ENGLISH WORK公式

“就活から逃げの留学”14のデメリット・メリット

  • 投稿日時:8か月前


序論:就活から逃げるために留学するのは全然あり

皆さんこんにちは。今日は就活と留学、そしてその中間である”逃げ”について考えてみたいと思います。一体どんな話かと思われるかもしれませんね。そう、実は就活から逃げるために留学を考えている人たちについて、今日は一緒に考えてみたいんです。

私たちの人生は長いですよね。それを思い返せば、1年程度の留学経験が人生全体を大きく左右することは少ないと私は考えます。だからこそ、もし就活から一時的に逃げるために留学を選択するのであれば、それは全然ありだと思います。

ただし、ここで注意しなければならないのが、その背景にある理由です。それは「就活から逃げるため」ですよね。私自身も人間なので、人生の厳しい部分から逃げたくなる気持ちはよく理解できます。でも、「逃げるためだけに留学」するという選択は、必ずしも最善の選択ではないかもしれません。

逃げたいという気持ちの背後には、就活のプレッシャー、自身の不安などがあることでしょう。それを一時的に解消するために留学を選択すること自体は間違ってはいません。しかし、そこにはデメリットも存在します。逃げるためだけの留学という選択が、本当に自身のキャリア、人生にとって最適なのか、それをしっかりと考える必要があります。

就活で重要なのは、最終的には学歴だとも言われます。良い意味でも悪い意味でも、留学はそれに直接影響を及ぼすものではありません。しかし、一方で、留学は自己成長の場でもあります。留学から帰国後、それが就活にどのように活かされるかは、留学する人次第です。

要するに、就活から逃げるために留学を考えている方々に対して、私が伝えたいのは「全然ありだけど、その選択にはメリットだけでなくデメリットも存在するから、それをしっかり理解した上で、逃げの留学をするべきだ」ということです。

これから、具体的なデメリットとメリットを一緒に見ていきましょう。その上で、あなたが逃げの留学を選択するのか、それとも違う方法を選択するのか、一緒に考えていきましょう。

就活から逃げて留学するデメリット9選

内定が保証されない

就活から逃げて留学を選択した人々が帰国した際、一つ忘れてはならないポイントがあります。それは「内定が保証されない」ということ。これは、留学という選択のデメリットの一つです。だからといって、それが全ての人に当てはまるわけではありませんが、重要なポイントであることに変わりはありません。

留学を選択することで、自然と英語力が上がり、人間的にも成長できると考えている人もいるかもしれません。確かに、留学経験は自分自身を成長させる一つの手段です。しかし、逆を考えてみましょう。その「成長」が必ずしも就活に有利になるとは限らないのです。

まず、英語力について考えてみましょう。留学によって英語力が向上するのは事実です。しかし、それが就活で求められるレベルの英語力に達しているかどうかは別の話です。特に、逃げの留学を選んだ場合、現地で厳しい努力をしなければならないかもしれません。

次に、人間的な成長ですが、これもまた一概には言えません。留学中に多くの経験をすることで、多面的な視点や広い視野を持つことができるでしょう。しかし、もともとの目的が「就活から逃げるため」という意識がある場合、それだけで人間的に成長するのは難しいかもしれません。

だからこそ、留学を選んだ場合でも、帰国後の就活には自己成長に対する意識や努力が必要です。留学から帰国しても、そのまま内定が得られるわけではありません。留学経験を就活に生かすためには、留学中の経験をしっかりと反省し、自己分析を行い、それをどう就活に活かすかを考えることが重要です。

逃げの留学を選んだ場合でも、それが就活の成功を保証するわけではないということを心に留めておきましょう。しかし、それが全て悪いわけではないということも同時に理解することが大切です。あなたがどの道を選ぶかは、あなた自身の覚悟と準備にかかっています。


第二新卒という扱いになる可能性

就活から逃げて留学することには、メリットだけでなくデメリットも存在します。一つは「第二新卒」という扱いになる可能性があるということです。そうは言っても、何が問題なのか、それには深く突っ込んで考えてみましょう。

大学4年で休学して留学する場合は大丈夫ですが、問題となるのは、就活をせずに大学を卒業した後に留学するケースです。この場合、留学から帰国した際、自身が第二新卒という扱いになる可能性があるのです。これは、新卒というステータスを一度捨ててしまったことになります。

