ENGLISH WORK公式

Hey Jude歌詞の和訳解説&MVの意味考察9選

  • 投稿日時:3週間前


「The Beatles – Hey Jude」楽曲情報

「The Beatles – Hey Jude」は、音楽史において特別な位置を占める楽曲です。この記事では、この不朽の名曲の背後にある物語、歌詞の解説、ミュージックビデオ(MV)の意味について探ります。

  • 作曲者・作詞者: ポール・マッカートニー(クレジットはレノン=マッカートニー)
  • リリース年: 1968年
  • ジャンル: ロック、ポップ
  • 収録アルバム: 「Hey Jude」はアルバム未収録のシングルとしてリリースされましたが、「The Beatles 1967-1970」などのコンピレーションアルバムに収録
  • レコーディングスタジオ: トライデント・スタジオ、ロンドン

「Hey Jude」は、ポール・マッカートニーがジョン・レノンの息子、ジュリアン・レノンを慰めるために書いた楽曲です。当初「Hey Jules」というタイトルでしたが、後に「Jude」に変更されました。この曲は、ポール・マッカートニーによって書かれ、レノン=マッカートニーの名でクレジットされています。リリースされた当時、この曲はイギリスのチャートで最長のシングルとしてトップに立ち、その後も世代を超えて愛され続けています​​​​。

ポール・マッカートニーは、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの関係が強まる中で、友情と支援を示すためにこの曲を書きました。マッカートニーはジョンに対し、「Hey Jude」がジョン自身への歌だと感じさせる一方で、ジュリアンへの慰めのメッセージでもあったと説明しています​​。

この記事では、「Hey Jude」の歌詞の各行が持つ深い意味や、ミュージックビデオの製作背景について詳細に解説します。また、楽曲が公開されてから半世紀以上が経過した今でも、なぜこの曲が多くの人々に愛され続けているのかについて考察します。ポール・マッカートニー自身の言葉を引用しながら、この楽曲が彼にとって、そしてリスナーにとってどのような意味を持つのかを探ります。

「Hey Jude」歌詞和訳と解説9選

「Take a sad song and make it better」- 悲しい歌を取り上げてそれを良くする
メッセージの解説

この一節は、直面する困難や悲しみを乗り越え、状況を改善することの重要性を強調しています。ポール・マッカートニーは、ジョン・レノンの息子、ジュリアンに対して、彼の両親の離婚による悲しみを和らげ、前向きに進むよう励ます意味を込めてこの歌を書いたと言われています。この歌詞は、個人的な挑戦を乗り越える普遍的なメッセージを伝えています。

英語学習者向けの解説

“Take a sad song and make it better”のフレーズは、直接的な言葉遣いとシンプルな構造で構成されていますが、その意味するところは深いです。”Take”という動詞はここでは「取り上げる」や「手に取る」という意味で使用されており、”make it better”では「それを良くする」という意味で、「it」は「sad song」を指しています。このように、歌詞を通じてポジティブな変化を促すメッセージを伝えることで、聞き手に希望を与えます。


「Remember to let her into your heart」- 心に彼女を受け入れることを忘れないで
メッセージの解説

この一節は、愛とは相手を心から受け入れ、その人の価値を認めることから始まるという考えを表しています。ここでの「彼女」は文字通りの女性だけでなく、愛するべき人々や人生そのものを象徴しているとも解釈できます。この歌詞を通じて、ポール・マッカートニーは、愛と受容は積極的な選択であり、人々が意識的に決めるべきだと伝えています。

英語学習者向けの解説

“Remember to let her into your heart”では、”remember”は「忘れないで」という意味の命令形で使用されており、”let”は「許す」や「受け入れる」という意味です。”into your heart”は比喩的な表現で、人々や感情を深く受け入れることを意味しています。この歌詞は、日常英会話でよく使用される表現を含んでおり、英語学習者にとっては日常会話の文脈での感情表現を理解する上で役立ちます。


「And anytime you feel the pain, hey Jude, refrain」- そしていつでも苦痛を感じたら、ヘイ・ジュード、我慢して

ここでの「苦痛」は、人生で避けられない苦難や挑戦を指します。この歌詞は、苦しい時こそ冷静になり、感情に流されずに立ち向かうべきだと教えています。”refrain”には「控える」「我慢する」という意味があり、ここでは否定的な反応を抑え、ポジティィブな方向へと進むことの重要性を示唆しています。ポール・マッカートニーは、この歌を通じて、人々が困難な時にも希望を持ち続けることができるように、そしてそれを乗り越えるための力を内に見いだせるように励ましています。

