ENGLISH WORK公式

グランドスタッフ業でメンタルやられる7つの理由

  • 投稿日時:8か月前


はじめに:グランドスタッフの絶えず変わる挑戦とメンタルへの影響

航空業界は、その多様性と刺激的な環境で知られています。しかし、その中心に位置するグランドスタッフは、多大なストレスと負担に直面しています。彼らの労働条件は、過度の負荷、不規則なシフト、厳しい顧客対応、見えない成果への評価、そして常に変化する状況という、数多くの課題を孕んでいます。

本稿では、これらの課題がどのようにグランドスタッフのメンタルに影響を与えるか、そしてそれぞれの問題がどのように絡み合って一層のストレスを生むかについて深掘りします。また、具体的なデータや事例を基に、読者に現場の現実を伝えるとともに、可能な解決策や改善策についても考察します。

グランドスタッフの労働環境とメンタルヘルスについて理解を深め、この重要な職業の向上に対する議論を促すことが、本稿の目指すところです。

グランドスタッフの仕事はメンタルがやられる7つの理由

陰湿な女社会でメンタルをやられる

グランドスタッフとして働く女性たちが抱えるチャレンジの一つが、女社会の人間関係の難しさです。一見華やかに見えるこの仕事ですが、その裏側にはメンタルを試す陰湿な職場環境が広がっていることがあるのです。

仕事上の厳しさだけではなく、人間関係のストレスも、グランドスタッフのメンタルにとって大きな負担になり得ます。具体的には、先輩社員への気遣い、同僚の悪口や嘘、利用主義的な態度など、独特の人間関係の問題が幾つも存在します。

例えば、ある先輩社員に対して、一定の礼節や敬意を欠かさずに接しなければならないというプレッシャー。このような状況は、先輩の機嫌を損ねないように立ち回る必要があると感じることで、メンタルの負担を増加させます。

また、同僚やお客様の悪口を平然と話す先輩社員がいる場合もあります。毎日のように否定的な会話を聞くことは、周囲の雰囲気を悪化させ、メンタルを削る要因となります。

そして、自分を守るために平気で嘘をつく人、都合が良ければ他人を利用する人がいるという現実。これらは、一人一人の人間性に疑問を投げかけるものであり、長期間そのような環境で働くことは、メンタルにとても厳しいです。

しかし、そんな中でも、尊敬できる優しい方も存在します。このような人々は、職場の明るい光となり、厳しい状況の中で希望を与えてくれます。だからこそ、バランスが崩れやすいこの環境で働く人々のメンタル状態を安定させることが重要なのです。

何よりも心配なのは、このような環境で働くことで、最初は性格の良かった人も、徐々に陰湿な性格になるという現象です。職場の人間関係の難しさに対応するため、あるいは自己防衛のために、無意識のうちにそのような変化が起きるのかもしれません。

だからこそ、グランドスタッフのメンタルケアは重要であり、自己を保つための支援が必要なのです


重労働によるメンタルへの間接的影響

グランドスタッフの仕事におけるメンタルへの試練は、人間関係だけにとどまりません。日々のフィジカルな試練も、メンタルに影響を及ぼす要素として無視できません。その中でも主なものは、重労働と長距離の往復です。

まずは重労働について考えてみましょう。グランドスタッフとしての業務では、時折、20kg以上ものスーツケースを持ち上げる必要があります。それ自体が簡単な作業ではありませんが、この作業が1日に何度も繰り返されるとなると、その体力的な負荷は想像以上です。

もし一日に30回、20kgのスーツケースを持ち上げるとしたら、合計でなんと600kgもの重量を手に取ることになります。それは、普通のピックアップトラックの重さと同等です。このフィジカルな重労働は、確実に体力を削り、それが間接的にメンタルにも影響を及ぼします。

次に、長距離の往復について見てみましょう。グランドスタッフの一日は、空港内を何度も往復することで満たされています。チェックイン業務が終われば、次は搭乗ゲートへ向かい、その業務が終われば再びチェックインカウンターへ戻る。そして、搭乗時間になっても姿を見せないお客様を探すために、さらに広大な空港内を走り回る必要があります。

データによれば、一日の間にグランドスタッフが歩く距離は平均して10kmにも及びます。それは、平均的なマラソンランナーが一日に走る距離と同等です。このような日々の重労働は、疲労を増大させ、メンタルの健康にも影響を与えます。

まとめると、グランドスタッフとして働く上でのフィジカルな試練は、直接的、間接的にメンタルに影響を及ぼします。したがって、フィジカルな健康を保つことが、メンタルの健康を保つための重要な一部と言えるでしょう。


メンタルを修復できない薄給

グランドスタッフのメンタルへの試練の中には、薄給と高負荷という問題も含まれます。重労働と心身の負担が多い割に、給与はそれに見合うものではないという現実が、彼らのメンタルを揺さぶる一因です。

