ENGLISH WORK公式

日本人の留学は99%遊学である7つの理由

  • 投稿日時:8か月前


留学が遊学と呼ばれる理由

こんにちは、皆さん。今日は少々厳しいトピックについてお話ししようと思います。あなたは「留学」という言葉を聞いて何を想像しますか?旅行? 冒険? 教育? すべて正解かもしれません。しかし、ある角度から見れば、留学は「遊学」とも言えるのかもしれません。

なんとなく後味の悪い言葉ですよね、「遊学」。その根底にある「遊」の文字は、もともとは「家を離れて他郷に行く」という意味を持つ一方で、現代では「遊ぶ」、つまり「楽しむ」、「遊び回る」という意味を強く持っています。留学生とはそういう存在なのでしょうか?ちょっと立ち止まって考えてみましょう。

あえて過激に言いましょう。留学=遊学。それはなぜかというと、皆さん、言葉の壁というものは本当に高いんです。大学で英語を教えている教授でさえ、完璧に英語を話せるわけではありません。それが現実です。だから、一部の人々が「留学すれば英語くらい話せるようになるだろう」と考えて留学に飛び込んでしまうのですが、それは甘い考えです。無残にも彼らは「遊学生」というレッテルを貼られてしまいます。

何故なら、留学生の多くは現地でも、本当に必要な自習をやらないからです。言葉の壁を乗り越えるには、ただ授業を受けるだけ、宿題をこなすだけでは足りません。授業が終わったらSNSを見る時間?それは自習する時間に使うべきなんです。本気で英語を学ぶなら、自分で勉強しないといけない。それができなければ、留学は確かに遊学になってしまうでしょう。

99%の日本人の留学は遊学である7つの理由

英語習得の難しさと現実

それでは次に、英語の習得について触れてみましょう。どうやら一部の人々には、「留学すれば英語くらい話せるようになるだろう」という甘い考えがあるようです。ここでハッキリ言いましょう。そんな甘い考えを捨てなさい。英語を学ぶのは難しい。とても難しい。これが現実なのです。

みなさん、本当に理解していますか?英語の習得は時間と労力を必要とする大仕事なのです。それは海外で学位を取った人でさえ、必ずしも完全に英語を話せるわけではありません。高学歴な人々はほぼ全員英語を話すことができますが、それは彼らが努力し、時間をかけて学んだ結果です。そして、それは特に日本人にとっては大きな壁となっています。

日本の高学歴者でさえ、英語を話せるのは一握りだと言われています。早慶、東大、京大の卒業生でさえ、全員が全員英語を自由自在に操れるわけではありません。いかに英語の習得が難しいか、これで理解できるでしょう。

それなのに、多くの人が「留学すれば英語くらい話せるようになるだろう」と考えています。何という過ちでしょう。その考え方は現実を見ていません。留学しただけで英語を話せるようにならない。それが現実です。

そして、英語を話せない留学生に対して「遊学だったな」とレッテルを貼る人々がいます。これはかなり厳しい言葉ですが、一方で、これは留学生自身が英語習得に対する認識を改めるきっかけになるかもしれません。

ここで明確に言いましょう。留学は遊びではありません。留学は、異文化を学び、自身の視野を広げるための道具です。そして、それは英語力があって初めて真価を発揮します。だからこそ、留学前にはきちんと英語を勉強することが求められます。

留学に飛び込む前に、英語学習の現実をしっかりと見つめてください。そして、留学が遊びではなく、自己成長のための手段であることを理解してください。その上で、自分の英語力を客観的に見つめ直し、必要な努力を惜しまない姿勢が求められます。それが真の留学生である証だと私は思います。


留学生の怠け癖とスマホ依存

突然ですが、あなたは本当に勉強していますか?学校の授業に出て、宿題をこなす。これが留学生の日課だと思っていませんか?何という誤解でしょう。そんなことで英語が身につくと思っているのなら、それは完全な自己満足です。残念ながら、自己満足で終わってしまう留学生は多いのです。

多くの留学生が実際にやっているのは、授業が終わればスマホをいじってTwitterやInstagram、Netflixを見ているだけ。これが現実です。英語習得のために自習をする人は、残念ながら少ない。何という怠け癖でしょう。

