ENGLISH WORK公式

留学で孤独を感じる10の原因:世界レベルの陽キャとの付き合い

  • 投稿日時:8か月前

皆さんこんにちは、今回のブログでは、私たちが留学生活を通じて直面する可能性のある問題についてお話ししたいと思います。その名も、「孤独感」。海外での生活は楽しみや新しい体験が待ち受けている一方で、家族や友人から離れて生活することは、私たちを孤独感という壁にぶつけることがあります。

私自身も経験したこの「孤独感」、それは時に深淵であり、慣れない生活の中で感じる深い寂しさと向き合うことは簡単ではありません。しかし、この問題に向き合うことで、私たちは自己成長の一環として乗り越えることができます。

このブログでは、そんな孤独感に対処するための手段をいくつか紹介していきます。英語力の向上、自分に合ったコミュニティの見つけ方、家族とのコミュニケーションの取り方、さらには帰国の選択肢についても考察していきます。

このブログが、皆さんが留学生活を満足いくものにし、また挑戦や困難を乗り越えるための一助となれば幸いです。


留学中に孤独を感じる10の原因

英語ができないから

「英語ができないから孤独を感じる」──これは、語学留学を経験する日本人の多くが、共有する感情かもしれません。さて、あなたが英語力ゼロの状態で、いざ留学先の国に飛び込んだとき、何を感じましたか? 胸を満たすのは、高揚感?それとも、深い孤独感?

留学前、英語の勉強を始める時、私たちはよく「英語はコミュニケーションツール」と聞きます。しかし、実際に留学先の国に行ってみると、その英語の重要性がはっきりとわかります。言語は単なるコミュニケーションツール以上に、人々との絆を作り、理解を深める手段なのです。

英語が話せない状態で留学すると、まるで水泳を知らずに深い海に飛び込むようなもの。語学力がなければ、まわりの人々と自由にコミュニケーションを取ることが難しく、それはやがて孤独感となって身を包むことでしょう。

また、英語ができないという理由から、他人に話しかけることに怖れを感じるかもしれません。恥ずかしい、間違って笑われる、理解されない。そんな不安があなたを孤立させてしまうかもしれません。

しかし、その感情は決して恥ずかしいことではありません。なぜなら、それは留学生の大半が経験する感情だからです。この壁を乗り越えるためには、恐怖と直面し、英語を学び続けるしかありません。

思い返してみてください。留学を決意したときの自分の心情を。新しい経験に向かう前向きな気持ちを。それを忘れずに、毎日少しずつでも英語を学んでみてください。そして、どんなに困難で辛いと感じたとしても、あきらめずに英語力を上げていくことこそが、あなたを孤独感から解放する道なのです。


語学学校で友達ができない

語学学校で友達ができないという悩み、あなたも抱えていませんか? 留学生活で大切なのはもちろん英語力の向上ですが、同時に友達を作り、楽しい時間を過ごすことも重要ですよね。

友達を作ることが難しいと感じる一つの原因として、やはり英語力が挙げられます。英語が話せない状態で、異文化の中で新たな人間関係を築くのはなかなか大変。その中で、仲良くなりたい人と深い会話をしたいと思っても、うまく言葉を結べないという経験、あなたもきっとしたことがあるでしょう。

もちろん、言語以外のコミュニケーション力があれば、一定の人間関係は築けるかもしれません。ジェスチャーや表情、小さな親切な行動などでコミュニケーションをとることは十分可能です。しかし、それでもやはり深い友情を築くためには、言葉というツールが欠かせません。

言葉が通じないことで、友達作りの難易度が一気に上がることを感じたとき、孤独感を感じるかもしれません。しかし、それは同時にあなたが、より良い友達関係を作りたいと願っているからです。その思いを大切にし、そのための努力を惜しまないことが、あなたを前に進める原動力になります。

言語力の壁により友達作りに悩むあなたへ、私から一つアドバイスを。それは「英語力の向上」です。学校の授業だけでなく、自分から英語を話す機会を増やすこと。それが友達作りの難易度を下げ、そしてより豊かな留学生活を送るための一つの方法です。

