ENGLISH WORK公式

ワーホリが辛い理由を15個列挙:帰国後大変?

  • 投稿日時:8か月前

皆さん、こんにちは。ワーホリ(ワーキングホリデー)というと、普段とは違った自由なライフスタイル、新しい文化や人々との出会い、異なる国で働くというスリリングな体験…そんなイメージが強いかもしれませんね。でも、その裏には見えないワーホリが辛いという一面も確かに存在します。

海外生活の楽しさ、新たな挑戦のワクワク感と並行して、言葉の壁や文化の違い、孤独感、ホームシックなど、ワーホリ中に経験するであろう数々の困難が待ち受けているのです。これらの困難にどう向き合い、どう乗り越えるかが、ワーホリという特別な体験を最大限に生かす鍵となります。

この記事では、そんなワーホリの厳しい現実、そしてそれをどう乗り越えるかについて具体的に語っていきます。楽観的な期待だけでなく、ちょっぴりネガティブな部分も含めたリアルなワーホリについて、しっかりと理解することで、皆さんがこれから出会うであろう課題を乗り越える手助けになれば幸いです。

ワーホリは確かに時に辛いものですが、その辛さを乗り越えた先には、自己成長や新たな視野、一生の思い出が待っています。この記事を読んで、その辛さを一緒に乗り越える一歩を踏み出してみませんか?


ワーホリが辛い15の理由

英語マラソン: 言葉の壁との孤独な戦い

みなさん、ワーホリって聞いて何を思い浮かべますか? 新たな出会い、刺激的な経験、大冒険かもしれませんね。でも、本当に厳しい現実に直面するのは、私たちが想像する以上にワーホリが辛いと感じる瞬間が多いんです。その中でも、私が一番辛いと感じたのは、英語の壁との戦いです。

ワーホリに挑むと、英語が全く話せない状態からスタートすることになります。初めの数ヶ月間、英語の勉強に時間を費やし、猛烈な努力をしても、自分の成長をほとんど感じられないのです。それはなぜかと言うと、日本語と英語は、言語的にかけ離れているから。習得には時間がかかります。

一説によると、英語の習得には2000時間以上が必要とも言われています。これを聞いて、「それなら頑張ればいける!」と思うかもしれません。ですが、これは平均的な時間。一日8時間英語を学び続けたとしても、それは約250日。つまり、ワーホリ開始後の半年以上は、自分の英語力が思うように伸びないという現実に打ちのめされます。

その期間、私たちは、初めての国で、新たな環境に適応しながら、常に新しい挑戦を受け入れ続けます。そんな中で、一番辛いのは、自分の努力が結果に結びつかないと感じる瞬間です。「自分は本当に英語を話せるようになるのだろうか?」という疑念が頭をよぎることもしばしば。それは、「自分はバカなのかもしれない」と自己否定を感じる瞬間でもあります。

しかし、ここで大事なことをお伝えしたい。その全てが、英語の壁との孤独な戦いの一部で、それを乗り越えることで、初めて真の成長を実感できるのです。それは決して楽な道のりではありませんが、経験したことのない挑戦、そしてその成長こそが、ワーホリの最大の魅力とも言えるでしょう。

辛いと感じることは、あなたが成長している証拠。あきらめずに挑戦し続けることで、結果は必ずやってくるはずです。だからこそ、言葉の壁との戦いで、ワーホリが辛いと感じるかもしれませんが、それはあなたの成長の一部。最後まであきらめずに、一緒に英語マラソンを走り抜こうじゃありませんか。


就職のジレンマ: 仕事が見つからない苦悩

ワーホリを始める理由は人それぞれですが、私たちが共有する一つの夢があります。それは「海外で働く」こと。新たな文化に触れ、現地の人々とコミュニケーションを取りながら働くことは、間違いなく素晴らしい経験です。しかしワーホリが辛い現実として、この夢を叶える道のりは決して平坦ではありません。

仕事を探すこと自体が難しいのが一つの大きなハードルです。地元ではない国、未知の文化、言葉の壁。それら全てが、仕事を見つける道を難しくします。特に、英語力がまだ十分でない場合、その困難は更に増します。求人情報を理解するのも大変で、面接では自分をうまくアピールできない。そんな辛さを感じることも少なくありません。

また、もし何とか仕事を見つけても、それが自分の希望する仕事であるとは限りません。洗い物、掃除、配送など、語学力が必要ない仕事につくことが多いです。理想と現実のギャップは、精神的に大きなストレスをもたらすでしょう。

