ENGLISH WORK公式

留学した人の言動がムカつく10 の理由

  • 投稿日時:8か月前

はじめまして、皆様。今日はある特定のグループについて話をしてみたいと思います。その名も「留学経験者」です。そう、彼らが帰国した後に取り戻す日常生活や、その行動、そして言動がときどき私たちの神経を逆なで、ムカつかせることがある、という話です。

留学という経験は、人生の大きな節目であり、視野を広げ、成長する機会でもあります。異なる文化を学び、新たな言語を身につけ、自身の理解と対応能力を深めるための素晴らしい経験です。しかし、その価値を感じ取り、それを人生の一部にすることと、その経験を他人に対する自慢や偽りのステータスシンボルにすることは全く異なります。

そう、ある種の留学経験者たちは、その経験を一種の「バッジ」のように見せびらかし、周囲を不快にさせることがあります。その行動パターンは一定しており、ムカつく話題を連発してしまいます。その行動の一部をピックアップし、私の視点からそのムカつき度を分析してみたいと思います。

この記事は、留学経験者全体を批判するものではありません。多くの留学経験者はこのパターンには当てはまらないことを明確にしておきます。しかしながら、ある種の留学経験者の行動パターンにムカつく経験がある方は、この記事を楽しんでいただけることでしょう。それでは、一緒にこの旅を始めましょう。


留学した人の言動がムカつく10 の理由

私たちがみんな留学すべき?:留学者の価値観押し付けのエグさ

私たちがみんな留学すべき?この問いに対し、留学した人たちは「もちろんだよ!」と自信満々に答えるでしょう。それは彼らの言動が教えてくれます。「海外至上主義」を掲げ、留学すべきだという価値観をまるで当然のように押し付けてくる。これこそが、彼らの言動がムカつく一つの理由です。

彼らは時として自分の経験が絶対だと言わんばかりに、まるで日本人はみんな留学すべきだと主張します。海外の文化を理解し、異なる視点を持つことは素晴らしいこと。だけど、それを他人に強要するのはどうでしょう?全ての人が海外での生活を望むわけでもないし、それが全ての人にとって最善の道であるとは限らない。それなのに、「海外経験こそが人生を豊かにする」という言葉が、ムカつくほど耳につく。

留学生活が彼らにとって素晴らしい経験だったのは理解できます。でもその価値観を他人に強要するのは、ちょっと待って欲しい。自分たちの視点が全てではないということを理解してほしい。留学は一つの選択肢であって、それが全ての人にとって最善の道とは限らないのです。

僕たちも留学者たちの意見には耳を傾けています。だけど僕たちはそれぞれの人生を生きている。留学を経験したことで自分の人生が豊かになったと感じる人もいれば、それとは違う道を選んだ人もいる。その全てが尊重されるべきだと僕は思います。

ここで言いたいのは、価値観の押し付けがムカつくということです。留学は素晴らしい経験だと僕も思います。だけどそれが全ての人にとって必要な経験だとは思いません。留学経験者たちには、自分の経験を他人に強要せず、それぞれの人生を尊重する姿勢を持ってほしい。そしてそれが、より多くの人たちが留学に対する理解と興味を持つきっかけになるのではないかと思うのです。


日本軽視の発言:留学者の我が物顔な日本批判

日本軽視の発言。まるで我が物顔で日本を批判する留学者たちの態度は、たまに耐え難いものがあります。彼らの言動から感じる、留学者特有の日本に対する否定的な視点、それが僕らをムカつかせる一つの要因なんです。

留学生活から帰国すると、彼らはまるで自分だけが異なる世界を見てきたかのように振る舞います。日本の文化や日本人に対する無神経な批判が口から滑り落ちる。例えば、「日本の労働環境は酷い」とか、「日本人は真面目すぎる」なんて言葉が。しかし、そんな彼らも日本人。そんな状況や性質を共有しているくせに、彼らの発言は「私はあなたたちとは違う」とでも言わんばかり。これが、彼らの言動がムカつく理由なんです。

ムカつくほど、彼らは我が物顔で日本を批判します。それを見聞きして、どうしても疑問に思うことがあります。彼らが言う日本の問題点は、留学を経験したからといって解決できるものではない。彼ら自身も日本の一部。だからこそ、その問題を共有し、一緒に考え、改善していくべきではないのでしょうか。