友達を作ること、それは英語力の向上だけでなく、自分自身の成長、そして留学生活を充実させるための大切な要素。私たちはみな、言葉を通じて深い絆を築くことができます。英語力を向上させることが、孤独感を消す上でも重要となるでしょう。


陽キャについていけない

留学生活、その刺激的な経験の中には、どんな人間関係にも必ずといっていいほど存在する、陽キャの皆さんとの付き合いというものもあります。それは留学生活を彩るスパイスの一つでもありますが、その一方で、すべての人が陽キャとのコミュニケーションを楽しむとは限りません。

特に、欧米の学生たちとの交流では、その活動的な姿勢に驚かされることも多いでしょう。まさに世界レベルの陽キャである彼らと一緒にいると、一体どう振る舞えばいいのか、何を話せばいいのか、と戸惑い孤独感を感じることも。

日本であればなんとかついていけていたあなたも、海外の陽キャコミュニティーについていくのは、流石に無理だと感じることもあるでしょう。しかし、それは完全に自分自身が陽キャになる必要があるというわけではありません。

大切なのは、自分自身を偽らずに、自分らしくいること。それが自分を守り、心地よい関係を築くための第一歩です。陽キャの友人たちに振り回されるのではなく、自分のペースを保ちつつ、彼らとの関係を楽しむことが大切です。

そして何より、自分が陽キャについていけないと感じたとき、それは自分自身を知る良い機会でもあります。自分の性格、興味、価値観を見つめ直し、それに基づいて自分らしい関係を築いていくことが、留学生活をより充実させる一つの方法なのです。孤独を感じる必要はありません。


助けてくれる人の不在

留学生活、その魅力的な一面と同時に、様々な挑戦が待ち受けています。それは時に思い通りに事が進まないこと、予期しない問題に直面すること、そしてそういった際に頼れる人がいないことを意味します。日本では何か困ったことがあれば、すぐに親や友人、学校の先生などに助けを求めることができます。でも留学生活では、そうしたサポートを直接受けることは難しい場合が多いのが現実です。

これは、留学生が孤独感を覚える大きな要因となります。日本人特有の「他人に迷惑をかけたくない」という気持ちから、何でもかんでも自分一人で解決しようとする傾向があります。それが積み重なると、自分だけが問題を抱えていると感じ、孤独感が増してしまうでしょう。

しかし、ここで重要なのは、留学とは一人で全てを乗り越えることではなく、新しい人々と協力しながら、異文化を経験し、学び、成長していく場であるということを忘れないことです。頼れる人がいないと感じたときこそ、新しい人々とのつながりを深め、相互に助け合う機会を探す時です。

留学先の現地の友人や教師、ホストファミリーなど、多くの人々があなたの成長をサポートしたいと願っています。留学生活において、他人に頼ることは悪いことではありません。自分一人で解決できない問題に直面した時こそ、頼ってみてください。それが留学生活の新たな学びとなり、そして孤独感を和らげるきっかけとなるでしょう。


一緒に頑張れる仲間がいない

留学中、まわりを見渡してみると、様々な国籍、言語、文化背景を持った人たちが一緒になって英語を学ぶ姿が見受けられます。それはそれで美しい風景なのですが、そんな中で「一緒に頑張れる仲間」が見つからないと感じてしまうこともあるのが現実です。

これまで中学、高校、大学、そして社会人生活と、あなたは何らかの共通の目標やゴールを共有する人たちと一緒に過ごしてきたでしょう。しかもそのすべてが、同じ言葉を話し、同じ日本社会で育った共通の価値観を持つ人たちです。それに対し、留学の現場では、異なる環境で育った人たちと「英語を話せるようになる」という目標だけを共有している状況です。

そしてそれぞれの人が英語を学ぼうとする理由も様々です。さらに学校や職場のような環境と異なり、学習は自発的なもので、同じように頑張ろうとする仲間を見つけにくいという状況にあります。

