ENGLISH WORK公式

留学を途中でやめても全く問題ない7の理由:負けではない

  • 投稿日時:8か月前

今日は少し深いテーマについて一緒に考えてみましょう。それは、「留学」についてです。私たちは普段、留学について話すとき、どうしてもその楽しさや新しい体験、成長のチャンスといった明るい側面ばかりを強調しがちですよね。しかし、実際のところ、留学は決して楽なことばかりではありません。

新しい環境、言語、文化に馴染むことの難しさ。一人で全てを切り開いていくプレッシャー。そして何より、「途中でやめたい」と思う瞬間が訪れることも少なくありません。でも大丈夫。そんな時、どうすればいいのか、どう向き合えばいいのかについて、一緒に考えていきましょう。

今回の記事では、途中で留学をやめたいと感じた時に考えるべきことをいくつか紹介していきます。罪悪感、自己肯定感、留学の目的、問題解決のアプローチ、そして気分転換の旅行など、様々な視点からお話ししていきます。これらが、あなたが「途中でやめる」かどうかを決める際の参考になれば幸いです。

それでは、さっそく本題に入っていきましょう!


留学を途中でやめても全く問題ない7の理由

精神的苦痛:留学に疲れたなら途中でやめるべき

皆さん、留学生活はなかなか大変ですよね。新しい環境、異文化、そして英語の壁… そんな中で、「もう限界かも」と思ってしまうこと、きっと一度はありますよね。

そんな時、もし途中で留学をやめることを考えたことがあるなら、絶対に自分を責めないでください。大丈夫です、あなたは間違っていません。実は、留学を途中でやめても全然問題ないんです。

一般に、留学と聞くとまるで一大イベント、大金がかかる重大な決断と思われがちです。でも、考えてみてください。たかが留学ですよ、たかが。それがあなたの精神を壊すほどの価値があると思いますか?

英語の伸び悩み、友達ができない、家族や友人との遠距離、これらの理由で留学生活が辛いと感じているなら、それはそれで全くOKなんです。それぞれが十分に、留学を途中でやめる理由となり得ます。大事なのは、自分自身の心の声を聞くこと。それが「もう疲れた」と訴えているなら、その声に耳を傾けてあげてください。

皆さん、留学はあくまで手段の一つです。あなたが目指す場所に到達するための道具。その道具が途中で壊れたとしたら、それを修理するか、もしくは新しいものに変えるか決めるのは、あなた次第なんです。留学がもう合わないと感じたら、それは途中でやめるタイミングかもしれませんよ。

最後に、思い出してほしいことがあります。それは「留学が全てではない」ということ。あなたの人生は留学だけで決まるわけではありません。もし留学が辛くて途中でやめることを選んだとしても、それは新たな道への一歩であり、あなたの成長の一部なんです。

留学を途中でやめることに罪悪感を感じる必要はありません。自分自身を大切に、そして何よりもあなたの心の声に耳を傾けてくださいね。


その国に飽きたなら、途中でやめちゃえば?

留学生活のなかで皆さんが感じるかもしれないもう一つの困難、それは「地域への飽き」です。同じ国、同じ町、同じ生活…。時に、日々のルーチンが繰り返されると、「もう新鮮味がないな」と感じてしまうこと、ありますよね?

そんな時、心のどこかで「このまま本当に続けていいのだろうか?」と疑問を抱いてしまうこともあるかもしれません。そこで皆さん、ここで一つ大切なことを思い出してみてください。「途中でやめる」ことも一つの選択肢だということを。

特に行動力があって、多動性の性質がある方は、一つの場所に長く留まることが難しいかもしれません。新しい経験や、変化が好きで、同じ場所に長くいることが苦手な方にとって、長期間の留学は大きな試練となるでしょう。

そのため、自分自身がその場所に飽きてきたと感じ、心身ともに疲れてしまったら、途中でやめることも全然アリだと思います。もちろん、その決断には勇気が必要かもしれませんが、自分自身の感情を無視することの方が、むしろ問題なのかもしれません。

「でも、途中でやめると、時間とお金を無駄にするのでは?」と心配になるかもしれませんが、大丈夫です。人生は試行錯誤の連続です。挑戦し、時には失敗し、その経験を元にまた次の一歩を踏み出す。それが成長の過程なのです。

留学に限った話ではありませんが、何か新しいことに挑戦する時、全てがスムーズに進むわけではありません。途中で辞めることも、その過程の一部。飽きてしまったら、それは新たな挑戦へのスタートラインかもしれませんね。

皆さん、自分自身を信じて、自分自身の感情に素直になってみてください。飽きてしまった、辛くなった時は、途中でやめることも視野に入れてみてはいかがでしょうか。留学はあなた自身のためのもの。その道程を自分自身が楽しみ、満足できるように、自分自身のペースで進んでいってくださいね。


お金に余裕があるなら、やめちゃえば?

