ENGLISH WORK公式

通訳の仕事のデメリット10個:避けられない苦難

  • 投稿日時:8か月前

通訳と聞くと、多言語を操るそのスキルにはたびたび感心させられます。異文化間でコミュニケーションをスムーズに行うための橋渡し役として、通訳者は非常に重要な職業です。しかし、一方で「通訳のデメリット」について深く考える機会は少ないかもしれません。その背後にある困難さやデメリットについて理解することで、より効果的なコミュニケーションを実現するための知識を得ることができます。

この記事では、「通訳のデメリット」を中心に、通訳者として働く上で直面する可能性のある課題を明らかにします。仕事が来ないという不安、AIの進化による市場規模の縮小、そして人間関係の緊張など、通訳者が遭遇する可能性のあるデメリットについて詳しく探ります。これらの視点を理解することで、通訳という職業の全体像をより深く把握し、その業務をより効率的に行うための洞察を得ることができるでしょう。

通訳という仕事に興味がある方、またはすでに通訳者として働いている方々にとって、この記事は、通訳のデメリットについて理解を深める良い機会となるでしょう。ぜひ最後までお読みいただき、通訳者としての視野を広げてみてください。


通訳の仕事のデメリット10個

激しい脳疲労: 通訳の仕事という脳のマラソン

どうも、皆さんこんにちは。今日は通訳の仕事について深掘りしていきたいと思います。特に、そのデメリットの一部である、非常に激しい脳疲労について語りたいと思います。私たちが日々の生活で感じる疲れとは全く異なる、通訳独特の脳疲労についてお話しします。

通訳といえば、即座に別の言語へ翻訳して伝える能力が求められますが、その中でも特に困難なのが同時通訳という形式です。その名の通り、話を聞く、理解し、そして翻訳する作業を同時進行で行わなければならないのです。そして、これが通訳の仕事における一つの大きなデメリットとなります。

同時通訳の現場といえば、テレビの生放送が一つの代表例です。具体的には、アメリカ大統領の演説を、その場で即座に日本語に翻訳する様子を見たことがある人も多いかと思います。その他にも、講演会や国際会議など、大規模なイベントでも頻繁に用いられます。

では、ここで一つ具体例を挙げてみましょう。アメリカ大統領の演説が2時間続くとします。その間、通訳者は一言も聞き逃さず、すぐに正確な翻訳をしなければならないのです。さらに、発言内容は政策関連の専門用語が多く、高度な知識と理解力が求められます。そのため、脳は常にフル回転。このような激しい脳疲労が、同時通訳のデメリットの一つです。

そして、その疲労がピークに達すると、人間の集中力や記憶力は大きく低下します。したがって、2時間もの間一人で同時通訳を続けることは、ほとんど不可能です。そのため、実際の現場では、2〜3人の通訳者が交代で作業を行うことが一般的です。

このように、通訳の仕事はその複雑さと高度なスキルからくる激しい脳疲労がデメリットとして挙げられます。


極限の緊張: 命綱とも言える通訳の責任

話を進める前に、我々が普段何気なく見聞きしている通訳の場面について考えてみましょう。その多くは公の場で、会議や接待、プレゼンテーションなどで実施されるものです。しかし、一部の重要な場面で通訳者が求められることは、彼らの仕事におけるもう一つの大きなデメリットを生み出しています。それは「極限の緊張」です。

通訳者は単に会話を翻訳するだけでなく、その背後にあるニュアンスや意図、文化的背景を的確に伝える能力も必要とされます。それは特にビジネスの交渉や契約など、重大な意思決定がなされる場面で求められます。通訳者が正確に、そして適切な情報を伝えることができなければ、会社にとって大きな不利益をもたらす可能性があります。

具体的なシナリオを想像してみましょう。ある日本企業と海外企業との間で大規模な合弁事業の契約が結ばれる予定で、通訳者はその交渉の場に立ち会います。契約内容は詳細で、それぞれの項目は企業の未来に大きな影響を与えます。そのような場では、通訳者が微細な情報までしっかりと理解し、翻訳しなければならないのです。このシナリオは、通訳者が高度な知識と緊張感を持って臨まなければならない状況を示しています。

さらに言えば、通訳者が一つの言葉やフレーズを誤って翻訳すると、それは大きな問題を引き起こす可能性があります。たとえば、契約の条件や金額を誤解したり、誤訳したりした場合、それは会社に巨大な損害を与えることになり得ます。これは通訳の仕事におけるもう一つの大きなデメリットで、極限の緊張を生み出しています。

