ENGLISH WORK公式

マルタ留学が意味ないと言われる理由12選

  • 投稿日時:2週間前

留学は、新しい文化を体験し、言語能力を向上させる、人生を変える機会です。しかし、留学先を選ぶ際には様々な要因を考慮する必要があります。最近では、美しい海と温暖な気候で知られるマルタ島も留学先として人気がありますが、一方で「マルタ留学が意味ない」という声も少なくありません。このブログ記事では、マルタ留学がなぜそのような評価を受けるのか、12の理由を掘り下げていきます。マルタの魅力的な面だけでなく、考慮すべき点についても公平に評価し、留学を考える方々の参考になればと思います。


結論:マルタ以外の方があらゆる面で優れているから

留学を考える際、多くの人が目指すのは新しい文化の中で学び、自己成長を促進することです。しかし、マルタでの留学については「意味がない」と言われることがあります。その理由について、この記事では深掘りしていきましょう。結論から申し上げますと、マルタ以外の留学先があらゆる面で優れているというのが大きな理由です。

例えば、留学のコストを考えた場合、マルタと他のヨーロッパ諸国との間に大きな差はありません。イギリスやスコットランド、アイルランドなどは、言語習得はもちろん、文化的な体験や学術的な機会も豊富に提供しています。これらの国々は、留学生にとって魅力的な都市が多く、大学や専門機関も国際的な評価が高いです。一方、マルタでは、確かに英語を学ぶことができますが、教育の質や機会の多様性ではこれらの国々に劣ると感じる人も少なくありません。

また、生活の楽しさを考慮すると、イギリスやアイルランドの大都市では、芸術から科学、歴史まで、あらゆるジャンルのイベントやアクティビティが絶え間なく開催されています。ロンドンやダブリンのような都市は、留学生にとって刺激的で学びの機会に溢れています。マルタも美しい自然や歴史的な場所がありますが、都市部の活気や多様性ではやや見劣りするかもしれません。

さらに、留学先としての人気も考慮する必要があります。イギリスやアイルランドは世界中から学生が集まるため、国際的な友人を作りやすく、多文化な環境の中で自己成長を促すことができます。この点、マルタでは比較的留学生の数が少なく、異文化交流の機会が限られてしまう可能性があります。

このように、マルタ留学が「意味がない」と言われる理由には、コスト、生活の楽しさ、留学先としての人気など、複数の側面が関係しています。もちろん、マルタにはマルタなりの魅力があり、個々の目的や状況によっては最適な選択肢となることもあります。しかし、一般的には、より多様な機会を提供し、学びや交流の面で充実した体験が期待できる他の留学先が優れていると考えられるのです。

マルタに留学する意味がないと言われる理由12選

島が小さすぎてすぐ飽きるから、長期間いる必要がない

マルタ島での留学が「意味がない」と言われる一つの大きな理由は、島自体の小ささからくる飽きやすさです。実際にマルタを訪れた経験がある方なら分かるかもしれませんが、この美しい島は確かに魅力的です。旧市街地を歩けば、中世ヨーロッパの雰囲気を肌で感じることができます。石畳の路地、壮麗な城壁、息をのむような海の眺め。これらは確かに見る価値があります。しかし、それらの美しさと歴史的な魅力を堪能した後、長期間滞在することの魅力は薄れてしまうかもしれません。

例えば、マルタに1週間ほどの旅行で訪れたとします。最初の数日は新鮮な驚きや発見でいっぱいかもしれません。しかし、マルタ島の面積は非常に小さく、3日もあれば主要な観光スポットはほぼ制覇できてしまいます。それから先はどうでしょう?もちろん、ゆっくりと生活を楽しむことも一つの方法ですが、留学という長期間の滞在を考えると、次第に活動の選択肢に限りがあることを感じるかもしれません。

ロンドンやニューヨークのような大都市と比較すると、マルタには大規模なショッピングセンターや多種多様な娯楽施設がありません。もちろん、マルタにはその他にも魅力がありますが、毎日の生活で求める多様性や新鮮さを感じるのは難しいかもしれません。宮古島に例えるなら、休暇で訪れる分には楽園のようですが、一年中そこで生活することを想像すると、物足りなさを感じるかもしれないのです。


英語を学びに来てる人が少ない

マルタ留学が意味がないと言われる一つの理由は、英語を本格的に学びたいと考えている人が少ないことにあります。留学と聞けば、多くの人が言語習得だけでなく、異文化交流や新しい友人作りを目的としていますよね。確かに、これらは留学の大きな魅力です。しかし、マルタでの留学生活を具体的に見てみると、英語を学びに来ている人の数がそれほど多くないという現実があります。

マルタは地中海に浮かぶ小さな島国で、その美しい自然と温暖な気候は多くの観光客を惹きつけます。このような背景もあってか、ヨーロッパ各国からの若者が夏休みを利用して訪れることが多いのですが、彼らの多くは英語学習よりもバケーションを主な目的としています。夏が終わり、彼らが帰国すると、残されたのは英語を学ぶ環境としてはやや物足りなさを感じることがあります。

