ENGLISH WORK公式

留学中に帰りたいと思う原因9選:暇人が陥る罠

  • 投稿日時:8か月前

はじめまして、皆さん。そして、このブログ記事に辿り着いてくださり、心から感謝申し上げます。私はこれまで数々の経験を積み重ねてきた留学経験者で、今回はその中でも特に重要だと感じたトピックを深く掘り下げ、皆さんと共有したいと思います。

私たちは皆、新しい経験を追求し、成長するために留学という選択をします。しかし、そんな留学生活は常に順風満帆とは限らず、時には「帰りたい」と感じる瞬間もあるでしょう。それは自然なことで、それぞれの困難が自分を成長させる触媒になることを信じています。

本記事では、留学生活で帰りたいと思わせるような様々な問題、それらに対抗するための戦略や視点を、私の経験を元に深く掘り下げていきます。さまざまなテーマを通じて、留学生活をより豊かで有意義なものにするためのヒントを提供できれば幸いです。

どんなに困難な状況に直面しても、帰りたいと考えるのではなく、留学は自分自身を見つめ直し、自分が何を求め、何を達成したいのかを明確にする絶好の機会です。このブログが、皆さんの留学生活をより充実したものにし、新たな視点を提供する一助となれば幸いです。


留学中に帰りたいと思う原因9選

英語の壁:自分はバカなのか?そんな自己否定感に苛まれる日々

今回はあるテーマについて、リアルで生々しい体験談をお話ししようと思います。それは「留学中に帰りたいと感じる日々」。特に、英語が話せないという事実に自己否定感を抱き、心が折れてしまった経験について深く掘り下げていきます。

留学という言葉には、なんともロマンチックな響きがありますよね。新たな文化に触れ、自分自身を成長させるために、遠く離れた国に飛び立つ。そして、当然のことながら、その国の言語を身につけるのが目標です。私たちは、数週間もすれば新たな言語に慣れ、数ヶ月後には外国人と流暢に話せる自分の姿を想像します。それは優れたビジョンであり、その期待感が留学という挑戦をより一層エキサイティングなものにしてくれます。

しかし、現実は甘くない。英語力ゼロからスタートすると、半年経っても上手く話せないのが現実です。そう、想像と現実のギャップが、我々を深く苦しめます。「なんで英語が話せないんだろう」「私ってバカなんじゃないか?」という自己否定感が、心を蝕んでいきます。それはただの苦痛ではなく、自分自身に対する信頼を揺るがすような、深い絶望感を生み出し、日本に帰りたいと感じることでしょう。

私たちは、頭の中で自分自身と戦いながら、この難局を乗り越えなければなりません。それはかなりのエネルギーを必要とする作業であり、無力感に打ちのめされ、日本に帰りたいという想いが、強くなることでしょう。この経験は、私だけではなく、多くの留学生が経験するものだと思います。

私たちの期待は、頭の中で作り上げた理想的な世界にすぎません。しかし、現実は違います。英語の学習は時間がかかりますし、その過程は決してスムーズではないのです。それは山登りに似ています。登山道は時に急で滑りやすく、頂上までの道のりは遠く、足元を見ると崖が広がっています。それでも、我々は頂上を目指して進むことを選びます。

なぜなら、その道のりこそが、我々自身を形成する重要な過程だからです。英語が話せないという現実に直面した時、自分を「バカ」と罵ったり、早く日本に帰りたいと思うのではなく、自分自身の成長過程を理解し、自分を受け入れることが大切です。そして、その壁を乗り越えるために必要な努力を惜しまないことが、本当の学びと成長につながるのです。

留学中にうつ病だと?他人事ではない8つの原因


友達不在:英語が話せず、友達が作れず、一人ぼっちの留学生活

先ほどは英語の壁というテーマに触れましたが、今回はその壁がどのように私たちの人間関係に影響を及ぼすか、具体的にお話ししたいと思います。それは「友達不在」という問題です。英語が話せないことが原因で、友達が作れず、一人ぼっちの留学生活を送ることになることがあります。これも留学中に帰りたいと思う原因となるでしょう。