このような状況下での極限の緊張は、通訳者が絶えず直面する難しさであり、その仕事を一層困難なものにしています。


厳しい期待: 高額な報酬と金で買えない完璧さ

すべき点があります。それは、通訳者に対する「厳しい期待」です。これは、特に報酬が高額な場合に顕著に現れます。

通訳の報酬は、その難易度や専門性により大きく変わります。例えば、日常会話レベルの逐次通訳でも1日2万円以上の報酬が見込まれ、金融、IT、医療などの専門分野の通訳だと1日10万円以上になることもあります。そのため、クライアントの期待感はとても大きくなります。

ここで具体的なシナリオを考えてみましょう。ある医療関連の国際会議で、専門的な医学用語が飛び交う中、通訳者は専門知識を持ってその場を支えます。その日の報酬は10万円以上。しかし、会議が進む中で、突如、ITに関する議論が始まったとしましょう。これは通訳者の専門分野外の内容で、十分な通訳ができないかもしれません。その結果、クライアントからの期待と現実のギャップが生まれ、苦言を呈される可能性があるのです。

これは通訳者の仕事のデメリットの一つで、彼らが直面する厳しい現実の一面です。なぜなら、一方で報酬が高額なために、クライアントからは「高い金を払っているから、完璧にできて当然」という厳しい期待が持たれるからです。しかし、人間である以上、専門外の分野で完璧な翻訳を提供することは難しいのが現実です。

このような厳しい期待は、高額な報酬と引き換えのデメリットとも言えます。通訳者は、あらゆる状況に対応できる万能の存在ではなく、特定の分野や領域において専門的な知識と技術を持つプロフェッショナルです。それゆえに、彼らの範疇を超えた要求に対しては、時として力不足を感じることもあるでしょう。これらの現実を踏まえて、通訳者とクライアントの間の理解が深まることを期待したいと思います。


大量学習: 通訳の前準備としての知識の海へのダイブ

通訳者の仕事におけるデメリットとして、何といっても避けて通れないのが、「大量学習」です。これは通訳の現場に足を踏み入れる前に行わなければならない、避けては通れない過程です。

通訳の仕事は、決して現場でのみ行われるわけではありません。実は、その大半は事前準備に費やされます。会議であれば、アジェンダの確認、事前に渡された資料の読み込み、依頼主と相手先の情報の確認など、英語力だけではカバーできない領域が存在します。そして、自分が不慣れな専門分野に関わるとなると、全ての知らない単語を事前に調べておく必要が出てきます。

この事前学習の重要性を、具体的な例を交えて説明しましょう。例えば、通訳者がIT業界の重要な会議で通訳を担当するとします。ただし、その通訳者の専門は医療分野です。この場合、通訳者はIT業界の特有のジャーゴンや略語、それに関連する基礎知識などを予め学習しなければなりません。それがたとえ一夜でもです。なぜなら、その知識がなければ、会議の内容を理解し、正確に翻訳することは難しいからです。

このように、通訳者の仕事はただ単に現場で言葉を翻訳するだけではなく、それを可能にするための広範で深い知識の獲得に大量の時間を費やす必要があるのです。これは、確かに通訳者のデメリットとも言えます。それでも、それが求められるのは、通訳者がただ言葉を翻訳するだけでなく、文化や背景、専門的な知識までを翻訳する役割を持つからこそです。

この点を理解し、通訳者の大変さや専門性を認識することは、私たちが通訳者の仕事をより深く理解するために重要なステップと言えるでしょう。


限られた準備期間: 時間との闘いとストレス

通訳者のデメリットとして、さらに注目すべき点は「限られた準備期間」です。事前準備が非常に重要であることは先程も述べましたが、その準備期間が限られている場合が多いという厳しい現実について、今回は深く掘り下げていきたいと思います。

まず、依頼主からの資料共有が遅れるというケースがあります。翻訳する内容や関連情報、場合によっては専門用語など、通訳の現場に立つために必要な情報が依頼主から遅れて提供されると、通訳者に与えられる準備期間は一気に縮まります。

次に、通訳の仕事までの日数が僅かであるというケースです。突然の依頼によって、すべての準備を数日、場合によっては数時間で終えなければならないこともあります。

さらに、資料の量が膨大であったり、自分の不慣れなジャンルの通訳であったりすると、準備に必要な時間はさらに増えます。そして、通訳者は一つの依頼だけを受けているわけではないので、他の仕事の依頼もあわせて準備しなければならないこともあります。

これらの例からもわかるように、通訳者が対応しなければならない状況は多種多様で、時間との戦いとも言えるでしょう。このような状況は、ストレスをもたらし、通訳者の仕事を一層難しくします。


