ENGLISH WORK公式

留学で引きこもりになる6つの理由:ゲームオーバーになる前に

  • 投稿日時:8か月前


留学で引きこもる人なんているのか?

「留学で引きこもる人って存在するの?」こんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。これが本当にあると言ったら驚くでしょう。留学というと、異国の地で新しい経験をする、自分を広げるチャンスと捉えている人がほとんどだからです。でも実際には、留学生活の中で引きこもってしまう人もいるのが現実なんです。

そう、あなたが思っているよりも現実は厳しいのです。多くはないとはいえ、一部の日本人は留学先で引きこもってしまうことがあるのです。それは、かつての私自身がオーストラリアに留学していた時に目の当たりにした事実です。また、フィリピン留学をしていた時にも、同様の事例を見てきました。先生たちは口々に、「授業に来ない日本人がいるんだよ」と言っていました。驚くべき事実ではないでしょうか?

そこで、なぜ一部の留学生が引きこもるのか、その理由について考えてみました。留学とは、自身の視野を広げる絶好の機会。それなのになぜ引きこもってしまうのでしょうか?その答えを探ることで、この現象を理解し、さらにはそれを防ぐ手段を探ることができると考えています。

本記事では、私が実際に見聞きし、体験した「留学中の引きこもり」について、その深層を紐解いていきます。なぜ一部の留学生が引きこもりに陥ってしまうのか、その背景、そして対策方法について一緒に見ていきましょう。

しかし、ここで一つ注意しなければならないのは、「引きこもる留学生」と一口に言っても、その背後にはさまざまな状況や個々の事情があるということです。一概に「引きこもり=問題あり」と決めつけるのではなく、その原因を理解し、対策を考えることが大切だと私は考えています。

あなたがこれから留学を考えている方であれば、ぜひともこの記事を読み進めてみてください。留学生活を成功させるための一助になるはずです。また、すでに留学生活を送っている方で、何となく自分が引きこもりに近い状態になっていると感じているなら、この記事がその解決の手がかりになるかもしれません。

それでは、一緒に「留学と引きこもり」の真相に迫っていきましょう。

留学中に引きこもりになる6つの理由

英語力の低さ:最大級の引きこもりトリガー

「英語力の低さ」、これこそが留学生の最大の敵。なぜなら、それは留学先での生活を難しくする主要な要因の一つだからです。

皆さんもお分かりかと思いますが、日本人の多くが留学に出かける際、英語力ゼロの状態で旅立ちます。英語が話せないという事実は、もちろん外国人とのコミュニケーションを困難にするだけでなく、心に大きなプレッシャーをもたらします。

比較してみてください。ヨーロッパから留学に来ている学生たちは、多くの場合、ある程度英語を話すことができます。彼らは周囲の人々とすぐに友達になることができ、留学生活を楽しむことができます。一方で、日本人留学生のあなたは挨拶程度の英語しか話すことができません。時間が経つにつれて、疑念が浮かび上がるでしょう。「このまま英語の勉強を続けても一生話せるようにならないのでは?」「私はバカなのでは?」

このような不安は、特に親からお金を借りて留学している場合、ますます増大します。「私は何て親不孝なんだろう」。

英語を一生懸命勉強しているのに、学校の外に出ると自分の英語は全く通じない。こうなるともはや英語を話すこと自体が怖くなってしまうことがあるでしょう。

自己否定的な思考が高まると、自宅に閉じこもってしまうことで、一時的にでもそのストレスから逃れようとするのです。

しかし、ここで肝心なことは、「英語力の低さ=引きこもり」とは限らないということです。それはあくまで可能性の一つであり、それを克服する方法も存在します。自己否定的な思考から抜け出し、英語力を向上させるための手段を見つけることが重要です。


友達ができない:引きこもりの沼への入り口

友達ができない。これは留学生が引きこもりに陥る一つの大きな理由であり、孤独の沼への入口とも言えます。私たちは、人間関係の中で、助けを求めたり、感情を共有したり、時にはただ楽しく笑ったりするのが大切であることを知っています。しかし、これらすべてが新たな異文化環境で試される場合、その難しさは想像を絶します。

