ENGLISH WORK公式

留学が辛い15の理由を経験者が語る:絶望の果て

  • 投稿日時:8か月前

こんにちは、みなさん。あなたがこのブログにたどり着いたということは、きっと「留学」に興味がある、あるいはすでにその準備を進めている人なのではないでしょうか。留学に対する夢や期待、憧れや興奮…それらが頭の中で渦を巻いていることでしょう。留学とは、新しい文化、言語、人々との出会い、未知なる体験が待つ、素晴らしい冒険の旅です。

しかし、留学はそうした華やかな部分だけでなく、「留学 辛い」と感じる瞬間も多々あります。異国の地での生活は、想像以上に困難だったり、孤独だったりします。日本から離れ、自分一人で生活を立てていくということは、あなたが思っている以上に大変なことなのです。

だからこそ、私はこのブログを書くことにしました。私自身も留学の経験があり、その辛さや困難を痛感しました。そして、私の体験が、これから留学を控えるあなたに何か一つでも参考になればと思います。

本ブログでは、留学の辛さや問題点をリアルに伝え、それにどう対処すればよいか、私の経験を元に提案します。それぞれの項目であなたが感じる「留学 辛い」という感情を和らげる、あるいは問題を解決する手段を見つけられれば幸いです。

これから、あなたが留学という大きな一歩を踏み出す前に、少しでも準備や対策をして、より良い留学生活を送れるように、私の経験が役立てればと願っています。それでは、どうぞ安全な、そして楽しい留学生活を!


留学が辛い15の理由

苦痛な英語学習の壁: 成果が見えない絶望

みなさん、留学について思い描くイメージは何でしょうか?新しい文化との出会い、海外の友人との交流、そして何より語学力の向上が多くの方が期待するポイントではないでしょうか。特に英語の習得は留学の醍醐味の一つです。ですが、その道のりは想像以上に厳しく、そして「留学 辛い」と感じさせることも多いのが実情なのです。

想像してみてください。自分が何時間も努力をしているのに、英語が全然話せない状況を。これが英語力ゼロの状態から留学をスタートした場合の最初の数ヶ月です。それこそが本当に辛いですよ。

英語学習は、ただ単純に時間をかけているだけでは成果が見えにくいのが厳しいところ。努力しても、自分がどれだけ成長したのか、はっきりと実感できないのです。日本語と英語という、言語的にあまりにもかけ離れた二つの言語の習得には、予想以上の時間が必要となります。

なんと、英語を習得するためには2000時間以上が必要とも言われています。つまり、最初の数ヶ月間は、自分自身の期待と実際の成果との間に大きなギャップが生まれることで、あなたは非常に辛い思いをするでしょう。

そして、この期間が長引くほど、「自分はバカなのかもしれない」という自己否定の感情が芽生えてしまうことも。自分が成長していないと感じると、自己価値が下がり、それがまた一層学習を難しくしてしまう。これが、留学生活で経験する英語学習の壁です。

みなさん、これから留学を考えている方々、覚悟はできていますか?ここまで聞いて、留学が辛いと感じるかもしれません。でも、それはつまり、あなたがどれだけ自分自身を高めるチャンスを手に入れようとしている証拠なのです。


孤独の淵: パーティー後の寂しさと短期留学生との一時的な友情

留学、それは海外での新たな生活、新たな友人との出会い、そして楽しいパーティーなど、一見華やかな世界が広がっているように思えますよね。ですが、現実はそんなに甘くありません。一度、深呼吸して、リアルな留学生活について考えてみてください。一つ、「留学 辛い」と感じる大きな要素が、それは「孤独」です。

それもそのはず。海外の友人は確かにたくさんできます。しかし、その中には数週間の短期留学生も多く含まれます。それらの友人はあっという間に帰国してしまう。それはつまり、友人関係が一時的なものになりがちであるということです。また、異なる文化や価値観をもった友人達と深い絆を結ぶのは容易ではないのです。

実際、パーティーが終わり、一人の時間が戻ってきたとき、あなたは深い孤独感を感じるでしょう。たくさんの友達ができて、毎日楽しそうに過ごしているように見えても、自分の本当の気持ちを語れる友人がいないと感じるとき、留学生活の辛さが身に染みて感じられるでしょう。

みなさん、留学生活は楽しいだけではないことを理解しておきましょう。海外での生活は、孤独感に打ち勝つための精神的な強さも求められます。また、一時的な友人関係による喪失感も経験するでしょう。

だからこそ、留学は自己成長の絶好のチャンスでもあるのです。孤独に耐え、自己を見つめ直す機会を手に入れることができます。留学とは、そうした心の旅でもあるのです。その旅には苦しみや辛さが伴うこともありますが、それこそが本当の成長を促す要素なのです。


