ENGLISH WORK公式

留学で疲れたと感じる時6選:もう無理と言わないで

  • 投稿日時:8か月前

皆さん、こんにちは。留学という選択をしたあなた、すばらしい決断をしたと心から思います。新しい文化、新しい環境、そして何よりも新しい言語、それらに触れることは、確かに大きな挑戦であり、時には厳しい試練を伴うこともあります。

でも、その全てがあなたの成長を促し、視野を広げ、自分自身を深く理解する助けになるのです。それでも、留学生活中に「疲れた」と感じる瞬間は誰にでも訪れます。それは自然なことで、またその感情もあなたの成長の一部です。

しかし、ここで重要なのはその「疲れた」という感情をどう対処するか、どう乗り越えるかです。そのために、この記事では様々な視点から「疲れた」という感情に立ち向かう方法を提案します。

それでは、一緒に「疲れた」感情を上手に乗り越え、より充実した留学生活を目指しましょう!


留学で疲れたと感じる時6選

英語の勉強が全く報われない時

皆さん、こんにちは。今回は留学で「疲れた」と感じる一つの理由、それは「英語の勉強が全く報われない時」についてお話ししたいと思います。

留学を決めるとき、私たちは胸に勇気を秘め、新たな挑戦を始めるエネルギーに満ち溢れています。しかし、留学生活が始まると、その現実は時に想像以上に厳しいものとなります。特に日本人にとって、留学先で必要となる英語力の獲得は難易度が高いと言えます。

一部のデータによると、日本人が英語を流暢に話すためには、なんと約2000時間の学習が必要だと言われています。さて、皆さん。この数値を見て何を思いましたか?とても大きな時間ですよね。そして多くの日本人は英語力ゼロ、もしくはそれに近い状態で留学をスタートします。

留学初期の数ヶ月間、毎日一生懸命に英語を勉強しても、なかなか結果が出ない時、皆さんはどう感じるでしょうか?私たちは努力した分だけ報われるべきだと思いますよね。しかし、実際には思うように進歩しない、話すスキルが伸び悩むという経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。

こういった状況は、本当に「疲れた」と感じる時です。自分自身の進歩が見えづらい、結果が出ないことによるフラストレーションは、心に大きな重荷となります。自分の能力に疑問を持ち、自信を失ってしまうかもしれません。

しかし、皆さん。一つだけ覚えておいてほしいことがあります。それは、英語の上達は一日や二日で実現するものではない、ということです。学習には時間がかかりますし、その過程は一人ひとり異なります。だからこそ、途中で疲れてしまったら、無理をせず一息つくことも大切です。

「英語の勉強が全く報われない」と感じた時こそ、自分を労わり、休息をとることが重要です。そして、気力が回復したら再び挑戦する。その繰り返しで、徐々にでも確実に英語力は上達していきます。それを信じて、自分自身を応援し続けてくださいね。


友達を作ってもみんなすぐ帰国してしまう時

留学生活の中で一つの大きな楽しみ、それは新しい友達を作ることでしょう。しかし、その楽しみが時として「疲れた」と感じる一因に変わることもあるのが実情です。

どういうことかと言いますと、あなたが1年という長期留学をしていても、周りの留学生は時に数週間から数ヶ月程度の短期留学できている場合が多いのです。その学生たちは多様な地域から来ており、ヨーロッパやアジア、中東など、世界の様々な地域から集まっています。そのため、友達の作り方や人間関係の築き方にも留学期間の違いが大きく影響を及ぼします。

想像してみてください。あなたがせっかく新しい友達を作り、彼らと深い絆を築いたところで、その友達が突然、自国に帰国してしまう。それが何度も繰り返されると、人間関係の築き直しや友達の再捜索が必要となり、「友達を作るのが疲れた」と感じてしまうこともあるでしょう。

この状況は辛いものですし、心が疲れてしまいます。しかし、ここで大切なのは、自分自身を責めないこと、そしてこの状況を自分だけの問題と思わないことです。これは多くの留学生が経験する普遍的な課題であり、多くの人が同じように感じているはずです。

