ENGLISH WORK公式

留学で涙がとまらない経験!9つの対処法

  • 投稿日時:8か月前

留学生活を送っている皆さんに向けて、今日はあるテーマについてお話ししたいと思います。そのテーマは、「涙がとまらない」、つまり、留学生活の中で感じる寂しさや孤独感、そしてその克服方法についてです。

留学というと、新しい文化に触れること、語学力を身につけること、多様な人々と出会うことなど、とても刺激的で楽しみがいっぱいに思えますよね。しかし、実際には、自分の国や家族から離れ、未知の環境で生活を始めることは、思わぬ孤独感やストレスをもたらすことがあります。それは誰もが経験することで、留学生活の一部とも言えます。

そんな時、多くの人が「涙がとまらない」と感じることがあります。しかし、その涙がとまらない状況を乗り越える方法があるのも事実です。この記事では、そんな寂しさや孤独感を乗り越えるための具体的な方法を提案します。イベントへの参加、YouTubeでの共感、夢見ることの力、英語学習への集中、そして私自身の経験についてお話しします。

涙がとまらない時期は、とてもつらいですが、それは同時に自分自身を見つめ、成長する機会でもあります。この記事が、そんな涙がとまらない皆さんの一助となれば幸いです。どうぞ、最後までお付き合いください。


留学で涙がとまらない5つの原因

誰も助けてくれない恐怖

留学したての頃、涙がとまらない。その理由は様々ありますが、私が最も感じたのは、「助けてくれる存在が遠い」という恐怖感でした。日本にいる時、何か問題が起きればすぐに家族や友人が力を貸してくれますよね。大きな問題でも、小さな問題でも、人々は一緒になって解決してくれます。

しかし、留学生の世界では、そのような助けが必ずしも得られるわけではありません。遠く離れた地で、問題は自分で解決する必要があります。これは、どんなに頼りがいのある人でも、初めての留学で必ず感じる恐怖感です。

「もし何かが起こったら、誰も助けてくれないかもしれない」という不安。まだ英語が完璧に話せない自分を見つめ、「本当に生きていけるのか?」という疑問。そして、「孤独死してしまうのでは?」という極度の恐怖感。さらに、「この孤独感が1年も続くのでは?」という不安。最後に、「精神的におかしくなってしまうのでは?」という深い恐怖。

これら全ての感情が、一気に押し寄せてくるのです。まるで、大波が打ち寄せる海辺に立たされているような感覚。頭の中で繰り返されるこれらのネガティブな想像は、留学初期の孤独感をより一層深くします。そして、それらの感情のせいで、涙がとまらない。あるいは、涙が止まらなくなってしまうのです。

これらの恐怖感や不安は、言葉では表現しきれないほど大きいものです。そして、それは留学生なら誰もが経験するリアルな感情です。


友達ができずに絶望

留学生の初期の絶望というと、私たちはしばしば友達の不在に直面します。というのも、新しい環境、特に海外で友達を作るのは、想像以上に困難なのです。新たな文化、言葉、習慣に慣れるだけでも精一杯。それに加えて、初めて会う人々と友達になるというプレッシャーは、確かに留学初期の涙がとまらない一因になります。

最初の一週間程度は、海外という新たな環境や語学学校に慣れるのが精一杯で、友達を作る余裕などありません。それどころか、語学学校でも友達ができない可能性さえあるのです。それによって、「私は1年間ずっと友達ができず、一人で生きていかなきゃならないのでは?」という極端な想像が頭をよぎることでしょう。

これは、友達の不在という事実が、突然、自分の孤独感を増幅させるからです。留学生活で最も辛い瞬間の一つは、友達がいないと実感する瞬間。それは一人で部屋にいる時、誰とも話すことなく過ごす時間、それはあなたを一人きりにする時間。そして、それはあなたの涙を止まらなくする時間。

それは、突然に訪れる孤独感。それは、あなたを心の底から揺さぶる絶望感。そして、それは、あなたの心を傷つける痛み。これらすべてが、あなたを涙が止まらない状態に導きます。

しかし、その涙を乗り越えた時、あなたは強くなるでしょう。それは、あなたが自分自身を乗り越える経験だからです。そして、その経験があなたを、より成熟した、より強い人間へと導きます。

友達がいないという恐怖感、それは確かに存在します。しかし、その恐怖感を乗り越えることで、あなたは自分自身の成長を実感することでしょう。そして、その成長こそが、留学生活の真価を示すのです。


