ENGLISH WORK公式

「Let It Be」歌詞の和訳解説&MVの意味考察9選

  • 投稿日時:3週間前


「The Beatles – Let It Be」楽曲情報

『Let It Be』は、世界的に有名なイギリスのロックバンド、ビートルズによる楽曲で、1970年にリリースされました。この楽曲は、ポール・マッカートニーによって作曲・作詞され、レノン=マッカートニーの名義で発表されたものです。ジャンルはロックに分類され、アルバム『Let It Be』に収録されています。この曲はビートルズが公式に解散する前の最後のシングルの一つとして特別な位置を占めています。

マッカートニーはこの曲を書くインスピレーションを、亡き母マリーからの夢から得たと語っています。母は彼に「大丈夫、心配しないで、そうさせなさい(Let It Be)」と言ったと述べており、その言葉が曲の中心的なメッセージとなっています​​​​。この楽曲の制作は、ビートルズのメンバー間の創造的な分裂期にあたり、ジョン・レノンは後にこの曲をポールのソロプロジェクトのようなものとして語り、あまり関連性を感じていないようなコメントを残しています​​。

この記事では、『Let It Be』の歌詞の和訳とMVの解説を行います。特に、この楽曲が持つ深いメッセージや背後にある物語、歌詞の解釈について詳細に掘り下げていきます。

「Let It Be」歌詞和訳と解説9選

暗闇の中で光を見つける希望 – “When I find myself in times of trouble”

この歌詞の一節は、多くの人が直面する困難な時期における心の支えについて語っています。”When I find myself in times of trouble, Mother Mary comes to me, Speaking words of wisdom, Let it be”というフレーズは、ポール・マッカートニーが苦しい時期に母親の慰めを思い出し、その言葉から力を得ている様子を描いています。

実は、ポールは自身の経験を基にこの歌を書いたと言われています。彼の母親、メアリー・マッカートニーは、ポールが若い頃に亡くなりました。ある夜、彼は夢の中で母親に会い、「何が起こっても大丈夫だから、心配しないで」というメッセージを受け取りました。この体験が「Let It Be」のインスピレーションとなったのです。

この歌詞には、どんなに厳しい状況でも、私たちを支え、導いてくれる何かが存在するというメッセージが込められています。それは家族かもしれませんし、友人かもしれませんし、あるいは自分自身の内側から湧き上がってくる声かもしれません。

英語学習者にとって、この歌詞は現在形と過去形が混在していることから、英語の時制を理解する上で興味深い例です。”find”は現在形で、一般的な状況や繰り返し発生する事象を表しています。一方で、”came”という過去形は、過去の特定の出来事を指しています。この組み合わせによって、歌詞は一過性の出来事と普遍的な真理の両方を伝えているのです。


人生の荒波を越えて – “And when the broken hearted people living in the world agree”

この歌詞のセクションは、困難や悲しみを経験している人々が互いに同意し、共感することの重要性を強調しています。”And when the broken hearted people living in the world agree, There will be an answer, let it be”のフレーズは、人々が自分たちの苦しみについて語り合い、解決への道を共に探求することで、最終的には平和や解決に至ることができるという希望を示しています。

この歌詞は、人生において誰もが直面する挑戦や失望を通じて、私たちがどのように強さを見出し、進むべき道を見つけることができるかについて語っています。それは、個人的な経験や内省だけでなく、他人との繋がりや共感を通じてです。

英語学習者にとっては、このフレーズが示す複数形や現在分詞の使い方に注目することが有益です。”broken hearted”(心が折れた)という形容詞句や”living”(生きている)という現在分詞の使用は、英語における形容詞の役割と動名詞の使い方を理解する上で興味深い例です。また、”agree”(同意する)という動詞の使い方は、共感や一致する意見の表現における重要性を示しています。

