ENGLISH WORK公式

Across The Universe歌詞の和訳解説&深い意味9選

  • 投稿日時:4週間前


楽曲の概要

「Across The Universe」という楽曲は、ビートルズが1969年にリリースした歌です。この曲は、ジョン・レノンが主に作詞作曲を手がけ、ビートルズの音楽の中でも特に詩的でスピリチュアルなメッセージを持つ楽曲として知られています。この曲のタイトル「Across The Universe」は、「宇宙を越えて」という意味を持ち、歌詞の中で繰り広げられる、言葉を超えた感情や思考の流れを象徴しています。

ジョン・レノンはこの曲を書いた当時、個人的にも芸術的にも大きな変化の時期を迎えていました。1960年代後半はビートルズにとっても、音楽的な実験やスタイルの探求が行われた時期で、彼らの音楽はポップミュージックの枠を超えて、より深い芸術的な表現へと進化していました。「Across The Universe」は、そのような時代背景の中で生まれた作品であり、ジョン・レノンの内面の世界と、外的な宇宙とのつながりを探る旅を音楽で描いています。

この曲の歌詞には、愛や平和、そして内省といったテーマが込められており、ジョン・レノンの哲学的かつ詩的な考え方が反映されています。また、曲は非常にメロディアスで、繊細なギターの音色や幻想的なサウンドエフェクトが、歌詞の持つ宇宙的なイメージをより一層引き立てています。

ビートルズがこの曲を制作した時期は、彼ら自身も大きな転換期にあり、音楽だけでなく社会的、文化的なメッセージを発信することにも積極的でした。「Across The Universe」は、そんな彼らが世界に向けて放った、時間や空間を超えて響く普遍的な愛のメッセージと言えるでしょう。

Across The Universe歌詞の和訳解説とその深い意味9選

無限の創造性を解き放つ – 「Words are flowing out like endless rain into a paper cup」

“Words are flowing out like endless rain into a paper cup”
「言葉が終わりなき雨のように紙コップに流れ込んでくる」

この歌詞は、ジョン・レノンが「Across The Universe」で表現した、無限に広がる人間の内面の創造力と感情の流れを象徴しています。レノンはこの楽曲を通じて、私たち一人一人が内に秘めた無限の可能性と、その創造性が形になって外に流れ出る様を描いています。

ジョン・レノンは過去のインタビューで、この楽曲のインスピレーションについて語っており、「ある夜、自分の内面から溢れ出る感情と思考が止まらなくなった。それはまるで無限の宇宙からのメッセージのようだった」と述べています。彼のこの体験は、創造的なインスピレーションがどのようにして突然訪れるか、そしてそれがどれほど強力であるかを示しています。

私たち自身の日常生活に目を向けてみると、ふとした瞬間に心を打つインスピレーションやアイデアに気づくことがあります。それは、美しい夕日を見た時、心を動かす小説を読んだ時、あるいは大切な人との会話の中で生まれるかもしれません。これらの瞬間は、私たちの内面に秘められた感情や思考が、ジョン・レノンが言う「終わりなき雨のように」外に流れ出る時です。

ジョン・レノンがこの歌詞で描いたのは、ただの感情の表出ではなく、それを通じて人々が自分自身と、この宇宙との深いつながりを感じ取れることです。私たちが日々感じるさまざまな感情や思考もまた、無限の宇宙に通じる窓であるとレノンは示唆しています。


逃げ去る思いを捉えて、「They slither wildly as they slip away across the universe」の意味するもの

“They slither wildly as they slip away across the universe”
「彼らは荒々しく滑りながら、宇宙を横切って逃げ去る」

ジョン・レノンが「Across The Universe」で綴るこの歌詞は、感情や思考が自分のコントロールを超えて動き回り、最終的には手の届かないところへと消えていく様子を描いています。ジョン自身が言及しているように、この楽曲は「純粋な経験」に基づいており、その瞬間瞬間における彼の内面的な世界の反映です。

