ENGLISH WORK公式

ワーホリに向いてない人の15の特徴:やって後悔の前に

  • 投稿日時:8か月前

こんにちは、皆さん!今日の記事では、ある一つの大きな質問を探求しようと思います。それは、「あなたはワーキングホリデー(ワーホリ)に向いているのか?」という問いです。

私たちが聞くワーホリの話題は、たいていが美化されたものが多いですよね。魅惑的な海外生活、新しい友達、興奮に満ちた冒険、未知の文化との出会い…。しかし、一方で、ワーホリは日本とは全く異なる環境で生活しなければならない経験でもあります。そのため、一部の人々にとっては、予想外の困難やストレスに満ちた経験になることもあります。

それならば、誰がワーホリに向いているのか、または向いていないのかをどう判断すれば良いのでしょうか?この問いを解き明かすために、今日の記事では、ワーホリに向いている人と向いていない人の特徴について考えてみたいと思います。

まずはじめに、ワーホリはあなたがそれを楽しむことができるかどうかは、あなた自身のパーソナリティや価値観に大きく依存します。そのため、この記事では様々な観点から、ワーホリに向いている人、または向いていない人の特性について深掘りしていきます。


ワーホリに向いてない人の15の特徴

誰かのせいにする人、ワーホリに向いてるの?

「誰かのせいにする人」はワーホリに向いてないかもしれません。

誰かのせいにするという行動、あるいは姿勢。これは、もしワーホリ先で何か問題が起きたときに、その責任を他人に押し付けるような行動を指します。例えば、英語が話せないのはワーホリエージェントのせいだとか、語学学校のせいだとか、日本の義務教育のせいだとか。また、仕事が見つからないのも企業のせいだと考えるような人のことを指しています。

そうした人たちは、すべての問題を外部に投げかけるため、自分自身の成長が阻害される可能性があります。何故なら、ワーホリの体験は自己成長の場であり、それはあくまで自己の責任の下で達成するものだからです。

英語が話せないのは、それはそれで、実際にはあなたの勉強不足からくるものかもしれません。ワーホリ生活が楽しくないと感じるのは、あなたの行動力が足りないからかもしれません。自己成長を阻害するその姿勢は、ワーホリという経験を時間とお金の無駄にするかもしれません。

強烈に申し上げるならば、誰かや何かのせいにする人は、ワーホリという経験においては一生成長できないでしょう。あなたが抱える問題や課題は、自分自身の責任であり、それを解決する力はあなた自身にしかありません。それがワーホリの真髄であり、その経験を通じて成長することができるのです。

なので、もしもワーホリを検討しているのなら、まずは自分自身を見つめ直し、自己の責任を全うできる心構えを持つことが重要かもしれません。誰かのせいにする人は、ワーホリに向いてないかもしれません。どうか皆さん、自己責任の大切さを忘れないでください。


コスパを重視するなら、ワーホリは無駄な出費かも

ワーホリについて考える際、費用対効果という観点は避けて通れませんよね。その観点から見ると、ワーホリは向いてないかもしれません。というのも、一年間のワーホリ生活には相当な出費が伴うからです。

ワーホリには多額のお金がかかるというのが実情です。授業料、生活費、航空券代など、全てを考慮に入れると1年で100万円を超えることは珍しくありません。それに対して、その間に英語がペラペラになる確率は、実を言うとそれほど高くありません。

もちろん、一年間のワーホリ経験を通じて、日常会話レベルの英語力を身につけることは可能です。しかし、本当に流暢に、ペラペラに話せるようになるためには、さらに数年間の努力が必要となるでしょう。

これをコスパ、つまりコストパフォーマンスという観点から見ると、100万円を投じて英語がペラペラになれるという期待はあまり現実的ではないかもしれません。そんな期待を抱いている人にとって、ワーホリの経験は「コスパが悪い」と感じるかもしれません。

まぁでも、それだけワーホリに費やすお金が大きいということは、それだけ得られる経験や成長の可能性があるということでもありますよね。だからこそ、ワーホリを考える際には、コストだけでなく、得られる価値についても深く考えてみてください。コスパをあまりにも重視する人にはワーホリは向いてないと言わざるを得ません。


自立が難しいあなた、ワーホリで本当に生きていけるの?

