ENGLISH WORK公式

留学に行かない方がいい人の特徴13選:最悪の事態の前に

  • 投稿日時:8か月前

はじめまして、皆さん。今日はある特定の種類の人々が留学に行かない方がいいかもというトピックについて話し合いたいと思います。

この記事を読む前に、まず最初に伝えたいのは、この記事が決してあなたを留学から遠ざける意図で書かれたものではないということです。留学は、新しい文化を学び、自身を成長させ、新たな視点を得る絶好の機会であり、これを否定するつもりは一切ありません。しかし、留学が全ての人にとって必ずしも最善の選択とは限らないという事実も同時に理解することが重要です。

私の目的は、あなたが自己理解を深め、自身の性格や価値観が留学という経験にどのように影響を与えるかを考えるきっかけを提供することです。それぞれの特徴について説明し、それが留学生活にどのように影響を与えるかを示すことで、あなたが自分自身と向き合い、自分にとって最善の選択をするための道しるべとなることを願っています。

これから述べる特徴について、あなた自身が当てはまるかどうか考えながら読み進めてみてください。そして、最終的にはあなた自身が留学という選択をするべきか、それとも他の道を選ぶべきかを決定できるようになることを願っています。

それでは、さっそく留学に行かない方がいい人の特徴について見ていきましょう!


留学に行かない方がいい人の特徴13選

特徴1: 何に対しても誰かのせいにする人

留学を考えているあなた、ひょっとすると、「何でも誰かのせいにする」タイプの人ではありませんか?もし、そうだとすれば、恐らく留学は行かない方がいいかもしれません。どうしてかと言いますと、成功の鍵は自己責任にあるからです。

まず始めに、このタイプの人は英語を話せない理由を探す時、自分自身ではなく、留学エージェントや語学学校、あるいは日本の義務教育のせいにする傾向があります。しかし、語学の習得に関して言えば、成功するかどうかは基本的にあなた自身の努力と持続力にかかっています。ですから、英語が話せないのは単純にあなた自身が十分に努力していないから、それだけのことなのです。

それから、留学生活を楽しむかどうかもまたあなた自身の行動力によるところが大きいです。新しい環境、新しい文化、新しい言語に直面するというのは、まさに自身の能力を試す絶好の機会です。だからこそ、自分自身の行動力がないと感じ、それを留学生活そのものや他人のせいにする人は、留学は行かない方がいいと言えるでしょう。

では、なぜこのような人が留学に向かないのでしょうか。それは、留学という経験が、自己成長を促すという大きな機会であり、それを活かすには自己責任が重要だからです。もし、あなたが留学で英語を習得したいのなら、それはあなた自身の勉強次第です。そして、あなたが留学生活を楽しみたいのなら、それはあなた自身が行動を起こし、積極的に経験を積むかどうかにかかっています。

一言で言えば、留学を成功させるためには、あなた自身が主役であり、行動を起こし、自己責任を全うすることが必要です。何に対しても誰かのせいにする人は、その真価を十分に理解することが難しく、結果的に留学が時間とお金の無駄になる可能性が高いです


特徴2: コスパを重視する人

次に、費用対効果を重視するタイプの人について見ていきましょう。あなたがこのタイプの人であるなら、留学は行かない方がいいかもしれません。その理由は、留学はあくまで長期的な投資であり、すぐに結果を期待するものではないからです。

留学には疑いようのない大きな費用がかかります。授業料、生活費、航空券代などを合計すると、1年間の留学は一般的には200万円以上になります。それなのに、1年間留学しただけで英語がペラペラになるとは限りません。日常会話はなんとかこなせるようになるでしょうが、本当に流暢になるためにはさらに何年もの時間が必要となるのが通常です。

だからといって、200万円を支払ってすぐに英語がペラペラになることを期待している人にとって、留学はコストパフォーマンスが悪いと感じるかもしれません。それ自体は理解できる立場です。しかし、重要なことは、留学は即効性を期待する投資ではなく、長期的な成長とスキルアップのための投資だということです。

留学を成功させるためには、時間と努力をかけて経験を積むことが必要です。それは、短期間で結果が出るようなものではありません。留学はあなた自身の能力や見識を広げる機会であり、その価値は金額で測れるものではありません。だからこそ、留学に対する期待がコスパ重視であるなら、留学は行かない方がいいと言えるでしょう。

何より、留学は自己投資です。その価値は、あなたがどれだけその経験を活かし、それから何を学び取るかによります。だから、留学を選ぶなら、長期的な視点を持つことが大切なのです。


