ENGLISH WORK公式

留学から一時帰国すべき6つの理由:夏は現地も暇かも

  • 投稿日時:8か月前

今日は特に留学生のみなさんに向けて書いています。皆さんが留学中の場合、何度か「一時帰国」について考えたことがあるかもしれませんね。一時帰国ってなんだか大変そう、お金もかかるし、英語力も落ちてしまいそう…なんて思っていませんか?でも、大丈夫ですよ。一時帰国は決してそんなネガティブなものではありません。

それどころか、一時帰国は留学生活の中で重要な役割を果たします。なぜなら、一時帰国はホームシックを軽減する手段であり、自分の精神的な健康を保つ方法の一つだからです。また、一時帰国は新たな視点を得る機会でもあります。日本に戻ることで、留学生活を少し離れ、自分が何を得て、何を学び、どのように成長しているのかを客観的に見ることができます。

この記事では、私の視点から一時帰国のメリットを解説し、皆さんが一時帰国を考える際の参考になるような情報を提供していきたいと思います。一時帰国についての誤解を解き、何ができるのか、何を注意すべきか、どのタイミングが最適なのかをお伝えします。

私の個人的な体験と観察に基づき、この記事を通して皆さんに一時帰国の大切さを伝えることができればと思います。それでは、一緒に一時帰国について学んでいきましょう!


留学から一時帰国すべき6つの理由

家族に顔を見せるため:一時帰国の大切さ

留学は一人ひとりの大きなチャレンジですよね。新しい文化、新しい言葉、そして何より新しい生活。どんなに楽しい日々を過ごしていても、時々、家族の顔が恋しくなること、ありませんか?

一時帰国の魅力の一つは、そんな家族に会うことができる点です。特に1年以上という長期の留学中は、家族に顔を見せることが難しくなるため、一時帰国は非常に重要なオプションとなります。

私の視点からすれば、留学生活を充実させるためには、家族とのつながりを保つことが欠かせません。だからこそ、「帰りたくない」と感じていても、一時帰国を計画することをおすすめします。もちろん、留学はあなた自身の時間です。だからこそ、そんな自分の時間を少しだけ切り取って、家族に捧げることは、時には心地良いリフレッシュにもつながるはずです。

さらに、家族というのは、一生に一度の存在です。何も悪いことを予想するわけではないですが、誰もが経験するように、私たちはいつか親を失います。その時、心に残るのは「もっと会っておけばよかった」という後悔かもしれません。だからこそ、一時帰国で家族に会う機会を設けることは、大切な時間を刻むための手段となります。

何かに熱中すると、つい視界が狭くなってしまいがちです。しかし、こうした一時帰国を通じて、家族に会い、彼らと過ごす時間は、あなたの視野を広げる助けとなるでしょう。その結果、留学生活もより充実したものになると私は確信しています。

以上のことから、一時帰国は、家族と再会するための素晴らしい機会となります。それは自分自身のリフレッシュと、大切な家族との時間を共有するための、重要なステップと言えるでしょう


気分転換と留学の価値再認識:一時帰国の意義

長期留学の大変さ、それは時間と共に増すものです。新鮮な体験、新しい友達、そして新しい環境。しかし、半年以上の長期留学ともなると、その新鮮味も少しずつ失われていくことでしょう。そんな時、私がおすすめするのが一時帰国です。

一時帰国は、言葉の通り、一時的に自国に戻ることです。ただし、その効果は一時的なものだけにとどまりません。実は、一時帰国は大きな気分転換となり、留学の価値を再認識する絶好のチャンスとなるのです。

一つには、留学先での日々がつまらなく感じ始めたとき、一時帰国は新鮮な風を吹き込むことでしょう。新たな環境への適応、新言語への習熟、新文化への理解…これらは疲れてしまうと感じることもあります。しかし、一時帰国によって自国に戻り、普段の生活に一時的に戻ることで、自然と心身ともにリフレッシュすることができるのです。

そして、一時帰国は留学の価値を再認識するための時間となります。留学生活を通じて、自分がどれだけ貴重な経験をしているのかを見失いがちです。しかし、一時帰国を通じて、自国での日常生活と留学先での生活を比較することで、改めて留学の大切さ、そして自分が与えられているチャンスの大きさを再認識することができます。


