ENGLISH WORK公式

留学に戻りたいと思う時6選:悲しい気持ちバネに

  • 投稿日時:8か月前

こんにちは、皆さん。読者のあなたがこのブログを読んでくれていること、とても嬉しく思います。今回は、ちょっと特別なテーマを扱います。それは「留学生活から帰国後、再び留学先に戻りたい」という思い。きっとこの気持ち、経験したことのある人は少なからずいるのではないでしょうか。

留学という貴重な体験を通じて、そこで得た経験、友人、文化、そして何よりその場所自体に対する愛着は深いものがありますよね。そんなあなたが再び留学先に「戻りたい」と思った時、どんな選択肢があるのでしょうか。

この記事では、その質問に答えるために、私が考えるいくつかの選択肢をご紹介します。どれもそのまま取り入れるべき答えではなく、あくまで参考の一つとして捉えて頂ければ幸いです。

それでは、一緒に見ていきましょう!


留学先に戻りたいと思う6つの原因

英語力の向上と未練

あなたが留学から帰国した直後、一つ気づいたことはありませんか?まさに英語力が「いい感じ」になったところで、日本に戻ってきてしまった、そんな経験はありませんか?

みなさん、英語の勉強って簡単じゃないですよね。留学生活で新しい単語や表現を覚え、日々の生活でそれらを活用する。そうやって少しずつ成果が見えてきたところで帰国しなければならなかったとしたら、それはちょっともったいない気がしませんか?

「あと一年留学先にいれば、もしかしたらペラペラになってたかもしれない」なんて思うとき、どんな感じですか?僕は、そう思うと、留学先への未練が湧き上がってきます。留学生活は本当に楽しかった。現地の人々との交流、新しい習慣や文化の発見、そして何よりも、自分の英語力が上達していく様子を目の当たりにする喜び。それらを思い出すと、ああ、もう一度あの場所に戻りたい、と強く思うんです。

そして、もう一つ大事なポイントがあります。それは「仕事」です。もう一年留学先にいたら、現地で仕事を見つけられたかもしれません。そして、仕事を通じてさらに英語力を伸ばし、留学先の社会と深く関わる機会を得ることができたかもしれません。それは、海外で自立し、新しい生活を始める第一歩ともなるでしょう。

だからこそ、帰国後、しばらくすると「留学先に戻りたい」と思うのは当然のことなのかもしれません。自分の英語力の向上と、その可能性が広がる未来への期待。これらが、留学先への思いを強くするんです。

皆さんも、そんな経験があるのではないでしょうか。これからも英語学習を続けて、またいつか留学先に戻ってその夢を追い続けてみてはいかがでしょうか。私たちは自分自身の能力と可能性を信じ、前進し続けることが大切です。


現地での居場所の発見

留学先での生活は、新しい環境に適応するチャレンジの連続です。異文化、異言語、そして何よりも新しい人々。そんな環境で自分の居場所を見つけると、それは自分の成長を感じる素晴らしい経験になります。

でも、何となく思い出すんですよね、あの時の感覚を。何度も「戻りたい」と思う瞬間に出会うのです。日本にいるよりも、あの場所で過ごす時間が居心地の良さを感じさせてくれたからです。留学先で自分の居場所を見つけた瞬間、それは自分が新しい土地で自立して生きていけるという証明であり、自分の内側から湧き上がる安堵感です。

なんだかんだと、留学生活の初めは戸惑いや不安が大きいもの。でも、現地の友人と楽しく過ごしたり、自分の好きな場所でリラックスしたりするうちに、その地が「自分の場所」であると感じ始めるんです。そこで生活することに自然と適応し、自分だけの居場所を作り上げていく。そうやって、外国でも自分らしくいられる場所を見つけることができれば、留学生活はもっと充実したものになります。

そのためには、自分の興味を追求し、地元の人々との交流を深め、新しい文化や習慣に積極的に挑戦することが大切です。それが現地での居場所を作る第一歩です。

そして、いざその場所を見つけたら、やっぱり「戻りたい」と思うんですよね。だって、そこはもう自分の家みたいなもの。帰国した後でも、その場所のことを思い出すと、心が引き寄せられる感じがします。まるで、その場所が自分を呼んでいるように。


