ENGLISH WORK公式

留学から日本に帰りたくない10の理由と解決策!

  • 投稿日時:8か月前

皆さん、こんにちは!今日はちょっと身近なテーマ、でも非常に重要な話題について話をしましょう。それは「帰りたくない」問題です。

留学って、素晴らしい経験ですよね。新たな文化に触れ、新しい言語を学び、世界中から来た人々と出会い、自分自身の視野を広げる。でも、その素晴らしい経験が終わろうとするとき、さて、次に何をすればいいのでしょう?

心から留学先の国が好きで、もっと留まりたいと思っていても、ビザの期限が迫ってきたり、学費が尽きてきたり、学校の休学期間が終わると、避けて通れない問題が立ちはだかることでしょう。

この記事では、そんな「帰りたくない!でも帰らなきゃ!」というジレンマに陥った留学生の皆さんに向けて、さまざまな解決策を提案します。それぞれの選択肢のメリット、デメリット、実現するために必要な手続きや条件などを詳しく解説します。

そして何より、この記事を通じて、皆さんが自分自身の心と対話し、自分にとって最善の道を見つけ出すお手伝いができればと思います。これからも、どんな状況でも、留学生活を楽しく充実したものにするためのヒントを提供していきますので、どうぞお楽しみに!


留学から帰りたくない!その熱烈な6つの理由

「これが私の居場所だから!」:新たな友達、新たな生活

こんにちは、皆さん。今日はある感情について語りたいと思います。それは、「帰りたくない」という感情。そう、留学生活の中でふと頭をよぎるこの思い、私たちが遠くの地で自分の居場所を見つけた瞬間に湧き上がる感情です。

あなたが最初に留学に出発した時、覚えていますか?恐らく、お別れの瞬間は泣きながら日本を離れた方もいるでしょう。胸を締め付けるような切なさ。しかし、時間が経つにつれ、その辛さは少しずつ薄れていき、あなたは新たな友達、新たな生活を見つけ、そして「これが私の居場所だ」と感じたのではないでしょうか。

それは、あなたが現地の人々、外国人の友達と深く関わり、留学先の社会の一員になった証拠です。朝食を共にしたり、休日を一緒に過ごしたり、学校や仕事で共に奮闘したり。そんな日々を重ねていくうちに、いつしか日本から離れるのが辛かったあの時とはうって変わって、今や留学先から離れることが想像できない、それが現実になるなんて思いもよらないでしょう。

私たちが留学先で感じるこの「帰りたくない」という感情は、自分が属するコミュニティ、そしてその地で形成された自身の生活への深い愛情から来るものです。あなたがこの地で出会った人々、経験したこと、学んだことがあなた自身を成長させ、人間としての視野を広げたのです。そして、それが「あなたのもう一つの居場所」を作り出しました。


「もう少しでペラペラになれるはず!」:英語力の急成長

そう言えば、留学を始めた頃、英語につまずいていた自分を思い出しますか?会話が思うように進まない不安、言葉が出てこない焦り。それでも努力を重ね、じっくりと英語力を鍛えてきたあなた。今ではコミュニケーションもスムーズになり、あの時の自分からは想像もつかないほど英語力が伸びたのではないでしょうか。

そして、ここで新たな感情が湧き上がってきます。「もう少しでペラペラになれるはず!」。だから、帰国するなんてまだ早い、そう思う人が多いのも事実。これまでの努力が実を結び、英語力が上達するたびに、更なる飛躍を期待してしまう。それが、帰りたくないと感じるもう一つの理由です。

これは留学生なら誰しもが感じる感情でしょう。特に、半年や1年という短い期間で自分の英語力が劇的に上がった人。あの時は英語が出来なさすぎて涙した日々も、今では遠い昔のことのよう。そこからさらに進歩を遂げ、もうすぐペラペラになれるはず、という期待感が膨らむ。

しかし、そこで待っているのが帰国の時。何とも皮肉なものですね。それほどまでに頑張ってきた自分にとって、これ以上の成長を望む心が帰りたくないという感情を生み出します。だって、これからどんどん英語力が伸びるはずなのに、それを止めてしまうのは勿体ない、そう思うのが当然でしょう。


「日本の働き方、もう嫌だ!」:海外の働き方に目覚めてしまったあなたへ

そういえば、海外の働き方って素晴らしいですよね。フレキシブルで、個々のスキルを重視する。それに比べて、日本の働き方を思うと、胸が苦しくなります。帰国後、社会人として働かざるを得ないあなたは、それが何よりも厳しい現実として立ちはだかっているかもしれません。それもそのはず、留学生活を経験すると、海外の働き方の素晴らしさを実感することができますから。