その上で、もしあなたが「友達を作るのが疲れた」と感じたときには、無理をせず、自分自身の心と体を大切にすることが大切です。自分のペースで新しい人間関係を築き、その中で自分なりの留学生活を楽しむことができればと思います。そして、新しい友達との別れがあるということは、それだけ新たな出会いもあるということ。その視点を忘れずにいてくださいね。


語学学校と家の往復に飽きた時

留学と聞くと、なんとなく毎日がエキサイティングな日々を想像することでしょう。外国の友達がたくさんできて、毎日みんなで公園に行って外でランチを食べたり、毎週パーティーをしたりといった華やかなイメージが浮かびますよね。しかし、実際の留学生活はそんな色眼鏡で見たものとは少し異なります。実際のところ、大半は学校と家の往復という地味なものなのです。

特に長期留学、例えば1年という長い期間を過ごす方にとって、この日常のルーティンは「疲れた」と感じさせるものになりがちです。異国の土地で新鮮な経験をする初期の頃と比べ、時間が経つにつれて毎日が一緒で、何も変わらない日々に飽き飽きしてしまうのは当然のことかもしれません。

何度も同じ道を歩き、同じ建物に通い、同じ人々と過ごす。それが一日もしくは一週間の大部分を占める日々は、どうしてもモノトーンで疲れるものです。そして、その状態が続くと、自分自身が「疲れた」と感じる瞬間も多くなります。

そんな時、大切なのは自分に対する思いやりです。まずは、自分が「疲れた」と感じていることを認めてあげることが大切です。そして、その「疲れた」感情を否定することなく、あるがままに受け入れることです。

次に、何か新しい経験を積極的に作ることも一つの解決策かもしれません。例えば、週末にはいつもとは違う場所へ出かけてみたり、新しい趣味を見つけたり、新しい人々と出会ったりすることで、日々のルーティンから少しでも逃れ、新鮮な気分を味わうことができます。


ホームステイガチャ外れた時

ホームステイという言葉を聞くと、新たな文化を肌で感じながら現地の家庭で生活するという、留学生活の醍醐味を想像する人も多いでしょう。しかし、現実は常にイメージと一致するわけではありません。時には、ホームステイが期待と違う形で展開されることもあるのです。これが、留学生たちが語る「ホームステイガチャ外れ」という現象です。

事前にホームステイ先の情報をチェックし、期待に満ちてその家庭に足を踏み入れるも、実際のところは全く違った環境であることがあります。例えば、ホームステイ先のルールが予想以上に厳しかったり、思っていた以上に自由が制限されることがあったりします。また、ホストファミリーとの人間関係が難しく、予想外のストレスを感じることもあるでしょう。

ホームステイ先には嫌でも住まなければならない状況が続くと、そこでの生活が一気に重荷となり、「疲れた」と感じることでしょう。ストレスを感じる日々が続くと、どうしても精神的にも身体的にも疲れが蓄積します。

しかし、そんな時こそ自分自身と向き合う大切さを忘れないでください。自分が「疲れた」と感じていることを認め、その感情を肯定することから始めてみてください。それは自己の感情に対する尊重であり、そこから解決の道筋が見えてくるはずです。

また、あくまでホームステイは一時的な状況であり、必ずしも永遠ではありません。その現状を変える方法を探すことも一つの解決策かもしれません。事情を学校や留学エージェントに相談する、ホストファミリーとコミュニケーションを取るなど、自分の置かれた状況を改善するための一歩を踏み出すことも大切です。


シェアハウス生活に疲れた時

シェアハウスという生活スタイルは、留学生にとっては手頃な価格で生活できるという利点がありますし、人との交流も多く、新たな出会いや経験を得る機会となるため人気があります。しかしながら、その一方でシェアハウス生活には意外と見落とされがちなデメリットも存在します。それが、まさに「疲れた」と感じさせる要素なのです。

