ENGLISH WORK公式

留学がしんどい15の理由:諦めないで

  • 投稿日時:8か月前

今回のテーマは、”留学とそのしんどさ”です。ちょっとネガティブなテーマかもしれませんが、これは私自身が経験した事柄、そして多くの留学生が抱えるであろうリアルな課題について話すことで、これから留学を考えている方たちに少しでも役立てばと思います。

多くの人が留学に対して持っているイメージは、海外の刺激的な生活、新しい友達との出会い、そして自分自身の成長、といったポジティブなものが中心だと思います。もちろん、それらは間違いなく留学の素晴らしい点です。しかし、それと同時に、留学にはさまざまなしんどさもついてくるのです。

海外の格差社会、虫問題、家族や友人と離れる寂しさ、期待と現実のギャップ、そして、語学を学ぶ過程で出会うであろうしんどさ、など、今回はこのようなトピックについて、具体的に語っていきたいと思います。

誤解しないでいただきたいのは、この記事が留学そのものを否定するものではないということです。留学は多くの価値を持ち、その経験は私たちの人生に対する視点を広げ、自己成長を促す素晴らしいものです。だからこそ、その困難に正面から向き合うことが重要なのです。

本当にしんどいことを乗り越えた時、私たちは成長します。そのために、この記事を通じて、留学とそのしんどさについて真剣に考えていただきたいと思います。


留学がしんどい15の理由

努力してるのに英語力が一向に伸びずしんどい

私たちは皆、新しいことを学び、その達成感を得ることが好きですよね。だからこそ、新たな挑戦として留学を選び、新しい言語を学ぶことを決意するのです。しかし、留学生活で一番しんどさを感じるのは、自分がどれだけ努力しているにもかかわらず、英語が一向に話せるようにならないことでしょう。

留学先で英語力ゼロの状態からスタートした場合、最初の数ヶ月はとてもしんどいです。毎日新しい単語や文法を学んでいるのに、その成果を感じられないのです。どんなに一生懸命に頑張っても、それが自分のスキルアップに直結しない感じがするのは本当にしんどい。その理由は、日本語と英語があまりにも異なる言語であるため、習得するのに時間がかかるからです。一説によると、英語を流暢に話すためには約2000時間以上の学習が必要とも言われています。

その結果、最初の数ヶ月は自分が期待していた進捗と現実とのギャップにしんどさを感じることでしょう。「自分は英語を話すのが下手なのかな」「本当にこれでいいのかな」など、自分の能力に対する自信を失ってしまうかもしれません。それは英語力が上がらないことによる自己評価の低下です。このような期間は、留学生活における大きな壁であり、それを乗り越えることができるかどうかがこれからの留学生活を左右します。

しかし、忘れてはならないのは、誰でも最初はそうだということです。皆が皆、最初は戸惑い、失敗を重ね、しんどさを感じながら学ぶのです。そしてその後、自分の成長を実感できる日が必ず来るのです。これからの留学生活での成功を祈っています。


孤独感がしんどい

留学と聞いて、みなさんが最初に思い描くのは、海外で新たな友人を作り、パーティーを楽しむなどのキラキラしたイメージかもしれません。しかし、実際の留学生活は、それだけでなく孤独感に満ちたものでもあるのです。

確かに、留学先では様々な国籍の友人を作る機会があります。それは留学生活の大きな魅力の一つで、異文化交流を深めるための素晴らしい経験です。しかし、その一方で、留学生活における孤独感は、思った以上にしんどいものです。それは何故でしょうか?

一つ目の理由は、短期留学生の存在です。新たな友人ができても、その多くが数週間の短期留学で訪れていることが多いのです。そのため、新たに出来た友人との関係を深めようと思った矢先、彼らはすぐに帰国してしまうのです。これは、新たな友人を作る喜びと、その友人をすぐに失ってしまう悲しみの繰り返しで、非常にしんどさを感じる原因となります。

また、二つ目の理由は、深い関係を築くのが難しいことです。留学生活では、新たな友人はたくさん作れますが、それらの大半は浅い関係であることが多いです。なぜなら、文化や言語の壁から、深い悩みを打ち明けるのが難しいからです。こうした浅い関係が多い環境は、孤独感を増幅させる要因となります。

