ENGLISH WORK公式

「Wake Me Up」歌詞の和訳解説&MVの意味考察9選

  • 投稿日時:4週間前


「Avicii – Wake Me Up」楽曲情報

  • アーティスト: Avicii(アヴィーチー)
  • 作曲者: Tim Bergling (Avicii), Aloe Blacc, Mike Einziger
  • 作詞者: Aloe Blacc, Mike Einziger, Tim Bergling
  • リリース年: 2013年
  • ジャンル: エレクトロニック・ダンス・ミュージック(EDM)、フォークトロニカ
  • 収録アルバム: True

Avicii(アヴィーチー)の「Wake Me Up」は、2013年にリリースされた楽曲で、エレクトロニックダンスミュージック(EDM)とフォークトロニカの要素を融合した革新的なサウンドで、世界中で大ヒットしました。この曲は、スウェーデン出身のDJ兼音楽プロデューサーであるAviciiとして知られるTim Bergling(ティム・バーグリング)によって制作され、アメリカのシンガーソングライターAloe Blacc(アロー・ブラック)が歌い、Mike Einziger(マイク・アインジガー)がギターで参加しています。

Aviciiは、1989年9月8日にスウェーデンで生まれ、2018年4月20日に亡くなるまで、世界的に成功したアーティストとして、多くの人々に影響を与えました。彼の楽曲は、感動的なメロディーと心に響く歌詞で知られ、特に「Wake Me Up」はAviciiの代表作の一つとして広く認知されています。

この記事では、「Avicii – Wake Me Up」の歌詞の和訳とその意味、ミュージックビデオ(MV)の意味について深く掘り下げて考察します。歌詞の解説からは、人生の旅、自己発見、変化を恐れずに受け入れることの重要性など、Aviciiが伝えたかったメッセージを読み解きます。また、MVの解説では、具体的なシーンをピックアップし、ビデオ全体を通して伝えられているストーリーとその意味を明らかにします。Aviciiの音楽と彼の遺したメッセージについて、一緒に深く考えてみましょう。

「Wake Me Up」歌詞和訳と解説9選

希望を失わない – “Feeling my way through the darkness”

“Feeling my way through the darkness, guided by a beating heart.”
「暗闇を手探りで進んでいく、心臓の鼓動に導かれながら。」

この歌詞は、人生の不確かな時期を通過しているとき、目に見えない未来に向かって進む勇気について語っています。Avicii自身が音楽キャリアを通じて経験した挑戦と、それを乗り越えるための内なる強さを反映しているのです。彼は何度もインタビューで、自分自身の不安や恐れを音楽に込め、それを乗り越えようとしたことを明かしています。

私たち自身の人生にも、この歌詞が響く瞬間がありますよね。たとえば、新しい職場に就職した最初の日、誰もが経験するであろう緊張と期待の入り混じったあの感じ。あるいは、大切な人との関係が終わり、新しい未来に一歩を踏み出さなければならない時。これらの瞬間はまさに「暗闇を手探りで進む」ようなものですが、私たちは自分自身の心臓の鼓動、すなわち自分の感情や直感に導かれて進んでいきます。

Aviciiは、この楽曲を通じて、どんなに困難な状況でも、自分自身の内なる声に耳を傾け、前向きに進み続けることの大切さを伝えています。彼の音楽は世界中の多くの人々に影響を与え、希望を与えてきました。それは、自分だけが感じているわけではない、共通の感情や経験を通して人々をつなげる力があるからです。


未知への飛び込み – “I can’t tell where the journey will end”

“I can’t tell where the journey will end but I know where to start.”
「旅の終わりがどこかはわからないけれど、始める場所は知っている。」

この歌詞は、人生の旅における未知とそのスタート地点の重要性について語っています。Avicii自身がキャリアを通じて直面した不確実性と、それにもかかわらず進み続ける決意を映し出しているのです。彼はしばしば、自分の音楽を通じて人々に勇気を与え、自分自身の限界を超えることの大切さを伝えてきました。

人生では、私たちはしばしば「旅の終わり」を知ることはできません。たとえば、大学を卒業し、初めての本格的な職に就く時や、人生のパートナーとの新しい生活を始める時など、大きな変化の時期は特にそうです。これらの瞬間は、私たちにとって大きな一歩であり、未知への飛び込みを意味します。しかし、この歌詞が示すように、重要なのは「始める場所を知っている」ことです。スタート地点があれば、そこから何か新しいことを学び、成長し、そして進むことができるのです。

