ENGLISH WORK公式

留学でホームシックが起こる根本原因12選【乗り越え方】

  • 投稿日時:2週間前

留学は多くの人にとって、夢の一つです。新しい文化を体験し、言語能力を高め、異なる背景を持つ人々との交流を楽しむことができます。しかし、この冒険が始まると、多くの留学生は予期しない感情に直面します。その中でも特に一般的なのが「ホームシック」です。異国の地で孤独感や不安を感じることは、誰にでも起こり得る自然な反応です。この記事では、「留学でホームシックが起こる根本原因12選」と、それを乗り越えるための効果的な「解消法」をご紹介します。留学生活をより豊かで充実したものにするために、これらのアドバイスを参考にしてください。


留学でホームシックが起こりやすい時期

  • 最初の3週間前後
  • 慣れてき始めた2ヶ月目前後
  • クリスマス、お正月、誕生日の時期など

最初の3週間

留学の初めの3週間は、まさに新しい環境に飛び込んだばかりの挑戦者にとって試練の時期です。この時期にホームシックを感じやすいとよく言われますが、その背景にはいくつかの理由があります。

まず、留学前に抱いていた理想と実際に目の当たりにする現実のギャップです。多くの人は出発前に、留学先の国やそこで暮らす人々について、ある程度理想化してしまいがちです。しかし、実際に留学先の空港に足を踏み入れ、イミグレーションの職員が予想以上に冷たい態度で接してきたり、ホームステイ先への送迎を担当するドライバーがビジネスライクで無愛想だったりすると、心理的なショックを受けることになります。

さらに、脳の疲労も大きな要因の一つです。日本での日常生活では、知らず知らずのうちに過去の経験や記憶を使って物事を処理していますが、留学先では周囲の全てが新しい情報で溢れています。出会う人、見る景色、体験する天気、店頭に並ぶ商品、さらには道路や電柱まで、全てが新鮮で、これによって脳には予想以上の負担がかかります。その結果、精神的に不安定になりやすくなるのです。

そして、言葉の壁も無視できません。英語力に自信を持って留学に臨んだものの、実際に留学先でコミュニケーションを取ろうとすると、自分の英語が全く通じなかったり、イミグレーションのスタッフの言うことが理解できなかったりと、思わぬ苦労に直面します。これらの経験は、自分の英語力を疑うだけでなく、孤立感や挫折感を深め、ホームシックを引き起こす大きな要因となり得ます。


慣れてき始めた2ヶ月目前後

留学生活も2ヶ月目に入ると、ひとつの節目を迎えます。この時期は、意外にもホームシックが顔を出しやすい時期と言われています。最初の数週間は新しい環境への適応で忙しく、生活の基盤を整えたり、学校での入学準備に追われたり、英語の壁に直面して必死になって学習したりと、忙しさのあまりホームシックを感じる余裕さえない人が多いです。しかし、2ヶ月目に差し掛かる頃には、生活にも多少慣れ、日常が一定のリズムを見つけ始めると、不思議と空いた時間が増えてきます。

人は、暇になると考える生き物です。そして、考えるということは、しばしばネガティブな方向に流れがちです。これは、ネガティブな感情が私たちを動かし、成長させる原動力になるからです。しかしながら、この感情が行き過ぎると、ホームシックの感情に飲み込まれてしまう人もいます。生活に慣れたとはいえ、まだ完全に現地の文化や環境に溶け込んだわけではないこの時期、人は自然と故郷の温もりや家族、友人との思い出に心を馳せがちです。

例えば、友達と過ごしたあの公園、家族で囲んだ夕食の風景、地元のお祭りのにぎわいなど、日常生活の中でふとした瞬間に、これらの思い出が脳裏をよぎります。特に週末になると、現地での友人関係がまだ十分に築けていない場合、孤独感は一層強まります。そんな時、SNSなどで日本の友人たちが楽しそうに過ごしている様子を目にすると、「もしも今、自分が日本にいたら」という思いが募り、心は日本に帰りたいと切望するようになるのです。