英語力向上の契機:一時帰国が果たす役割

留学の大きな目的の一つは、新しい言語を学び、そしてその言語を使いこなす能力を身につけることでしょう。その中でも、英語学習は多くの留学生が共有する目標です。今回は、その英語力向上に一時帰国がどのように影響を与えるか、具体的に見ていきましょう。

初めに、「一時帰国」を予定に組み込むという行為自体が、英語学習のモチベーションを高める効果があると私は考えています。留学初期の段階から、「ある程度の期間が経ったら一時帰国する」と決めていると、その時までに「ある程度英語を話せるようになっておかなきゃ」と自身にプレッシャーをかけることができます。これがまさに、あなたの英語学習の「けつに火をつける」きっかけになるのです。

もう一つ、一時帰国が英語力向上に与える影響として、自分の英語力の現状を客観的に理解する機会を提供する点が挙げられます。帰国中に家族や友人に対して英語を話す機会があると思います。その時に、もし自分が思うように英語を話せなかったとしたら、それはあなたにとって新たな目標となるでしょう。そして、それが留学先に戻った時の学習への意欲やモチベーションを高めるきっかけになることでしょう。

このように、一時帰国は英語力向上のための重要な契機となります。それは一つは英語学習への意欲を高め、もう一つは自分の英語力を客観的に理解する機会を提供するという二つの面からです。一時帰国はただ留学生活から一息つくためだけでなく、自身の学習への意識を高めるための重要な手段です。だからこそ、留学生活をより有意義にするためには、一時帰国を計画的に取り入れることを強く推奨します。


短期バイトで資金獲得:一時帰国の意外なメリット

留学生活は楽しい反面、お金の面での不安は常につきまとうものです。教材費、宿泊費、食費、そして楽しみのための余裕のお金…考えただけで頭が痛くなりますよね。そんな時に考えてみてほしいのが、「一時帰国」を利用した短期バイトです。これには実は大きなメリットがあるのです。

まず大前提として、留学はお金がかかるものです。計画通り生活していればお金は足りるはず…というのが理想ですが、異国の地での楽しい体験や、思わぬ出費は避けられません。ついつい出費が多くなってしまうと、予定していた生活資金が急速に減ってしまうこともあります。

そこで、一時帰国が役立つところです。一時帰国を計画するとき、その期間を利用して日本で短期のアルバイトをすることを考えてみてはいかがでしょうか?短期間でも、それなりの資金を稼ぐことが可能です。これは、留学先での楽しむための資金を補充する一助となります。

一時帰国をすると、多少の時間と労力は必要ですが、その代わりに得られる経済的な余裕は大きいです。それに、何かあった時のためのバックアップとして、資金を少しでも貯めておくことは重要です。そして、その資金を使って、留学生活をさらに楽しむことができるわけです。


留学情報のシェア:一時帰国と情報交換の大切さ

海外での生活は、我々に新たな視点と経験をもたらします。それらの価値は、自分だけが楽しむものではありません。留学中に得た貴重な経験や情報は、友達や知り合いにシェアすることでさらに広がりを見せます。ここでのポイントは、それを可能にする「一時帰国」の活用です。

留学生活は、自分自身の視野を広げるだけでなく、それを通じて他人にも価値を与えることができます。海外で体験したことや学んだことを一時帰国中に友達や知り合いに伝えることで、彼らの視野も広がるのです。

一時帰国をすると、日本の友達に直接会って、あなたが留学先で経験したこと、学んだこと、感じたことを話す機会があります。その瞬間、あなたの言葉は新たな可能性や夢を彼らの心に描き出すかもしれません。あなたの話を聞いて、留学に興味を持つ人が現れるかもしれませんし、その決断を後押しする力になるかもしれません。

また、あなたが留学生活を共有することで、日本にいる友人たちはあなたの経験を通じて留学生活のリアルなイメージを抱くことができます。一時帰国という短い期間ですが、その時間を活用して留学情報をシェアすることは、皆さんにとって非常に価値のある活動となるでしょう。

以上の理由からも、一時帰国は日本で友人に留学情報をシェアするための絶好の機会となります。それはあなたの経験を共有し、また次の世代の留学生を育む可能性を秘めています。一時帰国を通じて、あなたの留学体験を広くシェアし、皆さんの周りに新たな留学の風を巻き起こしてみてはいかがでしょうか?


