ENGLISH WORK公式

グランドスタッフ”やめたほうがいい”の理由8選

  • 投稿日時:8か月前

こんにちは、皆様。今日の記事では、ある職業の一端について少し詳しくお話ししたいと思います。その職業とは、空港で働く「グランドスタッフ」です。

美しい制服に身を包み、飛行機の搭乗手続きや各種お問い合わせへの対応を行うグランドスタッフのお仕事。一見華やかに見えるその仕事の裏側には、どんな課題が潜んでいるのでしょうか。そして、私たちがそれを知ることで、どのような視点を持つことができるのでしょうか。

「グランドスタッフになるのはやめたほうがいい」という言葉を耳にすることがありますが、それは一体どういう意味なのでしょうか。本記事では、その背後にある具体的な理由や、彼らが直面する現実について解説します。

それぞれの項目で、あなたが思い描く「グランドスタッフの仕事」のイメージが少しずつ変わるかもしれません。でも、それは悪いことではありません。むしろ、現実を知ることで、一人一人が自分にとってのベストな選択をするための大切な一歩となるでしょう。

これから探求していく課題は、決して楽なものではありませんが、それを通じて自分自身を見つめ直すキッカケにしていただければ幸いです。それでは、皆様、一緒にこの旅を始めましょう。


グランドスタッフなるのは”やめたほうがいい”と言われる8つの理由

女社会の人間関係の苦悩: 仕事場での女性同士の陰湿さ

あなたがグランドスタッフになろうと考えているのなら、一つ「やめたほうがいい」と思うかもしれない理由を共有したいと思います。それは、グランドスタッフが女性が多い職場であることからくる女社会の人間関係の問題です。ネットでグランドスタッフの経験談を見てみると、陰湿さがしばしば強調されています。驚くほどの耐性がないと、日々の仕事が厳しい闘争に感じられるかもしれません。

ここで具体的な経験談を挙げましょう。「先輩社員に気を遣わなければならず、先輩の機嫌を損ねないように立ち回る必要がある」との声があります。何とも精神的に疲労感が溜まりそうな環境ですね。「お客様や同僚の悪口を平気で言う先輩社員がいる」、「自分を守るためなら平気で嘘をつく」、「都合よく相手を利用する女ばかり」。いかがでしょうか、これだけ聞いてもすでに「やめたほうがいい」と感じる人もいるのではないでしょうか。

それでも尊敬できる優しい方もいらっしゃることは確かです。しかし、同じくらい人間性を疑うような人も多いという事実は無視できません。このような環境で仕事をしていると、最初は性格の良かった人も、徐々に陰湿な性格になる人が多いと言われています。皮肉なことに、陰湿さという「感染性」があるようです。

結論として、この状況を改善する方法はあるのでしょうか。答えは「可能性はある」ですが、そのためには頑強な意志と仲間意識、そして職場の環境を改善する上でのリーダーシップが必要です。しかし、これらを得るのは容易なことではないでしょう。だからこそ、もし自分がグランドスタッフになることを検討しているなら、この「女社会の人間関係の陰湿さ」を真剣に考慮するべきです。


身体を削る仕事: グランドスタッフの過酷な重労働

さて、第二の「やめたほうがいい」と思うかもしれない理由は、グランドスタッフの仕事が非常に重労働であるという点です。身体的に辛い仕事は誰もが避けたいと思うでしょう。しかし、グランドスタッフの仕事はこれを超えており、まさに「身体を削る」仕事と言えるかもしれません。

まず、チェックインカウンターでの仕事を考えてみましょう。20kg以上の重いスーツケースを何度も何度も持ち上げることが求められます。これだけでも「やめたほうがいい」、と感じるかもしれませんね。そのうえ、この重いスーツケースを持ち上げる作業は1日に何十回と繰り返されます。それが毎日、毎週、毎月と続くのです。

さらに、グランドスタッフの仕事は空港内の長い距離を歩いて回ることも含みます。チェックイン業務が終わったら搭乗ゲートまで向かい、それが終わったらまたチェックインカウンターに戻る。この行き来が1日中続きます。しかもこれに加えて、搭乗時間になっても来ないお客様を探すために、広大な空港内を探し回ることも求められます。これらすべてを合わせると、1日の歩行距離は驚くほどの数値になるでしょう。

ここで一つ注意しなければならないのは、これらの重労働が仕事の一部だということです。全体像を考えると、この仕事の厳しさはさらに増すでしょう。ただの労働力ではなく、良い対人スキルと接客能力も求められるのがグランドスタッフの仕事です。

だからこそ、自分がグランドスタッフになることを検討しているなら、この「身体を削る仕事」についても真剣に考慮するべきです。この事実を理解した上で、もしまだグランドスタッフを目指すのであれば、それはあなたの選択です。


