ENGLISH WORK公式

留学の帰国後から疲れやすくなる理由9選

  • 投稿日時:3週間前

留学という経験は、多くの学びと成長をもたらしますが、その帰国後には予想外の「疲れ」を感じる人も少なくありません。この疲れは単に長旅の疲れに起因するものではなく、留学生活と日本での生活の間に存在する様々なギャップから生じます。今回は、留学からの帰国後に感じる疲れの原因をいくつか紹介し、それにどのように対処していけば良いのかを考えてみたいと思います。


留学の帰国後から疲れやすくなる理由9選

留学で溜まってた疲れが一気に出る

留学からの帰国後に疲れやすくなる理由には、留学中に溜まった疲れが急に出てくることがあります。留学というのは、一見すると新しい環境での学びや生活を楽しむチャンスのように思えますが、実は想像以上に心身に負担をかけるものです。留学中は、新しい言語でのコミュニケーションはもちろん、異文化の中での適応、さまざまな手続きや授業の課題に追われるなど、気が抜けない状況が続きます。

留学生活では、英語やその他の言語を日常的に使うことで、頭を常にフル回転させています。単純に友達との会話から、授業の理解、レポートの作成まで、全てにおいて言語の壁を乗り越えなければならず、これが精神的な疲れに直結します。また、日本と比べて治安の面で不安を感じることも少なくありません。たとえば、夜遅くまで図書館で勉強した後に一人で帰宅する際の不安や、公共の場での気遣いなど、日本ではあまり感じることのないストレスが積み重なります。

そんな中で留学生は、自分の身の安全や健康管理にも常に気を使い、ストレスフルな状況に置かれがちです。例えば、食事は自炊が基本であることが多く、バランスの取れた食事を心掛けること、適度な運動や休息を取ることが難しい環境にあります。これらの細かいストレスが積み重なり、知らず知らずのうちに体に疲れが蓄積していきます。

日本に帰国した瞬間、留学中に抱えていた多くの負担や緊張が解放されます。突然の解放感によって、体がリラックスし、それまで気づかなかった疲れが一気に表面化するのです。帰国後数日間は、身体が留学中の緊張状態から回復するために、普段よりも多くの休息を必要とします。さらに、時差ボケの影響もあり、体内時計の調整にも時間がかかります。

このように、留学中に溜まった疲れが帰国後に一気に出る現象は、留学生活が持つ多面的なストレスに起因しています。留学という経験は価値あるものですが、帰国後に感じる疲れや不調は、留学中の経験がいかに心身に負担をかけていたかを物語っています。適切な休息とケアを取り入れることで、この疲れを乗り越え、留学の経験をより豊かなものにすることができるでしょう。


日本は添加物が多い

留学から帰国してからの疲れやすさには、意外な原因が潜んでいるかもしれません。それは「日本の食生活に含まれる添加物の多さ」です。日本に暮らしているとなかなか気づきにくいこの事実ですが、実際には多くの食品に添加物がふんだんに使われています。

留学先での経験から、海外の食パンがどれほど早くカビるかに驚かされたことはありませんか?スーパーで購入したばかりのパンが、数日でカビてしまうのは珍しいことではありません。一方で、日本に戻ると、パンがなかなかカビないことに改めて気がつくはずです。これは、日本のパンに添加されている防腐剤やその他の添加物が、長期保存を可能にしているからです。

さらに、日本のカップラーメンやファストフードに含まれるトランス脂肪酸は、海外では健康上のリスクが指摘され使用が制限されていることが多いのに対し、日本では依然として使用されています。また、グルタミン酸ナトリウム(通称:味の素)のような添加物も、日本の食品では一般的に使用されており、これらが海外で育った健康的な食習慣に慣れていた人にとって、体調を崩しやすくする要因となっている可能性があります。

このような食生活の変化は、留学から帰国したばかりの時に特に疲れやすさを感じる一因となるかもしれません。留学中に慣れた、比較的自然な食材を用いた食事と、添加物が多く含まれる日本の食品との間で、体がストレスを感じ、疲れを感じやすくなるのです。

留学経験から得た健康的な食生活を継続することは、帰国後の体調管理において非常に重要です。自炊を心がけ、可能な限り新鮮な食材を使う、オーガニック製品を選ぶなど、食生活に注意を払うことで、留学中に培った健康的な体を維持し、疲れにくい体質を保つことができるでしょう。留学から帰国後も、自分の体を大切に扱い、食生活に気を配ることが、長期的な健康と活力の維持に繋がります。