留学生活の醍醐味の一つは、新しい友達を作ることですよね。新しい文化に触れ、異なる背景を持つ人々と交流することは、私たちの視野を広げ、深い理解と学びをもたらします。しかし、英語がうまく話せないと、そのチャンスは台無しになってしまいます。友達は欲しいけど、言葉の壁が邪魔をして、なかなか友達が作れない。それは、まるで透明な壁に囲まれ、手を伸ばしても触れることができないような感覚です。

また、仮に友達のような人ができても、その関係性が表面的なものであることもあります。深い話をしたいけど、自分の思いをうまく英語で表現できない。悩みや不安を打ち明けたいけど、その言葉が見つからない。そういう時、私たちは強い孤独感を感じることでしょう。また、理解者がいないという事実が、私たちの心に深い傷をつけるでしょう。

このような孤独感は、日本に帰りたいという気持ちを強くさせます。自分の言葉で自由に話せる友達がいる場所、自分の思いを理解してくれる人がいる場所へと、心が引き寄せられるのです。

しかし、この困難を乗り越えることは、決して不可能ではありません。何よりも大切なのは、自分自身を信じ続けることです。英語が話せない今の自分を否定するのではなく、これから英語を学び、友達を作るための努力を続けることが重要です。

また、言葉の壁を乗り越えるためには、積極的にコミュニケーションを取ることが大切です。まずは簡単な挨拶から始めてみましょう。それが友情の第一歩になることもあります。そして、自分がうまく英語を話せないことを恐れずに、自分の考えや感情を伝える努力をしましょう。そうすることで、他の人々もあなたに対して理解を示すようになります。

最後に、自分一人で「早く帰りたい」と悩まずに、周りの人々に助けを求めることも重要です。学校のカウンセラーや先生、または他の留学生と相談することで、新たな視点や解決策を見つけることができます。そして、一人ぼっちではないということを再認識することができます。

一人ぼっちの留学生活は、確かに孤独で辛いものです。しかし、それはあなたが「友達ができない人間」だという証ではありません。それはあなたが新しい言語と文化を学ぶという挑戦の中で、自分自身を見つめ直す機会を与えられているだけなのです。

友達不在の留学生活は、自分自身と向き合う時間として捉えてみましょう。そして、その経験を通じて、自分自身をより深く理解し、自己肯定感を高める力を身につけましょう。その結果、あなたは英語を使って自己表現する能力だけでなく、人間関係を築く力も身につけることができるでしょう。

あなたが自己否定感に苛まれ、友達ができないと悩んでいるなら、その感情を受け入れ、それを乗り越える努力をしましょう。帰りたいと考えるのではなく、どうしたら現状が良くなるか考えるのです。あなたは一人ぼっちではない。あなたはただ、成長するための道のりを歩んでいるだけなのです。そして、その道のりを歩むあなたを、私たちは応援しています。

社会人留学は辛い?リアル悩みをお話しします。


失われた目的:留学の目的を見失い、帰国を夢見る日々

留学生活が始まると、多くの人が自分が何のために来たのかわからなくなってしまいます。留学前には、色とりどりのポジティブな想像が膨らんでいたでしょう。「最初の数ヶ月で英語がペラペラになって、そしたら外国人の友達と毎日キラキラした生活を送る」「英語の勉強をしつつ、将来のために動画制作やプログラミングを学ぶ」「現地でバイトをしてみる」など、充実した留学生活を夢見ていたはずです。

しかし、現実はそう甘くありません。英語が上手く話せないことで、すべての想像は打ち砕かれ、自分が何のために留学しているのかわからなくなってしまうことがよくあります。このような状況に陥ると、自分は何も成し遂げられないでいるのではないかという焦燥感や、悔しさから逃げ出したくなる気持ちが湧き上がってきます。それが、帰りたくなる原因となるのです。

しかし、ここで大切なのは、自分が留学中に迷いや苦悩に直面しても、それが成長の過程であることを理解することです。英語ができないことで失われた目的を取り戻すためには、まずは帰りたい帰りたいと考えるのではなく、自分がどんな理想を持って留学に来たのか、そして現状でどんな困難に直面しているのかを整理しましょう。

そして、自分が留学中にどんなスキルを身につけたいのか、どんな経験をしたいのかを再度明確にして、その目標に向かって努力することが大切です。英語が話せないことで挫折を感じても、それを乗り越える力を持っているのがあなたです。そして、その力を信じて、自分の目標に向かって歩み続けることが、帰りたいという感情を消し、留学の目的を見失わないための方法です。