またヨーロッパ出身の人たちは、あまり勉強しなくても、どんどん英語力を高めていきます。これが、留学生が孤独感を感じる大きな要因の一つとなります。

しかし、留学中に見つける「仲間」は、日本で経験したような形とは少し異なるかもしれません。それは同じ国籍や同じ文化背景を持つ人々ではなく、同じ目標や価値観を持つ人々かもしれません。それは違う背景を持つ人々と共に学ぶことで得られる、留学ならではの貴重な経験です。

だからこそ、留学は新たな「仲間」を見つける絶好の機会です。言葉や文化の違いを超えて、一緒に英語を学び、異文化を体験し、互いに刺激を与え合いながら成長する仲間です。そのような仲間との出会いこそが、留学で孤独感を乗り越えるための一つの大切なキーとなるでしょう。


自己肯定感が下がる

留学という新たな環境に飛び込むと、初めて自分の英語力の未熟さに直面します。そうした状況は、自己肯定感を下げ、自分を「バカ」だと感じる瞬間につながることがあります。「私って、こんなに英語が下手だったんだ…」という痛い自覚が産まれるのです。

これは決してあなたが「IQが低い」からではありません。英語習得には時間がかかるだけで、それは誰にでも共通する事実なのです。しかし、現実として、初めて留学を経験する多くの人が、自己肯定感の低下という大きなストレスに直面します。

このような時、孤独感は深まりがちです。なぜなら、自己評価が下がると、他人とのコミュニケーションを避け、自己防衛の一環として孤立を選択する傾向があるからです。だからこそ、自己肯定感を保つことが大切なのです。

自己肯定感を保つためには、自分自身を客観的に見つめることが大切です。自分の英語力の現状を理解し、そこから少しずつ改善していくことが大切です。また、自分の価値を英語力だけで測らないことも重要です。あなたは英語力だけでなく、他の多くの素晴らしい能力や魅力を持っているはずです。

留学生活の中で、自己肯定感を保つことは容易ではないかもしれません。しかし、自分自身を信じて進んでいくことで、孤独感を克服し、更なる成長を遂げることができるでしょう。


アジア人差別を受ける

留学生活は素晴らしい経験を提供する一方で、悲しいことにアジア人差別を受ける可能性もあります。そして、それは留学生たちが孤独感を増幅させる原因の一つとなることも珍しくありません。

差別というものは、当然ながら極めて心を傷つけるものです。また、その多くは意図的なものであるとは限りません。しかし、意図的でない差別でも、その痛みは変わりません。それは時に無意識のうちに放たれるコメントや態度によって、自分が「異なる」存在として認識されていることを痛感させられるからです。

日本では経験することのないこのような経験は、留学先での生活を一層孤独なものにしてしまう可能性があります。新しい環境で既に困難を抱えている状況で、さらに差別のような心理的ストレスを感じると、その孤独感は一気に高まります。

それでも、差別に対しては決して屈するべきではありません。差別に対抗するには、自分自身を信じること、自分のルーツを誇りに思うこと、そして自分を理解しようとする人々を見つけることが大切です。そうすることで、孤独な瞬間を乗り越え、留学生活の中で自己成長を遂げることが可能となります。


語学学校が終わった後の時間が孤独

語学学校が終わった後の時間が、予想外の孤独感を生み出すこともあるんですよね。留学生活では、授業が終わった後の自由な時間がたくさんあります。そんな時、一人の時間が多くなると、感じられる孤独感は大きくなります。

語学学校では、皆でご飯を食べたり、雑談したりする友達がいます。しかし、学校から出ると、家に帰ってゴロゴロしながらSNSを見たり、YouTubeを観たりするだけの時間が増えます。授業が午前中に終わることも多く、午後の時間が自由になることも多いのです。

この時間を有効に使えるかどうかが、留学生活の孤独感を軽減するための鍵となります。自分の趣味に打ち込む、地元の人と交流する、新しいことに挑戦するなど、自分だけの時間を楽しみ、価値あるものにする方法は無数にあります。

もちろん、自分の時間を満喫することも大切ですが、その一方で孤独感に打ち勝つためには、自分自身と向き合い、孤独を受け入れ、それを乗り越える力を育てることも大切です。そうすることで、留学生活をより充実したものにすることができるでしょう。