ヨーロッパ人留学生の帰国傾向と自身の暇つぶし:一時帰国の必要性

長期の留学生活は多くの楽しみとチャレンジを提供しますが、一年のうち特定の時期には留学生たちの動きが変わります。そう、それは夏休みやクリスマス休みのような長期の休みです。このような時期、ヨーロッパ人留学生たちはたびたび実家に一時帰国をします。そこで問題なのが、この期間、あなたが留学先に残ると、なんとなく暇になってしまうことがあるのです。

それはなぜかというと、普段一緒に学んでいる友人たちが帰国してしまい、自分一人が留学先に残ってしまうからです。毎日学校で会って、学んで、遊んでいた友人たちがいなくなると、一気に寂しさが襲ってくるものです。さらに、一緒に話す相手が減ることで、英語を使う機会も自然と減少します。

そして、これはあくまで私の意見ですが、部屋に引きこもってNetflixを見るくらいなら、一時帰国して日本に戻ったほうが良いのではないでしょうか?海外にいる意味があまりない時間を無駄に過ごすよりは、日本に帰り、家族や友人に会って英語以外の部分もリフレッシュすることで、留学生活全体のバランスを保つことができます。

一時帰国をすることで、自分の留学生活を見つめ直す新たな視点を得ることができます。それは日本の生活や文化を再評価し、留学先での経験をより深く理解するための時間になるでしょう。また、日本で友人や家族との時間を楽しむことで、新たなエネルギーを得て、留学先への帰国後に更なる成長を遂げることができるでしょう。

一時帰国が問題ない4つの理由


英語力の低下はない

留学生活の中で一時帰国を検討する際に、一部の皆さんから聞かれる心配があります。「一時帰国すると、英語力が下がるんじゃないか?」という疑問です。それはとても自然な心配で、長期間努力して身につけた英語力が一瞬で消えてしまうのではないかと不安になるのも無理はありません。しかし、ここで私から皆さんへのメッセージがあります。それは、数週間の一時帰国で英語力が大幅に下がることはありません。

一時帰国があなたの英語力に影響を及ぼす可能性は確かにありますが、それはあくまで一時的なもので、英語力自体が下がるわけではないのです。実際には、一時帰国期間中に英語を全く使わないと、英語を話す機会が減るため、一時的に英語のフルエンシー感が減るかもしれません。しかし、これは一時的な現象であり、留学先に戻った後に英語を再び使い始めると、すぐに元のレベルに戻ることができます。

私たちの脳は、「忘れることで記憶が強化される」という、ある意味でパラドックスなメカニズムを持っています。一時的に英語から離れることで、実際には脳が学習した内容をより深く理解し、長期記憶に移す助けとなるのです。

それでも不安を感じる方へは、一時帰国中も英語の学習を続けることをお勧めします。英単語のリストを作成したり、英文法の復習をしたりすることで、留学先に戻った時に新たな学習への意欲を高めることができます。また、日本にいる間も、映画や音楽などのエンターテイメントを通じて英語に触れる時間を持つこともおすすめです。


帰国費用の心配について

留学生活を満喫しているあなたにとって、一時帰国を考える上で様々な懸念があることでしょう。その中の一つが、「帰国にかかる費用」についての心配かもしれません。たしかに、飛行機のチケット、日本での生活費などを考えると、一時帰国は経済的に負担に感じるかもしれません。しかし、ここで私があなたにお伝えしたいのは、一時帰国が必ずしも大きな負担になるとは限らないということです。

まず、一時帰国に必要な航空券の価格について考えてみましょう。長期の旅行や休暇シーズンを避け、早めに予約をすることで、多くの航空会社は比較的安価なチケットを提供しています。また、様々な割引サービスを利用することで、さらにコストを抑えることが可能です。現実的には、どんな場所からでも約10万円程度で日本に一時帰国できるでしょう。

