ENGLISH WORK公式

Don’t Look Back In Anger歌詞の和訳解説&MVの意味考察9選

  • 投稿日時:3週間前


「Don’t Look Back In Anger」楽曲情報

作曲者・作詞者: ノエル・ギャラガー
リリース年: 1996年
ジャンル: ロック、ブリットポップ
収録アルバム: (What’s the Story) Morning Glory?

「Don’t Look Back In Anger」は、イギリスのロックバンド、Oasisによって1996年にリリースされた楽曲です。この曲は、バンドのセカンドアルバム「(What’s the Story) Morning Glory?」に収録されています。ノエル・ギャラガーによって作詞作曲されたこの曲は、Oasisの代表曲の一つとして、そして1990年代のブリットポップムーブメントを象徴する楽曲として広く認知されています。

Oasisは、ノエル・ギャラガーと彼の弟であるリアム・ギャラガーを中心に1991年に結成されました。彼らの音楽は、その独特なメロディとエネルギッシュな演奏で、世界中に多くのファンを持つようになりました。

ノエル・ギャラガーは、この楽曲について「人々が苦難の時に立ち向かうための力を与えることができる曲を書きたかった」とコメントしています。また、彼は過去にこの曲が人々に与えた影響について触れ、「音楽が人の心にどれだけ深く響くかを実感した」と述べています。

このブログ記事では、「Don’t Look Back In Anger」の歌詞の和訳とその解説、ミュージックビデオの意味について深掘りしていきます。楽曲が持つメッセージや、映像が表現するテーマに焦点を当てて、Oasisのこの不朽の名作が今なお多くの人々に愛される理由を探っていきましょう。

「Don’t Look Back In Anger」の歌詞和訳と解説9選

憎しみには屈しない – “So I start a revolution from my bed”

“So I start a revolution from my bed.”
「だから私はベッドから革命を起こす。」

この一節は、個人が直面する挑戦や困難に対して、自分自身の内面から変化を起こす力を持っていることを象徴しています。文字通りに解釈すると、ベッドから起き上がることなく世界を変えることは不可能に思えますが、この表現は比喩的に、個人の思考や態度の変化が大きな影響をもたらすことができるという意味を持ちます。

この歌詞の前後のコンテキストを考慮すると、人生の困難や逆境に直面したときに、外部の力に頼るのではなく、自分自身の内面の力を信じることの重要性が強調されます。私たちが直面する問題の多くは、外的な状況よりも、私たちがそれらの状況をどのように捉え、反応するかに大きく依存しています。

例えば、社会的な不正に対して声を上げること、個人的な目標に向かって一歩を踏み出すこと、あるいは精神的な健康を改善するための実践を始めることなど、これらすべてが「ベッドからの革命」の例となり得ます。重要なのは、行動の大きさではなく、その行動が自分自身や周囲の世界に与えるポジティブな影響です。


過去に囚われずに前に進もう – “And so Sally can wait”

“And so Sally can wait, she knows it’s too late as we’re walking on by.”
「だからサリーは待つことができる、彼女はもう遅すぎることを知っている、私たちはそばを歩いている。」

この一節は、過去にこだわり続けることの無意味さと、人生は前に進むものだというメッセージを伝えています。”Sally”という名前は、具体的な人物を指すのではなく、過去に執着するすべての人々を象徴していると考えられます。この歌詞では、「もう遅い」と自覚しながらも、なお前を向いて進むことの大切さを強調しています。

この歌詞の背景には、ノエル・ギャラガーの個人的な経験が反映されている可能性があります。彼自身、困難な状況や個人的な挑戦を乗り越えてきました。その過程で、「過去に囚われず、常に前向きに生きること」が彼の成功の鍵であったことは、多くのインタビューや楽曲からも伺えます。

では、私たち自身の人生において、この歌詞から何を学ぶことができるでしょうか?例えば、失恋や失敗など、過去のネガティブな出来事に心を縛られている時、この歌詞は「それでも人生は続く」というシンプルながらも強力なリマインダーとなります。過去に起きたことは変えられませんが、それにどう対処し、どう前に進むかは自分次第です。


絶望の中にも希望を見出す – “Her soul slides away”