もちろん、日本の全ての企業がブラック企業だとは言いません。しかし、海外の労働環境と比べると、日本の労働環境は厳しいと感じる人は多いでしょう。堅苦しい上下関係、複雑なビジネスマナー、そして法律を無視したようなブラック企業も実際に存在しています。これらが、帰りたくないと感じる一因であることは間違いないでしょう。

日本で働くというのは、一見難しそうですが、どうしても避けられない現実です。でも、その中でも一線を画しているのが留学経験者です。留学生活で得た国際的な視野や柔軟な思考は、日本の企業でも重宝されるでしょう。だからこそ、帰国後も留学中に学んだ価値観やスキルを生かして、働き方改革の一端を担っていくことができます。

もちろん、それが簡単な道のりではないことは承知しています。しかし、もし一度でも「日本の働き方、もう嫌だ!」と感じたのなら、それはあなたが新たな働き方を模索し、チャレンジする力を持っている証拠。海外で学んだ新しい働き方を持ち帰り、自分自身で働く環境を変える力を信じてみてください。


「まだまだ英語ができない!」:英語力が思うように伸びなかったあなたへ

留学って、英語力がグングン伸びる魔法のようなもの、と期待していたあなた。しかし現実はそう甘くないですよね。希望と現実のギャップに打ちのめされ、気がつけば英語力が思うように伸びないまま時間が過ぎてしまった。そんなあなたに向けて、一言伝えたいと思います。

まず、それは全然恥ずかしいことではありません。英語力が伸びなかったことで落ち込んでいるあなた。それはあなたが真剣に留学生活に取り組んできた証です。英語力が伸びないことで悔しい気持ちになる。それはあなたがまだまだ成長したいという強い意志の表れです。

確かに、親や友達から期待を一身に背負って留学を決意した方は、帰国するときに「まだまだ英語ができない!」と感じると、帰りたくないと思うかもしれません。期待を背負う分、落胆させてしまうかもしれないというプレッシャーがあるからです。でも、そのプレッシャーこそがあなたを更なる高みへと導く糧になるのです。

「まだまだ英語ができない!」と感じるあなた。それは、まだまだチャレンジする余地があるということ。英語力が伸びていないと感じるなら、それは次に進むための新たなスタートラインなのです。

留学は、語学力を上げるためだけのものではありません。新たな文化を学び、自己成長を遂げ、視野を広げること。それこそが留学の真の目的です。だから、帰国後も「まだまだ英語ができない!」という気持ちを持つことが、自己成長のためのエネルギーに変わるはずです。


「日本って息苦しいよね?」:海外の気楽な生活から抜け出せないあなたへ

海外の自由な空気、カジュアルな生活感。それが何とも心地良くて、日本に帰ることを迷っているあなたへ、何か一つ言葉を贈りたいと思います。それは、日本の雰囲気があなたにとって息苦しいと感じるなら、それはあなたが新たな視点を手に入れ、より広い世界を見つめている証なのだということ。

日本には確かに独特の堅苦しさや規則があります。その厳しさが、生きづらさに感じられることもあるでしょう。留学したことで海外の自由な生活を体験し、その素晴らしさを知ったあなたが、日本の息苦しさから逃げ出したくなるのは、とても理解できます。

しかしそこで一つ、考えてみて欲しいのです。留学生活という経験を通じて、あなたは新たな価値観を学びました。海外の気楽な感じ、自由な空気を吸い込み、心が開放されたあなた。それは、あなたが変わり、進化した証です。

そして、あなたが留学生活で得た経験や視点は、日本に戻ったとしても決して無駄にはならないのです。それどころか、日本社会に新たな風を吹き込む力となるでしょう。自由な海外の風を、日本にも届けてみてはどうでしょう。

あなたが留学で得た経験と視野、それこそがあなたの一番の武器。日本の息苦しさを感じても、それを乗り越えて自分の道を切り開く力が、あなたには備わっています。だからこそ、帰国を恐れずに、逆にそれをチャンスと捉えてみてください。


「でも、恋人がいるんだ!」:留学先で見つけた大切な人との思い出

心に深く刻まれたあの日、あの瞬間。留学生活の中で、あなたは特別な人に出会いましたね。その恋人との出会い、時間を共有する喜び、そして深まる感情。それらが、帰りたくないという気持ちの一部になっていることでしょう。

異国の地で、異なる文化の中で育ったあの人と出会い、あなたの世界は一変したはずです。お互いの違いを受け入れ合い、互いの文化を尊重することで、深い絆が生まれた。そして、その絆があなたを留学先に留めているのだとしたら、それはとても美しいことではないでしょうか。

