ENGLISH WORK公式

留学苦労したこと10選:壁を乗り越えた先の世界

  • 投稿日時:8か月前

さて皆さん、こんにちは。今日は留学生活について、本音で語りたいと思います。留学は多くの人にとって憧れの存在であり、その理由は多岐にわたります。新しい文化を体験したい、外国語を習得したい、異なる視点で世界を見たい、そんな夢を描いて留学を決意する方も少なくないでしょう。

しかし、それと同時に、留学生活は数々の苦労を伴います。それらは必ずしも甘美なものばかりではありません。新たな言語の習得から、食事の違いによる体調不良、病気の際の自己管理、さらには身近な人々との距離感、これら全てが一挙に押し寄せるのが留学生活です。

この記事では、そんな留学生活の中での困難について、正直に、そして深く掘り下げてご紹介します。どの困難も乗り越えられないものではありません。しかし、その一方でこれらの苦労はあなたが留学を通じて成長する機会でもあります。

私自身の経験を元に、留学生活で苦労したこととその乗り越え方について語ります。これから留学を考えている方、現在留学生活を送っている方、そして留学生活を経験した方々へ、この記事が何らかの形で役立つことを願っています。さて、それでは一緒に留学生活の「本当の姿」を見ていきましょう。


留学で苦労したこと10選

英語能力の壁:理想と現実のギャップ

皆さん、英語が話せるとどんなに素晴らしいかご存じですか?会話がスムーズになり、文化的なギャップも縮まる。だけど、残念ながらその壁は高い。非常に高く、苦労する人も多いでしょう。

留学前に私たちは「数ヶ月も海外にいれば自然と英語が出てくるだろう」と楽観視しています。しかし、現実は残酷です。海外に飛んだ瞬間、その壁の高さを思い知らされます。特に英語力ゼロの方々、あなたがたは半年経ってもまだ会話に四苦八苦しているかもしれません。その時、自分の無力さと向き合わざるを得ません。自分が思っていた以上に苦労します。それはまさに心が叫ぶほどの苦痛です。

理想と現実のギャップに直面したとき、その落差は深い。あなたの中にあった高揚感、自信、期待は一瞬で打ち砕かれ、心に深い傷を残します。しかし、ここで大切なのはその苦労を避けるための準備と現実認識です。

まず、留学前に一定の英語力を身につけること。基本的な文法や語彙はもちろん、聞き取りや発音も大切。日本で英語を学ぶだけでも、海外での生活が少しでも楽になる。そして、何より大切なのは現実を見つめること。そう、それは「日本でこれだけ勉強してもそこまで話せるようにならない。だから、海外に行っただけで即座に英語がペラペラになるわけがない」という事実を受け入れることです。

それでも、留学は価値があります。なぜなら、それが英語力を鍛える最善のチャンスだからです。留学先で英語を使う機会は数えきれないほどあります。それぞれの経験があなたの英語力を一歩ずつでも前進させます。そして、時間と努力を重ねていくことで、あなたが英語で苦労する期間は確実に減るでしょう。

あなたが留学を選んだのは、新たな挑戦をし、自分自身を成長させるためですよね?それならば、この語学の壁こそが最大のチャンスです。この壁を乗り越えることで得られる英語力、人間力は計り知れません。そのためには、現実を直視し、それに対する具体的な対策を立てることが必要です。

留学は意味ない?無目標で留学した人の末路


孤独の戦い:友達作りの難しさに苦労する

留学は、刺激的な経験であると同時に、孤独との戦いでもあります。ここに苦労する人も多いでしょう。新しい環境、新しい文化、そして新しい言語。これらすべてが、あなたを孤独へと誘う悪魔のように感じられることもあるでしょう。

特に人見知りの方や、初めて留学を経験する方は、友達作りに苦労することが多いです。自分の母国語でさえも緊張してしまうのに、未熟な英語でコミュニケーションを取るとなると、その難易度はさらに上がります。そして、その孤独がストレスに変わり、悩みを増大させることがあります。