しかし、ここで気づくべきは、これら全てがワーホリの価値ある経験の一部であるということ。仕事が見つからない辛さ、語学力の不足による困難、期待と現実のギャップ。これらは確かにワーホリの辛い部分ですが、一方でこれらがあなたを強くし、成長させてくれるのです。

だからこそ、仕事が見つからないという苦悩を感じたときは、それを経験として受け入れ、挑戦し続けることが大切。新たな国での生活を通じて、自分自身の限界を押し広げ、未知の領域へと進み続けてください。それが、ワーホリの真の価値を最大限に引き出す道でしょう。


キャリアの試練: ワーホリ後の不確実性と不安

ワーホリとは一種の冒険。新しい国での生活、違う文化との触れ合い、様々なチャレンジ。それらはすべて、人生を豊かにする貴重な経験です。しかし、その冒険が終わり、再び日本の社会に戻ったとき、新たな困難が立ちはだかることがあります。その一つが、ワーホリ後のキャリアに関する不確実性と不安です。

ワーホリ後のキャリアを考えるとき、ワーホリが辛いという言葉が頭をよぎるかもしれません。なぜなら、日本の社会では残念ながらワーホリが「遊び」と見なされることがあるからです。新たな視野を広げ、外国で働いた経験があるにも関わらず、それが正当に評価されないことがあります。

さらに、「またすぐに辞めるかもしれない」というレッテルを貼られてしまうこともあるのです。ワーホリ経験者は冒険心があり、固定の場所に留まることが難しいというイメージがあるかもしれません。これらの固定観念により、帰国後の就職は難しくなります。自分が希望するキャリアパスを描き、それを実現することは、想像以上に大変な試練になるでしょう。

でも、ここで大切なことは、自分の経験を正しく理解し、それを活用する方法を見つけることです。ワーホリでの経験は一体何を意味するのか、それが自分のキャリアにどのように影響を与えるのかを考えてみてください。そして、それを理解した上で自分自身をマーケティングすることが重要です。

あなたの海外での経験、言語スキル、異文化理解能力は間違いなく大きな強みです。それを最大限に活用し、自分のキャリアを切り開く力とすることが必要です。ワーホリ後のキャリアについての不安や辛さは、新たな成長への階段と捉え、次のステップに進む勇気を持ちましょう。


孤独の挑戦: ソーシャルライフのミスマッチ

ワーホリと聞けば、美しい海外の風景、素敵な出会い、連日のパーティーのようなキラキラしたイメージが浮かぶでしょう。そんなワーホリ生活に憧れて飛び込んだ先で、思わぬワーホリ が辛い現実に直面することもあるのです。それが、まさに「孤独」の存在です。

海外で新たな友達ができ、楽しい時間を過ごすのは素晴らしいことです。しかし、現実はそう単純ではありません。友達ができても、それが短期留学の間だけの付き合いで、あっという間に帰国してしまうことが多いのです。共に過ごした時間は短く、それぞれの生活がすれ違うだけで、深い絆を築くのは難しい場合があります。

さらに、友達はいても、それが表面的な関係であると、本当の悩みを打ち明けられないこともあるでしょう。そんな時、心の奥底にぽっかりと開いた孤独感と向き合うことになります。自分だけが取り残されたような、空虚で苦しい気持ちに襲われることでしょう。

そのような状況を経験したことがある人ならば、このワーホリが辛い現実について深く共感できるはずです。そして、それはワーホリの大きな試練であり、その克服が人間としての成長へと繋がる重要な一歩でもあります。

孤独はネガティブな面だけではなく、自己の内面と向き合う機会を提供してくれます。一人で過ごす時間を利用して、自己理解を深め、次のステップに向けての準備をすることが大切です。その孤独が、あなたをより強く、より賢く、そしてより思いやりのある人間にしてくれるでしょう。


ホームステイガチャ: ルーレットのような宿泊体験

ある意味で、ホームステイ体験はルーレットのようなものです。ボールがどの数字の上に止まるか、誰にも予測できません。このガチャの結果は、ホストファミリーの選択に大きく依存します。ホストファミリーの情報は事前に確認できますが、紙面上の情報と実際の生活環境は全く異なることが多々あります。

ホームステイは、異文化体験を深める絶好の機会ですが、ホームステイ先の人間関係や細かなルールに翻弄されることも。家庭のルール、ホストファミリーの性格、家の環境、通学路の便利さなど、生活に密接に関わる要素が多く、それぞれがホームステイの質を左右します。