日本社会の息苦しさと海外の自由さ

帰国後、私たちはすぐにでも留学先に「戻りたい」と思うことがあります。それは何故かというと、日本社会の息苦しさに逆カルチャーショックを受けるからです。海外生活は日本とは違った自由さと開放感をもたらします。海外の人々の生き生きとした表情、仕事に対する熱意、そして何よりも楽しそうに過ごす姿に触れていると、日本の社会がどこか病んでいるように見えてしまうんですよね。

特に留学先の人々が明るく、仕事を楽しんでいるように見えると、日本の厳格で形式的なビジネスカルチャーとの違いに驚くことでしょう。その明るさと活力は、仕事だけでなく、生活全般に影響を及ぼします。それはまるで、海外の人々が生活をもっと楽しむ方法を知っているかのように感じることもあります。

そんな風に感じると、再び留学先の自由さを味わいたいという思いが強くなります。ああ、「戻りたい」という気持ちが、心の奥底から湧き上がってきます。日本の独特な社会規範や働き方の厳しさに対する反発もあるでしょう。でも、それ以上に海外で体験した自由な生活の魅力が、私たちを留学先に引き戻す力となるのです。

しかし、ここで大切なのは、日本社会の息苦しさを感じたとしても、それが日本全体を代表するものではないということです。そして、海外が全て自由で明るいというわけでもありません。それぞれの国や文化には良い点と悪い点があります。だからこそ、私たちは異なる視点を持つことができ、自分にとって最適な生活環境を選べるのです。


留学先の恋人との距離

留学からの帰国後、私たちがすぐにでも留学先に「戻りたい」と思う理由の一つが、留学先に残した恋人との遠距離恋愛です。皆さんもご経験があるかもしれませんが、遠距離恋愛は本当に辛いものです。スカイプやLINE、WhatsAppなどを使って毎日顔を見せ合い、声を聞くことはできますが、それでもやはり物理的な距離は埋められません。

それはまるで、大切な人と心は近くても、体は遠いという感じです。あの人の匂い、あの人の温もり、あの人の笑顔がすぐそばにあるという感覚が欠けているんです。そんな状況で恋愛を続けるのは、想像以上に辛く、挫折感を覚えることもしばしばあります。

毎日の電話やビデオ通話で物理的な距離を埋めようとするものの、それはそれで新たなストレスになることもあります。たとえば、時間帯が合わない、会話のテーマがない、などという問題です。そして、それは非物理的な距離、心の距離を広げる可能性があります。

そんな時、私たちは「戻りたい」と強く思います。留学先で出会った恋人の元に戻り、その人と同じ空気を吸い、同じ時間を共有したいと願うのです。そう、心と体が一つになる場所、それが恋人のいる留学先なのです。

しかし、ここでも大切なのは、遠距離恋愛の辛さを感じつつも、それを成長の機会と捉えることです。遠距離は信頼関係を試す一方、自分自身を見つめ直す時間を与えてくれます。だからこそ、遠距離恋愛を通して、自分とパートナー、そして二人の関係性を深く理解することができるのです。


海外での仕事への夢

海外での生活を経験したら、そのままその場所で仕事がしたくなるって、ありますよね? そう、今回のテーマは「海外での仕事への夢」です。留学先での生活を終え、日本に戻るとき、「戻りたい」と感じる理由の一つが、この海外での仕事への夢だと思います。

私たちは留学先で英語力を磨き、文化を理解し、友達を作り、自分たちの存在を現地に根付かせていきます。その過程で、留学先の現地で働くという新たな可能性に目を向けることが多いです。そして、その可能性は魅力的です。新しい国で働くことは、新しい視点を持つこと、新しい人々とのつながりを作ること、そして何より自分の成長を促すことになります。

しかし、海外での仕事を見つけるというのはなかなか困難なことです。なんと言ってもビザの問題があります。働くためのビザを取ることは容易ではありませんし、留学ビザの期限が迫ってくるとなおさらです。私たちが現地で仕事を見つけ、働くためのビザを申請する前に、ビザの期限が来てしまうことはよくあります。