ポール・マッカートニーとビートルズがこの楽曲を作成した背景には、個人的な苦悩や社会的な動乱の時期がありました。彼らは、音楽を通じて人々に希望と慰めを提供しようとしました。この歌詞は、そのような意図を反映しており、リスナーに対しても、自分たちの困難を乗り越えるためには、時には「Let it be」—つまり、事をそのままにしておくことの価値を思い出させています。


忍耐と希望のバランス – “For though they may be parted, there is still a chance that they will see”

この歌詞の一節は、人々が離ればなれになっても、再び結ばれる可能性があることを表現しています。具体的には、「たとえ離ればなれになっても、まだ再会するチャンスがある」という希望を伝えています。このメッセージは、人間関係の断絶や距離感、そしてそれらを超えたつながりの可能性に光を当てています。

ビートルズとしてのポール・マッカートニーの経験は、バンドの解散期において、個人的な関係の断裂と和解の可能性に対する深い理解をもたらしたと言えるでしょう。彼らは困難な時期を乗り越え、時間が経つにつれて互いに和解の手を差し伸べることができました。この経験は、ポールがこの歌詞を通じて伝えたいメッセージに影響を与えた可能性があります。

この一節は、人生の様々な段階で私たちが直面する離別や再会のテーマに深く響くものです。たとえば、家族や友人との関係、恋愛関係など、人々はしばしば離ればなれになりますが、その距離が絆を強くすることもあります。時間と共に成長し、変化することで、再び結びつくチャンスを見つけることができるのです。

英語学習者にとって、この歌詞の表現は、条件節と結果節の関係を示す良い例です。”For though”は、ある状況にもかかわらずという意味を持ち、”there is still a chance”は、その状況に対する希望や可能性を示しています。このように、英語では複雑な感情や状況を繊細に表現するための豊かな文法構造を持っています。


解決への道 – “There will be an answer, let it be”

この歌詞のセクションは、「Let It Be」の中でも特に心に響くメッセージを持っています。”There will be an answer, let it be”というフレーズは、問題や困難に対する解決が時として自然に訪れること、そしてその解決を静かに待つことの重要性を示唆しています。

ポールが意図したであろうこのメッセージは、私たちが直面する様々な問題に対して深い共感を呼びます。たとえば、仕事や人間関係、健康など、人生で直面する困難は数え切れないほどあります。これらの問題に対して、私たちはしばしばすぐに解決策を見つけたいと焦ります。しかし、「Let It Be」のこの部分は、すべての問題に対して即座に答えを出そうとする代わりに、時には自然の流れに任せることの価値を教えてくれます。

実際、解決への道はいつも明確ではありません。時には、問題に立ち向かうことよりも、一歩下がって状況を静観することが最善の策となることがあります。このアプローチは、私たちにとって新しい視点を提供し、問題の根本的な原因をより深く理解する機会を与えてくれることがあります。

英語学習者として、この歌詞からは、”There will be”という未来形の表現に注目することもできます。これは、未来に起こることへの確信や予測を示しており、ここでは解決が必ず訪れるという強い信念を表現しています。一方で、”let it be”という表現は、受け入れや手放しの概念を示しており、英語におけるさまざまなニュアンスを理解する上で興味深い点です。


変化を恐れず受け入れる – “And when the night is cloudy, there is still a light that shines on me”

この歌詞のセクションは、「Let It Be」の中で特に心強いメッセージを伝えています。”And when the night is cloudy, there is still a light that shines on me” というフレーズは、困難や不確実性の時でも、常に希望の光があることを表しています。この光は、困難を乗り越える勇気や、暗闇の中で道を照らすガイドとなるものです。

リスナーがこの歌詞とその解説に共感できる瞬間は数え切れないほどあります。例えば、失敗や挫折を経験した時、未来に対する不安が高まった時、あるいは大切な人との別れを経験した時などです。これらの瞬間において、「夜が曇っていても、まだ私を照らす光がある」という考えは、どれほど励ましになるでしょうか。この光は、友人や家族からの支えであったり、内面から湧き上がる強さや希望であるかもしれません。

