ENGLISH WORK公式

ホテル暮らしにかかる費用10選【8年目の経験者】

  • 投稿日時:2週間前

近年、ユニークな生活スタイルとして「ホテル暮らし」が注目を集めています。世界各地を転々としながら、ホテルを自宅代わりにすることで、新たな自由や体験を求める人々が増えています。

しかし、このライフスタイルを実現する上で最も重要なのが、やはり「費用」の問題です。そこで本記事では、ホテル暮らしにかかる費用を10項目に分けてご紹介し、賢く管理するためのヒントをお伝えします。世界を舞台に生活を楽しみたい方、異国での長期滞在を考えている方にとって、役立つ情報を提供できれば幸いです。


私が実際にホテル暮らしで使っている費用


月額費用
ホテル代13万円(1泊4000円前後)
食費6万円
洗濯屋代3000円
SIMカード400円(1年分購入)
航空券2万円
交通費2万円
サブスク5000円
雑費1万円

ホテル暮らしの費用を細かく解説

ホテル代:月13万円

私がホテル暮らしをしている東南アジアでの生活における費用の中心となるのが、「ホテル代」です。実際に月額で約13万円をこのポストに充てています。東南アジア、特に私が選んで滞在するタイのバンコク、チェンマイ、シラチャ、パタヤや、ベトナムのホーチミン、ハノイといった都市では、1泊あたり約4000円で快適なホテルに泊まることが可能です。日本でこの価格で宿泊できるホテルを見つけるのは難しいですが、タイやベトナムではまだまだ現実的な選択肢です。

一見すると、6000円から7000円を出せば、さらに良いホテルに泊まれるように思えますが、実際には価格が上がってもホテルのクオリティに大きな差が出るわけではありません。そのため、私は4000円前後のホテルを選択し続けています。価格の違いは主に立地によるものが大きく、私は観光や遊びに興味がないため、立地が多少不便でも問題ないと考えています。

タイとベトナムを選ぶ理由についてですが、まずインフラの充実度が他の東南アジアの国々よりも優れている点が挙げられます。これは長期滞在には非常に重要な要素です。さらに、地元の食事が美味しいことも、日々の生活の質を高めてくれます。そして、忘れてはならないのが日本からのアクセスの良さです。直行便が存在することで、移動の手間や時間、コストを大きく削減できるのです。清潔さも非常に重要なポイントで、あまりにも衛生状態が悪い場所では長期滞在は困難です。これらの点を総合的に考えると、タイとベトナムは私にとって最適な選択肢となっています。


食費:月6万円

東南アジアでのホテル暮らしをしている中で、毎日の食事はどのようにしているのか、特に「食費」に関して皆さんが興味を持っていることでしょう。私の場合、月に約6万円を食費に充てています。この金額は、ホテル暮らしをする上で重要なポイントの一つです。私が選んで泊まるホテルにはキッチンが付いていないことがほとんどで、自炊にもあまり興味がないため、基本的に全ての食事を外食で済ませています。

外食の際には、その時の気分や好みに応じて、日本食、現地の食事、イタリア料理など様々なメニューを楽しんでいます。節約を心がければ、例えばベトナムのフォーのような現地料理を毎日食べることで、月3万円程度に抑えることも可能です。しかし、たまには日本食を楽しみたくなるため、最終的には約6万円前後になります。

実際、ホーチミンでは日本食が日本とほぼ同じ価格で楽しめるので、日本食が恋しくなった時には非常に重宝しています。また、ベトナム料理であれば、フォーをデリバリーで頼んでも一杯400円程度と、コストパフォーマンスが非常に良いのです。日本ではこのような価格では到底享受できない、特にフォーは日本国内で食べると1500円程度することも珍しくありません。


洗濯屋代:月3000円

東南アジアでのホテル暮らしをしている私にとって、日常生活における重要な部分を占めるのが「洗濯」です。しかし、ここでは自分で洗濯をすることはほとんどありません。なぜなら、街中には手頃な価格で洗濯をしてくれる洗濯屋さんが豊富にあるからです。実際、私が毎月洗濯に充てている費用は約3000円です。この金額で、私の洗濯物はいつもきれいになり、しかも畳んで返してもらえます。

