ENGLISH WORK公式

留学で学べること13選:経験者のみが見える世界

  • 投稿日時:8か月前

今回は、私の「留学から学べること」シェアしたいと思います。留学と聞くと、刺激的な新しい経験、新しい友達、そしてもちろん新しい言語の習得など、多くのポジティブなイメージが浮かびますよね。

しかしながら、その裏にはなかなか語られないリアリティーも存在します。そこで、今回のブログでは、一般的な留学生活の楽しさだけでなく、あまり語られないネガティブな面にも焦点を当ててみたいと思います。

留学を経験した私たちは、日本だけでなく、海外で生活する能力や自己変革の可能性、さらには日本社会の見えないルールについて深く学ぶ機会を得ました。それらを体験することで、自分自身の価値観を再評価し、人生観を深めることができるのです。

このブログを通じて、留学という経験が私たちにどのような影響を与えるのか、そしてそれが日本という国と私たちにどのような学びを与えるのか。留学を考えている方、留学生活を送っている方、そして留学経験者の方々にとって、共感や新たな視点を得るきっかけになれば幸いです。

それでは、一緒に私の留学体験を通じて得た多角的な視点を探求していきましょう!


留学で学べること13選

学べること1:留学による問題解決法の学習

留学。あの言葉だけで胸が高鳴る人もいれば、ゾッとする人もいるでしょう。それは何もかもが未知数だからです。親元を離れ、言葉が通じない土地での生活。それはまさしく未踏の領域です。学校の先生や親がいつも手助けしてくれていたことを、一人でやらなければならない。ビザの更新手続きからシェアハウス探し、賃貸契約、銀行口座開設など、全部自分でやらなければならない。英語が通じない状況でこれらをやるのは、まさに骨の髄まで苦しい。でも、その苦しさの中から学べるものがあるのです。

それは、何といっても「汎用性の高い問題解決法」。何かといえば、それは「気合い」です。留学中、言葉の壁や文化の違い、さまざまな問題に直面します。しかし、現地では「そんなこと言ってたって誰も助けてくれない」のが現実です。恥を恐れず、とにかく突進するしかありません。

“大半の問題は「めんどくさそう」「嫌われたらどうしよう」「恥をかいたらどうしよう」という精神的なハードルに阻まれています。でも、それを超えるための最大の武器が「気合い」なのです。だから、留学を経験することで、その「気合い」がどれほど強力な力なのかを実感できます。そして、その力は何にでも使えるのです。それはまさに汎用性の高い問題解決法です。

実際に留学を経験した人なら誰もが感じることでしょう。「大抵のことは気合いでどうにかなるな」と。それはまさに画期的な発見です。なぜなら、その気合いさえあれば、大半の問題を解決できるからです。そして、それが留学によって学べる最大の収穫なのです。

留学は決して楽な道ではありません。しかし、その先にあるものは計り知れないほどの価値があるのです。


学べること2:一歩踏み出す勇気とその恩恵

留学は、一歩踏み出すだけで巨大な恩恵が得られるゲームだと言えるでしょう。まるで巨大なコインを賭けるカジノのようです。最初は、興奮と不安が交錯する心情で「怖い」と感じるでしょう。しかし、一歩を踏み出す勇気さえあれば、その先にある恩恵は計り知れないものがあるのです。

なぜなら、一歩踏み出すことで学べるものは、単なる英語力や異文化理解だけではないからです。それは、自分自身の成長、自己信頼の向上、広がる視野、そして何よりも新たな人生の可能性、これら全てが一歩を踏み出すことで手に入るのです。

確かに、海外での生活は予想外の困難やトラブルに見舞われることもあるでしょう。しかし、それらの困難さえも経験することで、自分自身の成長を感じることができます。また、困難を乗り越えることで得られる自信は、自分の人生をより強く、より明るく照らす光となるでしょう。

「何が得られるか分からない」「どんなリスクがあるかもよくわからない」。でも、それでも一歩踏み出してみる。その結果として何かを得られたとき、その一歩踏み出すことの重要性を学べることでしょう。

そして、この経験は留学だけに限りません。自分が新しい事業を始めるとき、新たな分野に挑戦するとき、未知の道を進むとき、どんな場合でもこの「一歩を踏み出す勇気」は強力な武器となります。

だからこそ、留学は一歩踏み出すだけで勝てるゲームなのです。あなたもその一歩を踏み出して、未知の世界への扉を開けてみてはいかがでしょうか。その先に広がる可能性と成長は、きっとあなたの人生を豊かに彩るでしょう。