さて、留学生活に疲れた時、選択肢の一つとして途中でやめることを提案しました。しかし、「でも、留学を途中でやめるというのは、なんだか大金を無駄にしているようで…」という懸念が頭をよぎるかもしれませんね。

ここで、もしもあなたが経済的に余裕があるのであれば、むしろ積極的に「途中でやめる」ことを検討してみても良いのではないでしょうか。

なぜかというと、まずお金に余裕があるということは、途中で帰国することによるデメリットをほとんど感じないという点が大きいです。一度留学をやめても、再度留学生活に戻りたくなったら戻れば良いのですから。

また、途中で帰国することによるメリットを考えてみましょう。たとえば、親御さんに顔を見せることができます。親御さんもきっとあなたの顔を見て安心するでしょうし、あなた自身も家族と過ごす時間を大切にすることができます。なにせ、親との時間は限られています。できるだけ多くの時間を共に過ごせること、それはとても貴重なことですよね。

つまり、「途中でやめる」という選択肢は、一見すると「お金を無駄にする」行為のように思えるかもしれませんが、考え方を少し変えると全く違う結論にたどり着くこともあるのです。大切なのは、あなた自身がその選択によって得られるもの、失うものをしっかりと見極め、自身の感情や意思を大切にすることです。

経済的な余裕があるなら、途中でやめることも全くアリの一つです。自分の心に耳を傾け、自分にとって最善の道を選んでくださいね。


得られるものがないなら、帰れば?

私たちが何かを始めるとき、その背景にはいつも何らかの目的が存在しますよね。特に、留学という大きな決断を下す場合、その目的は非常に重要な要素となります。「英語を流ちょうに話せるようになりたい」、「海外での生活体験を得たい」、「異文化を理解する力を身につけたい」など、あなたが留学を始めた理由(目的)は何でしょうか?

そして、途中で帰国を考えるとき、その目的と自分自身をしっかりと見つめ直すことが重要になってきます。あなたが「途中でやめる」ことを考えるということは、それはもうその国で得られることがなくなった、あるいはその目的に対するモチベーションが失われてしまった証拠かもしれません。

これは決して負の事象ではありません。途中で留学をやめることがベストな選択であることもあるのです。目的に対するモチベーションが消えてしまったら、それはもう、留学先の国にい続けても得られるものは少ないかもしれません。ここで強引にその環境に固執するよりも、新たな環境や経験を求めて帰国することが、新たな価値や成長をもたらすかもしれません。

つまり、「途中でやめる」こと自体が問題ではないのです。問題となるのは、その決断があなた自身の感情や目的から逸脱したものである場合です。自分の心に耳を傾け、自分の目的を見失わないようにしましょう。その上で、「途中でやめる」ことが自分にとって最善の道であると感じたなら、その決断を自信を持って選んでください。あなたの選択はあなた自身のためのものですからね。


途中でやめても英語力は伸ばせるよ

一般的に、留学というと「英語力を上げる」という目的が強く連想されますよね。そして、そこから派生して、途中で留学をやめると、英語力が伸び悩むのではないか、という懸念が生まれてしまうのも無理はありません。しかし、私からすれば、そこに罪悪感を感じる必要は全くないと思います。なぜなら、英語力を伸ばす方法は留学だけに限らないからです。

確かに、現地で生活しながら英語に触れる時間を増やすことは、一定の効果があります。しかし、1年間の留学でペラペラの英語を話すことができるようになるとは限りません。それに、留学先で精神的な苦痛を感じている状態で、本当に効率的に英語力は上がるでしょうか?私は違うと思います。

ここで大切なのは、留学を「途中でやめる」ことが英語能力への一時的な停滞を意味するかもしれませんが、それが永続的な影響を及ぼすわけではないということです。また、何よりも心の健康を大切にするべきです。心が健康でなければ、どれだけ英語に触れても、吸収する力は半減してしまいます。

そう、途中でやめて日本に帰国しても、英語力を伸ばす機会は十分にあります。英会話スクールに通うもよし、オンラインで海外の友達を作るもよし、洋書を読むもよし、英語の映画やドラマを観るもよし。方法は無限大です。

海外の学生の中にも、留学を途中でやめて帰国する人はたくさんいます。それは決して恥ずかしいことではないのです。真面目な日本人のみなさん、途中で留学をやめるという選択肢に罪悪感を感じる必要はありませんよ。それはただの一つの選択肢であり、それがあなたの成長に繋がる最善の道であるなら、自信を持ってその道を進んでくださいね。