東南アジアでは、洗濯屋さんのサービスが1kgあたり250円から400円で提供されていることが一般的です。この価格帯だと、自分で洗濯をするよりもずっと経済的で効率的です。日本にいた時は、ホテルに併設されているコインランドリーを利用していましたが、乾燥まで含めると1回につき約500円かかっていました。それに比べると、タイやベトナムの洗濯屋さんを利用する方が、コストパフォーマンスに優れていますし、洗濯から畳むまで全てを任せられるため、時間と労力を大きく節約できます。

洗濯屋さんを利用することのもう一つの大きな利点は、その便利さです。多忙な日々を送っていると、洗濯にかかる時間を他の活動に充てたいと思うものです。東南アジアの洗濯屋さんでは、服を持ち込んだその日に仕上がることも少なくなく、特に急ぎの場合にはこのスピーディーなサービスが非常に役立ちます。さらに、衣類を丁寧に扱ってくれるため、長く愛用しているアイテムも安心して預けることができます。


SIMカード:月400円

東南アジアでのホテル暮らしにおいて、日々のコミュニケーションや情報収集には欠かせないツールがSIMカードです。特に長期滞在者にとって、通信費は大きな関心事の一つです。私自身、初めて東南アジアで長期プランのSIMカードの存在を知った時は、その費用の安さに驚きました。実際、私が利用しているSIMカードは、月額でわずか400円です。

多くの旅行者が空港で手にする1週間用のSIMカードは、約2000円程度という価格設定ですが、実はそこには1年間有効の長期プランも存在しており、これが約5000円で購入できるのです。この事実を知った時、私は「価格設定がバグっている」とさえ感じました。しかし、これが東南アジアの通信費の実情なのです。考えてみれば、ベトナムの平均月収が4万円程度であることを踏まえれば、SIMカードが高額であるはずがありません。

この年間プランを利用することで、月にわずか400円で5G通信が100GBも使えるというのは、日本では考えられないことです。このようなコストパフォーマンスの高さは、東南アジアでの生活をさらに魅力的なものにしています。


航空券代:2万円

ホテル暮らしをしながら国際的に移動するライフスタイルを送る中で、大きな関心事となるのが「航空券代」の費用です。私自身、ビザの関係で約1〜2ヶ月ごとに国を移動しているため、これまでは片道2万円程度の航空券代を見込んでいました。かつては1万円ほどで移動することも可能でしたが、近年はインフレの影響を受けて、やや高額になってしまっています。

しかし、最近になって画期的なサービスを発見しました。それはエアアジアが提供する「乗り放題サービス」です。このサービスを利用すれば、年間わずか5万円でASEAN諸国内を自由に飛び回ることが可能になります。このプランを活用すれば、実質的な航空券代は月額で5000円程度にまで大幅に削減できる計算になります。この費用には燃油サーチャージや空港使用料など、通常発生する追加費用も含まれています。

このサービスの素晴らしい点は、ただコストを削減できるだけでなく、旅行の柔軟性が格段に上がることです。突然のビザ更新、あるいは予期せぬ出発が必要になった場合でも、高額な航空券代を気にすることなく、すぐに次の目的地へと移動できる自由が手に入ります。また、ASEAN諸国を自由に旅することで、文化や食、人々との出会いという、価値ある経験をより多くすることができるようになります。


交通費:2万円

海外でのホテル暮らしを満喫している私の生活において、日々の「交通費」は避けて通れない重要な要素です。特に、ベトナムのような東南アジア諸国での移動手段は、その便利さと経済性から、主にバイタクやタクシーを利用しています。実際、これらの交通手段にかかる費用は月額で約2万円となっています。

バイタクに関しては、ベトナムでは非常に手軽な移動手段の一つです。どこへ行くにも片道200円程度でアクセスでき、1日に2回程度の利用で月に12,000円程度に収まります。さらに、空港からの移動や特定の距離を超える場合などにタクシーを利用すると、トータルで月額2万円程度になる計算です。このような移動手段の選択は、現地の生活リズムや必要に応じて柔軟に調整しています。