友達がすぐに自国に帰ってしまう

留学生活における大きな課題の一つが、友達がすぐに自国に帰ってしまうという現象です。これは特に留学生活で孤独感を増幅させる要因となり得ますよね。

留学生の滞在期間は人それぞれ。短期留学を選んでいる人も多く、1~3ヶ月程度の滞在で終わることも珍しくありません。そうした友達がすぐに自国に帰国してしまうと、せっかく築いた関係が一夜にして断ち切られることになります。友達との別れは誰にとっても辛いものですが、特に新しい環境で得た友情が、あっという間に消えてしまうと、その孤独感は倍加します。

そして、そのような経験を何度も繰り返すと、どうしても人間関係を築くことへの意欲が低下し、自己防衛のために自分を孤独に閉じこもってしまうこともあるでしょう。そういった時には、自分一人で全てを乗り越えようとせず、支援を求めることも大切です。

しかし、この状況をポジティブに捉えることも可能です。友達が頻繁に入れ替わるということは、それだけ新しい出会いがあるということ。それぞれの友達との別れは、新たな出会いへの扉を開くスタートラインでもあります。これを機会に、様々な文化や価値観を持つ人々との交流を深め、自身の視野を広げるチャンスと捉えてみると、孤独感を少し和らげることができるかもしれません。


家族と離れ離れになる

留学生活においては、親元を離れて一人で生活をすることが求められます。これによって感じる孤独感は、決して小さなものではありません。

日本でいつも家族と一緒に過ごしていた人にとっては、留学先での生活は特に孤独を感じやすいかもしれません。家族との距離が物理的にも、感情的にも広がることで、どうしても心の中に孤独が生まれてしまいます。

それまで一人暮らしを経験していた人でも、異国の地では新たな孤独感が生じることでしょう。日本であれば、何か問題が起きたときには親や親しい人に助けを求めることが可能ですが、海外ではその手段が限られてしまいます。その結果、留学生活は厳しさを増していくかもしれません。

しかし、ここにも学びの機会が存在します。自分自身で問題を解決し、生活を立て直す力を身につけることができれば、それは人生全般で役立つスキルとなるはずです。自分一人の力で困難を乗り越えることは難しいかもしれませんが、そこには必ず助けになる人やリソースが存在します。そのような支えを見つけ出し、利用することで孤独感を少しでも和らげることが可能です。

以上のことを念頭に置きつつ、新たな環境での生活にチャレンジしてみてください。それが留学という大きな一歩を踏み出すための助けとなるはずです。

留学中の孤独を消すための6つの方法


留学前に英語力を上げる

留学中の孤独感は、多くの場合、英語力のなさから引き起こされることが多いのです。なぜなら、コミュニケーションの不足が孤独感を増幅させるからです。

これはとても繊細な問題ですが、言葉が通じないことで友人を作ることが難しくなります。もちろん、留学生の中には様々な国から来ている人たちがいて、全員が完璧に英語を話せるわけではありません。しかし、基本的なコミュニケーションが取れないと、話を深めることも難しく、その結果、深い友情を築くことができない場合があります。このような状況は、やはり孤独感を引き起こします。

また、英語力がないことで自己肯定感が下がり、それがさらに孤独感につながることもあります。自分が理解できないことにフラストレーションを感じ、それが自己評価を下げる可能性があります。その結果、自信を失い、より孤独感を深めてしまうこともあるのです。

だからこそ、留学前にある程度の英語力を身につけることが大切です。ある程度英語を話せるようになると、コミュニケーションの不安が減り、友達を作る機会も増えます。そして、その結果、留学生活をより豊かで楽しいものに変えることができるのです。

それに、留学生活は学ぶ機会の連続です。英語力を前もって磨くことで、その学びをより深く、より広くすることが可能になります。結果的に、孤独感を感じる時間も減少することでしょう。

ですから、留学前の時間を大切にし、英語力の向上に努めることをおすすめします。それが留学生活をより良いものにするための第一歩です。


暇を有意義に過ごす

一日の大部分を自由に過ごすことができる留学生活は、新鮮で興奮する反面、時に孤独感を引き起こす原因にもなり得ます。特に語学学校が午前中で終わると、あとは完全に自由な時間が広がっています。この大量の空き時間が、時に孤独感を増幅させることがあります。