Aviciiは、彼の音楽キャリアの早い段階で、ジャンルの壁を越えた実験や、異なる音楽スタイルとの融合を恐れずに進めてきました。このようにして、彼は常に新しい「始める場所」を見つけ、音楽という旅を続けてきたのです。彼のこの姿勢は、私たちにも応用できるもので、未知に対する恐れを乗り越え、新しいチャレンジを恐れずに受け入れることの大切さを教えてくれます。

未知への飛び込みは、不安や恐れを伴うものですが、同時に無限の可能性も秘めています。新しい仕事に就いたり、異国での生活を始めたり、未知の趣味に挑戦したりすることで、私たちは自分自身の新たな一面を発見し、人生を豊かにすることができます。Aviciiの「I can’t tell where the journey will end but I know where to start.」という言葉は、そうした一歩を踏み出す勇気を与えてくれます。


年を取ることの意味 – “I tried carrying the weight of the world”

“I tried carrying the weight of the world but I only have two hands.”
「世界の重さを背負おうとしたけれど、自分には二つの手しかない。」

この歌詞は、私たちが時に感じる圧倒的な責任感や、すべてを一人で解決しようとする無力感について語っています。Aviciiは音楽キャリアの中で、世界中の期待を一身に背負い、その重圧と闘いながらも自分自身の道を切り開いてきました。彼はインタビューで、成功のプレッシャーと、自分自身との戦いについて率直に語っています。この歌詞は、そんな彼の経験が反映されているとも言えます。

私たちの日常生活においても、この歌詞は深く響くものがあります。たとえば、仕事での大きなプロジェクトの責任者になった時、家族を支えるために一生懸命働いている時、あるいは友人や恋人の問題を解決しようとしている時など、私たちはしばしば「世界の重さ」を背負っているように感じます。しかし、この歌詞は、私たち一人一人が限界を持っており、すべての問題を自分一人で解決することはできないという現実を思い出させてくれます。

Aviciiがこの歌詞を通じて伝えたかったのは、自分自身の限界を認め、必要な時には助けを求める勇気を持つことの大切さです。音楽を通して、彼は自分自身の脆さと強さの両面を世界に示し、多くの人々に共感を呼びました。それは、私たち自身もまた、完璧である必要はなく、弱さを認めることでさらなる強さを得られることを示しています。


自己発見の旅 – “I don’t have any plans”

“I don’t have any plans, wish that I could stay forever this young.”
「計画はないけれど、この若さを永遠に保ちたいと願っている。」

この歌詞は、未来に対する計画の不確実性と、若さという時期の価値を語っています。Aviciiは自身の音楽を通じて、人生は予測不可能であること、そしてその瞬間瞬間を大切に生きることの重要性を何度も表現してきました。彼のインタビューでは、音楽制作においても人生においても、「計画」よりも「瞬間の感情」を大切にする姿勢が伺えます。この精神は、私たちが日々直面する選択と変化に対する心構えにも影響を与えています。

人生では、「計画がない」と感じる時期が誰にでもあります。新卒で仕事を探している時、キャリアの方向性を決めかねている時、あるいは人生の大きな変わり目に立っている時など、これからの未来が見えなくて不安になることがあります。しかし、この歌詞は、そうした不確実性を受け入れ、今この瞬間の自分を大切にすることの美しさを教えてくれます。

自己発見の旅は、計画通りに進むものではありません。Aviciiも自身の音楽キャリアで数多くの予期せぬ挑戦と出会い、それを乗り越えてきました。彼の経験から学べることは、自分自身にとって何が本当に大切かを見つけ出す過程が、まさに人生そのものであるということです。その過程で、私たちは自分自身の強みや弱み、情熱や夢を深く理解することができます。


人生の教訓 – “Life’s a game made for everyone”

“Life’s a game made for everyone and love is the prize.”
「人生は誰もが参加できるゲームで、愛こそがその報酬だ。」

