ENGLISH WORK公式

留学生が授業をサボる原因6選:親不孝はやめよう

  • 投稿日時:8か月前

皆さん、こんにちは!あなたがこれを読んでいるということは、恐らく留学を考えているか、もしくはすでに留学生として新たな環境で生活しているかのどちらかだと思います。それぞれの場合において、私が今日皆さんに伝えたいテーマは、”授業をサボる”という行為についてです。

授業をサボる、この行為は誰しもが一度くらいは考えたことがあるのではないでしょうか?そんな皆さんに向けて、本記事では、私自身の経験と考えを交えながら、留学中に授業をサボることのリスクと、それを避けるための考え方について深く掘り下げていきたいと思います。

これから取り上げるテーマは、授業に対する疑問感、自由すぎる生活習慣、問題がない環境の罠、英語力の向上、友達との関係性、親孝行という観点、そして最後に自身の成長という大切なテーマです。

私自身も留学の経験者として、これらの課題に直面し、考えを深めてきました。そして、私が思うに、授業をサボるという選択は、一見魅力的に見えるかもしれませんが、その影響はあなた自身の成長を妨げ、長期的に見て負の影響をもたらすことが多いと感じています。

この記事を通じて、皆さんが授業をサボることの意味とその影響を深く理解し、自身の留学生活に生かしていただければ幸いです。それでは、さっそく各テーマについて詳しく見ていきましょう!


留学生が授業をサボる原因6選

英語力の停滞感から来る無気力

ある日、留学生活の中で自分の英語力が一向に伸びないことに気づいたとしましょう。初めての留学生活、最初の数ヶ月は英語力が急激に伸びる期間で、それはまるで新しい世界が開かれたかのような感覚でしょう。毎日新しい単語を覚え、日々少しずつでも英語で会話ができるようになる、そんな体験は無比の喜びを感じさせてくれます。

しかし、留学生活が数ヶ月進むと、その伸びが一段落し、急速な進歩から一歩一歩の確実な成長へと変わってきます。そんなとき、留学生は自分の英語力が止まってしまったような感覚に陥ることがあります。それはまるで、かつての急速な成長がピタリと止まってしまったかのように感じられるでしょう。

この「停滞感」は、大いに英語力が上がることに対するモチベーションを奪い、無気力へと導きます。毎日学校へ通って勉強しても、見える成果がなければ、人はどうしても「意味があるのだろうか」と思ってしまうものです。そして、そんな気持ちが強くなればなるほど、授業をサボることにつながるのです。

英語学習は一朝一夕で結果が出るものではありません。それは長期的な視点で見なければならないのですが、現実的にはそれが難しいと感じることが多いでしょう。そして、それが「サボり」へとつながる最初の一歩となります。

しかし、大切なのはここで諦めないことです。自分が思うほど英語力は止まっていないのです。また、常に新たな挑戦を続けることで、英語力は必ず上がります。ですから、この停滞感を乗り越え、授業をサボらずに堅実に学習を進めることが、英語力向上への大切な一歩となるのです。


孤独感:留学先で友達ができない

留学の期間中、特に初めての留学では、新しい友達を作ることは一大挑戦であり、それがうまくいかないと、それが学習意欲の減退につながることもあります。学校は単に学習の場ではなく、友達との関わりの中で楽しみ、そして互いに刺激を与え合いながら成長する場でもあります。だからこそ、友達ができないという状況は、授業をサボる理由となり得ます。

友達がいると、学校は楽しい場所になります。共有の体験を通じて、新しい視点や考え方を学び、その結果自分の成長に繋がるのです。しかし、友達ができないと、学校はただの勉強場所にすぎません。それは厳しい英語学習環境と孤独感が混ざり合い、授業に対するモチベーションを低下させます。

「学校に行かなくても、カフェで勉強できるし」という言い訳が頭に浮かぶのも無理はありません。何のために学校に行くのか、その目的が曖昧になってしまうと、どうしても授業をサボってしまいたくなるかもしれません。

しかし、学校に通うことの意義は単に勉強だけでないことを忘れてはいけません。友達との交流を通じて、異文化への理解を深め、コミュニケーション能力を向上させるチャンスでもあるのです。そして、それらの経験は確実に英語力を向上させる要素となります。

そう、留学生活の中で友達ができないと感じたときこそ、授業をサボらずに向き合うべき時なのです。自分からコミュニケーションを取る努力を続けることで、必ず新しい友達ができるはずです。その一歩を踏み出すことが、あなたの留学生活をより充実したものにし、そして、英語力向上への道を開くことになるのです。