このような時、日本にいる家族や友人との連絡を頻繁に取ることが難しいこともあります。特に英語上達を目指して、日本語を使うことを控えている場合、ストレス対処の方法が限られてしまいます。そうすると、さらに孤独感が増してしまうこともあります。

しかし、ここで一つ心に留めておきたいのは、友達作りは必ずしもあなたの英語力に依存するわけではないということです。そして、多くの場合、語学学校に通うことで自然と友達ができるものです。つまり、日本で友達が作れる人なら、海外でも友達作りは可能です。

確かに、留学初期は語学の壁や文化の違いによって、孤独感を強く感じるかもしれません。しかし、その壁を乗り越えるたびに、あなたは成長していきます。そして、新たな友人との出会いは、その成長をさらに加速させてくれるでしょう。

だからこそ、孤独感を恐れずに、留学という新たな挑戦に向き合ってください。そして、あなた自身の力で友達を作り、留学生活をより豊かなものにしていきましょう。

社会人留学は辛い?リアル悩みをお話しします。


先生との地獄のレッスン:マナーの欠如で苦労

留学生活の中で、我々が直面する最大の挑戦の一つに、うざいと感じる教師との接触があります。特にフィリピンのような場所では、マンツーマンレッスンが基本となるため、この問題はより顕著になります。これは、私たちが想像する以上に厄介な問題で、まさに地獄のように苦労することもあるのです。

教師の中には、やる気がなく、態度も失礼な人がいます。このような教師に当たると、まるであなたの学習意欲を奪い去るかのような感じになります。そして、あなた自身のモチベーションも下がり、イライラ感が高まり、感情をコントロールするのに苦労することでしょう。

教師との良好な関係は、留学生活の成功を左右する重要な要素です。しかし、その教師があなたに対して礼儀を欠くような態度を示す場合、それはあなた自身の学習経験と成果を損なう可能性があります。これは、非常に困難な状況であり、地獄のようなレッスンとなることもあるのです。

だからこそ、こうした状況に直面した時には、自分自身の感情をコントロールし、自分の学習目標を保持することが重要です。また、学校の管理者やカウンセラーに相談することも必要な場合もあります。

留学は、人生の一部としての教育だけでなく、人間関係を築く上でも重要な経験となります。そのため、留学生活を通じて、苦労に立ち向かう力を身につけることが大切です。


ホームステイジャックポットで苦労:運命のホスト家庭

ホームステイは、留学生活の醍醐味であり、新たな文化への理解を深め、現地の生活に馴染むための素晴らしい機会です。しかし、それは同時に、まさにジャックポットのようなものでもあります。なぜなら、ホスト家庭の選択は、大いなる運命のギャンブルであるからです。

楽しい経験となることが多いホームステイですが、一方で、時にはホームステイの質が悪い場合もあります。このようなホームステイ先では、息苦しさを感じさせる厳格なルールが設けられていることもあります。そして、何よりもホストの人間性自体が問題で、同じ家にいるだけで精神的に苦労することがあるのです。

ホスト家族との人間関係は、ホームステイ生活の成功を左右します。しかし、その人間関係が緊張感に満ちている場合、それはあなたの留学生活全体を悩ませ、あなた自身を挫折させる可能性があります。これは、まさにホームステイのジャックポットで、あなたが外れを引いたと感じる瞬間でもあるのです。

これから留学を考えている方々へ、私から一つのアドバイスをお伝えしたいと思います。それは、ホームステイ先の選択には十分に注意を払うことです。そして、何よりも、自分自身を信じ、自分自身の感情を大切にすることです。ホームステイはあなたの留学生活の一部であり、それがあなたの全体的な経験を決定するものではありませんので、変なホストに当たったら苦労に耐えるのではなく、とっととシェアハウスに移り住むことが必要です。