夢や目標が消え、エネルギーが湧かない

留学後の帰国で疲れやすくなる理由の一つに、「夢や目標が消え、エネルギーが湧かない」ことが挙げられます。多くの人にとって、留学は人生の大きな節目であり、その準備や実際の経験は、強い動機づけとなる目標を持っていたはずです。しかし、その大きな目標である留学を終えた後、何を目指していいのかわからなくなり、日々の生活において疲れを感じやすくなるのです。

留学生活は、学びと発見に満ちており、毎日が新鮮な刺激と挑戦であふれています。たとえば、新しい文化に触れることや、様々な国籍の友人を作ること、学問的な発見など、常に自分を成長させる機会がありました。このような経験は、留学生にとっては夢や目標に向かって進む強力なエネルギー源となります。しかし、帰国して日常生活に戻ると、このエネルギーが急激に減少します。毎日が留学時のように新しい発見で満たされるわけではなく、むしろルーチンワークに戻るため、生活に対する熱意を失いがちです。

例えば、留学中は自分の研究や学びに熱中できた学生が、帰国後にはその研究ができない環境に置かれるかもしれません。あるいは、留学先でのインターンシップやアルバイトが自分の将来に直結するようなものであった場合、帰国後に似たような経験ができないことから、やりがいを感じられなくなることもあります。このような状況は、精神的にも身体的にも「疲れ」を感じさせる原因となります。

留学が終わった後に抱える「目標の喪失感」は、ただ単に次の目標を見つければいいというものではありません。留学という一つの大きな目標を達成した後の虚無感を乗り越え、新たな目標を見つけるまでの過渡期は、精神的に不安定になりがちです。この期間は、自分自身を見つめ直し、新しい夢や目標に向かってエネルギーを再構築するための大切な時間と言えるでしょう。


日本の気候に慣れない

留学からの帰国後、特に疲れを感じやすい理由の一つに、「日本の気候への再適応」が挙げられます。留学先によっては、一年中温暖で湿度が低く、快適な気候の場所も少なくありません。しかし、日本に戻ってくると、気候の違いに直面します。特に、梅雨の時期の蒸し暑さや、冬の冷たい風は、体調に大きな影響を及ぼすことがあります。

たとえば、南欧やカリフォルニア、オーストラリアなど、一年を通して温暖な気候の地域で留学生活を送っていた人は、日本の湿度の高い夏や、乾燥した冬の寒さに再び慣れるまで、体に大きなストレスを感じるかもしれません。梅雨時には、ジメジメとした湿気で身体がだるく感じたり、冬の乾燥によって肌が荒れたり、風邪を引きやすくなったりすることもあります。

例えば、カリフォルニアでは年間を通して日差しが強く、湿度も比較的低いため、日本に帰国した際には、湿気の多さで体感温度がぐっと上昇し、夏場は特に過ごしにくさを感じることでしょう。冬場に関しても、暖房の使い方一つをとっても、留学先での生活とは大きく異なり、日本独特の乾燥した冬の寒さに戸惑うこともあります。

このような気候のギャップは、ただ単に体感温度の違いというだけでなく、私たちの身体や思考にも大きな影響を及ぼします。留学先の快適な気候から日本の四季を強く感じる気候に戻るとき、体はその変化に適応しようとエネルギーを使います。それが、疲れとして表れるのです。

この気候への適応の過程をスムーズにするためには、帰国前後に体調管理を意識することが大切です。適切な服装の選択、室内の湿度管理、適度な水分補給など、小さな工夫をすることで、気候変動による体への負担を軽減できるでしょう。また、季節の変わり目は特に体調を崩しやすいので、無理をせず、体を休めることも重要です。留学からの帰国は、新たな環境への適応だけでなく、再び日本の気候に慣れる過程でもあることを忘れずに、自分の体を大切にしていきましょう。


日本は想像以上にストレス社会である

留学から帰国した後に疲れやすくなる理由の一つとして、「日本が想像以上にストレス社会である」という点が挙げられます。海外での生活では、基本的に自由度が高く、人々の生き方や働き方においても柔軟性が感じられます。この経験を経た後に日本社会に戻ると、そのストレスのレベルの高さに、多くの帰国者が驚かされることがあります。

