ENGLISH WORK公式

留学帰国後に無気力になる理由12選

  • 投稿日時:3週間前

留学からの帰国は、多くの人にとって新たな人生の節目となります。新しい文化に触れ、様々な経験を積み、自分自身の成長を実感できる一方で、帰国後に感じる無気力感は、予想外の”お土産”とも言えるでしょう。このブログ記事では、「留学帰国後に無気力になる理由12選」を紹介します。留学経験が人生に豊かな色を加える一方で、なぜ多くの帰国生がこのような感情に襲われるのか、その背後にある理由を深掘りしていきましょう。留学から帰ってきたばかりのあなたが、もしも何か違和感を感じているなら、この記事があなたの感じていることに名前をつけ、乗り越えるヒントを提供できれば幸いです。


留学帰国後に無気力になる理由12選

留学という目標を達成してしまって無気力に

留学帰国後に無気力になる理由のひとつとして、留学という大きな目標を達成してしまったことがあります。この理由は、意外と多くの方が感じていることかもしれませんね。多くの人にとって、留学は人生の中でも特に大きな挑戦であり、目標です。何年もの準備期間を経て、言語の勉強や文化の違いに慣れること、新しい友達を作ることなど、多くの努力を重ねて留学を成功させるわけですから、その過程自体が自分の中で大きな意味を持つようになります。

しかし、その目標を達成して帰国した後、「これから何をすればいいのか」という感覚に陥りがちです。無気力というのは、まさにこの状態のことを言います。たとえば、長年夢見ていた留学を終えて帰国したAさん。留学中は毎日が新しい発見でいっぱいで、充実していたのに、帰国後はどうしても前に進む気力が湧きません。毎日がルーティンワークで、留学中に感じたような刺激や達成感が得られないため、だんだんと何をするにも意欲がわかなくなってしまったのです。

このような状態は、留学だけでなく、どんな大きな目標を達成した後にも起こり得ることです。例えば、大きなプロジェクトを成功させた後や、長年かけて追い求めていた資格を取得した後など、人は何か大きな目標がなくなると、次に何を目指していいのか見失ってしまうものです。

そんな時は、まずは小さな目標を設定することから始めてみてはどうでしょうか。留学で学んだ言語を忘れないように毎日少しでも勉強をする、留学中に興味を持った分野についてさらに深く調べてみる、留学中に出会った友人と連絡を取り合ってみるなど、小さなことでもいいので、新たな目標を見つけてみることが大切です。


日本の大量な添加物で無気力になる

留学から帰国した後、なんとなく体がだるい、やる気が出ないと感じる人が少なくありません。この無気力の原因の一つに、意外に思われるかもしれませんが、日本の食品に含まれる添加物が関係している可能性があります。日本に住んでいると、その存在に気づきにくいかもしれませんが、実際には日本の食品は他国に比べて多くの添加物を含んでいます。

たとえば、海外で生活していた人なら誰でも気づくでしょうが、海外の食パンは日本のものと比べて非常にカビやすいです。これは、海外では食品に添加物をあまり使用しないため、保存期間が短くなることが一因です。一方で、日本のパンは何日も常温で放置してもなかなかカビません。これは、パンの保存期間を延ばすための防腐剤やその他の添加物が多く含まれているためです。

さらに、パンだけでなく、カップラーメンやファストフードなど、日本で日常的に消費されている多くの加工食品には、海外では使用が制限されているトランス脂肪酸や過剰なグルタミン酸ナトリウム(味の素など)が含まれています。これらの成分は、過剰に摂取すると体に様々な負担をかけることが知られています。

海外での生活に慣れてしまった人にとって、日本に帰国してこれらの食品を摂取することは、体にとってかなりのストレスとなります。それは、体が疲れやすくなったり、消化不良を感じたりすることで現れることがあります。このような体の不調が、精神的な無気力感につながることも少なくありません。