これは少々ハードルが高い話題かもしれませんが、私の意見を率直にお伝えしますね。

自立していない人にとって、ワーホリは厳しい環境かもしれません。もしあなたが自立が難しい人であるなら、ワーホリは向いてないかもしれませんよ。

ワーホリの魅力の一つは、あなたが全てを自分でやらなければならないということです。そう、誰もがやるべきことをやってくれる人はいません。自分で立ち上がり、自分で行動を起こす必要があります。

ワーホリの準備段階から、これがハッキリと現れます。まずはワーホリエージェントの選び方から始まり、ビザ更新手続き、シェアハウスの探し方、銀行口座の開設、そして仕事探し。これらすべてが、あなたの手に委ねられています。

大学や会社のように、何かと面倒なことを代わりにやってくれるようなシステムは存在しません。これは、ワーホリの生活がそういうものであると理解し、それに対して自己責任をもって取り組む必要があります。

だからこそ、自立が難しいと感じるあなたにとっては、ワーホリは厳しい試練となるかもしれません。でも、それは同時に大きな成長の機会でもあります。自分の力で問題を解決し、自分の足で歩みを進める力をつけるチャンスです。

ですので、自立が難しいと感じているあなたも、ワーホリという選択肢を一度は検討してみてください。それがあなたの人生を大きく変えるきっかけになるかもしれませんから。


日本愛が強すぎるあなた、外国の生活に耐えられる?

ワーホリの世界に身を投じる前に知っておくべき「日本愛」について話してみましょう。その愛情が強すぎると、あなたが抱える問題が生じるかもしれませんよ。

あなたが日本を深く愛し、そのすべてに感謝しているのは素晴らしいことです。しかし、その情熱が強すぎると、ワーホリは向いてないかもしれません。

海外に飛び出してみると、日本とは異なるインフラ、治安、衛生環境に遭遇します。これらは、往々にして日本のものよりも劣ることが多いのです。ここで、「この国は終わってるな」や「日本ではこんなのはあり得ない」と、ネガティブな発言をする人が出てきます。

しかし、そうした発言は、あなたがワーホリの本質を理解していない証拠なのです。それぞれの国は、良い面と悪い面を持っています。例えばフィリピンなら、生活費や授業料が安いというメリットがあります。このようなメリットを理解し、それを基にその国にワーホリを選んだはずですよね。

それなのに、その国の生活に文句ばかりつける人は、少々子供っぽいように思えます。日本への愛が深すぎて、他国の文化や環境に適応できない人は、ワーホリの体験が厳しいものになる可能性があります。

ですから、私からのアドバイスはこれです。あなたが日本を愛していても、ワーホリを選ぶなら、その国の良い面も悪い面も包み込む心の広さを持って、新しい体験に臨んでください。それがあなたのワーホリ生活を豊かで価値あるものにする鍵となるでしょう。そうでなければワーホリは向いてないでしょう。


ワーホリで人生が一瞬で変わると思っているなら、あなたは間違っている

私の知る限り、ある思考パターンを持つ人々はワーホリに向いてないかもしれません。それは、「ワーホリで人生が一瞬で変わる」と考えている人です。

ワーホリは、新しい環境、新しい友人、新しい経験を通じてあなたの人生に深い影響を与えることは確かです。しかし、ここで注意すべきは、ワーホリをするだけで人生が一瞬で変わるという考え方が、大きな間違いだということです。