この歌詞は、Aviciiの「Wake Me Up」から抜粋されたもので、人生を一つの大きなゲームに例えています。ここでの「ゲーム」とは、人生の試練や挑戦を楽しむこと、そしてその過程で真の愛を見つけ出すことを意味しています。Aviciiは自身の音楽を通じて、人生の美しさや複雑さ、そして愛の重要性を常に伝えてきました。

Aviciiの楽曲は、彼自身の経験や考えが反映されていることが多く、彼はインタビューで「音楽を通じて自分自身の感情や思いを表現することで、人々と深い繋がりを持てる」と語っています。特に「Wake Me Up」は、自分探しの旅と成長の物語を描いており、多くのリスナーに勇気とインスピレーションを与えてきました。

この歌詞が示す「人生のゲーム」には、失敗や成功、喜びや悲しみなど、さまざまな局面がありますが、最終的には「愛」が最大の報酬であるというメッセージが込められています。愛とは、家族や友人、恋人との関係だけでなく、自分自身への愛、そして人生を肯定的に受け入れることからも生まれます。


変化を恐れない – “So wake me up when it’s all over”

“So wake me up when it’s all over, when I’m wiser and I’m older.”
「全てが終わったら起こして、もっと賢く、年を取ったときに。」

この歌詞は、人生の変化や困難に直面した時、それらが終わった後に自分が成長していることを願っている心情を表しています。Aviciiは自身のキャリアで、常に新しい音楽のジャンルに挑戦し、変化を恐れずに進化し続ける姿勢を示してきました。彼はインタビューで、困難や挑戦が自分を成長させ、より賢く、強くなる機会だと語っています。

人生において、私たちは常に変化の波に直面します。新しい職に就くこと、大切な人との別れ、新しい場所への引っ越し、これらすべてが私たちを成長させる機会です。初めは不安や恐れを感じるかもしれませんが、この歌詞はそうした時期が過ぎ去った後、私たちがより賢く、強くなっていることを願うメッセージを伝えています。

Aviciiの音楽は、世界中の多くの人々に影響を与え、彼らが自身の人生における変化や挑戦に対して前向きな姿勢を持つことを励ましてきました。たとえば、大学を卒業して新しい街での生活を始める若者や、長年勤めた会社を辞めて自分の夢を追い始める人など、人生の大きな転機に立っている人々にとって、この歌詞は強い共感を呼ぶことでしょう。


時間の価値 – “All this time I was finding myself”

“All this time I was finding myself and I didn’t know I was lost.”
「ずっと自分を見つけるために時間を費やしてきたけれど、迷っていたなんて気づいていなかった。」

この歌詞は、自己発見の旅と、その過程で自分自身が迷っていたことに気づく瞬間について語っています。Aviciiは自らの音楽を通じて、自分自身と向き合い、内面を探求することの重要性をしばしば表現してきました。彼のインタビューや公開された発言では、成功を収めた後でも自分が何者であるか、また、何を真に求めているのかを理解することの難しさについて率直に語っています。

私たち一人一人もまた、人生のある時点で「自分を見つける」という課題に直面します。それは新卒で就職活動をしている時、キャリアの岐路に立っている時、あるいは人生の大きな転機を迎えた時など、様々な形で現れます。そうした時期はしばしば不安や疑問を伴いますが、同時に自己理解を深め、新たな自分を発見する貴重な機会でもあります。

この歌詞は、私たちが日々の忙しさに追われる中で、時には自分自身が何を求めているのか、本当に大切にすべきことは何なのかを見失ってしまうことがあるという現実を示しています。しかし、それに気づくことができれば、それは同時に新たな始まりを意味します。自分が「迷っていた」と認識することは、自分自身をより深く理解し、真の目的や情熱に向き合うための第一歩になります。

Avicii自身の経験は、成功や名声が人を必ずしも幸せにはしないということ、そして人生で最も重要なのは自分自身との調和と内面の平和を見つけることであるというメッセージを私たちに伝えています。彼の音楽は、リスナーに対して自分自身を見つめ直し、自分だけの価値や意味を見出す旅を続ける勇気を与えています。


人生の旅は一人ではない – “I didn’t know I was lost until I found you”

“I didn’t know I was lost until I found you.”
「あなたに出会うまで、自分が迷っていたことに気づかなかった。」

この歌詞は、他人との出会いが自分自身を見つける上でどれほど重要であるかを示しています。Avicii自身、彼の音楽旅行の中で多くの人々との出会いが、彼の創造性や音楽への情熱に大きな影響を与えたことを語っています。特に彼はコラボレーションを通じて、異なるアーティストとの出会いから新しいインスピレーションを受け、自分自身の音楽を発展させることができたと述べています。