英語力が低いと、友達作りは一層難しくなります。挨拶程度の英語しか話せない場合、面白い話をしたり、相手と深い話をしたりするのは難しいです。お互いの背景や価値観について学び、理解し合うことは、強固な友情を築く上で不可欠な要素です。

もちろん、言語以外のコミュニケーション能力を持っている方なら、友達を作ることは容易です。しかし、そうでない場合は、留学先で孤立してしまう可能性が高まります。そして、留学中はさまざまな課題に直面するため、ストレスが溜まりやすいです。

そのストレスを軽減する手段の一つが、友達とのコミュニケーションです。友達がいると、問題や悩みを相談したり、心の内を打ち明けたりすることができます。しかし、友達がいないと、誰も助けてくれる人がいないと感じ、そのストレスはさらに増大します。そして引きこもりにつながるのです。


引きこもりを咎める人の不在:制限なき自由の落とし穴

引きこもりを咎める人の不在。これは、留学で引きこもりになる理由の一つで、また制限なき自由の落とし穴とも言えます。私たちは、自由があればあるほど幸せになると思いがちですが、果たして本当にそうでしょうか?

留学先での生活は、日本での生活と比べて非常に自由です。日本にいたら親や友人がそばにいて、万が一引きこもってしまっても誰かが気付き、声をかけてくれるでしょう。しかし、留学先ではそうはいきません。深い関係を築ける友人も少なく、誰もあなたの生活に口を出さないため、自由に行動することができます。

これが自由の落とし穴です。特にシェアハウスのような共同生活では、どんな生活を送っても基本的には自由です。引きこもっていても、他の住人が何も言わなければ、それが当たり前の生活になりかねません。ホームステイの場合はあまりないでしょうが、シェアハウスでは引きこもる人が増えるのはこのためです。

また、フィリピン留学などでは寮生活が一般的ですが、ここでも同じ問題が生じます。学校からの指導がなければ、引きこもりになる可能性があります。そして、引きこもりが続けば、そのまま一人の世界に閉じ込められてしまうかもしれません。

このように、留学生活での自由は、時に引きこもりに繋がる落とし穴になるのです。


世界レベルの陽キャとの戦い:敗北後の生活

陽キャになれない、つまり、社交的な環境に適応できない人は、留学先で引きこもる可能性があるのです。これは、私の留学体験から得た深い洞察です。

海外留学をする人々は、日本人を含む多くの外国人が、自己主張が強く、社交的で、とにかく元気な人が多いです。特に外国人の陽キャはまさに世界レベル。繁華街でのパーティーや、語学学校の授業中にも活発なコミュニケーションが繰り広げられています。

この環境で自分自身を見失い、ついていくのが辛くなると、いわゆる陰キャの人は徐々に自分の居場所を失ってしまうでしょう。語学学校に行くのが億劫になり、ホームステイ先や寮に閉じこもってしまうことも考えられます。

ここで大切なのは、陽キャになれないからといって、それが悪いわけではないということです。みんながみんな、陽キャである必要はありません。大切なのは自分自身を理解し、自分がどんな環境で一番自分らしくいられるかを見つけ出すことです。

留学は、新しい文化と接し、新しい言葉を学ぶだけでなく、自分自身について深く理解する機会でもあるのです。引きこもる人がいる一方で、それは自己理解への一つの道かもしれません。また、それを踏まえて、どう自分の留学生活をより良くしていくか、そのヒントを見つけ出すことが大切です。


精神的問題の留学先への持ち込み:問題がエスカレート

留学を新たな人生のスタートと見なす人も多いかもしれませんが、精神的な問題を抱えたまま出発すると、それは時に思わぬ結果をもたらすことがあるのです。それは、既存の問題がエスカレートし、結果として引きこもりになる可能性があります。

留学前から精神的問題を抱えている人は、新しい環境で問題が解決することを期待するかもしれませんが、留学という大きな変化は不安を増やすことにもなります。留学中は、言語の問題、カルチャーショック、新たな人間関係の形成など、あらゆるトラブルを自分で解決しなければならないのです。

たとえばフィリピン留学ならば、語学学校の日本人スタッフに頼ることもできます。しかし、欧米留学などでは、あらゆる問題を自分自身で解決しなければなりません。もともと精神的問題を抱えている上に、さらなる問題が降りかかると、精神的問題が悪化する確率が高まります。

