ENGLISH WORK公式

See You Again歌詞の和訳解説&MVの意味考察9選

  • 投稿日時:4週間前


Wiz Khalifa – See You Again ft. Charlie Puth楽曲の概要

Wiz KhalifaとCharlie Puthによる「See You Again」は、2015年にリリースされた楽曲で、映画『ワイルド・スピード SKY MISSION』のサウンドトラックとして製作されました。この楽曲は、故ポール・ウォーカーへの追悼として捧げられ、その美しいメロディと心に響く歌詞で世界中の人々に愛されています。リリースから数年が経過した今でも、その感動は色褪せることがありません。

この記事では、「See You Again」の歌詞の和訳を詳しく解説し、ミュージックビデオに込められた意味を考察することで、この楽曲がなぜこれほどまでに多くの人々に影響を与え続けているのかを探ります。歌詞一つ一つに隠されたメッセージから、MVの細部に至るまで、9つのポイントを通じて深く掘り下げていきたいと思います。

「See You Again」は単なる追悼歌ではありません。それは、失われた愛する人への想い、困難を乗り越えた経験、そして未来への希望を歌った、時間を超えて響くメッセージが詰まった楽曲です。この記事を通して、読者の皆さんにもその深い意味を共有できればと思います。それでは、この感動的な旅を一緒に歩んでいきましょう。

See You Again歌詞和訳と解説

始まりへの感謝 – “It’s been a long day without you, my friend”

“It’s been a long day without you, my friend
And I’ll tell you all about it when I see you again”
「君がいない長い一日だった、友よ
また会えた時、その話をしよう」

この歌詞は、「See You Again」の中でも特に心に残る部分で、Wiz KhalifaとCharlie Puthが共にこの楽曲を通して伝えたかったメッセージの核心を捉えています。彼らはこの曲を通じて、失った人への思いや再会の喜びを表現しており、リスナーにもその感情を共有してほしいと願っています。

特に、この楽曲が故ポール・ウォーカーを追悼して製作されたことを考えると、この歌詞はポールとの別れ、そしていつか彼とまた会えることへの希望を象徴しています。Wiz KhalifaやCharlie Puthはインタビューで、この曲を通じてリスナーに勇気と希望を与えたいと繰り返し語っており、それはまさにこの歌詞からも伝わってきます。

例えば、長い一日を過ごした後に家に帰るとき、私たちはその日一日を家族や友人と共有することで、一日の疲れを癒やし、喜びを分かち合います。しかし、もし大切な人がもういない場合、その喜びを共有できる相手がいない寂しさや悲しみを感じることでしょう。この歌詞は、そうした瞬間に私たちが感じる感情を代弁しており、同時に失った人との再会を夢見る希望も込められています。

私たち自身の経験に置き換えてみれば、長い間会っていない友人や家族に突然再会したときの喜びは計り知れないものがあります。その再会が、日常の小さな出来事を共有することから始まることも多いでしょう。「また会えた時、その話をしよう」というフレーズには、そんな小さな喜びや共有することの大切さが込められているのです。


共に歩んだ道 – “We’ve come a long way from where we began”

“We’ve come a long way from where we began
Oh, I’ll tell you all about it when I see you again”
「僕たちは始まりから遠い道のりを来た
ああ、また会えた時、その話をしよう」

この歌詞は、「See You Again」の中で特に感情的な共鳴を呼び起こす部分の一つです。このフレーズは、成長と変化、そして時間を経ても変わらない絆の強さを象徴しています。Wiz KhalifaとCharlie Puthはこの曲を通じて、人生の旅の中で経験する試練や喜び、そしてそれらを共に乗り越えてきた仲間への感謝を表現しています。

この楽曲がリリースされた背景には、映画『ワイルド・スピード SKY MISSION』でのポール・ウォーカーの思い出があります。彼の突然の逝去は、世界中のファンだけでなく、彼と共に仕事をした人々にとっても大きな悲しみでした。Charlie Puthは、この曲を通じてポールへの追悼の意を表し、彼との「共に歩んだ道」への敬意を表現したかったと語っています。