私が交通手段に掛ける費用を管理しやすくしているのは、Grabというアプリのおかげです。このアプリを使うことで、バイタクもタクシーも簡単に呼ぶことができ、料金も予め確認できるため、無駄遣いを防ぐことができます。また、全てクレジットカード払いなので、後からの管理もしやすいという利点があります。このようにして、私は交通手段の利便性と経済性を最大限に活用しつつ、必要な場所にスムーズに移動できるようにしています。


サブスク代:5000円

現代のホテル暮らしを彩るものとして、「サブスクリプションサービス」の存在は欠かせません。私自身、Apple Music、Netflix、VPNなど、さまざまなサブスクサービスを利用しており、これらの費用は月額で合計約5000円です。これらのサービスは、海外での生活をより豊かで快適なものにしてくれます。VPNサービスを利用すれば、セキュリティを確保しつつ、地域によるコンテンツの制限を回避することも可能です。


雑費:1万円

ホテル暮らしを続けている中で、避けて通れないのが「雑費」の存在です。私の場合、可能な限りシンプルな生活を心掛け、物を持たないようにしていますが、それでも月に約1万円の雑費は発生しています。この費用は、スーツケースの修理や洋服の更新、日用品の購入など、予期せぬ出費をカバーするために必要です。

たとえば、ホテル暮らしをしていると、頻繁な移動が伴います。その結果、スーツケースはかなりの頻度で磨耗や破損に見舞われます。一度、車輪が完全に壊れてしまい、新しいものを購入するか修理するかの選択を迫られたことがありました。その時は修理で済ませることができましたが、こうした予期せぬ出費が雑費に含まれるのです。

また、洋服に関しても、長期間の旅行や生活により、自然と摩耗やファッションの変化による更新が必要になります。特に、気候の変化に応じて衣類を購入する必要が出てくることもあります。これらは全て、生活を快適に過ごすために避けては通れない出費です。

ホテル暮らしの費用を抑えるコツ


可能な限り全てクレジットカード決済

ホテル暮らしをしている際に、費用を抑える方法の一つとして、私が特に重視しているのが「可能な限り全てをクレジットカードで決済する」ことです。東南アジアをはじめとする海外での生活では、現金をあまり使わないようにしています。これにはいくつか決定的な理由があります。

まず、海外で現金を引き出す際には、手数料がかかる上に、交換レートも決して有利ではありません。これらのコストを避けるため、私は日々の支払いにクレジットカードを活用しています。クレジットカード決済のメリットは、手数料の節約だけに留まりません。多くのカードでは、利用金額に応じてポイントが付与され、これらのポイントを航空券やホテルの割引、さらには現金や商品券への交換に利用できるため、実質的な節約にもつながります。

特に海外での生活では、Grabという配車サービスアプリが非常に便利です。Grabを使用することで、タクシーやバイクの配車はもちろん、フードデリバリーや日用品の配送サービスまで、クレジットカード一つでまかなうことが可能になります。このようにして、食事から移動、日常生活に至るまで、ほとんどの支出をクレジットカードで完結できるため、現金の携帯や管理の手間が大きく軽減されます。

加えて、クレジットカードを用いることで、支出の管理も容易になります。多くのクレジットカード会社では、オンラインでの明細確認が可能であり、月々の支出をリアルタイムで把握しやすくなります。これは、予算管理において非常に役立ち、無駄遣いを防ぐ上でも効果的です。


ちょっと街から離れたホテルに滞在する

ホテル暮らしをしている中で、費用を抑えるために私が特に注目しているのが「ちょっと街から離れたホテルに滞在する」という戦略です。特にタイやベトナムのような人気の旅行先では、中心地に位置するホテルの料金は高額になりがちです。中には、クオリティに比べて一泊6,000円以上する場合も少なくありません。これは、明らかに観光客向けの価格設定であり、その国の一般的な物価とは乖離しています。

