ENGLISH WORK公式

留学で途中帰国は全然OKの理由7選:心の信じて

  • 投稿日時:8か月前

皆さんこんにちは。海外での生活は時には険しい道のりだと感じることもありますよね。異文化の中で自分を見つめ直すという経験は、価値あるものですが、同時に大きなストレスになることもあります。そんな中、一部の留学生たちは途中で帰りたいと思うかもしれません。そういう時、どう向き合うべきなのでしょうか?

この記事では、途中帰国を考える留学生たちへ向けて、いくつかの視点と具体的なアドバイスを提供します。それは「途中帰国を恥じるな!それは新たな人生のスタート」から「留学生活でのやり残しはないか、再確認する」まで、さまざまな観点から留学生活を再考するきっかけになるでしょう。

私たちは、あなたが自分自身の道を見つけ、留学という大切な経験を最大限に活用できることを願っています。途中で帰国を考えることは、決して恥ずかしいことではありません。しかし、その前に、自分自身の心と向き合い、より良い選択をするための視点を得ることが大切です。

さあ、一緒に留学生活を見直し、あなた自身の道を再確認しましょう。あなたの留学生活がより充実したものになることを願っています。


留学途中帰国とは?混乱を避けるための基本理解

まず始めに、「途中帰国」って何か知ってますか?それは、あなたが留学中に一度、日本に帰国することを指します。でも注意してほしいのは、この「途中帰国」は、多くの場合、一度日本に帰ったら留学先に戻らないという状況を指していることです。

途中で帰国を考える原因は色々あります。何かとストレスフルな留学生活で精神的に疲れてしまった、家族や友人に会えない寂しさが募った、留学先で思うように人間関係を構築できなかった。これらは全て帰国の理由となります。とはいえ、ここで一つ、途中で帰国とは少し異なる、”一時帰国”という言葉を覚えておいてください。これは、例えば、正月を家族と過ごすために一時的に日本に帰り、その後、再び留学先に戻る状況を指します。

ここまで読んで、「あれ、でも僕は一時帰国を考えてるんだけどな・・・」という方もいるかもしれません。それはそれで全然OKです。しかし、この記事を読んでくださっている多くの方々が、途中帰国を考えているという前提で話を進めていきますね。

ここで一つ、僕から皆さんに伝えたいことがあります。それは、「途中で帰国するのは全然あり」です。えっ、それってどういうこと?って思ったあなた。もちろん、その理由にはいろいろな要素が絡んできます。でも、大事なのは、あなたが自分の心と向き合い、その声を大切にすることです。なぜなら、あなたの留学生活は、あくまであなたのものだからです。

皆さん、あなたが途中で帰国を考えているなら、その気持ちは無視しないでください。なぜなら、その背景には必ず何か大切なものが隠れているはずです。その声を聞き、自分自身と向き合ってみてください。

この記事を通じて、皆さんが途中帰国という選択をする際に、少しでも背中を押す一助になれば嬉しいです。それでは、次回の記事で、途中で帰国する理由やその背景について、さらに詳しくお話ししましょう。それでは、また次回まで。

途中で帰国するのは全然あり!その背景と7つの理由

留学生活の疲労がピークを越えたとき

皆さん、留学生活は、想像以上のストレスと対峙する場面が多々あります。新たな言語、文化、人々との接触は、興奮と挫折の連続で、中には精神的な疲労がピークを越え、帰国を考える人も少なくないでしょう。

まずは、明確に伝えておきたいことがあります。「疲れたなら帰った方がいい」です。そう、途中で留学から帰国しても問題ないんです。大金がかかる一大イベントのように思うかもしれませんが、それは留学の一面に過ぎません。留学は結局のところ「たかが留学」です。精神を壊してまで続けるべきようなものではありません。

具体的に考えてみましょう。英語の伸び悩みがあるかもしれません。現地で友達ができないことに悩んでいるかもしれません。また、家族や友人との距離が寂しく感じるかもしれません。それらが理由で、精神的に辛く感じているなら、それこそが途中帰国を考えるべきサインかもしれません。

重要なのは、自分自身の状態を正直に見つめ、自分の心と体の声をきちんと聞くことです。途中帰国という選択肢を恐れずに、自分の感情や状態を正直に評価しましょう。その結果、帰国が自分自身の心身の健康を保つ最良の道だと感じたら、それは間違いではありません。

途中で帰国を選択することは、失敗でもなければ逃げることでもありません。あなたの体と心を守るための、賢明な選択なのです。帰国したからと言って、あなたの留学経験や学びが無駄になることはありません。それはあなたが過酷な状況下で、自分自身の心身を優先し、健全な判断を下した証なのです。

