ENGLISH WORK公式

「Yesterday」歌詞の和訳解説&MVの意味考察9選

  • 投稿日時:3週間前


「The Beatles – Yesterday」の楽曲情報

曲名:Yesterday
アーティスト:The Beatles
作詞・作曲者:Paul McCartney (Lennon-McCartney名義)
リリース日:1965年8月6日 (UK), 1965年9月13日 (US)
ジャンル:Baroque pop
収録アルバム:Help!
レーベル:Parlophone (UK), Capitol (US)
プロデューサー:George Martin
収録時間:2分03秒

「Yesterday」は、ビートルズのメンバー、ポール・マッカートニーによって書かれ、レノン=マッカートニーの名義でクレジットされた楽曲です。この楽曲は1965年にアルバム「Help!」でリリースされましたが、特にポール・マッカートニーのみの演奏で、ビートルズの他のメンバーは参加していません。そのメロディーはポールが夢の中で思いつき、起きてすぐにピアノで演奏したもので、元々は「Scrambled Eggs」という仮のタイトルがつけられていました。この曲はその後、史上最もカバーされた曲の一つとなり、1997年にはグラミーの殿堂入りを果たしています​​​​。

ポール・マッカートニーは、歌詞の背後にある心からの意味について語っており、特に「I said something wrong, now I long for yesterday」という部分は、彼の亡き母親とのやり取りにインスピレーションを得たものであると語っています。母親が「posh」に話すことをからかった後悔が歌詞のインスピレーションとなり、ポールは後にそれが母親への想いや過去への郷愁を反映したものかもしれないと述べています​​。

このブログ記事では、「The Beatles – Yesterday」の歌詞に込められた意味やメッセージ、そして音楽ビデオの解釈を深掘りしていきます。特に、ポール・マッカートニーが語る歌詞の背景や、楽曲がどのようにして生まれ、史上最もカバーされた曲の一つとなったのか、その歴史と意義に焦点を当てて解説していきます。

「Yesterday」歌詞和訳と解説9選

“Yesterday, all my troubles seemed so far away” – 過去は悩みから遠く離れた平和な時

この一節は、曲の冒頭で登場し、過去への懐かしさと現在の悩みからの逃避願望を表しています。ポール・マッカートニーはこの歌で、一夜にして全てが変わり、かつて平和だった日々が遠い過去になったことを嘆きます。この歌詞は、人生の不確実性と変化の速さを象徴しており、多くの人々が直面する感情を表現しています。

英語学習者向けの解説:

“Seemed”は「〜のように思われる」という意味の過去形であり、ここでは過去の平和な時期がどのように感じられたかを述べています。この歌詞では時制の変化が重要で、過去完了形を使うことで、ある時点までの出来事や状態を示しています。


“Now I need a place to hide away” – 逃避を求める心の叫び

この部分では、現在の苦悩から逃れたいという切実な願望を表しています。生活の中で直面する困難や問題から一時的にでも離れ、心の平安を取り戻したいという強い願いが込められています。ポールは、この歌詞を通じて、心の避難所を求める人々の感情を代弁しています。

英語学習者向けの解説:

“Need”は必要とするという意味の動詞で、ここでは精神的な避難所を強く求める心情を示しています。”Hide away”は「隠れる」「逃避する」という意味のフレーズで、直面する問題からの一時的な解放を望む心情を強調しています。


“Oh, I believe in yesterday” – 過去への未練と信仰

このフレーズは、過去に対する深い憧れと、過去がもたらした平和への信仰を表しています。ポール・マッカートニーは、現在の苦難に比べて過去はより良かったという確信を歌詞に込めており、多くの人が経験する過去への回帰願望を表現しています。

英語学習者向けの解説:

“Believe in”は「〜を信じる」という表現で、ここでは過去への強い信仰心を示しています。この表現は、過去の価値や意味を認め、それに対する信頼や希望を持つ心情を伝えます。


“Why she had to go, I don’t know, she wouldn’t say” – 説明なき別れへの困惑

この歌詞は、愛する人との突然の別れと、その理由が明かされなかったことへの混乱と失望を表現しています。ポール・マッカートニーは、この一節で人間関係のもろさと、別れの時にしばしば伴う説明の欠如に焦点を当てています。これは多くの人が経験する、解決されない感情の葛藤を表しています。

英語学習者向けの解説:

この部分では、「had to」が「〜しなければならなかった」という過去の必要性を表していますが、具体的な理由は語られていません。「wouldn’t say」は「言わなかった」という意味で、何かを拒否する意志を示しています。この構文は、相手の意図や動機が不明なまま終わる状況を描写しています。


“I said something wrong, now I long for yesterday” – 言葉の後悔と過去への郷愁

この歌詞は、言葉によって関係が悪化した後の後悔と、それが引き起こした過去への強い郷愁を描いています。この一節は、不用意な言葉がもたらす影響と、それに伴う心情の変化を表しており、人間関係における複雑さと慎重さの必要性を強調しています。

英語学習者向けの解説:

「Said something wrong」は、誤ったことを言ってしまったという過去の行為を示しています。「long for」は「〜を強く望む」という意味で、ここでは過去への深い郷愁や懐かしさを表現しています。


“Suddenly, I’m not half the man I used to be” – 突然の変化への自己認識

この歌詞は、個人の内面で起こった突然の変化と、それによる自己認識の低下を表しています。ポール・マッカートニーは、この一節で人生のある瞬間における自己価値の喪失感を歌っており、突然の出来事が人の自尊心にどのように影響を与えるかを描いています。

英語学習者向けの解説:

「Not half the man I used to be」は、かつての自分と比べて現在の自己が劣っていると感じることを意味します。「Suddenly」は「突然に」という意味で、人生の予期せぬ変化を強調しています。