このような「観光客価格」を避けるために、私は意識的に中心地から少し離れた場所にあるホテルを選ぶようにしています。その結果、一泊3,000円から4,000円程度で、十分に快適で広い部屋を提供するホテルを見つけることができます。この戦略によって、滞在費を大きく削減できるだけでなく、より地元の生活に近い体験をすることも可能になります。

たとえば、私が最近滞在したホテルは、バンコクの中心部から少し離れた場所にありましたが、清潔で広々とした部屋、親切なスタッフ、そして快適なアメニティを備えていました。さらに、このホテルからは地元の市場やレストランに簡単にアクセスでき、本格的なタイ料理を手頃な価格で楽しむことができました。このように、中心地から少し離れた場所に滞在することで、観光地では味わえない地元の魅力を発見することができます。


海外の食事に慣れる

ホテル暮らしをする上で、日々の食事は大きな費用となり得ます。特に、日本食にこだわると、海外での食事費は予想以上にかさみがちです。しかし、現地の食事に慣れることができれば、ホテル暮らしに伴う費用を大幅に抑えることが可能です。私自身、海外にいるとどうしても日本食が恋しくなりますが、これが意外と出費を増やす一因となっています。

海外で日本食を食べる場合、1食1,000円以上は当たり前のようにかかってしまいます。これに対して、現地の食事に切り替えれば、1食500円以下で済むことが多いです。たとえば、タイではガパオライスやカオマンガイがお手頃価格で提供されており、これらの料理は非常に美味しく、現地の食文化を楽しむことができます。ベトナムにおいても、フォーやバインミーといった地元の料理は安価でありながら満足度が高いです。


ホテル暮らしで浮いた時間を全て仕事に投下する

ホテル暮らしをする上で、費用を抑える方法の一つとして、仕事により多くの時間を割くことが挙げられます。実は、ホテル暮らしは家事やその他の雑務から解放されるため、驚くほど多くの時間を仕事に注ぐことが可能になります。この点が、ホテル暮らしの最大のメリットの一つと言えるでしょう。

具体的には、通常の生活を送っていると家事に費やす時間が意外と大きく、これが仕事の時間を圧迫していることに気づかされます。しかし、ホテル暮らしでは部屋の清掃から食事の準備まで、多くのサービスが提供されるため、それらの時間を仕事に充てることができます。特に、デジタルコンテンツの制作に携わっている人であれば、YouTube、SNS、ライブ配信などの活動に更に時間を割くことができ、結果として収入増につながります。


繁忙期に日本に帰国しない

ホテル暮らしを続ける中で、出費を抑えるために意識していることの一つに、繁忙期に日本へ帰国しないという戦略があります。特に、海外での生活を送る際に重要なのが、日本への帰国費用をいかに節約するかです。年末年始、クリスマス、ゴールデンウィーク、夏休みなどの繁忙期には、航空券やホテルの料金が通常よりも高騰します。これらの期間に帰国すると、必然的に旅費が跳ね上がるため、特別な理由がなければ避ける、または早めに予約するなどの対策が必要になります。

ビザの有効期間が長い国に滞在する

ホテル暮らしの費用を効率的に管理する上で、重要なポイントの一つが「ビザの有効期間が長い国に滞在する」という選択です。海外で生活する際、頻繁な国境越えは、移動コストだけでなくビザ取得に関わる手数料や手間も増やしてしまいます。そのため、できるだけ長期間の滞在が許される国を選ぶことが、コスト削減のカギとなります。

具体的には、タイ、ベトナム、マレーシアなどが、ビザの有効期間が長く、比較的滞在しやすい国としてお勧めです。たとえば、タイではビザなしで入国した場合、最初の1ヶ月滞在が許可され、さらに現地で1ヶ月の延長が可能になっています。ベトナムでは、特定の国の国民に対しては45日間のビザなし滞在が認められており、マレーシアでは90日間という長期のビザなし滞在が可能です。