ホームステイガチャ: 理想と現実の大きな差

留学と聞いて、皆さんが思い浮かべるのはもしかしたら、楽しいホームステイの経験かもしれませんね。新しい家族との暮らし、現地の生活を体験する、そんな素晴らしい機会。だけど、実際のところは「ホームステイガチャ」とでも呼びたくなるほど、想像と現実のギャップが存在するのです。「留学 辛い」と悩む一因は、なんと言ってもここ、ホームステイの現実から逃れられない事実なのです。

さて、皆さんは事前にホームステイ先の情報を入手することはできます。しかし、それが紙面の上の情報でしかないことを忘れてはいけません。紙上では見えない、人間性や細かな家のルール、これらは実際に住んでみないと分からないのが現実です。

残念ながら、留学生は時にホストファミリーとの合わない生活に巻き込まれることがあります。事前に聞いていない家のルールに翻弄されたり、ホストの人間性に悩むこともあります。実際のところ、全てが完璧に行くわけではないのです。

ホームステイ先が適合しない場合、留学生活は一気に辛くなります。新たな国での生活、言葉の壁、そしてそこに家庭内の問題が重なると、その重圧はあなたを追い詰めるかもしれません。

ですが、それもまた留学の一部です。思わぬ困難が降りかかることで、自己の耐性や適応力が試されるのです。そう、これがホームステイガチャ。期待と現実の間で揺れ動く心情、それこそが真の留学生活なのかもしれません。


シェアハウスのロシアンルーレット: 楽園か地獄か

留学生活の中で、ホームステイに続き、「シェアハウスロシアンルーレット」とでも言いたくなるような選択が待っています。シェアハウス、その響きはなんとも自由で楽しそうに感じられますよね。だけど、皆さん、これが地獄の始まりかもしれないって知ってましたか。「留学 辛い」と感じるきっかけになること、それがこのシェアハウス生活なのです。

多くの人はホームステイの高額さから逃れ、シェアハウスに移り住むことを選択します。一見すると素晴らしい選択肢のように思えるシェアハウスですが、住んでみないとわからないことがたくさんあるのです。

私自身、語学学校の友人が住んでいたシェアハウスに住んでいました。ですが、まさかの事態が…。食べ物が盗まれる事件が発生したのです。これがシェアハウス生活のリアル、そして辛さの始まりだったんです。

しかしこれがまだいい方。想像してみてください。夜遅くまで騒ぐルームメイト。共有のルールを全く守らない人たち。それらがあなたの日常になったら、どう感じるでしょう?これこそが、シェアハウスのリスク、そして「留学 辛い」と嘆く原因の一つなのです。

これがシェアハウスのロシアンルーレット。良い人たちと出会えば楽園、悪い人たちと出会えば地獄。どちらに転ぶかは、全くの運次第。それが留学生活の一部、そして辛さの一部でもあります。


日常の退屈: 刺激からルーチンへの移行

留学は、初めての土地での新しい体験に溢れています。毎日がワクワクでいっぱいで、その刺激に心が満たされることでしょう。しかし、それもある時期が経つと、徐々に日常の一部になってしまいます。そして、ここにまた一つ「留学 辛い」と感じる要素が生まれてしまいます。

数ヶ月経つと、あの興奮も新鮮さも薄れてしまい、全てがルーチンになってしまいます。そして、ある日突然、「私、何のために留学しているんだろう」と思うようになります。それは、目的がなく、毎日同じ日常を繰り返している感覚で、それは日本でも経験した辛さと変わらないものです。

それは、楽しみが消え、日々のルーチンが全てになってしまったとき、心から湧き出てくる辛さで、留学生活でも避けられない現象なのです。

しかし、この退屈さ、そして辛さに見舞われたときにこそ、自分が何を求めているのか、留学で何を得たいのかを再確認する大切な機会なのです。辛さと向き合いながら、自分自身の目標を再確認する。そこには、自分自身の成長と新たな発見が待っているかもしれません。

だからこそ、この辛さを恐れず、むしろそれを経験として受け入れ、自分自身を見つめ直すきっかけにしましょう。それが、留学という経験を通じて、自分自身を深く理解し、成長する道なのです。


常に痛むお腹: 未知の食生活と衛生環境

留学先での生活は、いつも「留学 辛い」と感じる一因、それはなんといっても未知の食生活と衛生環境にあります。私たちが慣れ親しんだ日本の生活習慣とは異なり、海外では衛生環境が必ずしも良いとは限らないからです。それは時として、肉体的な問題、特に「常に痛むお腹」を引き起こします。

例えば、フィリピンなどでは、水の質が悪かったり、生野菜が不衛生だったりするため、留学生は腹痛に悩まされることがしばしばです。それは、普段何気なく摂取している飲食物が、留学生にとって未知のリスクとなって現れるからです。