たとえば、海外では職場でのルールやマニュアルが日本ほど厳格ではなく、仕事中にスマホをいじったり、同僚と談笑しながら楽しく働く様子をよく見かけます。一方で日本では、サービスの質の高さと引き換えに、細かいルールやマニュアル、過剰なサービス精神が求められる傾向にあります。このような職場環境は、社会全体としてもストレスレベルを高めていると感じられることがあります。

さらに、留学中に慣れ親しんだ自由で開放的な文化から、日本の形式的で緻密な社会に再び適応しようとする過程で、多くの帰国者は「なぜ自分たちはこのように疲れるようなことをしているのだろう」という疑問を抱くことがあります。例えば、日本に帰国して初めての仕事で、細かいルールやマニュアルに困惑し、留学時代の自由な働き方が恋しくなることも少なくありません。

また、日本社会特有の無言のプレッシャーや、周囲への過度な気配り、集団主義に基づく行動様式などが、留学から帰ってきたばかりの人々にとっては特にストレスとなりやすいです。留学先で得た視野の広さや柔軟な思考が、帰国後には逆に生活の中でのストレス源に変わることもあります。

このように、日本の社会が持つ高いストレスレベルは、留学から帰国した人々が抱える疲れの一因となることがあります。留学経験者が直面するこのギャップを乗り越えるには、留学中に培った柔軟性を生かしながら、日本社会の良さを再発見し、新たな目標に向かって進んでいくことが大切です。自分自身が感じるストレスを理解し、それに適切に対応することで、留学後の生活もより豊かなものにすることができるでしょう。


単なる時差ぼけ

留学から帰国した後、ひどい疲れを感じる原因の一つとして、「単なる時差ボケ」があります。海外での長期間の生活は、現地の時間感覚を体に染みつかせてしまいます。たとえ帰国しても、この時間感覚は数日で簡単には戻りません。結果として、日本での朝の時間が留学先の夜の時間に相当する場合、体と心は大きな混乱をきたします。

例えば、アメリカ東海岸での生活に慣れ親しんだ人が日本に帰国すると、時差はおよそ14時間。日本で朝7時に目覚めることは、アメリカ東海岸では前日の夜5時に相当します。このような大きな時差は、体内時計と現地時間のズレを生じさせ、日中の活動時間にもかかわらず、体は睡眠を求めるようになります。

特に留学中に現地の生活リズムに完全に適応していた人ほど、帰国後の時差ボケの影響を強く受ける傾向にあります。留学先で夜遅くまで勉強したり、友人と過ごしたりしていた生活パターンが、帰国後も体に残っているわけです。そのため、意識的には新しい日に適応しようとしていても、無意識のうちに体は「まだ夜だ」と感じてしまい、このギャップが疲れの原因となります。

この時差ボケによる疲れを軽減するためには、帰国前後で徐々に生活リズムを調整することが有効です。例えば、帰国の数日前から徐々に日本の時間に近づけるように生活リズムをシフトしていく、帰国後は屋外で日光を浴びることで体内時計をリセットするなどの方法があります。また、帰国直後は無理をせず、体が要求する休息をきちんととることも重要です。このような対策を取ることで、時差ボケによる疲れを和らげ、スムーズに日本での生活リズムに戻る手助けとなるでしょう。


英語脳になってしまっている

留学から帰国した直後に疲れやすくなる理由の一つとして、「英語脳」になってしまっていることが挙げられます。長期間にわたって英語のみを使う生活を送っていた場合、脳は英語を処理することに特化してしまい、日本語を使う際に疲労感を覚えることがあります。もちろん、日本語は私たちの第一言語であり、数日間日本で生活すれば、自然とこの状態は改善されるでしょう。しかし、帰国直後はこのような疲れを感じるかもしれません。

たとえば、留学中はクラスメイトや教授とのコミュニケーション、日々の生活の中での会話、学術論文の読解や作成など、すべて英語で行っていたとします。このような環境に長くいると、脳は英語の聞き取り、話し方、考え方に慣れ、それが自然と身についてしまいます。英語での思考が第一になり、日本語よりも英語で考える方が早くなることさえあります。

帰国後、日常生活で再び日本語を使い始めた時、脳は英語から日本語への切り替えにエネルギーを必要とします。突然、日本語でのコミュニケーションが多くなり、脳はこの言語の切り替えに慣れるまで、一時的に疲労を感じやすくなります。会話中に英語の単語が出てきたり、日本語を話しながら英語で考えてしまうことが、この時期にはよくあります。

