ENGLISH WORK公式

アイルランド留学驚愕のメリット・デメリット20選

  • 投稿日時:2週間前

アイルランド留学を考えている皆さん、この国が学びの場として提供してくれる無限の可能性について興味を持っていることでしょう。アイルランドは、豊かな自然、歴史的な背景、そして温かい人々に囲まれた国です。

しかし、留学という大きな一歩を踏み出す前に、この美しい国が持つメリットとデメリットの両面を理解しておくことは非常に重要です。このブログ記事では、アイルランド留学の驚愕のメリット・デメリット20選を通じて、留学生活のリアルな一面をお伝えしていきます。これから始まるあなたの留学生活が、より豊かなものになるよう、ここでの情報が一助となれば幸いです。


アイルランド留学のメリット9選

ヨーロッパ旅行に無限に行ける

アイルランド留学の大きなメリットの一つは、間違いなくヨーロッパ中を旅行する機会が豊富にあることです。日本から見ると、まるで夢のように聞こえるかもしれませんが、アイルランドから他のヨーロッパ諸国への移動は、想像以上に手軽なんですよ。驚くことに、片道たったの1500円からという格安で移動することができるのです。

特に、ヨーロッパでは低コスト航空会社(LCC)のサービスが非常に発展しています。その中でもアイルランド発のRyanairという会社は、超格安の航空券を提供していることで知られており、アイルランド留学生にとってはまさに神のような存在です。このように手頃な価格で航空券を手に入れられるため、語学学校の勉強に一息つきたい時には、気軽に数週間のヨーロッパ旅行を計画することが可能になるんです。

たとえば、ある日突然「ピザが食べたい!」と思ったら、イタリアへ。Netflixで韓国ドラマ「愛の不時着」を見て、ロマンチックな気分になったら、スイスの美しい自然の中で心を癒やす旅に出ることもできます。これらはすべて、アイルランド留学ならではの特権と言えるでしょう。

このようにアイルランド留学は、ただ言語を学ぶだけでなく、ヨーロッパのさまざまな文化や自然を直接体験することができる大きなチャンスを提供してくれます。例えば、週末に急に思い立ってパリの美術館を巡ることも、ロンドンでショッピングを楽しむことも可能です。また、スペインのバルセロナでサグラダファミリアを見上げながら、その壮大な建築美に感動する瞬間も、アイルランド留学生であれば手軽に体験できるのです。


アイルランド人はフレンドリーな人が多い

留学先としてアイルランドを選ぶ最大のメリットの一つに、アイルランド人のフレンドリーさが挙げられます。この点はよく聞く話かもしれませんが、実際に体験してみると、その真実味に驚かされます。留学生活の中で、地元の人々との温かい交流は、留学生活をより豊かで忘れがたいものにしてくれるのです。

私自身、留学時にこのフレンドリーさを身をもって経験しました。例えば、街を歩いているときに迷ってしまったとき、道を尋ねた地元の人は、ただ道順を教えるだけでなく、実際に目的地まで連れて行ってくれたことがあります。また、パブで一人で飲んでいると、隣の席の人が話しかけてきて、その日のうちに何人かの友人を作ることができたこともあります。このような経験は、アイルランドならではのものです。

最近、世界各国では移民問題や民族間の対立がニュースになることが多いですし、残念ながら一部の地域では外国人に対する差別が根強いことも事実です。特にアメリカでは、アジア人に対する偏見が強い地域もあると聞きます。しかし、アイルランドでの生活は、そうした問題から比較的自由であると感じました。もちろん、どこにいても差別に遭遇する可能性はゼロではありませんが、アイルランドの人々は基本的にオープンマインドで、留学生を温かく迎え入れてくれる傾向にあるのです。

実際、留学中に感じたのは、アイルランド人のコミュニケーション能力の高さと、誰に対しても平等に接する姿勢です。カフェでの小さな会話から、バスの運転手さんとのちょっとしたやり取りまで、日常生活の中でのふれあいが、留学生活をより楽しいものにしてくれます。そして、これらの経験は、言語能力はもちろん、異文化コミュニケーション能力を高める絶好の機会となります。