英語学習者向けの解説

“And anytime you feel the pain, hey Jude, refrain”のセクションは、特に”refrain”という単語に注目すべきです。この単語は、日常会話ではあまり一般的ではないかもしれませんが、文学や音楽の文脈でしばしば見られます。”refrain”は、ここでは自制や忍耐を意味し、感情的な衝動を抑えることを示唆しています。このフレーズは、英語学習者にとって、感情を表現する際の新たな語彙や文法構造を提供し、さらに文脈に応じた言葉の使い方を理解する機会を与えます。


「You have found her, now go and get her」- 彼女を見つけたなら、今すぐに彼女のもとへ行け

この一節は、目標や夢を見つけたら、それに向かって積極的に行動することの大切さを説いています。”彼女”は愛する人だけではなく、追求すべき目標や夢の象徴としても解釈できます。ポール・マッカートニーは、機会は待っているだけでは訪れないこと、自分から積極的に動くことの重要性を強調しています。

英語学習者向けの解説

“You have found her, now go and get her”では、”have found”は現在完了形を用いており、過去に何かが見つかり、その結果が現在に持続していることを示しています。”go and get”は行動を促す表現で、具体的な目標に向かって進むべきだと促しています。このフレーズは、英語学習者にとって、現在完了形の理解を深める良い例であり、また、目標達成に向けて積極的に行動することの重要性を伝える表現としても役立ちます。


「The minute you let her under your skin」- 彼女を皮下に入れる瞬間

この一節は、人や感情が自分の内面深くに影響を与える瞬間の重要性を指しています。”彼女を皮下に入れる”という表現は比喩的であり、深い影響を受け入れることを意味しています。ポール・マッカートニーは、深い感情的な絆や影響を受け入れることが、人生において重要な転機になり得ることを示唆しています。

英語学習者向けの解説

“The minute you let her under your skin”では、”the minute”は「その瞬間」という意味で、重要な時点を指します。”let someone under your skin”は、誰かが自分に大きな影響を与えることを許す、という意味のイディオムです。この表現は感情的な影響を受け入れることの深さと密接さを強調しており、英語の学習者にとってはイディオムや固定表現の理解を深める良い機会となります。このような表現は、英語での豊かな感情の伝え方を学び、より感情的なニュアンスを捉えるために役立ちます。


「Then you begin to make it better」- そうすれば、あなたはそれを良くし始める

この一節は、積極的な変化や改善への第一歩を踏み出す瞬間を捉えています。挑戦や困難に直面した際、それに取り組むことで、人生や状況をより良いものに変えることができるというメッセージが込められています。ポール・マッカートニーは、前向きな行動が最終的には自己改善や状況改善に繋がることを示唆しています。

英語学習者向けの解説

“Then you begin to make it better”では、”begin”は「始める」という動詞で、新たな行動やプロセスの開始を示しています。この表現は、特に変化への第一歩を踏み出すことの重要性を強調しており、英語学習者にとっては動詞の使い方や文の構造を理解する上で有益です。また、”make it better”は具体的な行動を通じて状況を改善する意志を表しており、目標達成に向けた積極的な姿勢を学ぶ上で役立ちます。


「So let it out and let it in, hey Jude, begin」- だから、それを外に出して、内に入れて、ヘイ・ジュード、始めよう

この歌詞は、感情を表現し、新たなものを受け入れることの重要性を伝えています。自分の内に秘めたものを解放し、同時に新しい経験や感情を受け入れることで、成長し、癒やされることができるというメッセージです。ポール・マッカートニーは、自己表現の大切さと、変化を恐れずに受け入れる勇気を持つことを促しています。

英語学習者向けの解説

“So let it out and let it in, hey Jude, begin”では、”let”は「許す」「させる」という意味で二回使用されており、感情や経験を自由に表現し、受け入れることを促しています。このフレーズは、感情や思いを「外に出す」と「内に入れる」という対比的な動作を通じて、バランスの取れた自己表現と成長への道を示唆しています。英語学習者にとっては、同じ動詞を異なる文脈で使用する方法を学ぶ良い例です。また、”begin”を使った命令形は、新しいスタートを切ることの重要性を強調しており、目標に向けての一歩を踏み出す勇気を与えます。


「Hey Jude, don’t make it bad. Take a sad song and make it better」- ヘイ・ジュード、悪くするな。悲しい歌を取り上げてそれを良くしよう

この一節は、曲の冒頭で提示されたテーマを繰り返し、強調しています。挑戦や困難に直面した時、それを悪化させるのではなく、前向きな変化をもたらす機会として捉えるべきだというメッセージが込められています。この繰り返しにより、曲全体のポジティブなメッセージが強化されます。