ここで言いたいのは、僕たちは自分たちの国や文化を軽視する言葉を受け入れる必要はない、ということ。留学経験があるからといって、自分たちの国や文化を否定する権利があるわけではない。むしろ、彼らは海外の視点を持つことで、日本の良さも理解し、その価値を広める役割があるのではないでしょうか。

批判の言葉は簡単に出てきますが、それでは問題は解決しません。留学生たちに僕が望むのは、自分たちの経験を活かして、問題を解決するためのアイデアを提供してくれること。その努力こそが、留学経験者に求められる価値だと僕は思います。


一年間の全知全能:留学しただけで全てを知ったと豪語する留学者たち

一年間の全知全能。たった一年間海外で過ごしただけで、まるで世界の全てを知っているかのように振る舞う留学者たち。そんな彼らの態度は、本当にムカつくことがあります。留学経験があるとはいえ、その短い期間で世界全てを知ることなんてできません。それどころか、留学したことで自身が大きく成長したと勘違いしてしまうことが、彼らの態度を余計にうざったくさせるのです。

留学はもちろん、人によっては人生を大きく変える可能性がある体験です。新しい環境で学び、自己を発見し、視野を広げる機会を得られるのですから、それは間違いありません。だけど、それが一方で、留学した人々が「俺はお前らより凄い」とでも言いたげに、政治や社会について語る理由になるわけではありません。それどころか、その態度は周りからムカつくと感じられる要因となっています。

さらに、留学経験者の言動がムカつく理由として、彼らが日本にいる人々を見下す傾向があることも挙げられます。留学したからといって、日本にいる人々に比べて人間性が大きく成長したという保証はないのです。日本にいても、自己啓発に励む人、新しいことに挑戦する人、自身を成長させるために努力する人はたくさんいます。彼らは自分自身を高めるために、留学という体験を必要としないのです。

だからこそ、僕たちは留学経験者たちの「全知全能」な態度を見て、反発を感じるのです。それは彼らの経験や知識が誤っているからではなく、それをどのように振る舞い、それをどのように他人に伝えるか、という問題からくるもの。留学経験者であればあるほど、彼らには他人に対する配慮と謙虚さが求められるのではないでしょうか。


危険エピソード自慢大会:留学経験者の腹立つ自己顕示

危険エピソード自慢大会、これもまた留学経験者の一部が陥りがちな行動で、そして、なんともムカつく行為ですよね。海外にいると、どうしても危険な目に遭うこともあります。財布を盗まれそうになったとか、ナイフを突きつけられたとか、飲み物に何かを入れられそうになったとか。そういう話をするとき、留学経験者の中には「こんな危険な体験を乗り越えた俺、凄いだろ?」という優越感が透けて見えてしまう人がいるのです。そういった態度が、周囲の人々をムカつかせてしまうのです。

これは自己顕示の一つの形で、留学経験者の中には、自分の体験をもって他人を圧倒しようとする人がいます。その際に出てくる危険エピソードは、リアリティがあり、語り手自身がヒーローのように見えるので、特に使われやすいのです。しかし、それはリスペクトを求める行為というよりは、他人を小馬鹿にするような行為であり、これが相手を不快にさせる原因なのです。

しかしながら、大事なことは、留学経験者全体がそういった態度を取るわけではないということです。大多数の留学経験者は、海外での経験を自己成長のための手段としてとらえており、それを自慢話に変えることはありません。むしろ彼らは、自分の経験を通じて得た知識や視野を、他人を啓発し、より良い社会を作るために活用しようとします。

だからこそ、危険エピソード自慢大会を行う留学経験者たちは、彼ら自身が海外で学んだはずのリスペクトや共感力を持ち合わせていないと言えるでしょう。そして、それが周囲の人々をムカつかせてしまう原因となっているのです。


違法行為の誇示:留学生のタチの悪い自慢話

違法行為を自慢する、そんなタチの悪い行動があることをご存知でしょうか?これもまた、一部の留学帰りの人々がやりがちな行動で、残念ながら周囲からはとてもムカつかれる行動なのです。

たとえば、日本では禁止されている薬物。しかし、海外ではその規制が緩く、手軽に試すことができる場所もあるのは事実です。その経験を無邪気に語る姿は、まるで中学生が「俺、タバコ吸うんだぜ」と自慢しているようなもの。それは実際には日本法下では犯罪者に他ならないのですが、彼らは「悪いことする俺=すごい、人生経験豊富」といった言い振りで話します。