第二新卒とは、簡単に言うと、新卒で就職したが数年以内に退職し、再び就職活動を行う人々を指す言葉です。しかし、この第二新卒というステータスは、新卒時の就活とは異なる状況を引き起こす可能性があります。

就活において新卒というステータスは、企業にとって一定の保証となります。新卒者はまだ社会経験が少ないとはいえ、学生時代に学んだ専門知識や技術を活かす可能性があると期待されます。そのため、新卒者を採用することに対して、企業は一定のリスクを取る覚悟があります。

それに対して、第二新卒というステータスは、そのような保証があるわけではありません。第二新卒者は、既に一度社会に出て経験を積んでいますが、それが必ずしも企業にとってプラスとなるわけではないのです。そのため、第二新卒者を採用することに対して、企業はより慎重になる傾向があります。

それゆえ、就活を逃げて留学することを選択する際には、帰国後の就活で第二新卒という扱いになる可能性があるということを十分に考慮する必要があります。新卒と比べて多少の不利があるかもしれませんが、それを乗り越えるためにどうしたら良いか、しっかりと考えておくことが大切です。


「留学=逃げた」という印象を与えかねない

就活から逃げて留学するという選択肢があること、これは否応なく一つの事実です。でも、逃げたという事実が、あなたの就活にどんな影響を及ぼすのか、考えたことがありますか? 「留学=逃げた」という印象を与えかねない、これが留学のデメリットの一つだと考えられます。

逃げるために留学を選んだという事実は否定できません。だからこそ、その事実が、就活時の面接官に伝わるとまずいのです。面接官や採用担当者からすれば、あなたが逃げるために留学を利用したという事実は、未来の問題を示唆するかもしれません。

その問題とは何か。それは、一度就職したとしても、何か困難な状況に直面したときにすぐに逃げ出す可能性があるということです。もし逃げるために留学を利用した人がいたら、企業はその人が入社したとしてもすぐに仕事を辞める可能性があると判断するかもしれません。それは、企業にとっては大きなリスクとなります。

つまり、就活から逃げるために留学するという選択は、将来の就活における「信用問題」を引き起こす可能性があるのです。企業は従業員との長期的な信頼関係を重視します。そのため、逃げるために留学したという事実が明らかになった場合、企業はあなたを信頼することが難しくなるかもしれません。

こうした事実を考慮すると、就活から逃げるための留学は慎重に考えるべきです。留学を選択する際には、それが自身の成長のためであり、それが就活においてプラスになるという明確な理由を持つことが重要です。そして、それを面接官に対して明確に伝えることが求められるでしょう。


逃げグセがつく

就活から逃げるために留学することを考えたことはありますか? 確かに一見、そういう選択肢もありますよね。だけど、ちょっと待って。その選択がもたらす可能性について考えてみましょう。「逃げグセがつく」、これが就活から逃げるための留学が抱えるデメリットの一つです。

まず、ここで強調しておきたいのは、留学自体が悪いわけではない、ということです。留学は自己成長のための大きなステップで、多くの人にとって価値ある経験となるでしょう。しかし、問題なのは「なぜ留学するのか」という理由です。「辛いから逃げる」、この意識があなたの人生の大事な局面で逃げグセを形成する可能性があります。

つまり、一度就活などの困難な状況から逃げるために留学すると、人生で他の困難な状況に直面したときも、同じように逃げる選択をしてしまう可能性があるということです。そして、逃げることが常習化すると、成長の機会を逃すことにもつながります。人生は基本的に、楽しい道よりも苦しい道を選ぶことで成長が促進されますからね。

だから、逃げだけの理由で留学を選ぶというのは、あなたのマインドセットにとって良くない影響を及ぼす可能性があります。逃げるだけではなく、何か具体的な目的を持つことが大切です。留学という選択はあくまで手段であり、その背後には自分自身の成長を目指すという明確な目的が必要なのです。

逃げるために留学するのではなく、自分の成長を促進するため、新たな視野を広げるため、グローバルな視点を持つためといった、あなた自身のための明確な目的を持って留学を選びましょう。それがあなた自身の人生をより良いものにする選択となるでしょう。