シェアハウスのロシアンルーレット:気狂いルームメイトに苦労

留学生活が進むと、多くの方がホームステイからシェアハウスに移り住むことになるでしょう。シェアハウスは、様々な国籍の人々と共に生活することで、新たな視点や価値観を得ることができ、また、留学生活の楽しみの一つでもあります。しかし、その一方で、それはまさにロシアンルーレットのようなものでもあり、苦労の始まりでもあります。

シェアハウスに移り住む前に、そこに住んでいる人がどんな人か確認することができれば、問題は少ないでしょう。しかし、そうでない場合、いざ住んでみたら、あなたが想像もしなかったようなルームメイトに出会うこともあります。そして、そのルームメイトが、あなたが想像するキチガイのような人物だったとき、あなたの苦労は始まるのです。

あなたは数ヶ月分の家賃を払ってしまったかもしれません。その場合、契約が終了するまで、あなたはそのシェアハウスでの生活を続けなければならないでしょう。その間、あなたはルームメイトの振る舞いに悩み、ストレスを感じ、その結果、留学生活全体が影響を受けることもあります。

私からのアドバイスは、シェアハウスを選ぶ際は慎重になることです。そして、シェアハウスに住むことを選んだ場合、ルームメイトとの関係性を良好に保つための努力を怠らないことです。留学生活は、時には困難な状況に直面することもありますが、それを乗り越えることで、新たな自分を見つけ、成長することができるのです。


留学生の経済苦:財政の困難さ

留学は、新たな環境での学習、異文化体験、そして自分自身の成長を追求する素晴らしい機会です。しかし、それと同時に、留学生活は常に財政的な苦労を抱えることもあるのです。

たしかに、留学は大きな投資です。学費、住居費、生活費、そして予期せぬ出費…これらすべてが積み重なると、事前に想定していた金額を大きく超えることもあります。留学生活が始まると、その経済的な重圧はさらに増大します。友達との交流、旅行、現地での楽しい経験…これらすべてが、財政的な制約によって制限されることもあるのです。

想像してみてください。せっかく新しい国で生活を始めたのに、お金の心配で友達と出かけたり、新たな場所を探索したりするのを控えなければならないなんて、それはなんともやりきれない思いですよね。

しかし、これは留学生活の一面であり、財政的な困難さを乗り越えることで、より堅実な資金管理能力や、資源を有効に活用するスキルを身につけることができます。また、それはあなたが自分の価値観を見つめ直し、何が本当に大切なのかを再認識する機会でもあります。

確かに、お金の問題は頭痛の種となることでしょう。しかし、それを乗り越えることで得られる経験と学びは、あなたの人生にとって価値あるものとなるでしょう。そして、あなたが自分の人生をより豊かにするためのスキルを身につける一助となるのです。

働きながら英語学べる仕事20選:初心者も大丈夫


常生活のモノトニー:新鮮味の消失に苦労

留学の初めの頃、私たちは新しい環境、新しい友達、新しい体験に満ちていて、毎日が新鮮でワクワクする時間だと感じていました。しかし、数ヶ月が経つと、その新鮮さは徐々に褪せてしまうことがあります。毎日同じルーチンの繰り返し、学校と家の往復、同じ場所、同じ顔ぶれ…「また今日も昨日と同じことの繰り返しか…」と思うと、朝起きることすら苦労する日もあるかもしれません。

これは、日常生活のモノトニー、つまり一貫性という現象が生じるときに起こります。これはどんな生活でも起こり得る現象で、留学生活も例外ではありません。新鮮な刺激が減り、日常生活が単調になると、それがストレスとなり、モチベーションを奪い去る可能性があります。

しかし、これは留学生活の一部であり、これを乗り越えることが、新たな視点を持つ機会にもなります。自分自身のルーチンを変えてみたり、新たな趣味を見つけたり、新しい場所を探索したりすることで、新鮮味を取り戻すことも可能です。また、このような苦労は自己反省の機会でもあり、自分自身が何を求めているのか、何が自分を喜ばせるのかを再認識するきっかけにもなるのです。