仕事が来なくなる恐怖: 不安な未来の通訳

通訳者のデメリットについて、最後に触れておきたいのが「仕事が来なくなる恐怖」です。これは主にフリーランスの通訳者が直面する問題で、社内通訳者とはまた違った形でのストレスとなり得ます。

フリーランスの通訳者は、安定した給与を得ることが難しいという特性があります。ある日、たくさんの仕事が来るかもしれないし、その次の日には全く仕事が入らない可能性もあります。さらに、良好な関係を築いてきたクライアントからの仕事であっても、一度大きなミスを犯すと、次回からの依頼が途絶えてしまうことも考えられます。

たとえば、ある重要なビジネス会議で通訳を担当したとします。その場では、言葉の微妙なニュアンスを間違えてしまい、その結果、クライアントが大きな損害を受ける可能性があります。これが通訳者のミスであることが明らかであれば、そのクライアントからの再度の依頼は期待できません。このようなシチュエーションは、通訳者にとっては非常に厳しいデメリットとなります。

このような事例からも、フリーランスの通訳者は、自分の専門性や能力に自信を持ちつつも、いつ仕事が来なくなるかという不安を常に抱えて生活しています。この不安感は、日々のストレスとなり、彼らの心身の健康に影響を与える可能性もあります。

通訳者という仕事は、多大な努力と専門知識を必要とする一方で、経済的な不安や心理的ストレスを伴うこともあるのです。


市場規模縮小への恐怖: AIの脅威と通訳

通訳のデメリットとして、次に考えられるのが「AIの進歩による市場規模の縮小」です。これは現在の技術進歩と結びつく問題で、AIが通訳の分野にも進出してきているからです。

AIの発展はめざましく、特に言語処理の技術は飛躍的に向上しています。例えば、文字ベースの翻訳においては、すでにOpenAIのChatGPTなどのAIは人間を凌駕する能力を示しています。こうしたAIは、単に言葉を正確に翻訳するだけでなく、文化的なニュアンスや感情までをも読み取り、自然な表現で翻訳することが可能です。

例えば、次のような英文があるとします。

“She had a rough day.”

この文は文字通りに翻訳すると、「彼女は荒れた一日を過ごした」となります。しかし、この”rough day”は、文脈によっては「大変な一日」や「困難な一日」などと訳すことが適切です。このような場合、AIは文脈を理解し、最も適切な表現を選びます。

さらに、この文に続いて次のような文があるとします。

“Despite it all, she managed to keep a smile on her face.”

この文を翻訳する際、AIは前の文とのつながりを理解し、「それにもかかわらず、彼女は顔に笑顔を絶やさなかった」というように、文脈を考慮した訳を提供します。これにより、話者のポジティブな態度や勇気が反映される翻訳が可能となります。

このように、AIは単に文字通りの翻訳だけでなく、文脈、ニュアンス、感情までを考慮した翻訳を行うことができます。そのため、より自然で人間らしい翻訳を提供することが可能になります。

また、AIは人間が持つ制約、例えば疲労や時間制限などを感じることなく、迅速かつ正確に翻訳を行うことができます。

したがって、こうした技術進歩の波が通訳者の市場にも押し寄せると、特に日常会話レベルの通訳など、比較的簡単な業務についてはAIに取って代わられる可能性があります。これは通訳者にとっては大きなデメリットとなり得ます。

しかし、通訳者の仕事は単に言葉を翻訳するだけではない、ということを忘れてはいけません。例えば、同時通訳者は会議や交渉の場で、参加者の間のコミュニケーションをスムーズに進行させる役割も果たします。また、文化的な違いや繊細な感情を正確に伝えるためには、人間特有の洞察力や感性が必要です。これらは現在のAIの能力を超えるものであり、これらの役割を果たすためには人間の通訳者が引き続き必要となるでしょう。


AIの進化と通訳の存在意義: 素人から英語の達人へ

現代社会で通訳が抱えるデメリットの一つとして、AI技術の進化による素人の英語力向上が挙げられます。特に、ChatGPTを始めとするAI技術の進歩により、一般の人々も短期間で英語力を向上させる時代が到来する可能性があるのです。

具体的には、ChatGPTは文章ベースでの英語対話のパートナーとして活躍してくれます。あなたがその日何を学びたいのか、どのような英語表現を習得したいのか、といった指示を出せば、ChatGPTはそれに基づいて最適なアドバイスやフィードバックを提供してくれます。例えば、「この表現はもっと自然にすることができますよ」とか、「この単語を使うとより効果的ですよ」といった形で、一人の英語教師のようにあなたをサポートします。