留学した理由を明確に説明しなければならない

皆さん、就活を一時的に逃げるために留学したことはありますか? もしそうだとしても、その事実を就職面接で堂々と言うことはできませんよね。それが、「留学した理由を明確に説明しなければならない」というデメリットです。

まず、面接では正直さが求められますが、一方で、「就活から一時的に逃げるために留学しました」と素直に答えると、採用する側はあなたが困難な状況から逃げる可能性があると判断するかもしれません。そのため、実際には就活から逃げるために留学したとしても、留学した理由を明確に説明する必要があります。

そして、その説明は、「英語力を身につけるために」「国際的な視野を持つために」といったように、自己成長やスキルアップを目指したものであることが求められます。なぜなら、それは企業が求める人材の特性であるからです。留学経験を最大限に活かすためにも、その目的を明確にし、それを上手に説明できるようになることが必要です。

とはいえ、嘘をつくことは適切な選択ではありません。逃げるために留学したという事実を隠すために嘘をつくことは、長期的に見ると信用問題につながります。だからこそ、留学する目的を真剣に考え、それを達成するための行動をとることが重要です。そうすれば、留学の経験はあなたの強みとなり、就活でもそれを自信を持って語ることができるでしょう。


留学しても人生の目的が見つからない

就活から逃げて留学を考えるなら、その背景に何があるのでしょうか。もしかして、人生を見つめ直す時間を得たいからですか? それは一見、素晴らしい理由に思えますよね。でも、残念ながら「留学しても人生の目的が見つからない」というデメリットが存在するんです。

多くの人が、留学をするという新たな環境や経験を通じて何か新しい目標や志向を見つけられると期待するかもしれません。しかし、実際は、大半の人は留学から帰国してもそのような明確な目標は見つからないのが現実です。

なぜでしょうか。それは、目標や人生の目的というものは、ただ単に場所を変えたり、新たな経験をするだけでは見つからないからです。大事なのは、「行動すること」です。真剣に取り組む中で見つけることができるものなんです。

一方、逃げるためだけに留学している人は、実際には何かから逃げること自体が目的になってしまいがち。そして、その逃げる行為が繰り返されることで、自分自身の人生の目的を見つける機会を失ってしまうことがあります。

言い換えれば、留学はお金さえあれば誰でもできることなので、「行動」とは言えないのかもしれません。それよりも大切なのは、どんな状況でも自分で問題を解決し、目標に向かって進む力を育てることです。

もちろん、留学自体が悪いわけではありません。留学は新たな視点や価値観を持つ機会を提供してくれます。しかし、その経験を有意義にするためには、逃げることではなく、自分自身の成長や目標達成のために使うことが大切なのです。


留学したからといって人生が変わらない

留学に行ったからといって、一体どれほどの人が人生が大きく変わったと感じているでしょうか?「私は就活から逃げて留学しました。そして、それが人生を変えてくれました!」と自信満々に語る人は、実際にはなかなかいないのではないでしょうか。

確かに、一部の人にとっては留学がきっかけで大きな変化が起こるかもしれません。しかし、ほとんどの人にとって留学は人生を大きく変えるものではないというのが、私の見解です。その理由は何でしょうか。

一つは、留学はお金さえあれば誰でもできることだからです。留学というのは、お金を払って行く場所を変えるだけのこと。それだけでは、根本的な自己変革には繋がらないのです。

何故なら、本当に人生を変えるのは「行動」であり、「努力」だからです。私たちはどんなに立派な環境に身を置いても、自分自身の行動や努力が伴わなければ何も変わらないのです。就活から逃げて留学するというのは、ある意味、自発的な努力から逃げる行為とも言えるでしょう。

もちろん、留学自体が悪いというわけではありません。留学は新たな視点や価値観を持つ機会を提供してくれます。しかし、その経験を有意義にするためには、自分自身の成長や目標達成のために使うことが大切なのです。それが、真の「行動」であり、「努力」なのです。

ですから、留学を考えている皆さん、留学に行ったからといって人生が一変するという考えは捨てて、自分自身の行動や努力に目を向けてみてはいかがでしょうか。そこに、本当の人生の変化があるのかもしれませんね。


