ENGLISH WORK公式

留学で「泣きたい」と思う瞬間9選

  • 投稿日時:8か月前

留学という経験は、多くの人にとって一生に一度の大冒険とも言えるものです。新しい国、新しい文化、そして新しい言語。これら全てが私たちの前に広がり、それはまるで未知の宝物を探し求める冒険者のような気分を味わわせてくれます。しかし、その魅力的な冒険の背後には、予想以上の困難や挑戦が潜んでいます。

新しい環境での孤独、コミュニケーションの壁、異文化間の摩擦。これらの困難は、時に私たちを深く追い詰めることがあります。特に、異国の地での生活は、日常の中で「泣きたい」と感じる瞬間を数多く生み出すことがあります。それは、ホームステイ先での微妙な人間関係や、語学学校での居場所のなさ、さらには留学先での日常生活の中でのさまざまなプレッシャーなど、多岐にわたります。

この記事では、そんな留学中の「泣きたい」という感情に焦点を当て、その背後にあるさまざまな要因や心の動きを深く探求していきます。留学を考えている方、現在留学中の方、そして留学を終えた方々に、共感や新しい気づきをもたらすことを目指しています。


留学で泣きたいと思う時9選

孤独のピーク: 初めての国での孤立感

留学。この一言には、多くの夢や希望、そして挑戦が詰まっています。新しい文化、言語、そして人々との出会い。これらは私たちの人生に新しい風をもたらすものです。しかし、その裏には予想以上の孤独が潜んでいることも、私たちは忘れてはいけません。

日本を飛び出し、新しい国に足を踏み入れるとき、私たちはまるで新しい世界に迷い込んだかのような感覚に包まれます。その国の言葉や文化、習慣は、私たちにとって未知のもの。そして、その未知の中で、私たちは自分の居場所を見つけることが求められます。

特に留学したての頃は、友達もまだできていないし、英語も十分に話せない。ホストファミリーとのコミュニケーションも難しく、日常の中での小さなことから大きなことまで、全てが挑戦として立ちはだかります。そんな中で、気を許せる仲間や場所がないと、どうしても「泣きたい」と感じてしまうことがあります。

私たちが普段、日本で感じる孤独とは、留学中のそれとは比べ物にならないほどの深さです。今まで踏み入れたことのない海外で、今までに感じたことのないレベルの孤独感。それは、まるで深い闇の中を一人で歩いているような感覚。周りには知らない人ばかり、そして自分の言葉も通じない。そんな状況で、頼れる人もいないと感じると、心の中で「泣きたい」と叫びたくなることでしょう。

しかし、この孤独感は、留学の中での大きな壁の一つ。乗り越えることで、私たちは新しい自分を発見することができるのです。この孤独を乗り越え、新しい友達や経験を得ることで、私たちは成長することができます。

留学は、確かに孤独のピークを迎えることもある。しかし、その先には新しい自分との出会いが待っています。私たちは、その孤独を乗り越える力を持っているのです。


友情の欠如: 留学先での友達作りの難しさ

留学生活をスタートさせたばかりの頃、新しい環境、新しい文化、そして新しい言葉。これらの新しいものに囲まれ、私たちは自分の居場所を探し始めます。そして、その中で最も求められるのが「友達」です。しかし、留学先での友達作りは、思ったよりも難しいもの。そんな時、心の中で「泣きたい」と感じることも少なくありません。

友達がいるということは、私たちにとってどれほど大きな安心感をもたらすことでしょう。彼らは私たちの心の支えとなり、何か困った時には手を差し伸べてくれる存在。日本での日常生活を考えてみてください。中学や高校の時代、友達がいなかったら、毎日がどれほど辛いものだったでしょうか。留学中に友達ができないというのは、その感覚をさらに強くしたようなもの、もしくはそれ以上の孤独感を伴います。

留学先の学校やシェアハウス、街中での出会い。これらの場所での友達作りは、言葉の壁や文化の違いから、なかなかスムーズに進むものではありません。そして、その中で私たちは、自分の価値観や考え方を疑い始めることも。友達ができないことで、自分自身を責めてしまうこともあるでしょう。

しかし、この友情の欠如という壁も、留学の中での大きな挑戦の一つ。友達ができないという現状を乗り越えることで、私たちは自分自身をより深く知ることができるのです。そして、その中で新しい友情を築くことができれば、それは私たちの宝物となるでしょう。

留学中に友達ができないという経験は、確かに「泣きたい」と感じるほどの孤独をもたらします。しかし、その先には新しい出会いと経験が待っています。私たちは、その友情の欠如を乗り越える力を持っているのです。