そんな時、私たちはまた「戻りたい」と強く思います。留学先に戻り、海外で仕事を見つける夢を実現したいと願うのです。しかし、この「戻りたい」という思いは、必ずしも悪いことではありません。むしろ、それは新たな夢を見つけた証拠です。そして、その夢を追い求めるためには、日本にいる間にスキルをさらに磨き、自己成長を続けることが大切です。

そのため、私たちはこの「戻りたい」という気持ちを力に変えて、海外で働くための準備をすることが必要です。英語力をさらに磨く、専門スキルを身につける、海外での仕事を探す方法を学ぶなど、留学終了後も自分を高め続けることが大切です。そして、その準備が整った時、再び海外に戻るチャンスが訪れるかもしれません。


学生生活へのノスタルジア

留学生活って、本当に特別な時間ですよね。仕事のストレスから解放され、自分の興味や好きなこと、この場合は英語学習、に集中できるのはとても有意義な時間だと思います。社会人として働く日々の中で、それはちょっとした逃避のように感じられるかもしれません。しかし、それは私たちにとって貴重な経験であり、自分自身を見つめ直すための機会なのです。

帰国後、日本の日常生活に戻ると、多くの人が留学生活の懐かしさに「戻りたい」と思うことでしょう。自由な時間、友達との楽しい過ごし方、新しい言語の習得という目標に向かって一緒に頑張る仲間たち。それはまさに学生生活そのもので、それぞれの日々が自分自身の成長につながっていたのです。

また、「戻りたい」と思う理由の一つに、学生生活に対するある種のノスタルジアがあるかもしれません。学生時代は、人生の中でも特に自由で、探求心に満ち、成長が促進される期間です。社会人となると、仕事の責任とプレッシャーが増え、自分の時間を見つけるのが難しくなります。それと比べると、学生時代は自由に自分の時間を使うことができ、新しいことを学ぶ機会がたくさんありました。そして、それら全てが、留学生活という形で再び体験できたのです。

それから、留学先での学生生活は、日本での学生生活とはまた違った魅力があります。異文化の中での生活は、新しい視点を持つことを可能にし、自分自身を成長させるための独特の刺激を提供します。そのため、帰国後に留学生活を懐かしむ気持ちは、単なる学生生活へのノスタルジアだけではなく、留学生活という特別な体験への思い出とも言えるのではないでしょうか。

留学先に戻りたい時の選択肢:ビザ問題編


再度の学生ビザ取得

「戻りたい」、この一言が頭から離れないとき、私たちが持てる最大の武器は何だと思いますか?それは、再度の学生ビザ取得です。そう、この手続き一つで、留学先への扉は再び開かれるのです。どの国でも基本的には学生ビザを複数回取得することが可能です。しかし、そのためには再び学生としての身分を得る必要があります。そのため、もう一度留学生となり、語学力をさらに磨きつつ、海外生活を再開することも夢ではないのです。

思い出してみてください。あなたが初めてビザを取得した時の感覚を。新たな留学生活が始まるワクワク感、未知の地での生活への期待、そしてちょっぴりの不安。そのすべてが、再度のビザ取得と共に再び蘇るのです。

そして、もちろん、ビザ取得はあくまで一つの手段。大切なのは、あなたが再び「戻りたい」と思うその土地で何を求め、何を達成したいのか。その目標を明確にすることで、ビザ取得というプロセスも意義深いものとなるでしょう。


ワーホリビザの取得

留学生活から戻った後でも、心のどこかで「戻りたい」と思っている皆さん、ワーホリビザについて知っていますか?このビザは、学生ビザとはまた異なる魅力を持っています。留学先に戻りたいという願望があるなら、ワーホリビザの取得を考えてみてはいかがでしょうか?