この問題に対処するには、できるだけ添加物を避けた食生活に切り替えることが有効です。例えば、加工食品を減らし、新鮮な野菜や果物、肉や魚などを中心とした食事を心がけること。また、食品のラベルをよく読み、不必要な添加物が少ない商品を選ぶようにすることも大切です。


日本ヤバさがあなたの気力を奪う

留学から帰国した後、多くの人が無気力に陥る理由の一つに、「日本のヤバさ」が自分の気力を奪ってしまうことが挙げられます。これはちょっと耳慣れない表現かもしれませんが、要は日本独特の社会の雰囲気や国民性が、海外での経験と比べてしまうと、なんとなく息苦しく感じられることがある、ということです。日本は治安が良く、生活水準も高く、民度も高いといった素晴らしい点が多い国です。しかし、帰国してみると、戦後の教育や国民性の影響でしょうか、どこかネガティブなマインドが蔓延しているような感覚に襲われることがあります。

留学中、たくさんの国の人々と交流し、さまざまな価値観に触れることで、多くの留学生はポジティブなマインドセットを身につけます。海外で暮らしていると、「チャレンジすることの大切さ」「失敗を恐れずに前に進むことの価値」などが常に強調され、それが自然と自分の中にも根付いていきます。そうした経験を経て帰国した時、日本の社会や周りの人々が、どこか保守的で、リスクを避ける傾向にあることに、フラストレーションを感じることが少なくありません。

たとえば、留学から帰ってきたBさんは、新しいアイデアを積極的に提案していましたが、周囲からは「無理だろう」「今までそういうことはやってこなかった」など、ネガティブな反応が多く、次第に何をするにも前向きな気持ちが湧かなくなってしまったといいます。このように、海外で得たポジティブなマインドが、帰国後の社会の雰囲気で徐々に奪われていく感覚が、無気力の一因になってしまうのです。

こうした状況に直面した時、大切なのは自分が留学中に身につけた価値観や考え方を、どう日本の社会に活かしていくかを考えることです。留学生活で培ったグローバルな視点や、チャレンジ精神を保ち続けることが、自分自身の気力を保つ鍵になります。また、同じように留学経験のある仲間と交流を持つことで、相互に刺激を受け合い、ポジティブなマインドを保ち続けることも一つの方法です。


もはや普通の刺激では生きていけない

留学から帰国した後、多くの人が無気力に感じる理由の一つに、「もはや普通の刺激では生きていけない」という感覚があります。留学という経験は、日々新しい発見や刺激に満ちています。新しい文化、言語、人々との出会い。これら全てが、まるで毎日がお気に入りのファンタジー小説の中にいるかのようなワクワクとした感覚を提供してくれます。多くの人が、この素晴らしい経験のためにさまざまな努力や苦労を重ねてきたわけですから、その幸福感は計り知れないものがあります。

しかし、留学が終わり、日常生活に戻ると、突如としてその魔法が解けてしまったかのように感じます。日々の生活が急に平凡に感じられ、以前は楽しんでいた活動も色褪せてしまうかのよう。たとえば、留学中には週末ごとに新しい場所を探検し、新しい料理を試し、新しい友達と出会うことが日常でしたが、帰国後は、同じ日々の繰り返しに、何とも言えない虚しさを感じるようになります。

特に、Cさんのケースでは興味深いです。留学中には毎週末が冒険で、新しい国の新しい都市を訪れ、その土地の文化や歴史を学ぶのが楽しみでした。しかし、帰国後の生活にはそのような刺激がなく、以前は普通に楽しめた趣味も、なんだか物足りなさを感じるようになったといいます。このような状況が、帰国後に無気力になってしまう大きな理由の一つとなっています。

留学という非日常的な経験が終わった後、再び日常に戻ることのギャップを埋めることは容易ではありません。しかし、その経験を生かし、日常に新しい刺激を見つけ出すことが重要です。たとえば、帰国後も新しい言語を学び続ける、国際交流のイベントに参加する、留学中に出会った友人たちと連絡を取り合うなど、留学の経験を日常生活に取り入れる努力をすることが、無気力を乗り越える鍵となります。


