ENGLISH WORK公式

留学で身につく力9選:不可能を可能にする力

  • 投稿日時:8か月前

皆さん、こんにちは! 今回の記事では、私が深く信じている考えを共有したいと思います。それは、「留学はただの海外生活ではなく、人間として成長するための力が身につく絶好の機会である」ということ。語学力を身につけるだけではなく、人間としての能力を伸ばすための独特な経験が詰まっています。多くの人が留学を通じて自分自身の可能性を広げ、新しいスキルを身につけてきました。

しかし、誤解しないでください。留学は必ずしも楽しいだけの経験ではありません。孤独、疎外感、挫折感、これらすべてがあなたを待っています。それでも、その困難を乗り越えた先には、自己成長という大きな報酬が待っています。それは、一見すると負の感情であるかもしれませんが、それが逆にあなたを成長させる強力な原動力となるのです。

そこで、私が留学を通じて身につく力について、章ごとに詳しく解説していきたいと思います。あなたがこれから留学を考えているのであれば、この記事があなたにとっての手引きとなることを願っています。そして、すでに留学を経験した人にとっては、自分自身の経験を振り返り、新たな視点で考えてみる機会になることを願っています。それでは、一緒に留学という経験がどのように人間成長を促進するかを探求していきましょう!


留学で身につく力8選

問題解決能力が身につく-ひとりで生き抜く孤独な戦い

皆さん、留学というと何を想像しますか?夢のような外国生活、文化交流、新たな友達。そう、これら全てが留学の魅力であり、その一部です。しかし、その裏側には見えない、そして避けて通れない厳しい現実が存在します。それは、一人で全てを解決しなければならない、絶え間ない「問題解決」の戦いです。

留学はまるでサバイバルゲームのようなもの。親や友人の助けを借りずに、全てを自分でやらなければならない状況に突然放り込まれます。日本で普通の生活を送ってきた方々、特に親御さんや周囲の友達に頼って生活してきた人ほど、留学するとその厳しさを痛感するでしょう。

それがなぜかって?例えば、初めての土地で生活するためには、どこで何を買えばいいのか、どのバスや電車に乗れば目的地に行けるのか、どのように銀行口座を開設するのか、どのようにビザの更新をするのか、全て自分で調べて行動しなければならないからです。そして、それら全てを自分の力で解決していかなければならないのです。

それはまるで、英語ができない状態で自分で語学学校に行き、電車の定期券を買ったり、自分で料理を作ったり、買い物をしたり、銀行口座を開設したり、イミグレーションで手続きをしたりと、無数の課題が山積みになっている場面に立ち向かうかのようなものです。そして、それら全てを自分で調べて自分で解決しなければならないのです。

どうです、想像以上に過酷でしょう?しかし、この過酷な状況こそが、留学生活で身につく「問題解決能力」を鍛える絶好の機会です。なぜなら、問題解決能力は、自分自身が困難な状況に直面し、それを乗り越えることで身につくスキルだからです。

留学に向いている人の11の特徴:損得を超えた価値


他人視点の理解力が身につく-留学で拓く、自己中心的な視点からの脱却

あなたはどれくらい他人の視点を理解できていますか?もしかしたら、自分の意見が絶対に正しいと思っていませんか?残念ながら、自分のコミュニティから出たことがない人は、自分視点のものの見方しか持っていないことが多いのです。これは日本に限ったことではありません。世界中どこでも同じ現象が見受けられます。

その理由は簡単です。自分が経験したこと、見聞きしたことだけが世界であり、それ以外の視点を理解するのは極めて難しいからです。確かに、言葉では他人への理解を示しているかもしれません。しかし、その言葉はある種のテンプレートのようなもので、本人の言葉ではないことが多いのです。

しかし、留学はこの問題を解決する鍵となるかもしれません。留学を経験することで、他国の言語や文化を理解する機会を得ることができます。さらに、他人が持つ視点を本当の意味で感じ取ることができるでしょう。これは、文字通り自己中心的な視点からの脱却を意味します。

もちろん、留学をしなくても他人視点の理解は身につきます。しかし、留学をすることでより早く、より深く他人視点の理解を身につけることができるのです。それはまるで、ゴールが見えない状況でも進む力を身につけるようなもの。自分の視点だけではなく、他人の視点を理解することで、より広い世界を見ることができるのです。

これが、留学がもたらすもう一つの大きな利点、他人視点の理解です。自分だけの世界から一歩踏み出し、他人の視点を理解することで、世界は確実に広がります。そして、その広がった世界はあなたの可能性を無限に広げるでしょう。