留学したからといって人生が変わらない

ある人は、就活から逃げるための手段として留学し、それがまさに人生を変える一歩になると考えるかもしれません。留学という新たな環境が彼の人生を一変させるのではないかと期待しているかもしれません。しかし、私から言わせていただければ、これは少し誤った期待かもしれません。

なぜなら、留学という行為自体は、お金さえあれば誰でもできることだからです。留学というのは基本的に、お金を払って自分の位置を変えるだけ。そこには、特段の努力や成果を必要としません。その意味では、留学という行為自体は「行動」ではなく、「消費」に近いのかもしれません。

真の「行動」とは、何かを成し遂げるために自らの力を使い、何かに真剣に取り組むこと。そして、その行動の結果として得られる経験や学び、それこそが人生を変える糧となります。だからこそ、ただ単に就活から逃げるための留学ではなく、自らの目標や夢を追い求めるための「行動」が求められるのです。

留学は確かに、新たな視点や価値観を提供してくれる素晴らしい経験です。しかし、それはただの手段であって、目的ではありません。自分自身の目標達成や成長のために留学を利用する、それが真の「行動」であり、「努力」なのです。

だからこそ、留学を考えている方々には、一つだけ伝えたいことがあります。それは、「留学したからといって人生が一変する」なんて期待は捨てて、自分自身の行動と努力に焦点を当ててみてください。そこに、本当の人生の変化が待っているはずです。


留学しても必ず英語力が身につくわけではない

「留学すれば英語力が自然と身につく」。この考え方、聞いたことありますか?多くの人が留学に対して抱く期待の一つに、英語力の向上があることは間違いないでしょう。留学を機に英語力をつけ、そのスキルを就活時にアピールしたい、そんな風に思うのは自然なことです。

しかし、実は留学したからと言って必ずしも英語力が身につくとは限らないのです。なぜなら、英語力を身につけるには一定の努力と意識が必要だから。留学生活の中で英語を使う機会が多くなるのは確かですが、それが自動的に英語力が上がることを意味するわけではありません。

例えば、同じ母国の友人とばかり遊んでいたり、授業でしか英語を使わなかったりすると、英語力の向上は期待できません。また、英語が話せるようになるためには、発音や語彙、文法などの基本的な知識を理解し、それを活用できる能力も必要です。これらは一朝一夕に身につくものではなく、毎日の学習と練習が必要です。

また、留学したからといって必ずしも就活で有利になるわけではありません。もちろん、英語力があればグローバルなビジネスシーンで活躍するチャンスは広がります。しかし、その英語力が「留学したから」という理由だけで評価されるわけではありません。それよりも、英語力をどのように活用し、具体的にどのような結果を出したのか、それが重要なのです。

そこで大切なのは、「留学」を「逃げ」ではなく「学び」の場と捉え、自ら積極的に英語力を身につける努力をすること。そして、その結果をどう自分の武器として活用するか、その視点を忘れないことです。

それこそが、留学を真に意味ある経験に変え、将来の就活にも役立てる道なのです。


逃げの留学から逃げのバックパッカーへ変身する可能性

あなたが留学から帰国すると、新たな可能性が待ち受けていることに気づくかもしれません。それは、留学の経験が新たな「逃げ」を生み出す可能性です。つまり、「逃げの留学」から「逃げのバックパッカー」へと変身する可能性があるということです。

「逃げの留学」が終わり、多くの価値ある経験を得た後、あなたは留学の楽しさ、海外での生活の刺激に溺れ、海外に行くことで現実逃避できることに味を占めたあなたは、再び海外へ飛び出したいと思うかもしれません。そして、バックパッカーとして世界を旅することを選ぶことで、再び現実から一時的に逃げ出すことを選ぶかもしれません。

もちろん、世界を旅することは価値ある経験であり、人生における一つの選択です。しかし、ここで問題なのは、その選択が再び「逃げ」であることです。「逃げ」の留学で得た体験や学びを元に、自身の人生をより豊かにするための行動を取るべき時に、再び現実から逃げ出す選択をするというのは、自己の成長を遅らせ、最終的には自身の将来に影響を与える可能性があります。

就活から逃げるために始まった留学が、バックパッカーとしての生活へとつながると、その「逃げ」の期間はさらに延長されます。そしてその間、あなたの人生は一体何に向かって進んでいるのでしょうか? その期間は果たしてあなたの人生を豊かにするものなのでしょうか?それとも、あなたの人生の本当の目的から逸れてしまっているのでしょうか?