確かに、日々のモノトニーは容易に乗り越えられるものではありません。しかし、それを機に自分自身と向き合い、新たな可能性を見つけ出すことができれば、それはまた新たな留学生活の一章を開くことにつながるでしょう。そして、その過程自体が、あなたの人生にとって新たな価値と経験をもたらすのです。


差別の影:アジア人への偏見で苦労

留学生として新たな国に足を踏み入れることは、言語だけでなく文化の壁をも乗り越えなければならない挑戦でもあります。そして、その中には残念ながら、人種や民族、出身地に対する偏見や差別といったものも含まれます。アメリカやイギリスなど、欧米諸国で留学するアジア人学生は、この問題で苦労するかもしれません。

なんとも心ない言葉を投げかけられ、人間としての尊厳を傷つけられ、苦労する経験をするかもしれません。それは誰にとっても辛く、傷つくものでしょう。しかしながら、そのような行為を行う人々の大半は、自分の存在を誇れる何か、例えば能力や才能、実績がないために、自分の肌の色や民族にしがみついている人々であることが多いです。

彼らは自身の不満を解消するために他人に対して攻撃的になり、自分が上位に立てる唯一の手段として人種差別を利用します。それは彼らの無力さと無知を反映しているだけで、その中にあなた自身の価値が問われるものではありません。

そのような偏見や差別に直面した時、あなたがしなければならないことは、彼らの言葉があなた自身を定義するものではないということを理解することです。彼らの言葉は彼ら自身の問題を映し出しているだけで、それがあなたの存在や価値を小さくするものではないのです。

確かに、そのような差別に遭遇することは非常に困難で、苦痛を伴うものかもしれません。しかし、それはあなたが乗り越えるべき挑戦の一つであり、その過程であなた自身の強さを見つけ、自己肯定感を深める機会にもなります。それによって、あなたはより強く、より自信に満ちた人間に成長することができるのです。


失われた目的:モチベーションの問題

留学生活を始めたばかりの頃は、全てが新鮮で、新たな出会いや経験に胸を膨らませ、溢れるモチベーションで一日を過ごしていたことでしょう。しかし、時間が過ぎ、日常が定まり、全てがルーティン化してくると、少しずつ問題が見えてくるものです。

特に語学の習得に関しては、初めの頃は新しい表現を覚える度に小さな達成感を感じますが、中級レベルになると進歩が見えづらくなり、日々の努力が報われていないかのように感じることもあります。そんな時、「本当にこのまま続ける意味があるのだろうか?」という疑問が頭をよぎるかもしれません。

さらに、そこから一歩進んで「何のために留学したんだっけ?」と自問自答することもあるでしょう。それは、留学という大きな決断をした当初の目的や熱意が、日常のルーチンや困難に埋もれて見えなくなってしまった証拠です。

しかし、ここで大切なことは、その感情は一時的なものであると理解することです。進歩が見えづらい時期は語学習得の一部であり、その先には確実に成長が待っています。また、留学の目的を見失ってしまったとしても、それは一時的に迷っただけで、原点に戻って自分が何のために留学を決めたのかを再確認する良い機会でもあります。

つまり、モチベーションが下がったり、目的を見失ったりした時こそ、自分自身を見つめ直し、再び前進する力を見つけるチャンスなのです。それが留学という経験を通じて得られる、大切な自己成長の一部なのです。

【悲報】社会人留学で失敗!過ちを犯さないために知っておくべきこと


食生活の闘争:現地の食事で苦労

留学生活において、さまざまな文化や習慣に触れ、その中で日本とは異なる生活スタイルに馴染むことは、まさに一種の冒険と言えるでしょう。その中でも、特に個々の好みや体調に直接関わる食事は、その冒険の一部を大きく占める重要な要素です。

日本には欧米文化がかなり浸透しており、例えばアメリカやイギリスに留学する場合、食事については比較的容易に順応できるかもしれません。しかし、フィリピンなど、食文化が日本と大きく異なる国では、現地の食事になかなか馴染めず、苦労することになるでしょう。