“Her soul slides away, but don’t look back in anger I heard you say.”
「彼女の魂は滑り落ちる、でも怒りを持って振り返らないで、私はあなたが言うのを聞いた。」

この歌詞は、失望や絶望の瞬間に直面しても、過去に対して怒りや憎しみを抱かずに前に進むことの重要性を強調しています。特に、「Her soul slides away」は、何らかの重要なものや人が失われる感覚を表している可能性がありますが、「don’t look back in anger」は、その失望や悲しみを乗り越え、ポジティブな未来に目を向けることを促しています。

この歌詞の背後にあるメッセージは、人生において失敗や挫折を経験することは避けられないが、それらの経験から学び、成長する機会として捉えるべきであるということです。過去に対する怒りや恨みは私たちを後ろ向きにしかさせないため、それらを手放し、新しいスタートを切る勇気を持つことが重要です。

リスナーにとって、この歌詞は人生の困難な時期における共感点となるかもしれません。例えば、失恋や仕事の失敗、大切な人との別れなど、誰もが何らかの形で失望を経験します。この歌詞は、そうした時に自己哀惜に浸るのではなく、経験から学び、より良い未来に向かって一歩を踏み出すことの価値を思い出させてくれるでしょう。


自分の道を信じて – “Slip inside the eye of your mind”

“Slip inside the eye of your mind, don’t you know you might find a better place to play.”
「心の目の中に滑り込むんだ、もっと良い遊び場を見つけるかもしれないってことを、君は知らないの?」

この歌詞は、自分自身の内面、つまり「心の目」に目を向けることの大切さを語っています。日々の忙しさに追われていると、私たちはしばしば自分自身の内面に目を向けることを忘れがちです。しかし、この歌詞は、自分自身の心に耳を傾け、内省することで、「もっと良い遊び場」、つまり新たな可能性や解決策を見つけることができると教えてくれています。

この歌詞の前後を見ると、人生の困難や挑戦に直面している時、私たちは外の世界に答えを求めがちです。でも、「Slip inside the eye of your mind」という表現は、解決策や新しいアイデアが実は自分自身の内部にあるかもしれないと示唆しています。つまり、自分自身の思考や感情に深く潜り込むことで、見落としていた答えやアイデアに気づくことができるんです。


あなたの光を輝かせ – “You ain’t ever gonna burn my heart out”

“You ain’t ever gonna burn my heart out.”
「あなたは決して私の心を焼き尽くすことはできない。」

この歌詞は、自己の内なる光や熱意を守り抜く決意を表しています。直面する困難や人間関係の問題によっても、自分自身の本質や情熱を失わせることはできないという強いメッセージが込められています。この一節は、自分自身に対する信頼と自尊心を示唆しており、どんなに厳しい状況であっても、自分自身の価値を守り抜く勇気を持つことの重要性を教えてくれます。

この部分の前後にある歌詞も、自己実現と内なる強さについてのテーマをさらに強調しています。たとえば、「And all the roads that lead you there were winding」(そこに至るすべての道は曲がりくねっている)という歌詞は、人生の旅が直線的ではなく、多くの挑戦と試練を経て自己発見に至ることを意味しています。このプロセスの中で、自分自身を信じ、自分の心を守ることが如何に重要であるかが強調されています。


新しい始まりを迎えよう – “And all the roads we have to walk are winding”

“And all the roads we have to walk are winding.”
「そして私たちが歩かなければならないすべての道は曲がりくねっている。」

この歌詞は、人生の旅が直線的ではなく、予期せぬ曲がり角や困難が常に存在することを示しています。しかし、それらの曲がりくねった道こそが、私たちを成長させ、新しい始まりへと導く重要な要素であることを表現しています。

この一節の前後のコンテキストを考慮すると、この歌詞は人生の不確実性と、それにもかかわらず前進し続ける重要性を強調しています。挑戦や困難に直面することは避けられないが、それらを乗り越える過程で私たちは学び、成長し、最終的にはより良い場所にたどり着くことができる、というメッセージが込められています。


自分自身を信じることの力 – “Take me to the place where you go”