例えば、私たち自身の人生においても、共に成長し、支え合った友人や家族がいます。学生時代の友人、長年連れ添ったパートナー、仕事で肩を並べた同僚など、人生のあらゆる段階で私たちを支え、影響を与えてくれた人々がいます。この歌詞は、そうした人々との絆を思い出させ、彼らへの感謝の気持ちを新たにします。


永遠の絆 – “What we got is timeless, my love”

“What we got is timeless, my love”
「僕たちが持っているものは永遠だ、愛しい人よ」

この歌詞は、「See You Again」の中でも特に心を打つ部分で、Wiz KhalifaとCharlie Puthが楽曲を通じて伝えたい、時間を超えた絆の価値を象徴しています。この一行は、愛する人との関係が、どんなに時間が経っても色褪せることなく、常に価値のあるものであることを表現しています。

Wiz Khalifaは、音楽を通じて人々に感情を伝えることの重要性を語っており、特にこの楽曲では、故ポール・ウォーカーとの関係、そして彼への深い愛情を表現しています。Charlie Puthもまた、楽曲が持つ普遍的なメッセージについて語り、失った人への愛が時間を超えて続くことの美しさを強調しています。

この歌詞が示す「永遠の絆」とは、家族や友人、恋人など、私たちの生活の中で大切な人々との間に存在するものです。例えば、何年も前に亡くなった祖父母のことを思い出す時、彼らと過ごした時間、共有した笑顔や話は今もなお私たちの心の中に生きています。これらの記憶は時が経てば経つほどに価値を増し、永遠のものとなります。


家への帰還 – “And every road you take will always lead you home”

“And every road you take will always lead you home”
「どの道を選んでも、いつも家へと続く」

この歌詞は、「See You Again」において非常に強いメッセージを持つ一節であり、Wiz KhalifaとCharlie Puthはこの言葉を通じて、どんなに遠くへ行っても、最終的には愛する人々が待つ「家」へと戻ることができるという安心感を伝えています。この楽曲が故ポール・ウォーカーへの追悼の意を込めて作られたことを考えると、この歌詞は特に感動的で、リスナーに深く共感を呼び起こします。

Wiz KhalifaやCharlie Puthは、過去のインタビューで、この曲がどれだけ多くの人々に影響を与え、彼ら自身の人生観をも反映しているかを語っています。彼らにとって、「家」とは単なる場所ではなく、家族や友人との絆、愛、そして居場所を意味します。この歌詞は、人生の旅の中で迷ったり困難に直面したとしても、常に心の拠り所となる「家」があることを思い出させます。

例えば、長期間の旅行や留学、出張などで遠く離れた場所に行く経験は、多くの人にとって刺激的でありながらも、同時に孤独や不安を感じさせることもあります。しかし、この歌詞にあるように、どの道を選んでも最終的には家へと戻ることができるという事実は、私たちに大きな安心感を与えてくれます。遠く離れていても、家族や友人の愛は変わらず、いつでも暖かく迎えてくれる「家」があるのです。


思い出を胸に – “Memories bring back you”

“Memories bring back, memories bring back you”
「思い出が君を連れ戻す、思い出が君を連れ戻す」

この歌詞は、「See You Again」の中でも特に心に響く部分であり、亡くなった人々を思い出し、彼らがまだ私たちのそばにいるかのような感覚を与えます。Wiz KhalifaとCharlie Puthは、この楽曲を通じて、愛する人との別れが永遠ではなく、思い出を通していつでも彼らと繋がることができるというメッセージを伝えたいと考えています。

私たちは日常生活の中で、特定の場所、匂い、音楽などが引き金となり、過去の記憶が蘇る経験をします。例えば、故郷を離れて長年後に訪れたときの感覚、亡くなった祖父母の家を思い出す匂い、子供時代を過ごした夏の音楽など、これらの瞬間は私たちを過去へと連れ戻し、一時的にでも大切な人と再び時間を共有しているような感覚を与えてくれます。

特に、愛する人を亡くした人にとって、思い出はその人を感じる唯一の方法です。誕生日や記念日、特別な場所や共有した特別な瞬間を思い出すことで、亡くなった人との絆を再確認し、心の中で彼らと再会できます。この歌詞は、そうした思い出がいかに強力で、慰めとなり得るかを美しく表現しています。


別れのない約束 – “Good things we’ve been through that I’ll be standing right here talking to you”