友達の帰国という切なさ

留学生活において、友達が帰国してしまうという現実は、なかなか辛い経験であり、それがまた授業をサボるきっかけとなることもあるのです。

さまざまな国から集まった留学生の中には、短期間の留学を選ぶ人も多いです。そういった友達と一緒に学ぶ時間は限られていて、お互いに刺激を与え合いながら成長できるのは数週間から1ヶ月程度かもしれません。しかし、その限られた時間の中で強い絆が生まれることもあります。その絆が生まれた瞬間、突然その友達が帰国の時が来ると、それは一種の失落感を生むのです。

この失落感が強ければ強いほど、学校に通う楽しみが減ってしまうかもしれません。学校での学びが友達との共有体験を通じて生まれていたとすれば、その友達が帰国すると、授業をサボってしまう気持ちがわき上がるのも無理はありません。「せっかく学校に行っても、もうその友達には会えないんだし…」という気持ちが、授業をサボる理由となるのです。

しかし、友達が帰国したからといって、学びを止めるべきではありません。あなたの学びの目的は何でしょうか?その友達との共有体験は確かに大切で、それがあなたの成長にも寄与していたことでしょう。だからといって、その友達がいなくなったからといって、自分の成長を止めてしまうことはありません。

むしろ、その友達との出会いを糧に、さらに新しい人々との出会いを求めるべきです。そうすることで、授業をサボるという選択肢は、必然的に減っていくはずです。新たな友達との出会いを楽しみ、またそれが自身の学びを深めることに繋がることでしょう。そして、その経験があなたの留学生活を更に充実させ、英語力の向上へと導くのです。


授業に対する疑問感

さて、ここで問題となるのが、授業そのものへの疑問感です。それは授業をサボる原因の一つになり得ます。「本当に授業を受けるだけで、私の英語力は向上するのだろうか?」という疑問を持つ留学生は少なくないでしょう。

授業だけ受けていても、語学力は確かに一定以上伸びにくいのが現実です。授業で得た知識を活用して、現地の人々と交流する機会があれば、確かに英語力は更に向上します。友達と出かけたり、現地の人々と実際に英会話をすることで、英語を学ぶ意味が身にしみるでしょう。

それならば、と思うかもしれません。「授業をサボって、自分の時間で英語を学んだ方が効果的なのでは?」と。カフェで本を開いたり、YouTubeで英語の動画を見て自習することも、確かに一つの手段です。そして、そう考え始めると、「学校に通う意味があるのか?」という疑問感が、授業をサボる一つの理由となるでしょう。

しかし、ここで注意したいのは、授業があなたに与えてくれる価値は、ただ知識を得るだけではないということです。学校での授業は、知識を深めるだけでなく、新たな視点を提供し、自分自身の考え方を深める機会を与えてくれます。教師とのディスカッションや、同じ目標を持つ仲間たちとの共有体験は、自習では得られない大切な体験です。

さらに、授業をサボることで得られる自由な時間は、あくまで一時的なものです。逆に、授業に参加することで得られる体験や学びは、将来的にもあなた自身の成長に大きく寄与することでしょう。授業をサボることで一時的に得られる楽しさや自由さよりも、長期的な視点で自身の成長を見つめてみてください。それが、授業をサボることへの対抗策となるでしょう。


自由すぎる生活習慣と朝の困難

次に挙げられるのが、「朝起きれない」ことが授業をサボる原因となるという話です。留学生活、特にシェアハウスに住んでいる場合、それは何とも自由な生活です。自由という言葉がもつ二面性を、ここで感じてしまう留学生は多いのではないでしょうか。

留学生活は確かに自由で、その自由が学びの深化や自己成長を促すこともあります。しかし一方で、それは自己管理能力が試される場でもあります。特に朝の起床時間は、その象徴的な事例かもしれません。

自由すぎる生活、そしてその結果として生じる「朝の困難」。寝坊しても、誰も何も言わない。その自由が「今日くらい授業をサボってもいいや」という気持ちに繋がります。そしてその気持ちは、あっという間に癖になります。最初は数週間に一回だった授業をサボる頻度が、知らぬ間に1週間に一回、そしてそれ以上に増えていく。これは決して珍しい話ではありません。

だからと言って、自由を否定することはありません。問題はその自由をどう活用するか、どうコントロールするかという点にあります。自由な時間を持つことは、それ自体が価値あることです。しかし、その自由を適切に管理することが求められます。朝寝坊で授業をサボってしまうという癖を見つけたら、それを改善するための手段を探すことが大切です。