時差ぼけも無気力の原因に

留学帰国後に感じる無気力の原因として、思いがけず「時差ぼけ」が大きな影響を与えています。海外での長期滞在により、私たちの体内時計は現地の時間に合わせて調整されてしまいます。この変化は、たった数日のうちに元に戻るものではありません。例えば、日本で朝の時間帯に目覚めたとしても、留学先ではまだ深夜。このような状態では、意識的には起きて活動する時間であると認識していても、体の内側のリズムは完全に睡眠モードにあるわけです。その結果、体は疲労感を感じ、これが無気力感として表れるのです。

特に、1年以上のような長期間にわたる留学を経験した場合、体内時計の調整にはさらに時間がかかります。このような状態では、日本に帰国してからも、何週間にもわたって日中に異常な眠気や疲労を感じることがあります。また、夜になると眠れない、朝方になってようやく眠りにつけるといった生活リズムの乱れも珍しくありません。

この時差ぼけは、ただ単に時刻のズレを感じるという以上の影響を及ぼします。人間の体は、日光の周期や食事の時間など、外部からの様々なシグナルによって体内時計を調整しています。異国の地で長期間生活することで、これらのリズムが大きく狂い、帰国後もその影響を受け続けるのです。

時差ぼけからくる無気力を改善するには、まずは規則正しい生活リズムを取り戻すことが重要です。朝はなるべく同じ時間に起き、夜は一定の時間に就寝するように心がけます。また、朝日を浴びることで体内時計をリセットする助けになるため、晴れた日には外で過ごす時間を増やすとよいでしょう。食事の時間も規則正しくすることで、体のリズムを整えることができます。


社会毒があなたの気力を根こそぎ奪う

留学帰国後、理由もなく無気力に感じることがあるかもしれません。実は、この感覚の背後には「社会毒」が隠れている可能性があります。この言葉は少し大袈裟に聞こえるかもしれませんが、日常生活で接しているさまざまな物質が、知らず知らずのうちに私たちの体に負担をかけているのです。

たとえば、日本の水道水は高い安全基準をクリアしており、そのまま飲むことができます。しかし、この清潔さを維持するためには、殺菌や浄化のために様々な化学物質が使用されています。留学先がミネラルウォーターを主に飲む文化の国であった場合、そこから戻ってきた後に日本の水道水を飲むことで、体が微妙なストレスを感じることがあります。

また、日本で広く使われている歯磨き粉に含まれるフッ素ですが、海外ではフッ素フリーの製品が主流の場所も多く、この急な変化が体に影響を及ぼしているかもしれません。フッ素に限らず、日本の生活用品や食品には、海外ではあまり使用されていない添加物が含まれていることが多いのです。

このように、留学から帰国した際には、それまで慣れ親しんだ生活環境との違いからくる「化学物質の違い」が、無気力感の一因となることがあります。体がこれらの変化に適応しようとする過程で、疲れやストレスを感じ、それが無気力感につながるのです。

これに対処するためには、まず自分の生活環境を見直すことが大切です。可能であれば、添加物が少ない食品を選ぶ、フッ素フリーの歯磨き粉を使用するなど、自分の体が最も快適と感じる選択をしてみましょう。また、空気清浄機を使用して室内の空気をきれいに保つ、室内植物を育てて自然の恩恵を受けるといった方法も、体への負担を減らすのに役立ちます。


日本の気候は想像以上に気力を奪う

留学から帰国して、なんとなく無気力を感じることがあるかもしれませんね。その原因の一つに、日本特有の気候があるかもしれません。留学先によっては、一年を通して温暖で、湿度も快適なレベルを保っている場所が多いです。そうした環境から日本に戻ると、気候の違いに体が戸惑うことがあります。