このような状況では、留学を通じて積極的に英語を学び、さまざまな文化背景を持つ人々と深い交流を望む人にとって、マルタは必ずしも最適な選択肢とは言えません。日本の英会話学校に通っているときと同様、クラスメイトとの間で刺激的な会話を交わす機会が限られてしまうこともあるかもしれません。

さらに、留学先で求めるのは単に言語だけではなく、その国の文化や生活様式を深く理解し、自分の視野を広げることも大切です。しかし、英語を学びたいと真剣に考えている人が少ない環境では、そのような深い交流を実現することが難しくなりがちです。結果として、マルタ留学が「意味がない」と捉えられることにつながってしまうのです。


英語に訛りがある

マルタでの留学が意味がないと考えられる一つの理由は、マルタ英語特有の訛りにあります。英語学習の道のりにおいて、訛りは大きな障害になることがあります。特に英語初心者にとって、異なる訛りを理解し、適応することは難しい挑戦です。マルタ英語の訛りは、多くの人にとって聞き取りにくさをもたらし、これがリスニング能力に対する自信の喪失につながることもあります。

たとえば、マルタ英語はしばしばその独特のリズムと発音で知られています。マルタにはイタリア語やアラビア語の影響も見られ、これが英語に独特の音韻を加えることがあります。このため、アメリカ英語やイギリス英語に慣れ親しんだ耳には、マルタ英語は聞き取りにくく感じるかもしれません。多くの場合、この聞き取りにくさは、学習者が自分のリスニングスキルに問題があると誤解する原因となりますが、実際には単に慣れない訛りによるものです。

留学の目的が流暢な英語を習得することであれば、訛りが少ない環境で学習することが望ましいでしょう。英語の発音やリスニング能力を磨くには、クリアで標準的な英語に触れる機会が多いほうが良いからです。マルタは英語が公用語の一つであり、英語を使用する機会は多いものの、訛りによる聞き取りの難しさは、留学生にとって考慮すべき点です。


イギリスやアイルランドから観光で行けば十分

マルタに留学する意味がないとよく言われる理由の一つに、「イギリスやアイルランドから観光で訪れれば十分」という点があります。確かに、マルタは地中海の美しい島国であり、その歴史的な建造物や絶景は見る価値があります。しかし、その小さな島を訪れるには、わざわざ留学という形を取らなくても、短期の観光旅行で充分楽しむことができるという意見があります。

特に、イギリスやアイルランドなどのヨーロッパ圏内からであれば、マルタへのアクセスは非常に便利です。飛行機で数時間程度で到着することが可能で、週末や短期休暇を利用して気軽に訪れることができます。このようなアクセスの良さから、マルタへの留学を考えるよりも、まずは観光でその魅力を探る方が合理的だと考える人は少なくありません。

加えて、マルタ島のコンパクトなサイズも「留学する意味がない」と感じる一因です。観光で数日間訪れるだけで、マルタの主要な観光地をほぼカバーすることが可能です。古い城壁に囲まれた首都ヴァレッタの街歩き、青い海が美しいコミノ島への日帰り旅行、マルサシュロックの漁港で新鮮なシーフードを楽しむ…これらの体験は、留学生活を送らなくても十分に味わうことができます。


天気の良さもすぐに飽きる

マルタに留学する意味がないと言われる理由の中に、「天気の良さもすぐに飽きる」というものがあります。確かに、マルタ島はその温暖な地中海性気候で知られており、一年を通して穏やかな日々が続くことは大きな魅力の一つです。晴れた空の下、美しい海を眺めながらの生活は、一見すると留学生活の理想のようにも思えます。しかし、この「天気の良さ」という要素だけでマルタ留学を選択することには、いくつか考慮すべき点があります。

留学の主目的は、言語学習の向上や異文化交流、そして新たな友人作りといった経験を深めることにあります。そのため、天気の良さが継続的な学びや成長の機会に直接寄与するわけではないことを理解することが重要です。快適な気候は、初めは心地よいものですが、時間が経つにつれて、それが日常となり、新鮮さを感じることは少なくなります。留学生活の日々は、外で過ごす時間だけでなく、授業や自習、そして地元の人々や他の留学生との交流にも重点を置くべきです。

例えば、温暖な気候の中でビーチやアウトドア活動を楽しむことは、確かに魅力的ですが、それだけが留学の全てではありません。マルタの歴史的な街並みを散策したり、地元の文化に触れたりする中で、言語能力や国際感覚を養うことができます。しかし、これらの経験は天気とは無関係に、自分自身の積極的な取り組みから生まれるものです。

さらに、「天気の良さ」による留学選択が後悔につながる可能性もあります。なぜなら、留学において最も価値があるのは、学んだことや経験したこと、作った友情など、内面的な充実感です。外部の環境要因は、これらの目的を達成するための一助に過ぎません。