特徴3: 日本への愛が強すぎる人

さて、次は少し異なるタイプの人々について話してみましょう。それは、日本への愛が強すぎる人々です。彼らにとって、留学は行かない方がいいかもしれません。特に、フィリピンなどのインフラや生活環境が日本と大きく異なる国に留学を考えている場合、その違いに対する理解と受け入れが必要となります。

なぜなら、フィリピンのような国では、インフラが日本より劣り、治安や衛生環境も完全には保証されていません。食事の違いからお腹を壊したり、度々部屋に現れる虫に悩まされることもあるかもしれません。そんな状況に対し、「この国は終わってるな」や「日本ではこんなのはあり得ない」と否定的なコメントをする人にとって、留学は行かない方がいいでしょう。

それぞれの国には良い点と悪い点があります。フィリピンであれば、例えば生活費や授業料が安いというメリットがあります。それがあなたがその国に留学を選ぶ理由かもしれません。それなのに、文句ばかり言っている人は、少し子供っぽい印象を与えます。

留学は、異文化体験の一部です。そのため、異なる環境や文化に対してオープンな心を持つことが求められます。新しいことに対する好奇心や柔軟性、そして適応力がなければ、留学は困難な経験になるかもしれません。

だからこそ、日本をこよなく愛し、その価値観から逃れられない人は、留学は行かない方がいいと言えるかもしれません。異なる文化や生活環境に対する理解と受け入れの心が必要なのですから。そして、それが留学の本質的な部分であり、同時にそれが留学の魅力でもあるのです。


特徴4: 留学で人生が変わると思っている人

さて、続いて考察するのは、「留学で人生が一瞬にして変わる」という期待を持つ人々です。この考え方は一見ポジティブに見えますが、留学に行かない方がいい理由があります。なぜなら、留学が必ずしも短期間で大きな変化をもたらすわけではないからです。

それはどういうことかと言うと、留学があなたに与える影響は確かに大きいです。新しい文化に触れる機会、異なる環境での生活、そしてもちろん、新たな語学の習得など、これら全てがあなたの視野を広げ、思考を深め、成長を促すでしょう。しかし、その効果が一瞬で現れるわけではありません。

留学があなたの人生を変えるのは、むしろ中長期的な視点で見た場合です。留学先で英語力を磨いたり、新たな価値観を得たり、専門的な知識を身につけたりすることで、それは数年後になって初めて実感できる変化かもしれません。

だからこそ、留学を魔法のような即効性のある解決策と見る人は、留学に行かない方がいいかもしれません。留学は一夜にして全てを変える魔法の杖ではなく、時間と努力を必要とする自己成長のプロセスなのです。

それでも、その価値は計り知れません。何故なら、留学はあなたに独自の経験を提供し、あなたが自身の人生において新たな視点を持つ助けとなるからです。しかし、その経験が即座に人生を変えるわけではないということを理解し、留学に向かって進むことが重要です。


特徴5: 留学すると自動的に英語が話せると思っている人

これは皆さんにとっても興味深い話題かもしれません。それは、「留学すると自動的に英語が話せるようになる」と信じている人々です。しかし、私からすると、そのような考えを持つ人は、留学に行かない方がいいかもしれません。ここでその理由について考察してみましょう。

留学は英語力を上達させるための素晴らしい機会でありますが、それが自動的にあなたの英語を流暢にする魔法の杖とはならないのです。なぜなら、英語力の向上は単に授業を受けるだけではなく、自分で積極的に実践的に言語を使うことが必要だからです。

例えば、アメリカやイギリスなどの英語圏で留学する場合、午前中に授業が終わり、午後は自由時間という生活スタイルが一般的です。しかし、それだけの勉強時間で、一朝一夕に話せるようになるわけではありません。また、たとえ一日中授業を受けていても、それだけで英語がペラペラになるわけではありません。

その理由は、授業は「英語を習う場所」であり、「英語を実践的に使う場所」ではないからです。授業では新しい語彙や文法を学び、理解を深めることができますが、それを自然な会話で使えるようになるには、日々の生活の中で英語を使う実践的な練習が必要です。

だからこそ、「留学すれば自動的に英語が話せるようになる」という誤ったイメージを持つ人は、留学に行かない方がいいかもしれません。留学は確かに英語力を上達させる一助となりますが、それはあくまで自分自身の努力と実践によるものです。留学は英語力の向上に必要な環境を提供するだけで、その上で自分で学び、使い、成長することが求められます。


特徴6: あまりにもシャイで内向的な人

次に触れていきたい特徴は、”あまりにもシャイで内向的な人”です。もしかすると、この特徴に当てはまる人もいるかもしれませんね。でも、私からのアドバイスとしては、このような性格の人は留学に行かない方がいいかもしれません。ここで詳しく説明しましょう。