なぜなら、ワーホリはあなたに一瞬の変化をもたらす魔法の杖ではなく、あくまで新たな成長と学びの舞台なのです。例えば、異なる文化圏で生活することにより英語力を磨く、一生懸命に現地で働くことで新たな価値観を得る、そして専門的な知識を身につけることで数年後のあなたの人生は確かに変わるでしょう。

ですが、その変化は瞬間的なものではなく、時間をかけて、持続的な努力と経験を通じて得られるものです。ワーホリは夢のような瞬間的な変化をもたらすものではなく、自分自身を見つめ直し、成長し、新たな人生の道を開拓するためのプラットフォームなのです。

ワーホリが自動的にあなたの人生を一瞬で変えると考えているなら、あなたには向いてないでしょう。ワーホリは、新しい経験を得て自己成長を遂げるための道具であり、それを活用するのはあなた次第です。ワーホリの旅は長いかもしれませんが、その先に見える成果は、計り知れない価値があるでしょう。だからこそ、正しい視点を持ってワーホリに臨むことが重要なのです。


英語は自動的に身につくわけではない、ワーホリの勘違い

ワーキングホリデー(ワーホリ)とその中での語学学習についての一般的な誤解を解き明かしていきましょう。その誤解とは、「ワーホリに行けば自動的に英語がペラペラになる」というものです。そう考えているならワーホリは向いてないかも?

ここで明確に言っておきますが、これは全くの誤解です。あなたがアメリカやイギリスなどの英語圏の国にワーホリで行き、語学学校に通っても、決してすぐには英語が流ちょうに話せるようになるわけではないのです。だって、多くの語学学校では授業は午前中で終わり、午後は自由時間となるため、実際に学習する時間は実は限られているのです。たとえ一日中授業に参加していても、必ずしもすぐに英語がペラペラになるわけではないのです。

なぜなら、語学学校はあくまで「英語を習う場所」であり、「英語を実践的に使う場所」ではないからです。そこで英語を学んだだけでは、実際の生活の中で流暢に英語を使いこなす力は身につきません。

語学力を身につけるためには、学んだことを現地で使い、実際のコミュニケーションで磨くことが絶対に必要です。語学学習は実践がすべてで、学んだ英語をどんどん使って、現地の人々と交流し、生活する中で自然と英語力を鍛えていくことが重要なのです。

だからこそ、「ワーホリに行けば英語が自動的にペラペラになる」という考えは間違っています。本当に英語力を身につけるためには、学んだ英語を活用して、現地でコミュニケーションをとるという実践的な経験が欠かせないのです。あなた自身の積極性と努力が、ワーホリでの語学力向上を左右すると言えるでしょう。


シャイすぎるあなた、海外のオープンな人々についていける?

シャイすぎるあなたが海外のオープンな人々についていけるか、という問題について触れてみたいと思います。

ここで一つ、強く申し上げておきたいことがあります。それは、「あまりにもシャイで内向的なあなたは、ワーホリに向いていないかもしれません」ということです。海外では、とくにワーホリの人々が集まる地域では、基本的に人々はオープンで、気軽にコミュニケーションを楽しむ傾向があります。そのような環境で、あまりにもシャイで内向的だと、他人から変な人だと思われる可能性があるので、ワーホリは向いてないかも。

何よりも、あなたがどんよりとした雰囲気を放ち、人々が近づき難いと感じてしまうと、それがあなたのワーホリ体験を損なう原因となります。そして、自分から話しかけないと、あなたが他人に興味を持たない人間だと思われる可能性もあります。それではワーホリの本質である異文化交流のチャンスを逃してしまいます。

だからこそ、「シャイすぎる」というのはワーホリに向いていないかもしれません。ワーホリは異なる国や文化の人々と交流し、多様な視点や価値観を学び取る絶好のチャンスです。あなたがもしワーホリを考えているなら、この機会を最大限に活用するために、シャイな性格を少しでも克服するよう努力してみてはいかがでしょうか。


