ENGLISH WORK公式

ホテル暮らしは迷惑?【8年続けてる私が語る】

  • 投稿日時:2週間前

長期にわたるホテル生活は、多くの人にとってはちょっとした冒険かもしれません。日々同じ場所で過ごし、フロントスタッフや清掃スタッフと顔を合わせる生活。そんな独特の生活スタイルに対して、「ホテル暮らしは迷惑なのではないか」と感じる瞬間もあるかもしれません。私自身、過去8年にわたり様々なホテルで長期滞在を続けてきた経験から、その真偽を皆さんにお伝えしたいと思います。


ホテル暮らしが迷惑でない理由

ホテル経営者目線

長期間ホテルに滞在することが、果たして迷惑行為にあたるのでしょうか。この質問に対して、ホテル経営者目線から見れば、意外とその答えは「迷惑ではない」というものです。なぜなら、経営者にとって最も重要なのは、ホテルの売上がしっかりと立ち、安定して運営できることに他なりません。実際、滞在期間が長くなればなるほど、その分だけホテルの収益に貢献しているわけですから、経営の観点から見ればむしろ歓迎すべき客とも言えるでしょう。

たとえば、一人の宿泊客が1ヶ月にわたってホテルに滞在することになった場合を想像してみましょう。この客は、毎日のようにホテルのサービスを利用し、宿泊料金を支払います。この一連の流れは、ホテルの収益に直結しています。さらに、長期滞在する客は、周辺のレストランや観光地を訪れることも多く、ホテルの推薦や提携サービスを利用する機会も増えるでしょう。これらはすべて、ホテルの売上げ向上に寄与する要素です。

確かに、長期滞在者が清掃を入れずに部屋を汚してしまうことがあるかもしれません。しかし、これは経営者やオーナーが直接対応するわけではありません。ホテルにはプロの清掃スタッフがおり、彼らが適切に対応します。したがって、部屋が汚れていたとしても、それはホテル運営の日常業務の一部であり、経営者にとっては大きな問題ではないのです。

もちろん、ホテル暮らしをする際には、一定のマナーを守る必要があります。たとえば、公共の場としての礼儀をわきまえ、他の宿泊客に迷惑をかけないようにすること、また、定期的に部屋の清掃を依頼するなど、最低限のルールは守るべきです。しかし、これらの条件を満たしていれば、ホテル経営者から見れば、長期滞在者は決して迷惑な客ではなく、むしろ安定した収益源となり得るのです。


フロント業務目線

ホテル暮らしに対して、フロント業務を担当するスタッフから見たら、迷惑な行為なのでしょうか?この疑問に対して、フロントスタッフの日常業務の流れを考えると、迷惑と感じる余地はほとんどないことがわかります。実際、客が短期間滞在するか長期間滞在するかにかかわらず、フロント業務の基本的なプロセスは変わらないからです。

フロントでの主要な業務は、ゲストのチェックイン時に身分証明書を確認し、部屋を割り当て、鍵を手渡すことです。これは、宿泊客が1泊だけの滞在であっても、数週間またはそれ以上の長期滞在であっても、変わりません。また、現代のホテルでは、予約システムが高度に自動化されており、長期滞在が可能な部屋の空き状況を即座に確認できるため、フロントスタッフにとって特別な手間を要することはありません。

例えば、ある宿泊客がオンライン予約サイトを通じて1か月分の宿泊を予約した場合、この予約は自動的にホテルのシステムに登録され、適切な部屋が割り当てられます。チェックインの際、フロントスタッフは通常通りの手順で身分証明書を確認し、鍵を渡すだけで済みます。このプロセスにおいて、長期滞在者であってもフロント業務に追加の負担がかかるわけではないのです。

実際、長期滞在者はホテルの設備やサービスに早期に慣れ、フロントに対する問い合わせや要望が減少する傾向にあることが多いです。これは、彼らが自立して過ごすことが多く、緊急でない限りフロントスタッフの介入を必要としないためです。その結果、フロント業務の効率性が向上し、スタッフは他の日常的な業務や、より緊急性の高い顧客対応に集中できるようになります。

また長期滞在者が増えるほどチェックイン業務の回数は減るわけですから、その面でもフロントにとってはホテル暮らしは歓迎されるでしょう。


清掃業務の方の目線

ホテル暮らしをする人々が清掃スタッフにとって迷惑な存在であると思われがちですが、実際のところはどうなのでしょうか。清掃業務に従事する者の目線から見れば、その部屋を長期間利用する宿泊客がいたとしても、基本的には日々の業務に大きな変化はありません。つまり、ホテル暮らしの宿泊客がいようが、短期の旅行者がいようが、清掃に関しては変わらないわけです。

確かに、長期滞在者が部屋を極度に汚したり、ゴミを大量に出したりする場合、これは清掃スタッフにとって大きな迷惑となり得ます。しかし、多くのホテルでは、長期滞在のゲストに対して、定期的な清掃スケジュールを提案しています。例えば、3日に1回の清掃サービスや、毎日のゴミ回収と1週間に1回の本格的な清掃を組み合わせることで、部屋を清潔に保つことができるのです。