働きがいと報酬のバランス: 低給与に対する違和感

さて、もう一つの「やめたほうがいい」という声が上がる理由は、働きがいと報酬のバランスについてです。まあ、まずはっきりさせておきたいのは、仕事には報酬が伴うべきだということですよね。それが現代社会の基本的なルールです。それに対して、グランドスタッフの給与は正直言って少し低いのです。

具体的に言うと、羽田空港の国内線のグランドスタッフの月給は約190,000円~220,000円、国際線では約190,000円~240,000円程度だそうです。なんというか、これを見て、「やめたほうがいい」、と思わずにはいられませんよね。何しろ、我々がすでに述べたような重労働、陰湿な人間関係、そして多くの知識とスキルを要求される仕事に対して、これほどの低給与はど若干バランスがとれていないように感じます。

また、グランドスタッフの仕事には早朝や深夜の勤務も含まれます。これは体力的にも精神的にも大きな負担となります。しかし、それに見合うだけの給与がもらえないのです。これだけの労力を注いで得られる報酬がこれとは、誰もが納得するのは難しいでしょう。

もちろん、仕事の価値は金銭だけで決まるものではありません。やりがいや社会貢献、スキルアップの機会など、それ以外の報酬も大切です。しかし、それでもやはり給与は重要な要素です。これが低いと、働きがいを感じるのが難しくなることもあります。


健康と美しさの狭間で: ヒールを履いての業務

次に「やめたほうがいい」と言われる理由の一つに、「ヒールを履いての業務」が挙げられます。これは特に女性のグランドスタッフにとっては深刻な問題となります。

想像してみてください。空港内をヒールで歩き、時には走り回るというシチュエーションを。軽いとは言えない重さのスーツケースを運んだり、長時間立ち仕事をしたり。それが一日に何度も繰り返されるのです。これは言葉で語られるよりも実際に体験すると、その過酷さがよく分かりますよ。

なぜなら、ヒールを履いての長時間の労働は、足腰に大きな負担をかけます。一部の人には長時間ヒールを履くことができる特殊なスキルがあるかもしれませんが、それは例外で、多くの人にとっては不自然で不健康な姿勢を強いるものなのです。

痛みを感じながらも笑顔でお客様に接することが求められるなんて、どう考えても無理がありますよね。この「ヒールを履いての業務」は、私が言える「やめたほうがいい」という理由の一つです。

もちろん、美しさや華やかさを求められる仕事なので、ヒールを履くことに一定の意味はあります。しかし、それが自身の健康を害する可能性があるなら、考え直す価値はあると思います。

ここで私があなたに伝えたいのは、「健康と美しさのバランス」を見失わないことです。ヒールを履くことで美しさを追求する一方で、自身の健康を損なってしまっては、それは本当の美しさとは言えません。


生活リズムの崩壊: 24時間稼働の仕事場における早番・夜勤

次に挙げられるのが「24時間稼働の仕事場における早番・夜勤」による生活リズムの崩壊です。

空港はまさに24時間稼働の場所。国際線の空港では、地球上の時間帯を問わず、どこからでも飛行機が到着します。それに対応するため、グランドスタッフのシフトも24時間対応で組まれています。

それは言い換えれば、あなたが早朝のシフトに当たることもあれば、深夜のシフトに当たることもある、ということです。一定の生活リズムを保つことが難しくなるという現実が待っています。

このシフトの変則性が、自律神経を乱し、健康に悪影響を及ぼす可能性があります。特に女性は自律神経の影響を受けやすいと言われていますから、それも含めて「やめたほうがいい」と言われるわけです。

生活リズムが崩れると、心身ともに健康を害する可能性が高まります。質の良い睡眠がとれなくなり、体調不良を引き起こすことも。また、ストレスが溜まりやすくなると、精神的な健康にも影響が出る可能性があります。

どれだけ面白い仕事でも、健康を犠牲にする価値はありません。もちろん、夜勤や早朝のシフトが好きな人もいますが、体調管理には十分注意して、自身の健康を最優先に考えるべきです。

こうした観点から、グランドスタッフという仕事の厳しさを理解していただけると幸いです。


忍耐力の試練: クレーム対応とお客様へのサービス

「やめたほうがいい」と言われる理由の一つが、クレーム対応の困難さです。私たちの認識に反するかもしれませんが、グランドスタッフの仕事には、このクレーム対応という大きな壁が立ちはだかっています。

グランドスタッフは航空会社の顔として、飛行機に搭乗するお客様と最初に顔を合わせる役割を果たします。その役割は華々しい一面を持っていますが、反面、その接客業務はクレームを引き寄せやすい職業でもあります。

例えば、お客様が権利もないのに座席の変更を要求したり、荷物の重量が超過しているにもかかわらず受け入れずに駄々をこねる場合もあります。さらに、自分が飛行機に遅れたのに、それを怒りの矛先としてあなたにぶつけてくることもあります。