“Take me to the place where you go.”
「私をあなたが行く場所へ連れて行ってください。」

この歌詞は、信頼と希望に満ちたメッセージを伝えています。”Take me to the place where you go”という一節は、他者の導きやサポートに対する願望を表しています。これは、人々が自分自身や自分の運命に対して不安や疑念を抱えているときに、他者の経験や信頼を頼りにしようとする自然な欲求を反映しています。

この歌詞が登場するコンテキストを考えると、その前後にはさまざまな解釈ができます。たとえば、歌詞が続くと、”Take me all the way”(最後まで連れて行って)という言葉があります。この文脈では、他者への頼り方や導きの必要性がさらに強調されます。この歌詞は、誰かが自分の人生の旅を共に歩んでくれることの重要性を強調しています。


友情の絆は時を越える – “You’re gonna be the one that saves me”

“You’re gonna be the one that saves me.”
「君が僕を救う存在になるだろう。」

この歌詞は、友情や愛情の力を称えるものであり、その絆が時を超えていることを示唆しています。”You’re gonna be the one that saves me”という一節は、友人や愛する人が困難な状況や苦難の中で救いの手を差し伸べてくれることを期待していることを表しています。この一節は、信頼と希望に満ちたメッセージを伝えています。

この歌詞が登場するコンテキストを考えると、その前後にはさまざまな解釈ができます。たとえば、歌詞の続きで、「And after all, you’re my wonderwall」という言葉があります。この一節は、相手が自分の人生における支えとなり、奇跡のような存在であることを示唆しています。このような文脈から、歌詞全体が友情や愛情の深さを称賛し、その存在が人生において不可欠であることを示しています。

楽曲全体を通して伝えたいことの考察

「Don’t Look Back In Anger」は、イギリスのロックバンド、オアシスの代表曲の一つです。この楽曲は、1996年にリリースされた彼らのアルバム「(What’s the Story) Morning Glory?」からのシングルカットとして、世界中に広まりました。ノエル・ギャラガーによって書かれたこの曲は、希望、団結、そしてレジリエンス(回復力)のアンセムとして愛されています。

ノエル・ギャラガーは、この楽曲を通じて、過去の苦しみや怒りを振り返ることなく、前向きに生きることの重要性を伝えています。歌詞には、許し、自己反省、そして前進することの大切さが込められており、リスナーに対して、怒りや苦しみを乗り越え、穏やかで平和な心でいることを奨励しています​​。

特に、2017年のマンチェスター・アリーナでの爆破テロ事件の後、この曲はさらに深い意味を持つようになりました。事件の犠牲者を追悼する集会で、参加者が spontaneously「Don’t Look Back In Anger」を合唱したことで、この曲は団結と抵抗の象徴となりました。ノエル・ギャラガー自身も、この出来事を受けて曲が持つ意味に新たな認識を持ち、「政治家の言葉では足りない時、人々がこの曲に囲まれたことは非常に特別なことだった」と語っています。彼は、この曲が演奏されるたびに鳥肌が立つほど、その影響力を実感していると言います​​。

「Don’t Look Back In Anger」MVの深い意味を解説・考察

「Don’t Look Back In Anger」のミュージックビデオは、イギリスの有名なミュージックビデオディレクターであるナイジェル・ディックによって監督されました。映像の中で特に注目すべきは、1960年代のテレビシリーズ「The Avengers」でジョン・スティードを演じた俳優、パトリック・マクニーが出演していることです。このキャスティングは、バンドのメンバーが彼の大ファンだったために実現しました。撮影は、1995年12月4日にカリフォルニア州パサデナのアーデンロード1145で行われました​​。

黒タクシーでのドライブ

ビデオは、バンドがマクニーに運転される黒いタクシーで、プレイボーイマンションを彷彿とさせる豪邸へと運ばれるシーンから始まります。このシーンは、彼らが音楽を通じて豪華な生活へと導かれる様子を象徴していると解釈できます。

豪邸でのパフォーマンス

到着した豪邸でのバンドのパフォーマンスは、彼らが音楽界で確固たる地位を築いていることを示しています。周囲を白いドレスを着た女性たちが囲み、時折リップシンクする様子が映し出されることで、楽曲の神秘性や魅力を強調しています。

