ENGLISH WORK公式

留学初日で帰りたくなる理由12選【解決法あり】

  • 投稿日時:2週間前

留学という新しい冒険を始める際、わくわくする期待感と同時に、不安や孤独感を抱えることも少なくありません。特に留学初日は、新しい国、言語、環境との最初の対面であり、多くの学生が「帰りたい」と感じる瞬間です。しかし、この感情はあなただけのものではなく、多くの留学生が経験する一般的なもの。本記事では、留学初日に帰りたくなる12の理由と、それらの感情を乗り越え、留学生活を楽しむための解決法を紹介します。留学は人生を豊かにする素晴らしい機会です。初日の壁を乗り越えれば、あなたを待っているのは無限の可能性と成長のチャンスです。


留学初日で帰りたくなる理由12選

期待が大きすぎる

留学を決めたとき、わくわくする気持ちと期待は天にも昇るほどでしょう。しかし、その期待が大きすぎることが、実は「帰りたい」と感じる最初のきっかけになることもあるんです。留学前、私たちはよくその国のこと、文化や人々について夢を膨らませます。日本のメディアも、外国で日本人に好意的な人々の話題をよく取り上げますよね。そういった影響で、現地の人全員が親切で、自分を特別扱いしてくれると想像しがちです。

でも、実際に留学初日、空港のイミグレーションで対応してくれるスタッフのぶっきらぼうな態度に驚くかもしれません。さらに、ホームステイ先までの道のりを無愛想なドライバーが運転する車で過ごすことになるかもしれません。確かに、ホームステイの家族は温かく迎えてくれることが多いです。しかし、街を歩けば、期待していたようなフレンドリーな顔ぶればかりではないことに気づくでしょう。

ここで大切なのは、これらがあなたの期待が大きすぎた結果であり、現地の人々とまだ十分に交流ができていないために起きている誤解である可能性が高いということです。初日からすべてを理解するのは無理な話。空港で少し荒っぽく扱われたとしても、それで心を折る必要はありません。実は、このような経験が人を成長させるんです。少しの不便や心の距離感を乗り越えることで、真の意味でその国の文化や人々を理解することができるようになります。


あまりにも新しい情報が入り込みすぎて脳が混乱してるだけ

留学の初日は、新しい情報の洪水に心が迷い、「帰りたい」と感じることがあります。普段私たちは、日常生活の中で自動的に動いていることが多く、意外と脳を使っていないものです。家から学校への道のり、電車に乗ること、友達との会話。これらはすべて、過去の経験を踏まえて、ほとんど考えることなく行っています。しかし、留学初日には、そのすべてが新しい情報であふれています。

海外に足を踏み入れると、目にするもの、聞こえる言葉、感じる空気。全てが新鮮です。道端の標識一つをとっても、普段見慣れないものですから、意識的に脳が情報を処理しようとします。そして、その処理には予想以上のエネルギーが必要となります。出会う人々の表情や言葉、街の雰囲気、店の並べ方。これら全てが新しい情報として脳に入ってくるため、自然と脳はオーバーヒートしがちです。

この状態で、もしネガティブなことを考え始めたら、脳にはそれをポジティブに変えるリソースが残っていません。例えば、語学学校での新しい出会いや英語がペラペラになることを楽しみにしていたはずが、不安や孤独感に押しつぶされそうになることも。しかし、この感覚は決して永遠に続くわけではありません。

留学の初日に感じるこの圧倒感は、実は心と脳が新しい環境に適応しようとしている証拠なのです。数日が過ぎれば、徐々に脳はこの新しい世界に慣れ、それまでのストレスが嘘のように感じられるようになります。そして、最初に感じた「帰りたい」という気持ちは、新しい友達との出会いや新しい発見によって、徐々に「ここにいたい」という気持ちに変わっていくでしょう。


睡眠不足で頭が混乱してるだけ

留学初日に「帰りたい」と感じる理由の一つに、睡眠不足による頭の混乱があります。特に、アメリカやイギリスといった遠い国への留学では、日本からのフライトで10時間以上、場合によっては20時間以上を要することが少なくありません。この長時間のフライト中、留学に対するわくわくと不安が交錯し、なかなか眠れない人も多いのです。

留学前夜、荷造りや最終確認で寝る時間が遅くなり、空港に向かう道中ですでに疲れがたまっている状態で、飛行機の中では時差ボケの先取りのような感覚に陥ることもあります。そして、いざ目的地に到着しても、新しい環境にわくわくする反面、疲れと睡眠不足で脳が正常に機能していない状態になることが少なくありません。

このように、普段経験しないレベルの睡眠不足は、感情のコントロールを難しくさせます。例えば、ホームステイ先でのちょっとしたトラブルや、現地の交通機関の使い方がわからないといった小さな問題に直面したとき、通常なら冷静に対処できるようなことでも、大きなストレスと感じてしまうのです。