多くのインタビューで、ジョンは自分の作品について語っており、特にこの楽曲については、「自分の内面にあるものをただ流れるように書き留めた」と述べています。この歌詞を通して、リスナーはジョンが感じていたであろう、捉えどころのない思考や感情の流れを垣間見ることができます。それは、まるで手を伸ばしても掴めない夢や願いのように、私たちの意識の隅々を巡りながら消えていくものです。

考えてみてください、あなたがふとした瞬間に感じる「もう少しで掴めるかもしれないけど、結局は逃げていく何か」。それは愛かもしれないし、達成したい目標かもしれません。この歌詞は、そういった逃げ水のような思いを、宇宙という壮大なスケールで捉え直し、私たち自身の内面と外界とのつながりを象徴しています。

ジョン・レノンというアーティストが、自分の内なる世界から生み出したこの楽曲は、リスナー一人ひとりの個人的な経験や感情に深く響きます。あなたが何かを追い求める時、その思いが「荒々しく滑りながら、宇宙を横切って逃げ去る」を感じたことはありませんか?ジョンはその感覚を歌に込め、私たちに共感を呼び起こします。彼の歌詞は、日常とは異なる何か、もっと深く、もっと遠くへと私たちの心を誘います。


変わらない信念、「Nothing’s gonna change my world」に込めた強いメッセージ

“Nothing’s gonna change my world”
「何も私の世界を変えることはできない」

このシンプルで力強いフレーズは、ジョン・レノンが「Across The Universe」の中で繰り返し歌う一節です。ジョン・レノン自身、この楽曲を通じて、外的な変化や混乱があっても、彼の内なる世界、すなわち心の平和や信念は揺るがないという強いメッセージを伝えています。この歌詞は、ジョンが個人的に経験した激動の時代、社会的、政治的な変化が多かった時期に書かれたもので、彼が持っていた不変の信念の表れでもあります。

ジョンは様々なインタビューで、自分の歌詞に込めた思いや、音楽を通じて伝えたいメッセージについて語っていますが、「Nothing’s gonna change my world」という言葉には、どんな外的な状況が発生しても、自分自身の核となる部分、つまりは「自分の世界」を守り抜くという強い意志が込められています。

このメッセージは、私たちリスナーにも深く共感するものがあります。例えば、人生で大きな困難に直面したときや、予期せぬ変化が訪れたときに、この歌詞が持つ「自分の信念は変わらない」という強さを思い出すことができます。たとえば、失業してしまった、大切な人との関係が終わってしまった、あるいは新しい場所に移り住むことになったときなど、外的な状況は変わっても、自分自身を信じ、前向きな心を持ち続けることの重要性を教えてくれます。


スピリチュアルな旅への誘い、「Jai guru deva om」のスピリチュアルな響き

“Jai guru deva om”
「師への賛歌、オーム」

この歌詞は、「Across The Universe」の中で繰り返されるサンスクリット語のフレーズで、スピリチュアルな旅と内なる平和への憧れを象徴しています。ジョン・レノンは、この楽曲を通じて、聴き手を物質的な世界を超えた精神的な探求へと誘っています。

ジョン・レノンがこのフレーズを楽曲に取り入れた背景には、彼自身の人生におけるスピリチュアルな探求が深く関わっています。1960年代後半、ビートルズはインドを訪れ、瞑想と東洋哲学に深く没頭しました。ジョン自身、この時期の経験が自分の世界観や創作活動に大きな影響を与えたことを複数のインタビューで語っています。

「Jai guru deva om」というフレーズは、スピリチュアルな導きへの賛歌であり、全宇宙との一体感を感じるための祈りです。ジョンは、この言葉を通して、私たち自身の内面に目を向け、物質的なものから解放された精神的な平和を見出すことの重要性を説いています。