私自身もシェアハウスで生活した経験がありますが、正直言って、かなり疲れました。冷蔵庫の中身が勝手に消えたり、Wi-Fiの料金を払わない人がいたり、掃除の当番を無視する人がいたり。これらは日本人の感覚からすると信じられない事態かもしれませんが、シェアハウスではこれが日常茶飯事なのです。

さらに、住人同士の間でトラブルが起きることもよくあります。思わぬ人間関係のトラブルは、ただ住んでいるだけで「疲れた」と感じさせることでしょう。それは一種のストレスであり、そのストレスが日々積み重なると、自分自身が疲れてしまうことも無理はありません。

そんな時、大切なのは自分自身に優しくすることです。自分が「疲れた」と感じていることを認め、その感情を否定することなく、受け入れることが重要です。

また、一つの解決策として、シェアハウスのルールを再確認したり、シェアハウスのメンバー全員で話し合ったりと、状況改善のための行動を起こすことも有効です。また、場合によってはシェアハウスを離れ、新たな住居を探すという選択肢もあります。

シェアハウス生活は楽しい一面もありますが、その反面、日常のストレスや疲れを感じる要因ともなります。それを理解し、自分にとって最適な生活環境を見つけることが重要です。


留学した目的がわからなくなった時

留学のスタート地点に立つとき、多くの人が具体的な目的をもって出発します。「英語をペラペラにしよう」「異文化を理解しよう」など、はっきりとしたビジョンを描き、それに向かって頑張るのです。しかし、現地で生活を始めると、その目的があいまいになってくることがあります。そして、その時、多くの人が「疲れた」と感じるのです。

最初は「英語を話せるようになって、将来に繋げる」と明確に思っていても、生活がルーティン化してしまい、英語学習が面倒に感じられるようになるかもしれません。毎日学校に行き、帰ってきて宿題、それを繰り返す生活。そして、目の前の課題に追われて、将来やりたいことが見えなくなることもあります。

そんな時、「なんでこんなところに来たんだっけ?」と自問自答することでしょう。そして、「これだったら日本に暮らしてたほうが楽じゃん」と感じ、心から「疲れた」と思うのです。

その疲れ感は、留学生にとってよくある現象です。しかし、その「疲れた」という感情を無視せず、認めることが大切です。そして、一度立ち止まり、自分が留学を始めた当初の目的を思い出すことも必要です。

何かに疲れてしまったとき、それは自分自身と向き合う良い機会にもなります。自分が何を求め、何を達成したいのか、再確認する時間を持つことで、新たな視点や気付きを得ることができます。それが、あなたの「疲れた」を癒し、再び進む力となることでしょう。

留学で疲れた時の対処法7選


たくさん寝て忘れる

留学生活に疲れを感じた時、一つの対策としてオススメしたいのが「たくさん寝る」ことです。そう、たくさん寝るだけ。簡単そうでなかなか難しいかもしれませんね。でも、この方法の効果は絶大なのです。

留学という新たな生活に慣れるためには、思っている以上にエネルギーが必要です。それは心身共にです。起きていると色々な悪いことを考えてしまいますし、留学初日から数日間は、長時間のフライトと時差ボケなどで体が「疲れた」と訴えています。

そして、新しい環境に適応しようとする脳も、我々が想像している以上に疲れているのです。そんな状態だと、どんどんネガティブなことばかりを考えてしまいます。そこで重要になってくるのが、睡眠時間をしっかりと取ること。脳を休ませることにより、次の日に備えることができるのです。

とにかく寝て体を休める。それだけで、気分もリフレッシュされ、前向きな気持ちになれます。次の日の朝、眠りから覚めた時、自分が「疲れた」と感じていたことが、ちょっとばかり遠く感じられるかもしれません。

「疲れた」時には、あなた自身の心と体を大切にしてください。そしてたくさん寝ることで、新しい一日に向けてエネルギーを蓄えてください。そうすれば、必ず、あなたの留学生活は前進するはずです。