しかし、ここで大切なのは、この状態は一時的なものであるということです。数日経てば、体内時計は新しい時間帯に合わせて調整され、しっかりと休息を取ることで、心も体も元の状態に戻ります。そして、その時初めて、留学という新しい生活の楽しみを全身で感じることができるようになるでしょう。


自分の英語力の低さをまざまざと見せつけられる

留学初日に「帰りたい」と感じる瞬間の一つが、自分の英語力の低さを痛感することです。多くの留学生が、実際に外国人とコミュニケーションを取る機会がほとんどないにも関わらず、「自分はある程度英語ができる」と過信しています。しかし、留学先の国に足を踏み入れ、イミグレーションのスタッフの質問に答えられなかったり、自分が話す英語が全く通じなかったりすると、その自信はたちまち打ち砕かれます。

たとえば、空港でのイミグレーションでシンプルな質問をされたにも関わらず、何を言われているのか理解できずにパニックに陥る。さらに、ホームステイ先の家族や現地の人との最初の会話で、自分の英語が全く伝わらない経験をする。これらは留学生なら誰もが経験するかもしれませんが、特に初日にこれらの体験をすると、「自分はこの異国の地でどうやって生きていけばいいのだろう」と絶望感に襲われることでしょう。

しかし、ここで重要なのは、留学の目的の一つが言語学習にあるということを思い出すことです。英語が初日から完璧に話せないのは当然のこと。実際、留学はその言語を学ぶ絶好のチャンスです。また、今はGoogle翻訳やChatGPTなどのツールがあり、言語の壁を乗り越える手段が以前に比べて格段に増えています。これらのツールを活用すれば、初日から言語の壁に阻まれることなく、留学生活をスタートさせることができます。


日本で一人暮らしをしてる時に風邪をひく絶望感の強化版

留学初日に「帰りたい」と感じる瞬間の一つが、まるで日本で一人暮らしをしている時に風邪を引いたときの絶望感を、さらに強化したような孤独感を味わうことです。異国の地で誰も自分を助けてくれる人がいないように感じ、些細なトラブルが起きただけで「自分はこのまま孤独に終わるのではないか」と思い詰めてしまうこともあります。

想像してみてください。新しい国に到着し、言葉も通じず、周りには知り合い一人いない。その上、長時間のフライトで体調を崩し、熱っぽく感じる。この時、一人で抱え込んでしまうと、まるで無人島に取り残されたかのような孤立感に襲われます。

しかし、このような状況でも決して絶望する必要はありません。人は思っているほど脆くなく、何かトラブルが起こったとしても、その解決策は必ず見つかります。たとえば、自分で解決できない時は、Google翻訳を使って簡単な英語でホームステイ先の家族に助けを求めることができます。また、LINEやメールで家族や友人に相談することも可能です。現代のテクノロジーは、言葉の壁を乗り越え、遠く離れた場所にいてもサポートを受ける手段を提供してくれます。

このような初日の孤独感は、留学生活の中で自立する大切な一歩です。自分で問題を解決しようとする努力は、自信と自己効力感を育て、将来的にどんな困難にも立ち向かえる力を養います。留学初日に感じる「帰りたい」という気持ちは、実は新しい自分への扉を開く鍵なのです。


安心感を与えてくれるものが何もないから

留学初日に「帰りたい」と強く感じる理由の一つは、安心感を与えてくれるものが何もないという現実に直面するからです。私たちは日常生活の中で、気づかないうちに見慣れた景色や、顔なじみの人々から大きな安心感を得ています。それらは、心の支えであり、私たちを安定させる大切な要素です。

しかし、留学先に足を踏み入れた瞬間、そのすべてが一変します。見慣れた街並み、友人や家族の顔、慣れ親しんだ日本の文化や言葉。これらが全くない状況に置かれると、まるで別の惑星に来てしまったかのような違和感を感じることでしょう。このような感覚は、特に初めて海外に行った人にとっては、極めて強く感じるものです。

この時、私たちの脳は一時的に危険信号を発することになります。これは、未知の環境に対する自然な反応であり、脳が正常に機能している証拠でもあります。しかし、この感覚は永遠に続くわけではありません。数日が経過すれば、留学先の環境にも少しずつ慣れ、新しい友人ができ、留学生活の楽しさを感じ始めることでしょう。

重要なのは、新しい環境でも自分自身で安心感を見つける方法を探ることです。例えば、ホームステイ先の家族との会話を通じて、徐々に新しい家庭に馴染む努力をする。また、留学先の街を散策し、自分のお気に入りの場所を見つけることも一つの方法です。さらに、現地の学生や他の留学生と交流を深めることで、新しい友情を育むこともできます。