また、ヨーロッパでは、水が硬水であることからも腹痛の原因が生じます。日本人にとっては慣れない硬水は、胃腸にストレスを与え、それが腹痛となって現れることもあります。

こんな毎日、痛むお腹に悩まされながら過ごすのは、まさに「留学 辛い」そのもの。それは一見些細なことかもしれませんが、毎日の生活に支障をきたすほどの影響を与えます。

ですが、ここにもまた、留学という体験から得られる大切な教訓があるのです。それは、未知の環境に対する適応力を養うこと。そして、自分の身体の声を聞き、自分自身の健康について深く理解すること。このような辛い経験を通じて、私たちは成長し、人生の中での自己管理能力を向上させることができるのです。


格差社会との遭遇: サービスと価格の不均衡

留学先で感じる「留学 辛い」の一つとして、サービスと価格の不均衡による海外の格差社会との遭遇があります。私たちは日本という国で、一般的に良質なサービスを比較的安価に享受できる環境に慣れています。だからこそ、海外の社会で経験する格差は大きなショックとなります。

例えば、私たちは日本のお店ではどこへ行っても、基本的には優れた接客を期待できます。しかし、海外では事情が異なるのです。価格が低い店舗では、店員の態度が不適切であることも珍しくありません。思わぬ対応に戸惑い、感じるのは「留学 辛い」そのもの。

また、住環境にもその格差は見て取れます。日本では、ある程度の価格で綺麗な賃貸を見つけることができますが、海外では安い賃貸物件は概して清潔さを欠いたものが多いです。毎日の生活に直結する問題だけに、この格差は心に大きな影を落とします。

しかし、ネガティブな状況を乗り越えて得られる経験や知識もまた、私たちの成長を支えます。サービスと価格の不均衡に直面することで、物事の価値を再評価する視点が得られ、日本の便利さや価値観を見直すきっかけにもなります。この辛さを乗り越え、得られる新たな視野と経験。それこそが、留学という経験からの大切な学びなのです。


フィリピンの虫地獄: 忍耐力が試される留学生活

「留学 辛い」という言葉が頭をよぎる瞬間。それはフィリピン留学の虫地獄に直面したときかもしれません。皆さん、フィリピンの生物多様性をご存知ですか?その美しい自然環境と共に、残念ながら大量の虫も存在します。年間を通じて暖かいフィリピンの気候は、実を言うと、これらの虫にとっては絶好の住処なのです。

語学学校の教室にハエが舞い、甘い飲み物をこぼせば一瞬でアリの大群が現れます。そして驚くべきことに、これらの現象はあなたがどれだけ高層階に住んでいるかに関係なく発生します。虫が怖くてたまらない方、もしくは極度の虫嫌いの方にとって、これはまさに留学の悪夢と言えるでしょう。

そう、フィリピン留学は虫との闘いでもあります。しかし、その一方で、我々が普段見ることのない自然と向き合い、自分の忍耐力を試す絶好の機会でもあります。虫というネガティブな要素を克服し、その結果得られる新たな自己認識や経験こそが、留学という体験の一部であり、価値であると私は信じています。

だからこそ、虫が苦手な方にもフィリピン留学を経験してみてほしいと思うのです。しかし、それは心からの勧めではありません。辛い経験をしたくないなら、やめておいたほうがいいかもしれません。しかし、自分自身を試したい、成長したいという思いがあるなら、虫地獄のフィリピン留学は一考に値する経験かもしれませんよ。


家族との切ない離れ離れ: 期待と現実の狭間で

“留学 辛い”。その言葉に共感する瞬間、それはおそらく、親しい家族や友人と離れ離れになってしまうときでしょう。一見、大人の階段を登る一歩として期待していた自由な生活も、気づけば深い寂しさに包まれることも少なくありません。

私たちが選んだ留学生活は、新たな環境と向き合い、自己成長を促すためのものです。しかし、同時に、それは親しい人々と距離を置くことも必要とします。留学前には「家族と離れて暮らすことは全然辛くない」と思っていたあなたも、いざ数ヶ月家族から離れて暮らし始めると、その寂しさに打ちのめされることでしょう。

特に、これまで一人暮らしの経験がなかった学生の皆さん、家族の存在がどれほど大きいものか、留学生活を通じて痛感することでしょう。大切な家族との切ない離れ離れ。その苦痛は予想以上のもので、時に留学生活の心の支えとなる家族とのコミュニケーションが取りづらい現状に、あなたはどう向き合うべきなのでしょうか。

その答えは一つではありません。しかし、思い出してほしいのは、留学という経験は、皆さん自身の成長のためのものであるという事実です。家族から離れることで生じる寂しさも、その一部です。その辛さを乗り越えてこそ、皆さんの中に新たな強さが育つのではないでしょうか。

