ENGLISH WORK公式

留学で嫌われる人の特徴11選:あなたのせいじゃない?

  • 投稿日時:8か月前

皆さん、こんにちは!今日はちょっとディープなテーマに触れてみようと思います。それは、「留学中に嫌われる」こと。恐らく多くの人が一度は感じたことがあるでしょう。それは人間関係の微妙な距離感から、あるいは文化や価値観の違いから生じるもので、解決するのはなかなか難しい問題です。

私たちは通常、嫌われることを避けようとします。それは自然なことですよね。誰だって好かれる方が嬉しい。でも、実際のところ、「嫌われる」そのものが全くの悪とは言えないのかもしれません。それはあくまで他者の視点から見た私たちの姿で、その背後には様々な理由が隠されているからです。

この記事では、その背後にある理由をいくつかピックアップして、それぞれ深く掘り下げてみたいと思います。それが「距離感の誤解から嫌われる」だったり、「相手の問題から嫌われる」だったり、「自身の誤解から嫌われる」だったり。もしかしたら、これを読んでいるあなたが経験したことがあるかもしれませんね。

そしてその解決策を考えていきたいと思います。無理に誰かに好かれようとするのではなく、自分自身を理解し、また他者を理解する。そのプロセスを通じて、真の意味での良好な人間関係を築くことができるのではないかと私は考えています。

さあ、この旅に一緒に出かけてみましょう!


留学であなたが嫌われる11の原因

英語が下手すぎるから嫌われる

「英語が下手すぎるから嫌われる」問題。留学するなら、もちろんこの懸念は無視できませんよね。なんとなくイヤな感じがしますが、一緒に考えてみましょう。

私が留学を通じて学んだことの一つは、語学力の重要性です。これは単なる「会話がスムーズにできる」という意味だけでなく、互いの理解と尊重の証でもあります。それはさておき、問題は英語が下手すぎることが原因で嫌われるということです。はい、正直に言いますと、留学中に「英語が下手すぎてコミュニケーションが取れない」、「理解できない」などと感じられると、どうしても嫌われる可能性があります。

ここで大切なことは、この「嫌われる」を避けるために自分自身を責めてはいけないということです。英語が苦手な人は多く、それはとても自然なことです。もちろん、上達するためには努力が必要ですが、それが完全にスムーズにいくとは限らないのが現実です。

しかし、悲観的になる必要はありません。語学力が十分でないと感じること自体が、成長のためのステップです。私たちが出会う全ての人が寛容で理解があるとは限らないのが現実ですが、その一方で、私たちは英語力を伸ばすための努力を止めず、自分自身を尊重することも忘れてはいけません。

そして、まれにですが、英語が下手な人を見下すような態度を持つ現地の人々もいるかもしれません。そうした人々が早口の英語で話し、理解不能な状況を作り出すこともあります。ここで大切なのは、これはあくまで彼ら個人の問題であり、あなたの英語力が全ての原因ではないということを理解することです。


会話がつまらないから嫌われる

留学における悩みの一つに、「会話がつまらないから嫌われる」がありますよね。この問題は、実は英語力の問題とも深く関連していると私は思います。

皆さんも体験されたかもしれませんが、留学初期には伝えたいことがたくさんあるものです。でも、どうしてもその1割も英語で表現できないことが多いですよね。どんなに心の中で考えたことがあっても、言葉にするのが難しいと感じること、私も何度も経験しました。

結果として、どうしても会話がテンプレート化しがちです。あいさつはいつも同じ、返答も同じパターン…。それはあなたが努力していないからではなく、あなたの現在の英語力がそれ以上の表現を許さないからです。

こうなると、たしかに相手は物足りなさを感じてしまうかもしれません。特に語学学校にいる欧米人は、英語を使いこなすのが得意で、豊かな表現力を持っていることがよくあります。彼らとの会話の中で、自分の表現力の不足を痛感することもあるでしょう。そしてその結果、彼らから嫌われるかもしれないと感じることもあるでしょう。