孤独感を嫌でも感じる

留学初日に「帰りたい」と感じる大きな理由の一つは、避けられない孤独感です。私たち人間は、本能的に「孤独」を恐れます。なぜなら、遠い昔、原始時代において孤独は生存に直結する重大なリスクだったからです。「孤独=死」と直結していた時代、コミュニティから排除されることは、食料を得る手段を失うだけでなく、野生動物や他の集団からの攻撃に晒されることを意味していました。この深い恐怖は、私たちのDNAに刻まれ、孤独を感じると自動的に辛さや不安を感じさせる脳の反応を引き起こします。

しかし、留学初日に孤独を感じるのは全くもって自然なことです。新しい国、新しい環境、言葉の壁。これら全てが、一人で立ち向かわなければならない壁として立ちはだかります。しかし、それは一時的なものに過ぎません。留学は友人を作り、新しい文化を学び、自分を成長させる絶好の機会です。語学学校や大学、アルバイト先で出会う人々との交流を通じて、徐々に新しい友人や仲間を作っていくことでしょう。

さらに、孤独感を感じたとしても、あなたは本当に一人ではありません。日本には家族や友人がおり、留学先でもホストファミリーや学校のスタッフ、同じ留学生がいます。彼らはあなたの新しい冒険における味方であり、サポートを提供してくれるでしょう。ホストファミリーには、積極的に頼り、悩みや不安を共有することが大切です。彼らはあなたを受け入れ、支えてくれるためにそこにいるのですから。

留学初日の「帰りたい」を乗り越える方法


憧れの街を散歩してみる

留学初日に感じる「帰りたい」という気持ちを乗り越える一つの方法は、あなたが憧れてきた街を散歩してみることです。新しい国、新しい環境に足を踏み入れた時、誰もが感じる違和感や不安は、実は新しいものへの慣れていない脳の混乱から来ています。しかし、この感覚は一時的なもの。憧れの街を歩くことで、徐々にその感覚から解放されるでしょう。

たとえば、ロンドンに留学しているあなたなら、赤い二階建てバスが行き交う街並みを歩いてみましょう。テムズ川のほとりを散策し、遠くにそびえるビッグベンを眺めてみる。これらは、あなたが留学前に夢見ていた光景ではないでしょうか。その美しい景色の中を歩いていると、留学初日に感じた不安や孤独感は徐々に消え、新しい環境への期待やワクワク感に変わっていきます。

また、留学先での散歩は、その国の文化や日常に触れる絶好の機会です。地元の人々がどのように日々を過ごしているのか、地元のカフェで一息つきながらその様子を観察してみてください。そこでは、あなたが学校で学ぶ教科書の知識以上の、生きた文化や言語を体験することができるでしょう。


心の声を聞く

留学初日に「帰りたい」という気持ちを乗り越える方法の一つは、心の声に耳を傾けることです。新しい環境に足を踏み入れると、私たちの脳は自動的に危険信号を発することがあります。これは、本能的な反応であり、未知の状況に対する身の安全を確保しようとする脳の仕事です。しかし、ロンドンやシドニーのような安全な留学先においては、これらの反応がかえって私たちの足を引っ張ることもあります。

留学を決意した時、あなたはきっと多くの夢や希望を抱えていたはずです。それは、新しい文化を体験することかもしれませんし、流暢な英語を話せるようになりたいという目標かもしれません。または、留学を通じて、自分の将来に役立つ経験を積みたいと考えていたかもしれません。留学初日に感じる不安や孤独感が心を覆ったとしても、一度立ち止まって、留学前に描いていた夢や目標を思い出してみてください。

心の声を聞くことで、一時的な不安や恐怖を乗り越えることができます。心で考えてみてください。あなたが留学先で成し遂げたいこと、英語を話せるようになってどのような人生を送りたいのか。そして、その心の声に従いましょう。不必要にネガティブな思考に囚われてしまっても、何も良いことはありません。それは時間の無駄です。


好きなものを食べる

留学初日に「帰りたい」と感じた時、自分を責めたり、ネガティブな感情に飲まれたりすることは決してありません。そんな時こそ、好きなものを食べることが大切です。新しい国、新しい環境において、食は最も基本的な慰めとなり得ます。たとえその時、食欲がないと感じても、心が求めるものを食べることで、不思議と心が落ち着き、安心感を取り戻すことができます。

「せっかく留学に来たのだから現地の食事を楽しまなければ」というプレッシャーを感じるかもしれませんが、初日は特別です。その時に食べたいと思うものを食べることが、留学生活のスタートを切る上での小さなご褒美になります。日本食であれ、ファストフードであれ、スイーツであれ、その時の気分に合わせて選びましょう。

