ENGLISH WORK公式

ホテル暮らしの驚愕メリット・デメリット25選

  • 投稿日時:2週間前

近年、従来の住居形態に代わる新たなライフスタイルとして、「ホテル暮らし」が注目を集めています。ホテル暮らしは、その手軽さや快適さから一定の支持を得ていますが、一方で様々なデメリットも存在します。このブログ記事では、「ホテル暮らしのメリット・デメリット25選」と題し、ホテルでの長期滞在がもたらす様々な利点と課題について、実体験に基づいた深い洞察をご紹介します。


ホテル暮らしのメリット15選

ホテル暮らしの方が賃貸より安い

ホテル暮らしのメリットの一つとして、実は賃貸住宅に住むよりも経済的にお得であることが挙げられます。一般的には、「ホテル暮らし=高価」というイメージをお持ちの方が多いかもしれません。確かに、都心部や人気の観光地では高額な料金が設定されているホテルもあります。しかし、地域によっては驚くほどリーズナブルな価格で長期滞在が可能なホテルも存在します。

例えば、私が経験した東南アジアでのホテル暮らしを例にとると、1泊あたり3000円から4000円で、清潔で快適なホテルに滞在することができます。これを一ヶ月換算すると、約9万円から12万円程度になります。日本の都市部で賃貸アパートやマンションに住む場合、家賃だけでなく光熱費やインターネット料金、さらには定期的な清掃代など、追加の出費が発生します。これらを全て合計すると、ホテル暮らしの方が経済的に有利なケースも少なくありません。

ホテル暮らしでは、家賃の他に光熱費やインターネット料金、日常生活で必要な清掃サービスやアメニティ(ティッシュやトイレットペーパーなど)が含まれています。このため、月々の支払いをシンプルにし、予算管理がしやすくなるという利点もあります。また、家具や家電の購入、引越し費用など、初期費用がかさむ賃貸住宅と比較して、入居時に必要な費用がほとんどかからない点も大きな魅力です。


コスト管理が圧倒的に楽

ホテル暮らしの大きなメリットの一つに、生活費のコスト管理が非常に簡単であるという点が挙げられます。普通、賃貸住宅に住む場合、水道光熱費、インターネット料金、日用品の購入費用、家の清掃代など、様々なコストが発生し、これらはそれぞれ別々のタイミングで請求されます。そのため、月々の支出を一目で把握し、予算管理をするのが難しくなりがちです。特に、支払いの日にちがバラバラであるため、「今月はどれくらいの出費があるのか」「給料で全ての支払いを賄えるだろうか」というような不安を抱える人も少なくありません。

しかし、ホテル暮らしの場合はこのような心配から解放されます。例えば、1泊5000円のホテルに滞在する場合、その料金には上記で述べたような様々な生活コストが全て含まれています。これにより、毎月の支出をシンプルにし、計画的な予算管理が可能になります。私自身、10年以上ホテル暮らしを経験していますが、基本的に考えるべきはホテル代と食事代だけで、これがいかに精神的な負担を減らすか、計り知れません。

さらに、ホテル暮らしは予期せぬ出費がほとんどありません。賃貸住宅では、急な修理が必要になったり、家具や家電の買い替えが発生したりすることがありますが、ホテルではそのような心配が不要です。もし何か問題が発生した場合は、ホテルのスタッフが迅速に対応してくれますので、追加費用を心配する必要がありません。


不動産会社や管理会社へのムカつきが減る

ホテル暮らしのメリットとして、不動産会社や管理会社に対するストレスが大幅に軽減される点が挙げられます。賃貸住宅を借りる際には、敷金や礼金、さらには仲介手数料といった、海外ではあまり見られない特有の制度に戸惑う方も少なくありません。これらの初期費用は、特に日本の都市部では非常に高額になることがあり、多くの人がその理由や正当性に疑問を持っています。

私自身、かつて東京で月30万円の賃貸住宅に住んでいた際、物件の賃料に関わらず一律に賃料1ヶ月分の仲介手数料を支払うシステムに疑問を感じました。さらに、契約解除時には、部屋のどの傷が自分がつけたものか明確でないにも関わらず、敷金の半額にも相当する15万円の修繕費を請求された経験があります。このような経験は、多くの賃貸住宅の借り手が共感できるストレスの一つではないでしょうか。