これらの国では、比較的簡単に長期滞在ができるため、滞在費用の大きな削減が見込めます。例えば、タイやマレーシアでは、長期滞在に適したホテルやアパートメントが豊富にあり、月単位での契約を行えば、一泊あたりの宿泊費を大幅に抑えることができます。また、現地での生活コストも比較的低いため、日々の食事や移動費用も節約しやすくなります。

日本からの直行便がある国

海外でのホテル暮らしを検討する際、費用を抑えるために考慮すべき重要な要素の一つが、日本からの直行便がある国を選ぶことです。乗り継ぎが必要な場合、それだけで航空券の価格が上がり、移動に要する時間も長くなってしまいます。そのため、直行便でアクセスできる国を選ぶことは、時間とコストの双方を節約する上で非常に有効な手段となります。

特に、物価の安いタイ、ベトナム、マレーシア、インドネシア、フィリピンなどは、日本からの直行便も多く、海外での生活費も比較的低く抑えられるため、ホテル暮らしをするのに適しています。たとえば、タイのバンコクやベトナムのホーチミンなどは、直行便で約6時間から7時間で到着します。これらの都市は観光地としても人気が高いため、航空券の価格競争もあり、時期によっては非常にリーズナブルな価格でチケットを手に入れることができます。

また、直行便を選ぶことで得られるメリットは、時間とコストの節約だけではありません。長時間のフライトや乗り継ぎによる疲労を最小限に抑えることができるため、到着後すぐに新しい生活をスタートさせることが可能です。特に、仕事や趣味、現地での活動を早期に開始したい場合には、この点が大きな利点となります。

どうやってホテル暮らしの費用を捻出している?

ホテル暮らしを続けるにあたって、最も頻繁に寄せられる質問の一つが「どうやって生活費を捻出しているのか」というものです。私の場合、収入源は全てオンライン事業から得られています。大学卒業後、約8年間にわたりホテル暮らしを続けてきた経験を振り返ると、その過程で様々なチャレンジをしてきました。

大学在学中から、将来は海外で生活したいという強い願望がありました。その夢を実現するため、インターネットを活用して収入を得る方法を模索し始めました。初めは試行錯誤の連続で、多くの挑戦がうまくいかない時期もありました。しかし、諦めずにさまざまなビジネスモデルを試し、経験と知識を積み重ねていきました。

現在では、YouTube、SNS、ライブ配信といったプラットフォームを活用して、収益を上げる方法が大きく広がっています。私自身もこれらの手段を駆使し、オンラインでのビジネスを展開することで、ホテル暮らしを続けるための費用を確保しています。特に、コンテンツ制作やアフィリエイトマーケティング、オンラインコンサルティングなど、多岐にわたる事業を手掛けてきました。

日本でのホテル暮らしの費用について

日本でホテル暮らしを考える際、その費用対効果については慎重に検討する必要があります。日本国内でのホテル暮らしには一定の魅力がありますが、実際のコストを考慮すると、多くの場合、推奨できる選択肢とは言えません。

特に近年、インフレの影響を受けて、ビジネスホテルの料金も上昇傾向にあり、1泊あたり1万5000円程度が普通となっています。これを月額に換算すると、約45万円という計算になり、決して低くはない生活費が必要となります。

このような費用を考えた場合、同等の金額をアパートやマンションの賃貸に充てれば、より広いスペース、プライバシー、そして生活の質の向上が期待できます。また、長期的な住居を確保することで、安定した日常生活を送ることが可能になります。

おわりに


「ホテル暮らしにかかる費用10選」を通じて、海外や日本でのホテル暮らしをより身近に感じていただけたのではないでしょうか。ホテル暮らしは、ただ単に滞在費用がかかるだけでなく、ライフスタイルそのものを大きく変える可能性を秘めています。しかし、賢い選択と計画を行うことで、このユニークな生活スタイルも決して手の届かない夢ではありません。本記事が、皆さんのホテル暮らしや海外での生活計画に少しでも役立つことを願っています。夢を実現するための一歩を踏み出す際に、今回の記事が良い指針となることを祈っています。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X