ENGLISH WORK公式

留学が孤独との戦いである9つの理由

  • 投稿日時:8か月前


なぜ留学は「孤独との戦い」と言われるのか?

皆さん、留学生活に対するイメージはどんなものでしょうか?新しい文化や言語に触れる、異なる価値観に出会う、自身の視野を広げる、そんな美化された表現がたくさん浮かぶかもしれません。それは確かに間違ってはいないのですが、実際には「孤独との戦い」でもあるのです。

何故留学が「孤独との戦い」と言われるのか、それは自己責任の範囲が非常に広いからです。「英語学習」「人間関係の構築」「シェアハウス探し」「ビザの更新」など、留学生には自らの手で解決しなければならない課題が山積みとなっています。日本にいれば親や友人に頼ることで、それらの課題を克服できる場面も多いでしょう。しかし、留学生活ではその手段が取れないのです。

その結果、一人で問題を解決しなければならない状況が続きます。それが日々の生活となり、そしてそれは文字通り「孤独との戦い」となるのです。英語の語学学習はもちろんのこと、日常生活における困難も全て自分で解決しなければならない。そのため、留学生活は孤独との戦いと言われるのです。

留学生の中には、この孤独との戦いに打ち勝つことで自身の成長を実感する人もいます。一方で、辛さを覚えてしまう人や、深い孤独感を感じてしまう人もいます。それは人それぞれで、それぞれの感じ方があるからです。

それぞれの留学生がどのようにその「孤独との戦い」を乗り越えていくのか、その具体的なエピソードを今後の記事で詳しく紹介していきたいと思います。それぞれの留学生の生の声を通じて、留学という経験がどのように「孤独との戦い」であり、またそれをどのように乗り越えていくのかをお伝えできればと思います。

留学における孤独との戦いの例

英語が通じないという孤独との戦い

留学の「孤独との戦い」の具体例を一つずつ見ていきましょう。まずは最初の壁、それが「英語が通じない」という孤独です。

語学留学をする多くの日本人は、留学する前にはほとんど英語を話せない、または聞き取れない状況にあります。彼らが留学先で最初に直面するのが、言葉の壁です。その壁が意味するのは、まさに「孤独との戦い」です。

言葉が通じないという状況は、予想以上の孤独感を引き起こします。言葉の壁は、コミュニケーションの妨げになるだけでなく、心の距離を感じさせるものです。そして、言葉が通じないという状況は、まるで別のパラレルワールドに放り込まれて抜け出せないような感覚に陥ります。

英語が通じないという孤独感は、日々の生活全てに影響を及ぼします。お店での注文、道案内、ビザの更新やシェアハウス探し、人間関係の構築、それら全てが「孤独との戦い」に直結します。言葉が通じないという壁を超えるためには、留学生自身が自らの英語力を向上させるしかないのです。

この「英語が通じない」という孤独は、留学生活の中で最初に直面する「孤独との戦い」であり、同時に最も根深い課題でもあります。それが解決しなければ、留学生活が本来持つべき新たな経験や価値観の発見など、プラス面を享受することが難しくなります。しかし、この壁を乗り越えた時、留学生は初めて自分の力で何かを成し遂げたという達成感と自信を得ることができます。


助けてくれる人がいないという孤独との戦い

もう一つ重要な要素「助けてくれる人がいないという孤独」について触れておきましょう。

留学生活では、あなたが日本で何気なく行っていたことが突如として困難な挑戦となります。新しい生活の設定、ビザの更新、シェアハウスの探索、銀行口座の開設、そしてその他の日常生活の事象は、日本では親や友人に頼ることで解決できたかもしれませんが、留学先では違います。

そしてここから生じるのが、「孤独との戦い」です。困ったときに頼れる人がいない状況に直面し、それが結果的に留学生活の厳しさを増すことでしょう。もちろん、語学学校のスタッフや留学エージェント、さらには通訳サービスなどの助けは利用できますが、多くの日本人留学生は独力で問題を解決しようとする傾向にあります。