クリスマス、お正月、誕生日の時期など

特別なイベントが重なる時期、例えばクリスマスやお正月、誕生日などは、留学生にとってホームシックを強く感じやすい瞬間です。特に、英語圏の国々ではクリスマスが大規模に祝われ、街全体が華やかなデコレーションで彩られ、幸せに溢れているように見えます。家族や友人、カップルが一緒に時間を過ごしている姿は、自然と自分の置かれている状況と比較してしまうものです。

留学先でのクリスマスやお正月は、母国で過ごす時とは大きく異なります。例えば、日本ではお正月に家族が集まり、おせち料理を食べながら過ごすのが一般的ですが、留学先ではそうした文化がなく、ひとりで過ごすことが多いかもしれません。また、誕生日には、家族や友人と一緒にお祝いするのが普通ですが、留学中は時差や忙しさのため、大切な人と連絡を取るのも難しいことがあります。

これらのイベント期間中、留学生は特に孤独を感じやすくなります。街中が華やかな雰囲気であふれ、自分だけが取り残されたような感覚に陥ることも少なくありません。例えば、クリスマスイブに一人で過ごすことになった留学生が、友人や家族とビデオ通話をしても、画面の向こうで過ごす楽しげな様子を見て、より一層ホームシックを感じることもあります。

ホームシックになるとどんな症状が出る?


何もしたくなくなる

留学中に「何もしたくなくなる」瞬間は、ホームシックの一つの症状としてよく見られます。新しい環境、文化、言語との格闘の中で、突如として襲ってくるこの感覚は、留学生活における大きな壁となります。

例えば、語学学校に通っている留学生がいます。最初は言語を学ぶことに対して熱心で、毎日のようにカフェで勉強したり、現地の友人と英会話を楽しんだりしていたとします。しかし、ある日突然、彼はベッドから出ることさえ億劫に感じ始めます。「そんなに頑張って英語を覚えたところで、本当に意味があるのだろうか」という思いが頭をよぎり、以前のように勉強に取り組むことができなくなってしまうのです。この変化は、留学生自身にとっても予期せぬもので、自分がなぜこのように感じるのか理解できないことが多いです。

この状態は、まるで精神的に落ち込んでいた時に全てが灰色に見えるかのようです。以前は楽しみに感じていた活動でさえ、面倒に感じられ、意欲を完全に失ってしまうのです。この感覚は、一時的に「やる気」が消失してしまう現象であり、留学の目標や夢を持っていたとしても、その瞬間の感情が全てを支配してしまいます。


今まで感じたことのない孤独感

留学中に感じる孤独感は、これまでの人生で経験したことのない種類のものかもしれません。ホームシックの症状としてこの深い孤独感を挙げることができます。普段、私たちは見慣れた景色や家族、友人との日常の中で生活しています。食べ慣れた日本食があり、何か問題が起こっても、知り合いでなくても助けてくれるような信頼できる社会の中にいます。しかし、留学という新しい環境では、すべてが一変します。

見慣れない街並み、言葉の壁、文化の違い、そして一人での生活。シェアハウスでの暮らしや、表面的な関係にとどまる友人関係では、これまでのような深いつながりを感じることが難しいです。さらに、自分一人の力で生活の全てを賄わなければならない状況は、「もし何かあったらどうしよう」という不安を常に抱えてしまいます。

たとえば、語学のクラスで他の学生たちが自分の話題で盛り上がっている時、言葉が追いつかずに話に入れないことがあります。また、病気になった時、一人で病院に行くのが不安で、いつもは当たり前に感じていた家族の存在の大切さを痛感することでしょう。これらは、日本にいた時には感じたことのない種類の孤独感です。


情緒が不安定になる

留学生活中には、様々な課題やストレスが存在し、それが原因で情緒が不安定になることがあります。この症状は、ホームシックの典型的な現れの一つです。留学中、多くの学生が経験するこの心理状態は、単純な「帰りたい」という感情以上のものです。