家族がいなくて切ない

家族と離れ離れになるというのは、それ自体が非常に切ない経験です。そして、その経験が留学生の涙を止まらなくする一因であることは否めません。その切なさは、文字で表現することが難しいほど深く、痛みを伴うもの。特に、実家暮らしをしていた人たちにとって、留学は初めての一人暮らしとなることでしょう。その一人暮らしは海外、つまり一気に180度違う生活となります。

ここに留学生が直面する涙がとまらない原因があります。それは、一日のストレスを家族に打ち明けられないこと。家であれば、家族に対してその日あった出来事や感じたストレスを自由に話すことができます。しかし留学したての頃は、ストレスが最大レベルにあるのに、それを打ち明けられる人もいなければ、ストレスを言葉にする英語力もまだ身についていないのです。

この悲しみ、この絶望感、この孤独感。すべてが一つになって、あなたを心の底から揺さぶります。そしてその結果、涙が止まらない状態に陥ります。それはまるで、心の中のダムが決壊したかのよう。その涙はあなたの心の中の切なさ、孤独感を体現しています。

しかしここにも一筋の光があります。それは、あなたが自分自身の心と直面し、その心の中にある切なさや孤独感を理解し始めること。その経験こそが、あなたをより強い人間へと育て、あなた自身の成長を実感させることでしょう。

家族と離れること、一人で生活すること、それは確かに大きな挑戦です。しかし、その挑戦を乗り越えた時、あなたは自分自身の力を信じることができるでしょう。そして、その信頼こそが、あなたの心を癒し、再び前へと進む力を与えてくれるのです。


英語ができなさすぎて泣く

留学生の最大の敵、それは言葉の壁。特に、英語という言葉の壁によって、留学生の心は激しく揺さぶられるでしょう。そして、その心の中には、たくさんの疑問と絶望、そして涙が溢れています。

初めて留学地に足を踏み入れた時、その現実が頭を叩きます。言葉が通じない。理解できない。そして、それが自分の英語力の不足によるものだと気づいた時、その悲しみは底知れず、涙がとまらない。自分の力不足を痛感し、その事実が自分を突き動かします。

そして、留学して数ヶ月が経つと、また新たな苦悩が待っています。それは、英語力が全く向上しないという苦悩です。あなたは思うでしょう。「なぜ、こんなに頑張っているのに、全然話せるようにならないの?」と。「私ってバカなの?」と。そして、家族に送られてきた金額を見て、「こんなにお金を使っているのに、何も成果が出せていない。申し訳ない」と。

こうしたネガティブな思考が頭をよぎり、自己否定が心を蝕んでいく。そして、それは再び涙を誘い、涙が止まらない状態を引き起こします。この絶望感、この無力感、これこそが、英語との闘いの中であなたが直面する現実です。

しかし、ここで一つ、皆さんに伝えたいことがあります。それは、あなたが一人ではないということ。あなたの経験している苦悩、絶望感、それは多くの留学生が通る道なのです。そして、それを乗り越えた人たちは、今では英語を自由に使いこなし、自分の夢を追い求めています。

だからこそ、涙がとまらないその時でも、絶望に打ち勝つ力を信じてください。その苦悩が、あなたを一人前の留学生に育て、そして成長させてくれるのです。そして、その時には、涙は喜びの涙に変わるでしょう。


留学する前から精神的に問題があった

留学生活は、時には強烈なストレスをもたらす場面も存在します。特に、精神的に問題を抱えている場合、その闇は深く、悲しみは深く、そして涙はとまらないかもしれません。

それぞれの個人が持つ精神的な問題は、新しい環境との対面によってさらに表面化する可能性があります。留学とは、人生の舞台を一変させる大きな挑戦です。そこで自分自身と向き合うことは、当然ながら容易なことではありません。特に、既に精神的に傷ついている方々にとっては、それはさらに過酷な試練となるでしょう。

留学という新たなステージで精神的な問題を克服しようと考える方もいるかもしれません。確かに、新たな環境は新たな自分を作り出すチャンスを与えてくれる場所です。しかし、それは逆に既存の問題を深化させ、混乱を増すかもしれません。その結果、悲しみが増し、涙がとまらない状況が生じるのです。

だからこそ、ここで私が強く主張したいのは、精神的な問題を抱えたまま留学を始めることは慎重に考えるべきだということです。もちろん、留学が全ての人にとってネガティブな結果をもたらすわけではありません。しかし、事前に自己の状況をしっかりと見極め、必要なケアを受け、心の準備を整えることが大切です。