次に、帰国後の生活費についてです。一時帰国するということは、自分のホームグラウンドである日本で時間を過ごすということ。つまり、あなたにとって慣れ親しんだ環境で生活することが可能です。そのため、必要以上に出費をすることなく、リーズナブルに時間を過ごすことが可能でしょう。

さらに、一時帰国期間中に短期バイトをすることで、帰国費用を取り戻すことも可能です。特に学生の場合、長期休みを利用して短期バイトをすることは一般的です。そのため、計画的に一時帰国をすれば、帰国にかかる費用を労働によって補うことができます。


留学先のビザ制度と一時帰国

留学生活の中で、一時帰国を考える上で気になる要素の一つが、留学先のビザ制度についての理解かもしれません。特に、「ビザが切れてしまわないか?」、「ビザの更新手続き中に一時帰国しても問題ないか?」など、様々な疑問や不安が浮かぶでしょう。しかし、私がここで伝えたいのは、一時帰国を行う際のビザ問題は通常それほど難しくはないということです。

多くの国では、ビザの所持者が一時的に国外に出ることに対して大きな制限はないのです。一時帰国する際には、ビザの有効期限を超えていないことを確認し、再入国する際にもまだビザが有効であることを確認するだけで大丈夫です。

ただし、これは一部のケースでは違う場合があります。例えば、観光ビザで入国し、その後学生ビザに更新する手続きを進めている場合など、ビザのステータスが変わる可能性がある場合には、一時帰国のタイミングが重要になります。このような場合、一時帰国するとビザの更新が困難になったり、最悪の場合、再入国が不可能になる可能性もあります。

ですので、一時帰国を計画する前には、必ず自身が持つビザの状況を確認し、必要であれば留学先の大学の国際オフィスや移民局に相談することをお勧めします。また、自分のビザステータスについて理解することは、留学生としての責任でもありますので、ぜひとも自分自身で確認するようにしましょう。


保険問題の解決

皆さん、海外留学中の保険について考えたことはありますか? 一時帰国を考えているあなたは、「保険はどうなるのだろう?」「一時帰国したら保険が無効になってしまうのでは?」などと思うかもしれませんね。しかし、ここで心配することはありません。実は、一時帰国中でもしっかりと保険は効くんですよ!

私が伝えたいのは、あなたが契約した海外旅行保険は、一時帰国中もしっかりとあなたをカバーしてくれるということです。そう、一時帰国しても、保険は無効にならないのです。むしろ、一時帰国中に起こりうるトラブルにも対応してくれる特約があるのです。

この特約は「一時帰国中補償特約」と呼ばれており、休暇などを目的として日本に一時帰国中に、ケガや病気をして病院を利用した場合、帰国した日から約1か月もしくは約3か月に限り、保険で補償してくれるんです。つまり、あなたが留学先から一時帰国した時も、安心して日本での生活を楽しむことができます。

しかし、ここで注意しておきたいのは、保険の契約内容によっては一時帰国中補償特約が付いていない場合もあります。そのため、一時帰国を予定している場合は、事前に自分が契約している保険が一時帰国中も補償してくれるのかを確認しておきましょう。

一時帰国すべきタイミング3選


病院への訪問が必要な場合

海外生活は楽しいものですが、時には体調を崩すこともあるでしょう。特に、留学先で病院に行く必要が出てきたら、どうしますか?そのような場合には、一時帰国を検討してみてはいかがでしょう。

私自身の考えとしては、病院に行く必要があるときこそ、一時帰国する絶好のタイミングだと思います。海外の医療費は非常に高いことが多く、また、言葉の壁や手続きの複雑さから、気分が落ち込んでいる時には特に大変です。そのため、体調がすぐれないとき、または慢性的な持病を抱えているときは、日本の慣れ親しんだ医師に診てもらうのが一番安心ですよね。

