日本でのインプットをアウトプットに変える大切な手段となり得ます。ただし、そのためには「遊んでばかり」ではなく、遊びの中での学びを意識的に追求する姿勢が求められます。


引きこもりよりは遊んだ方が良い

留学生活と聞くと、多くの人は新しい文化や言語を学び、異文化交流を楽しむイメージを持つかと思います。しかし、実際には留学先での生活が思ったよりも難しく、自宅や寮、そして語学学校を往復するだけの日々を送る人も少なくありません。このような「引きこもり」状態は、留学の目的や意義を考えると、非常にもったいないことです。

一方で、「遊んでばかり」と言われる留学生もいます。しかし、遊びの中には多くの学びや経験が隠されていることを考えると、引きこもるよりは遊んでいた方が、実は英語学習にとって有益なのです。

例えば、友人とのショッピングや観光、地元のイベントへの参加など、遊びの中での経験は、日常の英語を使う機会を増やしてくれます。これは、教室の中だけでの学びとは異なる、実践的な英語力を養うことができるのです。

「遊んでばかり」と言われることもあるかもしれませんが、それが実際に英語を話すチャンスを増やしてくれるのであれば、それは正当化できるでしょう。もちろん、遊びだけでなく、しっかりとした学習の時間も確保することが大切ですが、引きこもりがちになるよりは、積極的に外に出て、留学先の文化や人々との交流を楽しむことが、真の留学の価値を引き出す鍵となるでしょう。


日本での遊びとの違い

留学生活の中で「遊んでばかり」という言葉を耳にすることがあるかと思います。しかし、その遊びには日本での遊びとは大きな違いがあります。それは、留学中の遊びが持つ学びや経験の価値です。

まず、日本で遊ぶとき、多くの場合、日本語を使ってコミュニケーションをとりますよね。しかし、留学中に遊ぶ場面では、英語やその国の言語を使ってコミュニケーションをとる必要があります。これは、言語の実践的な練習の場となり、英語力を向上させる絶好のチャンスです。

また、留学中の遊びは、異文化の中での経験を積むことができます。例えば、現地のフェスティバルやイベントに参加することで、その国の文化や伝統を深く理解することができます。これは、日本での遊びでは得られない貴重な経験となるでしょう。

さらに、留学中には、世界各国から来た友人との交流の中で、国際感覚を養うことができます。異なる背景や価値観を持つ人々との交流は、視野を広げ、柔軟な思考を身につける手助けとなります。

結論として、日本で「遊んでばかり」の時間と、留学中に「遊んでばかり」の時間は、その質が大きく異なります。留学中の遊びは、新しい言語や文化、人々との交流を通じて、自分自身の成長を促す大切な時間となるのです。


留学中の様々な苦労

留学と聞くと、多くの人は新しい文化や言語を学ぶ楽しい経験をイメージするかもしれません。しかし、実際には「遊んでばかり」と言われるような日々でも、さまざまな苦労が待っています。

まず、シェアハウス生活。これは多くの留学生が選ぶ住居の形ですが、異文化の中での共同生活は予想以上に難しいものです。例えば、食事の習慣や生活リズム、掃除の仕方など、些細なことから大きなことまで、住民同士の価値観の違いがトラブルの原因となることが少なくありません。

また、遊んでばかりの日々でも、異国の地での生活は日常の中に無数のハードルを持っています。公共交通機関の利用方法、現地の通貨の使い方、言葉の壁など、日本では考えられないような問題に直面することが日常茶飯事です。

しかし、これらの苦労が、留学生の成長を後押ししてくれるのも事実。トラブルを乗り越える中で、コミュニケーション能力や問題解決能力が鍛えられます。また、異文化を理解するための感受性や柔軟性も身につけることができるでしょう。

結論として、留学中に「遊んでばかり」と言われることがあっても、その中には数えきれないほどの学びや経験が詰まっています。遊びながらも、留学生は日々、新しいことを学び、自分自身を成長させているのです。


人生の貴重な思い出として

留学という特別な時間。多くの人が留学を選ぶ理由は、もちろん学問や語学の習得が主な目的ですが、それだけではありません。実は、遊んでばかりの時間も、後にとても貴重な思い出として心に刻まれるのです。

考えてみてください。日常の中で、どれだけの時間や場面が、後に「あの時良かったな」と心から思える思い出として残るでしょうか。留学中に遊んでばかりで過ごした時間も、実はその一部。新しい場所での冒険、異文化の中での友情、初めての経験…これらは、日本での日常では得られない、かけがえのないものです。

確かに、英語学習は年を取ってからでも挑戦できるもの。しかし、若い頃のエネルギーと好奇心で異国の地を駆け巡る経験は、年を取ってからはなかなかできないもの。その意味で、遊んでばかりの留学も、人生の中で非常に価値のある時間と言えるのではないでしょうか。

最後に、人生は一度きり。何を優先するか、何を大切にするかは、それぞれの価値観によるもの。遊び心を大切にし、留学中に心から楽しむことで、後悔のない、素晴らしい思い出を作ることができるのです。

新たな夢の発見の可能性

留学という特別な時間は、学びの場であると同時に、自分自身を再発見する場でもあります。遊んでばかりの留学と一見思われるかもしれませんが、その中にも新しい夢や目標を見つけるヒントが隠されているのです。

夢や目標は、常に計画的に、論理的に考えて生まれるものではありません。時には、予期せぬ出会いや経験が、新しい道を示してくれることも。遊んでばかりの留学中に出会った人々や、その土地の文化、風景。それらが、新たな夢や情熱を生み出すきっかけとなることも少なくありません。

例えば、留学先での友人とのカジュアルな会話から、新しいビジネスのアイディアが生まれることも。また、遊び心で参加した現地のイベントやアクティビティが、将来のキャリアの方向性を示してくれることもあるのです。

遊んでばかりの留学とは言え、その中で得られる経験や感動は、日本での日常では得られないもの。それが、新しい夢や目標を見つける手助けとなることも十分考えられます。

最後に、夢は突然、予期せずに訪れるもの。遊んでばかりの留学も、その一歩として、新しい未来を切り開く可能性を秘めているのです。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X