ここで大切なことは、留学は何でも解決する魔法の杖ではないということを理解することです。留学があなたの精神的問題を一掃するかもしれませんが、その逆の結果にもつながる可能性があるという覚悟も必要です。既存の問題がエスカレートし、引きこもりになってしまう可能性を頭に入れておくことが大切です。

留学は素晴らしい経験ですが、それぞれの人が抱える問題や状況によっては、挑戦が大きすぎることもあります。その時は、必要なサポートを求めることも大切です。自分を知り、自分を守り、そして自分がどうしたいのかを考えることが、最良の留学経験を作り出す鍵となります。


怠け者の引きこもり墜落:留学生活の飽きとその結果

自由で楽しい、そのように感じられる留学生活。しかし、その裏には一つの陥穴が存在します。それは、自分の怠け心に任せてしまい、留学生活そのものが飽きてしまう、そして結果として引きこもりになってしまうというリスクです。

留学といえば語学学校が最初のステップでしょう。確かに、最初のうちは新鮮な気持ちで授業に参加し、毎日が刺激的に感じられます。しかし、数ヵ月もすればその新鮮さは薄れ、日常的なルーチンへと変わっていきます。そして、一度でも学校をサボると、その後が怖いのです。「サボっても意外と問題がないな」と考えてしまい、その考えが行動に移る。

そして次第に「どうせ語学学校に通っても英語力は伸びないし」という理由をつけ、学校へ行くのをやめてしまう。しかし、学校へ行かなければ新たな友人を作る機会も減り、留学先での活動も限られてきます。これが引きこもりになる原因となるのです。

私たちが怠け者になってしまう理由は様々です。それがストレスから逃れるためであったり、自己評価の低さからくるものだったり、あるいは単に刺激がなくなってしまったからであったり。しかし、大切なのは、その怠け心があなた自身の成長を妨げ、留学という大きなチャンスを台無しにする可能性があるということを認識することです。

留学は大きな投資です。時間とお金、そして勇気をもって新たな土地へ飛び立つのです。それを最大限に活用し、自分自身の成長のために使うことが大切です。引きこもりにならないよう、自分自身と向き合い、自己管理を怠らないようにしましょう。

留学先で引きこもらないための対策4選


留学前の英語力向上:未然防止の一手

留学に行くという決断は大きなステップです。しかし、その前にもう一つ重要なステップがあります。それは、留学前の英語力向上です。引きこもりになってしまう最大の理由、それは英語力の不足かもしれません。だからこそ、留学前にはしっかりと英語の勉強をして、あなたの英語力を少しでも上げることが重要なのです。

単語や文法を覚えておくだけでも、留学後の学習効率は圧倒的に上がります。英語力があるということは、留学先での生活がよりスムーズになるということ。そして、それは引きこもりになるリスクを低減することに繋がるのです。

さらに、流暢に話すことができなくても、英語の文章の作り方を覚えておけば大丈夫。自分の思いや意見をゆっくりとでも伝えることができます。そして、それが外国人とのコミュニケーションにつながります。その結果、留学生活が楽しくなり、積極的に外に出ることが増え、引きこもりになる可能性は大幅に減少するでしょう。

言葉は人と人とをつなぐ重要なツールです。そして、それはあなたが新たな土地で新たな経験をする上での重要な武器でもあります。留学前の英語力向上は、未然防止の一手となります。引きこもりになるリスクを減らし、留学生活をより豊かで有意義なものにするために、一緒に学習していきましょう。


無理な陽キャ化の否定:自分らしさの保持

誰もが異なる性格を持ち、それが個々の個性を形成します。それは留学生活においても同じです。人は自分自身を偽り、陽キャになろうと無理に努力してしまうことがあります。でも、それは本当に必要なことなのでしょうか。私の考えを申し上げますと、それは必要ないと思います。

あなたにはあなたの個性があり、それがあなたを特別な人間にしています。確かに、留学先で新しい友達を作り、新しい環境に溶け込むためには、ある程度の社交性や開放性が求められるかもしれません。しかし、それはあくまで「ある程度」であり、無理に自分を陽キャに変える必要はありません。