そして、このChatGPTの特筆すべき点は、その膨大な知識量と高度な言語力です。完璧な英語を話し、完璧な日本語を話すAIは、どんな人間の英語教師よりも豊富な知識を持っています。このようなAIを活用すれば、日常生活の中で英語と触れ合う時間が増え、文法や単語の知識が自然と身につきます。しかも、AIはあなたの発音や語彙の間違いを正し、英会話力を磨くことができます。

このような状況を受けて、通訳業界も変わりつつあります。通訳のデメリットの一つとして、人々の英語力が向上することで、レベルの低い通訳業務の需要が減少する可能性があります。例えば、AIの英語学習ツールを活用した結果、英語初級レベルの人が6ヶ月で中級レベルに到達することが可能になったというデータがあります。これにより、基本的な日常会話を通訳する必要性が減少する可能性があります。

このように、AIの進化による英語力向上は通訳の存在意義を問い直す一因となっています。それでもなお、通訳が持つ独自の価値――文化的な背景や細やかな感情を読み取り、的確に伝える能力は、AIがどれほど進化しても置き換えられないでしょう。だからこそ、今後も通訳者が活躍する場は広がっていくと私は考えています。


フリーランス通訳の孤独感: 孤独な戦場

通訳業界におけるフリーランスの立場は、数多くのメリットを享受できる一方で、ある種の孤独感に直面することも避けられません。その一面が、通訳のデメリットとして度々語られます。

フリーランスの通訳者は、多くの場合、一人で全てをこなすことが求められます。業務の範囲は、事前の資料研究や用語の確認から、現場での通訳、そして後日のフォローアップまで多岐にわたります。また、自身でスケジュールを管理し、契約交渉を行い、時にはトラブル解決にも自ら対応しなければならないこともあります。このような一人での多岐にわたる作業は、業務の独立性と引き換えに孤独感をもたらすことがあります。

また、通訳者が臨む現場でも孤独感を感じることがあります。例えば、ビジネス会議で通訳を担当する際、依頼主も相手側の企業も自分の味方ではありません。依頼主はお客様であり、相手側の企業はお客様のお客様であるため、あくまで中立的な立場を保つ必要があります。また、コミュニケーションが円滑に進むように努める一方で、自身の意見や感情を挟むことは適切ではありません。このように、情報を伝達する役割に徹する中で、自己表現の機会が限られることからも孤独感を感じることがあるでしょう。

これらの要素を踏まえると、フリーランスとしての通訳業務は一見魅力的に見えますが、仕事の進行や対人関係の管理において孤独感を感じることがある、というデメリットを理解しておくことが求められます。自分自身で全てを管理し、客観的な立場を維持しつつコミュニケーションを円滑に進める能力は、通訳者にとって重要なスキルであり、それを養うことで孤独感を克服することも可能です。しかし、そのプロセスは必ずしも容易なものではないという現実を忘れてはいけません。


コミュニケーションへのストレス: 厳しい人間関係と通訳

通訳の業務は、言葉を翻訳するだけではなく、依頼主やその依頼主の取引先とのコミュニケーションも大切な一部となります。しかし、このコミュニケーションの側面が、時として通訳者に大きなストレスをもたらす要素となることがあります。これは、通訳のデメリットの一つとして理解しておくべき点でしょう。

高圧的な依頼主や取引先との対話は、通訳者にとって避けては通れない課題となります。ある取引先が依頼主に対して要求を突きつけた場合、その場での緊張を緩和するために適切な言葉を選んで翻訳することが求められます。これは、通訳者が言葉だけでなく、場の雰囲気や人間関係の微妙なバランスを読み取る能力を必要とするため、一定のストレスとなることがあります。

おわりに


それでは、この記事を通して探求してきた「通訳のデメリット」についての考察をまとめてみましょう。確かに、通訳者としての仕事は魅力的な面が多いです。異なる文化や人々との出会い、語学力を活かしてコミュニケーションの橋渡し役を果たす充実感は、他の仕事では味わえない魅力でしょう。しかし一方で、仕事の不安定さ、AIの進化による影響、孤独感、人間関係の難しさといったデメリットも確実に存在します。

これらのデメリットを理解し、対策を考えることで、通訳者としてのキャリアをより強固なものにすることが可能です。また、これらのデメリットに立ち向かうことで、自身のスキルや強みを発見し、更なる成長を遂げる機会ともなるでしょう。

通訳という仕事が私たちの社会に果たしている役割は大きいです。だからこそ、そのデメリットを理解し、適切に対処することが求められます。こうした課題に向き合うことで、通訳者一人ひとりがより価値ある存在となり、異文化コミュニケーションの一層の発展に寄与できるのではないでしょうか。この記事が、通訳者という仕事に対する理解を深める一助となれば幸いです。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X