ヨーロッパからの留学生が多い

アイルランド留学が持つ大きなメリットの一つは、ヨーロッパ各国から集まる留学生の多さにあります。アイルランド自体がヨーロッパに位置しているため、自然とヨーロッパ内から多くの学生や社会人が語学留学のためにこの国を選びます。他の地域、例えばフィリピンのように留学すると、地理的な理由からアジア人留学生が多くなる傾向がありますが、アイルランドではその構成が大きく異なります。

この多様性は、留学生活において非常に豊かな刺激を提供してくれます。留学中に出会うヨーロッパ各国出身の友人たちは、異なる文化や言語、価値観を持っていて、それらを共有することで、自分の世界観を大きく広げることができます。例えば、イタリア出身の友人からは、地中海の美食について、ドイツ出身の友人からは、厳密な時間管理の重要性について学ぶことができます。

また、ヨーロッパ人の友人がいることで、留学生活がより一層豊かなものになることは間違いありません。実際に私が留学していた時には、さまざまな国から来た友人たちと深い交流を持つことができました。彼らとの会話の中で、それぞれの国の歴史や政治、文化について学ぶことができるのは、教室の中だけでは得られない貴重な経験です。

さらに、これらの友人との繋がりは、将来的にヨーロッパ内での旅行を計画する際にも大きなメリットとなります。友人が住む国を訪れる際には、彼らの家に宿泊させてもらうことができ、地元の人だけが知る特別な場所や体験を共有することができます。これは、ホテルや観光地だけでは味わえない、地元の暮らしを体験する絶好の機会となるのです。


イギリスやアメリカと比べ物価が安い

アイルランド留学の魅力の一つに、イギリスやアメリカと比較して物価が安いという点が挙げられます。同じ英語圏でありながら、アイルランドは特に生活費が手ごろであることが知られています。これは、アイルランドが都市部と田舎のバランスが取れた国であり、大都市圏のようにビジネスや観光で人が集中する地域が少ないため、生活コストが抑えられているからです。

具体的には、アイルランドの首都ダブリンでも、街の中心地に近い場所であっても、イギリスのロンドンやアメリカのニューヨークといった大都市に比べれば、かなりリーズナブルな価格で住居を借りることが可能です。実際に、留学生の間で人気のアパートを探してみると、予想以上に手頃な価格帯でオファーが見つかることに驚かされます。

カフェやレストランに関しては、日本のそれと比較すると少々高いかもしれませんが、スーパーマーケットでの食品購入においては、物価の高さをそれほど感じさせません。例えば、地元の野菜や乳製品は非常に質が良いにもかかわらず、手ごろな価格で提供されており、自炊をする留学生には大きなメリットとなります。

さらに、アイルランドの物価の魅力は、日用品や公共交通機関の利用料金にも表れています。公共交通機関は、特に学生割引が利用できる場合、非常に経済的で便利です。また、衣類や雑貨などの消費財も、一部高級ブランドを除けば、リーズナブルな価格設定がなされていることが多く、生活全般にわたって、学生に優しい価格帯が設定されています。

このような環境は、留学生活の中で非常に大きな安心材料となります。初めての海外生活、特に留学となると、生活費の面で不安を感じる人も少なくありません。しかし、アイルランドでは、比較的安価で生活の基盤を整えることが可能であり、それにより学業や異文化体験に集中できる環境が提供されています。


街が割と綺麗

アイルランド留学を検討する上で見逃せないメリットの一つが、その街の美しさと清潔さです。留学先を選ぶ際、日常生活の環境は非常に重要な要素となります。実際、人気の留学先であるフィリピンなどでは、街の清潔さが必ずしも保たれているとは限らないため、そうした環境にストレスを感じることも少なくありません。特に、住居において虫が出るなどの衛生的な問題に直面することもあります。

私自身も留学の経験がありますが、その際に感じた不快感は、日々の生活において無視できないものでした。しかし、アイルランドではこの点において安心できる環境が整っています。アイルランドは先進国であり、その街並みは整然としており、公共の場の清潔さが保たれています。もちろん、日本のように隅々まで行き届いた清潔さとは異なりますが、不快に感じるような汚さはほとんどありません。