あなたが留学生なら、ここでぜひ自問してみてください。「本当に自分は勉強しているのか?」自己満足の上塗りをするだけでなく、本気で自問してみてください。そして、その答えが「いいえ」であるなら、それは恐らく遊学の一端を示しているでしょう。

言われてみれば、英語を習得するには約2000時間も必要だと言われています。これは英語を母国語としない人々が完全に英語をマスターするために必要な時間です。それなのに、時間をSNSや映画に浪費している場合ではありません。ここで強く言いましょう。自分で勉強しないから遊学と呼ばれてしまうのです。

ここで重要なのは、留学が自己成長のための手段であることを理解することです。そしてそのためには、自己責任で勉強をする必要があります。他人の目を気にせず、自分の目標に向かって、真剣に取り組むこと。それが求められるのです。

留学生としての自分を振り返り、改めて自問してみてください。「本当に自分は勉強しているのか?」そして、その答えが「いいえ」であるなら、それは時間を見つめ直し、勉強に対する姿勢を見直す良いきっかけかもしれません。遊学と呼ばれるのを避けたければ、行動を起こすことが重要です。


出発前の勉強不足の罪

留学の準備って何を思い浮かべますか?ビザ申請?航空券の予約?それとも荷造り?いえいえ、それらは確かに重要ですが、もっと大切なのは出発前の英語の勉強です。そしてここに問題があります。多くの人が出発前の勉強を怠っているのです。

まるで旅行に行くかのように、ほとんどの人が英語力ゼロの状態で留学に出発します。多少の勉強をしたところで、実際に英語を話すには遠く及ばないレベルでしょう。言うまでもなく、この出発前の勉強不足が、留学を遊学に変えてしまう大きな罪なのです。

留学という大きな決断をする前に、英語力を少なくとも一定のレベルまで上げてから留学を決めるべきです。これが本来の流れでしょう。しかし、多くの人は日本にいる間にほとんど英語を勉強せず、留学先に到着してから現実に直面します。英語力が低いと、現地での生活や学習は本当に厳しいものになります。そうなると、当然の結果として学習よりも楽しむことに興味が移ってしまう。そして、その結果が遊学につながる。

日本にいる時から真剣に英語を学ぶことは、留学先での成功に繋がります。そうすることで、留学先に到着してからの時間を、より効率的に使うことができます。それに、出発前にしっかりと勉強していれば、留学先での学習もよりスムーズに進みます。英語力があると、現地での生活もより楽しくなります。そして、その楽しさが、遊びではなく学びへとつながる。


将来的な目的の欠如とダラダラした日々

あなたが留学を考えているなら、一つ質問します。あなたの将来的な目的は何ですか?英語を話せるようになりたい、これだけですか?それでは足りません。それ以上の目的が必要です。そしてその目的の欠如が、留学を遊学に陥れる大きな罪なのです。

多くの留学生が、単に英語を話せるようになりたいという目的しか持っていません。それはもちろん大切な目的ですが、それだけでは浅い。結局のところ、将来的な目的がないと、留学中も方向性を見失い、何をするべきかわからず、ダラダラとした日々を過ごすことになります。

英語力の伸び悩みはもちろん、人生の行き先にも悩む。こんなダラダラとした日々を過ごす留学生が多いのです。これは本当に惨めな状況です。留学という大きなチャンスを手に入れたのに、それを無駄にしてしまっては何のために留学したのか、自分自身に問いたくなります。

あなたが真剣に英語を学び、留学生活を充実させるためには、具体的な将来の目的を設定することが大切です。それは何か具体的なキャリアの目標であったり、特定の専門知識を学びたいというものであったり、あるいは特定の文化や習慣を深く理解したいというものであったりします。それによって、自分が何をすべきか、どのように時間を使うべきかが明確になります。

留学が遊学にならないためには、ただ英語を話せるようになりたいという一般的な目標だけでなく、もっと具体的な将来的な目的を持つことが重要です。そしてその目的に向かって、毎日一生懸命に努力すること。それが真の留学生活を送るための秘訣なのです。


SNSの自慢と現地生活の遊び

ここで話したいのは、留学生のSNS使用についてです。TwitterやInstagramで見かける留学生の投稿、それを見たことはありますか?素敵な景色や地元の料理、友達との楽しげな写真など、現地での生活を自慢げにアップしていますよね。