なぜなら、人間は暇な時間があると、ネガティブなことを考えがちだからです。ひとりぼっちの時間が多いと、人は自然と悩みや不安に向き合うことが多くなります。その結果、孤独感が深まることがあります。

でも逆に考えてみてください。忙しい時、心に余裕がない時、あなたは孤独を感じますか?多くの場合、忙しさが心の隙間を埋め、孤独感を和らげる効果があります。だからこそ、有意義な活動を見つけて時間を埋めることが大切なのです。

例えば、一人でもできる英語学習に時間を使うことができます。これは、留学の目的である英語力向上に直結するので、一石二鳥です。また、留学先でできた友達とバーやカフェに行って、新しい文化を体験するのも良い方法です。これは、留学生活を楽しみながら、同時にコミュニケーションスキルを向上させることにもつながります。

また、留学生活は自分の将来を考える良い機会でもあります。将来の夢を追求するための時間を持つことができます。プログラミングを学んだり、アートを学んだり、新しい趣味を見つけたり、スキルを磨いたり。これらはすべて、あなたが自分自身の人生をより良いものにするための手段です。

要するに、留学生活中の孤独感を乗り越えるための秘訣は、”暇を有意義に使うこと”です。自分の時間を、自分自身の成長や楽しみに役立てることで、孤独感は自然と薄れていくことでしょう。


アジア系の友達を作る

留学先で友達を作るのは簡単なことではありません。特に異文化環境では、言葉の壁や文化の違いから生じる誤解が、コミュニケーションを困難にすることがあります。そんな時に感じる孤独感は、言葉では表現できないほど深く、重いものかもしれません。

しかし、心配しないでください。ここに一つの提案があります。それは、「まずはアジア系の友達を作る」ことです。ヨーロッパ系の人とのコミュニケーションに困難さを感じているのなら、近い文化圏の人々とつながることで、その壁を乗り越える手助けになるでしょう。

例えば、同じ学校に通う韓国人の学生と話してみてはいかがでしょうか。政治的な視点から見れば、日本と韓国は一部で対立しているかもしれません。しかし、個人レベルでは、同じアジアという文化背景を持つ我々は、意外と共通点が多いものです。食文化や価値観、慣習など、共感できる部分はきっと多いはずです。

同じような経験をしている人々とつながることで、異国での孤独感を和らげることができます。また、留学生としての共通の悩みや課題を分かち合うことができるでしょう。それは、新たな友情を生み出し、留学生活をより豊かで有意義なものにすることにつながります。

アジア系の友達を作ることは、留学生活で孤独感を感じた時の対処法の一つです。その一歩が、あなたの留学生活をより楽しく、有意義なものにする可能性がありますよ。ぜひ、新たな出会いに胸を膨らませ、異文化交流の楽しさを味わってみてください。

家族に電話する

留学は一人ぼっちの時に孤独感が押し寄せてくることがあります。学校の授業が終わって帰宅したとき、空っぽの部屋があなたを待っている。誰とも話すことなく過ぎていく時間が、孤独感を増大させます。

そんな時におすすめなのが、家族に電話をかけること。あなたが思っている以上に、お母さんやお父さん、お兄さんやお姉さん、弟や妹はあなたのことを思っています。そして、あなたの留学生活の様子を聞きたがっているはずです。

留学中に日本語を話すことに罪悪感を感じる人もいるかもしれません。しかし、そんな罪悪感は全く必要ありません。なぜなら、日本語を話さないことが英語力アップにつながるというわけではないからです。

逆に言えば、家族と日本語で話すことで、一時的にでも心の中のプレッシャーを解放することができます。それは、孤独感を軽減させ、新たな勇気を与えてくれるでしょう。そして、気持ちが落ち着けば、再度英語に向き合う力が湧いてくるはずです。

家族に電話することで、あなたの日常の出来事や感じたことを共有することができます。それは家族との絆を深めるだけでなく、孤独感を和らげ、心に余裕をもたらすことにもつながります。そして、そんな余裕こそが、新たな学びへのエネルギーとなり、あなたの英語力アップにも寄与するはずです。