このような行動は、周りから見ればただの無法者であり、留学経験が人を成長させるはずが、成長どころか逆に退化させているかのように見えます。そして、このような自慢話がもたらす結果は、人々の心を遠ざけることと、それによりムカつかせることなのです。

重要なことは、留学経験者全体がそういった行為をしているわけではない、ということです。しかし、残念ながらそのような人々が存在することで、留学経験者全体のイメージが悪くなることもあります。そのため、適切な態度と価値観を持つことが求められるのです。そうすれば、留学経験者としての信頼性が保たれ、周囲からの評価も高まるでしょう。


人生が変わるとの軽い言葉:留学者の表面的な表現に辟易

「人生が変わったんだ」、そう言う留学帰りの人たちに耳を傾けたことがありますか?留学という経験が人を変える可能性があることは否定できませんが、それがどのように具体的に変わったのか具体的なエピソードもなく述べられると、たしかにムカつく気持ちになるかもしれません。

そもそも、「人生が変わる」という言葉自体が、とても重い意味を持つ言葉ですよね。それは人間の思考や行動、視点、価値観など、根本的な部分が大きく転換した状態を指すはずです。しかし、具体的な変化のエピソードがないまま「人生が変わった」と言われると、その言葉自体が薄っぺらく感じられてしまいます。そして、その人に人間的な成長や英語力の向上が見られない場合、その言葉はさらに薄っぺらさを増します。

これは私の考えですが、「人生が変わった」と言う前に、一度その意味を深く考え、自分がどのように変わったのかを明確に理解しておくことが大切だと思います。また、他人にそれを伝える時は具体的なエピソードを共有することで、他人の理解と共感を引き出すことができるでしょう。

しかし、具体的な変化が見られないまま「人生が変わった」と言い張る人がいることは、その人自身が自分の成長を正確に理解していない証拠かもしれません。それに対して周囲がムカつく感情を持つのは、当然の結果だと言えるでしょう。


海外ではこれが普通だから:留学者の不適切な行動を誤魔化す口実

「海外ではこれが普通だから」、こんな言い訳を耳にしたことはありませんか?この言葉が出てくると、ムカつく感情が湧いてくるかもしれませんね。というのも、それはつまり、日本の常識やルールを無視してでも自分の行動を正当化するための言葉に聞こえてしまうからです。特に、明らかに日本でやったらおかしい行動を、「海外では普通だから」と言い訳するのは、周囲を驚かせ、ストレスを与えるだけです。

それは、自己顕示のようにも見えてしまいます。「俺は世界基準の価値観を持っている」と言わんばかりの行動。その自己顕示があまりにも無理矢理で、破天荒で、他人を不快にさせるようなものだと、余計にムカつく感情が高まるでしょう。

私の考えとしては、海外で学んだ価値観や行動があるなら、それを自分の行動に反映させるのは自由です。しかし、その結果として周囲に迷惑をかけるような行動をするのは許されません。また、その行動が本当に海外で普通なのか、それとも自分だけがそう思い込んでいるのか、しっかりと確認することが必要だと思います。あまりにも自己中心的な行動は、周囲の人々を遠ざける結果を招きます。

留学体験は貴重なものであり、その体験を通じて成長することは素晴らしいことです。しかし、それを他人に押し付けるような行動は控えるべきです。自分の体験が他人にとって必ずしも共感を得られるものではないという自覚が必要ではないでしょうか。


日本語忘れちゃった:留学者の生意気な自慢話

「日本語、ちょっと忘れちゃったかも」、留学経験者が言うと、なぜかムカついてしまうこのセリフ。そんな皆さんの心中、私もよくわかります。なぜなら、この言葉には、多くの時、英語を話せる自慢、そして留学していた自慢が隠れているからです。

本当に日本語を忘れてしまうほどの海外生活を経験した人は少ないはず。日本で育った大人が1年かそこらの留学で日本語を忘れることなど、ほとんどあり得ないでしょう。それを主張すること自体が、実際の英語能力とは関係なく、留学経験を誇示したいという心理が透けて見えて、それがムカつくのです。

それに、本当に英語をしっかりとマスターした人は、日本語を忘れるどころか、二つの言語を自由に使い分けるスキルを身につけます。そのため、「日本語忘れちゃった」なんていう言葉が出てくると、その英語能力自体に疑問が生じることもあります。