しかし、大切なのは「嫌われるかもしれない」という恐怖に支配されず、自分自身の成長を信じることです。表現力が今は乏しいとしても、それはあくまで「今」の話です。毎日英語に触れ、学び、挑戦すれば、必ず成長できるはずです。そして、そんなあなたの努力は、きっと周囲の人々にも伝わるはずです。


無料の先生として使う態度から嫌われる

さて、次に挙げられる問題は「無料の先生として使う態度から嫌われる」というものです。これは留学生の中にしばしば見られる態度で、特に語学力を上達させたいという強い思いから生じるものかもしれません。

留学生として新たな文化や言語を学びたいという気持ちはとても素晴らしいものです。しかし、その学びの途中で、「現地の人を無料の先生として利用しよう」という考え方に陥ってしまうことがあります。それは本人が気づかずとも、相手には伝わってしまうものです。

現地の人々から見れば、ただの友達や知り合いを、何も報酬を得るわけでもなくただ英語の先生として扱うというのは、あまり良い気持ちを抱くものではありません。自分が利用されていると感じたら、誰でも嫌な気持ちになるでしょう。

それに、留学生の中にはこのような態度を持つ人がいることを知っている現地の人もいます。そして、そのような人々からは、「あなたなんて嫌い」という態度を示される可能性もあります。これは彼らが留学生全体を嫌っているわけではなく、ただ自分が利用されることに反発しているだけです。

そこで重要なのは、相手を尊重し、等価の関係を築くことです。現地の人々との交流を深め、文化や言語を学ぶことは留学の醍醐味ですが、それは相手があなたに対しても何かを学ぶ機会を提供する等価の関係の上で成り立つものでなければなりません。

それぞれが互いに学び、成長する。そうした関係性を築くことで、本当の意味での文化交流が生まれ、自身の語学力向上にも繋がります。そして何より、そうした対等な関係から生まれる人間関係は、留学生活をより豊かなものにしてくれるでしょう。


自分の意見を持ってないことから嫌われる

自分の意見を持つということは、留学生活において非常に重要なスキルであると言えます。

日本人にとって、自分の意見を強く持つということは少し難しいかもしれません。文化的な背景から、あまり自分の意見を主張しない傾向があるとも言えます。しかし、それが留学生活の中で嫌われる一因となることもあります。

たとえば、政治の話題が出たとき、自分の立場を示さないという行為は、中立であることを意味します。それ自体は悪くないのですが、問題はその中立の理由を語れないところです。それはつまり、自分で考える力がないかのように映ってしまいます。そして、そのような態度は、相手から見ると「何を考えているのか分からない、怖い人」と思われる可能性があります。

また、自分の意見を明確にしないことは、自分自身が心を開いていないとも受け取られかねません。そうなれば、嫌われる可能性が高まるのは当然ですよね。

しかし、これは完全に乗り越えられない問題ではありません。それぞれの立場や意見を持つことが難しければ、少なくともそれについて考え、自分なりの理由を見つけることが大切です。そして、その意見を自信を持って表現できるようになることが、他の留学生から尊敬される一歩になるでしょう。


ネガティブな態度から嫌われる

次に、留学生活における「ネガティブな態度」についてお話ししましょう。海外で生活するとき、常にポジティブな態度を保つことが、そこでのマナーのようなものとなっています。

それに対して、自分を卑下するような話をしたり、過度に謙虚な態度を取る人がいると、それが面倒だと感じる人がいるかもしれません。なぜなら、そういった人に対しては、常に励ましの言葉を探さなければならないからです。それは相手にとってストレスとなり、一緒にいること自体がネガティブな気持ちを引き起こす可能性があります。それが原因で、あなたが嫌われることになるかもしれません。

また、留学すると、その国の悪い部分を見つけてしまうこともあります。しかし、それに対して文句ばかり言っている人も、同じく嫌われるでしょう。ネガティブなことを言っても状況は変わらないのに、文句ばかり垂れているのは、それ自体が不快な感情を生み出すだけです。

ネガティブな態度を持つということは、自分自身の気分だけでなく、周りの人々の気分も悪くする可能性があります。その結果、人々から避けられ、孤立することになりかねません。