これからも、途中帰国という選択肢を視野に入れ、自分自身を最優先に考えて行動しましょう。そして、その選択を通して自己理解を深め、自分をより大切にしてください。帰国が一番良い選択と感じたら、それはあなたにとって最良の選択であり、その判断を誇りに思うべきです。


一地点に留まることへの飽きと疲労感

留学生活という新たな冒険に挑む皆さん、自分が思っていた以上に一地点に留まることが難しいと感じていませんか?多くの人が想像する留学生活というのは、新たな人々との出会いや、未知の文化を学び、そこに溶け込むイメージが強いかもしれません。ですが、一方で現実的には長い期間同じ場所に留まることで生じる、何とも言えない飽きや疲労感もまた、留学生活の一部なのです。

留学という大きなステップを踏み出すことができる人は、行動力があって、多動性の性質を持っていることが多いですよね。そんな皆さんにとって、一つの場所に止まって長く生活するのは、結構厳しいかもしれません。そして、自分が思っていた以上にその国で生活することに飽き、疲労を感じ始めたら、それが途中帰国を考えるべきタイミングかもしれません。

ここで大切なのは、自分の感情や体調を素直に受け入れ、途中帰国という選択肢を視野に入れることです。留学生活は決してローズカラーばかりではありません。リアルでハードな経験もあることを認識し、自分自身の感じていることを大切にする必要があります。

皆さん、途中で帰国することは、失敗でもなければ逃げることでもありません。それはあなた自身の心と体の声を聞き、自己保護するための賢明な選択なのです。新たな環境での生活に飽きたり、疲れたりしたら、それはあなたにとっては自然な反応です。その感情を否定せず、むしろ大切にしてみてください。


経済的余裕がある場合、途中帰国は積極的に検討すべき

留学生活を送っている中で、自分が経済的な余裕を持っていることに気づいたら、途中帰国を積極的に検討すべきと言えます。特に、途中で帰国するデメリットは、その資金面に大きく影響されるのが一般的です。しかし、もしもあなたが十分な経済的余裕を持っているのであれば、その心配を払拭できるのです。

途中帰国という選択肢が一般的にはそこまで推奨されない理由の一つは、帰国後に再度留学先へ戻るための追加費用が発生すること。しかし、これに対して余裕がある場合、途中帰国の選択肢は自由に取れるようになるのです。

それどころか、途中で帰国するメリットもいくつかあります。例えば、家族に顔を見せること。これは大切なポイントです。なぜなら、家族との時間は無限ではないからです。特に親は、あなたが留学している間にも年をとっています。彼らとできるだけ多くの時間を過ごすことは、お金で買えない価値があると私は思います。

留学は大切な経験であり、人生の成長に寄与するものですが、それだけが全てではありません。人生は多面的で、家族との時間もまた、その一部です。もしもあなたが経済的な余裕を持っているのであれば、この面を考慮に入れ、途中で帰国するという選択を積極的に検討してみてください。

経済的な余裕があることは、自由な選択肢を持つという意味でも大きなメリットです。もし帰国してみて、また留学先での生活が恋しくなったら、それでも再度出発することが可能です。このような柔軟性を持つことは、あなた自身の精神的な健康にも寄与するでしょう。


得るものがなくなったら、引き返す勇気を

留学に出発する時、私たちはさまざまな目標や期待を胸に旅立ちます。英語力の向上、異文化への理解、自己成長、そして新たな経験。これらは留学の大きな魅力であり、あなたが選んだこの道のりの価値を示しています。しかし、途中でこれらの目標や期待が薄れ、留学先で得るものがなくなってしまったなら、途中帰国を真剣に考える時かもしれません。

なぜなら、帰りたいと思う心情は、あなたが留学先で得られるものがなくなった証拠だからです。これは一見ネガティブに見えるかもしれませんが、実は自分自身への誠実なリフレクションであり、自己理解につながる重要な瞬間です。大事なのは、その感情を正直に見つめ、それを無理に抑え込むのではなく、適切な行動へと結びつけていくことです。

帰国という選択が前に立った時、その背景にはあなたの留学の目的に対するモチベーションが影響しています。もしもそのモチベーションが消えてしまったのなら、それ以上留学を続けても、あなた自身にとってプラスになることは少ないでしょう。もちろん、その判断は個々の状況や感情によるものなので、これが絶対的なルールではありません。しかし、もしもあなたが自分自身の心情に正直に向き合い、途中で帰国することを選択したとしたら、それはあなたの勇気の証です。

途中帰国は、一般的には様々な負のイメージがついて回ることが多いです。しかし、それは必ずしも真実ではありません。留学の道中で得られるものがなくなったと感じたら、その感情を無視するのではなく、それを真剣に受け止め、自分自身と向き合うことが大切です。そして、その結果、帰国を選んだなら、それはあなた自身の成長の一部であり、進むべき道の選択の一つであることを忘れてはいけません。


途中帰国の罪悪感?それ、全く必要なし!