特に、日本の梅雨時は、高温多湿でジメジメとしています。この時期は、空気が重く感じられ、体にまとわりつくような湿気が、体力だけでなく気力まで奪ってしまうことがあります。また、冬の寒さも厳しく、特に留学先が温暖な地域だった場合、この季節の変化は思った以上に体に影響を与えるのです。

このような気候の変化は、単に体感温度の問題だけではありません。人の体は、外部環境に適応しようとするため、気温や湿度の変化に応じて体内のバランスを調整しようとします。しかし、この調整過程で体には相応のエネルギーが必要とされ、その結果、日常生活を送る上でのエネルギーが削がれてしまうことがあるのです。それが、無気力感として表れることも少なくありません。

さらに、気候の変化は睡眠の質にも影響を及ぼすことがあります。例えば、梅雨時の蒸し暑さや、冬の冷え込みは、深い睡眠を取りにくくする要因となり得ます。睡眠は心身の疲れを癒すために非常に重要な時間ですから、その質が落ちることは、翌日の活力に直結します。

この気候による無気力感を乗り越えるためには、まずは環境を整えることが大切です。例えば、除湿機やエアコンを適切に使用して、室内の湿度を快適なレベルに保つことや、冬は適切な暖房器具を使用して体を冷やさないようにすることが有効です。また、睡眠の質を高めるために、寝具を季節に応じて変える、就寝前のルーティンを整えるなど、生活習慣の見直しも重要になります。


価値観合わなすぎて他の日本人でやっていける気がしない

留学帰国後に無気力を感じる原因の一つとして、留学経験がない日本人との価値観の違いからくる孤独感があります。留学を経験したあなたは、もしかしたら「普通の」日本人とは異なる考え方や価値観を持つようになっているかもしれません。日本は独自の文化や価値観が根付いている島国です。これは海外の人から見れば非常に魅力的に映ることも多いのですが、留学から帰ってきたばかりのあなたにとっては、逆にフィットしづらい側面があるかもしれません。

例えば、日本の社会はルールやマニュアルを非常に重んじる傾向にあります。これに対して、海外ではもっとフレキシブルな働き方がされていることが多いです。空港のスタッフが携帯をいじりながらでも仕事をしていたり、スーパーの店員が同僚と談笑しながら楽しく働いている光景を見ると、日本の働き方に違和感を覚えるかもしれません。「なぜ日本はこんなにも自分たちの首を絞めるような規則に縛られているんだろう?」と疑問を持つことでしょう。

このような価値観のギャップは、単なる日常生活の中の小さな違和感にとどまらず、職場でのコミュニケーションやチームワークにおいても大きな障壁となることがあります。留学で得たグローバルな視野や柔軟な思考は、日本の伝統的な働き方やコミュニケーションスタイルとは異なるため、時には周囲との間に溝を感じることも。

このような状況を乗り越えるためには、自分自身の経験を大切にしつつも、周りとのコミュニケーションを積極的に取ることが大切です。留学で培った柔軟性を活かして、異なる価値観を持つ人たちとの共通点を見つけ出し、理解し合う努力をすることが、孤独感を克服する鍵となります。また、同じような経験を持つ人たちとの交流も、孤独感を感じる時の大きな支えになり得ます。

おわりに


留学からの帰国後に感じる無気力感は、帰国生ならではの挑戦です。しかし、この記事で紹介した「留学帰国後に無気力になる理由12選」を通じて、その感情の原因が少しでも明らかになったなら、解決の糸口が見えてくるはずです。重要なのは、自分自身の感じていることを正直に受け止め、必要ならば周囲に助けを求めることです。留学で培った経験や学びは、決して無駄にはなりません。帰国後に感じるこの一時的な無気力も、あなたの人生にとって貴重な学びとなるでしょう。自分自身のペースで前に進み、留学経験を生かした充実した日々を送ってください。あなたの新たな旅は、まだまだこれからです。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X