ホストファミリーの人間性はとても重要な要素で、それがどうしようもなく悪い場合、ワーホリは一気に辛い体験に変わります。これは、ある意味で避けられないリスクで、前もって把握することが難しい部分です。

しかし、これらの挫折体験も含めて、ワーホリはあなたを成長させ、自己成熟を促す素晴らしい機会です。辛い状況に直面した時、それをどう乗り越えるか、その選択と経験が人生の一部となり、より深い理解と洞察をもたらします。

結果的に、ホームステイガチャは、人生のガチャと同じで、挑戦と冒険の連続です。当たりを引くか、ハズレを引くか、それは運次第。しかし、どんな結果であれ、それぞれの辛い経験から学びを得ることが大切です。そうすれば、ホームステイ体験は必ずあなたの人生に彩りを添え、価値あるものとなるでしょう。


シェアハウスのロシアンルーレット: 見えない罠と対峙する

「ワーホリ 辛い」という単語を一言で表現するとすれば、「シェアハウス体験」は避けては通れない一つのテーマとなるでしょう。思い描く理想のシェアハウス生活と現実のギャップには、時に胸が詰まるほどの苦しみがあります。

多くのワーキングホリデー参加者は、長期間滞在するための宿泊場所としてシェアハウスを選びます。これは、ホームステイよりも経済的な選択であり、多様な出身国の人々との交流の場でもあります。しかし、その選択はまさにロシアンルーレットのようなもの。初めて共同生活を送るなら、特にそう感じるでしょう。

確かに、シェアハウスは自分自身で探し、選ぶことが可能です。それが理想的な生活空間であることを願うのは当然ですが、しかし、現実は厳しいこともしばしば。同居人の性格や生活習慣、それに住環境や設備など、住んでみないとわからない点が山ほどあります。

私の体験もそうでした。友人のいるシェアハウスに移り住みましたが、自分の食料が何度か盗まれたこともありました。これはまだマシな方で、常識を無視したルール違反者や、夜更かしの騒音問題など、自由すぎる環境はしばしばストレスの元となりました。

ですが、これらの辛い経験も、ワーキングホリデーの一部です。困難を乗り越えることで、人間関係のスキルや対処能力、忍耐力を身につけることができます。ワーホリで遭遇するであろう数々の問題にどう対処するか、それこそがあなたの成長の糧となるのです。シェアハウスのロシアンルーレット、果たしてあなたはどんな結果を引き当てるでしょうか。何が起ころうとも、その経験が必ずやあなたの人生に新たな視点をもたらすでしょう。


ディスクリミネーションの影: アジア人差別の痛み

ワーホリが辛い理由と言えば、差別体験も忘れてはならない要素の一つです。それは心に突き刺さる刃で、それが出会いや学びの喜びを一瞬で覆すこともあります。

欧米をはじめとする多くの国や地域では、多文化共生が喧伝されている一方で、残念ながらアジア人差別の実態はまだ根強く存在します。それは必ずしも露骨な形で表れるわけではなく、時として微妙な態度や言葉、無意識の行動の中に潜んでいるものです。

差別は深刻な心の傷となります。自分のルーツや文化、人間性そのものを否定されるような体験は、どんな人もが避けたいと思うものでしょう。しかし、そのような状況に遭遇したとき、その傷痕をどう受け入れ、自身の力として変えていくかは、ワーキングホリデー中に大切な学びとなります。

いつでもどこでも差別は許されるべきではありません。それがわかっていても、自分が直面した時の対応はなかなか難しいものです。しかし、それを経験することで、差別に対する理解と対策、それに対抗するための力を身につけることができます。

アジア人差別という辛い経験は、ワーホリの旅を暗いものにするかもしれません。だからこそ、それを乗り越える強さと知恵、そして人間としての深さを身につけるきっかけとなります。一人一人が、この課題にどう向き合い、どう成長していくかが求められるのです。


モノトニーの悩み: 異国生活の新鮮味が消えたとき

ワーホリの初めての興奮と驚きが薄れ、日常に溶け込んだ時、ふとワーホリが辛いと感じる瞬間が訪れます。そう、それは異国の日常がモノトニーに感じられる時です。

最初の数ヶ月間、新しい文化、言葉、人々、風景に囲まれて、毎日がまるで冒険のよう。ですが、その新鮮な興奮も時間とともに薄れ、異国での生活も次第に日常となるのです。一見、普通のことですよね。それがワーキングホリデーの現実です。

そしてその日常が続くと、「私、何のためにここにいるんだろう?」という疑問が浮かんでくることでしょう。目的のない毎日、同じ日々の繰り返しは、新鮮さを失った異国での生活を一層辛く感じさせるでしょう。

