ENGLISH WORK公式

留学する人のほとんどが失敗する7つの理由

  • 投稿日時:4か月前

「留学 ほとんどが失敗」というキーワードを検索してこのページにたどり着いたあなた、留学を成功させるための秘訣をお探しではありませんか?多くの留学生が直面する挑戦と失敗には共通の理由があります。

この記事では、留学する人のほとんどがなぜ失敗するのか、その7つの理由を解き明かし、あなたが同じ過ちを犯さないように具体的なアドバイスを提供します。留学はただの旅ではなく、自己成長の旅です。この記事を読んで、留学を成功に導くための第一歩を踏み出しましょう。


留学する人のほとんどが失敗する7つの理由

単純に時間が足りないから

留学は多くの人にとって大きな冒険です。新しい文化、言語、環境に飛び込むことは、簡単なことではありません。しかし、夢を追うために留学を選ぶ人も多いですね。ただ、残念ながら、留学する人のほとんどが失敗に終わると言われています。その大きな理由の一つが、「時間不足」なんです。

では、なぜ多くの人が時間不足に陥ってしまうのでしょうか?まず、言語習得には時間がかかります。英語力ゼロからスタートする場合、普通の人がそれなりに会話ができるようになるまでには、少なくとも6ヶ月以上は必要です。実際、多くの人はそれ以上の時間を要します。日本語と英語の違いは根深いものがあり、単語から文法、発音まで、全く異なるため、習得には相応の時間と努力が必要なんです。

例えば、ドイツ語や他のヨーロッパの言語は英語と文法的に似ている部分があり、類似した単語も多いため、比較的短期間で上達しやすいです。しかし、日本語はそうはいきません。文法も発音も単語も、英語とは全く違うため、ある程度話せるようになるまでには1年程度はかかると考えるべきです。私自身も満足できるレベルに達するまでには、7年くらいかかりました。もちろん、すでにある程度の英語力がある人なら、数ヶ月で大きく進歩することも可能ですが、ほとんどの人にとっては長い戦いになるでしょう。

言語の習得は単に知識をインプットするだけでは不十分です。学んだことを実際に使って、脳に馴染ませるまでには、時間が必要なんです。例えば、新しいスポーツを学ぶ時、技術を理解しても、それを体が覚えるまでには練習が必要ですよね。英語も同じで、ただ単語を覚えたり、文法を勉強したりするだけでは、すぐには話せるようになりません。

さらに、多くの留学生は数ヶ月から1年くらいの短期間しか留学しません。英語が話せるようになる前に帰国してしまうため、ほとんど失敗に終わってしまうのです。言語を学ぶには、ただ時間を過ごすだけではなく、積極的にその言語を使う機会を持つことが重要です。しかし、実際にはその機会が十分にないまま時間が過ぎてしまうのです。

留学という経験は、ただ海外に行くだけでなく、その文化と言語を深く理解し、自分のものにすることです。しかし、これには十分な時間と、適切な方法が必要です。言語習得はマラソンのようなもの。短期間で結果を出そうと焦るのではなく、長期的な視点でじっくりと取り組むことが大切です。ですから、留学を考えている方は、時間をかけて、着実にスキルを身につける覚悟が必要なんです。


単純に勉強量が足りないから

留学する人のほとんどが失敗する大きな理由の一つに、単純に勉強量が足りないという事実があります。多くの留学生は、語学学校での勉強だけで満足してしまう傾向にありますが、これは語学習得における大きな落とし穴です。学校の授業で受ける知識は受動的であり、それだけでは言語を自分のものにすることはできないんです。

では、なぜ語学学校だけでは不十分なのでしょうか?それは、どんな学びも、それが自分自身の経験やニーズと深く結びついていなければ、本当の意味で身につかないからです。授業で学んだことを、実際の日常生活で使ってみて初めて、その言語は自分のものになるんです。つまり、学校での勉強を超えて、個人的な努力と実践が不可欠なんです。