一方、ホテル暮らしではこのような問題に直面することがありません。ホテルの利用では、入居時に敷金や礼金、仲介手数料を支払う必要がなく、また、室内の傷に対しても、日常の使用によるものであれば特別な費用を請求されることはほとんどありません。このため、賃貸契約におけるさまざまな費用の正当性について悩むことなく、より気軽に生活を楽しむことができます。


保証人も不要で、審査もなし

ホテル暮らしにおける顕著なメリットの一つは、入居に際して審査が必要ないこと、そして保証人を求められない点です。賃貸物件を借りる際には、しばしば面倒な審査プロセスを経なければなりませんし、保証人の用意が必須となることが多いですよね。特に、フリーランスや起業家など、不定期な収入を持つ人々にとっては、理想の物件を見つけても、審査を通過できない可能性が高く、非常にフラストレーションが溜まるものです。

日本の賃貸市場では、安定した収入や保証人の提出が求められることが一般的で、これは時に創造的な職業や新しいビジネスを展開している人々にとって大きな壁となります。しかし、ホテル暮らしでは、このような障壁が存在しません。自分が望むグレードのホテルを選び、滞在費を支払うだけで、快適な居住空間を確保できます。

想像してみてください。例えば、フリーランスのデザイナーや小さなスタートアップを立ち上げたばかりの経営者が、新しいプロジェクトのために都市部に一時的に滞在する必要があるとします。賃貸市場では、彼らのような職業の人々は審査で不利になりがちですが、ホテルならばその日からでも快適な滞在が可能です。また、滞在期間が不確定な場合でも、ホテルならば柔軟に対応できるため、仕事のスケジュールに合わせて生活を計画することができます。


その時の収入に応じてホテル代を調整できる

ホテル暮らしの魅力の一つは、現在の収入状況に応じてホテル代を柔軟に調整できる点です。フリーランスや事業主の方々は、収入が不安定なことがしばしばあります。ある月は収入が良く、次の月はそうでないことも少なくありません。このような状況で、高額な賃貸マンションの固定費を抱え続けることは、精神的にも経済的にも負担となり得ます。

一方で、ホテル暮らしでは、自分の経済状況に応じて、住む場所のグレードを上げたり下げたりすることが可能です。例えば、事業が軌道に乗り収入が安定している時期には、少し贅沢なホテルに滞在することができます。逆に、売上が落ち込んだり、大きな投資が必要になったりする時期には、コストパフォーマンスの高いホテルに移ることで、経済的な負担を軽減できます。

特に、東南アジアのような地域では、2000円台でも十分快適な生活ができるクオリティのホテルが多数存在します。このような地域では、収入が少ない月でも、生活の質を大きく落とすことなく暮らすことが可能です。これは、収入が不安定なフリーランスやスタートアップ経営者にとって、非常に大きなメリットと言えるでしょう。


買い物の手間、清掃の手間が省ける

ホテル暮らしの大きなメリットの一つは、買い物や清掃などの日常生活を維持するための様々な手間が省けることです。多くの人が感じるであろうこの点は、特に忙しい日々を送る中で非常に価値が高いです。私自身、以前は東京の千代田区で一人暮らしをしており、日々の買い物や部屋の清掃に追われる生活を送っていました。仕事で疲れ切って帰宅した後、部屋の片付けや水回りの掃除をするのは、正直なところとても気が重いものでした。時には、1週間以上部屋の掃除を放置し、気づけば住環境が悪化し、気分まで暗くなることがありました。

しかし、ホテル暮らしに移行してからは、このような日々のストレスから解放されました。ホテルでは、部屋の外に「Please Make Up Room」という札をかけるだけで、清掃スタッフが部屋をきれいにしてくれます。これは、日常生活の中で積み重なる小さなストレスを軽減する大きな助けとなります。また、ホテルの多くはルームサービスを提供しており、必要なものがあればフロントに電話一本で届けてもらうことができます。このように、生活必需品の買い物に行く手間も省けるため、時間をより有効に活用することが可能です。