私たちの日常生活においても、人との出会いが私たち自身を理解する鍵となる瞬間があります。たとえば、新しい友人に出会うことで、自分が持っていた価値観が変わるかもしれませんし、恋愛を通じて自分自身の新たな一面を発見することもあります。また、メンターや師匠との出会いが人生の方向性を変えるきっかけとなることも少なくありません。

この歌詞は、自分一人の力だけでは見つけられなかった自分自身を、他人との関わり合いの中で発見するという体験を象徴しています。人との深い関係が、私たちをより豊かな人間にしてくれるのです。それは、相手を通じて自分を見つめ直す機会を得ることを意味します。例えば、大切な人からの一言が自己認識のきっかけになったり、友人との会話の中で自分の本当の夢や目標が明確になることもあります。

楽曲が全体を通して伝えたいことの考察

Aviciiの「Wake Me Up」は、単なるエレクトロニックダンスミュージックを超えた、深いメッセージを持つ楽曲です。この曲を通して、Aviciiは人生の旅、自己発見、そして変化を恐れずに受け入れることの重要性について語っています。特に、自分自身を見つける旅における挑戦と、それを通じて得られる成長の美しさを強調しています。

楽曲全体を通してAviciiが伝えたかったのは、人生は未知であること、そしてその未知を恐れるのではなく、その一瞬一瞬を生きることの大切さです。「Wake Me Up」の歌詞は、暗闇を手探りで進むような人生の道のりの中で、自分自身の内なる声に耳を傾け、直感に従うことの重要性を語っています。また、人との出会いや関係が自己発見の旅においてどれほど重要であるか、そしてそれらが自分を形成し、成長させることを示唆しています。

この楽曲は、困難や挑戦が人生において避けられないものである一方で、それらを乗り越えた時に得られる成長や、新たな自分自身との出会いを肯定的に捉えることを促しています。Aviciiは自身の音楽を通じて、リスナーに対して、不安や恐れに負けず、変化を受け入れ、自分自身の可能性を信じるようにメッセージを送っています。

また、「Wake Me Up」は、現代社会における価値観や成功の定義に対する一つの問いかけでもあります。外部からの期待や社会的な基準に縛られるのではなく、自分自身にとって何が本当に意味があるのか、何を大切に生きるべきかを自問自答することの重要性を、この曲は私たちに思い起こさせてくれます。

「Avicii – Wake Me Up」MVの深い意味を考察

「Avicii – Wake Me Up」のMVは、ただの音楽ビデオを超え、視聴者に深いメッセージを伝える芸術作品です。このビデオは、自己発見と受容、そして属さない場所から自分にとっての「ホーム」を見つけ出す旅について語っています。

  1. 異なる世界の間で

MVは、主人公の女性とその妹が、自分たちが住む閉鎖的なコミュニティに違和感を覚えているシーンから始まります。これは、「自分が本当に属する場所を見つける」というテーマを象徴しており、多くの人が直面する「居場所を見つける」という普遍的な探求を映し出しています。

  1. タトゥーとしてのメッセージ

主人公たちが持つタトゥーは、MVの重要なシンボルです。これは、内面のアイデンティティを外側に表現する手段として描かれ、彼女たちが自分自身を理解し、受け入れる過程を象徴しています。タトゥーは、彼女たちの内なる声を聞き、自己発見の旅を続ける勇気を持つことの重要性を示しています。

  1. 自由への渇望

ビデオ中盤で、主人公たちは馬に乗って自由を求めて駆け出します。このシーンは、束縛からの解放と、自分自身の人生を生きる決意を強く表現しており、視聴者にも自由への強い渇望を感じさせます。

  1. 新たなコミュニティの発見

MVのクライマックスでは、主人公たちは音楽とダンスで満たされた新しいコミュニティに迎えられます。ここでは、異なる背景を持つ人々が一堂に会し、お互いを受け入れています。このシーンは、どんなに異なっていても、人と人とが繋がることで新しい家族を作り出せることを示しています。