アイルランドの都市部では、道路や公園が定期的に清掃されており、ゴミのポイ捨ても少ないため、街全体が清潔に保たれています。さらに、アイルランドの人々は環境に対する意識が高く、公共の場を汚さないよう心がけているため、街全体が美しい状態で維持されています。

留学生活では、学業のみならず、生活環境の快適さも重要な要素となります。清潔で整備された街並みは、留学生の心理的なストレスを軽減し、より学業に集中できる環境を提供してくれます。また、美しい街並みは、写真撮影などの余暇活動にも豊かな機会を提供し、留学生活をより楽しむことができます。

アイルランドの各都市、特にダブリンやコーク、ゴールウェイなどの主要都市は、歴史的な建築物とモダンな建築が調和した美しい景観を持っています。これらの都市での散歩は、留学生にとって心の癒やしとなり、新たな発見があるはずです。美しい街並みの中で過ごすことは、留学生活の質を高め、思い出深いものにしてくれるでしょう。


日本と同等の治安

アイルランド留学を検討する際、多くの人が気になるのが治安の問題です。幸いなことに、アイルランドは治安が良い国として知られており、これは留学生にとって大きなメリットです。日本の外務省のホームページをはじめ、多くの国際的な評価でも、アイルランドは「現在、危険情報は出ておりません」と位置づけられています。これは、留学先としての安全性において、非常に重要なポイントと言えるでしょう。

他国と比較してみても、アイルランドの治安の良さは際立っています。たとえば、フィリピンではしばしば危険レベルが1〜3に設定されることがあり、アメリカやイギリスも、地域によっては治安の悪いエリアが存在します。特定の地域では薬物中毒者が街中に溢れているなどの問題が指摘されることもあるのです。

しかし、アイルランドでは、そうした問題は比較的少ないと言えます。もちろん、夜間に女性が一人で外出するなど、基本的な安全対策は必要ですが、日本と同等レベルの治安の良さを享受することができます。実際、世界治安ランキングにおいても、アイルランドは常に高い位置にランクインしており、日本と同じく安全な国の一つとして認識されています。

このような環境は、留学生活において大きな安心材料となります。安全な国での生活は、学業に専念できるだけでなく、余暇時の外出や旅行を楽しむ際にも心配が少なく、充実した留学生活を送ることが可能です。アイルランドの都市部は、治安の良さに加えて、人々のフレンドリーさも相まって、留学生にとって非常に居心地の良い環境を提供しています。


自然がめっちゃ綺麗

アイルランド留学の大きなメリットとして、その圧倒的な自然の美しさが挙げられます。アイルランドは「緑の島」とも称され、四季を通じて緑豊かな風景が広がっています。この豊かな緑は、アイルランド特有の温暖湿潤な気候によるもので、訪れる人々の心を自然と和ませてくれます。

たとえば、首都ダブリンでも、広大な公園が市内各所に点在しており、日常生活の中で自然に触れ合う機会が豊富にあります。フェニックス・パークやセント・スティーブンズ・グリーンなどの公園は、市民の憩いの場であり、留学生にとっても日々のストレスを解放する絶好の場所です。また、住宅街にも広場や小さな緑地が多く、歩道と道路の間に植えられた樹木や草花が、街の隅々に自然の息吹をもたらしています。

このような環境は、大都市東京での生活ではなかなか味わうことのできない、特別な体験と言えるでしょう。東京では、ビルやアスファルトに囲まれた生活の中で、こうした豊かな自然に気軽に触れ合うことは難しいのが現実です。しかし、アイルランドでは、都市部に居ながらも緑溢れる自然を日常的に楽しむことができるのです。

アイルランドの自然は、都市部の公園だけではありません。国土全体が壮大な自然に恵まれており、クリフ・オブ・モハーのような雄大な崖や、ゴールウェイやケリー県のような美しい海岸線、グレンダロックのような古代からの歴史を感じさせる自然公園など、息をのむような観光地が数多く存在します。これらの場所は、留学生にとって週末や休暇を利用して、アイルランドの自然を体験し、リフレッシュする絶好の機会を提供してくれます。