出会って数ヶ月。ちょうどお互いのことをより深く理解し始めた時期。愛が芽生え、心はお互いに引き寄せられる。そして、まさにその瞬間、留学期間の終了が待っている。シンデレラの魔法が解けるような、刹那の恋。だからこそ、その想いは深く、切なく、そして美しい。

だけど、ここで一つ言わせてください。愛とは、距離を超える力を持つもの。そして、経験した愛は、人を成長させ、深化させる力があります。日本に帰るという選択が、あなたと恋人との関係を終わらせるものではないと思います。むしろ、それは新たなチャレンジと視点を提供してくれる。

だから、帰国を恐れることはないのです。あなたとあなたの恋人の間に生まれた愛は、距離を超えても変わらない。そして、その愛を育むための新たなステージが、帰国後の日本にもあるはずです。愛の力を信じて、前向きに未来を見つめてみてください。

帰りたくない!ビザ問題で打破する4つの解決策


学生ビザの延長について

帰国を考えると、胸が苦しくなりますよね。「もっと留学先で学びたい!」、「もっと現地の人たちと交流したい!」。そんなあなたには、ぜひ学生ビザの延長を検討してみてください。この小さな試みが、あなたの留学生活を延ばし、更なる学びの機会を与えてくれるかもしれません。

留学先の国によっては、ビザの延長が可能な国があります。条件はそれぞれの国によって異なりますが、通常、学業の進行状況、学費の支払い能力、または特定の条件を満たすことで、ビザを延長することが許可されます。ビザ延長の手続きは、それ自体が新たな経験となるでしょう。異文化を理解し、新たなスキルを習得することになるからです。

また、一度出国してから再度入国することで、新たな学生ビザを取得できる可能性もあります。これは「ビザラン」と呼ばれる方法で、学生ビザが終了する前に一度留学先の国を出国し、再度入国することで新たなビザを得るものです。この方法を利用することで、さらなる留学生活を楽しむことができるかもしれません。

しかし、ビザ延長やビザランには法的な規制やリスクも存在します。留学先の国の法律や規定を十分に理解し、適切な手続きを行うことが大切です。無責任に手続きを進めると、逆に入国禁止となる可能性もあるので注意が必要です。


ワーホリビザを取得する方法

あなたの心の中に、まだ留学先で楽しむ気持ちが渦巻いているなら、ここで紹介する「ワーキングホリデービザ」はあなたにとって最高の選択肢となるかもしれません。このビザがあれば、留学から帰りたくないというあなたの切なる願いも、きっと叶えることができるはずです。

ワーキングホリデービザ、通称「ワーホリビザ」は、旅行や語学学習を主目的に、一定期間、その国で仕事をすることを許可するビザです。あなたがもし、「もっと留学先の地を深く知りたい!」、「現地で働きながら、さらに経験を積みたい!」と思っているのなら、このワーホリビザがあなたの願いを叶えてくれるでしょう。

では、このワーホリビザを取得するためにはどうしたらいいのでしょうか。まずは留学先の国がワーホリビザを発行しているかを調べましょう。日本とワーキングホリデー協定を結んでいる国は多いですが、全ての国がそうではないので注意が必要です。

次に、ワーホリビザの取得手続きですが、国によって手続きにかかる期間は違いますが、2週間から1ヶ月程度でできる国がほとんどです。手続きは比較的簡単で、基本的には、必要な書類を揃えて申請をするだけです。

ただし、手続きのために一時帰国する必要があるかもしれません。それが少し面倒に感じられるかもしれませんが、帰国してビザを申請し、すぐに元の留学生活に戻れると考えれば、そんなに大変なことではないですよね。


旅行ビザで再入国する方法

留学終了のゴングが鳴り、学生ビザの有効期限が切れてしまう…。そんな絶望的な状況でも、一度日本に帰国した後、旅行ビザを取得して再度、留学先の国に入国することは可能なのです。これにより、1〜3ヶ月の滞在が可能になります。つまり、さらに少し、その国での時間を稼ぐことができるわけです。

その間に、じっくりと次のステップを考える時間ができます。これからどのような進路を選ぶべきか、どの道が自分にとって最適なのか。その時間を、思いっきり海外での生活を楽しむために使うも良し。あるいは、新たなチャレンジのための準備期間とするも良し。あなたの留学生活の延長戦、それはあなた自身が作り出すものです。

だからこそ、あなた自身の心の声を大切にしてみてください。そして、留学から帰りたくないその感情をバネに、新たな挑戦をしてみてはいかがでしょうか。旅行ビザでの再入国、それはあなたの留学生活をもう少し延ばし、さらなる経験を得るための一つの手段となります。そしてその経験が、あなた自身の人生を豊かにしてくれるでしょう。