遭遇する差別:アジア人として受ける冷たい視線と差別

留学生活は、多くの人にとって初めての経験であり、新たな挑戦であり、そして時には新たな困難でもあります。そして、その困難の一つが、アジア人としての差別体験です。

留学先には、さまざまな人がいるのが現実です。なかには、心無い人もいて、アジア人をバカにしたり、酷い場合には物を投げてくるような人もいるのです。多くの場合、露骨にアジア人差別をするのは低所得者層であり、彼らは自分が白人であること以外に誇れるものがないからなのかもしれません。日々の鬱憤を晴らすためにアジア人差別をするので、ある意味で彼らは可哀想な人たちではあります。

しかし、そういった事情を理解していても、自分が直接差別の対象となったとき、そのショックは計り知れません。そして、自分が何も悪くないのに、単に自分の人種や出身地によって不適切な扱いを受けると、日本に帰りたいと強く感じるのは当然のことです。

差別というのは、非常に厳しいもので、一度体験すると、その痛みはなかなか忘れられません。しかし、それでも我々が留学生活を通じて得られる経験や学びは、その困難を乗り越える価値があると私は思います。

また、差別に直面した時には、帰りたいという感情に飲み込まれるのではなく、その体験を周囲の人々や学校のカウンセラーなどに打ち明け、支援を求めることも大切です。差別は絶対に許されるものではなく、その事実を共有し、認識を広げることで、社会全体の問題として取り組むことが必要です。

留学は、新たな文化や価値観と触れ合い、自分自身を深く見つめ直す機会です。その過程で遭遇する困難や挑戦、そして差別といった問題に立ち向かうことで、私たちは自分自身を高めていくことができるでしょう。


ホームシック:家族や友達と過ごす特別な日の寂しさ

留学生活の中で、一番苦しく帰りたいと思う時期は、祝い事の時だと思います。年末年始やクリスマス、誕生日など、家族や友達と一緒に過ごす特別な日に、自分が遠く離れた地に一人でいると感じると、胸が締め付けられるような寂しさが襲ってくるのです。

日本にいるときは、年末年始は家族と一緒に過ごし、クリスマスや誕生日は友達と過ごすことが多いでしょう。しかし、留学したての頃は友達もおらず、誰かとイベントごとを一緒に祝うのが難しい場合もあります。そのような時、あなたが日本に帰りたいと強く感じるのは、全く当然のことです。

あなたの心の中に湧き上がるホームシックは、ほとんどの留学生が経験するもので、留学生活の一部とも言えます。それは、あなたが家族や友達を深く愛している証拠でもあります。その思いが強ければ強いほど、ホームシックの感情も強くなるでしょう。

しかし、そのような寂しさを抱えながらも、留学生活を通じて新たな友人を作り、留学先の文化を学ぶことで、その寂しさを少しずつ克服していくことができます。そして、それはあなたの成長の一部となり、留学生活を豊かなものにしてくれるはずです。

留学生活は、新たな環境に適応し、自分自身を見つめ直し、自分の強さを発見する機会です。そして、その過程で感じるホームシックは、あなたが日本という国、家族や友達をどれだけ大切に思っているかを再認識する良い機会でもあります。それを忘れずに、留学生活を楽しんでください。


悪夢のホームステイ:我慢の限界を超えるホストとの同居生活

ホームステイは、留学生活の醍醐味の一つであり、異文化交流の絶好の機会です。しかし、ホームステイ先が最悪だと、留学生活は一転して悪夢に変わることもあります。

ホームステイ先は本当に運次第。ホームステイ先がどのような場所なのか、ホストがどのような人物なのかは、いってみないとわからないのが現実です。私自身も留学生活の初めの1ヶ月間はホームステイを経験しましたが、幸いにも良いホストに恵まれました。しかし、そう運良くいいホストに当たる人ばかりではないのも事実です。

中には、家庭のルールが厳しすぎて息が詰まるようなホームステイ先もあるでしょう。食事の時間や外出の時間、使用できる場所やアイテムに厳しい制限があったり、プライバシーが保たれないこともあるかもしれません。さらに、ホストの人間性自体に問題がある場合、毎日一緒に過ごすこと自体が苦痛に感じることもあるでしょう。