しかし、この「孤独との戦い」こそが、留学生活における大きな成長ポイントでもあります。自分の力で問題に取り組むことで、自身の能力と自己信頼を育て、独立性を高めることができます。

しかしながら、助けを求めることができないという孤独感は、個人の心理的健康に影響を及ぼす可能性もあります。なので、必要なときには適切なサポートを求めることを忘れずにいてください。そこに求められるのは、自身の限界を理解し、適切に助けを求める能力、つまりは自己認識の高さと思います。


英語学習における孤独との戦い

英語学習における「孤独との戦い」は、なかなか思うように英語を話せない日本人留学生の間で広く共有されています。多くの学生が語学学校に通いながらも、周囲のスペインやイタリアなど他の国籍の留学生があっという間に英語を使いこなせるようになる様子を目の当たりにします。

しかしながら、日本人留学生たちは一向に英語力が向上しないまま初心者クラスにとどまることが多いです。さらに、どうすれば英語を効率よく学べるのか、どのスキルを重視すべきなのかといった方法について、誰も明確な答えを提供してくれません。

そこから生まれるのが、「孤独との戦い」です。まるでゴールの見えない暗闇の中を、自分だけが走り続けているような感覚です。留学生たちは毎日が英語学習のプレッシャーに追われ、その重圧が次第に自己信頼を失わせ、孤独感を増幅させます。

しかし、ここで大切なのはこの「孤独との戦い」自体が、英語を習得する上での大きなステップだと理解することです。言葉の壁に直面し、自分自身で解決策を模索し、結果として言語力だけでなく、自己成長も達成する。これが「孤独との戦い」を乗り越える鍵となるのです。

言語学習は一人ひとりのペースがあります。他の人と比較せず、自分自身との戦いに専念し、自分の成長を喜びましょう。孤独感から生まれるプレッシャーは、最終的に自己肯定感の高まりと繋がります。それが「英語学習における孤独」から見つけ出す、新たな可能性なのです。


友達がいないという孤独との戦い

「友達がいないという孤独」について語り合いましょう。留学が「孤独との戦い」となってしまう原因の一つに、留学初期に友達がいない状況があります。

留学初期は、新たな文化、環境に慣れるのに必死で、同時に言葉の壁にも直面します。新たな生活スタイル、違う学校のシステム、異なる言語と文化に適応しようとする中で、自分自身が孤立していることに気付くことも少なくないでしょう。

それは、ただ単に友達がいないだけではなく、一緒に何かを経験したり、話し合ったりする仲間がいないということです。このことから、「孤独との戦い」という感覚が強く生まれてくるのです。

友達がいないという状況は、新たな環境に適応するうえで大きな障壁となります。それは、誰かと一緒に学び、成長する機会を失ってしまうことを意味します。また、感じたこと、考えたことを共有する相手がいないため、孤独感はさらに深まるでしょう。

しかしながら、その「孤独との戦い」こそが、留学の価値ある一部でもあります。友達がいないという孤独感は、自分自身と向き合い、新たな環境に適応しようとする自分自身の力を見つめ直す機会ともなります。それは自己理解と成長のための大切なステップであり、自分自身の価値と能力を認識することで、自信と勇気を得るきっかけにもなります。


友達がすぐに帰国してしまうという孤独との戦い

次に「友達がすぐに帰国してしまうという孤独」について触れてみましょう。

留学というのは、出会いと別れの連続です。あなたが例えば1年間の長期留学を選択した場合、その間に様々な国籍、様々な背景を持つ学生たちと出会うことでしょう。しかし、そこで出会った友人たちの中には、数週間から数ヶ月という短期間の留学生がたくさん含まれています。

新たに友情が芽生え、一緒に学び、一緒に遊び、一緒に苦労した仲間が、あっという間に帰国してしまう。その繰り返しは、留学生活を「孤独との戦い」に変えてしまうことがあります。この場合の孤独感は、一人ぼっちでいることによる孤独感とはまた違った形で、私たちの心を揺さぶるのです。

