ENGLISH WORK公式

大学生は留学すべきか?15の理由:大人になって後悔は遅い

  • 投稿日時:8か月前

こんにちは、皆さん。大学生活を謳歌していますか?キャンパスライフは楽しいものですが、そこに留まらずもっと大きな視野を広げるために、留学を考えたことはありますか?大学生活は、新たな挑戦をする絶好の機会です。そしてその中でも、私が大学生に強く推奨するのが「留学」です。

なぜ留学が大学生にとってすべきなのか、その理由を私の経験と視点からお伝えします。この記事を通して、大学生活をより充実させるための一つの選択肢として、留学を検討してみてください。それでは、早速本題に入りましょう。


大学生は留学すべきか?

大学生は留学すべきか?

「大学生は留学すべきか?」あなたがこのタイトルを見て何を思ったでしょうか?興味津々で読み進めていただけているならば、そのエネルギーをお持ちいただき感謝します。それでは、さっそく本題に入りましょう。

私の答えは「絶対に留学すべきだ」というものです。そう思う理由は、留学が大学生にとって数えきれないほどのメリットをもたらすからなんです。もちろん、そう考えるのには私自身が大学生の頃に留学した経験が大きく影響しています。

まず、留学することによって英語を話す力が身につきます。これはもはや現代社会では基本ともいえるスキルですよね。そして、英語が話せるようになると、それは経済的なメリットにもつながります。たとえば、日本ではTOEICのスコアが高いほど年収が上がるというデータがあります。これは、英語力が実際の給与に直結していることを示しています。

さらに、英語力は就職活動においても大いに役立ちます。学歴が低いと感じている人でも、英語を流暢に話すことができれば、そのスキルは評価され、大手企業に進出するチャンスが高まります。少なくとも、同じ学歴を持つ人々よりは有利に就職活動を進められるでしょう。

留学はこれらの具体的なメリットだけでなく、人間としての視野を広げ、新しい文化や価値観に触れる経験も提供してくれます。これら全てを考慮に入れると、大学生は絶対に留学すべきだと私は思うのです。

私が大学生時代に留学した経験をもとに、留学すべき理由を詳しく語るのがこの記事の目的です。留学を考えている大学生の皆さん、それぞれの状況に合わせて、これからの道のりを考えていきましょう。

留学すべき10の理由


英語力が仕事選びの自由度を広げる

大学生の皆さん、英語が話せると、仕事選びの自由度がぐっと上がることをご存じでしょうか。留学することで、日常会話レベルの英語力はもちろん、時にはビジネスレベルの英語力を身につけることができます。それだけでも大きなアセットになりますが、さらに言うならば、高い英語力を身につけることで、就職活動でも有利に働くのです。だから大学生は留学すべきです。

実際、英語力があることで、求職者にとっては色々な選択肢が広がります。多くの企業が国際的なビジネスを展開しており、そのために英語力を持った人材を求めています。また、海外の企業で働くという選択肢もあります。つまり、英語力があると、自分の興味やスキルに合った、様々なタイプの仕事を選ぶことが可能になるのです。

加えて、英語力を活かして独立する道も広がります。例えば、TOEIC講師として働くことも可能です。英語力が高ければ、時給3000円以上という、一般の会社勤めと比べても高い収入を得ることが可能です。そしてそれは、大学生活を送りながらでも可能な仕事です。つまり、学生である今から留学し、英語力を身につけることで、将来の仕事選びの自由度が広がり、より良い給料を得る可能性が広がるのです。

なので大学生の皆さん、留学すべきです。一年間留学するだけで、日常会話レベルまで英語を話すことができるようになります。留学することで得られる英語力は、単なるスキル以上の価値があります。それはあなたの人生を豊かにし、自由にし、そして可能性を広げる力を持っているからです。