“Good things we’ve been through that I’ll be standing right here talking to you”
「一緒に過ごした良いことたち、僕はここに立って君と話している」

この歌詞は、「See You Again」における深い感情的な繋がりと、別れが必ずしも最後を意味しないことの象徴です。Wiz KhalifaとCharlie Puthは、この楽曲を通して、共に過ごした時間の価値と、人生の中で直面する困難を乗り越えた後も、私たちの心の中で大切な人々は生き続けるというメッセージを伝えています。

この歌詞は特に、愛する人を亡くしたときの感情に訴えかけます。私たちは、過去に共に笑い、泣き、成長した人々との思い出を心に留めておきます。そして、それらの思い出は、時間が経っても、私たちが直面する新たな挑戦や成功の中で、彼らが今も私たちと共にいることを感じさせてくれます。

例えば、大切な友人や家族との別れを経験した人々は、この歌詞から特別な慰めを見出すことができるでしょう。亡くなった人との思い出を振り返り、彼らが生前に与えてくれた愛や勇気、そして教えを思い出すことで、彼らはまるで目の前にいるかのように感じられます。このように、「Good things we’ve been through」は、私たちが経験した良いこと、つまり愛と絆を通じて、別れが永遠ではないことを示しています。


未来への希望 – “How can we not talk about family when family’s all that we got?”

“How can we not talk about family when family’s all that we got?”
「家族が全てなのに、どうして家族の話をしないんだろう?」

この歌詞は、「See You Again」において、家族の重要性と、愛する人々への感謝を強調しています。Wiz KhalifaとCharlie Puthは、この楽曲を通じて、人生の中で直面する多くの困難や試練の中でも、家族は常に私たちの支えであり、最も大切な財産であるというメッセージを伝えています。

彼らがこの楽曲に込めた想いは、特に家族や親しい友人との絆の強さを讃えるものです。日常生活の中で忙しく過ごしていると、家族の重要性を見失いがちですが、この歌詞は、私たちが持っている最も価値あるもの、すなわち家族への感謝を思い出させてくれます。

例えば、長時間労働や遠方への出張が多いビジネスパーソンが、家族と離れて過ごす時間が長くなることは珍しくありません。しかし、彼らが家に帰るとき、家族の暖かさと愛情を感じる瞬間は、仕事の疲れを癒やし、人生の目的を再確認させるものです。この歌詞は、そうした家族との再会の喜びと、日々の生活の中で家族が果たす重要な役割を思い出させます。

また、困難や挑戦に直面したとき、家族は私たちに励ましとサポートを提供します。病気や失業、その他の人生の試練を乗り越える中で、家族の存在は希望の光となり得ます。この歌詞は、そうした時に家族がいかに大切かを示しており、私たちがその支えを決して当たり前だと思ってはならないことを教えてくれます。

See You AgainMVの意味を考察

「See You Again」のミュージックビデオは、ただの追悼歌以上の意味を持つ、深く感動的な映像作品です。ポール・ウォーカーへのオマージュとして作られたこのビデオは、友情、別れ、そして記憶の重要性を描いています。


愛と別れの瞬間

ミュージックビデオは、『ワイルド・スピード』シリーズの様々なシーンをフィーチャーしており、特にポール・ウォーカーが演じるブライアン・オコナーの瞬間が際立っています。これらのシーンは、彼のキャラクターだけでなく、ポール自身への愛と尊敬の念を表しています。


絆を象徴するドライブ

ビデオのクライマックスに向けて、Wiz KhalifaとCharlie Puthが道路をドライブするシーンがあります。このドライブは、人生の旅を象徴し、どんなに遠く離れていても、最終的には愛する人々と再び会えるという希望のメッセージを伝えています。


最後の分かれ道

MVの最も象徴的なシーンの一つは、二つの車が分かれ道で別々の方向に進む瞬間です。これは、ポール・ウォーカーがこの世を去り、友人や家族が彼の記憶を心に刻みながら生きていくことを象徴しています。しかし、この別れは永遠ではなく、いつかまたどこかで再会するという希望も同時に表しています。


思い出と希望のメッセージ

全体を通して、ミュージックビデオは失った人への追悼の意を表しつつも、生きている私たちが抱く希望、愛、そして前に進む勇気を強調しています。これらの感情は、Wiz KhalifaとCharlie Puthの歌詞に完璧に反映されており、ビデオはそれを視覚的に表現しています。