留学にバカンスを求める必要性がない

留学する目的にバカンスを求める必要性がない、これはマルタ留学が意味がないと言われる理由の一つです。確かに、マルタはその温暖な気候と地中海の青い海に囲まれ、どこか落ち着いた雰囲気が漂う美しい島です。街の散策や海辺でのんびりと過ごす時間は、一見すると非常に魅力的です。しかし、留学という大きな投資と時間を考えた時、本来の目的は言語能力の向上や新たな知識の習得、異文化理解の深化にあるべきです。

留学生活をただの長期バカンスと捉えることは、その貴重な機会を十分に活用しきれていないことになりかねません。例えば、ロンドンやその他の英語圏の都市では、天候が不安定であるという事実と引き換えに、英語力を格段に向上させるための環境が整っています。そこには、世界中から集まった情熱を持つ学生たちがおり、多様な文化背景を持つ人々との出会いが待っています。これらの出会いは、単に言語能力を向上させるだけでなく、人生観を広げる大きな刺激となり得ます。

また、イギリスのような経済大国での生活は、さまざまな商品やサービスに触れることができ、これらが新たな知見や視野を広げる機会となります。ロンドンのパブで地元の人々と交流したり、大学のディベートに参加したりする中で、言語だけでなく、コミュニケーション能力や批判的思考力を鍛えることができるのです。

マルタでの留学が「意味ない」とされるのは、このような学びや成長の機会が限られてしまうからかもしれません。ゆったりとした島国での生活は魅力的ですが、留学の本質的な目的から逸脱してしまう可能性があります。留学先を選ぶ際は、天候の良さやリラックスできる環境よりも、自身の学びや成長に直結する要素を優先して考えるべきでしょう。


外国人の友達の作りにくさ

マルタに留学する意味がないとされる一つの理由に、外国人の友達を作ることの難しさが挙げられます。確かに、マルタ島はその美しい景観と快適な気候で知られており、ヨーロッパ各国から夏休みを利用して多くの留学生が訪れます。しかし、これらの留学生の多くが夏の期間限定で訪れるため、友情を深め、長期的な関係を築く機会は意外と限られています。

留学生活の中で、外国人の友達との出会いは、言語能力を高めるだけでなく、異文化を理解する貴重な機会を提供します。しかし、マルタでは、夏のバケーション感覚で来る留学生が多いため、彼らが自国の友人と群れて過ごす時間が多くなりがちです。これは、他の留学生が彼らのグループに入り込み、親密な関係を築くことを難しくしています。彼らは授業が終わればすぐに自分たちの小さなコミュニティに戻り、母国語での会話に花を咲かせることが多いのです。

一方で、イングランドやアイルランドなどの留学先では、学生が比較的長期間滞在することが多く、また一人で来ている学生も少なくありません。このような環境では、新しい友達を作ることがより容易になります。学生たちは学業や生活の中で自然と交流を深め、多文化間の友情を築くチャンスが豊富にあります。また、学校や地域社会が主催する様々な活動に参加することで、同じ興味を持つ人々と出会いやすくなります。


欲しいものがすぐに手に入らず不便

マルタ留学が「意味ない」と言われる理由の中に、「欲しいものがすぐに手に入らず不便」という点があります。この問題は、特に現代社会で即時性を重視する私たちにとって、非常にストレスを感じるものです。マルタは地中海の美しい島国であり、多くの面で魅力的な生活を提供していますが、最新の技術製品や特定の商品を手に入れることが難しいという事実は、留学生活において考慮すべき点の一つです。

例えば、最新のiPhoneやゲーム機など、テクノロジー製品を購入しようとした場合、ロンドンのような大都市では発売日にすぐに手に入れることが可能です。しかし、マルタでは、これらの製品が市場に出回るまでに時間がかかることがあり、時には2ヶ月以上待たされることも珍しくありません。このような状況は、特定の商品やサービスを日常的に利用したい留学生にとっては、大きな不便と感じられることでしょう。

もちろん、必要なものがあれば飛行機に乗って近隣の大都市へ買いに行くという選択肢もありますが、それには余計な費用や時間がかかります。留学中は学業や生活において効率的に時間を使いたいものです。そういった意味で、マルタ留学が「意味がない」と感じられる瞬間は、生活のこのような小さな不便から生じることもあるのです。

おわりに


マルタ留学に関して挙げられた12の理由を通して、留学先を選ぶ際の重要な検討点が何かをお伝えしました。マルタは疑いなく魅力的な国ですが、留学という大きな決断をする上で、地中海の小さな島国が提供する経験が自分の目標や期待に合致するかどうかを深く考える必要があります。留学は単なる学問的な旅ではなく、文化的、社会的な成長を促す機会でもあります。今回の記事が、留学先を選ぶ際の一助となり、より充実した留学生活を送るための判断基準を提供できれば幸いです。最終的に、どの国に留学するかは、個々人の価値観や目標に大きく依存します。この記事が皆さんの留学選択の一助となれば幸いです。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X