日本の問題を客観的に知る機会になる

皆さんは日本の問題についてどのように考えていますか?TwitterやSNSで日本の問題について議論されているのを目にすることも多いと思います。”日本オワコン”などと言われたり、他国と比べて日本の現状が厳しいと語られることもありますよね。

しかし、日本から一度も出たことがない人が日本を客観的に見ることは難しいと私は思います。それはまるで海にいる魚が地上のことを完全に理解することができないのと同じです。自分がいつもいる場所から一歩も出たことがなければ、その場所がどれほど素晴らしくても、その価値を十分に理解することはできないでしょう。

だからこそ大学生は留学すべきだと私は考えます。日本の外に出て、外国の良い点と悪い点を自分自身で体験することで、日本を見る視点が広がります。ネットの情報だけで形成された世界観とは違った、自分自身の経験に基づく視点を持つことができるのです。

留学すべき理由として、英語を習得することや新たな視野を広げることなど様々な点が挙げられますが、その中でも私が一番重視しているのはこの「客観視」の部分です。大学生の皆さんは、一度日本を離れて、留学先の国で自分自身の価値観を見つめ直すことで、日本の問題を客観的に捉える力を身につけることができると思います。

その結果、日本を愛する心も深まるかもしれませんし、逆に日本の問題点を明確に捉えることで改善に向けた行動を起こすきっかけになるかもしれません。どちらにせよ、日本の将来を担う大学生が、留学を通じて日本を見つめ直すことは、私たち全体のためにも必要なことだと思います。だからこそ、大学生の皆さんには留学すべきなのです。


社会人になったら留学するチャンスが減る

大学生の皆さん、今がチャンスですよ。社会人になると、あっという間に留学する機会が減ってしまうからです。社会人になると、「仕事を辞めてまで留学するべきか?」という問いが頭をよぎります。

そう、自分が築き上げたキャリアを捨てるという決断はなかなか難しいのです。また、日々の生活や目先の仕事、お金稼ぎに追われることで、留学の夢がどんどん遠のいてしまうかもしれません。しかし、大学生の皆さんならまだ自由です。自分のキャリアも始まったばかりで、あなた方には今、留学という選択肢が十分にあります。

それに、考えてみてください。英語力を持つことがどれだけの価値があるか、真剣に。英語はただの言語ではなく、それがあることであなたの人生は一変します。世界中の情報にアクセスでき、さまざまな国の人と交流でき、世界中で働ける可能性が広がるのです。つまり、英語力を身につけることは、経済的にも精神的にもあなたの人生を豊かにする可能性が高いのです。

だからこそ、大学生のうちに留学すべきだと私は強く主張します。あなたが社会人になってからでは遅いかもしれません。今のうちに、勇気を振り絞って留学を選んでみてください。その経験はきっと、あなたの人生にとって大きな財産となるでしょう。


留学は感性を磨く経験になる

そうです、大学生のうちに留学すべき最大の理由が、感性を磨く経験が得られるからなんですよ。新しい街を歩き、新しい人間関係を築き、新しい文化に触れる。そんな留学生活は、まさに感性を刺激する素晴らしい体験となることでしょう。これらの体験は、なんとも言えない魅力を持つものなのですが、大人になると感じ方が変わってしまう可能性もあるんです。

私自身、10代で留学した経験があります。その時の衝撃は今でも鮮明に覚えていて、新たな世界に触れ、違う視点から物事を見ることで、感性が大いに刺激されたことを懐かしく思い出します。しかし、現在海外に行っても、同じような衝撃を得られることは少なくなっています。それはもしかしたら、大人になったからなのかもしれません。

だからこそ、大学生のうちに留学すべきだと私は思います。大学生の頃なら、新たな経験に対する感動や衝撃を、まだ無垢な感性で吸収できるでしょう。そしてその経験が、これからの人生をより豊かなものにしてくれると確信しています。

さらに、この感性の磨き方は、年齢を重ねると難しくなるかもしれません。30代、40代では同じ感覚になるかは疑問です。ですから、そのチャンスを逃さないためにも、大学生のうちに留学を経験することをおすすめします。