例えば、学校が終わった後に、公園のベンチやカフェで、その日に起きたことや感じたことを英語で表現する練習をすることは非常に有効です。「今日はこんなことがあって、こう言いたかったけどうまく言えなかった」という経験は誰にでもありますよね。そういった経験をメモしておき、後でそれをどう英語で表現するかを考えることは、実際のコミュニケーション能力を向上させる大きなステップになります。

また、現代ではChatGPTのようなAIを利用して、自分が考えた表現が正しいかを確かめたり、より自然な表現を学んだりすることもできます。さらに、そのAIと実際に会話練習をすることで、より実践的な英語力を身につけることができるんです。つまり、学校で学んだことを自分のものにするには、自分で積極的に学びを深め、実践することが不可欠なのです。


行動量が足りないから

留学する人のほとんどが失敗する大きな理由の一つに、「行動量が足りない」ということがあります。実は、言語の習得においては、クラスで学ぶこと以上に、積極的な行動が非常に重要なんです。多くの成功した留学生の共通点は、彼らがただ座って学ぶだけでなく、積極的に外に出て、実際に言語を使ってみることにあります。

例えば、私がアイルランドで留学していた時に出会った日本人の友人は、留学してわずか1ヶ月で多くの外国人と友達になり、彼らとのコミュニケーションを通じて驚くほど速く英語を上達させました。彼は外に出て、実際に多くの人々と交流することで、学校では学べない生の英語を身につけたのです。これは、行動量を増やすことがいかに英語力向上に直結するかを示す良い例です。

多くの留学生は、新しい環境と言語の壁に圧倒され、英語が話せないことに対する恥やコンプレックスを感じるかもしれません。しかし、言語学習においては、そうした恥を捨て、恐れずに外に出ていくことが重要です。語学は、実際に使ってみて初めて上達するものなのです。ですから、留学生活を成功させたいなら、外国人との交流を積極的に増やすべきなんです。

実際、言語の習得においては、「行動すること」が最も効果的な学習法の一つです。外に出て、現地の人と話をすることで、学校では学べない現実の言語の使い方や文化的ニュアンスを学ぶことができます。さらに、実際のコミュニケーションを通じて、間違いから学び、自分の言語能力を自然と向上させることができるんです。


日本人同士で助け合わないから

留学する人のほとんどが失敗する一つの理由として、日本人同士での助け合いが不足していることが挙げられます。多くの人は「英語力を伸ばしたければ、日本人とは関わらない方がいい」と聞いたことがあるでしょう。しかし、私はその考え方には異議があります。実際、適切なバランスで日本人コミュニティと関わることは、留学生活を充実させ、英語力向上にも寄与するんです。

なぜなら、現地に住む日本人との関わりは、留学生活における大きなサポートになります。彼らは留学生活の初期段階での困難やトラブルに直面したとき、貴重なアドバイスや実用的なヘルプを提供してくれます。この安心感があることで、より自信を持って新しい環境に挑戦し、英語を使う機会を増やすことができるのです。また、現地の日本人コミュニティは多くの場合、国際的なネットワークを持っており、そのつながりを通じて様々な国籍の友人を作ることもできます。結果的に、これは英語を使う機会を増やし、間接的にでも英語力の向上に寄与することになるんです。

確かに、留学先で日本語ばかり使っていては、英語習得は遅れるでしょう。しかし、日本語と英語を適切に使い分けることで、実は学習効率は上がるものなんです。日本語を通じて新しい英語表現を学んだり、言語間の違いを理解したりすることは、英語学習において非常に有効です。また、自分の言いたいことを日本語で整理してから英語に置き換えることで、より複雑な内容も英語で表現できるようになるんです。


英語に対する思いが強すぎるから

留学する人のほとんどが失敗する理由として、意外かもしれませんが、英語に対する情熱が強すぎることが挙げられます。多くの語学留学生が、「6ヶ月でペラペラになる」といった高い目標を掲げて意気込んできます。情熱は学習を推進する大切な要素ですが、過度になると逆効果になることもあるんです。

なぜなら、英語はすぐにはマスターできるものではなく、学習には時間がかかります。過度な期待は現実とのギャップを生み出し、挫折感や「自分には英語は無理なのでは」という不安を抱かせる原因になりがちです。実際、留学する人のほとんどがこのようなプレッシャーに潰され、失敗してしまうことが多いのです。