  1. 帰還と新たな始まり

MVの終わりには、主人公たちが故郷に帰還します。しかし、この時彼女たちはもはや以前と同じ人ではありません。彼女たちの旅と経験は、彼女たち自身を変え、彼女たちが属する場所についての理解を深めました。これは、自分探しの旅が終わることはなく、自己発見は人生を通じて続くプロセスであることを示しています。

「Avicii – Wake Me Up」のMVは、視覚的物語を通じて、自己発見の旅、自由への渇望、そして人生の中で真の居場所を見つけることの重要性について深く考察しています。この物語は、個人が直面する内面の葛藤と、その解決を求める過程を描いており、多くの人々が自分自身の旅において直面するであろう問題に共感を呼び起こします。

MVの各シーンは、視聴者に対して人生の旅を恐れずに進むよう促すと同時に、自分自身との対話を続け、自己のアイデンティティを探求することの大切さを示唆しています。この旅は容易なものではありませんが、自分が真に求めるものを見つけ、それを受け入れることで、真の居場所と自由を手に入れることができるのです。

この楽曲の世界的な評価について

Aviciiの「Wake Me Up」は、リリースされた瞬間から世界的な現象となり、音楽業界において記録的な成功を収めました。この楽曲は、多くの国のチャートで1位に輝き、特にヨーロッパ、オーストラリア、そしてアメリカのビルボードホット100で高いランキングを記録しました。そのキャッチーなメロディーと心に響く歌詞は、幅広い年齢層のリスナーに愛される要素となり、Aviciiを世界的なスターダムへと押し上げました。

YouTubeでは、この楽曲のミュージックビデオは再生回数が数億回に達し、現在もなお多くの視聴者に視聴され続けています。この数字は、「Wake Me Up」が単なるヒット曲ではなく、文化的マイルストーンとなったことを示しています。SNSでは、リリース当時から多くのファンや著名人がこの楽曲への愛と尊敬を表現しており、Aviciiの音楽的才能と彼が残した遺産への賞賛が相次いでいます。

賞に関しても、「Wake Me Up」は数多くのノミネートを受け、その中でも特に重要な音楽賞のいくつかを受賞しました。これらの受賞は、楽曲が音楽業界内外で認められ、その革新性と普遍的な魅力が評価されていることを示しています。

総じて、「Wake Me Up」はAviciiの代表作として、また21世紀の音楽シーンにおけるアイコニックな楽曲として、その地位を確固たるものとしています。この楽曲は、世代を超えて愛され、今後も長く多くの人々に影響を与え続けることでしょう。

Aviciiについて


Avicii(本名:Tim Bergling)は、1989年9月8日にスウェーデンのストックホルムで生まれ、2018年4月20日にオマーンで亡くなった世界的に有名なDJ兼音楽プロデューサーです。彼は、エレクトロニックダンスミュージック(EDM)シーンにおいて、その斬新なサウンドと独自の音楽性で広く認知されています。

Aviciiは、2000年代後半に音楽活動を開始し、特に2010年代初頭にリリースしたヒット曲「Levels」で国際的な名声を獲得しました。その後も、「Wake Me Up」、「Hey Brother」、「Waiting For Love」など、数多くのチャートを席巻する楽曲を世に送り出し、EDMのジャンルを牽引し続けました。

彼の音楽は、エレクトロニックのビートとメロディアスなフォーク、カントリーなどの要素を融合させたことで特に注目され、幅広い層からの支持を集めました。Aviciiの作品は、単にダンスミュージックとして楽しむだけでなく、人生の喜びや悲しみ、挑戦といったテーマを通じて、聴く人の心に深く響くメッセージを伝えることができる力を持っていると評価されています。

しかし、華やかなキャリアの裏で、Aviciiは健康問題やプレッシャーと闘い続け、2016年にはライブパフォーマンスからの引退を発表しました。彼の早すぎる死は、世界中のファンや音楽業界に大きな衝撃を与え、彼の音楽が持つ影響力と彼自身が直面していた問題について、改めて考えるきっかけとなりました。

Aviciiの遺産は、彼の音楽を通じて今も生き続けており、多くのアーティストやファンにインスピレーションを与えています。彼の楽曲は、夢を追い求める勇気や、人生の困難に立ち向かう強さを伝えており、これからも長く愛され続けるでしょう。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X