留学とは、ただ新しい言語を習得するだけではなく、自分自身の成長や視野の拡大をもたらす素晴らしい機会なんです。そして、その機会を最大限に活かすためには、若いうちに経験することが大切だと私は思うのです。大学生の皆さん、ぜひ留学を考えてみてください。


英語の上達スピードが早い大学生のうちに留学すべき理由

英語習得のスピードは年齢とともにゆっくりと落ちていきます。だからこそ、まだ若く、頭脳が活発で学習能力が高い大学生のうちに留学すべきなんですよ。

私が留学中に見てきた数々の事例からも、やはり大学生の方が英語の習得が早いという事実を確信しました。この理由はいくつかありますが、一つには若い脳の柔軟性が挙げられます。年を重ねると、脳が凝り固まって新しい情報を取り入れにくくなるのです。しかし大学生のうちは、新しい言葉や文法、発音をすぐに吸収できます。

また、大学生は新しい友達を作りやすいですよね。留学先で新しい人々と出会い、自然な状況下で英語を使用することで、より効果的に学びます。対照的に、大人になると仕事やキャリアの心配事で頭がいっぱいになり、英語学習に集中できなくなる可能性があります。

つまり、大学生は英語習得のベストタイミングにいるとも言えるのです。英語を身につけることは、これからの人生で大きなアドバンテージを手に入れることになるでしょう。だからこそ、大学生のうちに留学すべきなんです。


偏った右翼思想からの解放

ネットをよく使う大学生なら、あちこちで見かけるであろう、ある種の「偏った思想」。日本が他国に比べて素晴らしいと断じる一方で、外国、特に韓国や中国を単純に酷い国と判断してしまうような見方です。このような考えが広まっている現状を見ていて、自分たちが何らかの形で攻撃されていると感じてしまうのも無理はありません。

しかし、ここで大切なのは、これらの見方は必ずしも全ての真実を語っているわけではないということ。特に、他国に対する印象は、メディアやSNSを通じて得られる情報だけで形成されている場合が多いですよね。だからこそ、留学を通じて自分自身が海外を体験し、他国の人々と交流することで、自分自身の視野を広げてみてはいかがでしょうか。

大学生はこれからの人生を左右する大切な時期。だからこそ、この時期に留学すべきだと私は考えます。その理由の一つが、留学により自分の視野が広がり、偏った思考から解放されるという点です。留学すれば、他国の良い点も悪い点も自分自身で確かめることができます。そして、それが結果的に日本がどれほど素晴らしい国なのか、またどんな問題を抱えているのかを、より客観的に理解する手助けになるでしょう。

とはいえ、留学というのは決して簡単な選択ではありません。しかし、それだけの価値があると私は信じています。あなたも大学生という、自由に自分の未来を選べるこの時期に、一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。今の自分の視野を広げることで、これからの人生がより豊かなものになることでしょう。大学生は今、留学すべきなのです。


日本に縛られない自由な選択肢が広がる

よく聞く話ですが、大学生の皆さん、日本の働き方には不満を持っていませんか?長時間労働、低賃金、休日出勤……。そんな厳しい労働環境に身を投じる必要が本当にあるのでしょうか。私の答えは「ノー」です。それが可能なのは、海外留学を経験し、英語を身につけることにより、日本以外の働き方を選べるようになるからです。そのため、大学生は留学すべきだと私は強く主張します。

まず、大学生が留学を経験することで、英語を身につけることが可能です。英語が話せるようになれば、日本国内だけでなく、世界中どこでも活躍する道が広がります。英語を使えることで、海外の企業で働くことも夢ではなくなります。言葉の壁を超えれば、それだけであなたの可能性は格段に広がるのです。