このような定期的な清掃プランのもとでは、清掃スタッフは部屋の状態を適切に管理しやすくなり、仕事の効率も向上します。実際、長期滞在者の部屋では、日々の使用による軽微な汚れが主であるため、大がかりな清掃が必要となる頻度は低くなります。この点、短期滞在のゲストの場合は、チェックアウトの都度、部屋を徹底的に清掃する必要があり、作業量は一般的に多くなる傾向にあります。

さらに、チップが一般的でない国においては、仕事量が少なくなることは、清掃スタッフにとってむしろ好ましいことかもしれません。仕事の量が減少するということは、それだけ効率的に業務を進められるということであり、結果的に1日の仕事がスムーズに行えるというメリットがあります。


最近では1週間に一回清掃のホテルも増えてる

ホテル暮らしをする上で、宿泊者自身が「迷惑をかけていないか」と心配になる点の一つが、部屋の清掃頻度です。特に、毎日の清掃を希望しない人にとって、「部屋を汚していると思われてしまうのではないか」という懸念は、案外頭を悩ますものです。しかし、最近のホテル業界では、このような客のニーズに対応するために、清掃サービスの頻度を調整する動きが見られます。

具体的には、1週間に一度の清掃サービスを提供するホテルが増加しているのです。この動きは、ホテル暮らしをする人たちにとって大変心強い変化と言えます。なぜなら、3日に一回や1週間に一回の清掃で十分と感じている宿泊客にとって、ホテル側がそのニーズを理解し、受け入れてくれている証拠だからです。

日本国内のホテルだけでなく、海外のホテルでも同様のトレンドが見られます。例えば、ある日本人が海外のホテルで長期滞在をしていた場合、1週間に一度の清掃サービスを選択したとしても、その選択が何ら問題視されることはありませんでした。実際、適切な清掃頻度を保つことで、部屋は常に快適な状態を維持でき、同時にプライバシーの尊重や環境配慮といった観点からも好まれています。

ホテル暮らしが迷惑になる場合


部屋を不潔にする

ホテルでの長期滞在において、時として迷惑になる可能性があるのが部屋の不潔さです。ホテル生活をしていると、生活の一部として時には水回りやベッドを汚してしまうこともあるでしょう。これ自体は避けられない事態かもしれませんが、問題はその後の対応です。不潔な状態を放置してしまうと、清掃スタッフにとっては大きな迷惑となりますし、場合によっては汚れが固まってしまい、簡単には落とせなくなる可能性があります。

例えば、コーヒーをこぼしてしまったり、食べ物の残りかすを床に散らかしてしまったりすることは、ホテル暮らしの中で起こり得ます。これらの汚れがある程度ならば、日常的な清掃で対応可能です。しかし、これを何日も放置してしまうと、清掃スタッフが対応する際に余計な手間がかかり、場合によっては特別な清掃機材や薬剤を使用しなければならなくなることもあります。特に水回りは湿気が多く、汚れが残るとカビや悪臭の原因にもなり得ます。

ベッドに関しては、飲み物をこぼしたり、体から出る汗やその他の体液がシーツやマットレスに染み込むこともあります。これらを放置してしまうと、不衛生な状態は次に宿泊するゲストにも影響を及ぼし、ホテルの評判を落とす要因となりかねません。また、ベッドが不潔だと、清掃スタッフだけでなく、その部屋を利用する次の宿泊者にも迷惑がかかるということを忘れてはなりません。


ゴミを溜め込む

ホテル暮らしをしている際、迷惑行為の一つとして挙げられるのが、部屋内にゴミを溜め込むことです。特に食品の残りや生ゴミなどは、時間が経過するにつれて腐敗臭を放ち、それが部屋に染みつく原因となり得ます。このような状況は、清潔さを保つべきホテルの環境にとって、非常に好ましくありません。

特に、東南アジアのホテルなどでは、高温多湿な気候条件の下でゴミを部屋に溜め込むことは、虫の発生を招きやすい状況を作り出します。ゴミによって引き寄せられた虫が部屋内で増加すると、ホテル側にとっては大きな迷惑となり、他の宿泊客への悪影響も懸念されます。

ホテル暮らしをしているからといって、日々のゴミの処理を怠ってはなりません。たとえば、部屋の清掃が数日に一度の場合でも、特に臭いの出やすい食品関連のゴミや生ゴミは、その日のうちに適切な場所に捨てるべきです。


賃貸のように他人を招く

ホテル暮らしをしていると、自宅のように感じてしまうこともあるかもしれません。しかし、忘れてはならないのが、その場所があくまでもホテルであるという事実です。ホテルでは、滞在していない人を部屋に招き入れることは、しばしば迷惑行為とみなされます。特に身分証明書も提示していない完全な部外者を招くことは、セキュリティ上の問題からも避けるべき行動です。

価格帯やホテルのグレードによって、この問題に対する対応は異なります。例えば、高級ホテルでは、ゲストの要望を柔軟に受け入れるサービスを提供することがあるため、事前にフロントと相談すれば、訪問者を部屋に招くことを黙認される場合もあります。しかし、価格の安いビジネスホテルや、中堅程度のグレードのホテルでは、安全性や他の宿泊客への配慮から、部外者の部屋への入室を制限していることが一般的です。