海外の多くの場所では、オープンでコミュニカティブな人が多いです。それゆえに、あまりにもシャイで内向的な人がいると、それが見た目から伝わってしまい、周囲の人々にとって近づきにくい存在となる可能性があります。例えば、いつも暗くてどんよりとした雰囲気を漂わせていると、留学先の人々から変な人だと思われるかもしれません。

また、あまりにも内向的だと、他人に対する興味や好奇心を表現する機会が減るため、他人を無視しているか、興味を持っていないと誤解されるかもしれません。留学は、新しい文化や人々と出会い、新たな経験を積むことで価値があるものです。それを享受するには、ある程度のコミュニケーション能力と開放性が求められます。

だからこそ、私の意見としては、あまりにもシャイで内向的な人は留学に行かない方がいいかもしれません。留学は自己を開放し、新しい人々と交流し、自分自身を成長させる機会です。もしシャイさや内向性がその機会を妨げると感じるなら、留学を再考するか、あるいは自分自身を変える方法を見つけることが必要かもしれません。


特徴7: あまりにも怖がりな人

ここで触れたいのは”あまりにも怖がりな人”です。そんな人たちは、留学に行かない方がいいかもしれませんよ。なぜそう思うか、私の考えを詳しくシェアしますね。

確かに、日本と比較すると、どの国でもある程度の危険性は増えるでしょう。それは留学の一部と言えます。ですが、それを恐れるばかりで、留学体験から得るべき多くのことを逃してしまうのは、ちょっともったいないですよね。

例えば、ヨーロッパに留学しているなら、興味があるイベントに思い切って参加してみたり、見た目がちょっと怖そうに見える友達と仲良くなってみるのも全然オッケーです。実際、親しくなってみると、見た目がちょっと怖いだけで、中身は優しい人がたくさんいることに気づくでしょう。

なので、私の意見としては、あまりにも怖がりな人は留学に行かない方がいいかもしれません。留学は新たな経験をするチャンスですから、あまりにも怖がりだと、そのチャンスを逃すことになるかもしれません。留学するなら、少しの勇気と冒険心が必要ですよ。ただ、それが苦手な人は無理に留学を選ばなくてもいいんですよ。自分に合った成長の道を選ぶことが最も大切ですから。


特徴8: 夢や希望を持たない人

次に挙げるのは、「夢や希望を持たない人」です。そんな方々は、留学に行かない方がいいかもしれません。なぜそう思うのか、私の考えを詳しくお話ししますね。

留学生活は確かに最初は新鮮で、毎日が冒険のようです。しかし、数ヶ月経てば、必ず日本での生活と同じようなルーチンワークの感覚になります。そうなった時、「将来は通訳者になりたい」や「将来はキャビンアテンダントになる」といった明確な夢がない人は、”留学ってつまらないな。これに価値あるの?”と感じるかもしれません。

そんな時、あなたが持っている夢や目標があなたを引っ張ってくれます。留学は長い時間とコストを要するものですから、何のために留学するのか、それを実現するために何をすべきか、という明確なビジョンがあると、モチベーションを保つのが楽になります。

ですので、私の意見としては、夢や希望を持たない人は留学に行かない方がいいかもしれません。しかし、留学を通して自分の夢や目標を見つける、という考え方ももちろんあります。これは個々の価値観に大きく左右される話なので、自分自身としっかり向き合って、自分にとって最適な選択をすることが大切ですよね。


特徴9: あまりにも神経質な人

“あまりにも神経質な人”についてお話ししましょう。そういった方々にとっては、留学に行かない方がいいかもしれません。その理由について、私の考えを詳しく説明しますね。

海外の生活は、我々の常識やマナーからかけ離れたことがよくあります。例えば、日本の常識からするとマナー違反の人がいたり、衛生環境が我々が普段慣れているものとは異なったりします。また、自分が求める便利さや生活スタイルを叶えるのが難しい場合もあります。

そういった環境で神経質な人が生活をすると、一つ一つの違和感にいちいち反応し、イライラしてしまう可能性が高いです。あまりにも神経質だと、細かいことが気になりすぎて、留学生活の本質的な楽しみや学びを見失うかもしれません。

留学は新しい文化や生活習慣に触れ、自分自身の視野を広げる絶好の機会です。しかし、それには柔軟性や適応力が求められます。私の見解としては、あまりにも神経質な人は、留学に行かない方がいいかもしれません。

もちろん、この考えが全ての神経質な人に当てはまるわけではありません。自己認識を持つことで、自分自身の神経質さと向き合い、それを成長の機会に変えることも可能です。これが留学の素晴らしいところなのですよね。