しかし、この一連の投稿が引き起こす問題があります。それは、留学生が「遊んでいるだけでは?」という誤解を生むことです。SNS上のイメージが全てではないのは分かっていますが、それによって留学=遊学という誤った印象を持つ人が増えてしまっているのです。

留学生たちはきらびやかな写真を投稿し、現地で楽しい時間を過ごしているかのように見せています。しかし、それが現地での実際の生活とは大きく異なる場合が多いのです。確かに、現地での楽しみや発見をシェアするのは素晴らしいことです。しかし、それが勉強を忘れてしまうくらい遊びに夢中になっていると誤解されることは問題です。

現地で遊ぶのは悪いことではありません。新しい文化や人々との交流は、留学の大きな魅力です。しかし、それだけが留学生活ではありません。学び、自己成長、そして自分自身を超えていく努力が本来あるべき姿です。それが本当の留学生活です。

遊びたくても我慢し、日々真剣に勉強し、英語力を伸ばす。それが本当の留学生活であり、留学が遊学と言われてしまう現状を打破するための方法です。だからこそ、あなたが留学を考えているのであれば、SNSでの自慢と現地での遊びをちゃんとバランスを保つことが大切です。そして、本当の留学生活は自分自身が作り出すものだということを忘れてはいけません。


帰国後の英語習得の放棄

それでは、皆さん。次に触れるべきは、帰国後の英語学習の取り組みについてです。これがいかに重要か、痛感させられる話です。

留学生の中には、留学中に英語力が予想より伸び悩んだと感じている人も少なくないでしょう。それは英語の習得は容易なことではないからです。しかし、問題はそこではありません。問題は、「英語力を上げるために帰国後も勉強を続けるかどうか」です。

多くの人が留学中に英語力を伸ばすのが難しいと感じたとしても、帰国後にさらなる英語習得の努力を続けるはずです。英語サークルに参加したり、英語のイベントに出席したりと、英語を使う機会を自ら作り出すはずです。

しかし、遺憾ながら帰国後に英語を見放してしまう人が多いのも事実です。「海外最高!」「留学で人生が変わる」という空々しい言葉に飾られていますが、その実、英語すらまともに話せない。しかもそれを改善しようとする意志さえ見せないのです。

留学は遊学ではない。あなたが留学を考えているなら、その心に深く刻んでおいてください。そして帰国後も英語学習を続ける意志を持ち続けること。それが留学が遊学と言われてしまう現状を打破するための大切な一歩なのです。自分自身を高め続けること、それが真の留学生の姿です。


英語以外の学びへの興味不足

さて、次に私たちが取り組むべきなのは「英語以外の学び」です。留学と言えば英語習得が主目的だと思われがちですが、それだけではないんです。これについては、より深く理解していく必要があります。

留学という経験は、単に英語を学ぶためだけのものではありません。その国の文化や歴史、人々の生活、そして留学先がヨーロッパであれば、周辺国を訪れて多様な視点を得るチャンスもあります。しかし、なんとまあ、多くの留学生がこれらの貴重な機会を軽んじ、表面的な遊びに明け暮れているのです。

留学生活が一日一日をただ過ごすだけのものではなく、積極的にその地で学び取る機会であるべきなのです。それなのに、多くの留学生は目の前に広がる新たな文化や歴史を学ぼうという姿勢を持たず、何も得ることなく日々を過ごすのです。

これは深刻な問題です。留学が遊学と誤解される一因ともなります。私たちは本当に英語を学ぶためだけに留学しているのでしょうか?それとも新たな文化を体験し、それを深く理解し、自分自身の視野を広げるために留学しているのでしょうか?

答えは明らかです。留学は自分自身を高めるための経験であり、それは英語力の向上だけでなく、新たな文化や歴史への理解を深めることも含まれています。だからこそ、我々は留学生として、ただ遊ぶだけではなく、本当に学び取ることが求められているのです。

別に遊学でもいい6つの理由


遊学は日本での無為よりマシ

そこで、突然ですが、「遊学だからダメだ」と決めつけるのは早計ではないでしょうか。確かに、前述したような問題点は見逃せません。しかし、逆に考えてみてください。それが遊学だとしても、何もしない日本での生活よりははるかに価値があるのではないでしょうか。