人間関係の意味

興味深いことに、このビデオの撮影中にドラマーのアラン・ホワイトは将来の妻であり、ビデオにモデルとして参加していたリズ・ケアリーと出会いました。彼らは1997年に結婚しましたが、後に離婚しています。このエピソードは、ビデオがバンドメンバーにとって個人的な意味を持つ出来事でもあったことを示しています​​。

総括

全体を通じて、「Don’t Look Back In Anger」のMVは、豪華な生活への憧れ、音楽への情熱、そして人間関係の複雑さを描いた作品と言えます。このビデオは、オアシスが1990年代の音楽シーンにおいてどれほど重要な存在であったかを改めて確認させるものであり、多くのファンにとって特別な意味を持つことでしょう。

この楽曲の世界的な評価

オアシスの「Don’t Look Back In Anger」は、リリースされて以来、世界中で絶大な人気を誇る楽曲となりました。この曲は1996年に発表され、イギリスやアイルランドのチャートで1位を獲得するなど、商業的にも大成功を収めました。また、イギリスでは1996年の年間10位以内にランクインし、オアシスのシングルとしては「Wonderwall」に次ぐセールスを記録しました​​。

この楽曲は、批評家からも高く評価されています。BillboardのLarry Flickは、ノエル・ギャラガーのタイミングと技巧を称賛し、Music Weekはこの曲を週間シングルのトップに選出しました。さらに、Qマガジンの読者投票では「史上最高の曲」の20位に選ばれ、NMEマガジンによる「史上最も偉大な50のインディーアンセム」で14位にランクインするなど、音楽業界内外からの支持を受けています​​。

SNSやYouTubeでは、この曲のカバーバージョンやライブパフォーマンスの動画が多数投稿され、ファンによる情熱的な支持を集めています。公式のミュージックビデオは、YouTubeで数百万回以上再生されるほどの人気を誇り、バンド自身による投稿だけでなく、Vevoとのコラボレーションによる投稿も高い視聴数を記録しています​​。

さらに、著名人からのコメントもこの曲の価値を高めています。ノエル・ギャラガー自身は、この曲を「自分のHey Jude」と称し、多くの若者たちがオアシスを解散した後もこの曲を愛し続けていることに感謝を示しています。また、マンチェスター・アリーナでの悲劇的な事件の後、この曲がマンチェスター市民の間で団結と抵抗のシンボルとなり、ノエルがその影響力について語ったことも、この曲が持つ特別な意味を物語っています​​。

Oasisとノエル・ギャラガーについて


Oasisは、イギリス・マンチェスター出身のロックバンドで、1991年に結成されました。メンバーはリアム・ギャラガー(ボーカル)、ノエル・ギャラガー(ギター・ボーカル)、ポール・アーサーズ(ギター)、ポール・マクギガン(ベース)、そしてトニー・マッキャロル(ドラム)から成り立っていました。Oasisは1990年代のブリットポップムーブメントの中心となり、そのキャッチーでパワフルなメロディや、時に挑発的な姿勢で世界中に多大な影響を与えました。

特に、アルバム『(What’s the Story) Morning Glory?』は世界的な成功を収め、代表曲「Wonderwall」や「Don’t Look Back In Anger」は今でも多くの人に愛されています。バンドは2009年に解散するまでに、世界中で数千万枚のアルバムを売り上げ、数々の賞を受賞しました。

ノエル・ギャラガーは、1967年5月29日生まれで、Oasisのメインソングライターとして知られています。彼の曲作りの才能は、Oasisの成功の大きな要因の一つです。バンド解散後、ノエルはソロプロジェクト「Noel Gallagher’s High Flying Birds」を立ち上げ、引き続き音楽活動を行っています。彼の音楽は、メロディアスで洗練されたサウンドと、深みのある歌詞が特徴で、ソロアーティストとしても高い評価を受けています。

ノエルと弟のリアムの間の確執は、Oasisの歴史の中でも特に有名で、その衝突はメディアで頻繁に取り上げられました。しかし、そのすべてを超えて、彼らの音楽は今日もなお多くのファンに支持され続けています。ノエル・ギャラガーは、ブリットポップを代表するアイコンの一人として、音楽史にその名を刻んでいます。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X