仲間が次々と帰国していく様子は、まるで自分だけが留まり続ける孤島のよう。そして、次から次へと新たな友人が出来ては消えていくその繰り返しは、友達が多くても孤独感を感じる原因となります。出会いと別れが繰り返される中で、友情が深まる前に友人が帰国してしまうと、まるで心の中に穴が開いたような寂しさを感じることでしょう。

その一方で、これらの経験はあなたの視野を広げ、人間関係の構築に対する新たな理解をもたらすこともあります。それぞれの出会いと別れが、あなたの成長に繋がります。これが「孤独との戦い」の一部であり、その戦いを通じて得られる経験が、最終的にあなた自身を磨いてくれるのです。

つまり、「友達がすぐに帰国してしまうという孤独」は、留学生活における一つの重要な試練と言えるでしょう。それは決して避けて通れるものではなく、直面し、理解し、そして乗り越えていくことが求められます。


日本語を使わない選択がもたらす孤独との戦い

留学生活で「孤独との戦い」に直面する一つの要因は、確かに英語力向上のために日本語を使わないという選択があるでしょう。これは一見、英語力を高めるための効果的な戦略のように思えます。しかし、この選択には落とし穴が存在します。

とりわけ、自らの意思で日本人との関わりを避ける場合、その結果として生じる人間関係の狭さは、留学生活における「孤独との戦い」を一層深める可能性があります。自分と同じ言葉を話す友人がいることは、時に自己表現の自由さをもたらし、心の安定につながります。その機会を自ら閉ざすことは、言葉の壁だけでなく心の壁も作り出してしまうかもしれません。

この「日本語を使わない」という選択が孤独感を増幅させる理由の一つは、留学生の社会的ネットワークが限定されてしまうことにあります。人間関係の幅が狭まると、自分が経験する新しい出来事や感情を共有できる人が少なくなります。その結果、孤独感が増し、心理的なストレスが高まる可能性があります。

しかし、英語力を伸ばすためには日本語を使わない時間を作ることが大切であることも確かです。そのため、バランスを見つけることが求められます。一部の時間は、あえて日本人と接する機会を作り、心のリフレッシュを図ることも一つの手段でしょう。その他の時間では、英語を使用してコミュニケーションを取ることで、英語力を伸ばす努力を続けるという方法です。

留学生活は「孤独との戦い」でもありますが、その中で自分自身を見つめ直し、新たな自分を発見する機会でもあります。その過程で、様々な経験や人々との出会いを通じて、自分だけのバランスを見つけていくことが重要でしょう。

孤独と戦いを避けるためにすべきこと


日本で英語力を伸ばすこと

留学における「孤独との戦い」をある程度軽減するために、事前に日本で英語力を伸ばしておくことが有効な手段です。なぜなら、孤独感の一番の原因は言語の壁であることが多いからです。

留学先での生活をスムーズにするためには、何よりもまず英語が話せることが重要です。英語が話せれば、現地で友人を作ることも、困ったことがあったときに誰かに頼ることも、さらには自分の思いや感情を伝えることも可能になります。これらが容易になると、自然と「孤独との戦い」も少しは楽になるでしょう。

では、どのようにして日本で英語力を伸ばすことができるのでしょうか? それには、まず毎日一定の時間を英語学習に充てることが大切です。英語学習の教材やアプリを使って、リスニングやスピーキング、リーディング、ライティングといった四つのスキルをバランス良く鍛えることをお勧めします。

また、日本で英語力を伸ばすためには、リアルな英語を学ぶことも必要です。映画や音楽、YouTubeなどを使って、ネイティブの英語を聞く習慣をつけると良いでしょう。さらに、可能であれば、英語圏の友人を作ったり、語学交換パートナーを見つけたりして、リアルな会話の練習をすることも有効です。