しかし、ここで大切なのは、そのモノトニーな感じが来た時にどう自分自身をリフレッシュするか、自己の目的を再確認するかということです。新鮮さが失われたとき、その虚空を埋める新たな興奮や挑戦を見つけることが必要です。それは新しい趣味を見つけたり、新しい友達を作ったり、新しい場所を探索したりすることかもしれません。

ワーホリの旅は自己探求の旅でもあります。毎日がモノトニーに感じられるという苦しみは、自分自身と向き合い、新たな目的と興奮を見つけるための重要なステップなのです。


胃痛の脅威: 常に痛むお腹との戦い

ワーホリの楽しみの一つに新しい食事体験がありますが、これが予想外にワーホリが辛い体験に繋がることがあります。そう、それは持続的な胃痛の話です。

多くの人がワーホリの旅先で美味しい現地の料理を楽しむことを心待ちにしていますが、しかし、海外の衛生状況は日本とは大きく異なります。それが、慣れない食生活と組み合わさって、想像以上にお腹を壊しやすい環境が作られるのです。

例えば、水質の問題。海外の一部の地域では水道水が不衛生で、それが胃痛の原因になります。また、生野菜も衛生状態が完全でない場所では食材として危険を伴うことがあります。さらに、ヨーロッパの一部地域では、水が硬水であったり、小麦を中心とした食事が一般的であったりするため、これまでそういった食生活に慣れていないと、お腹が痛くなることもあります。

これらの事情により、ワーホリ生活を通じて何もせずとも胃痛に悩まされることがあります。これは予想外の苦難でしょう。

しかし、その解決策もあります。例えば、ボトルウォーターの利用、生野菜の摂取を控える、食事を摂る店舗の衛生状態をチェックするなど、慎重な行動が求められます。それによって、異国での食生活を楽しみつつ、健康的にワーホリを過ごすことが可能になります。

ワーホリでの胃痛は突然の敵です。しかし、その対策を行うことで、辛い体験を乗り越えることができます。


格差社会のリアル: 便利さの欠如と直面する

ワーホリを通じて異文化を経験することは素晴らしい学びですが、その一方で新たな「ワーホリ 辛い」状況に遭遇することもあります。その一つが、我々が普段何気なく享受している日本の便利さが、海外ではあたり前ではないという現実です。

日本では、質の高いサービスを安価で使うことが当たり前となっています。店員の丁寧な接客、清潔な店舗、公共の場所の綺麗さ、すべてが高水準で、それが当然とされています。しかし、海外の現地での生活は、そうはいきません。

安価なサービスを求めると、その質が低下することが一般的です。例えば、レストランでは低価格の店舗で雑な接客をされることが珍しくありません。それに、日本のようにどこでも綺麗な設備を期待するのも難しい場合があります。特に、安い賃貸物件は清掃状態が良くないことが多く、これが新たなストレスになることでしょう。

このような現実は、我々が日本の便利さ、サービスの質の高さにどれほど慣れているかを痛感させてくれます。そして、それがワーホリでの生活を一層厳しく、そして「辛い」ものにしてしまうかもしれません。

しかし、そこには大切な教訓が隠されています。それは、我々が日常的に享受している便利さやサービスの質が、どれほど特別なものかを認識することです。そして、その理解を元に、自分自身で質の高い生活を手に入れるための努力をすること。そうすることで、ワーホリでの生活は、一見辛いものから、自己成長の場へと変わるでしょう。


家族・友人の遠さ: 想像以上の寂しさ

ワーホリが辛いと感じる瞬間が皆さんにはきっとあると思いますが、今回は一つ特殊な話をしたいと思います。それは、家族や友人との距離感です。

出発前は「自分は大丈夫だ」と考えていたかもしれません。毎日同じ顔を見て、同じ空間で過ごす家族や友人から一時的に離れることは、新鮮な経験であり、リフレッシュできる時間になると期待していたかもしれません。しかし、実際に異国の地で生活を始め、時間が経つにつれて、その想いは少しずつ変わっていくことでしょう。

何ヶ月も家族や友人に会えない生活は、予想以上に寂しいものです。日々の些細な出来事を共有したり、悩みを話したり、一緒に笑ったりする時間がないこと。それは、想像以上の孤独を生み出す可能性があります。特に、これまで一人暮らしの経験がなかった方にとって、その寂しさは無視できないほどの存在になるかもしれません。