他の国へ旅行しながら考える

「他の国へ旅行しながら考える」この選択肢です。新たな土地、新たな風景、新たな文化に触れることで、今までとは違った視点が得られるかもしれません。海外の新たな風景の中で、心をリフレッシュさせ、思考を整理する。そこから見えてくるのは、きっと今まで見えていなかった新しい道だと思います。

そして、あなたが「日本に帰りたくない」という気持ちを抱く一方で、新たな国を旅しながら、ふと「日本で頑張ってキャリアを積んでいこうかな」と思う瞬間も訪れるかもしれません。それは、新しい風景を見て、新たな気持ちに触れるからこそ得られる、あなた自身の成長なのです。

留学生活を終えて帰国することを選ぶのも良し、他の国へ旅行しながら新たな道を探すのも良し。大事なのはあなた自身が納得のいく選択をすること。そのための一つの手段として、他の国への旅行を考えてみてはいかがでしょうか。

帰りたくない!お金の問題を解決する3つの秘策


オンラインでの仕事を探す

さて、そこのあなた。「帰りたくないけど、お金がないんだよね…」と、頭を抱えていませんか?ああ、その気持ち、よくわかります。でも、安心してください。留学先であなたの財布を潤す、一筋の光が見えてきましたよ。それが、なんといっても「オンラインでの仕事」なんです!

「オンラインでの仕事って何?」と、思ったあなたへ。オンラインでの仕事とは、インターネット環境があれば、どこでも、いつでも、誰でもできる仕事のことを指します。具体的には、ライティング、データ入力、ウェブデザイン、プログラミング、翻訳など、多岐にわたります。さらには、オンライン英会話の講師など、英語力を活かせる仕事もたくさんありますよ。

このオンラインでの仕事は、場所を選ばずに働けるため、あなたが海外にいることも全く問題なし!パソコンさえあれば、部屋の中でくつろぎながら、カフェで一息つきながら、公園でリフレッシュしながら…その選択は無限大です。

また、このオンラインでの仕事は、ほとんどが成果報酬型なので、あなたの頑張り次第で収入を増やすことも可能です。もちろん、最初は少ない報酬かもしれませんが、スキルを磨いていけば、必ずや報われるでしょう。


日本でバイトして再出発

そこで、次の提案です。「一旦、日本に帰って、バイトで資金を作る」という選択肢はどうでしょう?「えっ、でも、日本に帰るなんて…」と、少し戸惑っているあなた。安心してください。これは一時的な帰国です。留学の道を断つわけではありません。

留学先でバイトをするのも一つの選択肢ですが、ビザの問題、語学の壁、仕事探しの難易度等、思わぬ壁が立ちはだかることもありますよね。でも、日本ならその心配は要りません。日本語が母国語のあなたなら、コミュニケーションもスムーズ。バイト先も豊富にありますから、すぐにでも働き始められるでしょう。

この「一旦帰国して資金を作る」選択肢、少々辛いかもしれません。でも、これがあなたの夢、あなたの目指す留学生活を続けるためのステップなんです。一旦足を止め、背筋を伸ばし、深呼吸。新たな気持ちで再スタートを切りましょう。

あなたの頑張りは必ず報われます。そして再び留学先へ戻った時、あなたはきっと、今以上に強く、賢く、そして魅力的な自分に成長していることでしょう。それが、この「一旦帰国して資金を作る」選択肢の真骨頂です。


ワーホリビザで働く

あなたが「現地で働きたい!」と思っているなら、あなたにピッタリの選択肢がありますよ。それが、ワーホリビザで働くという選択肢です。現地で働きながら、留学生活を続けることができます。これは、帰りたくないけどお金の問題で帰らざるを得ない、というあなたにとっては、まさに救世主のような選択肢ではないでしょうか。

言葉の壁は最初は大きな問題に感じるかもしれませんが、あなたが英語力に自信があるなら、このハードルも超えられるはずです。自信がないあなたでも、心配しないでください。現地で働きながら、自然と言葉の力はついてくるものです。

ワーホリビザで働くことで、新たな視野を開くことができます。そこで得られる経験は、あなたの人生における貴重な宝物となるでしょう。また、働くことで生活費を稼ぎつつ、留学生活を楽しむという理想的な状況を手に入れられます。