私たちが留学を決める時、それは何かを学び、自分自身を成長させるための大きな一歩です。特に英語の留学は、その成果をはっきりと示す目標があります。英語がペラペラになるという夢を見て留学先に飛び立つことでしょう。しかし、これが予想以上に難しく、途中で帰国を考える人も少なくありません。

ここで感じるのが「罪悪感」です。「まだ英語が話せないのに、途中で帰国していいのだろうか?」という自問自答。もちろん、留学を続ければ英語力は向上する可能性があります。しかし、それを達成するために精神的な苦痛を抱え続けるのは、一体何のためにするのでしょうか? 英語力は大切ですが、それ以上に大切なのはあなた自身の心の健康です。

途中帰国を考える人は、自分自身を過剰に責めてしまう傾向があります。「まだ英語がペラペラになっていない」「もっと頑張らなければ」と自分を追い詰めてしまいます。しかし、これは大きな誤解です。実際には、1年の留学で英語がペラペラになる人は少ないのです。そして、たとえ英語が話せなくても、それは全く問題ありません。途中で帰国することに罪悪感を感じる必要は一切ありません。

なぜなら、英語力は日本でも十分に身につけることができるからです。また、留学経験は英語力の向上だけでなく、他の多くの経験やスキルを得る機会でもあります。途中で帰国したとしても、その経験は無駄にはならないのです。

日本人は真面目すぎる傾向があり、途中で帰国することに罪悪感を抱きがちです。しかし、留学生の中には途中で帰国する人もたくさんいます。あなたは一人ではないのです。何より大切なのは、あなた自身の心の健康と、今後の人生につながる選択をすることです。だからこそ、途中帰国の罪悪感は捨てて、あなた自身の幸せを最優先に考えてみてはいかがでしょうか。


留学費用の返済についての罪悪感、これも不要

留学生活は資金的な負担が大きいことは、留学を考えるすべての人が抱えるリアルな問題です。その資金は親からの援助や貯金、奨学金など様々な形で調達します。その中には、自身で払い戻す必要があるものも含まれています。そんな状況で途中帰国を決断すると、多くの人が罪悪感を感じることでしょう。「お金を借りてまで留学にきたのに、途中で帰ってしまうなんて…」と、心中複雑な思いが交差することでしょう。

しかし、ここで大切なのは、罪悪感を抱く必要は全くないということです。なぜなら、借りたお金は返せばいいのです。もちろん、返済には時間がかかるかもしれません。でもそれは自分が引き受けた責任ですし、途中帰国したからと言って何も変わらないのです。自分のための留学費用について罪悪感を感じる必要はありません。そもそも、あなたが留学に行くこと自体、自己投資なのですから。

途中で帰国すると、思い描いていた留学生活とは違った結果になるかもしれません。しかし、それはあなたの選択です。あなたが思う「最善の道」を選択することが、最も重要なのです。そして、それが途中帰国であっても、それはあなたが選んだ道なのです。

大切なのは、自己の決断に対する誇りです。途中で帰国することが最善の選択であると感じたのなら、それに従い行動すべきです。そしてその決断に対して、自信を持ち続けることが大切です。借りたお金は返済し、自分の力で立ち直ることができます。その経験はあなたを成長させ、人生の中で重要な役割を果たすでしょう。

だからこそ、途中帰国の罪悪感は必要なし。堂々と途中で帰国し、あなたの道を進む勇気を持ってください。


途中帰国を恥じるな!それは新たな人生のスタート

留学という大きな挑戦を選んだあなた、さて、途中で帰国を決断するという選択に立たされたとき、どう感じますか?「情けない」とか「恥ずかしい」という思いが胸によぎるかもしれません。しかし、その思いは決して必要ないんです。途中で帰国することは恥ずかしいことではないのです。

留学とは人生の大きな冒険で、途中で帰国することはその冒険の一部なのです。計画を変更することが必ずしも悪いことではないんですよ。たとえそれが途中帰国であったとしても。なぜなら、それは自分の人生の最適な進行を見つけることに他ならないからです。無駄を省き、より早く人生を進めることはとても価値のあることです。