英語学習者として、この歌詞からは、比喩的表現や言葉の選択が生み出すイメージの力を感じ取ることができます。「夜が曇っている」は、困難や不確実性を象徴していますが、「まだ私を照らす光がある」という部分は、希望や解決への道がいつも存在することを示しています。このように、言葉一つ一つが持つ力を通じて、深い感情や状況を表現する英語の美しさを理解することができます。

このメッセージは、特に現代社会において重要な意味を持ちます。私たちは日々、変化や不確実性と向き合いながら生きています。その中で、私たちはどのようにして自分自身を保ち、前進し続けることができるでしょうか?「Let It Be」のこの部分は、そんな疑問に対する一つの答えを提供してくれます。それは、どんな時も変化を恐れず、暗闇の中でも希望の光を見出す勇気を持ち続けることです。そして、この光が私たち一人一人の心の中に、確かに存在することを忘れないようにしましょう。


平和への願い – “And in my hour of darkness, she is standing right in front of me”

この歌詞の一節は、”Let It Be”の中で特に感動的なメッセージを持っています。”And in my hour of darkness, she is standing right in front of me”という言葉は、困難や苦悩の時にも、希望や救いが常に存在することを象徴しています。ここでの「彼女」とは、直接的にはポール・マッカートニーの母親、メアリーを指していますが、より広い意味で、安らぎや平和をもたらす存在、あるいは高い精神的な力を表しているとも解釈できます。

ポールがこの歌詞を通じて意図したであろうことは、人生のどんな暗い時期にも、私たちを支え、導く光があるということです。彼の母親は、彼が若い時に亡くなりましたが、彼女の存在はポールにとって大きな意味を持ち続けています。このメッセージは、私たち一人一人にとって、個人的な意味での「光」が何であるかを考えさせます。

英語学習者として、この歌詞からは、言葉が持つ力と、文脈による言葉の意味の深さを感じ取ることができます。「hour of darkness」という表現は、比喩的に使われており、人生の最も困難な時期を指します。このように、英語では日常的な表現を通じて、非常に深い感情や状況を表現することが可能です。


知恵の言葉を囁く – “Whisper words of wisdom, let it be”

この歌詞の一節は、「Let It Be」の中でも中心的なメッセージを伝える重要なフレーズです。”Whisper words of wisdom, let it be” は、困難や不確実性の時でも、知恵の言葉を聞き、事態をそのまま受け入れることの重要性を示唆しています。この歌詞は、ポール・マッカートニーが母親から受けた助言を象徴しているとも解釈されています。彼の母親、メアリー・マッカートニーは、彼が苦しい時期に彼の夢の中に現れ、「Let it be」という言葉を通じて慰めと指針を与えたと言われています。

英語学習者にとって、この歌詞からは、言葉の選択とその背後にある深い意味を理解する機会があります。「Whisper」は、静かで優しい声の使い方を表し、内省や静寂の中で最も価値のあるアドバイスが与えられることを示唆しています。「words of wisdom」というフレーズは、年月を超えて受け継がれる普遍的な真理や知恵を意味します。「let it be」という表現は、受け入れと放棄の概念を示し、すべての答えが即座には得られないことを認識することの大切さを教えています。

「Let It Be」が楽曲全体で伝えるメッセージと意味

「Let It Be」は、ビートルズのメンバーであるポール・マッカートニーによって書かれ、1970年にリリースされました。この楽曲は、ビートルズのアルバム「Let It Be」に収録されており、同時にビートルズの最後のシングル曲となりました。この曲は、ビートルズの解散が近づいていた時期に作られ、その背景にはバンド内の緊張や個々のメンバーの人生における変化がありました。