このような質問に向き合うことが、あなたが将来の人生に向けて真に価値ある選択をするためには必要となるでしょう。そして、それが「逃げの留学」から「逃げのバックパッカー」へと変身する可能性を防ぎ、自身の人生をより良い方向へと導くための一歩となるのです。

就活から逃げて留学するメリット5選


気分転換になる

「逃げの留学」にも確かに明るい面があります。それは、気分転換という名のメリットです。そう、留学は心地良い風が吹き抜けるような気分転換になる可能性があるのです。

考えてみてください。就活に失敗した時、それは心に大きなダメージを与えますよね。そんな時、一時的に自分の置かれている状況を離れて、異なる文化や風景に触れることで、自分自身を見つめ直す時間を持つことができます。

留学は、自分の環境を一新する絶好のチャンスです。新しい人々に出会い、異なる価値観に触れることで、自分の視野を広げ、自己肯定感を回復することが可能です。これは、ただ単に就活から逃げるだけでなく、自己啓発の一環ともなり得ます。そして、この経験は帰国後の就職活動にも生きるでしょう。

海外での生活は日本とは違った視点を提供し、自分の能力や可能性を再評価する機会を提供します。また、留学生活の中で学んだ異文化理解やコミュニケーション能力は、異なる背景を持つ人々と協働する能力を強化し、将来的には就職活動にも役立つでしょう。

ただし、留学が気分転換になるとはいえ、それはあくまで一時的なものです。本当の問題から逃げ出すための手段として留学を使うことは、一時的な解決策に過ぎません。本質的な問題を解決するには、自身の課題に向き合い、それを解決するための行動を起こすことが必要です。

なので、気分転換として留学を選ぶなら、それが自分の成長につながるようにすることが大切です。逃げるためではなく、自己啓発のために留学する。そうすれば、留学は本当の意味で自分自身を前に進めるためのステップとなるでしょう。


語力が上がれば内定の可能性が上がる

留学で獲得可能な一つの利点は、言語能力の向上です。そう、逃げの留学であっても、その間に語学力を上げることができれば、それは確実に就活における有利な武器になり得ます。

就活は競争です。求人に対して応募者は多く、優れたスキルや経験を持つ人ほど内定の可能性は高まります。特に、グローバル化が進む現代社会では、英語力は非常に重要なスキルとなっています。英語を流暢に話せるというのは、多くの企業が求める能力の一つです。

そのため、逃げの留学であっても、その期間を使って英語力を身につけることができれば、帰国後の就活に大いに役立つでしょう。これは逃げの留学の場合でも変わりません。むしろ、逃げの留学という状況を、自分自身の成長の機会と捉え、その中で必死に英語を学ぶ姿勢は、就職活動においても高く評価されることでしょう。

ただし、英語力だけが就活における全てではありません。その他のスキルや経験、人間性も重要です。だからと言って、逃げの留学から逃げ続けるのではなく、逃げの留学という経験を通じて何を学び、どのように成長したのかを考えることが大切です。それが就職活動における自己PRの一部となり、より多くの内定を引き寄せることにつながるでしょう。

留学をただの逃げではなく、自己成長のためのステップと捉えること。そうすることで、留学はあなたの就職活動をサポートする大きな力となり得ます。


逃げ切れる可能性がある

留学という選択が、一見逃げのように見えても、実は未来の可能性を広げるチャンスにもなり得るのです。というのも、留学先での生活や経験が、予想外の新しい道路を開くことがあるからです。

一例として、就活から逃げて留学した先で、海外就職の道が開ける可能性があります。たしかに、これはあくまで可能性の一つであり、全ての人に当てはまるわけではないことを明確にしておきます。しかし、その可能性自体が、留学という選択をして得られるメリットの一つであると言えるでしょう。

留学先での経験や学び、そしてそこで鍛えられた語学力は、海外で働く際の大きな武器になります。特に、海外の大学で学位を取得したり、現地のインターンシップに参加したりすると、海外企業からの評価が高まることもあります。

このような経験を通じて、あなたが得られるのは単なる就職の機会だけではありません。それは新たな生活の形、新たな価値観、新たな人間関係といった、人生を豊かにする要素全体を得ることでもあるのです。