そして、もしもあなたが精神的な困難を経験しているなら、自己の感情を認識し、その上で必要な支援を求めてください。涙がとまらない夜があっても、それはあなたの感情が本音を語っている証拠です。その涙を無視せず、向き合うことが、本当の解決への第一歩となるでしょう。

留学で涙がとまらない時の対処法


たくさん寝る:涙を止める対処法

涙がとまらない夜、そんな時は一つの対策を試してみてください。それは、たくさん寝ることです。はい、それはかなりシンプルな方法ですが、その効果は絶大です。

心に悩みを抱えると、私たちは無意識にその悩みを巡らせ、あれこれと悪いことばかりを考えがちになります。しかも、それが留学初期となると、新しい環境への適応や、長時間のフライトと時差ボケによる体の疲労感が加わり、さらに心も体も追い詰められます。そんな状況では、心がネガティブな思考に引きずられるのも無理はありません。

しかし、そこで眠りを深く取ることで、その疲れた心と体をやすらげ、リフレッシュする時間を得ることができます。そして、良質な眠りは、脳の活動をリセットし、心の安定をもたらす重要な役割を果たします。これは、日々の生活を送る上でも重要ですが、特に新しい環境での生活を始めたばかりの時期には、その効果は大きいでしょう。

寝ることで、全ての問題が解決するわけではありません。しかし、良質な眠りを取ることで、心と体が一息つき、悩みや不安を少しでも軽減することができます。そして、その結果、涙がとまらない状況を、少しずつでも改善することができるのです。

だから、涙がとまらない夜があったら、まずは深呼吸をして、自分の心と体にゆっくりと休む時間を与えてみてください。心地よい眠りの中で、心と体が癒され、新たな一日に備えることができるでしょう。


散歩してみる:涙を拭く秘訣

涙がとまらない時、あなたの心が深い悲しみに覆われている時、何をすべきか、どこに行くべきかわからないでしょう。でも、そんな時こそ、散歩に出かけることをおすすめします。

これは、私たちが感じる悲しみや苦しみ、混乱は時として、閉じ込められた空間や思考ルーチンの中にあるかもしれません。そして、新しい視点や視野を持つことが、その悲しみや苦しみから一時的にでも解放されるきっかけになるのです。

散歩に出かければ、新しい環境、新しい視覚的な刺激に出会えます。特に、自然の中で散歩すると、心地よい風、色とりどりの花々、青々とした木々、そして大空の広がりが、心を落ち着けてくれるはずです。そんな風景は、新鮮な気持ちをもたらし、自然とポジティブな気持ちを呼び起こします。それはまるで、心が軽くなり、深い呼吸をすることができるかのように感じられるでしょう。

さらに、散歩することでその土地について学び、新しい場所を発見することもできます。それは、あなたの留学生活に新たな魅力をもたらし、前向きなエネルギーを生み出すきっかけになるでしょう。それこそが、涙がとまらない悲しみから少しだけでも離れるための、心のリフレッシュとなります。

イギリスやアメリカなどの留学先には、素晴らしい公園や自然が豊かな場所があります。そういったところで散歩を楽しむことで、あなたの心と体はリラックスし、涙がとまらない時間から少しでも解放されることでしょう。

だから、涙がとまらない時こそ、散歩へと足を運び、その魔法に身を任せてみてください。自然との触れ合いは、あなたの心を癒し、新たな力を与えてくれることでしょう。


遠くて近い親:涙を癒す連絡の重要性

留学生活の中で、あなたは孤独と戦い、未知のチャレンジに立ち向かうことでしょう。そして、その中で自分が何をすべきか、何を感じているのかを見つめ直す瞬間がくるでしょう。そんな時、涙がとまらない夜が続くかもしれません。しかし、その涙を癒す力は、遠くても近くにあります。それは、親との連絡です。

あなたの親は、あなたがたとえ何千キロも離れていても、心の中で一番近い存在です。彼らはあなたの苦しみを共有し、あなたがどんなに悲しくても、あなたを支え続けるでしょう。あなたの涙がとまらない時、親に電話をかけることを恐れてはいけません。彼らはあなたの声を聞くだけで、あなたがどれだけ辛い思いをしているか理解してくれるでしょう。

親と話すことで、あなたは自分が一人で闘っているわけではないことを思い出すでしょう。彼らの言葉は、心に深く響き、あなたの涙がとまらない悲しみを少しずつ癒してくれます。親からの励ましの言葉や、ただただ聞いてくれることで、あなたの心は安定し、自信を取り戻すことができます。