ポール・マッカートニーは、この曲について過去にいくつかのコメントをしており、特に彼の母親、メアリー・マッカートニーへの言及が有名です。彼の母親は、ポールが若いころに亡くなっていますが、ポールは「Let It Be」において、母親が夢の中で彼に現れ、「問題に直面した時は、それを受け入れるんだよ」というメッセージを伝えたと語っています。このエピソードは、楽曲全体のテーマに強く反映されています。

楽曲が伝えたいメッセージは、人生における困難や不確実性に直面した時、ある種の受容の姿勢を持つことの重要性です。つまり、「Let It Be」とは、解決が困難な問題に直面した際には、その状況をそのままにしておき、時間が解決に導いてくれるのを信じるという姿勢を示しています。この曲は、心の平和を保ちながら、人生の試練を乗り越えるための静かな力をリスナーに提供してくれます。

また、この曲は希望のメッセージも内包しています。ポールは、自身やリスナーに対して、どんなに暗い時でも、常に希望の光が存在することを思い出させてくれます。その光は、内面からの強さ、愛する人からの支え、あるいは信念や信仰から来るものかもしれません。

Let It BeのMVについての考察

「Let It Be」のミュージックビデオが存在しない具体的な理由については、直接的な情報を提供できる資料を見つけることができませんでした。しかし、一般的な状況として、ザ・ビートルズが「Let It Be」をリリースした時期は、バンド内の不和が顕著になっていた時期と重なります。この時期、ザ・ビートルズは解散に向けての動きがあり、メンバー間の緊張が高まっていました。そのため、バンドとしての統一されたプロジェクトや、新しいプロモーション活動に取り組む環境にはなかった可能性が考えられます。

「Let It Be」は、ザ・ビートルズのアルバム及び同名の楽曲であり、1970年にリリースされました。この時期、バンドは既に公式な活動を停止しており、それぞれのメンバーがソロ活動に専念する方向に移行していました。このような背景の中で、ミュージックビデオを製作するという一般的なプロモーション活動が行われなかったのかもしれません。

また、「Let It Be」の楽曲やアルバムのリリースに関連するドキュメンタリーや、ローファイな映像は存在しており、これらが実質的なプロモーションやバンドのメッセージを伝える手段として機能していた可能性もあります。

ザ・ビートルズにとって「Let It Be」は、バンドとしての最後のアルバムとなり、その歌詞やメロディーは多くの人々に愛され、高く評価されています。ミュージックビデオが存在しないことは、その時代のバンドの状況を反映しているのかもしれませんが、楽曲自体の影響力や価値には影響を与えていないことは明らかです。

アーティストについて



ポール・マッカートニー

ポール・マッカートニーは、1942年6月18日にイギリスのリバプールで生まれた世界的に有名なミュージシャンで、ビートルズのメンバーとして最もよく知られています。彼はビートルズのベーシストとして、またジョン・レノンとともに多くのヒット曲を生み出したソングライターの一人として、音楽史にその名を刻んでいます。ビートルズ解散後も、ウイングスを結成し、その後はソロアーティストとしても活躍。数十年にわたるキャリアで、ポールは多くのアルバムをリリースし、数々の賞を受賞しています。その音楽性はポップ、ロック、クラシックに至るまで幅広く、現在も世界中で高い人気を誇ります。


The Beatles

The Beatles(ビートルズ)は、1960年にイギリスのリバプールで結成されたロックバンドです。メンバーはジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターの4人からなります。ビートルズは1960年代に世界的なブームを巻き起こし、ポップミュージックの歴史において最も影響力のあるバンドとされています。彼らの音楽は多岐にわたり、ロックンロールからポップ、サイケデリックロック、さらにはインド音楽の影響を取り入れた楽曲まで、ジャンルの枠を超えています。また、社会や文化に対する影響も大きく、若者文化やファッション、映画など多方面にわたってその足跡を残しました。1970年にバンドは解散しましたが、ビートルズの楽曲は今日でも世界中で愛され続けており、音楽は時代を超えて受け継がれています。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X