アイデア力が身につく-異文化体験がもたらす、視野の拡大と革新

あなたは今、どれだけ新しいアイデアを思いつくことができますか?自分の頭の中には常に新しいアイデアが湧き出ていると感じていますか?それとも、何かにつけて「思いつかない…」と感じることが多いですか?もし後者なら、その原因は「視野の狭さ」かもしれません。

ところで、留学を経験すると、起業アイデアや効率的な問題解決方法など、アイデア力が飛躍的に身につくことがあります。その理由は単純です。海外に行くと、日本にはないが海外にはある便利なものをたくさん見ることになるからです。

そしてそれだけではありません。物やサービスだけでなく、他国の人々の素晴らしい考え方に触れることで、「そういう素晴らしい考え方もあるのか」と気づくことができるのです。自分の価値観や考え方、習慣とは異なるものに触れることで、視野が広がり、新たなアイデアが湧き出てくるのです。

留学中に経験する価値観や考え方、習慣の違いは、まさにアイデア力を上げるエンジンと言えるでしょう。新たな視点から物事を見ることで、これまでにないアイデア力が身に付きます。それはまるで、新たな風が吹き込むことで、枯れていた花が再び開花するようなものです。

これが、留学がもたらすもう一つの大きな利点、アイデア力の向上です。留学することで、視野が広がり、新たなアイデアが湧き出てくる機会が増えるのです。そして、そのアイデアはあなたの可能性を無限に広げるでしょう。

留学帰国後の起業への道は薔薇色か悪夢か?


図々しさ-海外での生存術、弱者から強者への脱皮

留学生活は、それ自体が一種の生存ゲームです。日本人の私たちは、他者を思いやることを大切に育てられてきます。自己主張を押し通すことは少なく、他者との調和を重視する傾向があります。これは、私たちの社会性や共感性を高める美徳である一方で、海外生活においては頭を抱えることがあるかもしれません。

なぜなら、海外では弱いものは攻撃の対象になることがあるからです。長時間並んだ列を平気で割り込む人々。自分が購入した電車の席をお金を払っていない他人に奪われるという現実。これらは海外生活の一部であり、慣れていないと感じるショックは大きいでしょう。

しかし、留学を通じて、私たちはそのような状況に対する「図々しさ」を身につけることになるでしょう。そう、それは「図々しい」というネガティブな印象を払拭し、自己主張をする力、自己防衛をする力と捉えてみてください。留学初期は自己主張が難しくても、数ヶ月経てばいい意味で図々しさに慣れ、自分の意見をしっかりと主張できるようになるはずです。

留学は、そのような図々しさを身につける絶好のチャンスです。自分の意見をはっきりと言えるようになることで、自己主張の重要性を理解し、自分の権利を守る力を身につけることができます。これは、海外での生活だけでなく、どの環境でも通用する能力です。

留学は、自分を弱者から強者へと変えるための、まさに「脱皮」の場所なのです。それは、自分自身を強くするための重要な一歩であり、あなたの可能性を無限に広げるでしょう。


小さなことに反応しない力-無意味な戦闘からの離脱、大局観の獲得

留学生活は、まさにカルチャーショックの連続です。日本では常識的にあり得ないことが当たり前に行われていたり、マナー違反が目立つ瞬間がたくさんあります。しかし、そのようなことに日々直面する中で、私たちはある特殊な力を身につけます。それは「小さなことに反応しない力」です。

この力は、人生を生きていく上で非常に重要なものとなります。とくに帰国後、日本で仕事を始めるとき、自分と性格が合わない人や、思わぬトラブルに出会うこともあるでしょう。しかし、留学中に鍛えられた「小さなことに反応しない力」があれば、そういった微妙な状況にも動じずに対応することができます。

具体的には、たとえ上司が無理難題をふっかけてきても、小さなことに振り回されず、大局を見る力が働きます。それは、無意味な戦闘から自身を離脱させ、大局的な視点で物事を捉える能力を身につけることを意味します。これは、図々しさと組み合わせることで、思わぬ困難を乗り越えるための強力な武器となるでしょう。

海外生活で培われたこの力は、厳しい現実に直面したときに、自身を保つ術となります。それは、自分の中心を保ちつつ、問題を解決するための、大人の力と言えるでしょう。

留学は、そんな大人の力を身につけるための絶好の機会です。無駄な戦闘から離れ、大局的な視点を持つことで、自分の可能性をさらに広げていくことができるのです。


メンタルの強さ-理不尽に立ち向かう、不屈の心

留学という経験は、私たちにメンタルの強さを鍛える絶好の機会を提供します。そう、なぜなら留学先では避けて通れない数々の理不尽な状況に遭遇するからです。それは、差別のような厳しい現実も含みます。