親との会話は、あなたがどんなに辛い状況にあっても、常にそばにいる支えを感じられる貴重な瞬間です。それは、あなたが涙がとまらない時に、唯一無二の力を与えてくれるでしょう。だからこそ、悲しみに包まれ、涙が止まらない時は、親に連絡を取ることを忘れてはいけません。

だからこそ、涙がとまらない夜に親に電話をし、その温かい声に耳を傾けてみてください。その声はあなたの心を癒し、再び前に進む力を与えてくれるでしょう。涙がとまらない悲しみを超えて、親との繋がりを大切にし、その支えを信じてみてください。


友達への電話:涙を止めるコミュニケーションの力

留学生活は時に心を抉るような孤独感をもたらします。新しい環境、新しい言語、新しい文化…全てが未知数で、それぞれがあなたを深い闇に落とす可能性があります。そんな時、涙がとまらない日々が続くかもしれません。その苦しみを共有し、理解してくれる人がいることを知ってください。それは、あなたの親友です。

友達という存在は、時に親や家族以上に理解してくれることがあります。友達には、あなたの好きな音楽、遊び、悩み、夢…あなたがあなたである理由を知っています。だからこそ、涙がとまらない時、友達に電話をしてみてください。

友達と話すことで、あなたの心は一時的にでも故郷に戻ることができます。そこには、あなたが自分自身でいられる場所があります。その会話の中で、あなたは涙が止まるかもしれません。なぜなら、あなたは自分を偽る必要がなく、弱さを見せることができるからです。

涙がとまらない夜に、親友に電話をかけることは、あなた自身への一種のセルフケアです。その声は、あなたの深い悲しみを共有し、あなたがどんなに遠くにいても、あなたがまだあなたでいられることを思い出させてくれるでしょう。

だからこそ、涙がとまらない時は、友達に電話をしてみてください。その声はあなたの心を軽くし、孤独感を和らげることでしょう。それは、涙を止める強力なコミュニケーションの力を示しています。友達とのつながりが、留学生活であなたが感じる涙がとまらない悲しみを癒し、あなた自身を再発見する手助けをしてくれるでしょう。


語学学校で積極的に声をかける:涙を止める人間関係の構築

留学生活は思わぬトラブルやストレスにより、涙がとまらない夜を迎えることもあるでしょう。孤独感や異文化に対するフラストレーションは、どんな人でも感じるものです。しかしこの涙がとまらない状況を逆手にとって、人間関係を築くことで、留学生活をより良いものにしましょう。具体的にはどうすればいいのでしょうか?

ここで大切なのは、語学学校で積極的に行動することです。授業中に発言をためらわず、勇気を出して自分の意見を言ってみましょう。また、ランチタイムや休憩時間には同級生と積極的にコミュニケーションを取ることが重要です。異国の地で感じる孤独感は、同じ境遇の人々と交流することで薄れていきます。

例えば、クラスメートの出身国の文化や食に興味を示し、一緒にその国の料理を食べに行くことで、自然と親しみを深めることができます。こうした新しい体験は、留学生活の価値を高め、涙がとまらない夜を少なくするはずです。

一見、自己開示は怖いかもしれませんが、他の学生も同じように異国の地で孤独感を感じています。あなたの積極性が彼らの涙を止め、同時にあなた自身の涙も止めることができるかもしれません。

つまり、涙がとまらない時に語学学校で積極的に行動することは、留学生活をより充実したものにし、自分自身の精神的な成長を促すための手段となります。涙を流す代わりに、クラスメートとの人間関係を深めることで、留学生活の中で新たな価値を見つけることができるはずです。


イベントへの参加:涙を止める新たな出会い

あなたが新たな土地で、孤独感や過度のストレスから涙がとまらない時、独りで悩むのはやめましょう。それよりも、あなたの留学生活に新たな風を吹き込む活動への参加をおすすめします。それがイベントへの参加です。語学学校のイベント、地元のフェスティバル、SNSで見つけたグループの活動、どんなものでも構いません。とにかく新たな環境に飛び込むことが大切です。

自分の興味があるイベントに参加することで、同じ趣味や興味を持つ人々と出会う機会が広がります。そして、その出会いは涙がとまらない心を癒す力となり得るのです。英語力がまだ不十分だと感じるかもしれませんが、共通の興味や趣味があれば、言葉以上に強い絆を生むことができます。