例えば、適度な運動をして早寝早起きの生活リズムを作る、時間管理のアプリを利用する、シェアハウスの仲間と起床時間を合わせるなど、解決策はいくつもあります。そしてその努力は、留学生活だけでなく、今後の人生においても必要な自己管理能力を養う機会となるでしょう。そう考えれば、授業をサボることへの対策は、自身の成長へのステップとも言えますね。


授業をサボっても問題がない環境

ここで取り上げるのは、授業をサボってもなんの問題も起きないという環境の話です。ちょっと考えてみてください。そういった環境に置かれたら、皆さんはどうしますか?正直に言うと、少なからず誘惑に負けて授業をサボってしまう人がいるのではないでしょうか。

実際、留学の環境というのは、「授業をサボっても大丈夫」という状況が生まれやすいのです。なぜならば、親がすぐそばにいないからです。もし大学生であれば、自分が授業をサボったことを親に言わなければ、バレることはありません。そうなると、ついつい授業をサボることが多くなってしまいます。

そしてもう一つ、語学学校側も生徒が授業をサボっていても特に何も言わないことが多いのです。その理由はとてもシンプル。なんといっても授業をサボっている生徒が多いからです。そしてその状況が続くと、学校側もサボる生徒に対して何かしらの対応をするのは難しくなります。

ただ、これは皆さんが軽々しく授業をサボっていいという話ではありません。この「授業をサボっても問題がない環境」を把握することで、自分自身の行動を振り返り、再考するきっかけをつかむことが大切なのです。たしかに、留学中は誰にも責められることなく授業をサボることができます。しかし、その一方で、自分自身の目標や志向を見失うことなく、自主的に学び続ける能力が問われているのも事実です。

留学生活とは、大人になるための一歩とも言えるでしょう。その中で、誘惑に負けずに自己管理能力を磨くことは、これからの人生において非常に重要なスキルとなります。

授業サボらないほうがいい4つの理由


英語力が上がらなくなる

さて、今までの話を踏まえた上で、皆さんにお伝えしたいのは「授業に通うことの意義」についてです。それはつまり、英語力を上げるためには、やはり授業をサボらずに学校に通うことが重要だという事実です。

もちろん、語学学校に通うだけで自動的に英語が話せるようになるわけではありません。しかし、それでも授業に通った方が英語力は上がるのです。何故なら、授業で得られる知識やスキル、それに加えて生の英語に触れる機会は、自宅で独学するよりも確実に多いからです。

ところで、皆さんは授業をサボったとき、どんな風に時間を過ごしますか?ほとんどの人は自習したりしないで、ただ家でゴロゴロしたりしてるだけではないでしょうか。授業をサボることが習慣になると、学校に行かなければ自習もしない、という状況に陥りがちです。そうなると、英語力が全く伸びなくなってしまいます。

それでは、具体的にどうすればよいのでしょうか。私のアドバイスは、確かに英語力の伸び悩みの時期は大変ですが、それでも一歩一歩、地道に学習を続けることです。それが結果的には英語力の向上に繋がっていくからです。

だからこそ、私たちは語学学校にちゃんと通うべきなのです。学校に行くことで得られる多くの学びや経験、そして人間関係は、英語力向上のみならず、個人の成長にも寄与します。なので、皆さんには、授業をサボることなく、一緒に学んでいくよう心掛けていただきたいと思います。これが留学の真髄であり、語学力向上の秘訣なのです。


留学中ぼっち生活を送ることになる

皆さん、学校生活はどんなものだと思いますか?授業だけでなく、友達との関係性もまた学校生活の一部を成す大切な要素です。ここでは、友達との関係性が学校生活に与える影響について、そしてなぜ授業をサボらない方がいいのかについて考えてみましょう。

留学生活は新たな人間関係の中で過ごすことになります。異文化の中での生活は時に困難を伴いますが、友達との交流があることで乗り越えられることも多いです。しかし、「友達がいないからと語学学校に行くのをやめてしまう」なんて考えはちょっと待ってください。これは思った以上に危険な行動なのです。

授業をサボり始めると、その結果は予想以上に悲惨なものになりかねません。授業をサボることで自分が孤独になるだけでなく、学校以外の場でも友達と遊ぶ機会が失われてしまいます。つまり、学校生活の楽しみが一つ減ってしまうのです。

私の考えは、留学先でぼっちになる可能性があるからこそ、逆に授業はサボらないほうがいいのです。授業に出席することで友達との交流の機会を作り、学校生活を楽しむきっかけを作ることができます。その一方で、授業をサボると、その機会を自ら手放してしまうことになるのです。

留学生活は自分の英語力を伸ばすだけでなく、新たな人間関係を築く場でもあります。そのためには、積極的に学校生活に参加し、自ら機会を掴むことが重要です。皆さんも授業をサボらないで、学校生活を最大限に楽しんでみてはいかがでしょうか?この機会を最大限に活かし、素晴らしい留学生活を送りましょう!