たしかに、私たちは初めて異文化環境に飛び込むとき、その差別に深く傷つくことがあります。しかし、その悲しみや怒りは、時間と共に私たちを強くし、不屈の心を育てる原動力となります。

そう、私たちはやがて、弱そうにしている自分自身が問題なのだと気づき始めます。そして、自分自身を強く、堂々と振る舞うようになると、今まで感じていた差別が嘘のように消えていくことに驚きます。それは決して差別がなくなったわけではないのですが、自身の強さがそれを跳ね返す力を持つようになるからです。

そして、たとえ差別に遭遇したとしても、「あいつらは白人であることしか誇れるもののない弱者である」と、自身の強いメンタルで立ち向かうことができるようになります。これは、あなた自身の中に眠る強大な力を引き出すための試練とも言えるでしょう。

留学とは、そのような試練を通じて、自分自身の強さを知り、それを磨くための時間なのです。それは、自己の成長のための不可欠な過程であり、最終的には自分自身をより強く、より堂々とした存在に変えてくれるのです。それこそが、留学で身につく「メンタルの強さ」なのです。


不可能を可能にする力-留学で目覚める、無限の可能性

留学は、まさに自分の限界を突破し、不可能を可能にする力を身につけるための素晴らしい機会です。そう、あなたがもしかしたら自己評価が低く、勉強ができず、部活もうまくいかず、趣味もなく、何の取り柄もないと感じているかもしれません。しかし、その状況は絶対的なものではないのです。

留学は、そのような否定的な自己認識を一掃し、あなたに新たな視点を提供します。留学を通じて英語力を身につけると、その力はあなたの自信となり、それは驚くほど他の能力にも影響を及ぼすのです。

なぜなら、一つの能力を身につけることで自己効力感が高まり、それが他の分野における挑戦への意欲や勇気をもたらすからです。すると、あなたはこれまで「不可能だ」と思っていたことに対しても、挑戦する勇気と力を持つようになるでしょう。

そして、あなたが自身の能力を信じ、不可能を可能にする力を身につけると、その経験はあなたの人生全体に影響を与えます。それは、あなたが挑戦するすべてのことに対するあなた自身の見方を変える力を持っています。

それこそが、留学で身につく「不可能を可能にする力」なのです。それは、あなた自身の無限の可能性を開放し、あなたが自分自身を再定義するための力を与えます。


バカになる力-シャイな人でも留学で開花する、場の盛り上げ能力

留学は自己変革の旅でもあります。人見知りで、シャイなあなたも、留学することで大胆な自己表現の力を身につける可能性があります。ここで重要なのは、「バカになる力」です。いいえ、決して愚かさを讃えているわけではありません。むしろ、自分自身を解放し、周囲の人々とのつながりを深め、場を盛り上げる力を指しています。

留学生活では新しい友達と遊び、異なる文化に触れることで、その場の雰囲気を読む力や、自分を解放する力が身につくのです。そして、そうした経験を通じて、あなたは場を盛り上げる力を身につけ、自分自身をバカに見せることで、周りの人々と深い絆を築くことができるようになるでしょう。

なぜなら、自分を解放することは、他者との結びつきを強くし、信頼関係を築くための重要な要素だからです。そして、それは自分自身を理解し、自己を愛することへとつながります。

こうした「バカになる力」は、留学を通じて得られる重要なスキルの一つです。これは単なるパーティースキルではなく、自己理解、自己受容、そして人々と深い絆を築くための能力なのです。留学を通じて、シャイなあなたでも、この力を身につけることができるのです。


自分を信じる力-留学生活で鍛えられる、自己信頼の確立

留学生活は、自己信頼を育む貴重なチャンスでもあります。「自分を信じる力」―これこそが留学生活で磨かれる最も重要な能力の一つです。

留学とはまるで、目的地が見えない暗闇の中を走り続けるようなもの。特に初めての留学では、異国の言語や文化に触れるたびに、あなたは自分自身に疑問を投げかけることでしょう。「本当に自分にこれができるのだろうか?」、「今やっている勉強法は本当に正しいのだろうか?」というように。

しかし、このような苦しみと闘いながら、自分を信じ続けることで、あなたは英語力だけでなく、自分自身を信じる力を身につけることができます。言語の壁を乗り越え、新しい文化に適応する過程で、あなたは自分の能力を信じることを学びます。