実際に、留学生の中には、こうしたイベント参加をきっかけにした出会いが、新たな友人関係を築く道しるべとなり、涙がとまらない日々から脱出した方も多いです。もしかしたら、あなたが参加したイベントで出会った人々は、学校で出会ったクラスメート以上に深い関係を築ける可能性があります。

なので、涙がとまらない時は、自分を取り巻く環境を変えてみることを勇気を出して試してみてください。人生は出会いと経験の連続です。自分から動き出すことで、新たな可能性が広がり、涙を止める力を得ることができるのです。


将来の夢に関する情報を調べまくる

留学の初めの頃、遠い国で誰も知らない自分だけが取り残され、涙がとまらないと感じる時があるかもしれません。そんな時こそ、前を向き、将来の夢に目を向けることが大切です。

涙がとまらない時、一度立ち止まり、あなたが留学を選んだ理由を思い出してみましょう。おそらく、その根底には英語を使って何かをしたい、そしてその経験が将来へとつながる夢があるはずです。キャビンアテンダントになる夢、海外で就職する夢、独自のビジネスを立ち上げる夢。それぞれがあなたの留学生活を支える大切な目標です。

涙がとまらない、それは周囲の新しさや困難さに圧倒され、視野が狭くなってしまっているからかもしれません。しかし、そんな時こそ、あなたがここにいる理由、あなたが果たしたい夢を思い出し、それを追求する情報を集めることが重要です。

留学生活の困難さを乗り越えるためには、視野を広げ、現在の困難から一歩引いて全体を見ることが大切です。そして、そのためにはあなたの夢が最大の助けとなります。夢はあなたが留学生活で得た経験を具体的な形に変え、困難を乗り越える力を与えてくれるでしょう。

涙がとまらない時、一度深呼吸をして、自分の夢を見つめ直してみてください。その夢があなたの涙を止め、前向きな視点をもたらし、留学生活を充実させる一歩となるはずです。


とにかく英語学習に集中:涙を止める行動へのシフト

留学の初期段階で、英語がうまく話せなくて、涙がとまらないという経験は、多くの留学生が共有する感情かもしれません。しかし、その涙がとまらない感情に囚われていると、あなたの英語力は決して進歩しないでしょう。

ところで、あなたは自分がどこに目を向けているかに気づいていますか? 感情に対する注意は、その感情を増幅させるだけです。だから、感情に目を向けるのをやめて、行動に目を向けましょう。宿題に取り組む、単語を学ぶ、文法を勉強する、授業に参加する。これらの具体的な行動を通じて、英語力を向上させることに焦点を当てるべきです。

私たちはしばしば、我々の感情によって行動が制限されると感じますが、真実は逆です。行動は我々の感情を変える力を持っています。だからこそ、涙がとまらない時こそ、英語の勉強に集中することが重要なのです。

ただ、目の前の課題、目標に向けて進むことだけを考える。涙がとまらない時、それがあなたにとって最も有効な行動となるでしょう。悲しみに浸る時間はありません。その代わりに、行動を起こし、英語力を向上させることに全力を尽くしましょう。その結果、あなたの涙は自然と止まるでしょう。

おわりに:私もジョンレノンのImagineを聴いて泣いた


この記事全体を通じて、私は「涙がとまらない」人たちに向けてアドバイスを書きつづってきましたが、実を言うと、私自身も留学生活の初期には苦しい時期がありました。英語ができない、友達が作れない、なぜ自分はこんなところに来てしまったのだろうと思う日々が続きました。

それは一体何のために?と混乱と孤独感で涙がとまらない日々でした。ある時、ふとジョンレノンの「Imagine」を聴く機会がありました。その時期の私はまだ英語を全く理解できなかったけれど、その曲を聴いただけで涙が溢れてきたのです。

日本語の歌詞を調べたら、もうそれは完全に号泣でした。何故だかわかりませんが、私は自分が異国の地でアジア人として見下されているのではないかと悲しみを感じていました。そんな時に、その世界平和を歌った曲が私の心に深く突き刺さったのです。

それからは何度も「Imagine」を聴いて、その歌詞が示す平和な世界に対する願いを通じて、自分自身を勇気づけることができました。

皆さんも留学中には辛いことがたくさんあるかと思います。だけど、その涙を止めるために、この記事で紹介したような対策を試してみてください。それが皆さんを支え、乗り越える力になることでしょう。そして、そうした苦しみを乗り越えた先に、明るい未来が必ず待っています。だから、どうか挫けずに前進し続けてください。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X