学べること3:視野を広げる重要性とその恩恵

留学するということは、文字通りの意味で地平線を広げることです。その経験は、あなたの視野を一気に広げ、あなたの世界を大きく変える可能性があるのです。日本で生まれ、日本で育ち、日本の文化と価値観に浸透していると、世界の広さや多様性に気づきにくいのが現実です。しかし、一度海外に飛び出してみれば、その視界は一変します。

海外での生活は、日本でのそれとは全く異なる経験を提供します。それは新しい文化、新しい人々、新しい価値観との出会いを意味します。それら全てがあなたの視野を広げ、あなた自身の成長を促すでしょう。

留学によって得られる視野の広さは、ただ広いだけではありません。それは深さも含んでいます。現地で生活をする中で、異なる文化や価値観に触れ、それらを理解し、受け入れることにより、あなたの視野は深くなるのです。

そして、視野を広げることで得られる恩恵は計り知れません。あなたが他人の価値観を理解し、尊重することで、他人との関係性が深まるでしょう。そして、異なる文化や価値観に対する理解が深まることで、自分自身の視野が広がり、より多様な視点から物事を見ることができるようになるでしょう。

それは、あなたが自分自身の世界を広げ、自分自身の人生を豊かにするための重要な一歩です。留学はその一歩を踏み出す最高のチャンスと言えるでしょう。視野を広げ、深め、そして自分自身を成長させるチャンスを、ぜひ手に入れてください。あなたの人生は、その一歩によって大きく変わることでしょう。


学べること4:留学から学ぶ日本の欠点と可能性

留学の醍醐味は、何と言っても新しい視点から自国を見ることができる点ですよね。日本には、海外から学べるものがたくさんあるのです。留学生活は、それを身を持って体験し、理解するための最高の場と言えます。

海外に飛び出すと、自国がどれだけ独特な存在であるかを思い知らされます。その多くが、「日本も取り入れた方がいいな」と感じるような素晴らしいもので、それが海外生活の最大の魅力の一つです。それは、新しい文化、新しい価値観、新しい思考法など、日本ではなかなか体験できないようなものです。

一方で、それらに触れることで、日本の欠点も見えてきます。日本の文化や制度、考え方に固執しすぎて、新しい視点や可能性を見逃していることに気づくことでしょう。それは、留学生活を通じて見えてくる、日本の成長のための課題とも言えます。

しかし、それらはすべて、日本の可能性を示しています。新しい視点を取り入れ、日本が持つ欠点を克服し、さらなる成長を遂げるためのヒントを、海外で学ぶことができるのです。それは、帰国後のあなたの生き方に間違いなく影響を与え、新たな可能性を切り開く力となるでしょう。

だからこそ、留学はあなたにとって、自国を見つめ直し、自国の欠点と可能性を理解するための貴重な機会となるのです。それは、日本が更なる発展を遂げるための一歩となり、あなたが日本という国をより深く理解し、愛するきっかけとなるでしょう。


学べること5:日本人の感情劣化問題への一石

留学という経験を通じて、人間的に成長することで、日本人の感情が劣化している現状を学べるかもしれません。インターネットやSNSの発展は驚異的でありながら、その裏では、人々が他人と自分を比較することでしか幸せを感じられないという、悲しい状況に陥っています。

自分が他人よりも優れていなければならないという強迫観念に囚われ、感情が鈍化し、人間性が劣化していく。これは日本社会の悲痛な現実なのです。留学を経験すると、そのような現実がより鮮明に見えてきます。異なる文化や価値観に触れ、自分自身を成長させることで、この感情の劣化に気づくでしょう。

留学生活で得た視点から、日本社会の問題を客観的に見つめ、感情の劣化が起こっている原因を理解することができます。なぜ日本人の感情が劣化しているのか、その理由を探求し、問題に対する理解を深めることができるでしょう。

日本人の感情劣化問題に一石を投じ、その問題解決に向けた手がかりを見つけることができれば、それはあなた自身、そして社会全体にとっても大きな一歩となるでしょう。留学生活を通じて得た知識や経験が、日本社会の問題解決に繋がる可能性を秘めています。それこそが、留学の真の価値であり、その経験があなた自身と社会を豊かにする一助となることでしょう。

日本脱出した方がいい9の理由:愚民化からの解放


学べること6:自己信頼の重要性とその育成方法

留学は、自分自身を信じることの重要性を教えてくれます。留学という経験は、まるで光が見えない暗闇の中を走るようなもの。英語をペラペラに話せるようになりたいという目標はあるものの、毎日勉強しても一向に成長を実感できない日々が続くかもしれません。

自分がやっている勉強が本当に正しいのか、それが自分に合っているのかさえもわからない。そんな不確実性に包まれた状況の中でも、自分を信じて学び続けなければなりません。それが留学生活の一部なのです。