そして最終的に、あなたは留学の経験を通じて、自己信頼を確立し、自分を信じる力を身につけることができるのです。無数の困難に立ち向かい、それを乗り越えることで、あなたは自分自身の強さを認識し、その力を信じることができるようになるでしょう。


相手を理解する力-他文化への理解、視野の広がり

留学生活は、相手を理解する力を身につける絶好の機会です。留学先で他文化に触れることで、世界が広がり、視野が拡大します。実際、留学経験者の中には、帰国後に日本の文化や価値観に対して否定的な意見を持つことがあります。しかし、この段階を乗り越えることで、真の相手を理解する力を身につけることができます。

中立的な立場から物事を見ることができるようになると、自分の文化だけでなく、他の文化にも理解を示すことができるようになります。もちろん、留学しなくてもこの能力を身につけることは可能ですが、留学経験がある人は、自己中心的だった自分を見つめ直し、感じのいい人に変わることがあります。

留学生活を通じて、異なる文化背景を持つ人々との交流が増えることで、他者を尊重し、理解する姿勢が身につくでしょう。その結果、自分だけでなく、周囲の人々との関係もより良いものになることが期待できます。相手を理解する力は、留学後の人間関係や仕事においても大変役立つ能力であり、これこそが留学の価値の一つです。


自分の意見を持つ力-海外で磨かれる、自己主張の技術

留学という経験は、自分の意見を持つ力を磨くには理想的な環境です。日本の社会では、特に真面目な話題や政治的な話題について自分の意見を述べると、「意識高い系」などと揶揄されることもあるかもしれません。しかし、海外ではそのような風潮は少なく、自分の意見をしっかりと持ち、それを表現することが求められます。

留学先では、周りの人々と同じことしか言わない人はむしろ浅はかに見られがちです。そのため、留学するとあなたも自分独自の意見を持つことができるようになるでしょう。それは無理に周りと違うことを言おうとするのではなく、自分がしっかりと考え、それを言葉にする力を身につけることです。

自分の意見を持つ力とは、ただ自分の意見を口にするだけではありません。自分の意見を持つためには、自分自身が情報を収集し、それを分析し、自分なりの結論を出すプロセスが必要です。その結果生まれた言葉こそが、あなたの意見です。留学生活を通じて、自分自身の考えを形成し、それを言葉にする力を磨いていきましょう。


物事のセンターピンを捉える力-留学が磨く、本質を見抜く眼

留学することで、物事のセンターピンを捉える力が身につくでしょう。センターピンとは、物事を進める際に最も影響力が大きく、他の要素を回転させるように働く中心的な部分です。言い換えると、物事の本質を見抜く力が磨かれます。

留学中に英語の勉強に必死に取り組んだり、何か目標を達成するために努力することで、この本質を見抜く能力が身につくのです。例えば、英語力が向上すれば、言語の壁を越えて多くの人々とコミュニケーションが取れるようになり、異文化理解も深まります。これは、英語が留学生活におけるセンターピンであることを示しています。

物事の本質を見抜く力は、留学だけでなく、日常生活やビジネスの現場でも役立ちます。問題解決や効率的な手法を見つけるためには、情報の中から本質的な部分を見極める力が不可欠です。留学を通じて鍛えられたこの力は、あなたが今後どんな状況にも対応できる強い武器となるでしょう。

おわりに


皆さん、本当にお疲れ様でした!今回の記事を通じて、留学でどのような力が身につくか、具体的なイメージを持ってもらえたら嬉しいです。

留学は、時には非常に厳しい経験であり、あなたを深く傷つけるかもしれません。しかし、その困難さがあなたを更なる高みに引き上げ、新たな視点を提供し、自己理解を深める素晴らしい機会にもなります。それは、まさに「人間的な成長」というものではないでしょうか。

ここで書いた身につく力は、留学があなたに提供できるもののほんの一部です。留学生活は、あなたがどのようにそれを利用し、どのようにそれを体験するかによって、その結果が大きく変わるでしょう。そして、その全てがあなた自身の手によって形成されるのです。

留学は、あなたが自分自身を開発し、理解し、最終的には自己成長の道を進むための素晴らしいプラットフォームです。だからこそ、留学の機会があるなら、ぜひともそのチャンスを活かしてみてください。その経験は、あなたが想像する以上の価値をもたらすことでしょう。

この記事が、あなたが留学を考えている際の助けになれば幸いです。そして、留学経験者の皆さんには、自己反省の時間として、あるいは新たな視点を提供するきっかけとして活用していただければと思います。それでは、皆さんの旅が、あなた自身の成長と発見に満ちたものであることを願っています。

留学は意味ない?無目標で留学した人の末路

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X