怖がりすぎると、ワーホリで何も得られない

あまりにも怖がりなあなたは、ワーホリに向かないかもしれません。実際、日本と比べると、どの国も一定の危険性があるのは事実です。でも、その危険を怖がりすぎてしまうと、せっかくのワーホリの経験から何も得られない可能性があるんですよ。

だからこそ、怖がらずに新しいことにチャレンジする勇気が必要なのです。たとえば、ヨーロッパにワーホリをしているのなら、自分が怖いと感じるようなイベントに参加してみたり、一見悪そうに見える人と友達になってみることも、成長の一歩となります。

誤解しないでほしいのは、必要以上に危険を冒すことを勧めているわけではないということです。しかし、見た目が怖いだけで実際には心が優しい人もいることを理解することは、異文化理解と成長の一部です。だからこそ、ワーホリはあなた自身が自分の恐怖を乗り越え、新しいことに積極的に挑戦する機会なのです。

だから、もしワーホリを考えているなら、自分の怖がりな性格を少しでも改善し、自分の成長と人間力を高めるために、ワーホリでの新しい経験を全力で楽しんでみてください。あなたの成長を心から応援しています!


夢や希望を持ってないなら、ワーホリ生活はただの日々のルーティン

思い描く夢や希望がないと、ワーホリの生活はただの日々のルーティンに感じてしまうかもしれませんよ。ワーホリって、最初は新しい生活、新しい文化、新しい言葉に囲まれて全てが新鮮に感じられます。でも正直に言うと、数ヶ月もすれば新鮮味は薄れ、まるで日本で暮らしていた時と同じような毎日の繰り返し、いわゆるルーティンワークのような感覚に陥ることが多いんです。

そして、そんな時に「なんだ、ワーホリってつまらないな。これに何の価値があるんだろう?」と感じてしまうのが、夢や希望を持たない人なんです。これがワーホリに向かない人と言えるでしょう。

夢や希望って、目標に向かって進む原動力となるものですよね。例えば、「将来は通訳者になりたい」や「キャビンアテンダントになることが夢だ」といった明確な目標がある人は、ワーホリ生活の中での英語習得や国際感覚を身につけることが、その夢に近づくステップとなると感じます。

しかし、夢や希望がないと、そのステップを上ること自体が重荷になり、ただ日々を過ごすだけの生活になってしまう可能性があるんです。だから、ワーホリには夢や希望を持つことがとても重要なんです。

夢や希望は、ただのルーティンワークに見える日々を、夢に向かう大事なプロセスと捉えることを可能にします。だからこそ、ワーホリを考えているあなたが、何を成し遂げたいのか、どんな自分になりたいのか、その夢や希望を明確に持つことが大切なんですよ。


神経質すぎて、海外生活のストレスに耐えられる?

まあ、ワーホリって一種の冒険ですよね。なので、あまりにも神経質すぎるあなたは、この冒険を楽しむのに向いていないかもしれませんよ。あ、ちょっと失礼しましたね。でも、これはハッキリと言わせてください。

海外生活では、日本の常識から外れた行動をとる人がいたり、衛生環境が思ったより悪かったり、生活の便利さが日本ほどではない場面も多々あります。その度に「え、なんで?」と反応したり、「こんなのありえない!」とイライラしたりすると、ワーホリの経験があなたにとってストレスフルなものになってしまう可能性があるんです。

神経質すぎると、ワーホリで得られる新たな経験や視点、感覚を楽しむ余裕がなくなってしまうかもしれません。まずは、「自分が完璧を求めすぎているかもしれない」と自覚すること。そして、「色んな価値観や生活環境があるんだ」と開放的な考え方を持つことが、海外生活を楽しむためには必要ですよ。

ワーホリは人生の一部であり、その体験はあなた自身を成長させる大切なエッセンスになります。しかし、それは神経質にならずに、柔軟な心で受け入れられる人にとってのこと。これが、ワーホリが向いている人の条件かもしれませんね。