部屋に虫が出ても、自分で対処する必要ない

ホテル暮らしのメリットの一つに、「部屋に虫が出ても自分で対処する必要がない」という点が挙げられます。日本の住宅では時に避けられないのが、部屋に不快な虫が侵入してくること。多くの人が経験していると思いますが、私自身も虫は苦手で、特に夏場などはその対応に困ることがしばしばありました。

しかし、ホテル暮らしではこのような問題に直面しても、ホテルスタッフに対処を依頼するだけで解決できます。特に高級ホテルの場合、部屋に虫が出たというだけで新しい部屋を提供してくれることもあり、場合によってはお詫びとしてフルーツの盛り合わせなどのサービスが提供されることもあります。これは、日常生活において非常に心強いサポートと言えるでしょう。

このような対応は、一人暮らしの賃貸住宅ではなかなか期待できないサービスです。自宅で虫が出た場合、多くは自分自身で駆除したり、専門の業者に連絡して対応を依頼する必要があります。これには時間もコストもかかり、精神的なストレスも伴います。特に虫が苦手な人にとっては、このような状況は非常に不快なものです。


水道光熱費など各種手続きがない

ホテル暮らしの大きなメリットとして、水道光熱費などの各種手続きの必要がない点が挙げられます。日々の生活を送る上で、これらの手続きは意外と大きなストレスとなり得ます。私も以前は賃貸住宅に住んでおり、水道や電気、ガスの開設手続き、さらにはインターネットの契約など、引っ越しの度に多くの時間と労力を費やすことに疲れ果てた経験があります。特に、インターネットの契約では、オンラインでの手続きだけでは済まず、実際に電話をかけたり、書類を提出したりする必要がある場合も少なくありません。

このような時、心底「これを引っ越しのたびにやらなければならないのか」と思い、その手間にうんざりすることもありました。しかし、ホテル暮らしではこのような煩わしい手続きから解放されます。ホテルでは、宿泊料に水道光熱費やインターネット使用料が含まれているため、別途これらの手続きを行う必要がありません。これは、特に頻繁に移動する必要がある方や、手続きの手間を極力避けたい方にとって、非常に大きなメリットです。


トラブルが起こってもホテルのフロントが全てやってくれる

ホテル暮らしの大きなメリットとして、部屋で何らかのトラブルが発生した場合でも、部屋を移動するだけで簡単に解決できることが挙げられます。賃貸住宅で生活していると、エアコンが故障したり、水回りに問題が生じたりすることは珍しくありません。そうした際には、自分で修理業者に連絡し、時には高額な修理費用を支払わなければならないこともあります。特に夏場にエアコンが壊れた場合、修理が完了するまでの数日間は、非常に不快な状態で過ごさなければならないこともあります。

しかし、ホテル暮らしでは、こうしたトラブルに直面しても、フロントに連絡するだけで新しい部屋への移動が可能です。たとえば、エアコンが機能しなくなった場合、すぐに他の部屋に移れば解決します。このプロセスは迅速であり、追加費用がかかることもありません。さらに、ホテル側はゲストの不便を最小限にするために迅速に対応を行い、場合によってはアップグレードや追加サービス(例えば、高級ホテルならクラブラウンジの利用権など)を提供してくれることもあります。


隣人関係を気にしなくていい

ホテル暮らしのメリットの一つに、隣人関係に対する心配がほぼ不要であることが挙げられます。賃貸住宅やマンションに住むと、どうしても隣人との関係に気を遣うことがありますよね。例えば、「夜遅くまで音を立てないようにしよう」「朝の同じ時間帯にドアを開けて出くわさないようにしよう」または「エレベーターでの遭遇を避けよう」といった、小さな気配りがストレスとなることもあります。これらは、お互いの生活リズムやプライバシーへの配慮から生じるものですが、日々の生活において無意識のうちに心理的な負担を感じる原因にもなります。

しかし、ホテル暮らしでは、こうした隣人との関係を気にする必要がありません。ホテルでは、基本的には滞在者同士が顔を合わせることも少なく、仮に会ったとしてもチェックアウトすればその関係は終わり、次に会うことはほぼありません。これは、日々の生活を送る上で感じる社会的なストレスを大きく軽減するもので、精神的なリラックスをもたらしてくれます。