独自のケルト文化がある

アイルランド留学の大きなメリットの一つに、その独自のケルト文化が存在することが挙げられます。アイルランドの文化は、古代から続くケルトの伝統に根ざしており、ドルイド教に代表される自然崇拝や多神教の要素が色濃く残っています。このケルト文化は、自然や伝説、音楽を通じて日常生活にも深く浸透しており、留学生にとっては新鮮で魅力的な体験を提供してくれます。

特に、ケルト音楽はアイルランド文化の象徴的な一面です。バグパイプをはじめとする独特の楽器が奏でるメロディーは、アイルランドならではのもので、パブなどで生演奏を聞くことができるのは、アイルランドならではの楽しみの一つです。例えば、「タイタニック」の映画の中でジャックとローズが踊ったあのシーンに流れる音楽も、アイルランドの伝統的なメロディーに基づいています。このように、アイルランドの音楽は世界中で親しまれているのです。

また、アイルランドには古代からの伝説や神話が数多く残されており、これらは口承文化を通じて現代に伝えられています。信仰の対象となる石や自然の中には、妖精や巨人といった神秘的な存在が関わってくるとされ、これらの物語はアイルランド人の心の中に生き続けています。

アメリカやオーストラリアも独自の文化を持っていますが、それらの国の歴史は比較的浅く、先住民の文化が忘れ去られがちです。しかし、アイルランドでは古代ケルト文化が現代まで色濃く残っており、これがアイルランドを訪れる人々にとって大きな魅力となっています。


学費が安い

アイルランド留学の魅力の一つに、他の英語圏の国々、特に隣国イギリスと比較して学費が安いという点があります。学費の安さは、留学を考える上で非常に重要な要素であり、アイルランドはその点で大きなメリットを提供しています。

イギリスと比べると、アイルランドの学費はかなりリーズナブルです。これには複数の理由がありますが、イギリスポンドの強さも大きく関わっています。イギリスポンドの価値が高いため、イギリスでの留学費用は、為替レートによってさらに高額に感じられることが多いのです。対してアイルランドでは、ユーロを使用しており、その結果、為替レートの面で少し有利になることもあります。さらに、物価の安さも相まって、全体的に留学費用を抑えることが可能になります。

実際に、イギリスで3ヶ月の留学プログラムに参加するのと同じ金額で、アイルランドでは6ヶ月程度留学できるケースも少なくありません。このように、アイルランドではより長期間の留学を手頃な価格で実現することができるのです。

例えば、ダブリンにある語学学校の場合、一般的な英語コースの学費は、イギリスのロンドンやオックスフォードにある学校と比較して、明らかに低価格です。また、アイルランド国内では、都市や学校によっても価格差がありますが、全体的に学生にとって負担が少ない傾向にあります。

この学費の安さは、留学中の生活費にも余裕を持たせることができるため、学業だけでなく、アイルランドの文化や自然を十分に楽しむことができます。また、余裕があれば、アイルランド国内やヨーロッパの他の国を旅行することも可能になり、留学生活をより豊かなものにすることができるでしょう。


ビザが簡単に降りる

アイルランド留学を考える際、ビザ取得のプロセスの簡便さは大きなメリットとして挙げられます。多くの留学生や専門家がこの点を指摘しており、私自身の経験からも、アイルランドへのビザ申請は非常にスムーズであることを実感しました。

特に、留学エージェントを利用した場合、ビザ申請の手続きはさらに簡単になります。私がアイルランドに留学する際には、エージェントを通じて必要な手続きを行いましたが、そのプロセスは思いのほかシンプルで、エージェントに必要な手数料を支払うだけで済みました。実際に空港に到着した際には、事前に準備していた書類をイミグレーションで提示するだけで、入国手続きが完了しました。

ただし、ビザの申請条件やルールは変更されることがありますので、留学前には必ず最新の情報を確認することが重要です。この点においても、留学エージェントを利用するメリットがあります。エージェントはビザの最新情報を常に把握しており、変更があった場合には迅速に対応策を提供してくれます。