具体的なシチュエーションとしては、日常生活の中で感じるストレスや不安、外的な圧力から一時的にでも離れ、自分自身の内面と対話する時間を持つことの大切さを示しています。たとえば、静かな場所で瞑想をする、自然の中で散歩をする、あるいはただ静かに座って呼吸に意識を向けることで、私たちは自分自身の心の声を聞くことができます。


壊れた光のダンス、「Images of broken light which dance before me like a million eyes」から感じる幻想

“Images of broken light which dance before me like a million eyes”
「百万の目のように私の前で踊る、壊れた光のイメージ」

この歌詞は、ジョン・レノンの「Across The Universe」から取り上げた、特に幻想的で美しい一節です。ジョン・レノンは、この楽曲を通じて、日常生活の中で見過ごされがちな、壮大な宇宙の美しさや不思議に対する敬意と感謝の気持ちを表現しています。この「壊れた光のイメージ」は、光と影、現実と幻想の境界線上で揺れ動く心象風景を描いており、リスナーに深い感動を与えます。

ジョン・レノンは、彼の音楽やアートにおいて、しばしば日常と非日常の間の微妙なバランスを探求していました。この歌詞に表れている「百万の目」は、私たちの周りに存在する無数の物語や可能性、美しさを象徴しています。それは、光が壊れて分散することでさえも、無数の視点や解釈を生み出し、私たちの認識を豊かにすることができるというメッセージを伝えています。

想像してみてください。ある静かな夜に、街の灯りが窓ガラスに反射して、部屋の中に小さな光の断片が踊る様子を。その一つ一つが、別の世界への窓のように思える瞬間があります。この歌詞は、そうした日常の中に潜む非日常的な美しさや不思議を捉え、私たちにその存在を思い出させてくれます。

ジョン・レノンがこの楽曲で描いているのは、外部の世界だけでなく、私たち自身の内面にも目を向けるよう促しています。壊れた光のダンスは、私たちの心の中にも存在し、日々の生活の中で感じる喜びや悲しみ、希望や絶望が、それぞれ異なる光を放ちながら、私たちの魂の中で踊っているのです。


言葉を超えた呼び声、「They call me on and on across the universe」の深遠なメッセージ

“They call me on and on across the universe”
「彼らは私を宇宙を越えて、絶えず呼び続ける」

この歌詞は、「Across The Universe」という曲の中でも特に心に残るフレーズです。ジョン・レノンはこの楽曲を通じて、内なる声や宇宙からのメッセージが、言葉の壁を越えて自分に届いているという感覚を表現しています。彼の音楽はしばしば、内省的でスピリチュアルなテーマを探求しており、この歌詞もまた、自己発見と精神的な探求の旅において重要な一歩を示唆しています。

考えてみてください。日々の生活の中で、ふとした瞬間に感じる何かがあるはずです。それは言葉にはできないけれど、あなたを導くような感覚、あるいは何かをするように内から湧き上がる衝動。これらは、私たちの周囲や内面からの「呼び声」と言えるでしょう。たとえば、大切な決断を迫られたときや、新しい挑戦を始めようとするときに感じる、説明のつかない確信や動機付けです。

ジョン・レノンは、このような感覚を「宇宙を越えた呼び声」として描き、私たち自身が持つ内なる声や直感の重要性に光を当てています。彼の言葉は、私たちが日常的に感じるかもしれない迷いや不安を超えて、もっと深いレベルで自分自身とつながることの大切さを思い出させてくれます。

このメッセージは、特に現代社会に生きる私たちにとって、非常に重要です。多くの情報や選択肢が溢れる中で、自分自身の声を聴くことは容易ではありません。しかし、ジョン・レノンのこの歌詞は、内なる声に耳を傾け、それに従う勇気を持つことの価値を教えてくれます。それは、自分だけの道を見つけ、歩んでいく上での強力な指針となるのです。