もちろん、海外で働くことには不安もあります。しかし、大学生のうちに留学すべき理由の一つに、その不安を早いうちに経験し、乗り越える機会を持つことができるという点があります。大学生ならではのフレキシビリティを活かして、留学先での生活を通じて異文化理解を深め、多様な価値観を受け入れる力を養いましょう。

結局のところ、大学生が留学することで得られる最大のメリットは、日本以外の世界という選択肢を手に入れることです。大学生の皆さんが日本社会にうんざりしているなら、留学すべきだと私は考えます。日本から一時的に離れることで、新たな視点を得られ、自分自身の生き方を見つめ直すことができます。そして、新たな選択肢を手に入れることで、あなた自身の可能性を広げることができるのです。だからこそ、大学生は留学すべきなのです。


年収アップへの道を開く

大学生のみなさん、皆さんは自分の未来の年収について考えたことがありますか?これからの社会人生活で大切なのは、もちろんやりがいを感じる仕事を見つけることもありますが、それと同時に経済的な安定も大切ですよね。留学を通じて高いレベルの英語力を身につけることで、年収アップにつながる可能性が大いにあります。だからこそ、大学生のうちに留学すべきだと私は強く主張します。

留学に行けば自動的に年収が上がる、というわけではないのですが、留学経験がもたらす英語力は、間違いなくあなたの市場価値を高めることにつながります。あらゆる他の資格よりも、圧倒的に年収アップに強いパワーを持っているのが英語力であり、その英語力は、実際に留学して生活しながら身につけるのが最も効果的だと言えるでしょう。

実際に、海外の大学で学んだり、海外でインターンシップを経験したりすることで、国際的な視野や経験を得られ、それは就職活動でも非常に評価されます。特に、グローバルに展開する企業では、英語力は必須スキルとなっており、英語力がある人材は高い年収を提示されることがよくあります。

また、英語力を持つことで、海外の企業で働くという選択肢も広がります。海外の企業では、高いスキルを持つ人材に対して日本企業よりも高い給与を支払うことが一般的です。つまり、英語力を身につけることで、日本だけでなく世界があなたの就職先となり、給与アップの可能性が広がるのです。

大学生のみなさん、留学することで得られる英語力は、あなたの経済的な未来を大きく左右することになるでしょう。だからこそ、大学生は留学すべきなのです。未来の自分のために、留学を検討してみてはいかがでしょうか。


挑戦する勇気を育てる

人生は常に変化するもの。大人になると安定を求め、何か新しいことに挑戦することが怖くなることもあるでしょう。しかしこの怖さを乗り越えることで、新たな可能性を見つけることができます。そのため、大学生のうちに留学すべきだと私は強く主張します。

大学生はまだ人生の早い段階にいるため、自分の枠を超えて挑戦することができる期間があるのです。留学という全く新しい環境で生活することは、大学生にとって一歩踏み出す大きな挑戦となるでしょう。また、留学中に遭遇するさまざまな課題に対して自分で対処することは、自分の力を信じて何事にも挑戦できる勇気を育むことにつながります。

もしも留学という挑戦を通じて人生が変わる実感を得られたら、それはきっと貴重な経験となります。そしてその経験が、大学生のうちに身につけた勇気を持って、大人になっても新たな挑戦を続ける原動力となることでしょう。

しかし残念ながら、多くの大学生は自分ができる範囲でとどまりがちです。安全なゾーンから一歩踏み出すことの難しさを理解するからです。ですがそれが留学すべき大学生にとっての最大の魅力でもあります。留学すれば、安全なゾーンから一歩踏み出す勇気が自然と身につきます。

だからこそ、大学生は留学すべきだと私は信じています。そして、その留学体験があなたの人生をより豊かなものにしてくれることを願っています。


学年がずれることの影響

留学を検討する際、特に大学生にとって気になるのが「学年がずれること」の影響かもしれません。確かに、1年間留学した場合、その分休学しなければならず、帰国後は1年下の学年の生徒と一緒に学びます。これは言葉で言うと少し怖いかもしれませんね。しかし、心配する必要はないのです。