たとえば、ロンドンにいるあなたが、ふと日本のラーメンが恋しくなったら、迷わずラーメン屋を探してみてください。また、シドニーでステーキが食べたくなったら、地元のレストランで自分へのご褒美としてオーダーするのもいいでしょう。これらの食事は、留学初日の不安や孤独感を紛らわせるだけでなく、新しい環境における最初の楽しい体験となり得ます。


全力で目が腫れるほど泣く

留学初日に「帰りたい」と感じることは、誰にでも起こり得る自然な感情です。この圧倒的な感情を乗り越える方法の一つとして、思い切り泣くことが挙げられます。多くの人が、泣くことをネガティブな行為と捉えがちですが、実際にはその逆であり、泣くことには大きな価値があります。

子供がなぜ泣くのか、その理由を考えたことはありますか?それは、体内に溜まったストレスや不安、恐れといったネガティブな感情を外に放出するためです。泣いた後に子供がすっきりとして、また元気に活動するのを見たことがあるでしょう。しかし、大人になると社会的な規範や自己規制から、泣くことを避けがちになります。それにより、負の感情が心や体に溜まり、さらに精神的な負担を大きくしてしまうのです。

留学初日に感じる孤独感や不安、圧倒される思いを抱えている時、無理に強がらず、泣きたい時には泣くことをお勧めします。共感できる映画をNetflixで見るなどして、感情を外に出すことで、心の重荷を少しでも軽くすることができます。泣くことによって、心の中に溜まったネガティブなエネルギーを解放し、その後は心が軽くなり、新しい環境に対する前向きな気持ちを取り戻すことができるでしょう。


疲れが取れるまで寝る

留学初日に「帰りたい」と感じるとき、その根底にはしばしば体の疲れが関係しています。長時間のフライトや時差ボケは、私たちの体と心に相当な負担をかけるもの。そして、この寝不足と疲れが人の思考や感情に大きな影響を与えるのです。

留学の初日は、ある意味で試練の時。新しい環境、新しい挑戦に直面して、心身ともに疲弊してしまいがちです。しかし、ここで重要なのは、自分の体と心の声を聞き、必要な休息を取ること。疲れが取れるまでゆっくりと眠ることで、体力と精神力を回復させることができます。

もしかしたら、やらなければならないことが山積みで、休む暇などないと感じるかもしれません。しかし、体と心が十分に休息を取らないと、それらのタスクに対処する能力も低下してしまいます。疲れを感じたら、一旦すべてのことを忘れ、眠気に身を任せて眠りにつくことが最善の策。睡眠は、最も自然な回復方法の一つです。

疲れを十分に取った後には、心も体もずっと軽く感じられるでしょう。そして、新しい環境に対する心構えも、より前向きなものに変わります。留学は長いマラソンのようなもの。スタートダッシュを切る前に、しっかりと準備を整えることが重要です。


YouTubeで留学経験者の動画を見る

留学初日に「帰りたい」と感じるのは、決してあなただけの感情ではありません。この一見孤独に思える経験を、実は多くの留学生が共有しています。そんな時、心の支えとなるのがYouTubeで留学経験者の動画を見ることです。

留学経験者たちは、彼ら自身の初日の経験や、留学生活を通じて直面した様々な挑戦について語っています。そこには、言語の壁、文化の違い、孤独感、そして時には挫折感といった、多くの留学生が経験するであろう困難が包み隠さず描かれています。これらの動画を見ることで、「自分だけが感じているわけではない」という事実を知り、心の重荷が軽くなることでしょう。

留学初日に「帰りたい」と思う気持ちは、自分が劣っているからではなく、単に新しい環境への適応過程の一部なのです。留学経験者の動画を通じて、彼らがどのようにこれらの困難を乗り越え、成長していったかを知ることは、留学生活を豊かにする貴重なヒントになります。

また、これらの動画は、留学生活の楽しい面、達成感、新しい友達との出会い、異文化交流の魅力といった、ポジティブな経験にも光を当てています。留学生活が持つ無限の可能性を見ることで、留学初日の不安を乗り越える勇気とモチベーションを得られるはずです。

おわりに


留学初日に抱える不安や恐怖、孤独感は、留学生活の始まりにおける自然な反応です。しかし、これらの感情は乗り越えられないものではありません。本記事で紹介した「留学初日で帰りたくなる理由12選【解決法あり】」を通じて、留学生活を前向きにスタートさせるための具体的な方法を提案しました。心の声を聞き、自分自身を大切にすること。そして、新しい環境との出会いを楽しむ心構えがあれば、留学はあなたの人生にとってかけがえのない経験となるでしょう。この記事が、留学を考えているすべての学生にとって、一歩踏み出す勇気を与えることができれば幸いです。留学初日の不安を乗り越え、新しい世界での冒険を心から楽しんでください。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X