このビザ取得の容易さは、留学準備のストレスを大幅に軽減してくれるため、学生にとっては非常にありがたい点です。他の国々では、ビザ申請が複雑で時間がかかる場合も少なくありませんが、アイルランドではそのような心配が少なく、スムーズに留学の準備を進めることができます。


国全体の雰囲気が比較的のんびりしている

アイルランド留学を考える際、この国全体が持つのんびりとした雰囲気は、大きなメリットの一つとして挙げられます。アイルランドは確かに先進国でありながら、その日常は東南アジア諸国のようなリラックスしたムードとは異なるものの、日本と比べると格段に人々の生活に余裕が感じられる国です。

この穏やかな雰囲気は、公共の場所においても顕著に感じられます。例えば、カフェやレストランで働く人々を見ていると、彼らが仕事を楽しんでいる様子が伺えます。日本のように時間に追われる感じではなく、一つ一つの仕事を丁寧に、かつリラックスしてこなしている姿は、見ていて心地よいものです。それでいてサービスは非常に丁寧で、仕事に対するプロ意識も感じられます。

この「のんびりとしたが、仕事はしっかりと」という姿勢は、留学生にとって新鮮なカルチャーショックとなり得ます。「これでいいんだ」という感覚は、日本の高速で効率的ながらもストレスフルな環境とは一線を画し、留学生活を通じて新たな生き方や働き方を発見するきっかけにもなります。

アイルランドの街中を歩いていると、そののんびりとした雰囲気がさらに感じられます。人々が公園で寛いだり、街角で友人と談笑したりしている様子からは、生活の中に溶け込む自然体の文化を感じ取ることができます。また、このゆったりとした時間の流れは、学校でも同様で、教師や学生たちとの間にもフレンドリーで開かれた関係が築かれやすいです。

留学生としてアイルランドに滞在している間、この平穏な雰囲気の中で学業に取り組むことは、精神的な安定にも繋がり、より充実した留学生活を送ることが可能になります。また、このような環境は自己成長にも大きく貢献し、新たな自分自身を発見する機会を提供してくれるでしょう。


お酒好きには天国

アイルランド留学がもたらす数々のメリットの中でも、特にお酒を楽しむ文化は、お酒好きにとっては天国のような存在でしょう。アイルランドはその豊かなビールとウイスキーの文化で世界的に有名です。特に、ギネスビールはアイルランドが世界に誇る名産品の一つであり、その深い味わいと黒い色合いは多くの人々を魅了してきました。

ギネスビールに関しては、多くの人が「ギネスブック」の名前の由来として知っていますが、実際にその名前はビールのギネスから来ています。アイルランドのパブで飲むギネスビールは、他のどの国で飲むよりも格別に美味しいとよく言われます。この独特なビールを、その発祥の地であるアイルランドで味わうことは、まさに特別な体験と言えるでしょう。

ウイスキーにおいても、アイルランドは多様な種類を誇り、それぞれに独特の風味と歴史があります。ウイスキーが苦手な人でも、アイルランドで生産されるハイクオリティなウイスキーを試したら、その魅力にハマってしまうかもしれません。実際にアイルランドのウイスキーは、世界中の愛好家から高く評価されており、ウイスキーテイスティングはアイルランド留学中のおすすめのアクティビティの一つです。

アイルランドのパブ文化は、ただお酒を楽しむ場所以上の意味があります。パブは地域社会の中心としての役割を果たし、人々が集まり、日々の出来事を語り合い、生演奏を楽しむ場所です。このような環境でアイルランドのお酒を味わうことは、単なる飲酒以上の価値があり、アイルランドの文化と人々の温かさに触れることができます。

アイルランド留学のデメリット7選


英語の訛りがかなり強い

アイルランド留学のデメリットとして、現地の英語の訛りの強さは挙げられることがあります。この特徴は、特に英語学習初期段階にある留学生にとっては、コミュニケーションの壁となることが少なくありません。私自身、留学中は自分の英語力、特にリスニングスキルに自信が持てずにいました。しかし、後になってYouTubeなどで様々なアイルランドの英語を聞く機会があった時、一般的なアイルランド人の話す英語の訛りがかなり強いことに気づきました。