一時帰国中に診察を受けることで、精神的な安心感はもちろん、しっかりとした診断や治療を受けることが可能となります。それに、日本の医療環境は非常に優れており、最新の医療技術を駆使した治療が受けられる点も魅力的です。そして、日本の医療保険を利用すれば、高額な医療費を抑えることも可能です。

また、一時帰国をすることで、ご家族や友人たちと再会するチャンスも得られます。体調不良の時こそ、身近な人たちと過ごす時間が心の支えとなり、回復を促すことにもつながります。

だからこそ、病院への訪問が必要な場合は、一時帰国を強くオススメします。もちろん、急な体調不良や事故などの場合は、現地での初期対応も重要ですが、長期の治療やフォローアップが必要な場合には、一時帰国を選択肢の一つとして考えてみてください。


成人式の開催

20歳になった年の1月に、全国各地の市町村で開催される、大人への門出を祝う儀式。この成人式、一時帰国のタイミングとしてはとても良いと私は思っています。

ある意味、一時帰国の理由としては非常に特別なもの。なぜなら、成人式は一生に一度しかないイベントだからです。多忙な留学生活の中で、成人式に出るのが面倒だと考える人もいるかもしれません。しかし、一応一生に一度のイベントですから、参加してみて損はないと思います。

また、成人式は昔の友達と再会する機会にもなります。成人式の会場には、中学や高校時代の同級生たちが集まりますから、久々に昔の友達と会うことができます。みんなそれぞれに異なる道を進んでおり、その話を聞くことは、新たな視点や発見、そして留学先での自分の生活に対するモチベーションにつながるかもしれません。

一時帰国して成人式に参加することで、日本の伝統や文化に触れることもできます。海外での生活が長くなると、日本の文化や伝統について改めて考える機会は少なくなります。一時帰国の際に成人式に参加することで、日本の文化に再び触れる機会を持つことができます。


長期休暇期間

日本の夏休みや正月などの長期休暇期間は、一時帰国には絶好のタイミングですよ。

なぜかと言いますと、まず第一に、長期休暇期間は他の留学生も帰国するため、自分一人留まっていても、実はなかなか楽しむことが難しいことがあります。一方で、一時帰国すれば、家族や友人と楽しい時間を過ごすことができますし、一時的にでも日本の生活を再び体験することができます。

そして、私がここで特に重視したいポイントは、長期休暇期間は親戚と会うチャンスでもあるということです。正月のお年玉や、夏休みに訪れる親戚からもらえるお小遣いは、思わぬ留学資金の足しになるかもしれませんよ。

さらに、長期休暇期間は一時帰国に最適なタイミングでもあります。なぜなら、留学先の学校も長期休暇となることが多いからです。この期間を利用すれば、留学生活の中断を最小限に抑えつつ、一時帰国することが可能になります。

私の考えとしては、一時帰国はただ日本に戻るだけでなく、リフレッシュする時間でもあると思います。それは、親戚との交流を深めることで、また新たな視野を広げる機会にもなります。そして、なんと言っても、一時的にでも故郷の風を感じることは、留学生活の中で新たな活力を得るための良い機会になると思います。

おわりに


以上、留学生の皆さんにとっての「一時帰国」のススメについて語ってきました。皆さんが一時帰国について考えるときに、この記事が参考になったらうれしいです。

私たちは、留学という経験を通じて、自分自身を見つめ直し、新たな視点を持つことができます。一時帰国はその一環であり、家族や古い友人たちと再会し、日本という自分のルーツを再認識する機会でもあります。それは精神的なリフレッシュにもつながり、留学生活へのモチベーションを再燃させるきっかけにもなります。

また、一時帰国には多くのメリットがありますが、それは結局のところ自分自身がどう感じ、どう考えるかによります。一時帰国は自分自身にとって最善の選択であるかどうか、よく考えてみてください。

この記事が皆さんの留学生活、そして一時帰国の決断に少しでも役立つことを願っています。どんな道を選んでも、皆さんが自分の経験を最大限に活かせることを願っています。留学生活を楽しみ、成長を続けてくださいね。

それでは、この記事を閉じる前に、皆さんの留学生活が最高の経験となることを祈っています。またの機会にお会いしましょう!

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X