留学生活は、新しい環境への適応と、孤独感との戦いです。しかし、この経験があなたをより強く、より広い視野を持つ人に成長させてくれることでしょう。皆さんが孤独と上手く向き合い、留学生活を充実したものにすることを心から願っています。


ホームステイガチャがしんどすぎる

留学の一環としてホームステイを経験する方は多いと思います。ホームステイは、異文化体験を深めるための素晴らしい機会であり、新たな家族との出会いにもなります。しかし、このホームステイ選びがなかなかにしんどいものなのです。

ホームステイ先の情報は、事前に提供されるものですが、それが全てをカバーしているわけではありません。紙上で確認できる情報と、実際に住んでみて初めて分かる事実には、大きな差が存在します。例えば、ホームステイ先の家庭ルール。事前に説明されることもありますが、その全てが伝えられるわけではありません。現地に行ってみて初めて「あ、これが禁止なんだ」と気づくことがしょっちゅうです。これが想定外のストレスを生み、ホームステイ選びのしんどさを増幅させる一因となります。

さらに、ホームステイ先のホストファミリーの人間性についても、事前に全てを把握することはできません。紙上の情報だけでは、その家庭の雰囲気やホストの人格、性格まで把握することは難しいですよね。ホストの人間性が自分と合わなかった場合、ホームステイ生活は本当にしんどくなります。

ホームステイ選びは、まさにガチャのようなものです。でも、それこそが留学の醍醐味でもあるのです。ホームステイ選びのしんどさを乗り越えて、素敵なホームステイ体験があなたを待っていますよ!これからのホームステイ生活が、あなたにとって良い体験となりますように。


シェアハウス選びはロシアンルーレットでしんどい

留学生活の中で、ホームステイからシェアハウスに移住する人は少なくありません。確かに、シェアハウスはホームステイに比べて手頃な費用で、多様な人々との交流を楽しむことができるのが魅力です。しかし、その選び方一つで生活が大きく左右されることもあるんです。

シェアハウス選びは、少々ロシアンルーレットのような要素があります。見つけたシェアハウスが良さそうなら、そこに住むことになるでしょう。しかし、やはり実際に住んでみないと分からないことがたくさんありますよね。例えば、同居人との人間関係。私の経験でも、語学学校の友達と同じシェアハウスに住んだとき、自分の食べ物が同居人によって盗まれたことがありました。これはまだしんどい事例のうち、比較的マシな方でした。

よりしんどさを感じる例としては、ルールを守らない同居人の存在です。夜遅くまで騒ぎ立てる人、共有スペースを自分だけのもののように使う人など、そんな人と一緒に住むと、本当にストレスがたまることでしょう。シェアハウス選びのしんどさは、そういった住環境の良し悪しに大きく左右されます。

シェアハウス選びは、自分でしっかりと調査し、なるべく情報を集めて判断することが重要です。それでも、完璧なシェアハウスを見つけるのは難しいかもしれません。でも、その中で学べることも多いはず。それは、人間関係の築き方や、自分がどういう環境で生活したいのか、という自分自身への理解を深める良い機会でもあります。少々しんどさを感じるかもしれませんが、その経験があなたの成長に繋がることを信じてください。


アジア人差別のしんどさ

留学生活は新たな環境や文化に触れ、自己成長を遂げるための素晴らしい機会です。しかし、その一方で異文化の中で生活することで、思いもよらない形で人種差別を体験することがあるかもしれません。

私たちが生活する世界は多様性に満ちていて、それぞれの人が個性を持ち、異なる背景を持っています。それが本来は美しいことなのですが、時として、それが人々の間で摩擦を生むこともあります。欧米をはじめとする一部の国では、悲しいことにアジア人差別が存在します。こうした差別に直面すると、一気に留学生活はしんどい思い出に変わってしまうこともあるでしょう。

露骨な差別行為を受けることは少ないかもしれません。しかし、時折、微妙な態度や言葉遣いから、自分が異なる人種として見られていることを感じる瞬間があるかもしれません。そうした瞬間は、まさにしんどさを感じることでしょう。

でも、そのような経験もまた、私たちが生きていく上での重要な教訓となるのかもしれません。それは、人々がどのようにして先入観や偏見を形成し、それがどのように行動に影響を与えるかを理解するための、貴重な学びの機会なのです。