アイルランド英語の訛りは、特に「r」の発音や語尾の上げ方に特徴があり、これが初耳の人には聞き取りにくいと感じられる原因になります。例えば、「car」を「cah」と発音するなど、一部の音が省略されたり、変化したりすることがあります。また、文のリズムや抑揚も独特で、これが英語の音楽性を大きく異なるものにしています。

確かに、語学学校の先生たちは比較的クリアな発音で英語を話すため、授業中には大きな問題はありません。しかし、現地の人々との日常的なコミュニケーションの中では、この訛りによって理解が難しくなることがあり、これが留学生活における挑戦の一つとなり得ます。

この訛りの問題に直面することは、一方で留学生にとって重要な学習の機会でもあります。異なる英語のアクセントや訛りに耳を慣らすことは、国際的な環境でのコミュニケーション能力を高める上で不可欠です。アイルランドでの留学は、このような言語的多様性に触れ、自身の英語理解の幅を広げる貴重な機会を提供してくれます。

経済的な余裕があり、よりクリアな英語の環境を求めるのであれば、イギリス留学も一つの選択肢です。しかし、アイルランド独特の訛りや文化に触れることは、留学という経験を通じて得られる独特の価値であり、この挑戦を乗り越えた時、より深い言語習得と文化理解が得られるでしょう。アイルランド留学は、ただ英語を学ぶだけでなく、言語の多様性を体験し、グローバルな視点を養う絶好の機会を提供してくれます。

田舎だからすぐ飽きる

アイルランド留学を考える際、見過ごせないデメリットとして、その田舎らしさからくる活動の制限が挙げられます。アイルランドは面積も小さく、経済的にも世界の大国と比べれば規模は限られています。特に首都のダブリンでさえ、街の規模は小さい方です。ショッピングセンターや飲食店の数も限られており、大都市東京などの生活に慣れている人にとっては、選択肢の少なさに驚くかもしれません。

このような環境は、日々の生活において「やりたいことが見つからない」と感じる瞬間に直面するかもしれません。特に、ショッピングや外食、夜遊びといった都市型の娯楽を好む人にとっては、アイルランドの生活が物足りなく感じられる可能性があります。

しかし、このデメリットはある視点を変えることで、むしろ留学生活の豊かな機会へと変わります。アイルランドの真価は、その豊かな自然とアウトドア活動にあります。緑豊かな丘陵、壮大な海岸線、神秘的な古代遺跡を探索することは、都市生活では決して経験できない貴重な体験です。自然の中でのハイキング、サイクリング、カヤックといったアクティビティは、身体だけでなく心もリフレッシュさせてくれます。

また、この「限られた」環境は、デジタルデトックスや自己反省の絶好の機会を提供してくれます。SNSやインターネットの氾濫する現代社会において、自然と向き合い、本を読んだり、絵を描いたり、またはただぼんやりと風景を眺める時間は、精神的な成長や創造性の源泉となり得ます。

Google、Apple、Facebook、Microsoftなどの拠点があるけど実は…

アイルランド留学とIT業界の現実
アイルランド留学を検討している方の中には、アイルランドがIT大国であると聞き、特に技術系の分野でキャリアを築きたいと考える人も少なくありません。実際、Google、Apple、Facebook、Microsoftなど、世界的なIT企業がアイルランドに拠点を置いていることはよく知られています。これらの情報から、アイルランドはIT技術者にとって理想的な国であると思われがちですが、この認識には一定の誤解が含まれています。

これらの企業がアイルランドにオフィスを構えている主な理由の一つは、実は節税目的です。アイルランドは「ダブルアイリッシュ、アンド、ダッチサンドイッチ」という税法を導入しており、この制度を利用することで、多国籍企業は利益の一部を税率の低い国を経由して移転させることができます。この税制優遇策は、アイルランド政府がIT企業を含む多国籍企業を国内に誘致し、税収を増やすための戦略の一環です。