無理に自分を偽ってしまうと、本当の自分を理解してくれる友達ができない可能性があります。また、自分らしさを失った状態では、短期間の友達しか作れず、長期的な友情を育むことが難しくなるでしょう。それは結果として、自分を孤独に追い込み、引きこもりの原因となり得ます。

だからこそ、自然体であることが大切です。あなたらしく振る舞えば、あなたに似た性格の人々と自然と親しくなることができます。それが本当の友情を築き、孤独感を軽減し、引きこもりになる可能性を減らすのです。無理な陽キャ化は否定し、自分らしさを大切にしましょう。あなたらしくあることこそが、充実した留学生活への道しるべとなるのです。


精神的問題の事前解決:留学前の心の整理

留学という新たな環境は、誰しもにとって刺激的で興奮する一方で、未知の問題や困難に直面する機会を多くもたらします。そしてその問題が次々と起きることは、精神的な健康にとって大きな負荷となり得ます。そこで私が強調したいのは、留学前に精神的な問題を解決しておくことの重要性です。

何も問題がない状態であれば、日常生活で起こる小さなトラブルや留学生活における課題に対処する能力があるでしょう。しかし、すでに何らかの精神的な問題を抱えていると、小さな困難も大きなストレスに感じてしまうことがあります。そして、そのストレスが蓄積されることで、引きこもりに繋がる可能性があるのです。

例えば、うつ病などの症状がある場合、留学を始める前に適切な治療やサポートを受け、その問題を根本的に解決することが重要です。これにより、あなたが新たな生活に適応し、留学の経験を最大限に活用するための精神的な基盤を確固たるものにすることができます。

私たちが留学生活を通じて得ることができる経験や学びは無数にあります。その機会を最大限に活かすためにも、留学前に精神的な問題を解決し、自分自身を最良の状態に保つことが大切です。それこそが、留学生活を通じて引きこもりから遠ざかる一つの大切な手段なのです。


自己プレッシャーの適度な管理:自身への適切な期待値設定

留学生活を過ごす上で、自己プレッシャーは適度にコントロールすることがとても重要です。「英語を完璧に話せるようにならなければならない」、「親が期待する結果を出さなければならない」、「友達に笑われたくない」といった自分自身に対するプレッシャーは、本当にハードなものになり得ます。

しかし、過度なプレッシャーは反対に自己肯定感を下げ、一時的な失敗から立ち直る力を弱めてしまいます。挫折感は成長の一部です。それを受け入れ、その上で再び立ち上がる力があれば、留学生活はもっと充実したものになります。

私が提案したいのは、自己プレッシャーを軽減し、フォーカスを「やるべきことをやる」ことにシフトすることです。あなたがやるべきことは何か、それに集中しましょう。それは英語の学習でも、現地での友達作りでも、カルチャーショックの克服でも、それぞれのタスクに集中し、努力し続けることです。

結果はその努力が積み重なった上で自然と現れます。あなたが適度な自己プレッシャーを保ち、日々の課題に全力を注ぐことで、留学生活は引きこもりから遠ざかるだけでなく、自身の成長と自己実現の場となるでしょう。あなたらしく、自己プレッシャーを管理しながら、留学生活を最大限に楽しんでください。

おわりに


さて、皆さん、私たちの長い旅もここで一旦終わりとなります。留学という大きな一歩を踏み出す前に、引きこもりの可能性について深く考え、その対策をしっかりと立てることが重要だということを、私たちはこの記事を通じてお伝えしようとしました。

留学は大きな挑戦であり、新たな環境、言語、文化に囲まれて生活することは決して容易なことではありません。しかし、それは同時に自分自身を知り、成長し、新たな視野を広げる絶好の機会でもあります。だからこそ、引きこもりの罠に陥る前に、自分自身をしっかりと見つめ直し、心の準備を整えてから留学の旅に出ることが重要なのです。

そして何より、あなたらしくいることが最も大切なのです。自分に厳しすぎず、自分を偽らず、自分を信じて行動する。そうすれば、留学という大きな挑戦を、最高の経験へと変えることができるでしょう。

私たちの言葉が、あなたの留学生活が充実したものになる一助となれば幸いです。これからのあなたの旅が、想像を超える素晴らしいものになることを心から願っています。最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X