それでも、アジア人差別に直面するという経験は、とてもしんどいものです。しかし、私たちはその経験を通じて強くなり、より包容力のある人間になれると信じています。人間は多様性を理解し、受け入れる能力を持っています。それは、私たちが直面する困難を乗り越え、成長する道筋となるでしょう。


毎日がルーティンでしんどい

人生には、新しい経験が待ち受けているというワクワク感があるときと、日常生活が単調で退屈なときがあります。そして、その両方が留学生活にも存在します。

留学を始めたばかりの数ヶ月は、全てが新鮮で興奮するでしょう。新しい場所、新しい友達、新しい文化と出会い、毎日が冒険のような気分で過ごせます。しかし、それらが次第に日常になり、新鮮さが薄れてしまうと、何のために留学しているのかと問い始めるかもしれません。こうした日々の単調さは、実はとてもしんどいものです。

日本で生活している時と同じように、毎日同じことを繰り返す日々はしんどくなります。一日中同じ場所にいて、同じ人々と過ごし、同じことを何度も何度も繰り返す。それは、自分が何のためにここにいるのか、どんな目的を持って生活しているのかを見失う可能性があるからです。

そこで重要なのは、自分自身の目的を見つけることです。それは、英語力を向上させたい、現地の文化を深く理解したい、留学先での新しい友達と良い関係を築きたいという具体的な目標かもしれません。そうすることで、毎日が同じに感じられてしんどいと思う日々も、少しずつ変わっていくでしょう。

留学とは、学ぶこと、経験すること、自己成長を促すことです。そして、その一部として、「しんどさ」も存在します。それは、私たちが自分自身と向き合い、自分の中の何かを変えていくための重要なステップなのです。


常にお腹が痛いしんどさ

これはあなたが思う以上に深刻な問題で、留学生活を非常にしんどいものにする可能性があります。

海外での生活は、新しい環境と新しい食事に身体が順応するまで、しばしば胃腸の問題を引き起こします。例えば、日本と比較して衛生環境が良くない国や地域では、普通に食生活を送っていても、なぜかお腹が痛くなることがよくあります。特にフィリピンなどでは、水質の問題や、生野菜の衛生状態が原因で腹痛に悩まされる留学生が多いのです。

また、ヨーロッパでは、水が硬水であることが原因で腹痛を起こすことがあります。硬水はカルシウムやマグネシウムなどのミネラルを多く含む水で、私たちの身体にとっては必要なミネラルも含まれていますが、飲み慣れない硬水は消化器系に負担をかけ、腹痛を引き起こす可能性があります。

このような問題に直面したとき、しんどい思いをすることは避けられません。しかし、こうした経験はある意味で、新しい環境への順応の一部であり、留学生活の一面を形成するものなのです。

それに、お腹が痛くてしんどい経験を通じて、私たちは自分の身体を大切にすること、衛生状態を気にすること、新しい環境での生活をどう適応するかということを学びます。そして、それは私たちが留学生活を通じて得る貴重な経験となるでしょう。


海外の格差社会がもたらすしんどさ

「海外の格差社会がもたらすしんどさ」について語るとき、留学生活の「しんどさ」が深まる新たな視点が明らかになります。

私たちは日本の便利で質の高いサービスに慣れています。お店に行けばどこでも丁寧な接客を受けられ、価格に関わらず清潔で快適な環境が提供されます。しかし、海外ではこの状況は少し違います。

海外では、特に高品質なサービスを受けるには、それなりの対価が必要です。たとえば、リーズナブルな価格のレストランやショップでは、日本とは異なり、店員の態度が冷たいことがしばしばあります。そのため、自分が支払った金額に見合わないサービスを受けたと感じてしんどい思いをすることもあります。

さらに、住居の問題も大きなしんどさを引き起こします。日本では、それほど高価でない賃貸でも清潔で綺麗な部屋が見つかりますが、海外では同じ価格の賃貸では条件が劣ることが多いです。その結果、予算内で綺麗な部屋を見つけるのはしんどいことがあります。

これらの格差は、新たな環境への適応と同時に、新たな視点や理解を引き出すことがあります。それは、社会の違いを理解し、それに対応する力を養うことで、自分自身の成長に繋がるのです。これが海外生活の一部であり、留学生活を通じて得られる経験の一つです。