だからこそ、時々は家族に電話をかけてみてください。その声を聞くだけで、あなたの心はきっと温かさを取り戻すでしょう。そして、新たな一日を迎えるためのエネルギーをもらえることでしょう。

必要なら帰国する

留学中、時には寂しさが嵩じて孤独感がピークに達することもあります。友達がたくさんいても、学校の授業が楽しくても、時には異国の地での生活に寂しさを感じてしまうことは避けられないのかもしれません。

そんな時、思い切って一時帰国してみるのも良い選択肢です。留学先にずっといなければならないというルールはありません。資金が許すのであれば、一時的にでも日本に帰ることで心の安らぎを取り戻し、再び留学生活に挑む新たなエネルギーを得ることができます。

帰国したからといって英語力が下がるわけではないですし、むしろリフレッシュすることで再び英語学習に向き合う意欲も湧いてくるでしょう。異国での孤独感から一時的に逃れ、日本でリラックスし、心地よい場所で過ごすことができます。

帰国すれば、日本の美味しい食事を堪能し、家族や親しい友人たちとの時間を過ごすことができます。それだけで孤独感はだいぶ和らぎ、再び海外での生活に対するポジティブな気持ちを取り戻すことができるでしょう。

私の言いたいことは、あまりにも孤独感に悩んでいるなら、無理に我慢する必要はないということです。自分の心の声を大切にして、必要ならば帰国する勇気をもってもいいのです。

あなたの留学生活はあなたのもの。一時帰国することでリセットすることも、孤独感と上手く付き合う一つの手段だと思ってください。それはあなたの英語力向上、そしてより充実した留学生活に繋がる大切な一歩なのですから。

自分に合ったコミュニティを見つける

皆さん、留学には色々な人がいますよね。陽気でエネルギッシュな陽キャ軍団だけでなく、内向的で落ち着いた雰囲気を持つ人たちも大勢いることをお忘れなく。その中で自分自身が居心地の良いと感じるコミュニティを見つけることが大切です。

なぜなら、自分が属するコミュニティに違和感を感じると、それが孤独感を助長する原因になるからです。みんなが楽しそうにしている中で、自分だけがついていけないと感じてしまうと、その孤独感は増してしまいます。

でも大丈夫です。留学生活の中には、あなたが自分自身であることを許してくれるコミュニティが必ず存在します。そこでは無理に振舞うことなく、自然体でいられるでしょう。それがあなたにとって最適な環境であり、そこでの人間関係を築くことで、孤独感を感じることも少なくなるでしょう。

私が皆さんに提案したいのは、無理して全員が陽キャのようなグループに参加しようとするのではなく、自分に合ったコミュニティを見つけること。そこではあなたが自分自身でいることを認めてくれる人たちと、共感や理解を深めることができます。

あなたが自分に合ったコミュニティを見つけ、孤独感から解放されることを心から願っています。あなたの留学生活が、自分自身を見つめ直す機会となり、自己理解を深めるきっかけになることを願っています。そして、そうした経験があなたをさらに成長させる力となることを信じています。

結論:孤独を乗り越えて得られるもの


皆さん、ここまで読んでいただきありがとうございました。留学生活は、新たな人々との出会い、新しい環境への適応、自分自身の成長を経験するための貴重な機会です。しかしながら、留学という大きな変化は、時として孤独感という課題をもたらします。

しかし、今回私が共有したいくつかのアイデアや考え方が、孤独感を克服し、留学生活をより充実したものにする手助けになれば嬉しいです。留学生活は挑戦の連続ですが、それは同時に自己発見と成長の舞台でもあります。

孤独感は厳しいものかもしれませんが、それを通じて自分自身を深く理解し、新しい自分を見つけることができます。そして、その経験はあなたを強くし、これからの人生にとっての大きな資産となるでしょう。

これからも皆さんの留学生活が、一生の宝物となるような素晴らしいものであることを祈っています。そして、いつでも困ったときには、このブログがあなたの参考になればと思います。皆さんの留学生活が成功することを心から願っています。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X