それが数ヶ月続けば、ある日突然「あれ、なんだかんだで結構話せるようになっているな」と気づくでしょう。そして1年が経った頃には、留学初期には想像もできなかったほど英語が話せるようになっているでしょう。

この経験があなたに教えてくれることは、自分を信じて突き進むことの重要性です。自分に自信を持つこと、自分の力を信じることの大切さを知ることができます。

留学生活は厳しいかもしれません。しかし、その厳しさの中で、自分を信じて前に進むことの大切さを学ぶことができます。自己信頼の重要性を学び、それを自分自身の成長に繋げることができるのです。

これが、留学がもたらす自己信頼の育成方法であり、その価値でもあります。あなたが留学生活を通じて学んだ経験や自己信頼は、今後の人生においても大きな力となることでしょう。


学べること7:留学による「センターピン」掴みの力の習得

あなたが留学を通じて学ぶことの一つに、「センターピン」を掴む力があります。センターピンとは、物事を進める際に最も影響力が大きく、他の要素を動かす中心的な部分のこと。言い換えれば、物事の本質を見抜く力が求められるのです。

留学中に英語の勉強に必死になったり、何か目標を達成するために奮闘する中で、この本質を見抜く能力が自然と身についていきます。そしてその力は、留学後もあなたの人生において重要な力となるでしょう。

さらに、留学では世界を見る機会が増え、さまざまな国の人々と交流することで視野が広がります。その結果、全体を見渡せる視野が養われます。全体を見渡せる人は、どの部分を動かせば全体に大きな影響を与えられるか、つまり、物事の「センターピン」が何かを見抜くことができるのです。

しかし、これらのスキルを獲得するためには、無数の困難を乗り越える必要があります。語学の壁、文化の違い、孤独感…これらを乗り越えることで初めて、あなたは「センターピン」を掴む力を獲得するのです。

だからこそ、留学は辛いときもあるかもしれません。しかし、それを乗り越えたとき、あなたは自分自身の成長を実感することができるでしょう。それが留学による「センターピン」掴みの力の習得なのです。


学べること8:アイデア作りの新たな視点

留学生活は、新たなアイデアの種を見つける絶好の場となるのです。我々が思い描くアイデアとは、常に新鮮で未知のものという誤解がありますが、真実はそうではありません。アイデアの多くは、既存の要素を組み合わせて生み出されるもの。そのうえで重要なのは、その要素をどのように組み合わせるか、という視点です。

AI技術、例えばChatGPTのようなものがアイデアを出すのが得意なのは、膨大な情報を組み合わせる力に長けているからです。そして、その能力を最大限に発揮するためには、新しい情報や視点を得ることが不可欠です。これが留学の力を最大限に発揮する一つの方法であり、その中であなたは新たなアイデアの作り方を学ぶことができるのです。

留学は、新たな文化や価値観、そして新たな視点を得る機会を提供します。あなたが海外で「これが日本にあったらいいのに」と思うものを見つけたとき、それは新たなアイデアの種を見つけた瞬間でもあるのです。

しかし、その種を見つけるまでの道のりは容易ではありません。語学の壁、文化の違い、そして留学生活の困難など、乗り越えなければならない障害は数多くあります。しかし、その困難を乗り越えた先には、新たな視点という名の宝物が待っているのです。

あなたが留学を通じて得た新たな視点が、新たなアイデアの種を見つけ、そしてそれを花開かせる力になるでしょう。それが留学による「アイデア作りの新たな視点」の獲得なのです。

留学帰国後の起業への道は薔薇色か悪夢か?


学べること9:留学生として経験するアジア人差別

留学生活は、新たな視点を得るとともに、世界の厳しい現実を目の当たりにする場でもあります。そんな中でも、我々が見逃してはならないのがアジア人差別という問題です。

皮肉なことに、多くの日本人が自国を「最強の国」と誤解している一方で、海外では日本は単なるアジアの一国と捉えられています。日本の技術力、経済力、文化力は世界中で認められていますが、それが必ずしも我々に対する理解と尊重につながるわけではないのです。

海外での生活の中で、日本人が同じアジア人として他国民と同等、あるいは時には下に見られることもあります。我々の人種、言語、文化が異なる他のアジア諸国と一緒くたにされ、時には中国人と誤認され、無礼な言葉を浴びせられることさえあります。それは明らかなアジア人差別であり、我々が目を背けてはならない現実です。

これらの経験は辛いかもしれませんが、留学生として海外で生活することで、我々はアジア人差別の存在を実感し、理解することができます。それは留学の価値ある一部であり、異文化理解と人間性の成長につながる大切な学びです。