一方で、留学先での「孤独との戦い」は、言語力だけで解決するものではないことを忘れてはいけません。異文化への適応や新しい環境への対応も必要です。それらの問題に対する準備も怠らず、総合的な対策を行うことが、より良い留学生活を送るための秘訣と言えるでしょう。


友達をたくさん作ること

留学生活とは、「孤独との戦い」でもありますが、その孤独感を緩和し、充実した時間を過ごすための一つの手段として「友達をたくさん作ること」が挙げられます。

人間は社会的な生き物であり、自己を他者と共有することで自己認識が深まり、個々の成長につながることは言うまでもありません。留学という特別な環境下で、自分の生活や経験を共有できる友達がいるということは、孤独との戦いを和らげる重要な要素となります。

しかし、留学は出会いと別れの連続であり、そのサイクルに疲れてしまうこともあるでしょう。新しい友達を作ることが面倒に感じるかもしれません。しかし、そのように感じてしまうと、友達の数は次第に減ってしまい、孤独感が増大してしまう可能性があります。そのため、心がけるべきは「新しい友達を作る」という行為を「面倒」ではなく「新たな経験」と捉えることです。

新しい友達を作ることで得られるものは多く、異文化の理解、視野の拡大、そして何よりも、新しい人間関係を通じて得られる自己の成長です。また、友達が増えることで、留学先での生活が豊かになり、さまざまな経験を共有できるようになります。それぞれの友達から学ぶことは、一人では絶対に得ることのできない、価値ある経験と知識につながります。

したがって、「友達をたくさん作る」ことは、孤独との戦いを軽減し、留学生活をより楽しみ、有意義なものにするための重要な手段となります。それは面倒な作業ではなく、自分自身の成長や発展のための投資と捉えることで、孤独との戦いを乗り越える力にもなるでしょう。


日本人とも積極的に交流すること

ぜひ考慮してほしいのが「日本人とも積極的に交流すること」です。

留学生活における「孤独との戦い」は、文化や言語の違いからくるものだけでなく、自己のアイデンティティや所属感の喪失からも生じます。そのような時に、同じ日本人との交流は安心感を提供し、留学生活を豊かで楽しいものに変える力を持っています。

一部の留学生たちは、英語力向上のために日本人との交流を避けるという選択をすることがあります。しかし、英語力の向上は日本人との交流を避けることだけで実現するものではありません。むしろ、留学先での豊かな経験と多角的な視点を持つことこそが、真の言語能力向上につながると私は考えます。

日本人との交流は、共通の文化背景や価値観を共有できる唯一無二の存在として、留学生活の中で孤独との戦いを和らげ、さらにはあなたの社会的ネットワークを広げるための足がかりともなり得ます。日本人の友達から紹介を受けて外国人の友達と出会うこともありますし、日本人同士のコミュニティを通じて、新たな情報や経験を得ることも可能です。

また、留学という特別な状況下で、日本人との関わりを通じて自分自身の国や文化について深く理解し、自分のアイデンティティを再確認することも非常に重要です。これは、自己の存在を肯定し、孤独感を軽減する助けとなるでしょう。

おわりに


私たちは今回、留学における「孤独との戦い」について深く掘り下げてきました。言葉の壁、人間関係の不安、そして周囲に頼る人がいないという現実。これらは確かに重い試練であり、そこから逃げ出したくなることもあるでしょう。

しかし、この「孤独との戦い」は、留学という特別な体験を通じて自己を成長させる絶好の機会でもあります。英語力を前もって伸ばしておくこと、友達をたくさん作ること、そして意図的に日本人とも交流を持つこと。これらの方法を駆使して、孤独との戦いに勝つための武器を手に入れてください。

孤独との戦いは留学の大きな一部ですが、それを乗り越えた時、あなたは自分自身の強さを見つけ、より大きな自信と成長を手に入れることでしょう。留学は孤独との戦いであると同時に、自己成長の道程でもあります。一歩一歩、自分自身を信じて進みましょう。あなたの留学生活が、孤独との戦いを乗り越えて、自己成長と繋がりの喜びに満ちたものであることを願っています。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X