ネガティブすぎて、海外で嫌われてしまうかも

さて、ネガティブなあなた、ワーホリについて考えてみましょう。ネガティブすぎると、海外生活が非常に困難になる可能性があるんです。何もかもがネガティブに見えてしまい、その考えが周囲に伝わると、他人から嫌われてしまうかもしれません。だからワーホリは向いてないかも。

どの国に行っても、ネガティブ思考はどこかで引っかかります。特に海外では、ポジティブでいることが大切にされる場面が多くあります。それは一種のマナーとも言えるかもしれませんね。逆に言うと、ネガティブすぎるとその人間関係はうまくいかない。まるで一種の罠にはまったような感覚になるかもしれません。

そして、私たち日本人も例外ではありません。文句ばかり言って、何に対してもネガティブに捉える人がいるのは事実です。でも、そんなネガティブな態度を持った人は、日本でも海外でもあまり好かれることはないでしょう。何故ならば、人々は自分の周囲にポジティブなエネルギーを感じたいからです。

だから、ワーホリに飛び出す前には、自分の考え方や態度について少し反省する時間を持つことをおすすめします。ネガティブ思考をポジティブなものに変える。それがワーホリを成功させ、そしてあなた自身の人生を豊かにする鍵になるでしょう。


孤独が苦手なら、ワーホリは孤独の連続

あなたがもし孤独が苦手なら、ワーホリ生活は向いてないかも。どうしてかと言うと、その根底には孤独が常に潜んでいるからです。ワーホリに出発したての頃は、知り合いもいなければ、家族も近くにはいません。あなたは自分だけが異邦人で、一人だけが他者とは違う存在に感じてしまうかもしれません。

そして、大学のように似た経歴を持つ人々が集まる場所でもありません。それぞれが違ったバックグラウンドを持っており、同じ歩みをしているわけでもない。この状況が、仲間意識を芽生えさせることを難しくしてしまいます。

その結果、孤独が苦手な人は、精神的なダメージを受ける可能性があります。自分だけが一人取り残されているような感覚に陥ってしまうかもしれません。こんな時、あなたがすぐに逃げ出したくなる気持ちを抑えることができるでしょうか?

だからこそ、ワーホリを始める前に、自分が孤独にどれくらい耐えられるか、しっかりと自問自答してみてください。もし答えが「耐えられない」だとしたら、それはあなたがまだワーホリに向いていない、というサインかもしれません。


新しいことに挑戦するのが嫌いなら、ワーホリはつまらない日々かも

もし新しいことに挑戦するのが嫌いなら、ワーホリは向いてないかも。誤解を恐れずに言えば、ワーホリが必ずしも輝かしい体験ばかりを提供するわけではありません。実際、その日々の大半は自宅と語学学校を往復するだけの単純な生活かもしれません。

外交的な人々ならば、さまざまなイベントに積極的に参加したり、パーティーに飛び入り参加したりして、日々の生活に新鮮な風を吹き込むことができるでしょう。しかし、新しいことに挑戦するのが好きじゃない人々にとっては、その日々はあっという間に退屈になってしまう可能性が高いです。

なぜなら、新しい経験や冒険は、人生にスパイスを与え、日々のルーティンを打破する大切な要素だからです。それを否定すると、何も変わらない日々に疲れ、最終的にはワーホリ生活自体が無意味なものに感じられてしまうかもしれません。

だからこそ、もし新しいことを恐れるようなら、それはワーホリに向いていないという明確な合図かもしれません。それは無理に変えようとせず、自分の性格を認め、自分に合った生活スタイルを選ぶことが大切です。

流されやすい人はワーホリに向いてない?