所有物が少ないから精神的に楽

ホテル暮らしの魅力の一つに、所有物を最小限に抑えられることからくる精神的な楽さがあります。日本における一般的な賃貸住宅は、家具や家電が備え付けられていない場合がほとんどです。

新生活を始める際、テーブル、椅子、テレビ、ベッド、洗濯機など、生活に必要なあらゆるものを一から揃えなければならないことは、想像以上に大きな負担となります。この初期投資だけでなく、所有する家具や家電にはメンテナンスや、いずれ避けられない故障のリスクも伴います。そして、これらのアイテムを処分する際には、再び時間と費用がかかり、安価な家具や家電では売却も困難で、処分にもコストがかかるのが現実です。

しかし、ホテル暮らしではこのような問題から解放されます。ホテルの部屋は、生活に必要な家具や家電が備え付けられており、個人がそれらを購入したり、メンテナンスを心配したりする必要がありません。また、滞在期間が終了すれば、それらの所有物に対する一切の責任から解放され、新たな場所へと自由に移ることができます。この「所有物を持たない自由」は、特に物質的な負担を減らしたいと考えている人々にとって、大きな魅力となり得ます。


海外では洗濯屋さんに1kg200円くらいで洗濯をお願いできる

海外でのホテル暮らしの魅力の一つは、日常的な洗濯の手間を大幅に軽減できる点にあります。特に、タイやベトナムなど東南アジアの国々では、洗濯屋さんに1kgあたり200円程度で洗濯を依頼できるサービスが充実しています。洗濯という日常生活の中で避けては通れない家事ですが、忙しい日々の中では思いのほか時間と労力を要する作業となり得ます。

このサービスの利便性は、特に海外で長期間滞在する場合には大きなメリットと言えるでしょう。例えば、ビジネスや学習、あるいは単に異文化体験のために海外に滞在しているとき、洗濯にかかる時間を他の活動に充てることができます。また、洗濯機を持たない宿泊施設での生活でも、手軽に清潔な衣類を維持することが可能になります。

ホテル暮らしのデメリット10選


フリーランスや完全リモートワークできる人以外は難しい

ホテル暮らしのデメリットの一つとして、フリーランスや完全リモートワークができる人以外にとっては難しい点が挙げられます。特に最近、日本全国でホテルの料金が上昇しており、アパホテルのようなビジネスホテルでさえ1泊1万5000円程度することが普通になっています。このような状況では、日本でのホテル暮らしは経済的に非現実的であると言えます。確かに、収入が高ければこの問題を解決できるかもしれませんが、東南アジアと比較すると、コストパフォーマンスの面で大きく劣るため、わざわざホテル暮らしを選択するのは難しいでしょう。

この点に関して、東南アジアなどの地域では、比較的安価な料金で快適なホテル暮らしが可能です。しかし、そうなると次なる問題が出てきます。それは、海外で長期間のホテル暮らしをするためには、フリーランスやリモートワークが可能な働き方でなければ実現が難しいという点です。多くの企業が従業員に対してフレキシブルな働き方を提供している現代でも、全ての仕事がリモートで完結するわけではありません。特に、対面でのコミュニケーションが必要な職種や、物理的な作業を伴う職種では、このライフスタイルは選択肢になり得ないでしょう。

例えば、ある日本で働くサラリーマンが、仕事のストレスから逃れるためにホテル暮らしを夢見たとしても、彼の仕事が週5日のオフィス出勤を要求されるタイプであれば、この夢は実現不可能です。また、仮に東南アジアへ移動しフリーランスとして働くことを選んだとしても、その過程で新たな課題が出てくる可能性があります。たとえば、言語の壁や、仕事の獲得、ビザの問題など、様々なハードルが存在します。

東南アジアであまりにも安いホテルだと水回りが臭ったりする

東南アジアでのホテル暮らしは、そのリーズナブルな価格で魅力的な選択肢となっています。しかし、デメリットとして挙げられるのが、あまりにも安価なホテルを選んだ場合、水回りが臭うなどの品質の問題に直面する可能性があることです。特に、都市部に位置する低価格のホテルは、設備の古さや清掃の行き届いていないことから、不快な臭いがする場合があります。一般的に、1泊3000円を下回る価格帯のホテルでは、このような問題に遭遇するリスクが高まると言えるでしょう。