フィリピン留学での虫問題がしんどい

フィリピンはその美しい自然と共に、気候の暖かさから虫たちも豊富に存在します。そうです、語学学校で蠅が飛んでいたり、甘い飲み物をこぼした瞬間にはアリが湧いてくる、そんな光景は日常茶飯事なのです。それはつまり、虫との共存が日常の一部となるわけです。

私たちは日本の生活ではそうした虫との遭遇はあまりないため、フィリピン留学生活の初めはこの点がかなりしんどいと感じるかもしれません。特に、高層階に住んでいても虫からは逃れられないことは、思わぬ驚きとなりえます。

もし極度の虫嫌いの方がいるなら、フィリピン留学はかなりしんどい経験になり得ます。しかし、それがしんどさを乗り越えて得られる経験値を上げる一助となり、新たな環境への適応能力を鍛えるチャンスともなります。だからこそ、挑戦してみる価値はあるのかもしれませんね。ただし、それが本当に自分に合っているかどうかは、自己理解とよく考えてからの決断が必要です。


家族や友人と離れるしんどさ

そう、家族や友人と離れて一人で留学することは、思っている以上にしんどい経験です。留学前には「全然大丈夫!新たな生活、楽しみだな」と思っていても、現実に数ヶ月も家族や友人に会えない日々を過ごすと、その寂しさは予想以上に大きく感じられます。特に、今まで一人暮らしの経験がない学生さんにとっては、そのしんどさは尋常ではありません。

新しい環境での生活、異文化の中での勉強、そしてそれを独りで乗り越えなければならない厳しさ。これら全てが一つになり、心に重くのしかかってきます。その結果、自分がいかに家族や友人とのつながりを必要としていたのか、その重要性を改めて認識することになるでしょう。

しかし、そのようなしんどさもまた、自分自身の内面と向き合う大切な機会です。そしてその過程で自分自身の成長を感じ、留学という大きな挑戦を乗り越えていく力となることでしょう。だからこそ、そのしんどさを感じつつも、前向きに取り組むことが求められるのです。


キラキラしてない留学生活の現実がしんどい

「留学生活の現実がしんどい」。皆さんも何度かこのフレーズを耳にしたことがあるのではないでしょうか。それはどういうことかというと、留学に対する理想と現実のギャップによる、言わば期待値の裏切りが原因です。

みなさん、留学と言えばどのようなイメージを持っていますか?毎日友人と楽しく過ごし、新しい体験をすることでしょうか。それは間違いではないのですが、現実は少し異なります。留学生活の大部分は、自宅と学校の往復、勉強、そしてまた自宅という地味なものなのです。毎日がキラキラと輝いているわけではありません。

それは決して悪いことではなく、学習を中心とした生活こそが留学の真髄なのですが、あまりにも高い期待値を持ってしまうと現実の生活が非常にしんどく感じられることもあります。実際の留学生活は地味であっても、それが自身の成長につながる大切な時間であるということを理解することが大切です。

そのギャップが生むしんどさを乗り越えて、自分だけの留学生活を楽しむ。それが留学生の一人ひとりに求められる挑戦だと私は思います。現実を直視し、それを受け入れることで、留学という経験は自分自身の成長を促し、きっとあなたをより強い人間にしてくれることでしょう。


留学後の学年落ちとそのしんどさ

「留学後の学年落ちとそのしんどさ」についてお話ししましょう。留学を経験した方々の中には、学年落ちという現実に直面する方も少なくありません。一時的に自分の学年から外れ、新しい環境に飛び込むのは、どんなに前向きな人でもきっとしんどいはずです。

例えば、大学生が休学して留学を経験した場合、帰国後は一つ下の学年と一緒に学ぶことになることが多いです。それはつまり、自分が一時的に立ち止まった間に周囲の友人たちは先に進んでしまい、友人関係が全てリセットされることを意味します。

新たな環境で友人を作り、学業に対する情報を共有しなければならない中、過去問が手に入らずテストの度にしんどい思いをすることもあります。これは、学年落ちがもたらす現実の一部です。

しかし、一方でこれは新たな出会いや、未知の経験を得る機会でもあります。留学によって得たスキルや視野、人間力を活かし、新しい環境で自己を再構築する。それは確かにしんどいけれど、同時に非常に有意義な経験にもなります。留学後の学年落ちは大変な面もありますが、それを乗り越えた時、あなたはより大きな自己成長を遂げていることでしょう。