特徴11: 孤独が苦手な人

次の特徴は、「孤独が苦手な人」です。私の見解では、孤独に対して耐性が低い、人混みや友人のいない状況が苦手という方は、留学に行かない方がいいかもしれません。

あなたが留学するとき、一度は誰も知らない場所へ飛び出すことになります。留学先では、知り合いや友人がいない状況を経験することになるでしょう。また、家族もすぐ近くにはいません。これが、特に留学初期に感じる孤独感を増幅させます。

さらに、留学先の大学や学校では、生徒たちが各々異なる背景や経験を持っています。同じようなバックグラウンドを共有している人々が集まるような状況は少なく、これがまた仲間意識を生むのが難しい状況を生み出します。

こうした孤独感を経験することは、メンタルに大きな影響を及ぼす可能性があります。特に孤独が苦手な人は、この感情に打ち勝つのが困難であるかもしれません。

したがって、私の考えでは、孤独を苦手とする人は留学に行かない方がいいかもしれません。もちろん、これは一概に全ての人に当てはまるわけではありません。留学は新たな友人を作ったり、自分自身の内面と向き合う機会を提供します。それに、留学は人生を豊かにする素晴らしい経験でもあります。しかし、その経験に向き合う前に、自分自身の孤独に対する耐性を理解し、それに備えることが重要であると私は思います。


特徴12: 新しいことに挑戦するのが好きでない人

私の意見としては、新たな挑戦や経験に対して消極的な人は、留学に行かない方がいいかもしれません。

留学生活には、ピカピカと輝く楽しさやエキサイティングな一面があると思われがちですが、現実はそうではないことが多いです。基本的には自宅と語学学校の往復が日常となり、それがルーチン化します。社交的な人であれば、さまざまなイベントやパーティーに積極的に参加し、日々新鮮な刺激を受けることで、留学生活を充実させることができるでしょう。

しかし、新しいことに挑戦するのが苦手な人は、どんどんと日々の生活がつまらなく感じられる可能性があります。自分から行動を起こして新たな経験を積むことに抵抗感があると、留学生活は単調で退屈なものに感じられてしまうかもしれません。

このような理由から、新しいことに挑戦するのが好きでない人は、留学に行かない方がいいかもしれません。留学は新たな経験を積むための舞台であり、日々の生活に挑戦することで自分自身を成長させることができる素晴らしい機会です。ただし、それには自分自身から行動を起こし、新たな経験に対する恐れを乗り越える勇気が必要です。


特徴13: 流されやすい人

流されやすい人は、留学に行かない方がいいかもしれません。

海外生活は、新鮮な体験や刺激に満ちており、それらは間違いなく魅力的です。しかし、その一方で、自己管理能力や自己決定能力が求められる場面も多くあります。流されやすい人は、そのような状況に対応するのが難しいかもしれません。

特に問題となるのは、日本で法的に許されていない行為への誘惑です。例えば、一部の国や地域では違法ドラッグの使用が許されている場合があります。しかし、それが日本で禁止されている行為であることに変わりはありません。流されやすい人がそのような誘惑に対して、自分の価値観や法律を守る強さを持っていなければ、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性があります。

そのため、流されやすい人は、留学に行かない方がいいかもしれません。留学という環境は自由で新しい経験が溢れていますが、それと同時に自己管理能力と自己判断力を必要とします。私たちは、自分自身をコントロールし、自分の行動に責任を持つことが重要であるということを常に忘れてはいけません。

おわりに


それでは、ここで一度私たちの探求の終わりにしましょう。私たちが一緒に調べてきた「留学に行かない方がいいかもしれない13の特徴」を、皆さんはどのように受け止めましたか?

もし何か一つでも共感できるものがあったなら、それは自己理解への第一歩となるでしょう。しかし、もし全てが自分には当てはまらなかったとしても、それは必ずしも留学があなたにとって最善の選択だとは限りません。大切なのは、あなた自身が何を望んでいるのか、どのような経験を通じて成長したいのかを深く理解し、自分自身の道を切り開くことです。

この記事が、あなたが自己理解を深め、最善の選択をする手助けとなることを願っています。そして、もし留学を選ぶことになったとしても、逆に留学を選ばないと決めたとしても、あなたの道があなた自身の成長と学びに繋がるものであることを心から願っています。

留学という選択が全ての人にとって必ずしも最善の道であるとは限らないということを理解しながら、あなた自身の価値観と目標を大切にし、自分にとって最善の道を選んでください。

それでは皆さん、どんな道を選ぼうとも、その旅路が充実したものでありますように。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X