しかし、この事実はアイルランドにおけるIT業界の実態を正確に反映しているわけではありません。多くの企業では、プロダクトの開発や主要な技術革新は、依然としてアメリカ本土などの本社で行われています。アイルランドに置かれているのは、マーケティング、セールス、カスタマーサポート、財務管理などの機能が中心で、高度な技術開発職の機会は比較的限られています。

このような状況は、技術系の分野で学び、将来的にIT業界で働きたいと考えている留学生にとって、留意すべき点です。アイルランド留学がIT技術者としてのキャリアを築く上で直接的なメリットをもたらすわけではないかもしれませんが、国際的なビジネス環境を学び、異文化間コミュニケーション能力を養う絶好の機会を提供します。

また、アイルランドはスタートアップ企業の活動が盛んであり、新しい技術やビジネスモデルに対する支援体制が整っています。このような環境は、革新的なアイデアを持つ人々にとっては魅力的であり、将来的に自身のスタートアップを立ち上げたいと考えている人にとっても、貴重な学びの場となるでしょう。

天気がどんよりしがち

アイルランド留学の際、多くの学生が直面するデメリットの一つに、その変わりやすい天候が挙げられます。イギリスがその不安定な天気でよく知られていますが、アイルランドもまた、類似の気候特性を持つ国です。一日の中で四季を経験するかのような天候の変化は、アイルランドに滞在する人々にとって日常的な風景です。朝は快晴で、昼過ぎには雨が降り、その後晴れ間が見えるものの、またすぐに雨が降り出す、といった状況は珍しくありません。

このような天気の変わりやすさは、留学生活において、計画を立てにくいという面で一定の挑戦となることがあります。外出の際には、常に傘を持ち歩くか、雨具を準備しておく必要があるでしょう。また、特に屋外での活動を計画している場合、天気の変わりやすさによってその予定が台無しになることもあり得ます。

しかし、このような天候の変わりやすさは、アイルランドの自然美を形成する重要な要素でもあります。雨が多いおかげで、アイルランドは年間を通じて緑豊かな景色を保つことができ、この「エメラルドアイル」としての美しさは、多くの人々を魅了して止みません。実際、雨後の清々しい空気や、雨上がりに現れる虹は、アイルランドならではの絶景と言えるでしょう。

また、天候の変わりやすさは、留学生にとって自然、人々の生活や感情との深いつながりを感じる機会を提供します。私自身、アイルランドの天気を通じて人間としての本能が呼び覚まされるような感覚を覚え、この独特の気候を愛するようになりました。

美味しい日本食はほとんどない

アイルランド留学のデメリットとして、美味しい日本食がほとんどないという点は避けて通れません。留学を始めた当初、日本食レストランの数の少なさに加え、提供される日本食の品質が低いことには正直なところ驚きました。しかも、それでいて価格は比較的高めで、日本円にして約2000円程度もすることが珍しくありません。日本食に対する強い懐かしみや渇望がある場合、この点は少々不便を感じることでしょう。

私の留学時代には、語学学校で知り合ったロシア人経営者の女性に、たびたび日本食をごちそうになることがありました。そのような温かい人々との出会いが、食文化の違いを乗り越える一つの助けとなりましたが、それでもやはり時折、本格的な日本食が恋しくなることがありました。

このような状況の中で、日本食を楽しむための一つの解決策として、自炊があります。実際、アイルランドにはアジア食材を扱うマーケットがいくつか存在し、そこで日本の調味料や食材を手に入れることが可能です。また、インターネットを通じて日本食材を購入することもできます。自らが厨房に立ち、少し工夫を凝らすことで、異国の地でも日本の味を再現する喜びを見つけることができるでしょう。

また、留学生活を通じて、他国の食文化に触れ、新たな料理を学ぶことも大きな魅力の一つです。アイルランドの伝統料理や、アイルランドで人気の各国料理を体験することで、留学の幅はさらに広がります。新たな食の発見は、留学生活における楽しみの一つと言えるでしょう。