親からお金借りてても罪悪感を感じないで

留学の資金源について、親や誰かから援助を受けているケースも少なくありませんよね。特に自分の親から出してもらったお金で留学をしている場合、途中でやめるという選択肢を考えるときに、深い罪悪感を感じるかもしれません。しかし、ここで私が伝えたいのは、それらの感情は無用であるということです。

なぜなら、そのお金はあくまで「貸してもらった」ものであり、「返せばいい」だけの話だからです。もちろん、親から出してもらったお金を返すというのは精神的にハードルが高いかもしれません。しかし、それは自分の成長の一部でもあります。返す方法はたくさんあります。働いて稼ぐも良し、奨学金を探すも良し、留学先でアルバイトをするも良し。これらは全てあなたの人生経験として、後々の自分の成長に役立つはずです。

そして、自分のお金で留学をしている場合は、尚更罪悪感を感じる必要はありません。それは自分が自分のために使うお金ですから。また稼いで取り返せばいいのです。それはただの時間の問題です。

「途中でやめる」という選択肢が、あなたにとって最善の選択であると感じたなら、罪悪感に捉われずにそれを選んでください。無理に留学を続けることで得られるものよりも、自分の心の健康や感情を大切にすることで得られるものの方が、はるかに大きいはずです。


途中で留学をやめることに情けなさを感じる必要はない

一つ気をつけて欲しいのは、「途中でやめる」という選択が決して恥ずかしいことではないということです。私たちは、人生の途中で何かをやめることを「失敗」と感じることがありますよね。しかし、それはあくまで「感じる」ことであり、それが「事実」であるとは限りません。

留学を始めること自体が、もう既に大きな一歩であり、勇気ある行動です。そして、それを「途中でやめる」ことを選択するというのもまた、一つの勇気ある行動と言えます。それはあなたが自分自身の感情を大切にし、現状を客観的に判断し、新たな道を模索するための一歩なのです。

予定を変更するという行為は、一見すると臨機応変さに欠けるように思えますが、それは逆に、自分自身の状況を冷静に見つめ、無駄を省き、より効率的に人生を進めるという観点からみれば、とても価値のある行為と言えます。

だからこそ、「途中でやめる」ことに情けなさを感じる必要は全くありません。それはあなたが自分の感情や状況を理解し、新たな道を選択した証拠なのですから。途中で留学をやめるという選択は、むしろ誇りに思うべきことなのです。そう、あなたは堂々と、自分自身の選択を誇りに思っていいんですよ。

留学を途中でやめてしまう前にすべきこと5選


留学目的を再確認しよう

さて、途中で留学をやめる前に一度、立ち止まって深呼吸をしてみましょう。そうです、「何のために留学したのか?」改めてその問いに答えてみてください。

留学という大きな冒険を始める時、皆さんそれぞれに明確な目的を持っているはずです。もしかすると、それは英語を流暢に話せるようになることだったり、異文化体験を積むことだったり、自己成長のためだったりするかもしれません。それらの目的を再確認することは、「途中でやめる」という選択をする前の重要なステップです。

なぜなら、心が揺らぎ、「途中でやめる」ことを考えてしまう瞬間は、しばしば一時的な感情の動揺からくるものだからです。留学初期の孤独感や言語の壁、文化の違いによるストレス等、留学生活は決して楽なものではありません。しかし、それらの困難を乗り越えた先には、新たな発見や成長、そして楽しい体験が待っています。

それゆえに、自分が留学を始めた当初の目的を再確認し、それが今もまだ自分にとって重要であるのかを見つめ直してみてください。それがあなたの心の揺らぎを鎮め、困難な状況を乗り越える力になるはずです。

もちろん、「途中でやめる」という選択が最善であると判断するのも大切です。だからこそ、あなた自身が納得のいく選択をするためにも、目的の再確認は重要なステップとなるのです。


問題解決のためのアプローチを考えよう

留学の途中で悩み、悲しみ、挫折感に襲われることは、決して珍しいことではありません。そういったとき、「途中でやめる」ことがベストな選択なのかもしれません。しかし、一度深呼吸してみて、留学中に抱えている問題を論理的に解きほぐしてみましょう。

あなたが抱えている問題は何でしょうか。友達ができない? 言語の壁が高すぎる? 異文化になじめない? それとも何か他の問題でしょうか。それらの問題に直面したとき、「途中でやめる」という考えが頭に浮かぶのは当然です。しかし、それらの問題を解決するためのアプローチを模索することも重要です。

言語の壁があるなら、より集中的な語学学習に取り組んでみるという選択肢があります。友達ができないなら、新たなサークルやコミュニティに参加してみるのも一つの方法です。何か新しいことにチャレンジすることで、その問題を乗り越える方法が見つかるかもしれません。

「途中でやめる」という選択は、もちろんあなたにとって必要な選択かもしれません。しかし、それを選択する前に、少なくとも一度は問題解決のためのアプローチを考えてみることをお勧めします。問題を乗り越えることは、あなた自身の成長に繋がることでしょう。それこそが、留学の本当の価値なのではないでしょうか。