留学生活は、新しい環境に適応し、自分自身を成長させるためのものです。問題があったとしても、それをネガティブに捉えるのではなく、それを解決するためのステップとして捉えることが大切です。ポジティブな態度を持つことで、他の人からの評価も上がることでしょう。


距離感の誤解から嫌われる

海外の人々、特に語学学校の生徒たちは、基本的にフレンドリーな人が多いです。しかし、それが理由であっても、まだ関係が浅い段階で無理に距離を縮めようとすると、それは逆に不快感を生むこともあります。つまり、あなたが嫌われる原因の一つは、人間関係の距離感をうまくつかめていないことかもしれません。

留学生活では、新たな友人を作ったり、人々と深く交わったりするための積極性が求められます。しかし、それは無理に距離を詰めることを意味するわけではありません。関係を深めるには、相手のペースや気持ちを尊重しながら、自然にコミュニケーションを取ることが大切です。

また、相手との距離感を見極めることは、異文化理解の一環でもあります。相手の文化や個人的な価値観によって、距離感や親しみ方が変わることもあるからです。そういったことを理解し、相手を尊重する姿勢を持つことで、他の人からの評価も上がることでしょう。

一方で、距離感を間違えてしまうと、相手に不快な思いをさせてしまう可能性があり、それが結果としてあなたが嫌われることにつながります。このように、距離感は留学生活においてとても重要な要素なので、常に注意してコミュニケーションを取るようにしましょう。


相手の問題から嫌われる

相手が何らかの理由で気持ちが落ち込んでいたり、精神的な病気を抱えている場合、他人とのコミュニケーションを取るのが恐ろしい、あるいは困難に感じることがあります。そういった状況では、相手が無意識のうちに厳しい態度をとることもあります。

ここで大切なのは、あなた自身も、そのような状況に陥ったことがないとは言い切れない、ということを理解することです。自分自身がそうであるように、相手にも悪気はないかもしれません。しかし、そのような態度を取られたとき、あなたは「自分は嫌われている」と感じるかもしれません。

留学は自分自身の学びの場でもありますが、他の人々との関わり方を学ぶ場でもあります。すべての人がすべての時に最善の状態でいられるわけではなく、それは自分自身も例外ではありません。自分が嫌われるのは自分の問題だけではなく、相手の問題かもしれないという視点を持つことは、人間関係の理解を深める上で非常に重要です。そして、その理解があなたの留学生活をより豊かなものにすることでしょう。


アジア人差別から嫌われる

さて、あなたが留学中に嫌われる理由の一つとして、残念ながら「アジア人差別」を挙げることも避けて通れません。現実には、アジア人に対する偏見やステレオタイプが存在し、これにより嫌われる可能性があります。現地での日常生活の中で、露骨な差別的な態度を向けられることがあるかもしれません。例えば、通りすがりの人が不適切な手つきでアジア人を模倣したり、侮蔑的な言葉を投げかけてくることがあるでしょう。

しかし、それが露骨な態度でなくても、巧妙な差別も存在します。例えば、あなたが誠心誠意で話しかけた時に、相手が「アジア人なんて嫌い」と言わんばかりの態度を取るといった具体的な事例もあります。これらの状況は、あなたがどれだけ優れたコミュニケーション能力を持っていても、結果として「嫌われる」原因となる可能性があるのです。

しかし、一方でこれは例外的なケースであることを強調しておきたいです。留学生の中には、異文化に対してオープンマインドであり、互いの違いを尊重する人が大半です。語学学校のような留学環境に身を置く人々は、他の文化に深い興味と敬意を持っていることが多いです。したがって、差別的な行動を取る人は非常に稀で、そのような事態に遭遇したとしても、あなたの能力や価値を決定するものではないということを、心に刻んでおいてください。


自身の誤解から嫌われる

さて、次に取り上げる「嫌われる」原因は、実はあなた自身の誤解かもしれません。よくあるシナリオは、自分が他人から嫌われていると感じる、しかし実際にはそうではないというものです。なぜなら、留学先でのコミュニケーションスタイルが日本と異なるため、誤解が生じやすいからです。