しかし、もっとリラックスして英語学習に取り組むことで、学習の効率は実は上がるんです。ストレスが少ない状態で学習することで、新しい情報の吸収がよりスムーズになり、言語の習得も自然と進むようになります。また、学習を楽しむことで、英語を使うこと自体がポジティブな経験となり、モチベーションの維持にもつながるんです。

ですから、留学生はあまりにも英語習得に固執するのではなく、学習プロセス自体を楽しむことが大切です。たとえば、趣味や興味のある分野を英語で学んでみたり、友人との会話を楽しんだりしながら、自然と英語力を身につけていくことができます。このように、リラックスして取り組むことで、英語は自然とあなたのものになっていくんです。


英語以外に目標がないから

留学する人のほとんどが失敗する理由の一つとして、英語以外に明確な目標がないことが挙げられます。多くの人が留学において「英語を話せるようになりたい」という一点に固執していますが、実はこれが逆効果になることもあるんです。英語習得のみにフォーカスすることは、時にモチベーションを下げ、学習の進行を遅くする原因にもなります。

なぜなら、人間は単一の目標に対して強い圧力を感じると、ストレスや焦りを感じやすくなるからです。例えば、ダイエットをするときに「痩せなければ」というプレッシャーだけに集中すると、逆に食べることへの執着が強まったり、ストレスが溜まったりすることがあります。これと同じように、英語学習においても「絶対に話せるようにならなければ」という思いが、学習の進行を妨げることがあるんです。

では、どのようにしてこの罠を避けることができるのでしょうか?重要なのは、英語学習を超えた、より大きな目標を持つことです。例えば、「英語を使って国際的なビジネスを手がけたい」「海外の友人を作りたい」「異文化を深く理解したい」といった、英語習得を手段とした目標を持つことが重要なんです。このような目標があると、英語学習はその達成手段の一つとなり、学習に対するプレッシャーが減り、よりリラックスして学習に取り組むことができます。


日本マインドに染まっているから

留学する人のほとんどが失敗する大きな理由の一つに、「日本マインド」に染まっていることがあります。日本では、学校教育が往々にして正解を求め、失敗を避ける方向で進められます。このため、多くの日本人は失敗を恐れ、既存のやり方に固執する傾向があります。しかし、言語学習という新しい挑戦、特に留学という環境では、このマインドセットは進歩の妨げとなることが多いんです。

英語学習においては、常に新しいことに挑戦し、失敗から学ぶことが非常に重要です。新しい言語を学ぶ過程では、間違いを恐れずに積極的に話すことが上達への早道です。しかし、失敗を避けるように育てられた日本マインドでは、このような積極的な姿勢を取ることが難しいことがあります。その結果、留学しても英語がなかなか上達しないというケースが多く見られるんです。

例えば、完璧な発音や文法を求めるあまり、会話のチャンスを逃してしまったり、間違いを恐れて積極的に話すことを避けたりする人が多いです。しかし、言語は生きたコミュニケーションツールです。間違いを恐れずに話し、そのフィードバックから学び取ることで、はるかに効率的に学ぶことができるんです。

ですから、留学生活を成功させるためには、まず自分の思考回路を理解し、必要に応じてそれを変えることが大切です。新しい言語を学ぶ上で、失敗は避けて通れない道です。失敗を恐れるのではなく、それを学びの機会と捉え、前向きに取り組むことが重要なんです。留学する人のほとんどが失敗すると言われる中で、このマインドセットの転換は、成功への大きな一歩となるでしょう。

おわりに


留学における失敗は、決して運命ではなく、予防可能なものです。この記事で紹介した「留学する人のほとんどが失敗する7つの理由」とそれに対する対策を心に留めておくことで、あなたは多くの人が陥る罠を避けることができます。留学は自己発見と成長の絶好の機会です。失敗を恐れず、新しい文化、言語、そして自分自身との対話を楽しんでください。この記事があなたの留学が成功へと導く一助となれば幸いです。さあ、準備を整え、新しい冒険へと踏み出しましょう!

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X