留学経験を持つことは、自分自身の視野を広げ、さまざまな価値観を受け入れる素晴らしい機会です。しかし、それを他人を見下す材料に使ってしまうと、周囲からの評価は逆に下がるでしょう。日本語を忘れてしまったと言う前に、留学体験がどのように自分を成長させたのか、その具体的な部分を伝える方が、他人からの理解も得やすいはずです。


謎の英語発言:日本人でありながら英語を織り交ぜる留学者たち

皆さん、会話の途中で英語を不自然に織り交ぜてくる人に出会ったことはありませんか?特に「Really?」「Yeah!」など、日本語の中に英語単語をぶっ込むのは留学経験者の間でよく見られる特徴。あるいは、”uh-huh”など、日本の会話では一切使われない相槌を多用するケースもありますよね。これらの行為も、留学した人の言動がムカつく理由の一つです。

英語の片言を交える行為自体は問題ではありませんが、それが自己顕示の手段となると、一線を越えてしまいます。実際、大して英語を話せない人がわざわざ英単語を挟むと、それは単に自分の留学体験をアピールしたいだけの行為に見えてしまいます。そして、それがムカつくのです。

会話の中で必要に迫られた場合、英語を使うことはあります。しかし、それが謎の自己顕示になるのは問題です。日本語で十分伝えられることを英語にするのは、言葉の使い方としても無駄が多いし、コミュニケーションとしてもスムーズでないですよね。

留学を通じて培った経験や知識を自慢するのではなく、それをどのように自分自身の成長につなげているかを伝えることが大切です。そしてそれは、無理に英語を混ぜることではなく、自分の言葉で素直に表現することで達成できます。それこそが、本当の言語力というものではないでしょうか。


Fワードの乱用:留学者の見苦しい言葉遣い

皆さん、謎のFワードを頻繁に使う人に出会ったことはありませんか?これは、「Fuck」という言葉のことで、特に留学帰国者がこの言葉を多用する傾向があるのです。「Shit」などの汚い言葉も同様。このような言葉遣いも、留学した人の言動がムカつく理由の一つになります。

不思議なことに、英語をあまり上手く話せないのに、こうした卑猥な言葉は意外とよく使われるものです。それは、日本人が英語を学ぶ過程でよく聞く言葉だからかもしれませんが、それがどうしてもムカつくんですよね。なぜなら、彼らがこれらの言葉を使う理由は、その言葉が表現する感情を強調するためではなく、単に自分が留学経験者であることをアピールしたいからだと感じるからです。

また、英語を話す環境であれば何を言っても許されるという感覚が、一部の留学経験者には存在するようです。これもまたムカつくポイントで、言葉の選択が無闇に広がると、その中には不適切なものも混ざりがち。そしてその結果、会話の中に無意味なFワードが浮き彫りになるのです。

言葉遣いはその人の教養を示すものであり、言葉の選択一つでその人の品位や教養が見えてきます。これらの汚い言葉を無闇に使うことは、他者に対する敬意や配慮が欠けていることを示しています。言葉遣いに気をつけることは、他人との円滑なコミュニケーションを保つための基本的なマナーであり、それを理解し実践することが求められます。

おわりに


多くの留学生の”ムカつく”行動パターンを一緒に見てきました。もちろん、これら全てが全ての留学生に当てはまるわけではないのを再確認しましょう。しかし、ある特定のグループがこれらの振る舞いを持つことは否めません。

私たちの目指すのは理解と対話です。留学経験は人生を豊かにするものであり、その経験を誇りに思うことは大いに結構です。だからこそ、それを他人に対して矜恃として使うのではなく、自己成長としての経験を積極的にシェアし、他人を理解しようとする姿勢を大切にしましょう。

留学経験者たちは、自身の経験を他者と共有し、彼らの視野を広げるための鍵となる可能性を秘めています。その可能性を最大限に引き出すためにも、彼ら自身が自分の行動や言葉遣いに気をつけることが重要です。そのためには、時には自身の振る舞いを見つめ直すことも必要かもしれません。

この記事が、それぞれの立場からの理解を深め、更なる対話を促す一助となれば幸いです。皆さんがこれから留学を経験する方、既に経験した方、そしてそれを見守るすべての方々に、これからも豊かな経験と学びがありますように。それでは、また次回お会いしましょう。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X