しかしながら、都市部から少し離れた場所にあるホテルでは、同じ価格でも格段に清潔で快適な環境が提供されることが多いです。これは、都市部の高い物価に比べ、郊外では現地の物価がより反映された価格設定になっているためです。3,000円でも、都市部から離れれば、十分に快適な設備を備えた綺麗なホテルに滞在できる可能性があります。

観光目的でなければ、都市部にこだわる必要はなく、むしろ郊外のホテルの方が静かで快適に過ごせる場合もあります。加えて、東南アジアではタクシーや電車などの公共交通費も比較的安価であるため、都市部へのアクセスもそこまで負担にならないでしょう。したがって、ホテル選びでは価格だけでなく、立地や口コミ、清潔さなどを総合的に考慮することが重要です。

海外ホテル暮らしの場合にはビザを考慮する必要がある

海外でのホテル暮らしを検討する際には、ビザの問題が重要なデメリットとして考慮する必要があります。多くの国では、長期滞在には適切なビザが必要であり、観光ビザの場合、通常1〜2ヶ月ごとに更新が必要です。これは、滞在を続けるためには定期的に国外への出国が必須となることを意味します。

特に最近では、航空券の価格がインフレの影響を受けて上昇しており、出国入国を繰り返すことによる追加費用が無視できない問題となっています。このような状況下では、ホテル代や生活費に加えて、飛行機代を含めたトータルコストが高騰し、海外でのホテル暮らしの経済的な負担が増大します。

しかし、地理的な条件や移動手段の選択によっては、この問題をある程度軽減できる可能性があります。例えば、タイとベトナム間、マレーシアとタイ間など、距離が短く、比較的安価な航空券が手に入る路線では、ビザ更新のための出国入国が大きな負担にならないこともあります。こうした地域では、低コストの航空会社(LCC)を利用することで、移動費用を抑えることが可能です。

落ち着かない人もいる

ホテル暮らしのデメリットの一つに、「自分の場所」としての安心感を得られないと感じる人がいることが挙げられます。多くの人にとって、自宅とは自分の所有物に囲まれ、自分だけの空間を持つことで、日々の安らぎや落ち着きを感じる場所です。賃貸住宅でも、自分の好みに合わせて家具や装飾を選び、自分だけの空間を作り出すことができます。また、日常のちょっとした乱れがあることで、「生活している」という実感を得られる人も少なくありません。

しかし、ホテル暮らしでは、このような「自分だけの場所」という感覚を持つことが難しくなります。ホテルの部屋は、基本的には一時的な滞在のための空間であり、個人の所有物で満たされることはありません。また、清掃スタッフなどホテルの従業員が定期的に部屋に入るため、プライバシーが完全に保たれているとは感じられないこともあります。これらの理由から、ホテルでの生活が「落ち着かない」と感じる人もいます。

実家の世話になる必要がある場合も

ホテル暮らしのデメリットの一つとして考えられるのが、実家の世話になる必要性です。ホテル暮らしを選択した場合、さまざまな公的書類や個人的な郵便物を受け取るための代わりの住所が必要になります。一般的な住所としてホテルの住所を使用することは珍しく、特に重要な書類を受け取る場合には、より安定した受け取り先が求められることがあります。

レンタルオフィスや郵便局の私書箱を借りるという選択肢もありますが、これらには追加のコストがかかります。コストを抑えたい場合、またはより信頼性の高い受け取り先を確保したい場合、実家の住所を使用することが一つの解決策となり得ます。このように実家を郵便物の受け取り先として利用することは、ホテル暮らしをする上での便宜を図る方法の一つです。

ファッションが好きな人には厳しい

ホテル暮らしは、ファッションを愛する人々にとってはいくつかのデメリットが存在します。このライフスタイルを選択する上での大きな挑戦の一つが、限られたスペースに生活必需品を全て収める必要性です。特に、多様な服装を楽しむことを好む方にとっては、スーツケース一つに衣類を限定しなければならないというのは、大きな制約となり得ます。服が好きな人にとっては、選んだ服がスーツケースに入りきらない、または、大切な衣類がシワになってしまうことは、日常的なストレス源となるでしょう。