英語学習者向けの解説

“Hey Jude, don’t make it bad. Take a sad song and make it better”のフレーズでは、否定命令形と肯定命令形が効果的に使われており、聴き手に対して具体的な行動を促しています。”don’t make it bad”は、悪化させないようにとの警告であり、”take a sad song and make it better”は、否定的な状況を改善するための積極的な行動を示唆しています。この組み合わせは、英語学習者にとって命令文の使い分けや、ポジティブなメッセージを伝える方法を理解するのに役立ちます。

楽曲が全体を通して伝えたいことの考察

「The Beatles – Hey Jude」は、1968年にリリースされたビートルズの楽曲です。この曲は、ポール・マッカートニーがジョン・レノンの息子、ジュリアン・レノンのために書いたと広く知られています。ジョンとシンシア・レノンの離婚を背景に、ジュリアンが抱える悲しみや混乱を和らげようとするポールの心からのメッセージが込められているのです。

この楽曲が全体を通して伝えたいメッセージは、困難や悲しみの中にあっても、希望を失わずに前に進む勇気を持つことの大切さです。曲の中で繰り返される「Take a sad song and make it better」というフレーズは、どんなに悲しい状況でも、それを乗り越える力が自分たちの中にあることを思い出させてくれます。この歌は単に一人の少年に向けたものではなく、すべての人が直面する挑戦や試練に対する普遍的なアンセムとなっています。

ポール・マッカートニーはこの曲について、様々なインタビューで言及しており、その都度、曲の背後にある思いや曲作りの過程について語っています。彼は、ジュリアンが離婚の影響を受ける様子を見て、何か彼を励ませるようなことをしたいと考えたそうです。そうして生まれたのが「Hey Jude」で、元々は「Hey Jules」というタイトルでジュリアンを直接励ます意味で書き始めたそうですが、最終的にはより一般的で普遍的なメッセージを持つ「Hey Jude」となりました。

この楽曲はビートルズの代表作の一つとして、多くの人々に愛され続けています。その理由の一つとして、この曲が持つポジティブなメッセージと、リスナー一人ひとりの心の中にある「ジュード」に語りかける普遍性が挙げられるでしょう。曲が提供する安らぎや勇気は、リリースから数十年が経った今でも色褪せることなく、新たな世代のリスナーにも受け継がれています。

「Hey Jude」のミュージックビデオの考察

「Hey Jude」のミュージックビデオは、ビートルズがスタジオオーディエンスの前で演奏する様子を捉えており、特に観客が参加するシーンが印象的です。このビデオは、ポール・マッカートニーがリードを取り、観客が徐々に合唱に加わり、最終的には大合唱となる様子が描かれています。この演出は、歌詞が伝える希望と団結のメッセージを強調しています。ビデオはシンプルながらも、ビートルズと観客が一体となって歌うことで、音楽が人々を結びつける力を象徴しています。このビデオは、ビートルズのメンバー間や、バンドとファンの間にあった当時の困難を乗り越える希望のメッセージとしても受け取られています。

アーティストについて



ポール・マッカートニー

ポール・マッカートニーは、1942年6月18日にイギリスのリバプールで生まれた世界的に有名なミュージシャンで、ビートルズのメンバーとして最もよく知られています。彼はビートルズのベーシストとして、またジョン・レノンとともに多くのヒット曲を生み出したソングライターの一人として、音楽史にその名を刻んでいます。ビートルズ解散後も、ウイングスを結成し、その後はソロアーティストとしても活躍。数十年にわたるキャリアで、ポールは多くのアルバムをリリースし、数々の賞を受賞しています。その音楽性はポップ、ロック、クラシックに至るまで幅広く、現在も世界中で高い人気を誇ります。


The Beatles

The Beatles(ビートルズ)は、1960年にイギリスのリバプールで結成されたロックバンドです。メンバーはジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターの4人からなります。ビートルズは1960年代に世界的なブームを巻き起こし、ポップミュージックの歴史において最も影響力のあるバンドとされています。彼らの音楽は多岐にわたり、ロックンロールからポップ、サイケデリックロック、さらにはインド音楽の影響を取り入れた楽曲まで、ジャンルの枠を超えています。また、社会や文化に対する影響も大きく、若者文化やファッション、映画など多方面にわたってその足跡を残しました。1970年にバンドは解散しましたが、ビートルズの楽曲は今日でも世界中で愛され続けており、音楽は時代を超えて受け継がれています。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X