「何これ?」「こんなもの食べられるの?」と、初めて目にする食材や調理法に戸惑うことも多いでしょう。また、現地の食事が消化に合わず、体調を崩すこともあるかもしれません。

しかし、この食事の問題にも、役立つ解決策が存在します。例えば、現地の食材を使って自分で料理を作る、あるいは、地元の人々に美味しいレストランや食べ物を教えてもらうなどの方法が考えられます。

留学生活は、新しい食事との対立だけでなく、その対立を乗り越えて成長する機会でもあります。食事が合わないと感じたときこそ、自分の体と相談しながら、新たな食事とどう向き合うかを考え、自分なりの答えを見つける絶好のチャンスなのです。


自己管理の試練:病気時に苦労する

留学の長い旅路には、想定外の出来事がつきもの。その中でも、特に難しいと感じるのが、病気になった時の対応です。これは自分自身の健康管理の能力を試す試練とも言えるでしょう。

日本にいれば、風邪を引いたときには家族や友人、恋人が心配してくれ、あなたの身の回りの世話をしてくれるでしょう。しかしながら、留学中に風邪を引いた場合、そのような助けを待つことができない場合もあります。その場合、体調が悪い中でも自分で水を買いに行ったり、食事を作ったり苦労することでしょう。

「え、こんな時に自分でやるなんて…」と思うかもしれません。しかし、このような状況は自分自身の問題解決能力を育てる絶好の機会でもあります。さらに、このような経験を通じて、自分がどれだけ人の助けに頼っているかを改めて認識することができます。

病気になった時、自分自身の体調を管理する能力は、留学生活だけでなく、その後の人生でも重要なスキルとなります。だからこそ、留学中にこの能力を鍛えることは、決して無駄な時間ではありません。それどころか、あなた自身の成長を促す大切な経験となるでしょう。


身体の反乱:常に痛むお腹

留学生活では、予想外の苦労が待ち受けていることがあります。それが「常に痛むお腹」です。思いがけない敵だと感じるかもしれませんが、ここで述べる問題は、留学生たちが頻繁に直面する現実です。

まず、水について考えてみましょう。日本の水は軟水なのですが、海外ではミネラルが豊富に含まれた硬水が主流であることがあります。その結果、お腹が緩くなることがあります。これは水質の違いが体調に影響を及ぼす一例です。

そして、食事にも注意が必要です。留学先が欧米である場合、生活は小麦中心となることが多く、その結果、グルテンによるお腹の不調を引き起こしやすくなります。日本の食事とは大きく異なる食生活への適応は、意外と難易度が高いのです。

また、フィリピンなど一部の地域では衛生環境が良くない場合があります。そのような環境では、普通に生活しているだけでも下痢になる人がいるかもしれません。こうした健康問題に苦労する人は少なくありません。

このように、留学生活は思わぬトラブルが満載です。しかし、これらの問題も、事前に知識を持ち、適切な対策をすることで乗り越えることができます。留学生活は楽しいだけでなく、自分自身の体調管理能力を育てる絶好の機会でもあるのです。


虫との戦争:フィリピンの虫問題

フィリピンでの留学生活は、日本とは全く異なる環境に身を置くことになります。その中には、我々が思いもしなかった「虫問題」があります。そうです、フィリピンでは一年中温度が高いため、虫が多いのです。

まさかの虫との戦争が始まるかもしれません。それなりのグレードのマンションに住んでいても、部屋に甘い飲み物をこぼすだけで、大量のアリが部屋に集まってくることがあります。そこはまさに、アリの大行進。あなたが心地よく過ごしている空間が、ほんの一瞬でアリの楽園に変わるのです。

さらに、語学学校でもハエが飛んでいることが多いです。講師の話に集中していると、突然ハエが目の前を飛んでいくことも。それはちょっとしたサプライズと言えるかもしれません。

つまり、虫が苦手な人にとって、フィリピン留学は厳しい試練となるでしょう。もし虫とのバトルを避けたいなら、アメリカやイギリスなど、虫が少ない国への留学をお勧めします。しかし、そういう状況を乗り越えることで、人間としての強さや適応力を身につけることができるのも事実です。虫との戦争、あなたならどう戦いますか?