まず、友人関係がリセットされることが心配な方もいるかもしれませんが、大学生活は新しい友達を作る絶好の機会が溢れています。留学から帰ってきたとき、1年下の学年の友達が新たにできることを逆に楽しみにしてみてはいかがでしょうか?また、留学の経験を通じて、より広い視野を持つことができ、それは新しい友人関係を築く上で大きなアドバンテージとなるはずです。

さらに、学年がずれることよりも、留学で得られる経験やスキル、知識、視野の広がりといったメリットの方が圧倒的に大きいと私は考えます。大学生が留学すべきと思う理由は、そのような豊かな経験や可能性を追求することにあります。そして、それらはたとえ学年がずれたとしても、まったく損なわれるものではありません。

つまり、大学生が留学すべき理由は、学年がずれることのデメリットよりも、留学のメリットが大きいからです。少々学年がずれたとしても、それは新たな友人や視野を得る機会に過ぎません。むしろ、それは大学生活をさらに豊かで価値あるものにするチャンスかもしれません。だから、大学生は留学すべきなのです。


留学にかかる費用とその投資価値

大学生の皆さん、留学に興味はあるものの、「留学費用が高すぎる!」と思っていませんか?確かに、1年間の留学には、学費、生活費、航空券などを考えるとおおよそ200万円ほどの費用がかかると言われています。それを聞くと、「そんな大金、どこに出すんだ…」と思うかもしれません。

しかし、ここで一度、深呼吸をしてみてください。そして、その200万円を「投資」だと思うことができるか、考えてみてください。なぜなら、留学すべき理由の一つには、留学が自分自身への価値ある投資だという視点があるからです。

それは、大学生のうちに英語力をつけて、社会人になってからその力を活かすことができれば、年収が大きく上がる可能性があるからです。英語を活かした仕事に就けば、就職後すぐに留学費用の200万円は回収できるでしょう。さらに、将来的には起業して数億円を稼ぐようなビジョンがあるのであれば、200万円はすぐに月収以下になることでしょう。

ですから、一時的な出費に目を奪われて留学のチャンスを逃すよりも、長い目で見て留学によって得られる経験やスキルを投資と捉えて、その価値を理解することが大切です。大学生は、そのような視点を持つことで、一見すると高額な留学費用にも動じず、留学すべきという結論に達することができるでしょう。


就職への影響と留学の価値

留学を考える大学生の中には、「就職が不利になるんじゃないか?」と心配する方が多いのではないでしょうか。しかし、皆さんに安心していただきたいのですが、留学が就職に直接的な影響を及ぼすという事実は実はありません。それどころか、逆に留学の経験は就職活動にプラスの影響をもたらす可能性もあるのです。

まず大切なことは、就職活動はあくまで自分自身の「価値」をアピールする場だということです。その価値とは、専門知識やスキルはもちろん、経験したことや自分自身の成長の証でもあります。留学という経験は、それ自体があなたの価値を上げるものだと考えられます。異なる文化と接することで得られる視野の広さや柔軟性、また、困難な状況を乗り越えた結果得られる問題解決能力は、企業から見て非常に魅力的な要素です。

しかし、留学経験を不利に評価する企業も存在します。そのような企業は、既存の枠組みやルールに従い、新しい価値観を持つ人材を受け入れられない可能性があります。しかし、そんな企業はあなたにとって適切な職場なのでしょうか。留学を経験し、新しい価値観を持つあなたにとって、それらの企業は自然とフィルターをかけられることでしょう。

大学生は、留学という選択が就職に悪影響を及ぼすと恐れるよりも、留学すべきだと確信してほしいのです。それは自己成長のため、そして、自分に適した未来の職場を見つけるための大切なステップだと考えてください。このように留学は、就職活動においてもあなた自身の強みとなり得るものなのです。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X