「帰りたいけれど、帰ったら親に申し訳ない。目標を達成するためにここにいるんだから頑張らなきゃ。でも、本当は辛くて耐えられない」といった相反する感情が心の中で渦巻きます。一方で自分が選んだ道を進むべきだという強い意志がありながらも、異国の地での孤独やストレスがそれを覆してしまうのです。

例えば、期末試験の勉強中にふと、「こんなに頑張っているのに、成績が上がらなかったらどうしよう」と不安になります。その夜は眠れず、翌日は朝から気分が落ち込んでしまい、授業に集中できない。そんな時に、遠く離れた家族のことを思い出し、「今すぐにでも家に帰りたい」と強く感じるものの、「でも、家族は自分の留学を全力で支えてくれている。帰るわけにはいかない」と葛藤します。

このような情緒の不安定さは、時には涙が止まらなくなるほどの辛さを感じさせることもあります。しかし、この感情の山谷を乗り越えることが、留学生として成長する過程でもあります。


学校に行けなくなる

ホームシックに陥った際、その症状の一つとして「学校に行けなくなる」ことがあります。この状態は、精神的な不安定さが原因で起こります。留学生活においては、新しい環境の中でのストレスや、言語や文化の違いによる孤独感が、心だけでなく体力にも大きな影響を及ぼします。特に、夜に十分な睡眠が取れないことが増えると、朝起きること自体が一苦労になってしまいます。

「朝は希望に起き、昼は懸命に働き、夜は感謝に眠る」という理想的な生活リズムがあるものの、ホームシックによって希望を見出せず、朝起きる目的を見失ってしまうことがあります。このような心境にある時、学校へ行くのは非常に辛いものです。

さらに、語学留学の場合、学校を休んだとしても、特に何も言われないことが多く、ビザへの影響がないこともあって、一度休むと「問題ない」と思い込み、休みがちになってしまう傾向があります。これは、精神的なバリアが低下し、自己正当化しやすい状態になるためです。

例えば、ある学生が、連続して夜更かしをしてしまい、翌朝起きるのが辛くなったとします。最初は「今日だけ」と思って休んだものの、その日の自由な時間が心地よく感じられ、翌日も同じ理由で学校を休んでしまう。この繰り返しで、徐々に学校へ行くハードルが高くなっていくのです。


お腹を壊しがちになる

留学中に直面するさまざまな挑戦の中で、ホームシックは心理的なストレスとなり、その症状の一つとして「お腹を壊しやすくなる」ことがあります。精神と体は密接に関連しており、特に内臓は感情の影響を受けやすいと言われています。ホームシックによるストレスが高まると、お腹の調子を崩しやすくなるのはそのためです。

留学生が新しい国で過ごす中で、食生活の変化は避けられません。例えば、食材の違いや、調理方法、食文化の違いなど、体が慣れない食事を摂ることになります。これだけでもお腹の調子を崩しやすくなりますが、ホームシックによる精神的なストレスが加わると、さらに状況は悪化します。

ストレスが高まると、不安や寂しさからファストフードや刺激的な食事に手を出しやすくなりますが、これらはお腹に負担をかけ、状況を悪化させる原因となります。お腹を壊すと、体力の消耗はもちろん、学業や日常生活にも支障をきたし、精神的な辛さをさらに増大させることになります。

留学でのホームシックの解消法5選


日本語を話せる外国人の友達を見つける

留学中にホームシックを感じたとき、一つの効果的な解消法は日本語を話せる外国人の友達を見つけることです。留学を通じての最大の目的の一つは、言語能力の向上にあるため、多くの留学生が「留学しているからには、日本人と交流しない」と自分自身にルールを課すことがあります。さらには、英語力向上のために日本語を一切使わないように心がけている人もいます。

しかし、日本語を話せる外国人との友情は、留学生活において非常に貴重な存在となることがあります。その理由は、日本語を使うことで生じるコミュニケーションのスムーズさにあります。日本語を介して英語を学ぶことで、理解しやすい英語が増え、英語力の向上につながります。さらに、言語交換を通じて友情を深めることは、留学生活の孤独感を軽減し、ホームシックを感じにくくする効果があります。