心の傷: 留学中の差別体験

留学というのは、新しい文化や環境に触れる素晴らしい経験の場です。新しい友達、新しい言葉、そして新しい自分を発見するチャンス。しかし、その中には予期せぬ困難や挑戦も潜んでいます。そして、その中でも最も心に深い傷を残すのが「差別」の経験です。留学先での差別体験は、私たちの心に大きな痛みをもたらすもの。そんな時、心の中で「泣きたい」と叫びたくなることもしばしば。

留学中には、様々な理不尽を経験することがあります。特に私たちアジア人は、留学先での差別の対象となることが少なくありません。悲しいことに、アジア人というだけで罵声を浴びせられたり、不当な扱いを受けることがあるのです。これは、留学生としての経験だけでなく、人としての尊厳を傷つけるもの。

差別の経験は、私たちの自尊心や自信を揺るがすもの。自分の国や文化、そして自分自身を疑い始めることも。しかし、このような経験を通して、私たちは差別に立ち向かう強さや、自分自身を守る力を身につけることができます。そして、その中で新しい友情や経験を得ることができれば、それは私たちの大きな成果となるでしょう。

留学中の差別体験は、確かに「泣きたい」と感じるほどの心の傷をもたらします。しかし、その先には新しい自分との出会いが待っています。私たちは、その心の傷を乗り越える力を持っているのです。


学校の孤独: 語学学校での居場所を見失う時

留学生活の中で、語学学校は私たちの学びの場であり、新しい友達との出会いの場でもあります。しかし、その学校生活が思い描いたものと異なる場合、心の中で「泣きたい」と感じることも。

友達ができたとしても、その友達と同じクラスでずっと授業を受けるわけではありません。クラスが変われば、また新しい環境に適応しなければならない。そして、語学学校の雰囲気や教育方針が自分と合わない場合、それはさらに大きなストレスとなります。学校に行くたびに、その不快感や孤独感が増していく。そして、残りの留学期間がどれだけあるのかを考えると、まるで牢獄に閉じ込められたような気分になり、「泣きたい」と感じることも。

しかし、この学校の孤独も、留学の中での大きな挑戦の一つ。語学学校での居場所を見失うという経験を通して、私たちは自分自身の強さや、新しい環境への適応力を身につけることができるのです。そして、その中で新しい友情や経験を得ることができれば、それは私たちの大きな成果となるでしょう。

留学中の語学学校での孤独は、確かに「泣きたい」と感じるほどの心の試練をもたらします。しかし、その先には新しい自分との出会いが待っています。私たちは、その孤独を乗り越える力を持っているのです。


家の中の孤独: ホームステイ先での心の隙間

留学生活の中で、ホームステイは新しい文化や生活様式を直接体験する絶好のチャンスです。しかし、そのホームステイ先での生活が思い描いたものと異なる場合、心の中で「泣きたい」と感じることも。

日本にいるとき、家は私たちの安らぎの場所。何か辛いことや困難があっても、家に帰れば心が落ち着く。しかし、留学先のホームステイでは、そのような安らぎの場所が必ずしも存在するわけではありません。特に、英語が十分に話せないと、ホストマザーや家族とのコミュニケーションが難しくなります。そして、ホストマザーの性格や家のルールが自分と合わない場合、それはさらに大きなストレスとなります。

ホームステイ先での生活は、留学生活の中での大きな挑戦の一つ。ホストマザーや家族との関係を築くこと、そして新しい生活様式や文化に適応することは、私たちの成長のための大きなステップとなります。しかし、その中で心の隙間や孤独感を感じることも。「泣きたい」と感じることも。

しかし、このホームステイ先での孤独も、留学の中での大きな挑戦の一つ。ホームステイ先での心の隙間を乗り越えることで、私たちは新しい自分や新しい価値観を発見することができるのです。そして、その中で新しい経験や知識を得ることができれば、それは私たちの大きな成果となるでしょう。

留学中のホームステイ先での孤独は、確かに「泣きたい」と感じるほどの心の試練をもたらします。しかし、その先には新しい自分との出会いが待っています。私たちは、その孤独を乗り越える力を持っているのです。

おわりに


留学という経験は、私たちの人生において特別な章となることでしょう。新しい文化、言語、そして人々との出会いは、私たちの心を豊かにし、視野を広げるものです。しかし、この記事を通じて明らかになったように、その中には「泣きたい」と感じるような困難や挑戦も多く存在します。

それでも、これらの困難を乗り越えることで得られる経験や知識、そして自己成長は計り知れません。留学中に感じる孤独やプレッシャー、そして心の隙間は、実は私たちを成長させるための大切なステップであると言えるでしょう。

この記事を読んで、留学を考えている方や留学中の方が、自分の感じている感情や困難に対して少しでも前向きな気持ちになれることを願っています。そして、留学を終えた方々には、自分の経験を振り返り、その価値や意味を再確認してもらえれば幸いです。留学とは、泣きたくなるような困難を乗り越え、新しい自分を発見する旅。その旅を、心から楽しんでください。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X