例えば、海外の人々の中には、私たち日本人から見るとドライに感じるコミュニケーションスタイルを持つ人もいます。彼らは無表情であり、我々がなじみ深い「相手を不快にさせないためのマナー」があまり見られないことがあります。そのため、あなたは自分が嫌われていると感じ、心が傷つくかもしれません。

しかしここで注意が必要なのは、そのような無表情な態度を持つ人々も、実際には仲良くなれば笑顔を見せる人たちであるという事実です。また、彼らの顔つきがドライでも、話をしてみると思いやりのある人物であることがわかる場合もあります。

つまり、あなたが嫌われていると感じるのは、その人たちのコミュニケーションスタイルや表情の違いを理解していないからかもしれません。そのため、自分が嫌われていると感じた時は、一度その認識を見直してみることをおすすめします。それがあなた自身の誤解である可能性がありますから。


シャイすぎることから嫌われる

留学体験の中で、「嫌われる」原因となるもののひとつは、なんといっても「シャイすぎる」ことです。それは自己主張が少なすぎて、周りに存在を認識されないことが原因で、こうした状態は他人からの印象を悪くする可能性があります。

ここで大切なのは、留学生活では自分から積極的にコミュニケーションを取ることが重要であるという点です。何もせずに、ただ話しかけられるのを待つだけでは、一向に他人との距離は縮まらないのです。

その結果、あなたがいざ話しかけようとしても、相手との関係性が希薄すぎて、「自分は嫌われているのではないか」と感じることもあるでしょう。しかし、留学とは新たな経験を積むための場です。「旅の恥は掛け捨て」という言葉があるように、あなた自身もシャイな性格を少しだけ捨てて、もっと積極的に行動を起こすことが大切かもしれません。

結局のところ、シャイすぎることが「嫌われる」原因になることは確かにありますが、それもあなた次第で変えることができます。自分から積極的にアプローチしてみることで、自分が嫌われているという誤解を解きほぐし、新たな友達を作る機会を増やすことができるでしょう。


社会的ステータスによる差別から嫌われる

世界には階級社会が存在する国もありますし、人々は時に、経済レベルや社会的ステータスで関わる人を判断することもあるのです。例えば、あなたが留学中に話しかけた相手が、そのような価値観を持っていたとしたらどうでしょう。その人にとっては、社会的なステータスが低いと見られる人間と関わることで、自分自身の価値が下がると感じるかもしれません。

そんな風に思われてしまうと、「あなたが嫌われる」可能性があるのです。それは残念ながら、社会的なステータスを重視する人々の間では避けられない事実かもしれません。しかし、これはあくまで一部の人々の考え方に過ぎません。

留学を通じて、あなた自身が「自分自身の価値は、社会的なステータスによって決まらない」という考えを持つことが重要です。そして、その考えをもとに、自分自身を誠実に表現し、他人との関わりを深めていくこと。そうすれば、「嫌われる」のではなく、「理解される」ことが増えるでしょう。

おわりに


それでは、このディープなテーマについて考えてきたわたしたちの旅も、そろそろ終わりに近づいてきましたね。留学中に感じる「嫌われる」という経験は、皆さんの日常生活に大いに影響を与えるでしょう。しかし、その「嫌われる」という感覚を深掘りしてみると、多くの要素が絡み合っていることが見えてきます。

それは、人間関係の微妙な距離感、自身の誤解、さらには社会的ステータスによる差別など、様々な要素が複雑に絡み合っています。だからこそ、一概に「嫌われる」と一言で片付けるのではなく、その背後にある要素を理解しようとすることが重要です。

この記事を読んでくださったあなたが、もしこれらの問題に直面しているなら、自分自身を見つめ直し、自分の中にある可能性を信じてみてください。それが「嫌われる」ことに対する恐怖を乗り越える第一歩になるのではないでしょうか。

留学は、自分自身を見つめ直す貴重な機会です。困難な状況に直面したときこそ、自分自身を見つめ直し、成長することができます。その経験は、あなたをより強く、より理解力のある人間にしてくれるでしょう。

「嫌われる」ことから逃げず、それを深く理解し、乗り越える力を持つあなたを、私は心から応援しています。これからも、あなたの留学生活が充実したものでありますように。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X