ワーホリビザの一番の特徴は、その名の通り「ワーク」と「ホリデー」、つまり働きながら休暇を楽しむという点にあります。これは学生ビザとはまた異なる経験を提供します。もし学生ビザを連続で取得するのが難しい場合でも、ワーホリビザなら比較的すんなりと取得できる可能性が高いです。

さらに、どの国のビザも通常2週間〜1ヶ月程度で取得可能なので、思い立ったらすぐにでも留学先へ戻れるのが魅力的です。そう、あなたが「戻りたい」と思うその土地へ、あっという間に再び足を踏み入れることが可能なのです。

しかし、その一方で、ワーホリビザは就労制限があることも忘れてはいけません。ビザの取得は一つのゴールではなく、留学先での新たな生活への一歩と捉えてください。だからこそ、あなたが「戻りたい」と思うその場所で、新たな挑戦を始めることができるのです。


観光ビザでの訪問

「戻りたい」。この一言が頭から離れない皆さんへ、観光ビザについてお話ししたいと思います。留学先に戻りたいという思いがあるけれど、すぐにビザを取得して長期滞在するのは難しい、そんな時に観光ビザは有効な選択肢となるでしょう。

観光ビザでその国を訪れることは、新たな視点で留学先を見直すことにつながります。学生としての日々とはまた違った、旅行者としての視点からその地を体験することで、留学先に対する理解がさらに深まるかもしれません。

また、観光ビザで訪問することで、心の中の「戻りたい」という思いがどれほど強いのかを見極める機会にもなります。その国に対する愛が強くなるかもしれませんし、逆に旅行で満足してしまって、「戻りたい」という思いが薄れるかもしれません。

どちらにせよ、観光ビザを利用して一度留学先を訪れてみるのは、今後の選択を考える上で大変有用な方法です。そして何より、「戻りたい」という気持ちを具体的な行動に移すことで、自分自身の思いを再確認できるのは大きな利点だと思います。

留学先に戻りたい時の選択肢:お金問題編


日本でのバイトと貯蓄

そこで、ここで日本でのバイトと貯蓄について考えてみましょう。現在の日本は労働者が減っており、求人はたくさんあります。仕事を探すのはそれほど難しくないでしょう。そして、あなたは留学経験者。その経験を活かすことで、英語を使用するバイトが可能です。翻訳や通訳、英語教師など、時給2000〜3000円の仕事も十分に見つけることができます。

貯金を積み重ねることで、再び留学先に戻る夢は現実になります。そしてその瞬間、自分が「戻りたい」という気持ちを形にしたとき、あなたは達成感を感じることでしょう。


オンラインの仕事による収入

あなたが「戻りたい」と心から願い、けれども財政的な制約に直面しているなら、オンラインの仕事がその答えになるかもしれません。現代は、デジタルテクノロジーが飛躍的に発展し、物理的な場所に縛られることなく働くことが可能な時代です。

オンラインの仕事は、その名の通りインターネット環境さえあればどこからでも働くことが可能です。それはつまり、あなたが日本にいる必要はないということ。そして、そのオンラインの仕事から得られる収入を貯めて、再び海外に行く手段として活用することができます。

想像してみてください。ワーホリビザや学生ビザで海外に戻り、オンラインの仕事を続けながら、日々の生活を送る。この新しいライフスタイルは、「戻りたい」という思いを現実のものにするための可能性の一つです。あなたのスキルとパッションを活かしたオンラインの仕事を見つけ、安定的に暮らしながら再び留学先の国を体験する。そんな生活はきっと、あなたの心に残る価値ある経験になることでしょう。


ワーホリビザでの海外での労働

皆さん、”戻りたい”、その一心で思考が満ちていませんか? でも、お金がなくてどうしようもない、という壁にぶつかった経験はありませんか? そんな方々に、少し高度な解決策を提案したいと思います。それは、ワーホリビザを取得して働くという方法です。

ワーホリビザを取得するという選択は、確かに難易度が高いです。しかし、難易度が高いからといって不可能ではないのです。むしろ、その挑戦が新たなドアを開くきっかけになるかもしれません。

特に、英語力がある方なら、海外でアルバイトを見つけることは可能です。ホスピタリティ業界やリテール業界、教育業界など、さまざまなフィールドで働くことができます。そして、その経験はあなたのキャリアにプラスとなり、自身の成長にもつながることでしょう。