そして、そこには深い悲しみや孤独感が渦巻き、ワーホリ生活を一層「辛い」ものにしてしまいます。これが、家族や友人の遠さという現実です。遠く離れた地で、自分一人で生活する厳しさを肌で感じ、その苦しみを乗り越えていくことで、初めて自立というものを理解するのかもしれません。

しかし、この苦難を乗り越えることで得られる経験や学びは計り知れません。家族や友人の存在の大切さ、そして自分がどれほど彼らに支えられて生活していたかを改めて認識することができます。これらの経験は、その後の人生において非常に価値のあるものとなることでしょう。


キラキラ幻滅: 期待と現実のギャップに悩む

ワーホリが辛いの背後には、期待と現実のギャップがあることが多いです。一言で言えば、「キラキラ幻滅」です。ワーホリと聞くと、どうしても毎日が冒険の連続で、新たな出会いや経験が溢れ、綺麗な景色に囲まれた楽園のような生活を想像しがちですよね。

しかし、残念ながら現実はそうではありません。毎日友達と遊びに行ったり、カフェでゆっくりと過ごしたりするキラキラした生活は、あくまで一部の人だけのものです。多くのワーホリ生活は、家と語学学校の往復、あるいはアルバイトとの繰り返しで、非常に地味なものです。朝起きて語学学校に行き、帰宅してからは疲れて何もする気にならない…その繰り返し。

これが現実のワーホリ生活なのです。こんな生活を想像してワーホリに参加した人は少ないでしょう。なので、出発前に楽しいイメージだけを膨らませてしまうと、現地に着いたときのギャップはかなり大きく、それがワーホリが辛いという感情を生む一因になります。

とはいえ、そうした地味な生活もまた、ワーホリならではの経験の一つです。新たな言語や文化、価値観と向き合うことで、自身の視野や理解が深まることでしょう。その辛さを受け入れ、向き合うことで、真の意味での成長を遂げられるのです。

この記事を読んで、ワーホリ生活の現実を理解し、適切な期待値を持つことができればと思います。ワーホリは楽しいだけでなく、時には辛い経験もある。それでもその全てが、自分を成長させてくれる大切な経験となることを覚えておいてください。


病気との闘い: 自己医療の厳しさ

ワーホリが辛い具体例として、「病気との闘い」を挙げる人は少なくありません。具体的には、風邪を引いた時自分でどうにかしなきゃ行けない、という厳しい状況を指します。日本にいても、一人暮らしをしているときに風邪を引いたり体調を崩すと、辛い気持ちになるのは共通の経験だと思います。

しかし、ワーホリ先では頼れる人も少なく、親も遥か彼方にいるとなると、その辛さは何倍にも増します。現地の病院を探す、自分の症状を英語で説明する、そして独りで薬を飲み、休息をとる…これらは想像以上にワーホリが辛い経験となります。

ワーホリの最中に病気になった時、まるで一人ぼっちに感じるかもしれません。しかし、ここから逆境を乗り越える力を身につけることができます。自分の体を守るため、自己管理するためのスキルを学ぶことは、ワーホリが終わった後もあなたの生涯の宝となるはずです。

結局のところ、ワーホリは楽しいだけではなく、時には苦しみや困難も含んでいます。だからこそ、その経験全体を通じて、私たちは強く、自立した人間に成長することができるのです。私たちはワーホリが辛い瞬間でも全て受け入れ、その経験を最大限に活用しましょう。

おわりに


皆さん、ここまでお読みいただきありがとうございました。ワーホリが辛いという現実をともに見つめ、その解決策を一緒に考えてきました。私たちがこれまで探ってきた厳しい現実や挑戦は、皆さんがワーホリで遭遇する可能性があるものばかりです。しかし、これらは皆さんの成長を促し、未来の強い自分をつくるための試練と捉えることができます。

ワーホリとは、新たな人々との出会い、異文化との触れ合い、自立した生活を送ることで自分自身を見つめ直す絶好の機会です。それは同時に、未知の困難に立ち向かう勇気と、それを乗り越えるための工夫を必要とします。そしてそのプロセスを通じて、皆さんは大きく成長し、今まで見えなかった世界を見ることができるようになるでしょう。

もちろん、「辛い」を経験することは誰しもが避けたいと思うもの。でも、その「辛い」を経験し、乗り越えた先には、大きな達成感と、これまでにない新たな自分自身が待っています。

この記事を読んで、皆さんがワーホリの厳しい現実に立ち向かう勇気を持つことができたら嬉しいです。そしてその勇気を持つことで、ワーホリを通じての自己成長、そして世界との新たなつながりを築く手助けになれば幸いです。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X