その途中帰国を恥じる必要は全くないんです。どうしても考えるなら、それは新たなスタート、新たな冒険の始まりなんです。そしてそれを自分で選択し、実行することは逆に誇るべきことなのです。途中帰国は、あなたが自分自身の人生をコントロールし、最善の選択を選ぶための証明です。それは、留学という大きな経験を通じて、あなたがどれだけ成長し、自分自身を理解し、それに従って行動できるようになったのかを示しています。

だから、どんなに途中帰国が重い決断に思えても、それはあなたの人生における新たなスタートを切るための第一歩なのです。途中で帰国することを恥じるのではなく、堂々と新たな人生のスタートを切りましょう。それが真の意味での途中帰国の意味なのです。自分の人生、自分の選択を信じて、堂々と進んでください。

途中帰国前に考慮すべき5つのポイント


留学の目的を再確認、迷走を防ぐ

ああ、あなたの心が揺らいでいること、そして途中で帰国を考えていること、僕にはわかるんですよ。だけど、ちょっと待ってみませんか。本当にすぐに帰国するべきなのでしょうか?何のために留学を始めたのか、その目的をもう一度深く思い出してみてください。

ここで重要なのは、あなたが途中で帰国を考える前に、自分が留学に出発した本当の理由、その目的をしっかりと再確認することです。そう、そこにあるはずですよ。あなたがこれからの人生を豊かにするために、最初に留学を選んだ深い動機、強い意志が。

もしかしたら、あなたが今途中で帰国したいと思っているのは、ただ一時的な感情の波に飲まれているだけかもしれません。留学初期は、友達ができない不安や、まだ完全に理解できない英語の壁に直面して、精神的に辛い思いをすることも多いでしょう。それが途中帰国を考える一因になっているかもしれません。

しかしその壁を乗り越えると、信じられないほど楽しい生活があなたを待っているはずです。留学先で新しい友人との出会い、未知の文化との触れ合い、そして自分自身の成長。これらはあなたが乗り越えて得られる貴重な経験です。

だから、帰国を考える前に一度立ち止まって、もう一度留学の目的を確認してみてください。その目的を思い出すことで、辛い状況を乗り越える力を得ることができます。そして、あなたが留学から得ることがまだたくさんあることを再確認することで、途中帰国を考える気持ちを落ち着かせることができるでしょう。


逆境をチャンスに変えるための策略を考える

そう、まさにその通り! 途中で帰国を考える前に、今自分が置かれている状況をじっくりと見つめ直してみてください。あなたが今直面している問題、それは本当に解決不可能なものなのでしょうか?もしかしたら、あなたが留学先で遭遇している問題は、じっくりと深く考えることで、案外、解決策が見つかるかもしれません。

ここで重要なのは、自分が途中で帰国を考える前に、自分自身の困難をどのように乗り越えるか、それについてじっくりと考えることです。それが自分を成長させ、更なる人間力を身につけるための一歩となるでしょう。

私たちは自分自身の問題に対して、逃げ出すのは簡単です。だけど、その代わりに、問題に向き合い、それを解決するための策略を練ることは、自分自身の成長につながります。それこそが、あなたが留学を選んだ理由の一つではないでしょうか?

だから、せっかく海外まで足を運んだのですから、自分自身の悩みをただ嘆くのではなく、自分の成長につながる策略を練るために時間を使いましょう。その結果、途中帰国を考える前に、自分自身の問題を解決し、更なる成長を遂げるチャンスに変えることができるでしょう。

確かに、そのプロセスは辛く、時には苦しいかもしれません。だけど、それこそがあなたが真に求めている成長なのです。その困難を乗り越えた時、あなたは途中で帰国を考えることなく、留学という大きな挑戦を乗り越える力を持つことでしょう。


留学生活の気分転換としての旅行、新たな視点を得る

留学生活の苦悩、それは誰しもが経験するものです。言語の壁、異文化のギャップ、そして何より、繰り返す日々の単調な生活。学校と自宅の往復だけでは、心が疲れてしまうことでしょう。そんな時、途中帰国を考える前に試してみてほしいのが、気分転換の旅行です。

これは、まさに一石二鳥の方法です。まず、新しい場所に行くことで、心に刺激を与え、日常の単調さから解放されるでしょう。次に、新しい環境で違う視点を持つことで、問題解決の新たなヒントを得るかもしれません。更には、新たな友人を作ったり、新しい文化を学んだりすることで、自身の視野が広がり、留学生活を楽しむきっかけになるでしょう。

留学している地域によっては、格安で他の国への旅行が可能です。たとえば、ヨーロッパならば2000円程度の航空券で、数多くの国を訪れることが可能です。それならば、学校を少し休んで、自分だけの時間を楽しむのはいかがでしょう?