例えば、あなたが英語の授業で難しい文法の説明を聞いているとき、日本語を話せる友達がその文法を日本語で説明してくれるかもしれません。このような場面では、日本語が架け橋となり、より深い理解に繋がります。また、その友達が英語のネイティブスピーカーであれば、あなたの英語表現を自然なものにしてくれるかもしれません。このように、日本語を話せる外国人の友達との交流は、英語力向上にも大きく寄与するのです。

この解消法を実践するにあたっては、言語交換イベントや留学生向けのソーシャルグループ、オンラインフォーラムなどを活用すると良いでしょう。これらの場では、異なる文化や言語に興味を持つ人々が集まり、互いに学び合う機会が広がっています。


学校を休んで海外旅行する

留学中に感じるホームシックの一つの解決法として、学校を休んで海外旅行に出かけることが挙げられます。ホームシックを感じる原因の一つに、視野の狭さがあります。つまり、自分の置かれている状況のネガティブな面ばかりを見てしまい、その結果として感じる閉塞感から抜け出せなくなっているのです。

同じ環境に長くいると、自分の視野が狭くなっていることに気がつきにくいものです。そんな時、異なる文化や風景を体験するために海外旅行をすることは、視野を劇的に広げるチャンスとなります。旅行によって新しい刺激を受けることは、ホームシックの感情を和らげるのに役立ちます。

たとえば、ヨーロッパでは比較的安価な交通費で多くの国を訪れることが可能です。イタリアで本場のピザを味わったり、スイスの雄大な自然を目の当たりにしたりすることで、留学生活へのモチベーションも自然と高まるでしょう。このような体験は、留学生活の中での一時的なエスケープではなく、新たな視点や学びを得る機会となります。

また、多くの語学学校では休学を許可していますので、計画的に旅行をすることが可能です。旅行を通じて異文化を体験し、異国の人々と交流することは、自分自身の成長にもつながります。さらに、旅行から戻った後は、留学生活に対する新たな意欲が湧いてくることでしょう。


全部どーでもいいやと手放してみる

留学中のホームシックに直面した時、時には「全部どーでもいいや」という心境で、重荷を一時的に手放してみることが一つの解決法になり得ます。留学生はしばしば、言語の壁、孤独感、将来に対する不安、帰国後の生活の心配など、多くのプレッシャーを背負っています。これらの重圧は、精神的なバランスを崩し、ホームシックの感情を強めてしまう原因になります。

このような状況に陥った時、自分自身に対して少し柔軟な姿勢を取り、すべてのプレッシャーから一時的に距離を置くことが大切です。すなわち、完璧を目指すのではなく、自分を許し、心地良さを追求することです。

例えば、毎日の英語学習が辛く感じるなら、一日だけでも、英語の勉強を休んで好きな映画を見たり、読書をしたり、音楽を聴いたりしてみてください。また、孤独感に苛まれるなら、自分の国の料理を作ってみる、家族や友人とビデオチャットをするなど、心が温まる活動をしてみることも有効です。

重要なのは、一時的にでも「全部どーでもいいや」という気持ちで、自分自身に休息を与え、心のリセットボタンを押すことです。これにより、精神的なストレスが和らぎ、ホームシックの感情も軽減されます。そして、心が落ち着いた後には、改めて留学生活に向き合う新たな気力が湧いてくるはずです。


英語以外の勉強を始める

留学生活におけるホームシックを軽減する一つの方法として、英語以外の勉強を始めることが挙げられます。留学といえば、多くの人が英語力の向上を目標に掲げますが、正直なところ、英語の勉強だけに集中していると、途中で飽きてしまうこともあります。さらに、英語力の向上は一朝一夕にはいかず、短期間で顕著な進歩を実感することは難しいものです。そんな時、別の分野の学習を始めることで、新たな刺激と成長の喜びを見出すことができます。