社会人留学は辛い?リアル悩みをお話しします。


学べること10:留学後の現実 – 人生は簡単には変わらない

留学に魔法のような力を求める人々がいます。「海外で新たな人生をスタートさせれば、すべてが変わる」という考え。だけど、それは甘い夢話に過ぎません。留学したからといって、人生が一変するわけではないのです。

ここで伝えたいのは、留学が人生を一変させるマジカルなツールではないということ。留学はあくまで「きっかけ」であり、自分自身の行動と意志が人生を変える本当の力源です。

留学を経験すると、自分の人生に大きな変化が訪れることを期待していたものの、現実はそう甘くはありません。英語がペラペラになったところで、自分の性格や価値観が一変するわけではない。海外で多くの人々と交流したところで、自分の向き合うべき問題が解決するわけでもない。

留学という経験が自分を変えるのではなく、それをどう自分の成長につなげるかが大切。留学はあくまで一つの手段であり、それを通じて何を得るか、どう活用するかが問われるのです。人生を変えるのはあなた自身だけ。それを忘れないでください。


学べること11:英語力と人生の変化 – 英語の真実

留学から帰国し、英語力がアップした自分を見てみると、何か大きな変化があると期待してしまうものです。しかしここで一つ、現実的な視点をお伝えしなければなりません。英語が話せるようになったからといって、人生が一変するわけではないのです。

英語が話せるということは、世界的に見て特別なスキルではありません。世界には英語を母国語とする人が数億人もいるのですから。あなたが英語を話せるようになったところで、他の多くの人々と同等のレベルに達しただけ。特別な評価がもらえるわけではありません。

また、日本に帰国したら英語のスキルをどの程度活用できるのでしょうか?一部の仕事では役立つかもしれませんが、多くの場面では日本語が主で、英語の機会は限られています。

そして、英語力が上がったからと言って、給料が自動的にアップするわけでもないのです。それは自分のスキルや経験、企業の評価によるもの。英語力だけが全てを決定するわけではないのです。

これは否定的な視点ではなく、現実を直視する視点。英語力が人生を一変させる魔法の杖ではないということを理解することで、より現実的な目標設定と努力ができるようになります。英語力は大切なスキルですが、それだけで人生が変わるわけではない。その事実を忘れないでください。

【悲報】社会人留学で失敗!過ちを犯さないために知っておくべきこと


学べること12:日本社会の見えないルール – 留学からの視点

日本の社会は、見えないルールに支配されていることに、留学経験者はより敏感になるでしょう。日本で生活していると、そのルールが当たり前すぎて気づかないこともありますが、海外で自由な空気に触れて暮らしていた人は、帰国後に目が覚めるような瞬間があることでしょう。

外国では個人主義が尊重され、その結果、ルールが緩やかであることが多いです。しかし日本では、気づかないうちに様々な暗黙の了解や約束事が存在しており、それらに従わなければならないプレッシャーを感じることがあります。

これらの見えないルールは、海外生活を経験した人にとって、息苦しさを感じさせるかもしれません。しかし、それを学ぶことで、日本社会の構造や文化について深く理解することができるでしょう。また、それをきっかけに日本の伝統や独自の美意識を再評価することができるかもしれません。

留学経験者は、外国で得た視点を持って、日本の見えないルールを客観的に捉えることができます。その結果、日本社会のあり方を問い直すことができるかもしれません。そして、そこから新たな価値観や考え方を生み出し、日本社会に変革を起こす可能性を持つのです。

留学を通じて学んだことは、日本社会の見えないルールを再検討し、さらに豊かな文化や価値観を創造するための糧となるでしょう。今後、留学経験者が日本社会において、より積極的な役割を果たすことが期待されます。

おわりに


これまでの記事で、私が留学経験を通して得た様々な視点や学び、そしてその裏に隠れたネガティブな面についてお話ししてきました。留学は決して一筋縄ではいかない挑戦であり、時には困難に直面することもあるでしょう。しかし、その中で得られる自己変革や新たな視点は、人生において非常に貴重な経験となります。

私たちが留学で学んだことは、日本だけでなく、世界中のさまざまな文化や価値観に対して理解や共感を持つ力を育むことができます。また、自分自身を見つめ直し、成長する機会でもあります。

最後に、留学を検討している方や、すでに留学生活を送っている方に向けて、この記事が少しでも参考になり、勇気づけられるものであれば幸いです。留学という経験は、必ずしも人生を一変させる魔法の力ではありませんが、自分自身を成長させるための貴重なきっかけとなることでしょう。

留学は意味ない?無目標で留学した人の末路

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X