“戻りたい”、その願望を再び現実のものにするためのステップとして、ワーホリビザの取得と海外での労働を検討してみてはいかがでしょうか。

留学先に戻りたい時の選択肢:学生編


再度の休学

“戻りたい”、その思いが心から湧き上がっている皆さんへ、もしも留学先に戻りたいと願っていて、そのための方法を模索しているなら、これから提案する策を検討してみてください。それは、再度の休学です。

一度休学して留学を経験し、日本に戻ってきたけれど、また留学先に戻りたいという思いが強くなってきた。そんな方には、もう一度休学するのも一つの手だと思います。一般的に、2回くらいの休学であれば、学校も理解してくれることが多いでしょう。

ただし、休学は就職活動に影響を及ぼす可能性があるというリスクも考慮するべきです。しかし、留学先で仕事を見つけたり、自分でビジネスを立ち上げたり、スタートアップに参画するような場合、休学したかどうかはそんなに重要ではないでしょう。

大学の退学

それでは次に、ちょっと前衛的な考え方を提案したいと思います。それは「大学の退学」です。まずはみなさん、一息ついて考えてみてください。「戻りたい」という想いは、どこから来るのでしょうか。それはおそらく、留学先での生活があなたにとって価値あるものであったからですよね。

もし、その経験があなたの中で価値観を変え、「もう日本の大学に戻る意味を感じられない」と思うようになったなら、その感情は無視しないでください。大学を退学し、再度留学先に戻りたいという選択肢も考えてみてはいかがでしょうか。大学を中退するという決断は、一見するとリスクが高そうに見えますが、今の時代、そうでもないと思います。

大手企業への就職を目指していないのであれば、大学を卒業する必要性は必ずしも強くはありません。実際、大学を辞めて起業し、大成功を収めた人々は少なくありません。”戻りたい”、その強い意志があるのなら、自分の道を切り開く勇気も持ってください。戻りたいと願う留学先で、あなたの夢を追い続けることこそ、あなたの人生を豊かにするかもしれませんよ。

観光ビザでの再訪問

さて、次に提案したいのは「観光ビザでの再訪問」です。留学先に「戻りたい」という想いが強いなら、まずは観光ビザで訪れてみるのはどうでしょうか。観光としてその国を訪れることで、違う視点から見ることができます。

観光ビザは比較的手に入れやすいものですし、留学生活とは一味違った、その国の魅力を発見できるかもしれません。また、観光という軽い気持ちで行くことで、改めてその国に対する愛着を確認する機会にもなるでしょう。もしかしたら、”戻りたい”という気持ちがさらに強くなるかもしれませんね。

しかし一方で、観光として訪れた結果、「あれ? 留学に戻るほどのことはないかも」と感じることもあるかもしれません。その国を訪れてみて、あなたが本当に戻りたいのか、再確認することも大切です。観光ビザでの再訪問は、そんな確認の機会を与えてくれる素晴らしい方法ですよ。

おわりに


さて、皆さん、これまでに様々な選択肢をご紹介してきましたが、どれも「戻りたい」という一心で留学先に再び足を運びたいというあなたの願望を形にするための方法です。ただ、大切なのはこれらの方法が絶対的な解答ではないということです。各々の状況や目標により、適した方法は変わります。

留学は人生において非常に貴重な体験であり、そこから得られるものは計り知れません。そのため、再びその場所に戻りたいという気持ちは、とても大切なものだと私は思います。

しかし、留学先に戻ることが本当にあなたの人生にとって最善なのか、自問自答することも大切です。戻りたいという思いを抱きつつも、その思いに囚われることなく、現在と未来を見据えた選択をすることが大切だと思います。

それでも、戻りたい!という気持ちが強いなら、まずは一歩を踏み出してみましょう。世の中には必ずあなたの為の解決策があります。今回紹介した選択肢が、あなたの旅の一部になることを願っています。

それでは、あなたの旅が素晴らしいものでありますように。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X