あなたが日本の大学生であるならば、何をして過ごしていますか?授業に出席していますか?それとも教科書を開いて勉強していますか?多くの大学生がテスト前になったら先輩から過去問をもらって勉強し、テストを何とかクリアするだけの大学生活を送っているのが現実です。

また、出席が必須の授業でも、他人に代理出席をお願いすることで授業にすら出席しないということが横行しています。どうです、このような無為な日常は少々問題ではないでしょうか。

そして、それを比較するなら、海外で自己責任を持って過ごす留学生活の方がはるかに価値があると言えるでしょう。確かに、遊学となれば問題もあります。しかし、その中でも新しい環境に身を置くことで、多少なりとも自身の成長を感じることができるのではないでしょうか。

だからと言って、これが遊学を推奨する理由にはなりません。だけど、何もしない日本での生活よりは、海外での留学生活の方がまだマシだという考え方もあるのです。それは、遊学であっても、少なくとも何かを得ることができるという点で、無為な日本での生活より一歩進んでいると言えるのではないでしょうか。


苦労からくる成長の可能性

そして、遊学と一蹴しないもう一つの大きな理由が、それが困難と直面し、それを乗り越える経験が豊富であるという事実です。英語をそこまで流暢に話せない日本人が留学すると、確かに様々な場面で苦労することでしょう。例えば、新しい友達作りは言葉の壁だけでなく、文化の違いも含めて一苦労です。

また、ビザの更新手続きやシェアハウスでの生活も決して容易ではありません。自分のライフスタイルを他の留学生と調整する必要があるし、異文化の中で自分を守る必要があります。

ここで重要なのは、これらの困難が彼らを成長させ、さらに逞しくするという点です。自分の問題を自分で解決することを学び、自立するきっかけになります。日本で親や友人に頼って生活していた人々にとって、これは非常に大きなステップとなります。

ここで、遊学の否定的なイメージが強い人々に問いたいのは、「このような経験は、遊学に限ったことでしょうか?」答えは明らかに「ノー」です。そして、これらの困難から得られる経験や学びは、遊学だろうと留学だろうと変わらないのです。

だからこそ、遊学も決して無駄な経験ではないのです。その場を選ばず、困難を乗り越える経験は、誰にとっても価値ある成長の糧となります。一方的に遊学を否定するのではなく、それがもたらす成果と可能性を見ることが重要です。


英語以外に得られる貴重な経験

確かに、遊学でも英語を話せるようになるとは限りません。しかし、もし、皆さんが私たちの話をよく聞いてくれるなら、英語以外に得られる何かがあるということに気づくでしょう。それは、単なる遊びではなく、価値ある経験を手に入れるチャンスなのです。

外国の友達との交流は、自分の視野を広げ、異なる価値観や考え方に触れる絶好の機会です。これは、言語能力を超えた、人間的な絆を深めるための重要なプロセスであり、その価値は計り知れません。

また、海外生活での苦悩や困難を経験することは、我々がどれだけ頑張れば事態を解決できるか、どのように自分をコントロールしてストレスを乗り越えるかを学ぶ絶好の機会となります。これらは人間としての成長をもたらし、日本にいては得られない経験です。

そして、海外での生活は日本を客観的に見る視点をもたらします。日本にいると気づかない問題や特徴を理解し、それが自分自身や社会にどのように影響を与えているのかを理解することができます。

こういった貴重な経験は、英語の学習に限定されない価値を持っています。それは、私たちが成長し、より広い視野で世界を見るための基盤を提供します。

だからこそ、遊学でも得られる経験には無視できない価値があるのです。英語以外のものを得ることができれば、それは時間と労力の価値があるのです。


人生の思い出としての価値

さて、ここで一つ考えてみてください。人生の目的とは何でしょうか?お金を稼ぎたいという野心を持つ人もいるでしょう。他人に誇らしく思われることを追求する人もいるかもしれません。しかし、私の考えでは、そうではありません。人生の本当の目的は、自分自身が幸せだと感じること、そして死ぬときに嬉しく思い出すことができる経験を積み重ねることではないでしょうか。

この観点から見ると、遊学でも留学でも、それが人生の一部となり得るのです。英語を完璧にマスターできなかったとしても、それは問題ではありません。なぜなら、その経験自体が、あなたの人生を豊かにするかもしれないからです。異なる文化、人々、風景に触れ、自分自身を新たな環境に適応させることは、あなたを成長させるだけでなく、一生涯の思い出となるでしょう。