学生必見!帰りたくない時の3つの選択肢

「休学を延長しよう」:もう一年、あなたの留学生活

大学生のあなた、留学生活を終えて日本に帰国する時期が迫ってきても、まだ帰りたくないと感じていることでしょう。確かに、新たな文化と経験、出会いに満ちたあなたの留学生活は、簡単には手放せないものですよね。だからこそ、「休学を延長しよう」がモットーになることで、もう一年、あなたの留学生活を延長できるかもしれません。

日本に一旦帰国して休学を申請する。一見、面倒に感じるかもしれません。だけど、それがあなたの留学生活をもう一年延ばす鍵となるんです。多くの大学では、2年程度なら休学を許可しています。ですから、あなたがまだ留学生活を続けたいなら、休学を延長することを真剣に考えてみてください。

もちろん、休学はあなたの学生生活に影響を与えます。しかし、新たな視点と経験を得るためには、ある程度のリスクを受け入れる必要があります。そのリスクを背負う勇気こそが、あなたの人生を豊かにする可能性を秘めているのです。

「大学って本当に必要?」:大学を辞める勇気

あなたが今、留学生活を終えて日本に戻りたくないという気持ちがあるのなら、この問いに思いを馳せてみてください。「大学って本当に必要?」 ここでの大学とは、故郷の日本の大学のことです。それに対する答えは、あなたが価値観が変わって、日本の大学に行く意味を見失っているなら、「退学する」という選択もありますよ。

昔なら大学中退は大きな問題でした。でも、今の時代、そんな固定観念はあまり重要ではないかもしれません。大手企業に就職しないと考えているなら、大学中退なんて関係ないですよね。現に、大学を辞めて起業し、成功している人たちはゴロゴロいます。

それは勿論、大学中退が全ての人にとって最善の道であるというわけではありません。でも、ここで重要なのは、自分の人生に対する自分自身の決断です。自分がどうありたいか、何を大切に思うか、それが何よりも大切です。

だから、もし、あなたが留学生活から得た経験や知識、視点があなたの心の中で日本の大学に行く意味を見失わせたのなら、大学を辞めるという選択肢も視野に入れてみてください。

「新しい視点で考える」:他の国へ旅行してみる

あなたが今、日本に帰りたくないと感じている大学生であるなら、私から一つアドバイスをさせてください。それは、「他の国に旅行してみる」ことです。それがなぜ大切かというと、私たちは常に新しい視点で物事を考える必要があるからです。これまでの留学生活の中で、その国の良さばかりに目が行ってしまっているかもしれません。そこで、一度立ち止まって、新しい視点を持つために、他の国に旅行してみましょう。

新しい土地に足を踏み入れると、新たな価値観に触れることができます。そして、その経験があなた自身の視点を広げ、新たなインスピレーションを与えてくれるでしょう。そこで得た視点を持つことで、あなたが休学や退学のことについて再度考えるきっかけになるかもしれません。

旅行はまた、リフレッシュの効果もあります。違う国、違う風景を目の当たりにすると、あなたが抱えていた問題や悩みがちっぽけに思えてくるかもしれません。そして、「自分はなんて愚かなことをしようとしてたんだ」と自己反省する機会にもなります。

もちろん、留学を終えて日本に戻るか否かはあなた自身の決断です。ただ、その決断をする前に、一度、他の国を訪れて、新しい視点を得ることをおすすめします。旅行はただのエンターテイメントではありません。それはあなた自身を見つめ直す、自分の心と対話するための大切な時間でもあるのです。その時間を過ごすことで、あなたの心がどのように変わるか、ぜひ試してみてください。

おわりに


さて、皆さん、この記事を通じて、「帰りたくない!でも帰らなきゃ!」というジレンマから抜け出すためのさまざまな選択肢を学んでいただけたでしょうか?

留学生活の終わりは、新たなスタートの始まりでもあります。どんなに困難な状況でも、選択肢は必ず存在します。ビザの延長、ワーホリビザの取得、オンラインでの仕事探し、日本で資金を作る、休学を延長する、あるいは大学を辞めるという大胆な選択…。それぞれが、あなたの留学生活を続けるための道筋を描きます。

重要なのは、自分自身に正直でいること、そして自分が何を望んでいるのかを理解することです。この記事が、皆さんの自己探求の一助となれば幸いです。

そして覚えておいてください、どの道を選んだとしても、それは間違いではありません。人生とは、自分自身の選択によって築かれるもの。だからこそ、今こそ胸を張って、自分の選んだ道を進んでください。

何が起きても、前向きに生きる力を失わないでください。そして、自分がどこにいても、どんな状況でも、自分の生活を愛し、楽しむことを忘れないでください。

皆さんの未来が、これからも光り輝く日々でありますように。それでは、またお会いしましょう。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X