もし今、皆さんが「留学 辛い」と感じているなら、それは決して恥ずかしいことではありません。それこそが、皆さん自身が成長するための、大切なプロセスなのですから。


地味な日常: キラキラ留学という幻想

「留学 辛い」と感じることもあるかもしれません。一体何がそうさせるのでしょうか。答えは意外とシンプルです。それは、皆さんが心に描くキラキラした留学生活と現実とのギャップです。

留学というと、多くの人は華やかなイメージを持つことでしょう。毎日新たな冒険に溢れ、友達と楽しく過ごす日々を想像することでしょう。しかし、現実はどうでしょうか。留学生活の大部分は、実は家と語学学校の間を往復する、いわば地味な日常生活です。

あまりにも高い期待を持つと、そのギャップが逆に辛さを増すかもしれません。自分が想像していたよりも華やかさがない、活動的な生活がない。そう感じると、「自分は何のために留学を選んだのだろう?」と思うこともあるでしょう。

しかし、ここで大切なのは、キラキラした留学生活という幻想に捉われず、自分自身の成長や学習を重視することです。留学生活は必ずしも華やかである必要はありません。むしろ、日々の地味な努力や経験こそが、あなたを成長させる糧となるでしょう。

そう、留学とは、地味でも積み重ねることによって自身のスキルを磨く場所なのです。その地味さこそが、留学生活の真髄なのかもしれません。だからこそ、「留学 辛い」と感じたときは、自分自身の成長にフォーカスを当ててみてください。そこには、きっとあなたが探し求めていた価値が見つかるはずです。


留学後の学年降格: 一つ下の学年への逆戻り

「留学 辛い」と感じる瞬間があるとしたら、それは留学を終えて日本に帰国した後かもしれません。皆さんが思い描く留学生活は、その現実の過酷さをまだ知らないかもしれません。その一つが、留学後の学年降格です。

大学生が休学して留学した場合、帰国後は一つ下の学年と共に学ぶことになります。つまり、留学前に親しかった友人たちは皆、あなたより先に進んでしまうのです。これが意外と辛いと感じるポイントで、友人関係が一気にリセットされてしまうからです。

新たに友人を作り、新たな人間関係を築いていかなければならない。その上、テストのたびに過去問が手に入らず、毎回の勉強が一からのスタートになってしまいます。これは、他の学生と比べて一層の努力を必要とし、時には孤独さを感じさせます。

それでも留学の経験は決して無駄ではありません。新たな視点を得ることができ、自己成長につながります。しかし、その一方で「留学 辛い」と感じる瞬間もまた確かに存在します。その辛さを知っておくことで、あなたの留学計画をより現実的に、そして成功に向けて進めることができるでしょう。


敵の先生との闘い: 毎日のレッスンが試練

「留学 辛い」と感じる場面は、人それぞれ異なりますが、今回はある一方的な戦いについて触れてみたいと思います。それは、留学生活の中心である「レッスン」の中で起こる、先生との闘いです。

フィリピン留学において、マンツーマンのレッスンが一般的です。そこでの学びは深く、大変有意義なものですが、時にはそのマンツーマンの特性が、「留学 辛い」と感じる原因となることがあります。具体的には、あなたがどうしても気が合わない、または苦手な先生に配属された場合、毎日のレッスンはまさに試練となるでしょう。

考えてみてください。自分がやる気を出せない、あるいは人格的に問題を感じる先生のレッスンを、毎日受けなければならない状況。私が想像するだけでも、その精神的なストレスはかなりのものだと思います。

私の考えとしては、このような辛い状況は、残念ながら留学生活において避けられない一面であるということです。そしてその辛さは、留学そのものへのモチベーションを奪う可能性があります。そのため、留学する際には、どのような事態に直面したとしても自分自身を保つ心の準備と、ストレスを適切に発散できる方法を考えておくことが重要となります。

おわりに


それでは、私たちの長い旅路の終点に来ましたね。このブログが、「留学 辛い」と思っている方々に少しでも力になれれば幸いです。留学は、素晴らしい経験を積む場でもありますが、同時に多くの挑戦と困難も伴うものです。その困難さを理解し、準備をしておくことが、より有意義な留学生活を送るための大切な一歩となります。

それぞれの章で述べたような問題が、必ずしも全ての留学生に起こるわけではありません。しかし、事前にこれらの可能性を知っておくことで、何か問題が生じた時にあなた自身が自信を持って対処できるようになるはずです。

「留学 辛い」と思う瞬間があったとしても、それはあなたが成長している証です。困難な状況を乗り越えることで、新たな視点を得ることができ、自身の強さを実感することができます。

最後に、あなたがこれから踏み出す留学という旅が、あなた自身の成長と豊かな経験に繋がることを心より願っています。留学はあなたの人生にとって、きっと価値ある時間となるでしょう。それでは、あなたの留学が素晴らしいものになりますように。

以上、本ブログをお読みいただき、ありがとうございました。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X