他人があなたの経験をどう評価しようと、それはあなたのものです。あなたがその経験をどのように価値付け、どのように思い出として残すかが重要なのです。他人に遊学だとレッテルを貼られても、それがあなたの人生における貴重な経験となるなら、その価値は確固たるものです。

だからこそ、遊学と言われても、それは問題ではありません。それが自分の思い出の一部になり、人生に豊かさをもたらすなら、それは十分に価値のある経験なのです。自分自身の成長、学び、思い出を追求することが最も重要なのではないでしょうか。


挫折体験とそれによる人間力の向上

次にお話ししたいことは、挫折体験とそれによる人間力の向上についてです。遊学と言われても、それが必ずしもマイナスであるとは限らないのです。私たちは人生で苦難を経験することで成長し、より強くなります。それがあなたが留学して、期待していたほど英語が上達しなかったとしても、それは決して無駄な経験ではありません。

あなたが時間とお金をかけて英語を学び、それでも思うように話せないと感じるかもしれません。それは、確かに挫折感を感じさせるかもしれません。しかし、その挫折感こそが、あなたを強くし、あなたの人生を改善するきっかけとなるのです。

何故なら、挫折はあなたがこれまで甘えてきた人生のパターンを打破するのです。挫折は、あなたが自分自身を見つめ直し、自分の限界を押し広げるチャンスを与えてくれます。そして、その結果として、あなたは自分の弱点を克服し、自分自身を改善する力を持つようになるでしょう。

だからこそ、遊学と言われても、それが必ずしも問題であるとは限らないのです。あなたがそれを通して何かを学び、成長し、自分自身を改善するきっかけとなるのなら、その経験は価値があるのです。そして、その価値は、他人がどう見ても、あなた自身が感じる成長と充足感によって計られるべきなのです。


目的無しの留学から生まれる新たな夢

いつでもあなたの手の届く範囲には、未知の可能性が存在しています。そして、その可能性を探し当てるためには、目的を持たずに新たな体験に挑む勇気が必要となることでしょう。この理由からも、留学が遊学であるという批判を無視する価値があると思います。

目的無き旅に出ることは、一見無責任に思えるかもしれません。しかし、それこそが新たな視野を開く契機となるのです。思いがけない人々との出会いや、新たな環境から得る知識や経験が、未来への新たな夢を生み出す可能性を秘めています。

例えば、あなたが外国の人々と交流する中で、新たな視点を得たり、自身が知らなかった能力を発見したりするかもしれません。あるいは、「自分も将来は起業したい」とか、「英語力を活かして社会貢献したい」といった新たな目標や夢が見つかるかもしれません。

要するに、目的が無いからといって、その旅が価値のないものになるわけではないのです。むしろ、その目的の無さが、未知の可能性への扉を開く鍵となるのです。遊学と揶揄されるかもしれませんが、自分自身の人生をより豊かなものにするための一歩ともなり得るのです。

おわりに


ここまで読んでいただき、ありがとうございます。留学が遊学と揶揄されることに対する私の見解をお伝えするために、さまざまな角度からこの問題を掘り下げてみました。結論から言えば、留学が遊学だとしても、それはそれで大切な価値があると私は考えています。

留学に対して理想的なビジョンを抱きすぎていると、挫折と失敗の中で生まれる成長や新たな可能性を見逃すかもしれません。あるいは、自分が望む成果が得られないときに、自分自身を過度に責めるかもしれません。それらすべてが、あなた自身の人間力を高め、新たな視点を見つけ出す可能性を秘めています。

結局のところ、あなたが自分の人生をどう過ごすかは、あなた自身が決めることです。他人がどう思おうと、あなたがその経験を価値あるものと感じるなら、それは間違いなく価値があるのです。留学が遊学だと批判されたとしても、それが自分にとって意義深いものであれば、それが一番大切なのです。

最後に、人生の旅は目的地に辿り着くことだけが全てではありません。その旅の中で得る経験や出会い、そして何よりも自己の成長が重要なのです。そう考えれば、留学も遊学も、それぞれが自分自身の人生を豊かにするための手段なのです。

その選択を尊重し、留学生活を満喫することを心から願っています。これからのあなたの旅が、素晴らしい体験と成長に満ちたものでありますように。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X