留学向いてない人の特徴15選:天国か地獄の始まりか

銀行口座や光熱費の契約の戦い:手続きの難しさに苦労

留学のスタートは、誰もが驚くほど多くの手続きが待っています。まず、日本からの送金を受け取るために銀行口座を開設する必要があります。そして、シェアハウスに移り住むと、光熱費の契約もあなたが行わなければならない可能性があります。

あなたがまだ英語力が十分でない状態だとしたら、電話での契約はまさに苦行です。相手の言っていることが全て理解できないことに焦りと不安を覚えるかもしれません。また、自分の意図をうまく伝えられずにフラストレーションを感じることもあるでしょう。

しかし、ここからが大切なのです。これらの困難を乗り越えることが、留学の醍醐味なのです。苦労は成長痛なのです。いくら学校で勉強しても、実際の生活で英語を使う経験は何にも代えがたい学びとなります。それはまさに、英語力を伸ばす最高のチャンスです。

そのため、英語による手続きが難しくても、それは自分が成長できるチャンスと捉えてみてください。挫折せずに頑張れば、それが自信につながるでしょう。そして、その自信がさらなる英語力の向上に繋がるのです。

留学は、言葉の壁を乗り越えるだけでなく、様々な生活の手続きを自分で行うという経験を通じて、自己成長を促します。それが、留学の本当の価値なのかもしれません。

遠い家族との切なさ:心の孤独で苦労する

留学生活は、多くの人にとって初めての一人暮らしや、初めての海外生活を経験することになります。日本で家族と一緒に暮らしていたあなたは、一気に家族と離れ、長期間会えない状態になると、心に深い孤独感を感じることがあります。

日本であれば毎日、家族と何気ない会話を楽しんで、そこから癒やしを得たり、ストレスを発散したりできていたかもしれません。しかし、留学生活では、全て自分一人で対処しなければならない場面が増えます。家庭の温かさ、そして何よりも家族の存在の大きさを痛感することでしょう。

また、日本で一人暮らしをしていたとしても、友人たちとの交流がストレス解消の一部を担っていたかもしれません。留学先では、親しい友人がいないことで、その環境が一変し、心の孤独感が増すこともあるでしょう。

これらの経験は厳しいかもしれませんが、自分自身の心の強さを試す機会でもあります。遠く離れた家族や友人への思いを力に変え、自分を成長させることができれば、留学生活はあなたにとって一層価値あるものになるでしょう。

確かに、これらの困難はとても苦しいものです。でも、それらを乗り越えた時、あなたは新たな自分を発見することができるでしょう。それが、留学の一つの価値なのです。

おわりに


皆さん、長い文章を最後まで読んでいただき、心から感謝申し上げます。この記事を通じて、留学生活のリアルな一面、その美しさと同時に、その陰に隠れた困難を理解していただけたら幸いです。

留学は確かに素晴らしい経験であり、語学力の向上、新たな視野の開拓、自身の成長といった多大な利益をもたらします。しかし、その一方で、言語の壁、食生活の違い、身体的な不調、感情的な孤独など、困難な局面に直面することも少なくありません。

だからこそ、留学を成功させるためには、これらの困難を正面から受け入れ、それを乗り越えるための準備と戦略が必要なのです。それは時には辛い努力を必要としますが、その結果、得られる経験と成長は計り知れません。

皆さんがこれからの留学生活に向けて、この記事が何らかの参考になれば、筆者としてこれ以上の喜びはありません。留学という大きな挑戦に向かって進む皆さんを心から応援しています。それでは、次回の記事でまたお会いしましょう。それまで、健康と幸せを祈っています。

留学は究極の無駄?!無目的な留学の罠

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X