たくさん散歩して瞑想

さて、留学生活に疲れた時、もう一つ試してみてほしいのが「たくさん散歩する」ことです。これまた簡単なようで難しいですが、その効果は非常に大きいですよ。

まず、人は散歩をすると自然とポジティブになるものです。日々の生活に「疲れた」と感じた時、自然の中を歩くだけで心地良い風を感じ、そこから心も体もリラックスすることができます。これは疲れているからこそ、新鮮な風や風景が心地良く感じるのでしょう。

また、散歩をするとその土地について深く知ることもできます。新たな視点や発見があり、それが新鮮さをもたらしてくれます。さらに、自然と触れ合うことができれば、そのリラクゼーション効果はより一層増します。イギリスやアメリカなどでは広い公園もたくさんあります。そうしたところを散歩することで、心と体がほぐれて「疲れた」感じが和らぐことでしょう。

散歩をするときのポイントは、感情にフォーカスするのではなく、とにかく無心になること。そして、体が感じていること、例えば風の匂いや木々の音、土の感触などにフォーカスしてみましょう。そうすることで、頭の中がすっきりとし、疲れも自然と癒されていきます。

まとめると、「疲れた」時には、たくさん散歩をしてみてください。新鮮な空気を吸い、自然と触れ合うことで、心と体をリフレッシュすることができます。そして、新たな視点を得て、留学生活に対する意識も一新できるはずです。


親に電話する

皆さん、留学生活に「疲れた」なんて時、どうしていますか?ここでお勧めしたいのが「親に電話する」です。あ、ちょっと待って!電話?って思った方もいるかもしれませんが、その効果は絶大ですよ。

まず、親はあなたにとって最もかけがえのない存在です。あなたが疲れていること、不安に感じていること、親にはきっと理解してもらえます。そして、あなたが海外で不安で涙が止まらない時でも、親の優しい言葉は心に深く響くことでしょう。

実際に私も留学時代、何度も「疲れた」と感じて親に電話しました。それは時にはホームシックだったり、学業のプレッシャーだったり、友人関係のことだったり、色々な「疲れた」を感じる時がありました。しかし、親と話すことでいつの間にか元気が湧いてくるんです。親の声を聞くと、どんなに辛くても頑張れる気がしてきます。

だからこそ、「疲れた」時は、親に電話をしてみてください。普段なかなか言えない感謝の気持ちを伝えたり、悩みを相談したり、最近の出来事を報告したり。親との会話を通じて、海外で過ごすあなた自身が新たな力を得ることができます。

親は遠く離れたあなたを思い、いつでも応援しています。その存在はあなたが「疲れた」と感じた時、大きな支えとなるでしょう。心の中で湧き上がる涙も、親との電話を通じて、きっと笑顔に変わるはずです。


友達に電話してみる

皆さん、留学の日々を過ごしていると、さぞかし「疲れた」と感じる瞬間があることでしょう。そんな時におすすめなのが「友達に電話してみる」です。なんとなく電話、って感じるかもしれませんが、これがまた効果てきめんなんですよ。

たとえ遠く離れた場所にいても、友達との会話はまるで一緒にいるかのような心地よさを与えてくれます。そして、そういう時、話しているだけで自然と楽しくなり、疲れていることを忘れてしまうこともあります。

私自身も、留学中に何度か「疲れた」と感じ、日本にいる友人に電話をしました。それがまるで魔法のように、心が軽くなり、辛いことも忘れられたんです。一緒に笑い、思い出を共有し、そして時には語り合うことで、遠く離れていても絆は深まるものです。

また、友達に電話をすることで、自分が弱い姿を見せられないと思い、頑張ることもあります。友達と話すことで、その力を得ることができるでしょう。

「疲れた」と感じた時は、ぜひ友達に電話してみてください。話すだけで心が軽くなり、思わぬ元気を得ることができますよ。さぁ、今すぐ電話をして、友達と楽しい時間を過ごしましょう。一緒に笑い、楽しむことで、留学生活もきっと楽しくなるはずです。