そして、ここで重要なのは、このような可能性があるからと言って、逃げのために留学するのではなく、新たな可能性を求めて留学するという姿勢です。就活からの逃げを、自身の成長と新たな人生のステージを開くためのステップと捉えることが、本当の意味での「逃げ切り」につながるのです。

フリーランスへの道が開ける可能性

私たちが考える「逃げ」は、実際には、視野を広げる新たな道への扉を開けるかもしれません。例えば、就活からの逃げとして留学を選択したとき、その先にフリーランスへの道が開ける可能性が存在するのです。

何故なら、留学中に学ぶ専門スキルや語学力は、フリーランスとして働く際の大きな強みとなり得るからです。特に今の時代、テクノロジーの発達により、場所にとらわれずに働けるフリーランスの仕事が増えています。プログラミングやデザイン、ライティングなど、留学中に特定のスキルを身につければ、それを活かした仕事を世界中から探すことができるのです。

また、留学中に様々な文化と接することで、視野が広がり、柔軟な思考力を身につけることができます。このような経験は、フリーランスとして働く際には非常に役立つでしょう。多様なバックグラウンドを持つクライアントとコミュニケーションを取る能力、新しい環境に対応する能力など、フリーランスに必要なスキルは、留学の経験から得ることができます。

なお、就活からの逃げとして留学を選んだからといって、すぐにフリーランスの道が開けるわけではありません。しかし、その留学経験を活かして自己啓発に努め、自分のスキルを磨くことで、フリーランスとして活躍する道が開ける可能性があるのです。

つまり、留学はただの逃げではなく、自分自身を成長させ、自分の人生を自分の手で切り開くチャンスなのです。それは、自分の能力に自信を持ち、自分の力で生きていくための一歩とも言えるでしょう。

人生を見直す時間を持てる

“逃げ”という行動が思わぬメリットをもたらすことがある、という話を始める前に、まずここで皆さんに質問です。みなさんは普段、どれくらい自分の人生についてじっくりと考える時間を持っていますか?

日本の社会は競争が厳しく、多くの人が「やらなければならないこと」に追われていることでしょう。そして、その中で就活は大きなプレッシャーをもたらします。就活から逃げて留学するという選択は、一見、逃げてしまう行為と見えますが、これが実は大きなメリットをもたらすのです。

そのメリットとは、「人生を見直す時間を持てる」という点にあります。逃げの留学は、一時的に日本の社会から距離を置くことを可能にします。それにより、語学学校以外の時間には自分の人生についてじっくりと考える時間が増えるのです。留学先では、普段は忙しくて考えることができなかった自分自身の人生について深く思索することができるでしょう。

自分のこれまでの生き方、これから進みたい道、真に何を求めているのか。そういったことを考える時間は、自分の人生を見つめ直し、より良い方向へと進むきっかけになります。留学という経験が、新たな視点を提供し、自分自身の可能性を広げるきっかけになるのです。

つまり、就活から逃げて留学することで得られるのは、単に一時的な息抜きだけではなく、自分の人生を深く考えるという大切な時間なのです。それは、自分自身のための時間、自己理解を深めるための時間と言えるでしょう。

おわりに


私たちは今、就活から逃げて留学するという選択について深く掘り下げてきました。一見すると逃げるように見える行為でも、その裏には多くの可能性が秘められていることをお伝えしました。

留学は、英語力の向上だけでなく、新たな視点を得る、人生を見つめ直す時間を持つ、フリーランスの道を開くなど、様々なメリットを持っています。しかし、逃げの留学には、バックパッカーへの逃げ道を広げる、帰国後の就活にネガティブな影響を及ぼすなどのデメリットも存在します。

留学を選択する際には、これらのメリットとデメリットをしっかりと考え、自分にとって最適な選択をすることが重要です。そして、その選択が、あなたの人生をより豊かにする一歩となることを願っています。

最後に、就活から逃げることが悪だと言っているわけではありません。大事なのは、自分自身がどう感じ、どう考え、どう行動するかです。一度の人生、あなたらしさを大切にし、自分の道を切り開くことを忘れないでください。それこそが、人生を楽しむための鍵となるでしょう。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X