社会人留学後のキャリアへのしんどさ

社会人が留学するという選択は、間違いなく自身の人生観や視野を広げる素晴らしい経験です。しかし、一方で帰国後のキャリアパスについてはちょっとしたしんどさがあるかもしれません。

社会人が留学を経験した後、日本での就職活動が難しくなることがあります。これは、一部の企業や社会の中で「社会人留学=遊び」という固定観念が存在するからです。これは、留学を経験した人々が、自身のスキルアップや視野拡大という価値ある経験を評価してもらえないという、とてもしんどい状況です。

さらに、「またすぐに辞めるかもしれない」というレッテルを貼られることもあります。留学経験者がフットワークの軽さやチャレンジ精神を持っていると見るのではなく、逆に不安定な要素と見る企業もあるのです。

これらの点から、社会人留学後のキャリアには一定のしんどさが伴うことは事実です。しかし、留学経験はあなた自身を成長させ、新たな可能性を見つける機会です。だからこそ、自分の経験を正確に伝え、理解してくれる企業を見つけることが重要です。それが一時的にしんどいと感じるかもしれませんが、長い目で見るとその価値は計り知れないものになるでしょう。

ムカつく教師のレッスンがしんどい

フィリピン留学などでは、マンツーマンのレッスンが主流です。これは非常に良いことですが、一方で自分と合わない先生に出会うというしんどさも存在します。

例えば、授業が日々続きますが、その全てが同じ先生からのものだとすると、その先生が自分にとって嫌な人だったらどうでしょう。毎日、その先生の授業を受けなければならないと考えると、少々しんどい気持ちになるかもしれませんね。

そして、その先生が授業への情熱を失っていたり、人格的な問題があった場合、さらにしんどさを感じるでしょう。あなたが留学を通じて何を学びたいのか、何を達成したいのか、その全てが一人の先生に左右されてしまう可能性があります。これは、留学生活そのものに対するしんどさを感じさせる要素となります。

しかし、心に留めておいて欲しいのは、苦手な先生との出会いもまた、一つの学びとなるということです。自分にとって不快な人間関係とどのように向き合うか、その経験は将来必ず役立つでしょう。それは一時的にしんどいかもしれませんが、長い目で見れば自己成長に繋がるはずです。

風邪をひいたときの自己対処がしんどい

日本国内で一人暮らしをしているときに風邪をひくと、すでにかなりしんどい気持ちになりますよね。でもそのときでも、たとえ遠くにいても親や信頼できる友人がいれば、何かと手助けしてもらえることもあるでしょう。

しかしながら、留学先で風邪をひいた場合、頼れる人がすぐそばにいないことが多いでしょう。親も遥か彼方にいて、すぐに手助けしてくれるわけではありません。その結果、体調管理のしんどさは倍増するかもしれません。

自分で薬を探しに行かなければならないし、病院に行くにも語学力が必要となります。また、風邪でダウンしているときに語学のレッスンを受け続けるのも、なかなかしんどいと感じることでしょう。

だからこそ、留学する前に基本的な自己管理能力を身につけておくことが大切です。また、身の回りに信頼できる人がいるという安心感も、しんどい時期を乗り越える力となります。

体調管理は留学生活においても重要な要素です。いくら勉強が順調でも、健康を害してしまっては元も子もありません。だからこそ、自分の体調を大切にして、時には無理をせず休むことも大切なのです。

おわりに


ここまで読んでいただき、ありがとうございました。これらのしんどさについて具体的に語ることで、留学に対する理想的なイメージだけでなく、その裏側も共有できたらと思いました。

あなたがこれから留学を考えているのであれば、まずは現実的な視点からそのしんどさを理解することが重要です。そしてそれらをどう乗り越えていくのか、どう成長していくのかを考えることが求められます。

しかし、私がここまで書いてきたことが全てネガティブな事柄だと感じた方、心配は無用です。これらのしんどさを乗り越えることで得られる経験や学び、人間としての成長は計り知れないものがあります。その一方で、課題に対して備えることで、よりスムーズで充実した留学生活を送ることができるでしょう。

留学は決して簡単なものではありません。しかし、それだけに得られるものも大きいのです。この記事が、あなたの留学の準備という旅の一部になれれば幸いです。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X