無限の愛の輝き、「Limitless undying love which shines around me like a million suns」の表現

“Limitless undying love which shines around me like a million suns”
「百万の太陽のように私の周りを照らす、限りなく不滅の愛」

この歌詞は、無条件で変わることのない愛の力を壮大な比喩を用いて描いています。このフレーズは、聴き手に対して、愛が持つ無限の可能性とその不滅の性質を思い起こさせるよう促します。

愛というテーマは、ジョン・レノンの音楽を通じて繰り返し探求されてきました。彼は愛を、人間の経験の中で最も強力で普遍的な力の一つと捉えていました。愛は、家族間、恋人同士、または人類全体への愛という形で、私たちの生活の隅々に存在しています。

想像してみてください。あなたが人生で直面する困難や挑戦の中で、愛がどのように力を与え、導いてくれるかを。例えば、親しい人からの一言が、重い一日の終わりに心を軽くしてくれる瞬間や、友人との深い絆が、逆境の中でも希望を持ち続けることを可能にする瞬間です。これらはすべて、「Limitless undying love」の実例と言えるでしょう。

ジョン・レノンのこの歌詞は、愛が人生のあらゆる瞬間に満ちていること、そしてその愛がどんな困難も超えることができる不滅の力を持っていることを思い出させます。百万の太陽が私たちの周りを照らすように、愛は私たちの心を温め、暗闇の中で道を照らす光となります。


思考の流れを象徴する水、「Pools of sorrow, waves of joy」の感情の海

“Pools of sorrow, waves of joy”
「悲しみの水たまり、喜びの波」

この歌詞は、人間の感情の複雑さとその流動性を、水のメタファーを用いて表現しています。ジョン・レノンはこの楽曲を通じて、私たちの内面を構成するさまざまな感情—悲しみと喜び、そのすべてが混在し、時には互いに影響を与えながら流れていく様子を描いています。

人生において、私たちはしばしば喜びと悲しみという相反する感情の間で揺れ動きます。たとえば、親しい人との素晴らしい瞬間を過ごした直後に、突然の別れや失望といった悲しい出来事に直面することもあります。または、困難な状況の中で予期せぬ幸せを見つけることもあります。このような経験は、「悲しみの水たまり、喜びの波」という歌詞が表現する、感情のダイナミズムと非常によく似ています。

ジョン・レノンの音楽は、しばしば彼自身の経験や内面の世界を反映しています。彼は音楽を通じて、自己発見の旅を探求し、聴き手にも自分自身と向き合う勇気を与えてきました。「Pools of sorrow, waves of joy」のフレーズは、私たちが日々経験する感情の起伏を美しく、かつ深く捉えており、私たち一人ひとりの感情がいかに多様で複雑であるかを示しています。

このメタファーは、私たちが感情を単純な良いものか悪いものかという二元論で捉えるのではなく、それらが生きている証であり、私たちの人生を豊かにするものとして受け入れるべきであることを教えてくれます。喜びの瞬間は私たちに幸せをもたらし、悲しみの瞬間は私たちを成長させ、より深い感謝を学ぶ機会を提供します。

この楽曲が評価されている理由

ビートルズの「Across The Universe」は、そのリリース以来、世界中の音楽ファンから高い評価を受け続けています。この楽曲が持つ独特の美しさと、ジョン・レノンが込めた深いメッセージは、多くの人々の心に強く響き、時代を超えた普遍的な愛と平和の象徴として捉えられてきました。

「Across The Universe」の歌詞は、その詩的な美しさだけでなく、スピリチュアルな深みも国境を越えて認められています。ジョン・レノンの内省的な思考と、宇宙的なスケールでの愛と調和の探求は、世界各地のリスナーにとって、自己の内面と向き合うきっかけを提供しました。この楽曲は特に、ビートルズの楽曲の中でも、哲学的かつ詩的な深さを持つ作品として高く評価されています。