そのような時、「なんでわざわざお金を払って、こんな辛い体験をしているんだろう?」と思い、日本に帰りたいと強く感じることでしょう。ホームステイは、異文化を理解するための一つの手段であり、留学生活の一部ですが、それが苦痛でしかない場合、留学生活の価値を見失うこともあるでしょう。

だからこそ、ホームステイ先を選ぶ際には、事前の情報収集やホームステイエージェンシーとの良好なコミュニケーションが重要となります。ホームステイがあなたの留学生活を豊かなものにするためにも、ネガティブな経験に打ち勝つためにも、情報収集とコミュニケーションに力を入れてください。本当に、ホームステイ先が最悪だと帰りたくなります。


地獄のシェアハウス:ストレスの源となるシェアハウス生活

シェアハウス生活には、輝かしきイメージがあるかもしれません。新たな友達を作り、文化の違いを共有し、互いに刺激を与え合いながら、一緒に成長する。しかし、実際には、シェアハウスは何らかのストレスにさらされる場所でもあるのです。

冷蔵庫に入れた食べ物が勝手に食べられたり、夜遅くまで騒がしくパーティーを開催する人がいたり、掃除のローテーションを無視する人がいたり。これらは、シェアハウス生活で遭遇する可能性のあるストレスの一部です。そして、これらのストレスが積み重なると、「もう日本に帰りたい」と思う日もくるでしょう。

私自身も留学中にシェアハウスを経験しました。そして、その経験から言えることは、お金があるなら、二度とシェアハウスを選ぶことはないということです。もちろん、シェアハウス生活には良い面もあります。しかし、それを上回るストレスがある場合、それはもはや良い選択とは言えません。

シェアハウスを選ぶことは、自己管理能力と他人との共生能力を試される場でもあります。そして、それはすなわち、留学生活そのものの試練でもあります。しかし、その試練があまりにも厳しく、ストレスが積もり積もってしまったときには、日本に帰りたいという感情が湧き上がることでしょう。

だからこそ、シェアハウスを選ぶ際には、自分自身がどの程度のストレスに耐えられるのか、自己認識を持つことが大切です。そして、何よりも大切なのは、自分自身が留学生活で何を得たいのか、その目標を明確に持つことです。それが、留学生活の難しさに立ち向かう力となり、あなたを支えてくれることでしょう。


食事の問題:現地の食事に馴染めず、日本食が恋しい

留学生活の中で思いもよらぬ困難が立ちはだかることもありますが、その一つがなんといっても食事の問題です。現地の食事が合わないというだけで、心の中に「帰りたい」という思いが渦巻き始めることも少なくないのです。

私自身、留学前には「食事くらい大したことないだろう。何なら1年くらいずっと洋食でも問題ない」と軽く考えていました。そして実際、食事に関しては特に問題に感じることはありませんでした。しかし、それはあくまで私の経験であり、実際には、特に大人の間で現地の食事に馴染めず日本食が恋しくなるという人は多いのです。

海外にも日本食レストランは存在しますが、その品質と価格にはしばしば大きなギャップがあります。本当に美味しい日本食を食べようと思ったら、その価格は非常に高額になることが多いのです。それでも節約しようと思って安い日本食レストランを選んだところで、そこで提供されるのは日本食と名ばかりの、味も見た目もお粗末な料理だったりします。

そうした経験を重ねるうちに、「なんでこんな遠くに来てまで、こんなまずいものを食べなきゃならないんだ」と、帰国を強く願うようになるのは当然の反応かもしれません。そして、この食事の問題は、留学生活の中で予想外のストレスとなり、心に深い影を落とすことになるのです。


自己防衛:風邪をひいた時、誰も助けてくれない孤独感

留学生活の中で経験するさまざまな困難の一つに、自己防衛の問題があります。そしてその中でも特に辛いのが、体調を崩したときの孤独感。この感覚は、まさに「帰りたい」という思いを募らせます。

風邪を引いたとき、特に一人暮らしの経験がある人なら誰しもが経験したことがあるでしょう。そのひどい頭痛と身体のだるさ、そして何より誰も助けてくれないという無力感。自分はもしかしたらこのまま…という恐怖すら感じることもあるでしょう。