例えば、友人を部屋に招きたい場合、フロントでの事前の登録や、同伴者の身分証明書の提示を求められることがあります。このような手続きは、ホテルのセキュリティポリシーに基づいており、全ての宿泊客の安全を守るためのものです。したがって、ホテル暮らしをしているからといって、自宅と同じように無制限に他人を招き入れることは避けるべきでしょう。


チップを置かない

ホテルでの長期滞在において、しばしば見過ごされがちながらも重要なエチケットが、清掃スタッフへのチップの扱いです。特に海外では、ホテルの清掃スタッフにチップを渡すことは一般的な習慣とされています。しかし、日本をはじめチップ文化が根付いていない国からの訪問者にとっては、この慣習に戸惑うこともあるかもしれません。

「1週間に一回の清掃で良いから、チップを置かなくてもいいだろう」とか、「清掃業務を減らしてやってるんだから、少ないチップで済ませてもいいはず」という考え方は、実は清掃スタッフにとってはあまり歓迎されません。なぜなら、彼らは日々の仕事を通じて、ホテルの快適な環境を保つために尽力しており、その労働に対する報酬としてチップを受け取ることが一般的だからです。

特にホテル暮らしをする場合、長期間にわたって同じホテルとその従業員のお世話になるわけですから、通常の宿泊客以上に丁寧な対応が求められます。たとえば、1週間に一度の清掃であっても、その都度、通常よりも少し多めのチップを置くことは、清掃スタッフへの感謝の表れとなります。これは、彼らが提供するサービスへの敬意を示すと同時に、長期滞在者としての良好な関係を築くためにも有効な手段です。


毎回のように清掃サービス終了間際で清掃を頼む

テルでの長期滞在における迷惑行為の一つに、清掃サービスの終了間際に清掃を要求することが挙げられます。長期滞在がきっかけで夜型の生活になり、昼過ぎに起床する生活リズムになる人もいるでしょう。個々の生活スタイルは自由ですが、清掃スタッフにとってはそのタイミングでの清掃依頼は大きな迷惑となります。

多くのホテルでは、清掃サービスには決まった時間帯があり、一般的には午後の早い時間に終了することが多いです。そのため、午後3時や4時に清掃を依頼すると、既に清掃スタッフがその日の業務を終えているか、終了間際であることが多く、急な依頼に対応することが難しいのです。特にビジネスホテルや中堅クラスのホテルでは、超高級ホテルのように24時間体制で清掃スタッフが待機しているわけではなく、清掃のスケジュールが厳しく決まっています。

このような状況で清掃を要求することは、スタッフの業務計画に支障をきたすだけでなく、その日の清掃を終えたいと考えているスタッフにとっては大きなストレスとなります。

ホテル暮らしで迷惑をかけているかな?と感じる瞬間


フロントの方と何度も顔をあわせる

ホテルでの長期滞在中に、フロントのスタッフと何度も顔を合わせることが迷惑かな感じる瞬間があるかもしれません。特に、日本のようにホテル暮らしの文化が一般的ではない場所では、同じ宿泊者とフロントスタッフが頻繁に顔を合わせること自体が珍しいと感じられるかもしれません。しかし、実際にはこれが迷惑となることは決してありません。

例えば、タイのビーチリゾートのように、ホテルに長期滞在する文化が根付いている地域では、長期滞在者が多く、フロントのスタッフと顔を合わせることは日常的な光景です。こうした場所では、長期滞在が一般的であるため、スタッフも長期滞在の宿泊客に慣れており、特別な迷惑とは感じていません。むしろ、長期間にわたって同じ宿泊客と接することで、フロントスタッフとの間には友好的な関係が築かれ、相互の理解が深まります。

実際、ホテル暮らしをする中で、フロントスタッフとの関係を良好に保つことは、滞在をより快適にする上で重要なポイントになります。フロントスタッフと顔を合わせるたびに、挨拶を交わすことから始まり、時には地元のおすすめスポットやレストランについてアドバイスをもらったり、ホテル内でのイベント情報を共有してもらったりすることで、滞在がより楽しいものになります。

おわりに


ホテルでの長期滞在が周囲に迷惑をかけているかどうかについて、いくつかのポイントをご紹介してきました。結論としては、ホテル暮らし自体が直接的に迷惑行為にあたるわけではなく、むしろ滞在者とホテルスタッフとの間で良好な関係が築かれることも多いです。しかし、清掃サービスのタイミングやゲストの招待、チップの習慣など、注意すべきマナーも存在します。これらを遵守することで、ホテルでの生活は互いにとって快適なものになり得るのです。

私の経験を通してお伝えしたいのは、ホテル暮らしにおいて最も大切なのは、相互の理解と尊重であるということです。長期間お世話になる場所であればあるほど、その場所のルールや文化を尊重し、スタッフや他の宿泊客に配慮することが、共生の鍵となります。ホテル暮らしを豊かなものにするためには、これらの点を心がけ、毎日を大切に過ごすことが何よりも重要だと私は感じています。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X