途中でやめる前に、新たな場所での旅行による気分転換

「途中でやめる」ことが頭をよぎったとき、もしかしたらあなたはただ気分転換を必要としているのかもしれません。留学生活は新たな挑戦が満載で、とてもエキサイティングですが、同時に精神的な負荷も大きいです。特に日々がルーティン化してしまっていると、何か新しいことを始める気力すらわかないこともありますよね。

そんなときこそ、新たな場所での小旅行がおすすめです。例えばヨーロッパに留学しているなら、近隣の国への航空券は2000円程度から手に入ります。言語の壁や新しい文化に疲れてしまったら、一息ついて違う国の文化に触れてみるのはいかがでしょうか。新しい視点を得ることができるかもしれません。

一時的な逃避行かもしれませんが、それはそれで悪くないです。旅行に行けば、新たな人々に出会い、新しい経験をすることができます。それが新たなモチベーションにつながることもあるでしょう。「途中でやめる」ことを考える前に、まずは気分転換の旅行に出てみるのも一つの選択肢です。思い切って学校を休んで、異なる風景を見に行ってみませんか。その旅行が、あなたの留学生活をリフレッシュさせるかもしれませんよ。


途中で留学をやめた後の感情を想像しよう

「途中でやめる」ことが頭をよぎったとき、一つの方法として、帰国後にどのように感じるかを想像してみると良いでしょう。あなたが日本に戻ったとき、思い描いたのはホッとした安堵感?それとも焦りや後悔?

実は、私たち人間は未来を予測する能力が優れています。それを利用して、未来の感情を予想し、現在の行動を見直すことができます。「途中でやめる」という選択肢を考えているあなたにとって、それは有用なツールとなるでしょう。

想像してみてください。日本に戻った後、「なんで途中でやめちゃったんだろう」「ああしたらあの負のループから抜け出せたのに」と後悔するかもしれませんよね。もしそうなると感じたなら、留学生活をもう少し頑張ってみてはいかがでしょうか。

もちろん、これが全ての人に当てはまるわけではありません。しかし、自分の心に耳を傾けてみて、自分の感情や反応を見つめ直すことで、次の一歩を踏み出すための新たな視点を見つけることができるかもしれません。「途中でやめる」ことを考える前に、まずは自分自身と対話し、自分の心の声に耳を傾けてみてください。


留学でやり残したことはないか確認

ふと、「途中でやめる」ことを考えてみた時、まずは自分がまだやり残していることがないかをじっくりと見つめ直す時間を持つことをおすすめします。

留学生活の日々に疲れを感じ、その国に飽きてしまっているかもしれません。そんな時には、ネットで情報を検索したり、現地の人々に話を聞いてみたりして、まだ自分が体験していない、その国ならではの面白い経験がないかを探してみてください。案外、そこに新たな発見や、自分が留学を続けるモチベーションが隠れていることもあります。

「途中でやめる」ことは、あなたの選択肢の一つであり、それが正しい選択かもしれません。しかし、その選択をする前に、一度、自分のまわりを見渡して、まだやり残していることがないか確認してみると良いでしょう。その一手間が、後々のあなた自身の満足感につながるかもしれませんよ。

また、その国でしかできないこと、その地でしか味わえない体験があるかもしれません。それらを見つけることで、再び留学生活への情熱を取り戻すキッカケになるかもしれませんね。「途中でやめる」ことを考える前に、一度、自分のやりたいこと、経験したいことをリストアップしてみてはいかがでしょうか。

おわりに


それでは皆さん、長い旅の終わりに私たちが辿り着いた地点に立ち止まってみましょう。私たちは「途中でやめる」ことの意味と、それが我々に与える影響について多角的に考えてきました。罪悪感、自己肯定感、留学の目的再確認、問題解決のアプローチ、気分転換の旅行、帰国後の後悔、やり残しの確認と、いろいろな視点から話をしてきましたね。

“途中でやめる”という選択は、たとえそれが留学に限ったことでなくても、人生のあらゆる場面で遭遇する可能性があります。それは難しい決断かもしれません。しかし、本当に大切なのは、その決断が自分自身のためになるかどうかをしっかりと考えることです。

あなたの感じる罪悪感や自己否定は理解します。しかし、それらの感情があなた自身の真の価値や、あなたがこれから達成できることを減じるものではないことを忘れないでください。そして何より、自分自身に正直であることが最も重要です。自分の感情や感覚に耳を傾け、あなたが本当に何を望んでいるのかを探し求めてみてください。

ここで語ったことが皆さんの選択を助け、あなたが自分自身を理解し、より良い決断を下すための道しるべとなれば幸いです。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X