たとえば、プログラミングの勉強を始めてみるのはどうでしょうか。プログラミングは基本的に英語を使用するため、日本語で学習を始めても、実際にプログラミングをする際には英語のコードやドキュメントに触れる機会が増えます。難しい課題に直面した時には、海外のサイトで解決策を探したり、英語のフォーラムで質問したりする必要があり、この過程で自然と英語力も向上していきます。

また、プログラミング以外にも、現地の歴史や文化、芸術、スポーツなど、自分が興味を持てる分野を見つけて深く掘り下げてみるのも良いでしょう。これらの学習は、留学先での生活に彩りを加え、留学生活をより充実したものにする助けとなります。さらに、新しい分野の学習は留学先での友人作りのきっかけにもなり得ます。共通の興味を持つ現地の人々や他の留学生との交流は、孤独感を軽減し、よりポジティブな留学生活を送るための重要な要素となるでしょう。


趣味と関連したコミュニティに参加

留学中に感じるホームシックを和らげる効果的な解決法の一つは、趣味と関連したコミュニティに参加することです。留学生の多くは新しい環境で友人を作ることに苦労しており、特にホームシックを感じている時期には、友達が少ないと感じることがあります。海外で友達を作るのは決して簡単ではありませんが、趣味を共有できるコミュニティに参加することで、より自然に友情を育むことができます。

例えば、写真が趣味の場合、留学先でのフォトウォークイベントや写真クラブに参加することで、同じ趣味を持つ人々と出会い、交流を深めることができます。また、スポーツが好きなら、現地のスポーツクラブやジムでのアクティビティに参加することで、健康を維持しながら友達を作ることも可能です。

さらに、言語交換イベントへの参加もおすすめです。日本語と英語を学び合うランゲージエクスチェンジイベントでは、自然な形で異文化交流ができ、留学先での友達作りにつながります。これらのイベントは、共通の関心事を持つ人々が集まるため、会話のきっかけを作りやすく、友情が芽生えやすい環境です。

趣味と関連したコミュニティやイベントに参加することは、ただ友達を作るだけではなく、自分の興味や情熱を共有できる貴重な機会でもあります。また、新しい環境での自分のアイデンティティを再確認し、留学生活における孤独感やホームシックを軽減する効果があります。

日本人の友達を作る

留学中のホームシックを軽減する方法として、日本人の友達を作ることが挙げられます。留学する多くの人が、意図的に日本人と距離を置くことを選ぶかもしれません。これは、留学の目的を最大限に活かすため、あるいは言語能力を伸ばすためと考えられがちです。しかし、このようなアプローチが常に最善とは限りません。

日本人の友達を作ることには、数多くのメリットがあります。まず、言語の壁や文化の違いによるストレスから一時的に解放される機会を提供してくれます。また、その日本人の友達がすでに留学先での生活に慣れ親しんでいる場合、現地の文化や社会について有益な情報やアドバイスを得ることができます。

さらに、日本人の友達が他の国籍の人々と交流している場合、その繋がりを通じて新たな友人を作るチャンスに恵まれることもあります。実際に、他国の人々は自国のコミュニティ内で交流する傾向があり、異文化間の友情を深めるための架け橋となることが多いのです。

例えば、日本語サークルや日本文化に関心があるグループに参加することで、日本人の友達を作ることができます。これらの場では、共通の興味を持つ人々が集まるため、自然と会話が弾みます。そして、そこで得た繋がりは、留学生活をより豊かで楽しいものに変えてくれる可能性があります。

おわりに


留学中にホームシックを感じることは、決して負の経験ではありません。むしろ、それは自己成長の機会であり、自分自身をより深く理解するためのステップです。本記事で紹介した「留学でホームシックが起こる根本原因」と「解決法」を通じて、留学生活の中で直面するであろう挑戦に前向きに取り組むことができるでしょう。異文化を受け入れ、新しい友情を育むことで、留学生活はかけがえのない価値あるものに変わります。留学という貴重な経験を最大限に活かし、自分自身の人生を豊かにしていきましょう。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X