最後に、思い出してほしいのは、途中で帰国を考える前に、あなたが留学を選んだ目的です。新たな経験をすること、自身を成長させること、そして何より、楽しむことではなかったでしょうか?だから、途中で帰国を考えるよりも、まずは自分自身の心と体をリフレッシュし、留学生活を再び楽しむための一歩を踏み出してみてください。

途中帰国後の気持ちを想像し、後悔しない道を選ぶ

皆さん、留学中に困難に直面し、途中帰国を真剣に考えたことはありますか?それはまさに壮絶な戦いでしょう。しかし、それが一時的な感情の波なのか、本当に帰国するべき状況なのかを見極めることが必要です。そのためには、未来を想像する力が求められます。特に、途中帰国した後の自分の心情を想像することが重要です。

帰国後、あなたが思うことは何でしょうか?「なんで途中で辞めちゃったんだろう」、「ああしたらあの負のループから抜け出せたのに」と後悔するでしょうか?それとも、途中帰国を決断し、その選択を肯定するでしょうか?この想像力は、自分の本当の意志を理解する上で大切です。

何か困難なことに直面したとき、一番楽な道を選ぶことが多いです。それは人間の本能的な行動で、誰しもがそうします。しかし、一番楽な道が必ずしも最善の道とは限らないのです。

皆さんが途中で帰国を考えるとき、一度立ち止まって自問してみてください。「本当に帰国して良いのだろうか?」と。あなたが選んだ道が後悔の始まりでないことを祈っています。留学は困難な道のりですが、それを乗り越えたとき、得られる経験と知識、そして自信は計り知れません。

あなたが途中帰国を考える前に、まずは自分自身に問いかけてみてください。本当に帰りたいのか、それとももう少し頑張ってみたいのか。その答えが、あなたの留学生活の未来を左右することでしょう。


留学生活でのやり残しはないか、再確認する

皆さん、海外生活の日々に疲れ、途中帰国を考えたことはありますか?私たちは何かに挫折し、途中で帰りたくなる気持ちを持つことがあります。その瞬間、周囲が見えなくなり、自分の存在だけが全てに感じるかもしれません。しかし、その感情は一時的なものであることを忘れてはいけません。

長期滞在しているあなたがその国に飽きていると感じるのは理解できます。何も新しいことがない、日々がルーティーンになってしまったと感じるかもしれません。しかし、それは本当にそうなのでしょうか?ネットで少し検索してみてください。あなたがまだ見ていない、体験していないことが山ほどあることに驚くでしょう。

それが留学生活の「やり残し」です。あなたが途中帰国を考える前に、まだやり残したことがないか確認してみてください。その国の文化、風景、人々、食事。それらを十分に味わったと言えるでしょうか?

何も新しいことがないと思う前に、あなたがまだ経験していないことを探してみてください。そうすれば、新たな視点が生まれ、新たな活力が湧いてくるかもしれません。

留学という経験は、その国でしか得られない特別な体験を提供します。それは自分の視野を広げ、新たな視点を提供し、人生の価値観を豊かにします。だからこそ、あなたが途中帰国を考える前に、まずはやり残したことがないかを再確認してみてください。

おわりに


途中で帰国を考えているあなたへ向けた私たちの提案、そして心の整理のための視点がお役に立てたら幸いです。

一つ一つの観点やアドバイスが、留学生活の壁を乗り越える力となり、あなたの留学生活がより豊かなものになることを願っています。それぞれの章を読んで、自分自身に問いかけ、自分の感情を理解し、途中帰国を選ぶか否かを最終的に決定する際の参考になればと思います。

途中帰国という選択をすることは決して恥ずかしいことではありません。しかし、その前に、自分自身の心と向き合い、可能性を探求することが重要です。留学は一生に一度の経験かもしれません。だからこそ、その経験を最大限に活かすための選択をすることが重要です。

これからも、あなたが自分の道を見つけ、より良い選択をすることができるよう、私たちはあなたを応援しています。これからの留学生活が、あなたにとって充実したものであることを心から願っています。

それでは、お互いに人生の新たな道を切り開いていきましょう。幸運を祈っています。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X