このような「英語脳」による疲れを和らげるには、帰国後も無理をせず、徐々に日本語の使用に慣れていくことが大切です。また、英語と日本語をバランス良く使い分ける練習をすることも、脳への負担を減らすのに役立つでしょう。日記を英語で書いたり、日本語で思考する時間を意識的に設けたりすることで、この切り替えをスムーズに行う手助けになります。


社会毒の多さ

留学から帰国した後に疲れやすくなる理由として、意外に思われるかもしれませんが、「社会毒」の多さが挙げられます。日本での生活には、私たちが普段意識しない中で、多くの添加物が含まれています。これは、食事だけに限らず、日常生活の様々な場面で見られます。

たとえば、日本の水道水は飲用に適していますが、その一方で、水質を保つために様々な添加物が使用されています。留学先がミネラルウォーターを主に飲用する国だった場合、日本に帰ってくると、水道水の味や質に違和感を感じることがあります。実際、留学先でミネラルウォーターに慣れてしまうと、日本での水道水に含まれるクロリンなどの成分が気になることがあるかもしれません。

また、日本の歯磨き粉に含まれているフッ素は、虫歯予防に効果的ですが、海外ではフッ素フリーの歯磨き粉が主流の場所もあります。留学先でフッ素フリーの製品に慣れた人が、日本のフッ素配合の歯磨き粉を使うと、口内の感覚が異なると感じることがあります。

さらに、日本では海外では使用が制限されているような化学物質が、生活用品や化粧品に含まれていることもあります。これらの物質に対して、帰国後に体が反応し、疲労感を引き起こすことがあります。

疲れというのは、体が何らかの負担を感じているサインです。留学から帰国した際に感じる疲れは、新しい環境への適応だけでなく、日本独自の「社会毒」への再適応によるものかもしれません。このような疲れを軽減するには、可能な限り自然な製品を選ぶ、添加物の少ない生活を心がけるなど、日常生活での小さな選択が大切になります。留学経験を活かして、健康的な生活習慣を続けることで、帰国後も体調を整えることができるでしょう。


就職など将来について考えることが増える

留学から帰国した後、多くの人が「疲れ」を感じる大きな原因の一つに、就職や将来についての考えが増えることが挙げられます。留学中は、新しい文化、言語、人々との出会いといった刺激に溢れ、毎日がまるで冒険のようなファンタジーに感じられることも少なくありません。しかし、日本に帰国すると、そこには現実が待ち受けています。

将来について考えることは、確かにわくわくする楽しい面もあります。どんな職業に就くか、どのような生活を送りたいか、夢や希望に思いを馳せる瞬間は、人生の中でも特別な時間です。しかし、一方で、就職活動のプレッシャーや、具体的な将来計画を立てる難しさが、精神的な負担となることも少なくありません。

「そろそろ将来のことを真剣に考えなければ」という義務感が心を重くさせる瞬間は、誰にでも訪れます。特に留学から帰ったばかりの時期は、留学で得た経験をどのように今後の人生に活かすか、という大きな課題に直面しています。このような将来に対する不安やプレッシャーが、疲れの一因となるのです。

例えば、留学中に国際ビジネスに興味を持った学生が、帰国後にその分野での就職を目指すとします。しかし、希望する職種への道が容易ではないことに気づき、そのプロセスで多くの不安やストレスを感じるかもしれません。また、留学で広がった視野と、日本の就職市場の現実とのギャップに直面することも、疲れの原因となります。

このような状況に対処するためには、自分自身に時間を与え、焦らずじっくりと将来計画を練ることが大切です。また、留学中に築いた人脈や経験を生かし、多様な可能性を探ることも重要になります。留学帰国後の疲れや不安は、一過性のものであることを忘れずに、前向きに将来を考えていきましょう。

おわりに


留学から帰国した際に感じる疲れは、多くの場合、文化、言語、気候、そして「社会毒」といった様々な要因によって引き起こされます。特にヨーロッパなどの一部地域では、添加物に対する規制が厳しく、比較的クリーンな生活環境が保たれています。このような環境から日本に戻ると、体が適応するまでに時間がかかり、それが疲れとして現れるのです。しかし、留学で得た経験を活かして、日本での生活においてもより健康的な選択を心がけることで、この疲れを乗り越え、より豊かな日常を送ることができるでしょう。留学という貴重な経験は、私たちの生活をより豊かにするための糧となります。その経験を生かし、帰国後も健康で充実した生活を目指しましょう。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X