気軽に外食できないから栄養バランス偏りがち

アイルランド留学中に直面する可能性のあるデメリットの一つは、外食の機会が限られているために栄養バランスが偏りがちになることです。ヨーロッパ全体として、日本のように気軽に外食を楽しめる文化が根付いているわけではありません。アイルランドでは、フォーマルなレストランやファストフード店が主な外食の選択肢となり、日本のように吉野家や大戸屋、日高屋といった気軽に食べられる飲食店のバリエーションが豊富ではないのが現状です。

このような状況は、特に日本で外食中心の生活を送っていた人にとって、栄養バランスを整える上での課題となり得ます。ファストフードやレストラン食に偏りがちな生活は、必要な栄養素をバランスよく摂取することを難しくします。

しかし、このデメリットは留学生活を通じて栄養学について学ぶ機会ともなり得ます。自炊をすることで、食材の選択から調理方法、食事のバランスまで、自身でコントロールすることが可能になります。アイルランドには、新鮮な魚介類や肉、豊富な野菜など、高品質な食材が揃っています。これらを活用することで、栄養バランスの取れた食生活を送ることができるでしょう。

例えば、地元のマーケットで新鮮な魚を購入し、オリーブオイルとハーブでシンプルに焼いた魚料理を楽しんだり、アイルランド産のじゃがいもを使ったヘルシーなポテトサラダを作るなど、留学生活を通じて新たな料理のスキルを身につけることができます。

また、留学生同士の交流を深める機会として、各国の料理を共有するポットラックパーティーを開催することも一つの方法です。このような活動は、異なる文化の食に触れる機会を提供するだけでなく、栄養バランスに対する意識を高めるきっかけとなります。

日本のものを買える場所はほとんどない

アイルランド留学の一つのデメリットは、日本の製品を手に入れる場所がほとんどないことです。ヨーロッパは多くの先進国を擁し、それぞれが独自の製品を持ち、市場には現地の企業が大きな影響力を持っています。この環境の中では、日本製品が市場に広く出回る余地が限られてしまうのです。特定の日本製品に強いこだわりがある場合、その品物を日本から大量に持参する必要があるかもしれません。

しかしながら、私個人の経験では、日本製品がなければ生活できないという状況には一度も遭遇しませんでした。実際、アイルランドのシャンプーや洗剤など、日常生活で使用する多くの製品は、日本のものと比べても遜色ない、あるいはそれ以上に好みに合うことが多かったです。特に、洗剤やシャンプーの香りには、現地のものの方が魅力を感じることもあります。

もちろん、日本特有の調味料や食品については、韓国系や中国系のスーパーマーケットで見つけることが可能です。醤油や味噌など、日本の食文化に不可欠な商品は、これらのアジア食品店で入手できることが多いです。近年、日本食が世界中で人気を集めている影響で、一般のスーパーマーケットでも日本食品を扱うことが増えています。ただし、その価格は日本国内で購入するのと比べて高額になることがあります。

アイルランド留学中に日本製品を手に入れることの難しさは、一見デメリットのように思えるかもしれません。しかし、これを機に現地の製品を試してみることで、新たなお気に入りを見つけることができるかもしれません。また、異文化を受け入れ、現地の生活様式に適応することは、留学生活の大切な側面です。日本製品が手に入りにくいという現実は、異文化理解と自立の過程で乗り越えるべき一つの課題と捉えることができるでしょう。

おわりに:アイルランド留学、その真価を見極めて


アイルランド留学のメリット・デメリットをひと通りご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?アイルランドでの学びは、単に学問を追求するだけでなく、新たな文化に触れ、自己成長を促す貴重な機会を提供してくれます。しかし、それには留学前にしっかりと準備をし、現地での生活に対する理解を深めておくことが不可欠です。留学は、人生の中で一度きりの経験かもしれません。その貴重な時間を最大限に活かすためにも、この記事で紹介したアイルランド留学のメリットとデメリットを参考に、自分にとって本当に価値のある留学生活を送ってください。アイルランドでの留学が、あなたの人生において忘れられない宝物となりますように。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X