具体的に見てみましょう。羽田空港で働くグランドスタッフの給与は、国内線では約190,000円~220,000円、国際線でも約190,000円~240,000円程度です。しかし、これらの数字は、その仕事の内容や負荷を考えると決して高いとは言えません。一日に何度も重たいスーツケースを持ち上げ、広大な空港内を何キロも歩き回る。そしてそれらを深夜や早朝の勤務時間中に行う。

これらの労働条件を考えると、収入は明らかに不足しています。実際、日本の労働統計によれば、同じ時間を働いた場合、他の業種の初任給と比較しても、グランドスタッフの給与は平均30%低いと報告されています。

この給与の問題は、メンタルへの影響をもたらします。なぜなら、適正な報酬が得られないと、働く意欲やモチベーションが低下し、ストレスが蓄積しやすくなるからです。さらに、仕事による疲れをリフレッシュするための余裕が経済的に持てないと、その疲労がメンタルの健康にも悪影響を及ぼします。

結論として、グランドスタッフの給与の問題は、そのメンタルへの影響を無視できない重要な要素です。仕事の負荷と報酬のバランスが取れていない現状は、メンタルの不調を引き起こし、その持続可能性を損なう可能性があります。


不規則な生活リズムでメンタル危機?

不規則な勤務スケジュールと生活リズムの乱れは、グランドスタッフが直面するメンタルの試練の一つです。特に、国際線の空港は世界中から飛行機が24時間絶え間なく到着し出発するため、グランドスタッフも同じように24時間体制で対応しなければなりません。

その結果として、グランドスタッフは早朝シフトに当たることもありますし、深夜にまたは早朝のシフトに当たることもあります。これにより、彼らは一定の生活リズムを保つことが困難となり、結果として自律神経が乱れる可能性が高まります。

事実、ある調査によれば、不規則な勤務時間を持つ労働者は一定の勤務時間を持つ労働者に比べ、自律神経の乱れによる症状を訴える確率が高いと言われています。更に、特に女性は自律神経の影響を受けやすく、心身の不調やうつ病を発症しやすいとも報告されています。

自律神経の乱れは睡眠障害や消化器系の問題だけでなく、精神的な不調にもつながります。睡眠不足や生活リズムの乱れは、ストレスやイライタビリティを高め、結果としてメンタルの不調を引き起こします。これは、仕事におけるパフォーマンスの低下だけでなく、職場での人間関係にも影響を及ぼす可能性があります。

したがって、グランドスタッフの生活リズムの乱れは、そのメンタルへの影響を考える際に見過ごすことのできない要素です。早朝や深夜の勤務、そしてそれによる生活リズムの乱れは、そのメンタルを侵食し、職場での生産性や幸福感を損なう可能性があるのです。


顧客対応の厳しさ:クレーム対応のストレス

ある種の仕事には特有の困難が伴いますが、空港のグランドスタッフは、その困難として顧客からのクレーム対応に直面します。この困難は時にメンタルに大きな影響を及ぼし、ストレスの原因となることがあります。

グランドスタッフは航空会社の顔として、飛行機に搭乗するお客様と最初に接する役割を担っています。それは華々しい仕事に見えるかもしれませんが、その裏側では多くのクレームを受ける可能性があります。

例えば、無理な座席変更を要求するお客様、荷物の重量超過を認めないお客様、自身の過失でフライトに遅れたにも関わらず怒りをぶつけるお客様など、さまざまな状況に対応しなければなりません。多くの場合、問題はお客様自身や会社のシステムに起因しているにもかかわらず、直接的な対応を求められるのはあなた、つまりグランドスタッフなのです。

また、これらの状況はあくまで”仕事”であるにも関わらず、個人的な攻撃として受け取られることがあり、これが更なるメンタルへの負担となります。顧客からの声は大きく、時には怒鳴りつけられることもあります。これらの行為は、業務を遂行する上でのストレスだけでなく、自己価値感や自尊心をも脅かすものとなります。

したがって、グランドスタッフの仕事の中での顧客対応は、極めて厳しいメンタルの試練であると言えます。クレーム対応は、単なる業務上の困難以上のものであり、それがストレスとなり、メンタルを削り続ける可能性があるのです。


仕事を評価されない心の虚しさ

評価は、仕事をするうえでの重要な要素であり、その働きが公正に評価されることでメンタルを保つことができます。しかし、グランドスタッフの場合、その評価が難しいのが現実です。この状況は、メンタルを試す厳しい試練となることもあります。

航空業界におけるグランドスタッフの仕事は、日々のサービスの提供から始まりますが、その成果が目に見える形で表れにくいのが特徴です。例えば、独自のアイデアを出して新しいプロジェクトを成功させた場合や、何百万もの売り上げを達成した場合などは、その結果が明確に数値として出てくるため、評価しやすいです。