また、「Across The Universe」は多くのアーティストによってカバーされ、そのたびに新たな解釈や感動を生み出してきました。これらのカバーバージョンは、楽曲が持つ芸術的な価値と、様々な文化や世代を超えて共鳴する普遍的なテーマの証です。カバーを通じて、楽曲は新しい命を吹き込まれ、異なる音楽的背景を持つリスナーにも愛されるようになりました。

さらに、この楽曲は音楽だけに留まらず、映画やテレビ番組、文学作品など、様々なメディアでも引用され、その影響力を示しています。これは、「Across The Universe」が単なるポップソングを超え、文化的なアイコンとなっていることを物語っています。その詞世界は、人々に平和や愛、そして宇宙との一体感について考えさせ、多くの人々にとってインスピレーションの源となっています。

「Across The Universe」のMV(ミュージックビデオ)解説

ビートルズの「Across The Universe」は、そのリリース以来、多くのアーティストによってカバーされてきました。中でもFiona Appleによるカバーバージョンは、独自の解釈と深い感情表現で、多くのリスナーに新たな魅力を提供しました。特に注目すべきは、このカバー曲に合わせて制作されたミュージックビデオ(MV)です。オリジナルの楽曲にはMVが存在しないため、Fiona AppleのMVは、「Across The Universe」のビジュアル表現としても特別な位置を占めています。

このMVは、1998年に公開され、監督はポール・トーマス・アンダーソンが務めました。MVの中でFiona Appleは、ゆっくりとした動きで、まるで時間が停止したかのような静けさの中を歩きます。周囲では様々な混乱や騒動が起こり、物が破壊される様子が描かれていますが、彼女の歌声は穏やかで、混乱を超越した平和のメッセージを伝えているかのようです。

このMVの中で表現されているのは、外的な世界のカオスと内的な世界の平和という対比です。Fiona Appleの穏やかな表情と、彼女を取り巻く環境の対照的な描写は、ジョン・レノンが元々この曲に込めた「内なる平和が外的な混乱に打ち勝つ」というメッセージを視覚的に表現しています。MVの最後には、彼女が混乱の中心で静かに座り、目を閉じるシーンがあり、これは自己との調和や内面の平和を見つけることの重要性を強調しています。

Fiona Appleの「Across The Universe」のMVは、単なる音楽ビデオを超え、視聴者に深い印象を与える芸術作品となっています。このビデオは、楽曲が持つ平和への願いや、愛と調和のメッセージを、現代の視聴者にも響く形で伝えています。また、MVを通じて、楽曲の普遍的な美しさと、時間を超えて異なるアーティストによって再解釈されることの意味も改めて浮き彫りにされました。

ビートルズについて


ビートルズは、1960年代に世界的な現象を巻き起こしたイギリス出身のロックバンドです。ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターの4人からなるこのグループは、音楽だけに留まらず、ファッション、映画、社会運動に至るまで、幅広い文化的影響を与えました。彼らの音楽は、ロックンロール、ポップ、サイケデリックロックなど、多様なジャンルを取り入れた革新的なスタイルが特徴で、その創造性と実験精神は今日の音楽シーンにも大きな足跡を残しています。

ビートルズは、リバプールの小さなクラブからキャリアをスタートさせ、やがて「ビートルマニア」と称される世界的な熱狂を生み出しました。彼らの代表作には、「Let It Be」「Yesterday」「Hey Jude」「Come Together」など、数多くのヒット曲があります。また、「Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band」などのアルバムは、ポップミュージックがアートとして認識されるきっかけとなり、音楽史上における画期的な作品と評価されています。

ビートルズの音楽は、愛と平和を訴えるメッセージが込められており、その普遍的なテーマは今もなお多くの人々に共感を呼んでいます。1970年にバンドが解散してから数十年が経った今でも、彼らの楽曲は世界中で愛され続けており、ビートルズは音楽史上最も成功したバンドの一つとしてその地位を確固たるものにしています。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X