もちろん、ホテル暮らしをする上で衣類の収納スペースを確保する方法はいくつかあります。例えば、トランクルームを追加で借りて、余分な衣類を保管するという選択肢が考えられます。しかし、このように別途収納スペースを確保することには、追加のコストがかかります。この点を考慮すると、ファッション愛好家にとってホテル暮らしは、コストパフォーマンスや生活の便利さの面で、賃貸住宅に劣る可能性があります。

ファッションに対する情熱は、多くの人にとって自己表現の重要な手段です。自分のスタイルに合った服装を自由に選び、その日の気分やシチュエーションに合わせてコーディネートすることは、日々の生活において大きな喜びの一つとなります。しかし、ホテル暮らしでは、そのようなファッションに対する自由度が制限され、自己表現の幅が狭まることも考えられます。

物が必要な趣味と相性が悪い

ホテル暮らしをする上でのデメリットの一つに、物が必要な趣味を持っている人にとっては生活が難しい点が挙げられます。例えば、ゴルフやプレイステーションを使用したゲームなど、特定の道具や機器を必要とする趣味を持つ人々にとって、ホテルの限られた空間と機動性は大きな課題となります。

ゴルフを趣味とする人々にとっては、ゴルフクラブを常に持ち運ぶことが非常に大変です。ゴルフバッグはかさばる上に重く、ホテルの部屋に収納するスペースが確保しにくいだけでなく、毎回プレーする場所への移動も一苦労となります。また、ゴルフ以外にも、例えばサイクリングやダイビングなど、特別な装備が必要な趣味を持つ場合も、同様の問題に直面するでしょう。

ゲーム愛好家の場合も、プレイステーションのようなゲーム機を持ち運ぶのは一苦労です。さらに問題となるのは、ホテルのテレビがHDMI接続に対応していない場合があることです。これが事実であれば、ゲームを楽しむためには追加でスクリーンを持ち運ぶ必要がありますが、これは実際にはほぼ不可能です。

趣味に必要な物品を保管するために、トランクルームを別途借りるという選択肢もありますが、これには追加のコストがかかり、また物品を取りに行くための移動も必要となります。このように、ホテル暮らしは、趣味の道具や機器を頻繁に使用し、それらを大切にする人々にとっては、非常に不便なライフスタイルと言えます。

海外生活に順応できる人じゃないと無理

海外でのホテル暮らしを検討する際に直面するデメリットの一つが、海外生活への順応性の問題です。特に、日本と比較してホテルの宿泊費が比較的安価な海外の地域で長期間のホテル生活を考えている場合、文化的な違いや生活習慣の差異に適応できるかどうかが重要なポイントとなります。

海外での生活では、日常的なコミュニケーションが主に英語で行われるため、英語のスキルが不可欠です。英語が苦手な人にとっては、レストランでの注文から公共交通機関の利用、緊急時の対応に至るまで、日々のさまざまな場面で困難を感じることがあります。この言語の壁は、海外での生活をストレスフルなものにする大きな要因となり得ます。

また、食事の面でも大きな違いがあります。日本のように、どこでも簡単に高品質の日本食を手に入れることができるわけではありません。地元の食材や料理に慣れるまで、食事に対する不満を感じることも少なくないでしょう。さらに、日本特有のサービスの質や細やかな心遣いを期待することは難しく、海外のサービススタンダードに慣れる必要があります。

おわりに


ホテル暮らしは、一見すると自由で快適な選択肢のように見えますが、実際にはそれを支える多くの要素と考慮すべき点があります。本記事で紹介したメリット・デメリットを通じて、ホテル暮らしの実態について深く理解していただけたことを願います。ホテル暮らしを成功させるには、自身のライフスタイルや価値観、そして何より柔軟な対応能力が求められます。この記事が、皆さんが自分にとって最適な選択をするための一助となれば幸いです。ホテル暮らしの旅は、自己発見の旅でもあります。皆さんのライフスタイルが、より豊かで満足のいくものになることを心から願っています。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X