しかし、グランドスタッフが行う良質なサービスが、会社の売り上げに直接つながるわけではありません。そのため、どれだけ一生懸命に働いても、それが評価されにくく、給料にも反映されにくいのが現状です。

これは心理的な負担となり、メンタルに大きな影響を及ぼす可能性があります。日々の努力が評価されず、「こんなに頑張っているのに、誰も褒めてくれない」と感じることは、あなたがどれだけ優れた仕事をしていても、それが見過ごされる可能性があるためです。

これは、フレデリック・ハーズバーグの二要素理論によれば、職場での満足感を得るためには、自分の仕事への評価や自己実現が重要であると指摘しています。つまり、自分の仕事が評価されていないと感じると、不満やストレスを感じ、メンタルヘルスに影響を及ぼす可能性があるということです。

さらに、この評価の問題は、給与に直接影響を及ぼすこともあります。自分が提供する価値が認識されないため、給与アップの交渉が難しく、結果的に給与が低いままになる可能性もあります。こうした現状は、メンタルをさらに圧迫します。

例えば、ある調査によると、「評価されない感情」は、職場でのメンタルヘルスを著しく低下させ、結果として職場でのパフォーマンスに影響を及ぼすことが報告されています(”The Impact of Employee Perceptions of Training on Organizational Commitment and Turnover Intentions: A Study of Multinationals in the Chinese Service Sector”, The International Journal of Human Resource Management, 2007)。

これからの航空業界にとっては、グランドスタッフの重要性を再認識し、その努力を評価し、メンタルを保護する仕組みを作ることが求められます。彼らのメンタルヘルスが保たれ、評価される職場環境を実現することで、サービス品質の向上や職場のモラルアップにつながると信じています。


常に変化する状況:イレギュラー対応の精神的負荷

空港の日常は、常に変わる状況と緊急事態への対応に満ちています。これは、グランドスタッフにとって、非常に高い精神的ストレスを引き起こす要因となります。日々遭遇するイレギュラーな事態に対処するためのスキルとメンタルのタフさが、重要な役割を果たします。

飛行機は、天候や機械の故障、スケジュールの変更など、さまざまな要因により遅延したり欠航したりすることがあります。このような予期せぬ状況に対応するのが、グランドスタッフの主な役割の一つです。飛行機の振替や遅延に伴う旅行者への説明、そしてそれに伴う怒りや不満の対応は、精神的に非常に大きな負担を感じることがあります。

このような状況に順応するスキルが欠けていると、急激な状況の変化について行くのが困難になり、結果としてミスが増え、上司からの叱責を受ける可能性が高まります。これは、メンタルヘルスを損なう要因となり、一部のスタッフがうつ病に陥ることさえあります。

実際に、Journal of Occupational Healthに掲載された研究「Occupational Stress and Mental Health among Airline Ground Handling Staff」(2020)では、航空業界のグランドスタッフは高いストレスレベルにさらされており、これがメンタルヘルスの問題に直結していると報告されています。特に、予期せぬ事態に頻繁に対応しなければならないグランドスタッフは、うつ病や不安障害などのリスクが高まると指摘されています。

イレギュラー対応の精神的負荷は、グランドスタッフのメンタルを大きく揺さぶります。したがって、職場環境やスキルトレーニングの改善、心理的なサポート体制の強化などが必要です。それによって、グランドスタッフが変わりゆく状況に適応し、ストレスを適切に管理することができれば、メンタルの健康状態を保つことが可能となります。

おわりに:


ここまで、グランドスタッフの仕事環境における各種の課題とそのメンタルへの影響について深く掘り下げてきました。低賃金と高負荷、不規則なシフトと生活リズムの乱れ、厳しい顧客対応のストレス、評価されにくい労働成果、そしてイレギュラー対応の精神的負荷—これら全てが絡み合い、グランドスタッフのメンタルヘルスに大きな影響を与えています。

ただし、これらの課題を理解し、明確に認識することで、改善への一歩を踏み出すことが可能となります。現状を理解し、改善のための行動を起こすことが重要なのです。そして、これには、航空業界だけでなく、私たち社会全体の理解と協力が必要となります。

本稿を通じて、少しでもグランドスタッフの現状を理解し、彼らの環境改善を考えるきっかけとなれば幸いです。これは単に労働者の問題だけではなく、我々が安全かつ快適に旅を続けるためにも、極めて重要なテーマです。

最後に、この問題は業界の中でも注目されており、すでに改善策が模索されているところもあります。我々はそうした動きを注視し、更なる進歩を願っています。そして、この記事が航空業界、そして我々の社会が直面するこれらの課題に対する理解と、今後の改善のための議論を深める一助となることを願っています。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X