「See You Again」のミュージックビデオは、単なる追悼の作品ではなく、生きることの美しさ、別れと再会のサイクル、そして愛する人との絆の不朽を讃える作品です。このビデオが多くの人々に愛され、感動を与え続ける理由は、その普遍的なメッセージと、私たち一人一人の心に響く深い共感にあります。

楽曲全体が伝えたいメッセージ

Wiz KhalifaとCharlie Puthが共に創り上げた「See You Again」は、ただのヒット曲を超えた深いメッセージを持っています。この楽曲は、失った人々への追悼の念と、生きている私たちが直面する別れと再会の繰り返しの中で感じるさまざまな感情を描いています。

楽曲全体を通して、最も強調されているのは「絆」の重要性です。家族や友人との絆は、人生の旅路の中で直面する困難や挑戦に立ち向かう力を与えてくれます。また、愛する人との思い出は、彼らがもうこの世にいなくても、私たちの心の中で生き続けることを教えてくれます。

「See You Again」は、特に映画『ワイルド・スピード SKY MISSION』の中で亡くなったポール・ウォーカーへの追悼歌として位置づけられていますが、そのメッセージは彼に限定されるものではありません。私たち一人一人が経験する喪失と悲しみ、そしてそれに続く回復のプロセスを普遍的に表現しています。再会への希望、共に過ごした良い時を振り返ることの大切さ、そして何より家族という絆の不変さを通じて、聴く人の心に深く響きます。

この楽曲が多くの人々に愛され、何度もリピートされる理由は、その背後にある深い共感と、普遍的な人間の感情を描いたからでしょう。私たちは皆、人生のある時点で失い、愛し、そして思い出を胸に未来へと歩んでいきます。「See You Again」は、そんな人生の一コマを美しくメロディーに乗せて伝えてくれる歌なのです。

「See You Again」の世界的な評価

この楽曲はビルボード・ホット100で1位を獲得し、世界中の多くの国でトップチャートにランクインするなど、商業的にも大成功を収めました。また、YouTubeでは公開からわずかな期間で再生回数が10億回を超え、その後も再生回数は増え続けて現在では何十億回という驚異的な数字を記録しています。これは、単に人気があるというだけでなく、多くの人々にとって特別な楽曲であることを物語っています。

SNSでは、「See You Again」に関連する投稿が多数見られ、ファンたちによるカバー動画や感動を共有するメッセージが日々更新されています。これらの投稿からは、楽曲がどれだけ幅広い層に受け入れられ、愛されているかが伺えます。

著名人や音楽業界の人々からも高い評価を受けており、彼らのコメントを通じて、「See You Again」の持つ感動やメッセージの深さが称賛されています。楽曲が持つ感情表現の豊かさや、失われた人への追悼という普遍的なテーマは、多くの人々にとって共感を呼び、心に深く残るものとなっています。

アーティストについて



Wiz Khalifa

Wiz Khalifa(本名:Cameron Jibril Thomaz)は、1987年9月8日生まれのアメリカ合衆国のラッパーで、ペンシルベニア州ピッツバーグ出身です。彼の音楽は、チルアウト感溢れるメロディと、リラックスしたライフスタイルを讃える歌詞が特徴です。2006年にデビューし、2010年にリリースした「Black and Yellow」が全米チャートで1位を獲得するなど、そのキャリアは早い段階から成功を収めました。Wiz Khalifaは、音楽活動だけでなく、映画出演やビジネスにも手を広げ、多方面でその才能を発揮しています。


Charlie Puth

Charlie Puth(本名:Charles Otto Puth Jr.)は、1991年12月2日生まれのアメリカ合衆国のシンガーソングライターで、ニュージャージー州生まれです。幼少期から音楽に親しみ、バークリー音楽大学で学んだ彼は、洗練されたメロディメイキングと、心地よいボーカルで知られています。特に2015年にリリースした「See You Again」での成功は彼のキャリアのターニングポイントとなり、その後も「Attention」や「We Don’t Talk Anymore」など、数多くのヒット曲を世に送り出しています。Charlie Puthは、繊細な感情表現と卓越した音楽性で、幅広い世代から支持を受けています。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X