流されやすい人々にとって、ワーホリは向いてない可能性があります。なぜなら、ワーホリの生活は、まさに無数の刺激と挑戦の連続です。新しい国、新しい文化、新しい友人、それぞれが楽しさと同時に、選択肢の混乱とリスクをもたらします。

そのリスクの一つが、違法ドラッグへの接触です。残念ながら、一部のワーホリ生活者の間でこの問題は避けられません。一部の国や地域では、日本で違法とされているものが合法的に利用されていたり、ゆるく取り締まられていることもあります。このような状況が、流されやすい人々を誤った道に誘い込む可能性があるのです。

新たな体験や人々との交流を楽しみつつも、自分の行動の結果に対する責任を自覚することは極めて重要です。流されやすい人々は、時に周囲の人々や文化に影響されやすく、自己判断が曖昧になりがちです。これが、ワーホリの世界では大きな問題につながります。

言うまでもありませんが、違法ドラッグに手を出すという選択は、絶対に避けるべきです。それはあなた自身の生活だけでなく、あなたの家族や友人、そしてあなた自身の未来に深刻な影響を及ぼすでしょう。そのような重大な誤りを犯さないためにも、流されやすい人はワーホリに向いていないと言えるかもしれません。

クヨクヨする人はワーホリに向いてない?

ワーホリの旅路は、時として泥沼のように見えることがあります。もちろん、新しい体験や豊かな交流の瞬間はありますが、一方で難関や挫折も無数にあります。それが「クヨクヨする人にとってワーホリが向いていないかもしれない」と言わざるを得ない理由です。

ワーホリでは、英語力の問題、友人関係のトラブル、犯罪被害、仕事の見つからなさ、など、あなたが想像する以上の困難が待ち構えています。これらの困難に遭遇したとき、クヨクヨしてしまう人は、自分自身を過度に責めてしまい、さらなる問題を引き起こす可能性があります。

特に英語の学習においては、失敗を経験することが成長への鍵となります。新しい単語や文法を間違えたとき、それを恥ずかしい経験ととらえてクヨクヨするのではなく、学びの機会ととらえることが重要です。失敗を恐れて行動を止めてしまうのは、自己成長の大きな阻害要因となります。

クヨクヨという状態は、あなた自身が抱える問題を大きく見せ、自己評価を低く保つ状況です。これはワーホリの経験を最大限に活用するのには適していません。困難を乗り越えるためには、それぞれの問題を直視し、対処するための具体的なステップを踏むことが必要です。

それゆえに、もしクヨクヨという習慣があるならば、ワーホリを始める前に、その心構えを見直すことを強く推奨します。そうすることで、ワーホリの経験があなたの成長と自己発見の一助となり、あなたの人生をより豊かにする可能性が広がるでしょう。

おわりに


さて、これで「あなたがワーホリに向いているのか?」という問いについて掘り下げてきたわけですが、皆さんはどう感じましたか?各項目を通して自分自身を見つめ直し、自己理解を深める一助となれば幸いです。

本当に大切なことは、一概にワーホリが全ての人に良い、あるいは悪いと一律には言えないということです。重要なのはあなた自身のパーソナリティ、価値観、そして何を望んでいるのかということ。これらがワーホリという経験とどうマッチするのか、それが最終的にあなたがワーホリに向いているかどうかを判断する鍵となります。

この記事を読んで「自分はワーホリに向いていないかもしれない」と思った方も、それはそれで大いに結構。それはあなたが自分自身を理解し、自分にとって最善の道を選ぼうとしている証拠。必ずしも海外で働くことが全ての人にとって最高の経験とは限りません。

一方、この記事を読んで「自分はワーホリに向いているかも!」と思った方、それは素晴らしい!あなたが探求心に溢れ、新たな経験を楽しむ準備ができている証拠です。海外での生活は困難が伴うこともありますが、それがあなたを成長させる大きな機会になることでしょう。

とにかく、大切なのは「自分自身を知ること」。そこから出発し、自分にとって最善の道を選ぶこと。それがワーホリであれ、それ以外の何かであれ、自分自身を大切にして、素晴らしい経験を選択してください。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X