“There’s a shadow hanging over me” – 不安と悲観の象徴

この一節は、人生の上に常に存在する不安や悲観の感情を象徴しています。ポール・マッカートニーはこの言葉を通じて、内心の暗い影がいかにして日常生活に影を落とすかを表現しており、人々が抱える深い不安や恐怖を描写しています。この暗い影は、解決されない問題や抑えがたい感情のメタファーとして機能し、リスナーに深い共感を呼び起こします。

英語学習者向けの解説:

“Shadow”は文字通りの影だけでなく、ここでは比喩的に人の心に潜む不安や悲観を指します。”Hanging over me”は、直訳すると「私の上に掛かっている」であり、何か悪いことが迫っている、または常に付きまとっている状態を表現しています。


“Oh, yesterday came suddenly” – 過去への突然の回帰

この歌詞は、過去と現在の間の急激な移行を表しています。ポール・マッカートニーはここで、人生のある瞬間に突然、過去が現実よりも魅力的に感じられる瞬間について歌っています。この「突然の回帰」は、現実逃避や過去への郷愁の感情を象徴しており、多くの人々が時に抱く、過去への切ない憧れを表現しています。

英語学習者向けの解説:

“Came suddenly”は、何かが予期せぬ形で急に起こる様子を示します。この表現は、人生の変化がいかに予測不可能であるか、そして時には過去の思い出が突然心に浮かび上がることを描いています。


“Love was such an easy game to play” – 愛の無邪気な時代

最後の選んだ一節は、愛が単純で無邪気な遊びであった過去を懐かしむ内容です。ポール・マッカートニーは、この部分で、関係が複雑になる前のシンプルで幸せだった時期を回想しています。この歌詞は、時間が経つにつれて関係がどのように変化し、かつては明白だったものがどれほど複雑になるかを示唆しています。

英語学習者向けの解説:

“Love was such an easy game to play”では、愛がゲームに例えられ、その単純さと楽しさを表しています。この比喩は、愛情関係が持つ無邪気さと楽観主義を描き出し、過去を理想化する人々の感情を反映しています。

「Yesterday」楽曲が伝えるメッセージの意味と考察

「The Beatles – Yesterday」は、単なるポップソングを超えた深いメッセージを持つ楽曲として、世界中で愛され続けています。この楽曲が生まれた背景やポール・マッカートニー自身が語ったコメントを通して、楽曲全体が伝えたいことを考察してみましょう。

ポール・マッカートニーによると、「Yesterday」のインスピレーションは、彼が夢の中でメロディを思いつき、起きてすぐにピアノでそれを演奏したというものです。最初はこのメロディが他の曲からの盗作ではないかと心配しましたが、誰もそれを主張することがなかったため、最終的にこのメロディを採用しました​​。このエピソードから、創造性が意識の深層から湧き上がってくる不思議な過程を垣間見ることができます。

更にポールは、歌詞の中で「I said something wrong, now I long for yesterday」という一節について、彼自身の経験が反映されていることを明かしています。特に、彼が自分の母親をからかった後悔がこの歌詞のインスピレーションになったと述べており、後に母親を亡くしたことでその後悔がより強く心に残ったと語っています​​。この歌詞は、失われた過去への郷愁や後悔の感情を繊細に表現しており、聴く者の心に深く響きます。

「Yesterday」が伝えるメッセージは、時間の流れや変わりゆく人生に対する思索、そして過去への未練や後悔といった普遍的な感情の表現と言えるでしょう。楽曲のシンプルながらも心に響くメロディと歌詞は、人間の感情の複雑さと、時間とともに変化する人生の価値観を見事に捉えています。ポール・マッカートニーが自身の経験や感情を楽曲に反映させたことで、「Yesterday」は単なる恋愛ソングではなく、人生の深い真実を探求する作品として位置づけられています。

「Yesterday」のミュージックビデオの解説

「Yesterday」のミュージックビデオは1965年8月14日にニューヨークのスタジオ50で撮影され、同年9月12日にエド・サリヴァン・ショーで放送されたとの情報があります。このパフォーマンスでは、ポール・マッカートニーがビートルズのメンバー全員ではなく、バックトラックに合わせて3つのバイオリンと共に演奏したことが特徴です。

アーティストについて



ポール・マッカートニー

ポール・マッカートニーは、1942年6月18日にイギリスのリバプールで生まれた世界的に有名なミュージシャンで、ビートルズのメンバーとして最もよく知られています。彼はビートルズのベーシストとして、またジョン・レノンとともに多くのヒット曲を生み出したソングライターの一人として、音楽史にその名を刻んでいます。ビートルズ解散後も、ウイングスを結成し、その後はソロアーティストとしても活躍。数十年にわたるキャリアで、ポールは多くのアルバムをリリースし、数々の賞を受賞しています。その音楽性はポップ、ロック、クラシックに至るまで幅広く、現在も世界中で高い人気を誇ります。


The Beatles

The Beatles(ビートルズ)は、1960年にイギリスのリバプールで結成されたロックバンドです。メンバーはジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターの4人からなります。ビートルズは1960年代に世界的なブームを巻き起こし、ポップミュージックの歴史において最も影響力のあるバンドとされています。彼らの音楽は多岐にわたり、ロックンロールからポップ、サイケデリックロック、さらにはインド音楽の影響を取り入れた楽曲まで、ジャンルの枠を超えています。また、社会や文化に対する影響も大きく、若者文化やファッション、映画など多方面にわたってその足跡を残しました。1970年にバンドは解散しましたが、ビートルズの楽曲は今日でも世界中で愛され続けており、音楽は時代を超えて受け継がれています。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X