親不孝だから授業サボるな

留学生活は自由の中で学び、成長することができる素晴らしい機会ですが、一方でその費用をどう捻出するかは大きな課題です。多くの場合、親や家族のサポートを受けて留学することが可能になるわけですが、その中で「授業をサボる」という行為にはどんな意味があるのでしょうか。

自由な留学生活の中で、ついつい授業をサボってしまうことがあります。だって、語学学校に通っていても、自動的に英語が話せるようになるわけじゃないですもんね。でも、ここで一つ忘れてはいけないことがあります。それは、「親のお金で留学している人は授業をサボるのはやめましょう」という観点です。

私の考えは、親のお金で留学しているということは、親への感謝の気持ちと誠意を持って留学に臨むべきだということです。どんなに語学学校に通う意味がないと思っても、親から学費を支えてもらったのであれば、最後まで通うのが筋でしょう。授業をサボるという行為は、親への感謝の気持ちを忘れてしまうような行為で、親不孝とも言えるでしょう。

「どうせ授業をサボる人は自習もしない」というのは、本当にその通りかもしれません。しかし、せめて語学学校には通い続けましょう。それが親への誠意、そして自分自身への誠意です。

自由な留学生活を楽しみつつも、親への感謝の気持ちを忘れず、誠実に留学生活を送りましょう。そして、親への感謝を忘れず、親不孝にならないようにしましょう。親孝行の一環として、親が払ってくれた学費に対して誠意を持って取り組むことが大切です。


怠惰になると人生が狂う

留学生活は、新たな環境で自身を試し、成長する機会でもあります。しかしながら、その中で授業をサボるという行為は、いわば「怠惰な癖」を作り上げるきっかけとなるかもしれません。その結果、それはあなたの成長を阻む大きな壁となる可能性があります。

私たちは常に自己成長を追求するべきだと思います。そして、その追求の中で、ときには「サボりたい」という気持ちが湧くこともあるでしょう。しかし、その気持ちに負けてしまうと、そのサボり癖がいろんな部分に派生してしまいます。一度「サボる」ことに慣れてしまうと、それは習慣となり、他の様々な活動にも影響を与えてしまいます。

「サボる」行為は、留学生活だけでなく、自己成長の一部をも阻害する可能性があります。例えば、あなたが将来の夢を持っていても、「どうせ叶わないだろうから」と諦める癖につながってしまうかもしれません。これは、本当に自身の成長を阻害する一大事です。

そのため、私の考えとしては、授業をサボらないことが重要だと強く感じます。留学という経験は、あなた自身の成長のためのものです。それを最大限に活かすためには、自分自身で課したルールや義務を果たすことが必要です。

授業をサボるという行為は、それを許容することで、自分自身の可能性を狭めてしまう行為です。だからこそ、この怠惰な癖を改善するために、自分自身を律し、規律を守ることが大切です。それこそが、真の自身の成長へとつながる道なのです。

おわりに:留学で授業はサボっては行けない


皆さん、最後まで読んでくださりありがとうございます。本記事では、留学生活における授業をサボるという行為について、私自身の経験と考えを混ぜながら詳しく見てきました。私たちは多くの選択肢の中から、自分自身の成長を最大限に促進する道を選びたいと思いますが、そのためには、誘惑や怠惰な心情に負けず、自身の目標に向かって努力し続けることが重要です。

留学という特別な経験は、私たちに自由を与え、自己成長のための機会を提供します。しかし同時に、それは自己責任と自己制御を求める状況でもあります。授業をサボることは、短期的には楽に思えるかもしれませんが、長期的には英語力の向上、友人関係の形成、親への感謝の念、そして自己成長という観点からみると、授業にしっかりと参加することの価値が明らかになるでしょう。

私たちは、学びの場である授業に参加することで、新たな視点を得たり、他の学生や教師と交流する機会を持つことができます。また、自己管理能力も鍛えられ、自己成長の一部となるでしょう。

留学生活は自由に満ちていますが、その自由を正しく管理し、自分自身の成長のために利用することが大切です。授業をサボるという選択が自己成長にどのような影響を及ぼすのかを理解し、自分自身の選択を再評価する機会になれば幸いです。

皆さんが留学生活を通じて、自身の目標に向かって進み続け、人生における大切な経験を得られることを心から願っています。それでは、この場を借りて皆さんのこれからの旅に幸運を祈ります。またどこかでお会いできる日を楽しみにしています!

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X