ほとんどのケースで、問題はお客様や会社のミスが原因です。しかし、お客様はあなたに対して怒りをぶつけることがあります。もし空港でそういった場面に出くわしたことがあれば、あなたもその困難さを理解できるでしょう。

だから「やめたほうがいい」と言われます。もちろん、接客業はどの業界でも難しい面がありますが、特にグランドスタッフの仕事は、厳しい現実と向き合う必要があります。

そのストレスは決して小さくありません。あなたが精神的に強く、感情をコントロールする力を持っているならば、この挑戦も乗り越えられるかもしれません。


キャリアパスへの不安: 他業界へのスキル転換困難

グランドスタッフの職業特性からくるキャリアパスへの不安、具体的には他業界へのスキル転換の難しさも、やめたほうがいいと言われる理由です。

グランドスタッフの仕事は社会的意義を持つ重要な仕事です。飛行機の安全を守り、お客様の快適な旅を支えるという、何よりも尊い役割を果たします。しかし、その一方で、この仕事を通じて身につくスキルが他の業界で直接活かしにくいという現実も存在します。

ホテル業界などの接客業の世界ならば、グランドスタッフの経験は高い親和性を持つでしょう。ですが、例えばマーケティングや企画といった分野に転職を考えた場合、まるで未経験の状態からスタートしなければならない可能性があります。これは、心理的にもキャリア形成にも大きな壁となり得ます。

だから「やめたほうがいい」と言われます。もちろん、一生グランドスタッフとして働き続けることに全く問題はありません。しかし、中長期的なキャリアパスを考慮すると、一度この問題を深く考えてみてはいかがでしょうか。

いずれにせよ、グランドスタッフとしての経験は、人間性を磨く一方で、多くの困難を経験することで自己成長につながることでしょう。


覚える仕事が多くてヤバい

グランドスタッフのお仕事って何を思い浮かべますか?飛行機への搭乗手続きをお手伝いしたり、お客様のご質問に答えたり、というイメージかもしれませんね。ですが、実はその裏側には、驚くほどの覚えるべき仕事量が存在しています。

例えば、基本的なチェックイン業務、搭乗ゲート業務だけでも覚えることは山ほどあります。そして、その上に飛行機の欠航や遅延が起こった時など、予期せぬ状況への対応も必要です。これらは予定外の事態でありながらも、その都度覚えて適切な対応をとることが求められます。

さらに、その他にも細かい部分で挙げると、各航空会社のマイレージプログラムや、クレジットカードの特典についても詳しく知っている必要があります。なぜなら、お客様からの質問に対し、速やかに正確な答えを出すことが求められるからです。

一見、楽そうに見えるこのお仕事ですが、これだけの量の情報を頭に入れておく必要があるのです。そのため、記憶力が試されるとともに、柔軟な思考力も求められるのです。

だからこそ、覚える仕事量の多さが、「グランドスタッフになるのはやめたほうがいい」と思われる一因となるのです。もちろん、これは人によります。情報を覚えることが得意な方や、新たな知識を吸収するのが好きな方にとっては、逆に魅力的な要素となり得ます。

どんな仕事も一長一短です。そして、それぞれの仕事にはそれぞれの適性があります。だからこそ、自分自身が何を大切にしたいのか、何に耐えられるのかをよく考え、自身に合った選択をすることが大切なのです。

おわりに


皆様、本当にお疲れ様でした。これまでの記事を通じて、グランドスタッフの仕事に潜む難しさや課題を深く探求してきました。

記事を通じて紹介したのは、あくまで一部の困難さや現実であり、グランドスタッフの仕事が全てマイナス面だけではないことをお忘れなく。毎日、笑顔で我々を迎えてくれる彼らが、飛行機の安全運行に重要な役割を果たし、多くの旅行者や出張者を支えています。その一方で、我々が普段見えない場所で、彼らは様々な難しさに直面しながらも、自身の役割を全うしようと努力しています。

「やめたほうがいい」という言葉は、あくまで個々の状況によって変わるものであり、一概にすべての人に当てはまるものではありません。しかし、その裏にある真実を知ることで、私たちは彼らの仕事に対する理解を深め、自身のキャリア選択に役立てることができます。

また、一人一人がこれらの課題について知り、理解することで、グランドスタッフとのコミュニケーションがより円滑になることでしょう。そして、彼らの労働環境改善につながるかもしれません。

最後に、すべてのグランドスタッフの皆様に、我々の旅をサポートしてくださることに心からの感謝を伝えたいと思います。あなたたちの仕事が私たちの旅をより豊かで安全なものにしています。本当にありがとうございます。

皆様もこれからの人生の旅路において、自身の選択があなた自身の人生をより豊かにすることを願っています。お読みいただき、本当にありがとうございました。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X