留学生活でも、同じような感覚に襲われることがあります。風邪を引いたとき、家族や友人がすぐに駆けつけてくれる日本とは違い、留学先では自分一人で病状に立ち向かわなければならないのです。その時、自分一人ではどうにもならない孤独感と無力感が、一時的ではあるものの、「帰りたい」という思いを強くさせるのです。

このような体験は、留学生活の中で得られる貴重な経験でもありますが、その一方で、自分の心と体をしっかりと守ることの重要性を教えてくれます。そして、そのことを理解し、乗り越えることで、自分自身がさらに成長していくことでしょう。

留学中に帰りたいと思った時の解決法2選


暇な時間を作るな:時間を有効に活用しよう

「暇な時間」、この言葉に、どんなイメージを抱きますか? 留学生活の中で暇な時間を持つということは、それだけでなく、さまざまなネガティブな感情を引き寄せる可能性があります。それは、なんと言っても「帰りたい」という思いです。

英語の勉強に没頭したり、自己啓発のためにプログラミングや動画制作に時間を使うなど、自分を成長させる活動に時間を投資することで、暇な時間を作らず、帰りたいという感情を遠ざけることができます。時間を有効に使うということは、自己成長への道のりを切り開くということです。

ちなみに、あなたが帰りたいと悩んでいる時間、テスラを創業したイーロン・マスクは1日16時間働いています。彼は私たちより何倍も優秀で、それだけの時間を仕事に投資しています。彼が無駄な悩みに時間を使うことは、ほとんどないでしょう。だからこそ、彼は自分の目標に向かって進み続けています。

もし、あなたが「帰りたい」と思ったとき、その感情は、実は「暇だから」ではないでしょうか? その感情を抱く前に、時間を有効に使ってみてはいかがでしょう。そして、自分の時間をどう過ごすかを見つめ直し、自分を成長させるための時間を作りましょう。それが、「帰りたい」を「帰りたくない」に変える鍵となるかもしれません。


目標を持て:自分の目指すべき方向を見失わないように

目標、この言葉はあなたにとってどんな意味を持つでしょうか? 「帰りたい」という感情は、その多くが目標の欠如から生まれるものだと私は考えています。だからこそ、「目標を持つ」ということが、あなたを引き締め、引き返す気持ちを消す鍵となるのです。

再び、テスラの創設者であるイーロン・マスクの話に戻りましょう。彼の目標は何と、2035年までに人類を火星に移住させることです。そのための行動、そのための努力、そのための策略…彼の全てがこの目標に向かって動いています。そして、この巨大な目標を持つことで、彼が他のことで悩む時間はほとんどないのです。もし悩むとしたら、それは解決するか、悩むのをやめるかの二択しかありません。なぜなら、その悩みは火星移住という大きな目標と比べれば小さなものだからです。

それでは、あなたはどうでしょうか? 留学中に「帰りたい」という感情が小さく感じられるほどの、大きな目標を持っていますか? もしまだ持っていないのなら、今すぐにでも見つけることをおすすめします。その目標が、あなたの「帰りたい」を「帰りたくない」に変える強力な力となるでしょう。

留学は究極の無駄?!無目的な留学の罠

おわりに


留学という経験は、時には難しく、対応するのが困難な状況に直面することもあります。しかし、その困難を乗り越えることで私たちは成長し、自分自身をより深く理解することができます。

私が今日共有した経験や意見が、少しでも皆さんの留学生活を円滑にし、充実したものにする手助けとなれば幸いです。留学は個々の目標や夢を追求するためのプラットフォームであり、それは時には挑戦的であるかもしれませんが、それが私たちを成長させ、より強く、より賢くする原動力となります。

そして最後に、どんなに遠くに旅立っても、どんなに困難な状況に遭遇しても、自分自身を信じて、目標に向かって前進し続けてください。それが皆さんが留学生活で得る最も価値ある教訓となるでしょう。

この記事が皆さんの留学生活にとって有益な情報源となり、新たな視点を提供し、そして何よりも希望を与えることができれば、これほど嬉しいことはありません。それでは、皆さんの留学生活が実り多きものとなりますように。最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

留学で学べること13選:経験者のみが見える世界

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X