友達に電話してみる

皆さん、留学の日々を過ごしていると、さぞかし「疲れた」と感じる瞬間があることでしょう。そんな時におすすめなのが「友達に電話してみる」です。なんとなく電話、って感じるかもしれませんが、これがまた効果てきめんなんですよ。

たとえ遠く離れた場所にいても、友達との会話はまるで一緒にいるかのような心地よさを与えてくれます。そして、そういう時、話しているだけで自然と楽しくなり、疲れていることを忘れてしまうこともあります。

私自身も、留学中に何度か「疲れた」と感じ、日本にいる友人に電話をしました。それがまるで魔法のように、心が軽くなり、辛いことも忘れられたんです。一緒に笑い、思い出を共有し、そして時には語り合うことで、遠く離れていても絆は深まるものです。

また、友達に電話をすることで、自分が弱い姿を見せられないと思い、頑張ることもあります。友達と話すことで、その力を得ることができるでしょう。

「疲れた」と感じた時は、ぜひ友達に電話してみてください。話すだけで心が軽くなり、思わぬ元気を得ることができますよ。さぁ、今すぐ電話をして、友達と楽しい時間を過ごしましょう。一緒に笑い、楽しむことで、留学生活もきっと楽しくなるはずです。


イベントに参加する

皆さん、留学生活の中で「疲れた」なんて感じたこと、ありますよね。そのような時には、ちょっと勇気を出して、何かイベントに参加してみるのはどうでしょう。語学学校のイベントでも、FacebookやMeetupで見つけたローカルのイベントでもいいんです。とにかく、自分が興味のあるイベントに参加してみること、それが大切なんです。

イベントに参加することで、自分と同じような趣味や趣向を持った人たちと出会う機会が増えます。たとえ英語力があまりなくても、共通の興味があれば話は通じるものです。また、その中には疲れている自分を理解し、励ましてくれる人もいるかもしれません。

実は私自身、留学中にたくさんのイベントに参加して、新たな友人を作ることができました。当初は「疲れているから」と逃げ出したくなる感情もあったのですが、頑張って参加してみると、意外と楽しい時間を過ごすことができ、心の疲れも軽減することができました。

そして何より、イベントに参加して出会った人たちは、語学学校で出会った人たち以上に長い友人関係を築くことができました。共通の趣味を共有することで、深い絆が生まれ、それが疲れた心を癒してくれました。

なので、「疲れた」と感じたら、一度、イベントに参加してみてください。きっと新たな出会いと、それによって生まれるエネルギーが、あなたの疲れを癒してくれることでしょう。さあ、自分の趣味や興味に合ったイベントを探して、新たな一歩を踏み出してみませんか。

おわりに:疲れた先にある景色


皆さん、最後までお読みいただきありがとうございました。新しい国での生活、未知の環境、そして異なる言語との向き合い方は、時に困難で、「疲れた」と感じることもしばしばあるでしょう。しかし、そこで自分自身を労わり、それぞれの「疲れた」を適切にケアすることが、より健やかな心と体、そして充実した留学生活への近道です。

この記事でご紹介したさまざまな対策法を試してみてください。たくさん寝ること、散歩を楽しむこと、親や友達に連絡すること、イベントに参加すること、YouTube動画を見ること、将来の夢についての情報を探すこと、そして英語の勉強に集中すること。それぞれがあなたの疲れを癒し、新たなエネルギーをもたらすはずです。

留学生活は、あなたの生涯を彩る一大経験です。その体験はあなた自身を成長させ、価値ある記憶を生み出します。そのためには、時には休息を取ることも、自己ケアを行うことも大切なのです。どうか自分自身を大切にして、留学生活を存分に楽しんでください。あなたの留学が最高の体験となることを心より願っています。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X